ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。元JRA大庭騎手とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:芝






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



北九州記念・無料情報
6月は安田記念・エプソムCを連勝!
最終週は北九州記念で的中を狙います(^_-)
━━━━━━━━━━━━━━

--------------------
重賞:無料情報
・エプソムC
三連複14点400円 138.8倍
[払戻]55,520円[回収率]991%
1-7-9人気を的中しました!
・安田記念
三連複14点400円 32.8倍
[払戻]13,120円[回収率]273%
━━━━━━━━━━━━━━
エプソムCは波乱展開も的中!
安田記念は固い着順でしたが高回収率!
北九州記念も相手馬選びが上手い
ここの無料情報を参考にしましょう(^_-)
→北九州記念・無料情報
選ぶレースも選ぶ馬も良い!
見る目がある無料情報に北九州記念もお任せです(^_-)




今週は、北九州記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎アカ
▲シャドウ



【レース展望】
宝塚記念が終わり、いよいよ夏競馬本番という中で行われる、北九州記念。
例年は8月に行われているが、今年は7月の実施。
開催時期は変わったが、今年も小倉の開幕週で行われるレース。
馬場状態は絶好で、例年通り早い勝ち時計が出そうだと思っていたが、昨日の芝レースは意外と時計が出なかった。
極端なイン先行有利ではなく、フラットな馬場のようだ。


勝ち時計が早いので、行ったもの勝ちになるかというとそうでもなく、差し馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
ハナを取り切った馬は5年で3度馬券内に来ているが、騎手が前がかりになりがちなせいか、差しが届いている。


血統としては、ハイペースの追走力に優れた
ロードカナロア産駒の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬のロードカナロア産駒」を狙いたい。

kokura_turf_1200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ディヴィナシオン
父ヴィクトワールピサ
母フギン
(ストリートセンス)
栗東・森秀  
中5週
牡7 黒鹿
松本* 56.0K
51戦4勝 [4-8-4-35]

近走冴えず、厳しい。



2番テイエムスパーダ
父レッドスパーダ
母トシザコジーン
(アドマイヤコジーン)
栗東・木原  
中13週
牝5 芦
酒井 56.0K
18戦5勝 [5-1-0-12]

4走前にセントウルステークスを逃げ切っているが、今回は同型馬が多数。
厳しい。



3番サーマルウインド
父ドレフォン
母ラフィエスタ
(スペシャルウィーク)
美浦・奥村武  
中10週
牝5 鹿
川田 55.5K
13戦5勝 [5-3-0-5]

カイカノキセキの同級生で、前走のオープンをタイム差なしの2着。
3・4走前のオープンでも好走しており、この舞台があってそうだ。



4番グランテスト
父ロードカナロア
母オーヴィレール
(シンボリクリスエス)
栗東・今野  
中8週
牝4 芦
坂井 53.0K
9戦4勝 [4-3-0-2]

前走の3勝クラスを快勝して、重賞初挑戦。
以前は出遅れていた時もあったが、最近はスタートが安定して好位を取れるようになっている。
相手は強くなるが、ここでも楽しみな存在。



5番メイショウソラフネ
父モーリス
母メイショウデイム
(マンハッタンカフェ)
栗東・石橋  
中10週
牡5 黒鹿
横山典 56.0K
17戦4勝 [4-4-1-8]

3走前から、重賞・オープンでソコソコの競馬。
今回、内枠でどれだけ脚を溜められるかだろう。



6番ヤクシマ
父Havana Grey
母Satsuma
(Compton Place)
栗東・寺島  
中4週
牡4 芦
幸 55.0K
17戦3勝 [3-0-2-12]

オープン入り後冴えず、厳しい。



7番モズメイメイ
父リアルインパクト
母インラグジュアリー
(Frankel)
栗東・音無  
中13週
牝4 鹿
国分恭 55.0K
12戦4勝 [4-0-1-7]

近走冴えず、厳しい。



8番トゥラヴェスーラ
父ドリームジャーニー
母ジャジャマーチャン
(アドマイヤコジーン)
栗東・高橋康  
中21週
牡9 鹿
永島 58.0K
32戦4勝 [4-5-1-22]

高速馬場でのレースは差し届かない可能性が高い。
かろうじて複勝圏入りがあるかどうかではないか。



9番ペアポルックス
父キンシャサノキセキ
母ミラクルアスク
(ディープインパクト)
栗東・梅田  
中4週
牡3 黒鹿
松若 54.0K
5戦2勝 [2-3-0-0]

前走の葵ステークスで2着(0.2差)。
全5戦、全て番手から進めて好走しているが、今回は先行馬が多くて厳しいレースになりそうだ。



10番エイシンスポッター
父エイシンヒカリ
母マーゼリン
(Barathea)
栗東・吉村  
中4週
牡5 栗
角田河 58.0K
20戦6勝 [6-1-3-10]

前走のオープンを追い込み勝ち。
ただ今回は開幕週の小倉芝。
末脚が届くかどうか、微妙。



11番ジャスパークローネ
父Frosted
母Fancy Kitten
(Kitten's Joy)
栗東・森秀  
中12週
牡5 栗
団野 58.5K
19戦6勝 [6-1-2-10]

昨年の当レースの覇者。
今年も同型馬は多いが、自分の競馬に徹するだけだろう。



12番ピューロマジック
父アジアエクスプレス
母メジェルダ
(ディープインパクト)
栗東・安田  
中4週
牝3 鹿
松山 53.0K
8戦3勝 [3-2-1-2]

