ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。元JRA大庭騎手とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:阪神競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



皐月賞の買い目を無料提供
先週は桜花賞・阪神牝馬S的中

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報の実績
-桜花賞-
三連複9点500円 32.6倍
【獲得額】16,300円【回収率】362%
-阪神牝馬S-
三連複9点500円 22.2倍
【獲得額】11,100円【回収率】247%
━━━━━━━━━━━━━━
重賞戦線でコンスントに勝つ無料情報です。クラシック戦線もここの無料情報に乗りましょう!
→皐月賞・無料予想
三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります




今週は、アンタレスステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。



◎スレイマン
▲ケイアイパープル



【レース展望】
阪神競馬場改装前の最後の重賞となる、アンタレスステークス。
GⅢながら別定戦という事で、同じような2ターンダートのマーチステークスよりも有力馬が出走しやすく、レベルも高い場合が多い。
近い時期にドバイもあるが、毎年有力馬が出走している。


上記の通り力勝負になりやすく、逃げ差し互角
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が7頭
ダート戦だが追い込み馬が届いており、10番手以下からも3頭が来ている。


血統としては、急坂を2度越えるためにスタミナが一定以上求められるためか、ロベルトの血を持つ馬
の好走が目立っている。


まとめると、「地力のある馬で、ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。
hanshin_dart_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ハギノアレグリアス
父キズナ
母タニノカリス
(ジェネラス)
栗東・四位  
中5週
牡7 鹿
岩田望 58.0K
17戦7勝 [7-4-1-5]

前走のダイオライト記念で3着(1.4差)。
トップクラスには通用していていないが、2番手グループの筆頭級の力は持っている。
今回のメンバーならば、勝ち負けできるだろう。



2番ダノンマデイラ
父ディープインパクト
母キャンディネバダ
(Pure Prize)
栗東・茶木  
中28週
牡6 黒鹿
鮫島駿 57.0K
11戦4勝 [4-0-0-7]

ここ5戦で4勝し、重賞初挑戦。
末脚を活かすタイプなので、展開が向くかどうかだ。



3番ヴィクティファルス
父ハーツクライ
母ヴィルジニア
(Galileo)
栗東・池添  
中11週
セ6 鹿
池添* 58.0K
16戦3勝 [3-1-1-11]

前走の東海ステークスで3着(0.4差)。
ダート2戦目で、ペプチドナイルらに先着したのは評価できる。
阪神ダに舞台が代わるが、対応できるだろう。



4番サトノロイヤル
父ヘニーヒューズ
母カネトシキフジン
(キングカメハメハ)
栗東・新谷  
中5週
牡6 鹿
角田河 57.0K
21戦4勝 [4-4-2-11]

オープン昇格後、見所が無くて厳しい。



5番ニューモニュメント
父ヘニーヒューズ
母アンナータ
(アドマイヤムーン)
栗東・小崎  
中2週
牡8 鹿
小崎 57.0K
38戦6勝 [6-5-7-20]

3走前のオープンで4着(0.4差)に来ているが、、、
かつてのような突き抜ける末脚が見られなくなっており、厳しい。



6番ホウオウルーレット
父ロージズインメイ
母オメガフレグランス
(ゴールドアリュール)
美浦・栗田  
中3週
牡5 鹿
北村友 57.0K
15戦4勝 [4-2-0-9]

2走前のオープンで、追い込んで4着(0.4差)。
追い込み一手の馬なので、展開が向くかどうか。



7番サヴァ
父アイルハヴアナザー
母ダイワバーガンディ
(ブライアンズタイム)
栗東・上村  
中8週
牡6 黒鹿
岩田康 57.0K
17戦4勝 [4-1-0-12]

2022年6月以来のダート戦。
追い込む末脚はあるが前に届かない競馬が続いており、今回も厳しそうだ。



8番テーオードレフォン
父ドレフォン
母エミネントシチー
(ブライアンズタイム)
栗東・梅田  
中3週
牡5 栗
丸山 57.0K
15戦5勝 [5-1-0-9]

前走のオープンを逃げ切り勝ち。
今回もスムーズに先行できるかがカギだろう。



9番ラインオブソウル
父シニスターミニスター
母ファーストレディ
(スマートボーイ)
栗東・音無  
中2週
牡5 鹿
松若 57.0K
20戦4勝 [4-1-2-13]

前走のマーチステークスで5着(0.8差)。
重賞初挑戦の中、伸びずバテずといった内容だった。
今回は別定戦で斤量が+3Kとなり、厳しいだろう。



10番ミッキーヌチバナ
父ダノンレジェンド
母ヌチバナ
(キングカメハメハ)
栗東・高橋亮  
中11週
牡6 鹿
太宰* 57.0K
18戦4勝 [4-2-6-6]

前走の東海ステークスで7着(0.5差)。
初重賞としては及第点だった。
2度目の重賞でペース等に慣れていれば、前進が有りそうだ。



11番クリノドラゴン
父アスカクリチャン
母クリノクレオパトラ
(ロージズインメイ)
栗東・大橋  
中2週
牡6 栗
田口 58.0K
34戦5勝 [5-3-5-21]

