ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:阪神競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
無料予想2年連続期待
皐月賞買い目無料公開
昨年来ると今年も来るジンクスあります♪
昨年は皐月賞週好調だったココの無料予想をマークしましょう!
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想の実績
・皐月賞2022
三連複13点400円 41.9倍
[払戻]16,760円[回収率]322%
・アーリントンC2022
三連複12点400円 63.5倍
[払戻]25,400円[回収率]529%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
金鯱賞・阪神大賞典も昨年勝って今年も勝ちました!
昨年来ると2年連続的中の可能性高いので今週注目してください。
→皐月賞・無料予想
昨年はマイラーズC・天皇賞春も勝った無料予想なんです(*^^*)




今週は、皐月賞、、、ではなく年初のとおりアンタレスステークスを予想する!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。



◎パワーブローキング
▲キタノリューオー



【レース展望】
ダート中距離重賞のアンタレスステークス。
先月ドバイワールドカップ等が行われて実績馬はそちらへ出走した。
そして上半期の最大目標となる帝王賞に向けて、今はちょうどオフシーズン。
昨年の当レースにオメガパフュームが出走したが、おおむね実績馬の出走は少なく、上がり馬同士の戦いとなりやすいレースだ。


脚質的には、先行・差し馬が互角
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー4番手以内の馬が8頭
ただ、4コーナー10番手以下の馬も3頭いて、地力があれば追い込みも届いている。
ダートのレースだが毎年ペースが流れているせいか、単純な前残りとなるケースは少ない。


血統としては、持続力が求められることが多いせいか
ロベルトの血を持つ馬の好走が多い。


まとめると、「地力の有るロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。
hanshin_dart_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番カフジオクタゴン
父モーリス
母メジロマリアン
(メジロベイリー)
栗東・矢作  
中2週
牡4 芦
吉田隼 58.0K
12戦4勝 [4-2-2-4]

前走のマーチステークスで5着(0.3差)。
好位につけるも、伸びずばてずといった内容だった。
今回も好位につけて、追ってどこまで伸びるか。
前走で馬体重が大きく増えたので、調整が難しそうだ。



2番メイショウカズサ
父カジノドライヴ
母プレシャスエルフ
(コロナドズクエスト)
栗東・安達  
中19週
牡6 栗
池添 58.0K
24戦7勝 [7-4-1-12]

近走冴えず、厳しい。



3番ゲンパチルシファー
父トゥザグローリー
母ラブリイステラ
(クロフネ)
栗東・佐々木  
中2週
牡7 鹿
酒井 58.0K
31戦5勝 [5-5-9-12]

前走のマーチステークスで大敗。
2走前で増えた馬体重が絞れていなかった。
今回も状態次第だろう。



4番キタノリューオー
父ジョーカプチーノ
母モリトオウカ
(ブライアンズタイム)
美浦・萱野  
中5週
牡5 鹿
松若 57.0K
19戦4勝 [4-2-2-11]

前走のオープンで5着(0.2差)。
基本的に展開待ちの馬で、前が流れてくれないと厳しい。



5番ダイメイコリーダ
父エスケンデレヤ
母ミラクルフラッグ
(スパイキュール)
栗東・森田  
中5週
牡6 栗
北村友* 57.0K
19戦2勝 [2-4-1-12]

3歳秋以降、掲示板入りが無くて厳しい。



6番サンライズホープ
父マジェスティックウォリアー
母オーパスクイーン
(スペシャルウィーク)
栗東・羽月  
中2週
牡6 鹿
幸 58.0K
23戦7勝 [7-2-0-14]

前走のマーチステークスで大敗。
大外枠は良かったのだが、重斤量や馬場等、色々向かない点が多かった。
地元に戻る今回、条件次第で巻き返しがありそうだ。



7番ケイアイパープル
父パイロ
母アルヴェナ
(Seeking the Gold)
栗東・村山  
中3週
牡7 鹿
藤岡康 58.0K
27戦8勝 [8-5-1-13]

最近はずっと交流重賞を使い続けており、JRAの重賞への挑戦は一昨年の当レース以来。
揉まれるとダメな馬なので、多頭数の今回は割引が必要だろう。



8番フルデプスリーダー
父ヘニーヒューズ
母ファーストチェア
(ジャングルポケット)
美浦・斎藤誠  
中21週
牡6 鹿
西村淳 58.0K
26戦6勝 [6-7-1-12]

昨年の武蔵野ステークスでブービー負けした時以来で、休み明け。
相手も強いし、まずは一度使ってからでは。



9番ヴァンヤール
父タートルボウル
母ブライトエルフ
(ブライアンズタイム)
栗東・庄野  
中3週
牡5 栗
荻野極 57.0K
17戦5勝 [5-4-1-7]

前走のオープンでタイム差無しの2着。
3走前の名古屋グランプリでもタイム差無しの2着で、力を付けている。
斤量が楽になる今回、好位を取れれば再度の好走があるだろう。



10番ゴールドハイアー
父ヘニーヒューズ
母ゴールドグローリー
(ハービンジャー)
栗東・大久保  
中6週
牡5 栗
和田竜 57.0K
14戦4勝 [4-5-1-4]