前走の葵ステークスを逃げ切り勝ち。
ただ今回は同型馬が多数で、厳しそうだ。



13番カンチェンジュンガ
父ビッグアーサー
母クェスタボルタ
(ノヴェリスト)
栗東・庄野  
中10週
牡4 鹿
斎藤新 55.0K
11戦4勝 [4-0-0-7]

前走のオープンで5着(0.2差)。
後方から進めた馬の中で掲示板に載れたのは評価できる。
今回はその時以上のペースになりそうなので、まずはしっかり追走できるかどうか。



14番ナナオ
父ロードカナロア
母バイザディンプル
(オルフェーヴル)
栗東・小栗  
中4週
牝3 鹿
和田竜 52.0K
7戦3勝 [3-2-1-1]

前走の葵ステークスで3着(0.2差)。
当レースは、1~3着馬が4コーナー1~3番手からそのまま流れ込んだレース。
今回は前に行きたい馬が多く、厳しいだろう。



15番ショウナンハクラク
父Frankel
母ショウナンアデラ
(ディープインパクト)
栗東・松下  
中5週
牡5 黒鹿
小沢 56.0K
23戦4勝 [4-0-2-17]

オープン入り後、差し届かないレースが続いており、厳しい。



16番ヨシノイースター
父ルーラーシップ
母アースプレイ
(ゼンノロブロイ)
栗東・中尾  
中10週
牡6 黒鹿
丸山 57.0K
24戦5勝 [5-5-3-11]

前走のオープンで3着(0.1差)。
勝ち馬が先日の重賞を勝利したので、この馬も一定の評価が出来る。
後は今回、先行馬が揃って流れが厳しくなりそうなのが、どうかだろう。



17番メディーヴァル
父アジアエクスプレス
母メジェルダ
(ディープインパクト)
栗東・寺島  
中5週
牡6 鹿
小崎 53.0K
34戦4勝 [4-4-5-21]

ピューロマジックの兄だが、芝1200での実績が無く、厳しい。



18番バースクライ
父ハーツクライ
母ティップトップ
(Dubawi)
栗東・千田  
中16週
牝4 鹿
西村淳 55.0K
10戦4勝 [4-1-2-3]

前走のオーシャンステークスで3着(0.2差)。
今年は例年より外差しが利く馬場なので、この馬の末脚があるかも。



うまとみらいと
【最終結論】
◎はヨシノイースター(単勝13.3倍・8番人気)
例年ならば大外枠の馬は即アウトなのだが、今年の馬場ならば寧ろプラスになりそう。
なので、ピンク枠の中から、先行力のある当馬を選択した。
3走前に当舞台でオープンを快勝しており、コース適性もある。
その時同様、揉まれづらい外枠から進めて、重賞奪取に期待!



▲はバースクライ(単勝14.2倍・9番人気)
こちらも大外枠の馬。
前走は最内枠で不利を受けながら、上がり最速の末脚を使っていた。
今回は不利を受けづらい枠で、突き抜けるシーンがあっておかしくない!



〇はグランテスト
前走を快勝して安定感のあるこの馬が、好枠を引いた。
血統的にも当レースで狙い目だし、軸とするにふさわしい。



以下、
抜群の先行力を持つピューロマジック、前が止まればまとめて差し切る末脚を持つエイシンスポッタートゥラヴェスーラ、当舞台で3勝してコース適性があるカンチェンジュンガを抑える。



◎ヨシノイースター
▲バースクライ
〇グランテスト
△ピューロマジック
△エイシンスポッター
△トゥラヴェスーラ
△カンチェンジュンガ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



2年連続もありえる!
宝塚記念2023-403%回収!!
無料情報G1好調↓↓ガチおすすめ3連複
─────────────────────AD
無料公開レース
宝塚記念2023 3連複BOX10点500円
馬番5,6,9,12,13 →20,150円 403%

─────────────────────
今年G1も好調↓↓
オークス2024 3連複10点500円 →8,450円 141%
天皇賞春2024 3連複12点400円 →31,000円 646%
皐月賞2024 3連複10点500円 →23,760円 594%
桜花賞2024 3連複9点500円 →16,300円 362%

─────────────────────
G1はココです!ココしかないです!
宝塚記念2024無料開放
メール登録しておき 前夜必ずチェックを!



今週は、宝塚記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎プラダリア
▲ディープボンド



【レース展望】
春のグランプリというビッグレースながら、波乱もたびたび起こっている宝塚記念。
例年は阪神芝2200という内回りコースで行われているが、今年は京都芝2200の外回りコース。
坂越えが一度のみなので、例年よりもスタミナが問われづらい上、直線が長く、紛れが減りそうだ。
また、4月から連続開催が続いている京都芝の状態もポイントになりそう。
梅雨中の不安定な天気は悩ましいが、、、


今年は京都芝2200で行われるため傾向が変わる可能性があるが、良馬場だと特に立ち回り勝負となりやすく、先行馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が9頭
ただ今年は例年より直線が長くなるため、差しが届くかもしれない。


なお、2006年に京都芝2200で行われた時はこの結果だった。
雨の中でディープインパクトが圧勝したレースだったが、時計のかかる馬場で、逃げ差し互角の結果となった。


血統としては、スタミナに優れた
ステイゴールド系産駒・欧州血統を持つ馬の好走が目立つ。


まとめると、「先行馬で、ステイゴールド系産駒・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

kyoto_turf_2200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番シュトルーヴェ
父キングカメハメハ
母アンチュラス
(ディープインパクト)
美浦・堀  
中3週
セ5 黒鹿
レーン 58.0K
12戦6勝 [6-3-0-3]

