ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。元JRA大庭騎手とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:東京競馬






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


エプソムC・無料予想
先週は安田記念を2年連続的中!
この春好調な無料情報です(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報の実績
・安田記念2024
[払戻]13,120円[回収率]273%
・安田記念2023
[払戻]6,870円[回収率]143%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
前哨戦も2年連続でした!
・マイラーズC2024
[払戻]8,280円[回収率]148%
・マイラーズC2023
[払戻]5,680円[回収率]118%
━━━━━━━━━━━━━━
安田記念は固い着順でしたが高回収率!
エプソムCも相手馬選びが上手い
ここの無料予想を参考にしましょう(^_-)
→エプソムC・無料予想
選ぶレースも選ぶ馬も良い!
見る目がある無料予想にエプソムCもお任せです(^_-)



今週は、エプソムカップを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎グランディア
▲ラケマーダ



【レース展望】
春の5戦連続東京G1が終わり、夏競馬が実質的に開幕となる中で行われる、エプソムカップ。
梅雨時でのレースという事もあり、派手に荒れる事も多い。


同じ舞台の毎日王冠は末脚勝負のレースとなっているが、当レースはそれよりもメンバーレベルが低くなりがちなせいか、逃げ差し互角
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が8頭
5番手まで広げると11頭が馬券内に来ており、先行馬の方が有利だ。


血統としては、現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬・ステイゴールド系産駒が圧倒している。


まとめると、「先行馬で、現代王道の血統」を狙いたい。

fuchu_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番トゥデイイズザデイ
父ディープインパクト
母キトゥンズクイーン
(Kitten's Joy)
栗東・池江  
中5週
牡5 鹿
津村 57.0K
12戦4勝 [4-4-1-3]

この馬も2歳以来の重賞挑戦。
キャリア12戦中、10戦で上り3位以内の末脚を使っており、しまいは十分。
3走前はアルナシームとタイム差無しの2着に来ており、いきなりでも通用しそうだ。



2番ノースザワールド
父ディープインパクト
母パスオブドリームズ
(Giant's Causeway)
美浦・斎藤誠  
中6週
牡6 青鹿
菅原明 57.0K
31戦4勝 [4-10-2-15]

重賞では通用しておらず、厳しい。



3番ルージュリナージュ
父スピルバーグ
母パンツァネッラ
(ルーラーシップ)
美浦・宗像  
中3週
牝5 鹿
丸田 55.0K
15戦4勝 [4-2-1-8]

前走のヴィクトリアマイルで5着(0.4差)。
出遅れながらも上がり最速の末脚を使って追い込んできた。
力がバレた今回は正直買いづらく、オッズ次第だろう。



4番ヴェルトライゼンデ
父ドリームジャーニー
母マンデラ
(Acatenango)
栗東・池江  
中61週
牡7 黒鹿
戸崎圭 58.0K
14戦4勝 [4-4-2-4]

1年2ヶ月ぶりの出走。
コントレイル世代の馬で、2度の屈腱炎から復帰する逞しさは尊敬に値する。
後は中身ができているかどうか。
前回の長期休養明けとなった、一昨年の鳴尾記念では勝利したが。。。



5番タイムトゥヘヴン
父ロードカナロア
母キストゥヘヴン
(アドマイヤベガ)
美浦・戸田  
中9週
牡6 鹿
北村友 57.0K
28戦2勝 [2-2-2-22]

追い込みが届かない競馬ばかりで、厳しい。



6番レーベンスティール
父リアルスティール
母トウカイライフ
(トウカイテイオー)
美浦・田中博  
中4週
牡4 鹿
ルメール 59.0K
8戦3勝 [3-2-1-2]

ここ2戦、完敗。
今回も59Kを背負い、新旧の馬達と厳しいレースを強いられそうだ。



7番マイネルケレリウス
父ルーラーシップ
母マイネカンナ
(アグネスタキオン)
美浦・奥村武  
中5週
牡4 鹿
石川 57.0K
13戦4勝 [4-1-1-7]

2歳以来の重賞挑戦。
3歳春にはブレイディヴェーグの2着(0.5差)があり、末脚はここでも通用しそう。
前走の3勝クラスでの人気薄の勝利をフロック視しないほうが良さそうだ。