オープン初戦の前走で、出遅れながら5着(0.3差)。
通用するめどを立てたのは大きい。
スタート五分ならば更に前進が有りそうだ。



11番キングズソード
父シニスターミニスター
母キングスベリー
(キングヘイロー)
栗東・寺島  
中6週
牡4 鹿
岩田康 57.0K
9戦4勝 [4-1-0-4]

キングズガードらの弟で、重賞初挑戦。
相手が一気に強くなるので、まずは様子見が妥当では。



12番プロミストウォリア
父マジェスティックウォリアー
母プロミストスパーク
(フジキセキ)
栗東・野中  
中11週
牡6 鹿
鮫島駿 59.0K
7戦5勝 [5-1-0-1]

4連勝中で、前走は東海ステークスを逃げ切り勝ち。
ただそこからの休み明けとなる今回、同型馬や重斤量を克服できるかどうか。



13番ロードブレス
父ダノンバラード
母ミステリューズ
(ナリタトップロード)
栗東・奥村豊  
中67週
牡7 黒鹿
川須 58.0K
22戦6勝 [6-2-4-10]

2021年の東京大賞典以来、1年以上の休み明け。
常識的には一度使ってからだろうけど、実績はこのメンバーでは上位。
状態次第でいきなり走ってもおかしくない。



14番オセアダイナスティ
父オルフェーヴル
母ラヴァーズレーン
(メジロライアン)
美浦・加藤征  
中8週
牡5 栗
浜中 57.0K
15戦4勝 [4-0-1-10]

オープン昇格後、冴えない。
逃げないと結果が出ない馬で、厳しい。



15番パワーブローキング
父アメリカンペイトリオット
母ピクシープリンセス
(ディープインパクト)
美浦・栗田  
中3週
牡4 鹿
大野 57.0K
14戦4勝 [4-0-3-7]

連勝中で、重賞初挑戦。
初の長距離輸送の克服に加えて相手が一気に強くなるが、揉まれづらい大外枠はプラス。



01_320x100

【最終結論】

◎はパワーブローキング(単勝20.1倍・7番人気)
上記の通り、揉まれづらい大外枠をゲット。
そして前走、3勝クラスとはいえ不良馬場で快勝していりう道悪適性を重視。
内の先行馬を見ながら流れに乗れれば、一気の重賞勝ちが見えて来る!



▲はキタノリューオー(単勝59.0倍・12番人気)
今回、先行馬が多くて前が早くなりそうなメンバー構成。
ならばこの馬の差し脚が届いてもおかしくない。
休み明けの前走でも上がり最速の末脚を使っており、叩き2戦目で更なる前進が有りそうだ!



〇はヴァンヤール
落馬明けの前走でもキッチリ2着。
人気勢の中では一番堅実なのでは。



以下、久々は気になるが状態が整っていれば好走があ
ロードブレス、末脚堅実なキングズソード、馬体次第で好走があるゲンパチルシファー、先行勢を捌ければ残り目があるプロミストウォリアを抑える。



◎パワーブローキング
▲キタノリューオー
〇ヴァンヤール
△ロードブレス
△キングズソード
△ゲンパチルシファー
△プロミストウォリア



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
桜花賞:無料予想
先週の大阪杯は2-1-10人気的中!10人気ダノンザキッド入れてました。
勢いそのまま桜花賞の的中を狙います!
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:大阪杯
三連複BOX10点500円
馬番:1,6,9,11,13
着順:9-11-13/89.8倍
【獲得額】44,900円【回収率】898%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
トライアル金鯱賞も回収率442%でした!細かく的中するので適度に当てながら競馬を楽しめますよ(^_-)
→桜花賞・無料予想
三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!




今週は、桜花賞を予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎コナコースト
▲モズメイメイ



【レース展望】
牝馬クラシック第一弾の桜花賞。
過去5年で馬券内に入った馬は、いずれも8番人気以内の馬。
既に阪神芝1600で、阪神ジュベナイルフィリーズとチューリップ賞という大きなレースが実施されており、力差も有る程度見えている。
加えて、このコースは直線が長くて急坂もあり、紛れが起きづらい。
なかなか荒れないのは、この辺りに原因があるのだろう。


そのため、先行・差し馬が互角
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー4番手以内の馬が7頭
4コーナー10番手以下の馬も4頭来ており、力があれば十分差せる。
ただ一昨年から当レースはBコース開幕週での実施となり、インが相当有利になっている。
差すにしてもインを突けるかどうかがポイントになりそうだ。


血統としては、クラシックのレースという事でディープインパクト系・キングマンボ系
といった、現代の王道クラシック血統を持つ馬の好走が多い。


まとめると、「インから差してきそうな現代の王道クラシック血統馬」を狙いたい。
hanshin_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ブトンドール
父ビッグアーサー
母プリンセスロック
(スウィフトカレント)
栗東・池添  
中3週
牝3 鹿
池添 55.0K
5戦2勝 [2-1-0-2]

前走のフィリーズレビューで6着(0.4差)。
まっすぐ追うのが難しい現状、厳しそうだ。



2番ライトクオンタム
父ディープインパクト
母イルミナント
(Quality Road)
栗東・武幸  
中12週
牝3 青鹿
武豊 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