重賞連勝中。
心強い鞍上を確保して、初G1でも十分通用しそうだ。



2番ジャスティンパレス
父ディープインパクト
母パレスルーマー
(Royal Anthem)
栗東・杉山晴  
中11週
牡5 青鹿
ルメール 58.0K
14戦5勝 [5-2-2-5]

昨年の当レースで3着(0.2差)。
その時の上位2頭が引退した今、当馬を中心視すべきだろう。



3番ベラジオオペラ
父ロードカナロア
母エアルーティーン
(ハービンジャー)
栗東・上村  
中11週
牡4 鹿
横山和 58.0K
8戦5勝 [5-1-0-2]

前走の大阪杯を番手から抜け出して勝利。
今回も先行馬が少ないので、前に行って粘り込みを狙うだろう。



4番ドウデュース
父ハーツクライ
母ダストアンドダイヤモンズ
(Vindication)
栗東・友道  
中11週
牡5 鹿
武豊 58.0K
13戦6勝 [6-1-1-5]

前走のドバイターフは、不完全燃焼となってしまった。
2走前の有馬記念での勝利など、実績は最上位。
立て直されての巻き返しに期待。



5番ディープボンド
父キズナ
母ゼフィランサス
(キングヘイロー)
栗東・大久保  
中7週
牡7 青鹿
幸 58.0K
28戦5勝 [5-5-3-15]

前走の天皇賞春で3着(0.4差)。
自身が得意としているレースで3年連続好走したのは素晴らしい。
その一方、その後に出走した宝塚記念では、2年連続で馬券外。
今年も厳しそうだが、恵みの雨が。。。



6番ヒートオンビート
父キングカメハメハ
母マルセリーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
中3週
牡7 鹿
坂井 58.0K
29戦5勝 [5-8-5-11]

近走をふまえると、G1では厳しい。



7番プラダリア
父ディープインパクト
母シャッセロール
(クロフネ)
栗東・池添  
中11週
牡5 鹿
池添 58.0K
16戦4勝 [4-2-2-8]

G1ではまだ馬券内が無いが、昨年の当レースでは6着(0.4差)に健闘。
2・4走前には京都芝の重賞を勝っているので、京都替わりもプラス。
今年も展開次第で面白い存在。



8番カラテ
父トゥザグローリー
母レディーノパンチ
(フレンチデピュティ)
栗東・音無  
中2週
牡8 黒鹿
岩田望 58.0K
41戦8勝 [8-2-1-30]

近走をふまえると、G1では厳しい。



9番ソールオリエンス
父キタサンブラック
母スキア
(Motivator)
美浦・手塚  
中11週
牡4 鹿
横山武 58.0K
9戦3勝 [3-2-1-3]

外差しが利いて馬場が渋れば出番がありそう。
そうした条件が揃いそうな今回、面白い存在だ。


 
10番ローシャムパーク
父ハービンジャー
母レネットグルーヴ
(キングカメハメハ)
美浦・田中博  
中11週
牡5 鹿
戸崎圭 58.0K
12戦6勝 [6-3-1-2]

前走の大阪杯でタイム差なしの2着。
2走前の香港カップを除くと安定して好走している。
ただ前走より相手が強くなるので、力関係がポイントだろう。



11番ヤマニンサンパ
父ディープインパクト
母ヤマニンパピオネ
(スウェプトオーヴァーボード)
栗東・斉藤崇  
中2週
牡6 芦
団野 58.0K
17戦3勝 [3-1-3-10]

近走をふまえると、G1では厳しい。



12番ブローザホーン
父エピファネイア
母オートクレール
(デュランダル)
栗東・吉岡  
中7週
牡5 鹿
菅原明 58.0K
20戦6勝 [6-3-4-7]

前走の天皇賞春で2着(0.3差)。
上がり最速の末脚を使って追い込んできた。
距離短縮や道悪はプラスだし、3走前の日経新春杯では快勝。
後は力関係次第だろう。



13番ルージュエヴァイユ
父ジャスタウェイ
母ナッシングバットドリームズ
(Frankel)
美浦・黒岩  
中11週
牝5 鹿
川田 56.0K
13戦4勝 [4-3-1-5]

前走の大阪杯でタイム差なしの3着。
当舞台では3走前のエリザベス女王杯で2着(0.1差)があり、末脚が活きればここでも面白そうだ。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はプラダリア(単勝12.7倍・6番人気)
上記の通り、京都での重賞勝ちが複数回あり、このコースを得意としている馬。
また、他馬にトップスピードに劣る分、この道悪も味方しそうだ。
何より、鞍上はグランプリにめっぽう強い。
人気馬をマークしての一発に期待!



▲はディープボンド(単勝19.8倍・9番人気)
良馬場のスピード勝負ならば分が悪いが、スタミナを活かせる重馬場ならば話は別。
しかも今回は先行馬が少なく、展開利も得られそう。
早めスパートから粘り込みを図るのに、十分な条件が揃った!