近走冴えず、厳しい。



12番リキサントライ
父ネオユニヴァース
母ドリームピーチ
(タップダンスシチー)
栗東・緒方  
中3週
牡6 栗
国分優 57.0K
25戦4勝 [4-1-3-17]

オープン昇格後、冴えず厳しい。



13番トウセツ
父ダンカーク
母ピエリーナ
(チチカステナンゴ)
栗東・杉山佳  
中3週
牡5 芦
団野 57.0K
18戦4勝 [4-5-2-7]

オープン昇格後、3走前の5着(0.4差)が最小着差。
その時と同じ阪神ダ1800に戻って、どこまでやれるか。



14番ゲンパチルシファー
父トゥザグローリー
母ラブリイステラ
(クロフネ)
栗東・佐々木  
中6週
牡8 鹿
酒井 57.0K
38戦5勝 [5-5-9-19]

近走冴えず、厳しい。



15番ケイアイパープル
父パイロ
母アルヴェナ
(Seeking the Gold)
栗東・村山  
中8週
牡8 鹿
亀田* 57.0K
31戦8勝 [8-5-1-17]

昨年の当レースで6着(0.8差)。
以降、順調さを欠いており、厳しそうだ。
揉まれづらい外枠はプラス。



16番スレイマン
父キングカメハメハ
母ドナブリーニ
(Bertolini)
栗東・池添  
中12週
牡6 栗
斎藤* 57.0K
15戦5勝 [5-2-3-5]

重賞初挑戦。
前走でオープン初勝利を挙げて、勢いがある。
ジェンティルドンナらの弟という良血馬が、いよいよ素質開花したかも。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はスレイマン(単勝7.4倍・4番人気)
今回、先行馬が少なく、前に行ける馬は大きな展開利が得られそう。
その候補が、こちらの馬。
ブリンカー装着馬ということもあり、揉まれづらい大外枠は大歓迎。
近走のように前へいければ、そのまま残り目がある!



▲はケイアイパープル(単勝37.2倍・11番人気)
こちらも今回、前へ行きそうな馬。
昨年の当レースも内枠で健闘しており、この枠・メンバーならば勝負になる。
昨年の名古屋大賞典ではハギノアレグリアスとタイム差なしの接戦があるし、3走前の白山大賞典でもウィルソンテソーロの4着(0.8差)。
条件替わりのここで、一発があっておかしくない!


そして何より、当馬は藤岡康騎手が主戦を務めていた馬。
その彼が先日、、、

競馬関係者・他の騎手・家族の方々の心中を想像すると、言葉が見つからない。
今年は非常に調子が良く、まだまだやり残したことはたくさんあったはずだし、何より幼い子どもや家族を置いて旅立つのはどれほど辛かったことか。
先日、高知でも尊い命が失われた事故があったばかりなのに。。。

どうかご冥福をお祈りいたします。
そして、騎手の皆さまが日々命を懸けて乗っていることに、感謝したい。



このインタビューも泣けた。。。




〇はハギノアレグリアス
実績最上位。
後は最内枠で揉まれた時に、どうかだろう。



以下、
単騎逃げが見込めそうなテーオードレフォン、前走重賞で好走したヴィクティファルス、前へ行きそうなミッキーヌチバナ、まだ底を見せていないダノンマデイラを抑える。



◎スレイマン
▲ケイアイパープル
〇ハギノアレグリアス
△テーオードレフォン
△ヴィクティファルス
△ミッキーヌチバナ
△ダノンマデイラ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



桜花賞・無料情報
今週はここの無料情報に注目!
桜花賞前哨戦では高配当の的中!
昨年のNZトロフィーも高配当でした\(^o^)/
━━━━━━━━━━━━PR

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:三連複
◎フラワーC・2024
三連複66.5倍×500円
【払戻額】33,250円【回収率】665%
◎NZトロフィー・2023
三連複204.6倍×500円
【払戻額】102,300円【回収率】2046%
━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
桜花賞・NZトロフィーの無料情報をお見逃しなく(^_-)
→無料情報を確認
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)




今週は、桜花賞を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎チェルヴィニア
▲ライトバック



【レース展望】
牝馬クラシックの第一弾、桜花賞。
近年は阪神芝の高速化が進んで、枠順や先行力が問われるレースに変わりつつある。


上記の傾向から、当レースは先行馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が8頭
これを見ると逃げ差し互角のようだが、ここ3年を見ると5頭になる。
また、1~4枠の馬が9頭となっており、5枠まで広げると11頭。
内枠の方が成績が良い。


血統としては、クラシックレースという事で現代競馬の王道血統(ディープインパクト系・キングマンボ=キングカメハメハ系)を持つ馬
が好走している。


まとめると、「内枠・先行馬で、現代競馬の王道血統を持つ馬」を狙いたい。
hanshin_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ワイドラトゥール
父カリフォルニアクローム
母ワイドサファイア
(アグネスタキオン)
栗東・藤原  
中4週
牝3 鹿
北村友 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

ワイドファラオらの妹で、前走のチューリップ賞が大敗。
2走前にはセキトバイーストらを差し切っているが、厳しいだろう。



2番クイーンズウォーク
父キズナ
母ウェイヴェルアベニュー
(Harlington)
栗東・中内田  
中7週
牝3 黒鹿
川田 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のクイーンカップを追い込み、勝利。
グレナディアガーズらの妹という良血馬で、3戦すべて上がり最速の末脚を使っている。
今回も注目だろう。