前走のシンザン記念を、出遅れながら上がり最速の末脚を使って快勝。
ただ7頭立てで相手に恵まれた印象もある。
フルゲートの競馬は今回が初めてなので、過信禁物だ。



3番リバティアイランド
父ドゥラメンテ
母ヤンキーローズ
(All American)
栗東・中内田  
中16週
牝3 鹿
川田 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走の阪神ジュベナイルフィリーズを快勝。
2着に2馬身半差をつけて、好タイムで勝利した。
中心視すべきだろう。



4番ドゥアイズ
父ルーラーシップ
母ローズマンブリッジ
(ディープインパクト)
栗東・庄野  
中7週
牝3 鹿
吉田隼 55.0K
5戦1勝 [1-3-1-0]

前走のクイーンカップでタイム差無しの2着。
これまでとは異なり、先行して最後まで伸びたのは評価できる。
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでも出遅れながら3着(0.4差)に来ており、自在性のある脚質は強みだ。



5番ハーパー
父ハーツクライ
母セレスタ
(Jump Start)
栗東・友道  
中7週
牝3 鹿
ルメール 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

ヴァレーデラルナらの妹という良血馬。
前走のクイーンカップを、直線不利を受けながらも勝ち切る。
鋭い末脚が無い分、好位から安定した競馬を続けており、今回も前へ行ければ安定した成績を残せそうだ。



6番モズメイメイ
父リアルインパクト
母インラグジュアリー
(Frankel)
栗東・音無  
中4週
牝3 鹿
和田竜 55.0K
4戦3勝 [3-0-1-0]

前走のチューリップ賞を逃げ切る。
逃げて連勝中で、今回もハナを切って自分の競馬に徹したい。



7番コンクシェル
父キズナ
母ザナ
(Galileo)
栗東・清水久  
中3週
牝3 黒鹿
丸山 55.0K
5戦1勝 [1-1-0-3]

前走のオープンで、人気薄ながら2着(0.1差)に追い込み、出走権をゲット。
ただ新馬戦以来勝ち星は無く、厳しいだろう。



8番キタウイング
父ダノンバラード
母キタノリツメイ
(アイルハヴアナザー)
美浦・小島  
中4週
牝3 黒鹿
杉原 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走のチューリップ賞で7着(0.3差)。
賞金が足りていただけに、試走のような形となった。
上がり2位の末脚を使う事が出来たし、引き続き栗東滞在して輸送の心配がないのもプラス。
前走以上が期待できそうだ。



9番コナコースト
父キタサンブラック
母コナブリュワーズ
(キングカメハメハ)
栗東・清水久  
中4週
牝3 青鹿
鮫島駿 55.0K
3戦1勝 [1-2-0-0]

前走のチューリップ賞でタイム差無しの2着。
好位から勝ち馬を追い詰めるも、僅かに届かず。
馬体が減り続けているのは心配だが、それが維持されていれば前走以上が見込めそうだ。



10番エミュー
父ハービンジャー
母スーリール
(スペシャルウィーク)
美浦・和田郎  
中2週
牝3 鹿
松山弘* 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走のフラワーカップを勝利。
ただそこで激しい競馬を行いダメージが残っていないか不安。
小柄な馬で、初の長距離輸送を克服できるかどうかもカギ。



11番シンリョクカ
父サトノダイヤモンド
母レイカーラ
(キングカメハメハ)
美浦・竹内  
中16週
牝3 鹿
吉田豊 55.0K
2戦1勝 [1-1-0-0]

前走の阪神ジュベナイルフィリーズで2着(0.4差)。
展開が向いた面はあったが、初の長距離輸送等を克服して好走したのは評価できる。
ただ休み明けは初めてとなるし、皐月賞を視野に入れていた調整過程も気になる。



12番シングザットソング
父ドゥラメンテ
母ザガールインザットソング
(My Golden Song)
栗東・高野  
中3週
牝3 黒鹿
岩田望 55.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

前走のフィリーズレビューを勝利。
芝マイルでも上がり最速の末脚を使っており、距離延長も問題なさそう。
差し届かないレースが多いので、まずはスタートを決める所から。



13番ドゥーラ
父ドゥラメンテ
母イシス
(キングヘイロー)
栗東・高橋康  
中4週
牝3 黒鹿
戸崎圭 55.0K
5戦2勝 [2-0-0-3]

前走のチューリップ賞で大敗。
直線、包まれて何もできずに終わった。
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでも出遅れて最後方近くから差を詰めただけに終わっており、好走には色々と課題がありそうだ。



14番ペリファーニア
父モーリス
母ケイティーズハート
(ハーツクライ)
美浦・鹿戸  
中4週
牝3 青鹿
横山武 55.0K
2戦1勝 [1-0-1-0]

エフフォーリアらの妹で、前走のチューリップ賞をタイム差無しの3着。
良血馬だけに過剰人気となりやすく、かつ2戦とも出遅れている。
なかなか手を出しづらい。



15番ジューンオレンジ
父ジャスタウェイ
母アドマイヤサブリナ
(シンボリクリスエス)
栗東・長谷川  
中3週
牝3 芦
富田 55.0K
6戦1勝 [1-1-1-3]