〇はドウデュース
馬場が悪くても、実力第一の当馬を外すわけにはいかない。
今回も後方から捲くっていくだろう。



以下、
近走重賞で好走しているジャスティンパレスシュトルーヴェ、追い込める条件が揃ったソールオリエンスルージュエヴァイユを抑える。



◎プラダリア
▲ディープボンド
〇ドウデュース
△ジャスティンパレス
△シュトルーヴェ
△ソールオリエンス
△ルージュエヴァイユ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



マーメイドS無料情報
マーメイドSはG1で4勝しているここの無料情報が頼りにしましょう!
昨年末からプラス収支継続中(^_-)
━━━━━━━━━━━━━━
G1・無料情報
◎NHKマイルC
馬連5,000円→7,200円
◎天皇賞春
馬連5,000円→8,560円
◎桜花賞
馬連5,000円→12,400円
◎大阪杯
馬連5,000円→38,600円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.06
投資額:370,100円
獲得額:638,960円
収支額:268,860円
回収率:173%
━━━━━━━━━━━━━━
マーメイドSもどう回収するか注目です。
→マーメイドS無料情報
↑からLINE友だち追加して買い目を毎週チェックしてください。



今週は、マーメイドステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ピンハイ
▲ホールネス



【レース展望】
「梅雨時で馬場が不透明+牝馬限定+ハンデ戦+中距離(牝馬にとってはスタミナが必要)」という、荒れる要素満載のマーメイドステークス。
ただファンもそのことを熟知しているため、毎年オッズが割れまくっている。


今年は京都芝2000で行われるため、坂越えが一度のみ。
そのため傾向が変わる可能性があるが、当レースはスタミナが求められて上りがかかる事が多く、差し馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が4頭
5番手まで広げると7頭が馬券内に来ているが、差し馬の方が有利だ。
ちなみに10番手以下からも4頭馬券内に来ており、追い込みも届く。


なお、2006年に一度京都芝2000で行われた時はこの結果だった。
京都での実施のためか先行馬が頑張っていたが、最後は差しが届いていた。


血統としては、スタミナに優れた
ステイゴールド系産駒・欧州血統を持つ馬の好走が目立つ。


まとめると、「差し・追い込み馬で、ステイゴールド系産駒・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

kyoto_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ベリーヴィーナス
父キズナ
母ティーエスベリー
(New Approach)
栗東・鈴木孝  
中1週
牝5 黒鹿
藤懸 53.0K
16戦4勝 [4-2-0-10]

逃げて連勝中。
前走は牡馬混合の3勝クラスを逃げ切った。
今回は同型馬との兼ね合いがカギで、いかにスムーズにハナを奪えるか。



2番ジューンオレンジ
父ジャスタウェイ
母アドマイヤサブリナ
(シンボリクリスエス)
栗東・長谷川  
中3週
牝4 芦
富田 54.0K
15戦4勝 [4-1-1-9]

オープン入りして4戦し、馬券内が無い。
ただ2走前のオープンでは追い込んで4着(0.2差)に健闘しており、展開次第で食い込みがあるかも。



3番ピンハイ
父ミッキーアイル
母レイテッド
(ジャングルポケット)
栗東・田中克  
中4週
牝5 栗
北村友 54.0K
12戦2勝 [2-2-1-7]

3走前の中日新聞杯での3着(0.1差)等、ここ数戦は牡馬混合のレースで善戦している。
久々の牝馬同士の一戦はプラス。
馬格が無い馬なので、ハンデがどれくらいになるかがポイントだったが、54Kなら許容範囲だろう。



4番ミッキーゴージャス
父ミッキーロケット
母ミッキークイーン
(ディープインパクト)
栗東・安田  
中10週
牝4 黒鹿
浜中 56.5K
8戦5勝 [5-0-0-3]

前走の大阪杯は、牡馬相手のG1で度外視。
それまで3連勝で愛知杯も制覇した力を見直すべき。



5番ラヴェル
父キタサンブラック
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・矢作  
中13週
牝4 鹿
坂井 54.0K
9戦2勝 [2-0-0-7]

前走の中山牝馬ステークスで11着(0.6差)。
結局、アルテミスステークス以降、馬券内が無い。
スムーズに走れるかどうかがポイントになるが、京都内回りのフルゲートという条件では厳しそうだ。



6番ホールネス
父Lope de Vega
母Missunited
(Golan)
栗東・藤原  
中11週
牝4 黒鹿
西塚 52.0K
4戦3勝 [3-1-0-0]

まだキャリア4戦で、重賞初挑戦。
現在3連勝中で勢いがあるし、ハンデも手ごろ。
早い上りを使う事が出来ていないのが気になる所。



7番マリネロ
父ゴールドシップ
母マイネヴォヤージ
(Teofilo)
美浦・嘉藤  
中4週
牝5 芦
松若* 50.0K
17戦3勝 [3-3-4-7]

前走の3勝クラスで大敗。
今回、ハンデ差を活かしたいが、厳しいだろう。



8番セントカメリア
父ドゥラメンテ
母アドマイヤテレサ
(エリシオ)
栗東・高野  
中4週
牝5 鹿
西村淳* 53.0K
15戦4勝 [4-2-1-8]

前走のオープンで3着(0.5差)。
牡馬混合戦で結果を出したのはプラス。
3走前にも牡馬混合の3勝クラスを快勝しており、ハンデ差次第で面白い存在。



9番コスタボニータ
父イスラボニータ
母レディイン
(Kendor)
栗東・杉山佳  
中7週
牝5 芦
岩田望 56.0K
17戦5勝 [5-3-3-6]

前走の福島牝馬ステークスを勝利。
その分、今回はハンデを背負うことになった。
競馬が巧く器用なタイプなので、大崩れはなさそうだが。。。



10番ゴールドエクリプス
父ドゥラメンテ
母ゴールドグローリー
(ハービンジャー)
栗東・大久保  
中9週
牝5 栗
幸 53.0K
13戦4勝 [4-1-1-7]

前走の阪神牝馬ステークスで8着(0.8差)。
昨年の当レースで4着(0.6差)に来ているが今年はハンデ増となり、厳しそうだ。



11番インザオベーション
父ハーツクライ
母インザスポットライト
(Exceed And Excel)
栗東・武幸  
中3週
牝5 黒鹿
荻野極 51.0K
18戦3勝 [3-1-5-9]