8番ワールドウインズ
父ルーラーシップ
母エイジアンウインズ
(フジキセキ)
栗東・笹田  
中3週
セ7 鹿
内田博* 57.0K
31戦4勝 [4-4-1-22]

重賞では通用しておらず、厳しい。



9番レッドランメルト
父ディープインパクト
母クイーンズアドヴァイス
(Orpen)
美浦・国枝  
中33週
牡5 鹿
オシェア 57.0K
15戦4勝 [4-3-1-7]

オープン入り後、力負けのレースが続いており、厳しい。



10番シルトホルン
父スクリーンヒーロー
母シンメイミヤビ
(Langfuhr)
美浦・新開  
中2週
牡4 黒鹿
吉田豊 57.0K
17戦2勝 [2-4-1-10]

今回と同舞台だった前走のオープンで、逃げて3着(0.1差)。
ここもスンナリ先行できるかどうかがポイントだ。



11番サイルーン
父ディープインパクト
母ハウオリ
(キングカメハメハ)
美浦・堀  
中10週
セ5 青鹿
岩田望 57.0K
14戦4勝 [4-5-1-4]

母母にノースフライトを持つ良血馬が、重賞初挑戦。
新馬戦でサリエラの2着(0.5差)があったように、もともと期待の大きかった馬。
2走前はベリファーニアらを下しており、力は有りそうだ。



12番グランスラムアスク
父ディープインパクト
母ジェニサ
(Storm Cat)
栗東・矢作  
中12週
牝5 鹿
御神本* 55.0K
26戦4勝 [4-1-3-18]

オープン入り後冴えず、厳しい。



13番ラケマーダ
父アメリカンペイトリオット
母アプト
(アドマイヤムーン)
栗東・千田  
中4週
牡4 鹿
石橋脩* 57.0K
15戦4勝 [4-1-4-6]

重賞初挑戦。
2走前はサイルーンらの3着(0.2差)に敗れたが、前走の3勝クラスを勝ち切った。
前に行って展開利を得たい。



14番カレンシュトラウス
父ルーラーシップ
母アグネスワルツ
(ゼンノロブロイ)
栗東・平田  
中2週
牡7 鹿
北村宏* 57.0K
21戦5勝 [5-4-3-9]

重賞だけでなくオープンでもワンパンチ足りない競馬が続いており、厳しい。



15番アルナシーム
父モーリス
母ジュベルアリ
(ディープインパクト)
栗東・橋口  
中3週
牡5 鹿
横山典* 57.0K
18戦5勝 [5-2-0-11]

東スポ杯2歳ステークス以来の東京芝1800への出走。
その時はイクイノックス相手に3番人気に推されていた馬。
重賞では未だ馬券内が無いが、直線の長い1ターンの競馬は合ってそうだ。



16番グランディア
父ハービンジャー
母ディアデラノビア
(サンデーサイレンス)
栗東・中内田  
中11週
セ5 鹿
三浦 57.0K
16戦4勝 [4-3-2-7]

ドレッドノータスらの弟という良血馬が、3歳以来の重賞挑戦。
5走前の3勝クラスでローシャムパークの2着(0.1差)があり、好勝負できるのでは。



17番ニシノスーベニア
父ハービンジャー
母リップル
(アグネスタキオン)
美浦・上原博  
中9週
牡5 黒鹿
田辺 57.0K
19戦4勝 [4-2-4-9]

前走のダービー卿チャレンジトロフィーで4着(0.4差)。
出遅れて外を回り、チグハグな競馬だった。
昨年の実績を見ると、中山芝でのものばかり。
この舞台が合うかどうかだろう。



18番セルバーグ
父エピファネイア
母エナチャン
(キンシャサノキセキ)
栗東・鈴木孝  
中4週
牡5 鹿
丸山* 58.0K
19戦5勝 [5-0-4-10]

前走の新潟大賞典は、チグハグな競馬で大敗。
スムーズに逃げる事が出来れば、一変があって良さそうだ。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はグランディア(単勝10.1倍・5番人気)
上記の通り、5走前の走りが光る。
そのレースは、掲示板に載った馬が軒並み後方から追い込んできたレース。
それを当馬はただ1頭、先行して馬券内に来た。
鉄砲駆けが効いて、叩き2戦目でよく走る馬なので、今回は走り頃。
先週水曜に久々のJpnⅠ勝ちした鞍上が、勢いに乗ってJRAでも重賞を勝利する!