前走のフィリーズレビューで3着(0.1差)。
良績が短距離ばかりで、厳しい。



16番ムーンプローブ
父モーリス
母スマイリングムーン
(フジキセキ)
栗東・上村  
中3週
牝3 鹿
北村友 55.0K
5戦2勝 [2-1-0-2]

前走のフィリーズレビューで2着(0.1差)。
新馬戦でダノンタッチダウンの5着(0.5差)に健闘しており、距離延長に対応できるかがポイントだ。



17番ラヴェル
父キタサンブラック
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・矢作  
中16週
牝3 鹿
坂井 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走の阪神ジュベナイルフィリーズで、大外枠から出遅れて大敗。
スタートが安定しないのはマイナスだが、2走前のアルテミスステークスでリバティアイランドを抑えて勝利している点は見逃せない。
休み明けで状態が良ければ、巻き返しがありそうだが、この枠は痛すぎる。。。



18番トーセンローリエ
父サトノクラウン
母トーセンナチュラル
(メイショウサムソン)
美浦・小笠  
中3週
牝3 黒鹿
横山和 55.0K
5戦3勝 [3-2-0-0]

3連勝中。
ただ今回は初の長距離輸送。
相手も強化されて、厳しそうだ。



01_320x100

【最終結論】

◎はコナコースト(単勝13.0倍・4番人気)
桜花賞の重要ステップの一つであるチューリップ賞組を重視したい。
確かにそのレースは「スローの前残りレース≒レベル低そうなもの」だったが、昨日の阪神芝はイン先行馬が軒並み上位に。
つまり、チューリップ賞の再現がありそうということ。
であれば、そのレースで好走した当馬を抜擢すべき。
前走は勝ちに等しいレースで、番手辺りからモズメイメイをマークして今度は差し切りが狙えそうだ!



▲はモズメイメイ(単勝24.4倍・7番人気)
当然、チューリップ賞の勝ち馬である当馬も抑えるべき。
他に逃げそうな馬がおらず、再度の単騎逃げが叶えば3連勝があるだろう!



〇はリバティアイランド
このメンバーでは実力上位。
後はスムーズに馬群をさばけるかどうかだ。



以下、
内枠を引けたドゥアイズハーパーライトクォンタム、トライアルの勝ち馬でマイルにも対応できるシングザットソングを抑える。



◎コナコースト
▲モズメイメイ
〇リバティアイランド
△ドゥアイズ
△ハーパー
△ライトクォンタム
△シングザットソング



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
大阪杯・買い目無料予想
先週は日経賞で1426%の高回収率~♪
大阪杯前哨戦の中山記念は2000%超です!
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:日経賞
三連複BOX10点500円
馬番:2,5,6,11,12
着順:2-6-5/142.6倍
【払戻額】71,300円
【回収率】1426%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:中山記念
三連複BOX10点500円
馬番:3,4,9,11,13
着順:11-13-4/201.7倍
【払戻額】100,850円
【回収率】2017%
━━━━━━━━━━━━━━
エフフォーリア・コントレイル
断然一番人気が沈んだ大阪杯…
荒れ展開ならココの無料予想が高配当狙えます!
→大阪杯・無料予想
レース前夜に無料公開です。無料メルマガ登録で簡単に買い目見れます。




今週は、大阪杯を予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎マテンロウレオ
▲ノースブリッジ



【レース展望】
2017年よりG1になった大阪杯。
その間、日本馬のドバイ遠征が一層盛んになって一線級の馬の出走が年々減少している。
かつ阪神の内回りコースと言う特殊な条件で行われる当レースは、最近よく荒れている。


直線の短い内回りコースでのレースという事で、先行馬が有利
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー4番手以内の馬が9頭
5番手まで広げると12頭になり、まずは前へ行きそうな馬を狙いたい。


血統としては、小回りコースであるもののディープインパクト系・キングマンボ系
といった、現代の王道クラシック血統を持つ馬の好走が多い。


まとめると、「先行しそうな現代の王道クラシック血統馬」を狙いたい。
hanshin_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ジェラルディーナ
父モーリス
母ジェンティルドンナ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤崇  
中13週
牝5 鹿
岩田望 56.0K
17戦6勝 [6-2-3-6]

前走の有馬記念で3着(0.7差)。
出遅れながらも追い込んで来た。
牡馬相手でも十分通用する末脚は、ここでは上位だ。



2番マリアエレーナ
父クロフネ
母テンダリーヴォイス
(ディープインパクト)
栗東・吉田  
中2週
牝5 芦
浜中* 56.0K
18戦5勝 [5-4-3-6]

前走の金鯱賞での敗戦はインで包まれたもので度外視。
4走前の小倉記念での圧勝や、3走前の天皇賞秋の善戦をふまえると、注意が必要だ。



3番モズベッロ
父ディープブリランテ
母ハーランズルビー
(Harlan's Holiday)
栗東・森田  
中4週
牡7 鹿
西村淳 58.0K
24戦4勝 [4-4-1-15]

馬場が相当悪化しなければ、厳しい。



4番ノースブリッジ
父モーリス
母アメージングムーン
(アドマイヤムーン)
美浦・奥村武  
中9週
牡5 鹿
岩田康 58.0K
12戦6勝 [6-0-1-5]