抽選突破の運は有るが、3勝クラスを勝ち切れておらず、厳しい。



12番タガノパッション
父キングカメハメハ
母アドマイヤシルク
(シンボリクリスエス)
栗東・武幸  
中7週
牝6 鹿
Mデムーロ 53.0K
24戦2勝 [2-2-8-12]

優駿牝馬で4着(0.3差)に来たことも有る馬。
3走前の愛知杯でも2着(0.1差)に来ており、流れが向けば差しが届いてもおかしくない。



13番アリスヴェリテ
父キズナ
母ルミエールヴェリテ
(Cozzene)
栗東・中竹  
中2週
牝4 鹿
永島 50.0K
18戦3勝 [3-7-4-4]

前走で2勝クラスを逃げ切ったばかり。
2歳の時、アルテミスステークスで3着(0.1差)の実績はあるが、、、
初の恵量を活かしてハナを奪えるかどうかだが、この枠からだと厳しいだろう。



14番エリカヴィータ
父キングカメハメハ
母マルシアーノ
(フジキセキ)
美浦・国枝  
中7週
牝5 青
小沢 54.0K
13戦2勝 [2-0-0-11]

フローラステークス以降、馬券内が無い。
厳しい。



15番エーデルブルーメ
父ハービンジャー
母アーデルハイト
(アグネスタキオン)
栗東・福永  
中9週
牝5 鹿
川田 54.0K
15戦4勝 [4-4-4-3]

前走で牡馬混合の3勝クラスを勝利し、重賞初挑戦。
3走前に同舞台で2着(0.1差)があるし、ハンデと力差次第で上位に来れるだろう。
ただこの枠は痛い。



16番ファユエン
父ヴァンセンヌ
母サクラパピルス
(アグネスデジタル)
美浦・勢司  
中5週
牝6 鹿
菊沢 53.0K
21戦4勝 [4-0-1-16]

オープン入りして4戦し、前走の新潟大賞典で6着(0.6差)。
今回は京都内回りの一戦で、追い込みが利くかどうか。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はピンハイ(単勝15.4倍・9番人気)
昨日の京都芝は異様な高速馬場だった。
昨日~本日にかけて雨が降るとは言われているが、大きな影響はなさそう。
そして今週からDコースとなったが、インは伸びておらず、直線の真ん中あたりが伸びている。
以上をふまえると、
・芝2000前後で速い持ち時計がある
・内枠でロスなく立ち回れる
・直線で馬群を割って末脚を使い、上位に来た実績がある
を兼ね備えた、当馬を本命にした。
古馬になって勝てていないが、オープンで牡馬相手に戦う事が多いのだから、情状酌量の余地が有る。
3歳時はクラシック路線で善戦し続けていた実力馬。
このメンバー構成で54Kならば、突き抜けるシーンがあって良いだろう!



▲はホールネス(単勝12.8倍・5番人気)
こちらはまだ底を見せていない馬。
速い持ち時計は無いが、内枠・馬群を割れる根性は、当馬も持っている。
恵ハンデも魅力だし、2戦続けて上がり最速の末脚を使っているのもプラスだ。



〇はミッキーゴージャス
実績最上位の分、トップハンデとなったのは止む無し。
枠は良いし、速い持ち時計もある。
後は他馬との力関係・ハンデ差次第だろう。



以下、
内枠を引き同型馬が外へ行って逃げるには絶好の条件が揃ったベリーヴィーナス、前走で牡馬相手に結果を出したセントカメリア、抽選突破の運があるインザオベーション、大外枠は痛いが逆に決め打ちの外差しがハマる可能性が有るファユエンを抑える。



◎ピンハイ
▲ホールネス
〇ミッキーゴージャス
△ベリーヴィーナス
△セントカメリア
△インザオベーション
△ファユエン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


エプソムC・無料予想
先週は安田記念を2年連続的中!
この春好調な無料情報です(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報の実績
・安田記念2024
[払戻]13,120円[回収率]273%
・安田記念2023
[払戻]6,870円[回収率]143%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
前哨戦も2年連続でした!
・マイラーズC2024
[払戻]8,280円[回収率]148%
・マイラーズC2023
[払戻]5,680円[回収率]118%
━━━━━━━━━━━━━━
安田記念は固い着順でしたが高回収率!
エプソムCも相手馬選びが上手い
ここの無料予想を参考にしましょう(^_-)
→エプソムC・無料予想
選ぶレースも選ぶ馬も良い!
見る目がある無料予想にエプソムCもお任せです(^_-)



今週は、エプソムカップを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎グランディア
▲ラケマーダ



【レース展望】
春の5戦連続東京G1が終わり、夏競馬が実質的に開幕となる中で行われる、エプソムカップ。
梅雨時でのレースという事もあり、派手に荒れる事も多い。


同じ舞台の毎日王冠は末脚勝負のレースとなっているが、当レースはそれよりもメンバーレベルが低くなりがちなせいか、逃げ差し互角
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が8頭
5番手まで広げると11頭が馬券内に来ており、先行馬の方が有利だ。


血統としては、現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬・ステイゴールド系産駒が圧倒している。


まとめると、「先行馬で、現代王道の血統」を狙いたい。

fuchu_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番トゥデイイズザデイ
父ディープインパクト
母キトゥンズクイーン
(Kitten's Joy)
栗東・池江  
中5週
牡5 鹿
津村 57.0K
12戦4勝 [4-4-1-3]