▲はラケマーダ(単勝56.5倍・13番人気)
2走前にサイルーンと接戦している馬が、このオッズというのはオイシイ。
今回、前に行きそうなのがセルバーグとシルトホルンくらいで、先行しそうな当馬にとって展開が向きそう。
前走の通り、前に行っても早い上りを使えるので、先に抜け出して後続を封じる事が出来れば。
いきなりの重賞挑戦でも勝負になる!



〇はヴェルトライゼンテ
このメンバーでは実績断然。
後は状態だけだ。



以下、
近走好走歴のあるアルナシームサイルーン、先行して恵まれれば一変があるセルバーグシルトホルンを抑える。



◎グランディア
▲ラケマーダ
〇ヴェルトライゼンテ
△アルナシーム
△サイルーン
△セルバーグ
△シルトホルン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



安田記念×無料情報
安田記念はG1で4勝しているここの無料情報が頼りです(^ ^)
昨年末からプラス収支継続中!
━━━━━━━━━━━━━━
G1・無料情報
◎NHKマイルC
馬連5,000円→7,200円
◎天皇賞春
馬連5,000円→8,560円
◎桜花賞
馬連5,000円→12,400円
◎大阪杯
馬連5,000円→38,600円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.05
投資額:329,600円
獲得額:620,710円
収支額:291,110円
回収率:188%
━━━━━━━━━━━━━━
安田記念もどう回収するか注目です。
→安田記念・無料情報
↑からLINE友だち追加して買い目を毎週チェックしてください。




今週は、安田記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ガイアフォース
▲ステラヴェローチェ



【レース展望】
春の5戦連続東京G1の最後を飾る、安田記念。
競馬番組としては夏競馬の開始となるのだが、年々好メンバーが揃って、レベルの高い一戦が続いている。


近年は末脚勝負のレースとなっており、差し馬が圧倒的に有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が1頭(アエロリット)。
10番手以下からも5頭が馬券内に来ており、非常に末脚が重要だ。


血統としては、現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬・ステイゴールド系産駒が圧倒している。


まとめると、「差し追い込み馬で、現代王道の血統」を狙いたい。

fuchu_turf_1600



【出走全馬ワンポイント評価】
1番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添  
中8週
牡8 鹿
斎藤新 58.0K
34戦4勝 [4-6-1-23]

2021年と2022年の当レースで大敗しており、厳しい。



2番ガイアフォース
父キタサンブラック
母ナターレ
(クロフネ)
栗東・杉山晴  
中14週
牡5 芦
長岡 58.0K
13戦3勝 [3-4-0-6]

前走のフェブラリーステークスで2着(0.2差)に好走した馬が、再度芝へ。
昨年の当レースでは4着(0.2差)に健闘しており、負けた3頭のうち2頭が引退した今年は上位に食い込んでおかしくない。



3番レッドモンレーヴ
父ロードカナロア
母ラストグルーヴ
(ディープインパクト)
美浦・蛯名正  
中2週
牡5 鹿
横山和 58.0K
14戦5勝 [5-4-0-5]

昨年の当レースで6着(0.6差)。
G1ではワンパンチ足りず、今回も厳しいのでは。



4番ジオグリフ
父ドレフォン
母アロマティコ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中8週
牡5 栗
北村宏* 58.0K
15戦3勝 [3-1-1-10]

ここ2戦、前に行って伸びずバテずという状況。
スピードと切れ味が必要なこの舞台では、厳しそうだ。



5番ナミュール
父ハービンジャー
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・高野  
中2週
牝5 鹿
武豊* 56.0K
16戦5勝 [5-3-2-6]

前走のヴィクトリアマイルで8着(0.5差)。
出遅れて直線もスムーズさを欠いていた。
昨年の当レースでは大敗だったが、展開次第では巻き返しがあるだろう。



6番ドーブネ
父ディープインパクト
母プレミアステップス
(Footstepsinthesand)
栗東・武幸  
中13週
牡5 青
菱田 58.0K
16戦6勝 [6-3-1-6]

前走の中山記念で2着(0.3差)。
今回は逃げ馬鬼門のレースで、厳しそうだ。



7番ロマンチックウォリアー
父Acclamation
母Folk Melody
(Street Cry)
香港・シャム  
中4週
セ6 鹿
マクドナルド 58.0K
19戦14勝 [14-3-0-2]