3番イフェイオン
父エピファネイア
母イチオクノホシ
(ゼンノロブロイ)
栗東・杉山佳  
中12週
牝3 芦
西村淳 55.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

連勝中。
前走のフェアリーステークスを勝利している。
差し追い込み勢が食い込んだ中、先行して押し切ったのは評価できる。
後は今回のメンバーとの力差次第だろう。



4番キャットファイト
父ディスクリートキャット
母フラマブル
(パイロ)
美浦・上原博  
中3週
牝3 黒鹿
松山* 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走のトライアルを勝利。
ただ2走前のフェアリーステークスは先行して失速しており、厳しそうだ。



5番シカゴスティング
父ロゴタイプ
母マルチスクリーン
(スクリーンヒーロー)
栗東・庄野  
中3週
牝3 黒鹿
浜中 55.0K
6戦2勝 [2-0-2-2]

近2走が完敗で、厳しい。



6番ハワイアンティアレ
父ロードカナロア
母モアニケアラ
(マンハッタンカフェ)
栗東・松永幹  
中4週
牝3 芦
池添 55.0K
3戦1勝 [1-0-1-1]

前走のチューリップ賞で3着(0.3差)。
末脚には見所があったが、馬体が小さくまだ完成途上の印象。
今回は厳しそうだ。



7番スウィープフィート
父スワーヴリチャード
母ビジュートウショウ
(ディープスカイ)
栗東・庄野  
中4週
牝3 栗
武豊 55.0K
6戦2勝 [2-2-1-1]

前走のチューリップ賞を追い込み勝ち。
本番の今回も、外差しの利く馬場になるかどうかがポイントだ。



8番コラソンビート
父スワーヴリチャード
母ルシェルドール
(オルフェーヴル)
美浦・加藤士  
中3週
牝3 栗
横山武 55.0K
6戦3勝 [3-1-2-0]

前走のフィリーズレビューで2着(0.1差)。
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでも3着(0.2差)には来ているが、上位争いするにはトラックバイアス等の助けが必要そうだ。



9番アスコリピチェーノ
父ダイワメジャー
母アスコルティ
(Danehill Dancer)
美浦・黒岩  
中16週
牝3 黒鹿
北村宏 55.0K
3戦3勝 [3-0-0-0]

3連勝中。
昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝利している。
その時も、長距離輸送込みで約4か月ぶりでの勝利。
今回も上位争いしそうだ。



10番セキトバイースト
父デクラレーションオブウォー
母ベアフットレディ
(Footstepsinthesand)
栗東・四位  
中4週
牝3 鹿
藤岡佑 55.0K
6戦1勝 [1-4-0-1]

前走のチューリップ賞で逃げて2着(0.2差)。
今回は同型馬との兼ね合いがカギだ。



11番ライトバック
父キズナ
母インザスポットライト
(Exceed And Excel)
栗東・茶木  
中8週
牝3 黒鹿
坂井 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走のオープンで、スウィープフィートらを下して勝利。
ただ2走前のアルテミスステークスでは4着(0.6差)止まりで、どこまで成長があるかだろう。



12番ステレンボッシュ
父エピファネイア
母ブルークランズ
(ルーラーシップ)
美浦・国枝  
中16週
牝3 鹿
モレイラ* 55.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

前走の阪神ジュベナイルフィリーズで上がり最速の末脚を使い、タイム差なしの2着。
その時以来の休み明けとなる。
3走前に、約3か月ぶりのレースでタイム差なしの2着に来ており、久々も大丈夫そう。
力関係次第だ。



13番テウメッサ
父ハービンジャー
母プロクリス
(キングカメハメハ)
美浦・金成  
中3週
牝3 栗
岩田望 55.0K
5戦1勝 [1-2-1-1]

前走のトライアルでタイム差なしの2着。
だが、負けた相手は重賞で通用しておらず、当馬も厳しそうだ。



14番ショウナンマヌエラ
父ジャスタウェイ
母ダイアゴナルクロス
(シンボリクリスエス)
栗東・高野  
中4週
牝3 黒鹿
岩田康 55.0K
4戦1勝 [1-1-0-2]

近2走が完敗で、厳しい。



15番エトヴプレ
父Too Darn Hot
母Nahoodh
(Clodovil)
栗東・藤岡  
中3週
牝3 芦
鮫島克 55.0K
6戦3勝 [3-2-0-1]

前走のフィリーズレビューを逃げ切り勝ち。
ただそこから更なる距離延長はマイナス。
馬場が高速化する等、後押しが欲しい。



16番セシリエプラージュ
父ブリックスアンドモルタル
母アットザシーサイド
(キングカメハメハ)
栗東・中村  
中3週
牝3 黒鹿
Mデムーロ 55.0K
4戦1勝 [1-0-1-2]

前走のフィリーズレビューで3着(0.3差)。
何とか権利を取った感じで、相手が強化される今回は厳しいだろう。



17番マスクオールウィン
父ドレフォン
母チカアレグレ
(ハーツクライ)
美浦・牧  
中12週
牝3 栗
津村 55.0K
6戦2勝 [2-2-1-1]