前走のAJCCで、先行してインを丁寧に回り快勝。
前へ行けるのは強みだ。
課題は初の長距離輸送への対応だろう。



5番ワンダフルタウン
父ルーラーシップ
母シーオブラブ
(ディープインパクト)
栗東・高橋忠  
中2週
牡5 鹿
和田竜* 58.0K
11戦3勝 [3-1-1-6]

近走冴えず、厳しい。



6番ヴェルトライゼンデ
父ドリームジャーニー
母マンデラ
(Acatenango)
栗東・池江  
中10週
牡6 黒鹿
川田 58.0K
13戦4勝 [4-4-2-3]

前走の日経新春杯を快勝。
59Kを背負っていたが、力が違った。
一方で、3歳以降、内回りコースでは勝ち切れておらず、頭まで来るかどうかは微妙。



7番マテンロウレオ
父ハーツクライ
母サラトガヴィーナス
(ブライアンズタイム)
栗東・昆  
中6週
牡4 黒鹿
横山典 58.0K
10戦3勝 [3-2-0-5]

前走の京都記念で2着(0.6差)。
勝ち馬は別格だったが、連対は死守した。
昨年秋から安定した走りを見せており、今回の相手でも通用しそうだ。



8番ラーグルフ
父モーリス
母アバンドーネ
(ファルブラヴ)
美浦・宗像  
中4週
牡4 黒鹿
戸崎圭 58.0K
11戦5勝 [5-1-1-4]

前走の中山記念で2着(0.1差)。
追い込みが効いたとはいえ、良く差してきた。
この馬も、初の長距離輸送の克服が課題だろう。



9番ジャックドール
父モーリス
母ラヴァリーノ
(Unbridled's Song)
栗東・藤岡  
中15週
牡5 栗
武豊 58.0K
13戦7勝 [7-2-0-4]

ここ3戦、逃げない競馬を続けているが、かつての爆発的強さが見られず。
単騎逃げが見込めそうな今回、行き切ると面白いのだが、、、、



10番ポタジェ
父ディープインパクト
母ジンジャーパンチ
(Awesome Again)
栗東・友道  
中2週
牡6 鹿
坂井 58.0K
20戦6勝 [6-4-2-8]

昨年の当レースの覇者。
その後は冴えないが、前走の金鯱賞でも6着(0.6差)と大崩れしていない。
最適な舞台で、今一度期待。



11番スターズオンアース
父ドゥラメンテ
母サザンスターズ
(Smart Strike)
美浦・高柳瑞  
中23週
牝4 黒鹿
ルメール 56.0K
8戦3勝 [3-3-2-0]

昨年の牝馬クラシックで活躍した馬が、今年初戦で牡馬相手。
強さは認めるが、厳しいレースになるのでは。



12番キラーアビリティ
父ディープインパクト
母キラーグレイシス
(Congaree)
栗東・斉藤崇  
中6週
牡4 青鹿
団野* 58.0K
9戦3勝 [3-1-0-5]

前走の京都記念で5着(0.9差)。
早い上がりを使えない馬で前に行きたいが、そうすると前走の結果になった。
今回、難しいレースになりそうだ。



13番ダノンザキッド
父ジャスタウェイ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・安田隆  
中4週
牡5 鹿
横山和 58.0K
14戦3勝 [3-2-4-5]

人気になると走らず、人気を落として走る馬。
力を発揮できた際は侮れないので、注意が必要だ。



14番ヒシイグアス
父ハーツクライ
母ラリズ
(Bernstein)
美浦・堀  
中4週
牡7 青鹿
松山 58.0K
16戦7勝 [7-5-0-4]

前走の中山記念を快勝。
久々で出遅れるも、しっかり差し切った。
昨年の当レースで4着(0.3差)だったが、それ以上が期待できそうだ。



15番ヒンドゥタイムズ
父ハービンジャー
母マハーバーラタ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤崇  
中5週
セ7 鹿
池添 58.0K
19戦6勝 [6-3-3-7]

前走の小倉大賞典を勝利。
今回と同様の「コーナー2つの右回り芝2000」で上りの早い末脚を使って差し切ったのは評価できる。
注意が必要だろう。



16番ノースザワールド
父ディープインパクト
母パスオブドリームズ
(Giant's Causeway)
栗東・大久保  
中1週
牡5 青鹿
北村友* 58.0K
23戦4勝 [4-9-2-8]

前走で3勝クラスを勝ったばかり。
厳しいだろう。



01_320x100

【最終結論】

◎はマテンロウレオ(単勝31.2倍・11番人気)
前走は勝ち馬が強過ぎただけで、この馬も位置を悪くしながら十分走っていた。
が、この低人気。。。。
前走よりもスムーズに運びやすい枠を引いたので、今回はジャックドールの後ろ付近を取れるのでは。
昨年秋から先行できるようになって安定感が増しており、今回の相手でも通用しそうだ!



▲はノースブリッジ(単勝18.1倍・7番人気)
前走のAJCCも見事だったが、その前の天皇賞秋でもハイペースを先行して11着(0.9差)と大負けしていなかった。
今回は内枠を引いた上、先行勢が手薄なメンバー。
再度インからの抜け出しが期待できそう!