G1を4連勝中の、香港中距離における現役最強馬が満を持して来日。
力は十分なので、日本の高速馬場に対応できるかどうか。



8番エアロロノア
父キングカメハメハ
母エアワンピース
(ロックオブジブラルタル)
栗東・笹田  
中5週
セ7 鹿
幸 58.0K
25戦6勝 [6-2-4-13]

一昨年の当レースで7着(0.2差)。
出遅れて最後方から追い込んでいた。
ただ近走は冴えず、厳しいだろう。



9番パラレルヴィジョン
父キズナ
母アールブリュット
(マクフィ)
美浦・国枝  
中8週
牡5 鹿
ルメール 58.0K
13戦6勝 [6-1-3-3]

連勝中。
前走のダービー卿チャレンジトロフィーも、先行して勝利。
オープン後、早い上りを使う事が出来ていないのが気になる。


 
10番ソウルラッシュ
父ルーラーシップ
母エターナルブーケ
(マンハッタンカフェ)
栗東・池江  
中5週
牡6 黒鹿
モレイラ 58.0K
19戦7勝 [7-2-1-9]

前走のマイラーズカップを快勝。
ただ当レースでは2年連続で敗れており、東京コースの克服がカギになる。



11番ウインカーネリアン
父スクリーンヒーロー
母コスモクリスタル
(マイネルラヴ)
美浦・鹿戸  
中9週
牡7 栗
三浦 58.0K
26戦8勝 [8-4-0-14]

昨年の当レースで8着(1.1差)。
当レースは、最近先行馬に厳しい結果が続いており、当馬も厳しいのでは。



12番フィアスプライド
父ディープインパクト
母ストロベリーフェア
(Kingmambo)
美浦・国枝  
中2週
牝6 青鹿
坂井 56.0K
18戦5勝 [5-2-2-9]

前走のヴィクトリアマイルで2着(0.2差)。
先行した馬で唯一掲示板を確保した。
今回は先行馬が鬼門のレースで、牡馬相手となるのが厳しそうだ。



13番ステラヴェローチェ
父バゴ
母オーマイベイビー
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中8週
牡6 黒鹿
横山典 58.0K
15戦4勝 [4-2-2-7]

前走の大阪杯で4着(0.1差)。
控え過ぎて位置取りを悪くして、大外回す、最悪の競馬だった。
乗り代わり・コース替わりで巻き返しに期待。



14番コレペティトール
父ジャスタウェイ
母ベガスナイト
(コロナドズクエスト)
栗東・中竹  
中5週
牡4 栗
岩田康 58.0K
11戦5勝 [5-0-1-5]

前走のマイラーズカップで完敗。
一線級とは力差がありそうで、厳しい。



15番ヴォイッジバブル
父Deep Field
母Raheights
(Rahy)
香港・イウ  
中4週
セ6 鹿
パートン 58.0K
18戦6勝 [6-5-3-4]

オーストラリア産の香港馬で、昨年の香港ダービー馬。
昨年の香港マイルで2着に好走し、前走のチャンピオンズマイルでも3着に健闘している。
3走前は香港ゴールドカップで2着しており、力は十分だろう。



16番エルトンバローズ
父ディープブリランテ
母ショウナンカラット
(ブライアンズタイム)
栗東・杉山晴  
中4週
牡4 鹿
西村淳 58.0K
11戦4勝 [4-3-0-4]

前走のチャンピオンズマイルで大敗。
4走前の毎日王冠で勝利しており、良馬場ならば巻き返しがありそうだ。



17番セリフォス
父ダイワメジャー
母シーフロント
(Le Havre)
栗東・中内田  
中5週
牡5 栗
川田 58.0K
13戦5勝 [5-3-0-5]

前走のマイラーズカップで2着(0.3差)。
昨年の当レースでも2着(0.2差)で、常に安定はしているが2022年のマイルチャンピオンシップ以降、勝ち切れていないのが気になる。



18番ダノンスコーピオン
父ロードカナロア
母レキシールー
(Sligo Bay)
栗東・福永  
中2週
牡5 鹿
戸崎圭 58.0K
15戦4勝 [4-0-2-9]

3歳冬以降、不振が続いていたが、前走の京王杯スプリングカップで4着(0.5差)と好走。
元々がNHKマイルカップの勝ち馬、調子が戻っていれば侮れない存在だ。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はガイアフォース(単勝11.5倍・5番人気)
上記の他、昨年の天皇賞秋でも超ハイペースを先行して踏ん張った。
東京の1ターン競馬で、ペースが流れるレースでは常に好走している。
今回も先行馬が揃って厳しいペースになりそうで、この馬向きの流れが期待できそうだ!