前走のフェアリーステークスでタイム差なしの2着。
展開利を生かして追い込むも差し切れなかったのは不満が残る。



18番チェルヴィニア
父ハービンジャー
母チェッキーノ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中22週
牝3 鹿
ムルザバエフ* 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のアルテミスステークスを快勝して以来の休み明け。
状態は不明だが、力が有る事は間違いない。
他馬との力差、成長力差次第だろう。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はチェルヴィニア(単勝7.4倍・5番人気)
まず今の阪神芝だが、極端にインが有利な事は無さそうで、フラットな馬場のよう。
そしてどの馬の力が上位かというと、新馬戦でコラソンビートらを破り、前走のアルテミスステークスも楽勝した当馬が一番ではないか。
それが、大外枠+主戦の負傷+久々で人気を落とすならば、寧ろ買いだ!
ちなみに「当馬等が出走していない阪神ジュベナイルフィリーズや各トライアルは、そこまでレベルが高くなかった」という可能性は、大いにあると考えている。



▲はライトバック(単勝14.3倍・7番人気)
こちらも阪神ジュベナイルフィリーズに出走していない、隠れた大物。
2走前のアルテミスステークスは折り合いを欠いて崩れたが、前走のオープンではスウィープフィートらをキッチリ下している。
父ディープインパクト系の馬が2頭のみの今回、血統的背景からも当馬を推すことができる!



〇はクイーンズウォーク
再三だが、こちらも阪神ジュベナイルフィリーズ未出走の馬。
前走のクイーンカップは圧巻の追い込み勝ちで、馬群に詰まらなければここでも上位に来そうだ。



以下、
阪神ジュベナイルフィリーズ上位組のアスコリピチェーノステレンボッシュ先行力のあるエトヴプレシカゴスティングを抑える。



◎チェルヴィニア
▲ライトバック
〇クイーンズウォーク
△アスコリピチェーノ
△ステレンボッシュ
△エトヴプレ
△シカゴスティング



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



大阪杯2024見るべき!
去年無料予想898%回収
ダノンザキッド10人気いれてたのはお見事!
──────────────────PR
無料公開予想
大阪杯2023
3連複10点500円
5,000円→44,900円 回収率898%
───────────────────

──────────────────
今年最高回収は
フラワーC2024
3連複9点500円
4,500円→33,250円 回収率739%
今年も無料公開との事↓↓
大阪杯2024予想
メール登録→前夜 確認できます!!!




今週は、大阪杯を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎スタニングローズ
▲ハーパー



【レース展望】
いまやドバイ国際競走の裏開催G1として定着した、大阪杯。
一線級がドバイへ行く事に加えて、2ターンの小回りのコースでのレースという事で、紛れがしばしば起きている。


直線が長くない小回りで行われるレースという事で、先行馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が10頭
5番手まで広げると12頭になる。
馬場が速めの阪神芝で行われることに加え、このクラスの馬は先行するとそうそう止まらない。


血統としては、スピード勝負に強いディープインパクト系の血を持つ馬
ヴァイスリージェント系の血を持つ馬が好走している。


まとめると、「先行馬で、ディープインパクト系orヴァイスリージェント系の血を持つ馬」を狙いたい。
hanshin_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ミッキーゴージャス
父ミッキーロケット
母ミッキークイーン
(ディープインパクト)
栗東・安田  
中10週
牝4 黒鹿
Mデムーロ 56.0K
7戦5勝 [5-0-0-2]

前走の愛知杯を含めて3連勝中。
昨年の優駿牝馬は見せ場なく大敗したが、その後に一息入れて充実している。
この相手ならば見せ場以上が期待できるだろう。



2番ローシャムパーク
父ハービンジャー
母レネットグルーヴ
(キングカメハメハ)
美浦・田中博  
中15週
牡5 鹿
戸崎圭 58.0K
11戦6勝 [6-2-1-2]

前走の香港カップは大敗したが、そこまで3連勝中だった。
このメンバーならば、状態次第でいきなり通用してもおかしくない。



3番タスティエーラ
父サトノクラウン
母パルティトゥーラ
(マンハッタンカフェ)
美浦・堀  
中13週
牡4 鹿
松山 58.0K
7戦3勝 [3-2-0-2]

前走の有馬記念で6着(0.6差)。
この世代が古馬になって重賞で勝てておらず、昨年の東京優駿を制した当馬も半信半疑だ。



4番ハヤヤッコ
父キングカメハメハ
母マシュマロ
(クロフネ)
美浦・国枝  
中2週
牡8 白
幸 58.0K
38戦6勝 [6-5-3-24]

G1ではスピードが足りず、厳しい。



5番スタニングローズ
父キングカメハメハ
母ローザブランカ
(クロフネ)
栗東・高野  
中45週
牝5 鹿
西村淳* 56.0K
13戦5勝 [5-2-1-5]

昨年のヴィクトリアマイル以来、久々のレース。
牡馬相手の重賞では結果が出ていないが、内枠で先行できそうなのはプラス。



6番ジオグリフ
父ドレフォン
母アロマティコ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中4週
牡5 栗
北村宏* 58.0K
14戦3勝 [3-1-1-9]