〇はジャックドール
逃げて自分の競馬に徹することが出来れば、勝機が高まる。
後はそれを実現することができるかどうかだ。



以下、
近走重賞で好走しているダノンザキッドヒシイグアス昨年の覇者のポタジェスムーズに走る事が出来れば巻き返しがあるマリアエレーナを抑える。



◎マテンロウレオ
▲ノースブリッジ
〇ジャックドール
△ダノンザキッド
△ヒシイグアス
△ポタジェ
△マリアエレーナ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
「金鯱賞」無料買い目
回収率491%大当たり!
弥生賞に続いて金鯱賞も的中!
G1トライアル連勝中です(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想「金鯱賞」
三連複9点600円
1頭目 10
2頭目 1,2,12
3頭目 1,2,4,6,10,11
着順 12-10-1/44.2倍
【払戻額】26,520円
【回収率】491%
6人気アラタを入れて高回収率!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今週の無料予想は・・・
阪神大賞典・買い目公開
大阪杯トライアルの次は天皇賞春トライアル的中です!
→阪神大賞典・無料予想
中山・中京と来て次は阪神で勝ちを期待しましょう\(^o^)/





今週は阪神大賞典予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎サンレイポケット
▲アフリカンゴールド



【レース展望】
天皇賞春のステップレースの一つとなっている、阪神大賞典。
2回の急坂を超える長距離戦という事で、毎年スタミナ勝負となっている。


トライアルレースという事でスローになりやすく、先行馬が有利
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー4番手以内の馬が10頭
毎年残り1000を切ったあたりからロングスパート合戦になっているが、それまでのペースがだいたい緩いため、前が残りやすくなっている。


血統としては、現代のスタミナ血統の主流となっているキズナ・オルフェーヴル・キングカメハメハ系産駒
の好走が多い。


まとめると、「先行馬の現代スタミナ血統馬」を狙いたい。
hanshin_turf_3000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ボルドグフーシュ
父スクリーンヒーロー
母ボルドグザグ
(Layman)
栗東・宮本  
中11週
牡4 栗
川田 56.0K
10戦3勝 [3-2-3-2]

前走の有馬記念で2着(0.4差)。
その時も出遅れたが、上り最速の末脚で追い込んできた。
今回も、自慢の末脚が届くかどうかがポイント。
多頭数で外を回すことになりそうなので、リスクがあるが、、、、



2番ユーキャンスマイル
父キングカメハメハ
母ムードインディゴ
(ダンスインザダーク)
栗東・友道  
中14週
牡8 鹿
石橋脩 57.0K
30戦6勝 [6-5-1-18]

3年前の当レースの覇者。
ただ往年の力はもう無く、厳しい。



3番ジャスティンパレス
父ディープインパクト
母パレスルーマー
(Royal Anthem)
栗東・杉山晴  
中11週
牡4 青鹿
ルメール 57.0K
8戦3勝 [3-1-1-3]

前走の有馬記念で7着(1.1差)。
初の古馬との一戦で、先行勢に苦しい流れになった中、踏ん張っていた。
2走前の菊花賞での好走を見ると、巻き返しは十分可能だろう。



4番サンレイポケット
父ジャングルポケット
母アドマイヤパンチ
(ワイルドラッシュ)
栗東・高橋忠  
中8週
牡8 黒鹿
坂井 57.0K
30戦5勝 [5-4-5-16]

近走差し届かない競馬が続いている。
追走等が楽になりそうな長距離は合うかもしれないが、、、



5番メイショウテンゲン
父ディープインパクト
母メイショウベルーガ
(フレンチデピュティ)
栗東・松永昌  
中3週
牡7 芦
浜中 57.0K
23戦2勝 [2-3-2-16]

近走冴えず、厳しい。



6番ノーチカルチャート
父ジャスタウェイ
母ヘヴンリークルーズ
(ファルブラヴ)
地方・角田輝  
中2週
牡7 青鹿
丸野勝 57.0K
32戦3勝 [3-5-3-21]

JRA勢相手では厳しい。



7番ブレークアップ
父ノヴェリスト
母リトルジュン
(クロフネ)
栗東・吉岡  
中11週
牡5 栗
松山 58.0K
18戦5勝 [5-3-3-7]

前走の有馬記念は、相手が強くシンガリ負け。
マイペースで行けそうな今回、スンナリ先行できれば一変があっても。



8番アイアンバローズ
父オルフェーヴル
母パレスルーマー
(Royal Anthem)
栗東・上村  
中7週
牡6 鹿
岩田望 57.0K
23戦4勝 [4-5-3-11]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
ダートの前走を度外視すれば、今年も先行して上位に食い込めそうだ。



9番ゼーゲン
父ディープインパクト
母ソベラニア
(Monsun)
美浦・堀  
中2週
牡8 青鹿
武豊 57.0K
18戦4勝 [4-0-1-13]

前走でようやく3勝クラスを勝ったばかり。
スタートも安定しておらず厳しい。



10番メロディーレーン
父オルフェーヴル
母メーヴェ
(Motivator)
栗東・森田  
中14週
牝7 鹿
今村 55.0K
30戦4勝 [4-0-3-23]

近走冴えず、厳しい。



11番アフリカンゴールド
父ステイゴールド
母ブリクセン
(Gone West)
栗東・西園正  
中4週
セ8 栗
国分恭 57.0K
33戦5勝 [5-3-1-24]