この馬も2歳以来の重賞挑戦。
キャリア12戦中、10戦で上り3位以内の末脚を使っており、しまいは十分。
3走前はアルナシームとタイム差無しの2着に来ており、いきなりでも通用しそうだ。



2番ノースザワールド
父ディープインパクト
母パスオブドリームズ
(Giant's Causeway)
美浦・斎藤誠  
中6週
牡6 青鹿
菅原明 57.0K
31戦4勝 [4-10-2-15]

重賞では通用しておらず、厳しい。



3番ルージュリナージュ
父スピルバーグ
母パンツァネッラ
(ルーラーシップ)
美浦・宗像  
中3週
牝5 鹿
丸田 55.0K
15戦4勝 [4-2-1-8]

前走のヴィクトリアマイルで5着(0.4差)。
出遅れながらも上がり最速の末脚を使って追い込んできた。
力がバレた今回は正直買いづらく、オッズ次第だろう。



4番ヴェルトライゼンデ
父ドリームジャーニー
母マンデラ
(Acatenango)
栗東・池江  
中61週
牡7 黒鹿
戸崎圭 58.0K
14戦4勝 [4-4-2-4]

1年2ヶ月ぶりの出走。
コントレイル世代の馬で、2度の屈腱炎から復帰する逞しさは尊敬に値する。
後は中身ができているかどうか。
前回の長期休養明けとなった、一昨年の鳴尾記念では勝利したが。。。



5番タイムトゥヘヴン
父ロードカナロア
母キストゥヘヴン
(アドマイヤベガ)
美浦・戸田  
中9週
牡6 鹿
北村友 57.0K
28戦2勝 [2-2-2-22]

追い込みが届かない競馬ばかりで、厳しい。



6番レーベンスティール
父リアルスティール
母トウカイライフ
(トウカイテイオー)
美浦・田中博  
中4週
牡4 鹿
ルメール 59.0K
8戦3勝 [3-2-1-2]

ここ2戦、完敗。
今回も59Kを背負い、新旧の馬達と厳しいレースを強いられそうだ。



7番マイネルケレリウス
父ルーラーシップ
母マイネカンナ
(アグネスタキオン)
美浦・奥村武  
中5週
牡4 鹿
石川 57.0K
13戦4勝 [4-1-1-7]

2歳以来の重賞挑戦。
3歳春にはブレイディヴェーグの2着(0.5差)があり、末脚はここでも通用しそう。
前走の3勝クラスでの人気薄の勝利をフロック視しないほうが良さそうだ。



8番ワールドウインズ
父ルーラーシップ
母エイジアンウインズ
(フジキセキ)
栗東・笹田  
中3週
セ7 鹿
内田博* 57.0K
31戦4勝 [4-4-1-22]

重賞では通用しておらず、厳しい。



9番レッドランメルト
父ディープインパクト
母クイーンズアドヴァイス
(Orpen)
美浦・国枝  
中33週
牡5 鹿
オシェア 57.0K
15戦4勝 [4-3-1-7]

オープン入り後、力負けのレースが続いており、厳しい。



10番シルトホルン
父スクリーンヒーロー
母シンメイミヤビ
(Langfuhr)
美浦・新開  
中2週
牡4 黒鹿
吉田豊 57.0K
17戦2勝 [2-4-1-10]

今回と同舞台だった前走のオープンで、逃げて3着(0.1差)。
ここもスンナリ先行できるかどうかがポイントだ。



11番サイルーン
父ディープインパクト
母ハウオリ
(キングカメハメハ)
美浦・堀  
中10週
セ5 青鹿
岩田望 57.0K
14戦4勝 [4-5-1-4]

母母にノースフライトを持つ良血馬が、重賞初挑戦。
新馬戦でサリエラの2着(0.5差)があったように、もともと期待の大きかった馬。
2走前はベリファーニアらを下しており、力は有りそうだ。



12番グランスラムアスク
父ディープインパクト
母ジェニサ
(Storm Cat)
栗東・矢作  
中12週
牝5 鹿
御神本* 55.0K
26戦4勝 [4-1-3-18]

オープン入り後冴えず、厳しい。



13番ラケマーダ
父アメリカンペイトリオット
母アプト
(アドマイヤムーン)
栗東・千田  
中4週
牡4 鹿
石橋脩* 57.0K
15戦4勝 [4-1-4-6]

重賞初挑戦。
2走前はサイルーンらの3着(0.2差)に敗れたが、前走の3勝クラスを勝ち切った。
前に行って展開利を得たい。



14番カレンシュトラウス
父ルーラーシップ
母アグネスワルツ
(ゼンノロブロイ)
栗東・平田  
中2週
牡7 鹿
北村宏* 57.0K
21戦5勝 [5-4-3-9]

重賞だけでなくオープンでもワンパンチ足りない競馬が続いており、厳しい。



15番アルナシーム
父モーリス
母ジュベルアリ
(ディープインパクト)
栗東・橋口  
中3週
牡5 鹿
横山典* 57.0K
18戦5勝 [5-2-0-11]

東スポ杯2歳ステークス以来の東京芝1800への出走。
その時はイクイノックス相手に3番人気に推されていた馬。
重賞では未だ馬券内が無いが、直線の長い1ターンの競馬は合ってそうだ。



16番グランディア
父ハービンジャー
母ディアデラノビア
(サンデーサイレンス)
栗東・中内田  
中11週
セ5 鹿
三浦 57.0K
16戦4勝 [4-3-2-7]

ドレッドノータスらの弟という良血馬が、3歳以来の重賞挑戦。
5走前の3勝クラスでローシャムパークの2着(0.1差)があり、好勝負できるのでは。



17番ニシノスーベニア
父ハービンジャー
母リップル
(アグネスタキオン)
美浦・上原博  
中9週
牡5 黒鹿
田辺 57.0K
19戦4勝 [4-2-4-9]