前走の中山記念で3着(0.4差)。
好位のインをうまく立ち回るも、伸びきれなかった。
今回も内を立ち回って、どこまで前に迫れるかだろう。



7番ハーパー
父ハーツクライ
母セレスタ
(Jump Start)
栗東・友道  
中13週
牝4 鹿
岩田望 56.0K
8戦2勝 [2-2-2-2]

前走の有馬記念で9着(0.7差)。
牡馬一線級相手では厳しかった。
桜花賞と秋華賞でリバティアイランドに0.5差まで迫った力が出せれば、この相手ならば面白そうだ。



8番プラダリア
父ディープインパクト
母シャッセロール
(クロフネ)
栗東・池添  
中6週
牡5 鹿
池添 58.0K
15戦4勝 [4-2-2-7]

前走の京都記念を勝利。
G2G3では上位に来る一方、G1では見せ場が無く、今回が試金石になるだろう。



9番ステラヴェローチェ
父バゴ
母オーマイベイビー
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中3週
牡6 黒鹿
酒井 58.0K
14戦4勝 [4-2-2-6]

前走のオープンで久々の勝利。
3歳時はエフフォーリアやシャフリヤール等に善戦していた馬。
かつての力が戻っていれば、注意が必要だ。



10番ソールオリエンス
父キタサンブラック
母スキア
(Motivator)
美浦・手塚  
中4週
牡4 鹿
横山武 58.0K
8戦3勝 [3-2-1-2]

前走の中山記念で4着(0.5差)。
上がり最速の末脚は使ったが、古馬はそう簡単に止まらない。
今回も、前に届かず終わるのでは。



11番ベラジオオペラ
父ロードカナロア
母エアルーティーン
(ハービンジャー)
栗東・上村  
中6週
牡4 鹿
横山和 58.0K
7戦4勝 [4-1-0-2]

前走の京都記念で2着(0.1差)。
上がり最速の末脚は使ったが、プラダリアに届かず。
3走前の東京優駿のようにインでうまく立ち回ることができれば、逆転の可能性がありそうだ。



12番キラーアビリティ
父ディープインパクト
母キラーグレイシス
(Congaree)
栗東・斉藤崇  
中4週
牡5 青鹿
北村友 58.0K
14戦3勝 [3-2-0-9]

前走、サウジアラビアのネオムターフカップで2着。
昨年の当レースでは13着(0.9差)で、出遅れが響いた。
まずはスタートを決めるところからだ。



13番ルージュエヴァイユ
父ジャスタウェイ
母ナッシングバットドリームズ
(Frankel)
美浦・黒岩  
中6週
牝5 鹿
菅原明 56.0K
12戦4勝 [4-3-0-5]

前走の京都記念で8着(0.7差)。
牡馬相手にタフ馬場でのレースはハードだったが、上がり3位の末脚は使っていた。
馬場の良い阪神に替わるのはプラスだろう。



14番エピファニー
父エピファネイア
母ルールブリタニア
(ディープインパクト)
美浦・宮田  
中5週
牡5 青鹿
杉原 58.0K
14戦6勝 [6-1-2-5]

前走の小倉大賞典を快勝。
折り合い次第の馬で、今回もペースが流れてくれるかどうか。



15番リカンカブール
父シルバーステート
母アンブラッセモワ
(Zoffany)
栗東・田中克  
中11週
牡5 黒鹿
津村 58.0K
10戦5勝 [5-1-0-4]

前走の中山金杯を快勝。
その時のように、先行してインをうまく進むことが出来れば、ここでも面白いのでは。



16番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添  
中5週
牡8 鹿
藤岡康* 58.0K
33戦4勝 [4-6-1-22]

近走冴えず、厳しい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はスタニングローズ(単勝13.7倍・7番人気)
一昨年のフラワーカップ・紫苑ステークス・秋華賞という、2ターンの芝レースをいずれも先行して勝利。
今回、10か月半の休み明けとなるが、そこはノーザンファーム仕上げで問題ないだろう。
前へ行く馬が極端に少ないメンバー構成で、いきなりの激走が有りそうだ。



▲はハーパー(単勝14.0倍・9番人気)
こちらは昨年の牝馬クラシックに皆勤して健闘していた馬。
前走の有馬記念では、4コーナー3番手まで上がって見せ場を作っていた。
その時よりも格段に落ちる今回のメンバーならば、見せ場以上が期待できるのでは。



〇はローシャムパーク
前走の香港カップは崩れたが、それまでの3連勝は圧巻だった。
このメンバーならば、十分主役になれそうだ。



以下、
先行しそうなステラヴェローチェ、スタートを決めれば昨年以上が期待できるキラーアビリティ、パンパンの高速馬場で見直しができるルージュエヴァイユ、世代上位のタスティエーラを抑える。



◎スタニングローズ
▲ハーパー
〇ローシャムパーク
△ステラヴェローチェ
△キラーアビリティ
△ルージュエヴァイユ
△タスティエーラ


その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


無料買い目情報
阪神大賞典3年連続を狙う

天皇賞春トライアルはココ!長距離戦線…強い馬を見抜きます。
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報の実績
・阪神大賞典2023
三連複10点500円 13.6倍
[払戻]6,800円[回収率]136%
・阪神大賞典2022
三連複10点500円 16.8倍
[払戻]8,400円[回収率]168%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今週はここの無料情報を押さえてください。
昨年は阪神大賞典を含めて3月良い感じでした。
→阪神大賞典・無料情報
選ぶレースも選ぶ馬も良い!見る目がある無料情報に阪神大賞典もお任せです(^_-)