近走冴えない。
なかなかハナを切れていない面もあるが、加齢による衰えも多そうで、厳しそうだ。



12番シロニイ
父キングカメハメハ
母シラユキヒメ
(サンデーサイレンス)
栗東・池江  
中2週
牡9 白
酒井 57.0K
46戦4勝 [4-6-5-31]

前走の3勝クラスを勝てず。
厳しい。



13番ディープボンド
父キズナ
母ゼフィランサス
(キングヘイロー)
栗東・大久保  
中11週
牡6 青鹿
和田竜 58.0K
20戦5勝 [5-4-1-10]

当レースを連覇中。
スタミナは未だ衰えが無く、今年も自分で勝負を決めに行くことが出来れば勝ち負けだろう。



14番アケルナルスター
父トーセンラー
母パリージョ
(タイキシャトル)
美浦・清水英  
中5週
牡4 青鹿
横山琉* 56.0K
14戦3勝 [3-0-2-9]

前走の3勝クラスを勝てず。
厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はサンレイポケット(単勝58.8倍・10番人気)
2走前のチャレンジカップで4着(0.4差)に好走できたように、今ならば内回りのほうが良い末脚を使うのでは。
そして、追走が楽になる長距離戦は、今のこの馬に合ってそう。
ならば、二つのメリットが有るこのレースでの激走を期待して良いだろう!



▲はアフリカンゴールド(単勝54.1倍・9番人気)
久々に単騎逃げが叶いそうなメンバー構成。
近走冴えないが、その分ノーマークで進められそう。
直線の短い内回りコース、楽に行って残り目が期待できる!



〇はディープボンド
スタミナは未だ健在だし、この舞台の適正も十分。
3連覇の可能性は高いだろう。



以下、
勢いのある4歳勢のジャスティンパレスボルドグフーシュ、当レースで好走歴のあるアイアンバローズユーキャンスマイルを抑える。



◎サンレイポケット
▲アフリカンゴールド
〇ディープボンド
△ジャスティンパレス
△ボルドグフーシュ
△アイアンバローズ
△ユーキャンスマイル



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
2月ラストもここの無料予想
東京新聞杯に続いて・・・
フェブラリーSも2年連続きました!
2月ラストの中山記念もココを見てください。
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想の実績
フェブラリーS 2023
三連複26.3倍×500円
【獲得額】13,150円【回収率】263%
フェブラリーS 2022
三連複162倍×500円
【獲得額】81,000円【回収率】1620%
───────────────────

───────────────────
東京新聞杯 2023
三連複81.2倍×500円
【獲得額】40,600円【回収率】812%
東京新聞杯 2022
三連複17.3倍×500円
【獲得額】8,650円【回収率】129%
━━━━━━━━━━━━━━
昨年は中山記念で回収率300%的中!
買う買わないは別で買い目だけは見てみましょう。
→2月ラストも期待の無料予想
三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!



今週は阪急杯予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎メイショウチタン
▲ホープフルサイン



【レース展望】
高松宮記念の前哨戦の一つとなる、阪急杯。
高松宮記念を目指す馬たちと、1400の巧者が出走するレースだ。

昨今、阪神の馬場が良い状態が続いているためか、先行馬が有利
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー4番手以内の馬が8頭
特に近2年は6頭中5頭が4コーナー4番手以内。
まずは前へ行く馬を狙いたい。


血統としては、大きな偏りことないものの、当舞台で優秀な成績を残しているロードカナロア産駒
の好走がこのレースでも起きている。


まとめると、「先行馬のロードカナロア産駒」を狙いたい。
hanshin_turf_1400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番メイショウベンガル
父クロフネ
母キンショーオトヒメ
(マーベラスサンデー)
栗東・松永昌  
中2週
牡6 芦
高倉 57.0K
27戦5勝 [5-3-2-17]

障害帰りであると同時に、芝の短距離戦は2歳以来となる。
厳しい。



2番メイショウチタン
父ロードカナロア
母ラルティスタ
(マイネルラヴ)
栗東・本田  
中6週
牡6 黒鹿
荻野極 57.0K
28戦4勝 [4-2-2-20]

2年前の当レースで6着(0.6差)。
全4勝が芝1400、うち3勝が阪神芝1400。
得意の舞台で一昨年以上の成績を期待。



3番サトノラムセス
父ルーラーシップ
母サトノエカテリーナ
(ディープインパクト)
栗東・橋口  
中2週
牡5 鹿
池添 57.0K
14戦4勝 [4-4-0-6]

前走で3勝クラスを勝ち、3歳以来の十町長選。
2着以下を突き放して差し切ったのは評価できる。
ただ3走前にアグリらに完敗しており、この舞台で勝ち負けできるかは微妙。



4番ホープフルサイン
父モンテロッソ
母ステラーホープ
(グラスワンダー)
美浦・本間  
中6週
牡7 黒鹿
幸 57.0K
31戦5勝 [5-1-3-22]

1年ぶりとなった前走を鮮やかに差し切る。
2走前のシルクロードステークスでも4着(0.2差)に善戦しており、叩き2戦目の反動が無ければ再度の好走が有りそうだ。



5番ダディーズビビッド
父キズナ
母ケイティーズギフト
(フレンチデピュティ)
栗東・千田  
中4週
牡5 鹿
浜中 57.0K
19戦4勝 [4-4-2-9]