前走のダービー卿チャレンジトロフィーで4着(0.4差)。
出遅れて外を回り、チグハグな競馬だった。
昨年の実績を見ると、中山芝でのものばかり。
この舞台が合うかどうかだろう。



18番セルバーグ
父エピファネイア
母エナチャン
(キンシャサノキセキ)
栗東・鈴木孝  
中4週
牡5 鹿
丸山* 58.0K
19戦5勝 [5-0-4-10]

前走の新潟大賞典は、チグハグな競馬で大敗。
スムーズに逃げる事が出来れば、一変があって良さそうだ。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はグランディア(単勝10.1倍・5番人気)
上記の通り、5走前の走りが光る。
そのレースは、掲示板に載った馬が軒並み後方から追い込んできたレース。
それを当馬はただ1頭、先行して馬券内に来た。
鉄砲駆けが効いて、叩き2戦目でよく走る馬なので、今回は走り頃。
先週水曜に久々のJpnⅠ勝ちした鞍上が、勢いに乗ってJRAでも重賞を勝利する!



▲はラケマーダ(単勝56.5倍・13番人気)
2走前にサイルーンと接戦している馬が、このオッズというのはオイシイ。
今回、前に行きそうなのがセルバーグとシルトホルンくらいで、先行しそうな当馬にとって展開が向きそう。
前走の通り、前に行っても早い上りを使えるので、先に抜け出して後続を封じる事が出来れば。
いきなりの重賞挑戦でも勝負になる!



〇はヴェルトライゼンテ
このメンバーでは実績断然。
後は状態だけだ。



以下、
近走好走歴のあるアルナシームサイルーン、先行して恵まれれば一変があるセルバーグシルトホルンを抑える。



◎グランディア
▲ラケマーダ
〇ヴェルトライゼンテ
△アルナシーム
△サイルーン
△セルバーグ
△シルトホルン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



安田記念×無料情報
安田記念はG1で4勝しているここの無料情報が頼りです(^ ^)
昨年末からプラス収支継続中!
━━━━━━━━━━━━━━
G1・無料情報
◎NHKマイルC
馬連5,000円→7,200円
◎天皇賞春
馬連5,000円→8,560円
◎桜花賞
馬連5,000円→12,400円
◎大阪杯
馬連5,000円→38,600円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.05
投資額:329,600円
獲得額:620,710円
収支額:291,110円
回収率:188%
━━━━━━━━━━━━━━
安田記念もどう回収するか注目です。
→安田記念・無料情報
↑からLINE友だち追加して買い目を毎週チェックしてください。




今週は、安田記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ガイアフォース
▲ステラヴェローチェ



【レース展望】
春の5戦連続東京G1の最後を飾る、安田記念。
競馬番組としては夏競馬の開始となるのだが、年々好メンバーが揃って、レベルの高い一戦が続いている。


近年は末脚勝負のレースとなっており、差し馬が圧倒的に有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が1頭(アエロリット)。
10番手以下からも5頭が馬券内に来ており、非常に末脚が重要だ。


血統としては、現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬・ステイゴールド系産駒が圧倒している。


まとめると、「差し追い込み馬で、現代王道の血統」を狙いたい。

fuchu_turf_1600



【出走全馬ワンポイント評価】
1番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添  
中8週
牡8 鹿
斎藤新 58.0K
34戦4勝 [4-6-1-23]

2021年と2022年の当レースで大敗しており、厳しい。



2番ガイアフォース
父キタサンブラック
母ナターレ
(クロフネ)
栗東・杉山晴  
中14週
牡5 芦
長岡 58.0K
13戦3勝 [3-4-0-6]

前走のフェブラリーステークスで2着(0.2差)に好走した馬が、再度芝へ。
昨年の当レースでは4着(0.2差)に健闘しており、負けた3頭のうち2頭が引退した今年は上位に食い込んでおかしくない。



3番レッドモンレーヴ
父ロードカナロア
母ラストグルーヴ
(ディープインパクト)
美浦・蛯名正  
中2週
牡5 鹿
横山和 58.0K
14戦5勝 [5-4-0-5]

昨年の当レースで6着(0.6差)。
G1ではワンパンチ足りず、今回も厳しいのでは。



4番ジオグリフ
父ドレフォン
母アロマティコ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中8週
牡5 栗
北村宏* 58.0K
15戦3勝 [3-1-1-10]

ここ2戦、前に行って伸びずバテずという状況。
スピードと切れ味が必要なこの舞台では、厳しそうだ。



5番ナミュール
父ハービンジャー
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・高野  
中2週
牝5 鹿
武豊* 56.0K
16戦5勝 [5-3-2-6]

前走のヴィクトリアマイルで8着(0.5差)。
出遅れて直線もスムーズさを欠いていた。
昨年の当レースでは大敗だったが、展開次第では巻き返しがあるだろう。



6番ドーブネ
父ディープインパクト
母プレミアステップス
(Footstepsinthesand)
栗東・武幸  
中13週
牡5 青
菱田 58.0K
16戦6勝 [6-3-1-6]

前走の中山記念で2着(0.3差)。
今回は逃げ馬鬼門のレースで、厳しそうだ。



7番ロマンチックウォリアー
父Acclamation
母Folk Melody
(Street Cry)
香港・シャム  
中4週
セ6 鹿
マクドナルド 58.0K
19戦14勝 [14-3-0-2]