今週は、阪神大賞典を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。


◎ディアスティマ
▲ディープボンド



【レース展望】
天皇賞春に向けた前哨戦の一つである、阪神大賞典。
近年は芝長距離戦のレベルダウンが続いて、メンバーの質量とも低下気味だ。


3000メートルを走った後、直線一気を決めるのは困難。
加えて阪神芝は、近年芝の状態が非常に良いことが多い。
そのため、先行馬が有利となることが多い。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が9頭
5番手まで広げると11頭となり、迷ったら前へ行きそうな馬を選ぶべきだ。


血統としては、圧倒的にディープインパクト系の馬
が好走している。


まとめると、「先行馬で、ディープインパクト系の馬」を狙いたい。
hanshin_turf_3000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番プリュムドール
父ゴールドシップ
母シュヴァリエ
(フレンチデピュティ)
栗東・奥村豊  
中9週
牝6 栗
和田竜 55.0K
20戦4勝 [4-3-4-9]

3走前のステイヤーズステークスで2着(0.1差)に来たが、その後は追い込み届かない競馬が続いている。
今回も厳しそうだ。



2番ブローザホーン
父エピファネイア
母オートクレール
(デュランダル)
栗東・吉岡  
中8週
牡5 鹿
菅原明 58.0K
18戦6勝 [6-2-3-7]

前走の日経新春杯を快勝。
2走前の競争中止を除くと近走充実している。
今回は転厩初戦で状態がカギだろう。



3番ディアスティマ
父ディープインパクト
母スウィートリーズン
(ストリートセンス)
栗東・高野  
中8週
牡7 青鹿
ムルザバエフ* 57.0K
18戦5勝 [5-3-3-7]

スローの単騎逃げなら好走できる馬。
同型馬との兼ね合い次第だろう。



4番ジャンカズマ
父ハービンジャー
母モンローブロンド
(アドマイヤベガ)
栗東・小栗  
中9週
牡6 鹿
小沢 57.0K
28戦4勝 [4-4-1-19]

4走前にオープンを勝利したが、その後、斤量が増えた後は見せ場が少なく、厳しい。



5番ユーキャンスマイル
父キングカメハメハ
母ムードインディゴ
(ダンスインザダーク)
栗東・友道  
中13週
牡9 鹿
荻野琢 57.0K
35戦6勝 [6-6-1-22]

2020年の当レースの覇者で、5年連続の出走となる。
ただここ2年は新潟記念以外、掲示板に乗る事が出来ておらず、厳しいだろう。



6番テーオーロイヤル
父リオンディーズ
母メイショウオウヒ
(マンハッタンカフェ)
栗東・岡田  
中3週
牡6 鹿
菱田 57.0K
16戦6勝 [6-1-2-7]

前走のダイヤモンドステークスを勝利。
2022年の天皇賞春(阪神での開催)でも3着に健闘しており、今の長距離界ならば十分通用するだろう。



7番アンタンスルフレ
父トーセンジョーダン
母エーシンチェロキー
(ディープインパクト)
地方・角田輝  
中7週
セ6 鹿
岡部誠 57.0K
28戦11勝 [11-6-2-9]

JRA勢相手では、厳しい。



8番メイショウブレゲ
父ゴールドシップ
母メイショウスイヅキ
(パイロ)
栗東・本田  
中9週
牡5 栗
酒井 57.0K
25戦4勝 [4-4-1-16]

3勝クラスを勝てていなかったが、前走のオープンを格上挑戦で勝利。
ただ追い込み一手の戦法なので、今回は厳しそうだ。



9番ワープスピード
父ドレフォン
母ディープラヴ
(ディープインパクト)
美浦・高木  
中3週
牡5 鹿
川田 57.0K
20戦4勝 [4-2-4-10]

前走のダイヤモンドステークスで3着(0.2差)。
そこからテーオーロイヤルと同斤になり、相手も強化される。
ただレースで不利も受けていたし、今回鞍上が強化されるのはプラス。



10番サヴォーナ
父キズナ
母テイケイラピッド
(スニッツェル)
栗東・中竹  
中8週
牡4 鹿
池添 56.0K
12戦3勝 [3-4-1-4]

前走の京都記念で2着(0.1差)。
先行力がある上、追ってもう一脚を使えるのは強みだ。



11番ゴールデンスナップ
父ゴールドシップ
母メイショウジェイ
(タニノギムレット)
栗東・田中克  
中6週
牝4 芦
浜中 54.0K
9戦3勝 [3-3-1-2]

まだ3勝クラスを勝てておらず、厳しい。



12番ディープボンド
父キズナ
母ゼフィランサス
(キングヘイロー)
栗東・大久保  
中11週
牡7 青鹿
岩田望 57.0K
26戦5勝 [5-5-2-14]

2021年と2022年の当レースの覇者。
3走前の京都大賞典でも3着(0.1差)に来ており、G2ならばまだやれそう。
その一方、近走は時計の早いレースで苦戦が続いているのが気掛かりだ。