3・6走前の重賞でどちらも4着に来ており、力は有る。
前走で増えていた馬体重が調整できていれば、今回十分通用するだろう。



6番ロードベイリーフ
父ヴァンセンヌ
母ショウナンアオバ
(キングカメハメハ)
栗東・森田  
中1週
牡6 黒鹿
酒井* 57.0K
32戦4勝 [4-6-3-19]

芝1400は3歳6月以来。
厳しいだろう。



7番グレナディアガーズ
父Frankel
母ウェイヴェルアベニュー
(Harlington)
栗東・中内田  
中8週
牡5 鹿
岩田望 57.0K
12戦3勝 [3-3-2-4]

実績は断然。
久々となるが、状態がまともならばここでは勝ち負けだろう。



8番ショウナンアレス
父リオンディーズ
母クレヨンルージュ
(フジキセキ)
栗東・池添兼  
中2週
牡5 鹿
戸崎圭* 57.0K
22戦3勝 [3-6-6-7]

前走の3勝クラスで3着(0.6差)。
格下の身で、厳しい。



9番メイショウケイメイ
父ワークフォース
母メイショウアキシノ
(デュランダル)
栗東・南井  
中1週
牝7 鹿
角田大* 55.0K
28戦3勝 [3-0-0-25]

3歳3月以降は馬券内が無く、厳しい。



10番リレーションシップ
父ルーラーシップ
母カラフルブラッサム
(ハーツクライ)
栗東・須貝  
中1週
牡6 鹿
岩田康* 57.0K
21戦4勝 [4-1-0-16]

昨年の当レースで4着(0.6差)。
2年前のスワンステークスでも7着(0.3差)で、この舞台は合っていそう。
好走のため、内枠が欲しかったが、、、



11番アグリ
父カラヴァッジオ
母オールドタイムワルツ
(War Front)
栗東・安田隆  
中9週
牡4 青鹿
横山和 57.0K
8戦4勝 [4-1-2-1]

セレクトセールで1億超えした高額馬。
3連勝中で、重賞初挑戦となる。
勢いは有るが、今回は相手が一気に強くなるので、様子見が妥当では。



12番ミッキーブリランテ
父ディープブリランテ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・矢作  
中6週
牡7 鹿
和田竜 57.0K
38戦5勝 [5-5-4-24]

2走前の阪神カップで7着(0.2差)と健闘していた。
この馬も好走のため、まず内枠が欲しかったが、、、



13番ラルナブリラーレ
父ハーツクライ
母シルヴァーカップ
(アルムタワケル)
栗東・石坂  
中14週
牝6 鹿
鮫島克* 55.0K
21戦4勝 [4-3-3-11]

3走前から短距離戦に転戦するも、勝ち切れず。
着差は少ないのだが、厳しいだろう。



14番グレイイングリーン
父ディープインパクト
母リトルゲルダ
(Closing Argument)
栗東・池江  
中6週
牡5 芦
団野 57.0K
15戦4勝 [4-1-3-7]

昨年の当レースで5着(0.6差)。
善戦すれど勝ち切れないレースが続いており、今回も頭まではどうか。



15番ホウオウアマゾン
父キングカメハメハ
母ヒカルアマランサス
(アグネスタキオン)
栗東・矢作  
中3週
牡5 栗
国分優 57.0K
16戦3勝 [3-4-1-8]

前走のダート戦は度外視。
2年前の阪神カップで2着(0.3差)があり、芝戻りは歓迎だろう。
不安は、主戦が海外遠征によるため、鞍上が乗り替わる事か。



16番ルプリュフォール
父ロードカナロア
母マイノチカラ
(サンデーサイレンス)
栗東・松永幹  
中8週
セ7 鹿
横山典 57.0K
20戦5勝 [5-1-4-10]

常に出遅れている馬。
ここ2戦の重賞でも際どい所まで追い込んでいるのだが、突き抜けるまではどうか。



01_320x100

【最終結論】

◎はメイショウチタン(単勝40.5倍・10番人気)
昨日の阪神芝のレースを見ると、イン先行馬が上位によく来ていた。
今回のメンバーを見ると、それに該当しそうなのは当馬だけ。
当馬にとってこの舞台は絶好で、今回好枠を引けたので更なるプラス要素が増えた!



▲はホープフルサイン(単勝21.7倍・6番人気)
こちらはインから差してきそうな馬。
ハンデ差があったとはいえ、2走前のシルクロードステークスで、メイケイエールやナランフレグらに接戦した力は、ここでは上位。
こちらもロスなく進める内枠を活かして、差し込んできそうだ。



〇はグレナディアガーズ
このメンバーでは実力が上。
後はスムーズに馬群をさばけるかどうかだ。



以下、
鞍上込みでイン差しが狙えるリレーションシップ好枠を引いたダディーズビビッドサトノラムセス、障害レースが良いカンフル剤になっていれば激走があるメイショウベンガルを抑える。



◎メイショウチタン
▲ホープフルサイン
〇グレナディアガーズ
△リレーションシップ
△ダディーズビビッド
△サトノラムセス
△メイショウベンガル



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