G1を4連勝中の、香港中距離における現役最強馬が満を持して来日。
力は十分なので、日本の高速馬場に対応できるかどうか。



8番エアロロノア
父キングカメハメハ
母エアワンピース
(ロックオブジブラルタル)
栗東・笹田  
中5週
セ7 鹿
幸 58.0K
25戦6勝 [6-2-4-13]

一昨年の当レースで7着(0.2差)。
出遅れて最後方から追い込んでいた。
ただ近走は冴えず、厳しいだろう。



9番パラレルヴィジョン
父キズナ
母アールブリュット
(マクフィ)
美浦・国枝  
中8週
牡5 鹿
ルメール 58.0K
13戦6勝 [6-1-3-3]

連勝中。
前走のダービー卿チャレンジトロフィーも、先行して勝利。
オープン後、早い上りを使う事が出来ていないのが気になる。


 
10番ソウルラッシュ
父ルーラーシップ
母エターナルブーケ
(マンハッタンカフェ)
栗東・池江  
中5週
牡6 黒鹿
モレイラ 58.0K
19戦7勝 [7-2-1-9]

前走のマイラーズカップを快勝。
ただ当レースでは2年連続で敗れており、東京コースの克服がカギになる。



11番ウインカーネリアン
父スクリーンヒーロー
母コスモクリスタル
(マイネルラヴ)
美浦・鹿戸  
中9週
牡7 栗
三浦 58.0K
26戦8勝 [8-4-0-14]

昨年の当レースで8着(1.1差)。
当レースは、最近先行馬に厳しい結果が続いており、当馬も厳しいのでは。



12番フィアスプライド
父ディープインパクト
母ストロベリーフェア
(Kingmambo)
美浦・国枝  
中2週
牝6 青鹿
坂井 56.0K
18戦5勝 [5-2-2-9]

前走のヴィクトリアマイルで2着(0.2差)。
先行した馬で唯一掲示板を確保した。
今回は先行馬が鬼門のレースで、牡馬相手となるのが厳しそうだ。



13番ステラヴェローチェ
父バゴ
母オーマイベイビー
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中8週
牡6 黒鹿
横山典 58.0K
15戦4勝 [4-2-2-7]

前走の大阪杯で4着(0.1差)。
控え過ぎて位置取りを悪くして、大外回す、最悪の競馬だった。
乗り代わり・コース替わりで巻き返しに期待。



14番コレペティトール
父ジャスタウェイ
母ベガスナイト
(コロナドズクエスト)
栗東・中竹  
中5週
牡4 栗
岩田康 58.0K
11戦5勝 [5-0-1-5]

前走のマイラーズカップで完敗。
一線級とは力差がありそうで、厳しい。



15番ヴォイッジバブル
父Deep Field
母Raheights
(Rahy)
香港・イウ  
中4週
セ6 鹿
パートン 58.0K
18戦6勝 [6-5-3-4]

オーストラリア産の香港馬で、昨年の香港ダービー馬。
昨年の香港マイルで2着に好走し、前走のチャンピオンズマイルでも3着に健闘している。
3走前は香港ゴールドカップで2着しており、力は十分だろう。



16番エルトンバローズ
父ディープブリランテ
母ショウナンカラット
(ブライアンズタイム)
栗東・杉山晴  
中4週
牡4 鹿
西村淳 58.0K
11戦4勝 [4-3-0-4]

前走のチャンピオンズマイルで大敗。
4走前の毎日王冠で勝利しており、良馬場ならば巻き返しがありそうだ。



17番セリフォス
父ダイワメジャー
母シーフロント
(Le Havre)
栗東・中内田  
中5週
牡5 栗
川田 58.0K
13戦5勝 [5-3-0-5]

前走のマイラーズカップで2着(0.3差)。
昨年の当レースでも2着(0.2差)で、常に安定はしているが2022年のマイルチャンピオンシップ以降、勝ち切れていないのが気になる。



18番ダノンスコーピオン
父ロードカナロア
母レキシールー
(Sligo Bay)
栗東・福永  
中2週
牡5 鹿
戸崎圭 58.0K
15戦4勝 [4-0-2-9]

3歳冬以降、不振が続いていたが、前走の京王杯スプリングカップで4着(0.5差)と好走。
元々がNHKマイルカップの勝ち馬、調子が戻っていれば侮れない存在だ。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はガイアフォース(単勝11.5倍・5番人気)
上記の他、昨年の天皇賞秋でも超ハイペースを先行して踏ん張った。
東京の1ターン競馬で、ペースが流れるレースでは常に好走している。
今回も先行馬が揃って厳しいペースになりそうで、この馬向きの流れが期待できそうだ!



▲はステラヴェローチェ(単勝15.9倍・7番人気)
昨日、復活の勝利を挙げたヨーホーレイクの同期が、こちらも東京で復活する。
エフフォーリア・シャフリヤールらと接戦したクラシックでの戦いや、古馬になって日経新春杯で善戦した力は、まだ衰えていない。
先週、東京優駿を神騎乗で制した鞍上を背に、G1勝ちを狙える機会が訪れた!



〇はセリフォス
この路線では安定して走っている。
今回、外枠で折り合いがつくかは不安だが、コース適性や力はメンバー中、最上位だろう。



以下、
香港の実力馬のヴォイッジバブルロマンチックウォリアー実績上位のソウルラッシュ、前走で今回と同舞台で好走したフィアスプライドを抑える。



◎ガイアフォース
▲ステラヴェローチェ
〇セリフォス
△ヴォイッジバブル
△ロマンチックウォリアー
△ソウルラッシュ
△フィアスプライド



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ

↑このページのトップヘ