13番シルヴァーソニック
父オルフェーヴル
母エアトゥーレ
(トニービン)
栗東・池江  
中45週
牡8 芦
武豊 57.0K
22戦6勝 [6-3-7-6]

前走の天皇賞春で3着(0.6差)。
そこから久々のレースとなる。
先週、2年以上の休み明けのヨーホーレイクが好走しており、現代競馬では久々はハンデにならない場合がある。
力は上位なので、状態次第だろう。



14番ゼーゲン
父ディープインパクト
母ソベラニア
(Monsun)
美浦・堀  
中22週
セ9 青鹿
松若* 57.0K
20戦4勝 [4-0-1-15]

重賞を2戦して勝負になっておらず、厳しい。



15番ショウナンバシット
父シルバーステート
母ギエム
(Medaglia d'Oro)
栗東・須貝  
中2週
牡4 鹿
Mデムーロ* 56.0K
12戦3勝 [3-1-1-7]

芝に戻すのは良さそうだが、時計の早い馬場では好走歴が少なく、厳しい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はディアスティマ(単勝35.0倍・10番人気)
先行馬が少なく、久々に単騎逃げが叶いそうな馬。
鞍上を強化して好枠を引き、準備は整った。
昨日の阪神芝もイン先行馬が粘っており、トラックバイアスも向きそうだ。



▲はワープスピード(単勝13.9倍・6番人気)
ここ2戦が善戦止まりだが、今回は鞍上を強化して先行してきそう。
4走前はチャックネイトと接戦しているし、3走前に長距離輸送を克服して勝利済み。
この鞍上でこの人気ならば、狙って損は無いだろう。



〇はブローザホーン
前走の日経新春杯を快勝して勢いに乗っている。
転厩直後で状態がカギだが、まともならば一番強いだろう。



以下、
近走重賞で好走しているサヴォーナテーオーロイヤルシルヴァーソニック、インで脚を溜める事はできそうなプリュムドールを抑える。



◎ディアスティマ
▲ワープスピード
〇ブローザホーン
△サヴォーナ
△テーオーロイヤル
△シルヴァーソニック
△プリュムドール



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
無料情報!香港C的中
エリ女はじめ国内G1も勝利している
無料情報が…海外G1でも通用しました!
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:三連複
◎香港カップ
三連複10点500円
馬番:1,2,3,5,6
三連複34.9倍×500円
【払戻額】17,450円【回収率】349%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今週は朝日杯FS無料公開
国内G1で連勝を期待しちゃいましょう\(^o^)/
→朝日杯FS無料情報
国内もスプリンターズSからよく的中してます!
ホープフルSまでここの無料情報を頼りましょう(^_-)



今週は、朝日杯フューチュリティステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎オーサムストローク
▲サトミノキラリ



【レース展望】
2歳牡馬王者決定戦の一つである、朝日杯フューチュリティステークス。
ホープフルステークスが創設されてそちらに中距離志向の馬が出走するようになり、こちらのレースにはマイルや短距離志向の馬の出走が増えている。
過去のラップを見ても前傾ラップでのレースが多く、また早い勝ち時計が計測される事も多い。


直線が長くて急坂もあり地力が問われやすいコースで、当レースは差し馬が有利になっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
逆に先行して馬券内に入った馬(グランアレグリア・クリノガウディー・サリオス・アドマイヤマーズ・グレナディアガーズ等)は、その後の活躍も期待できると言える。


血統としては、自力が問われることが多いためか、
クラシック王道血統を持つ馬短距離スピード血統を持つ馬の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬で、クラシック王道血統・短距離スピード血統を持つ馬」を狙いたい。

hanshin_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番エコロヴァルツ
父ブラックタイド
母プティプランセス
(キングカメハメハ)
栗東・牧浦  
中17週
牡2 黒鹿
武豊 56.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

前走のオープンを圧勝。
ただそれは札幌芝1800でのもので、阪神芝に対応できるかがポイント。


2番ミルテンベルク
父モーリス
母ペルレンケッテ
(ディープインパクト)
栗東・武英  
中5週
牡2 鹿
ムルザバエフ 56.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

前走の京王杯2歳ステークスで5着(0.7差)。
かかりまくっていて、競馬にならなかった。
そこからの距離延長は現状プラスと言えず、厳しい。



3番ジャンタルマンタル
父Palace Malice
母インディアマントゥアナ
(Wilburn)
栗東・高野  
中4週
牡2 黒鹿
川田 56.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

連勝中で、前走のデイリー杯2歳ステークスでも勝利。
好位から上がり2位の末脚を使って快勝だった。
今回も同様の競馬が出来れば、上位争いできるだろう。



4番サトミノキラリ
父ビッグアーサー
母パレード
(ディープインパクト)
美浦・鈴木伸  
中3週
牡2 鹿
津村 56.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

連勝中。
勝ち鞍含めていずれも早い上がりを記録している。
今回、初の芝1600でも同じような末脚を発揮できるか。



5番タガノエルピーダ
父キズナ
母タガノレヴェントン
(キングカメハメハ)
栗東・斉藤崇  
中8週
牝2 黒鹿
団野* 55.0K
1戦1勝 [1-0-0-0]

タガノエスプレッソらの妹だが、新馬戦を勝ったばかり。
厳しい。



6番セットアップ
父デクラレーションオブウォー
母スリーアロー
(アルデバランII)
美浦・鹿戸  
中14週
牡2 青鹿
横山武 56.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走の札幌2歳ステークスを逃げ切り、連勝中。
3戦すべて札幌芝で逃げており、今回は阪神芝での同型馬との兼ね合いがポイントだろう。



7番オーサムストローク
父エピファネイア
母グランドクララ
(Frankel)
美浦・伊藤圭  
中2週
牡2 鹿
坂井 56.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

連勝中。
特に2走前は逃げて圧勝だった。
今回も先行力を活かしてどこまでやれるか。



8番ダノンマッキンリー
父モーリス
母ホームカミングクイーン
(Holy Roman Emperor)
栗東・藤原  
中3週
牡2 鹿
ルメール 56.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

セレクトセールで2億超えの高額馬が、連勝でここに挑む。
初の芝1600で距離延長となるのがポイントになりそうだ。



9番クリーンエア
父リアルインパクト
母シルヴァンソング
(Street Cry)
美浦・上原博  
中4週
牡2 青鹿
鮫島駿* 56.0K
3戦1勝 [1-0-1-1]

前走のデイリー杯2歳ステークスで大敗。
2走前の新潟2歳ステークスでは3着(0.3差)に好走していたので、巻き返しがあれば。。。



10番バンドシェル
父バンドワゴン
母ハッピーオーキッド
(ルーラーシップ)
栗東・西村  
中5週
牡2 鹿
池添 56.0K
2戦1勝 [1-0-0-1]

前走の京王杯2歳ステークスで4着(0.6差)。
好位から伸びず、物足りない内容で厳しい。



11番タイキヴァンクール
父エイシンヒカリ
母タイキキララ
(キングヘイロー)
栗東・中尾  
中7週
牡2 鹿
浜中 56.0K
3戦1勝 [1-1-1-0]

未勝利戦を勝ったばかり。
厳しい。



12番タガノデュード
父ヤマカツエース
母タガノミューチャン
(ハーツクライ)
栗東・宮  
中3週
牡2 鹿
古川吉 56.0K
6戦1勝 [1-1-2-2]

既に6戦して、ようやく前走で未勝利を勝ったばかり。
厳しい。



13番ナムラフッカー
父スワーヴリチャード
母ナムラライラ
(ルーラーシップ)
栗東・村山  
中4週
牡2 栗
松山 56.0K
4戦1勝 [1-0-2-1]

前走のデイリー杯2歳ステークスで3着(0.5差)。
出遅れながらも良く追い込んで来た。
安定した末脚を使う事が出来ており、今回も展開次第だろう。



14番ジューンテイク
父キズナ
母アドマイヤサブリナ
(シンボリクリスエス)
栗東・武英  
中4週
牡2 黒鹿
Mデムーロ* 56.0K
4戦1勝 [1-0-0-3]

新馬戦の勝利以降冴えず、厳しい。



15番エンヤラヴフェイス
父エイシンヒカリ
母タイキアプローズ
(Devil's Bag)
栗東・森田  
中4週
牡2 黒鹿
幸 56.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

前走のデイリー杯2歳ステークスで2着(0.3差)。
休み明けで巻き返した。
ただ勝ち馬には2馬身差を付けられており、大きな成長が無いと厳しそうだ。



16番アスクワンタイム
父ロードカナロア
母ディープインアスク
(ディープインパクト)
栗東・梅田  
中5週
牡2 鹿
岩田望 56.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走の京王杯2歳ステークスで大敗。
現状、芝1200がベストのようで、厳しい。


 
17番シュトラウス
父モーリス
母ブルーメンブラット
(アドマイヤベガ)
美浦・武井  
中3週
牡2 黒鹿
マーカンド 56.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

前走で東スポ杯2歳ステークスを快勝した馬が、ここに登場。
芝1600は2走前のサウジアラビアロイヤルカップで3着(0.3差)止まりとなっており、マイルの流れに対応できるかだろう。



01_320x100

【最終結論】

◎はオーサムストローク(単勝15.9倍・7番人気)
今の阪神芝はイン先行有利で、早い決着が続いている。
なので、内から先行しそうな当馬をピックアップした。
ここ2戦、全く異なる芝マイルでのレースを、いずれも先行して押し切っており、今回も同様の競馬に期待したい!



▲はサトミノキラリ(単勝69.5倍・10番人気)
こちらは芝1200・芝1400の流れを経験して、今回インからロスなく立ち回れそうな馬。
近年スピードタイプの馬が活躍しているレース質に合っていると思うし、連勝中のわりに人気が無い。
早い上りを使うこともできており、距離延長にも十分対応可能だろう!



〇はジャンタルマンタル
メンバー中、数少ない重賞ウイナー。
芝マイル重賞を勝っているのは当馬のみで、格上的な存在だ。



以下、
内枠を引いて折り合いがつけば一変があるミルテンベルク2走前にアスコリピチェーノと接戦しているクリーンエア、ノーザンファーム生産馬のダノンマッキンリーシュトラウスを抑える。



◎オーサムストローク
▲サトミノキラリ
〇ジャンタルマンタル
△ミルテンベルク
△クリーンエア
△ダノンマッキンリー
△シュトラウス



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