▲はステラヴェローチェ(単勝15.9倍・7番人気)
昨日、復活の勝利を挙げたヨーホーレイクの同期が、こちらも東京で復活する。
エフフォーリア・シャフリヤールらと接戦したクラシックでの戦いや、古馬になって日経新春杯で善戦した力は、まだ衰えていない。
先週、東京優駿を神騎乗で制した鞍上を背に、G1勝ちを狙える機会が訪れた!



〇はセリフォス
この路線では安定して走っている。
今回、外枠で折り合いがつくかは不安だが、コース適性や力はメンバー中、最上位だろう。



以下、
香港の実力馬のヴォイッジバブルロマンチックウォリアー実績上位のソウルラッシュ、前走で今回と同舞台で好走したフィアスプライドを抑える。



◎ガイアフォース
▲ステラヴェローチェ
〇セリフォス
△ヴォイッジバブル
△ロマンチックウォリアー
△ソウルラッシュ
△フィアスプライド



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



日本ダービー無料情報
ダービーはG1で4勝しているここの無料情報が頼りです(^ ^)
昨年末からプラス収支継続中!
━━━━━━━━━━━━━━
G1・無料情報
◎NHKマイルC
馬連5,000円→7,200円
◎天皇賞春
馬連5,000円→8,560円
◎桜花賞
馬連5,000円→12,400円
◎大阪杯
馬連5,000円→38,600円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.05
投資額:309,600円
獲得額:604,110円
収支額:294,510円
回収率:195%
━━━━━━━━━━━━━━
ダービーもどう回収するか注目です。
→ダービー無料情報
↑からLINE友だち追加して買い目を毎週チェックしてください。



今週は、目黒記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。



◎メイショウブレゲ
▲バラジ



【レース展望】
東京優駿の後に行われる、目黒記念。
東京優駿と距離が僅か100メートル異なる舞台なのだが、直線の坂を2度越えることになるため、スタミナが要求される。


スピードだけではなくしっかりした末脚が求められるため、差し馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
2・3年前は超スローペースで前残りのレースとなってしまったが、基本は差し競馬となると考えるのが良さそうだ。


血統としては、東京優駿と同舞台という事で、殆ど同じ血統の馬が好走している。
現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬の好走に加えて、ステイゴールド系産駒やロベルトの血を持つスタミナに優れた血統の馬が目立っている。


まとめると、「差し馬で、現代王道の血統・ステイゴールド系産駒・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_2500


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ジューンアヲニヨシ
父キズナ
母オールブランニュー
(ノボジャック)
栗東・松下  
中2週
牡4 青鹿
池添 55.0K
10戦4勝 [4-1-3-2]

連勝で重賞初挑戦。
10戦中、上がり最速の末脚を6度使っており、しまいはしっかりしている。
相手は強いが、それなりに差し込んできそうだ。



2番サトノグランツ
父サトノダイヤモンド
母チェリーコレクト
(Oratorio)
栗東・友道  
中13週
牡4 鹿
川田 58.5K
10戦4勝 [4-1-2-3]

前走、カタールの重賞で3着。
東京ではまだ勝てていない上、この世代の力に疑問が持たれている中、どこまでやれるか。



3番メイショウブレゲ
父ゴールドシップ
母メイショウスイヅキ
(パイロ)
栗東・本田  
中3週
牡5 栗
酒井 56.0K
27戦4勝 [4-4-1-18]

前走の天皇賞春で8着(1.1差)。
ブービー人気・初のG1挑戦で、健闘したといえるだろう。
常に展開に左右されるが末脚は堅実なので、流れが向くかどうかだ。



4番クロミナンス
父ロードカナロア
母イリュミナンス
(マンハッタンカフェ)
美浦・尾関  
中8週
牡7 鹿
ルメール 57.5K
12戦4勝 [4-2-2-4]

オープン昇格して、重賞で2戦連続馬券内。
今回も有力だろう。



5番ヒートオンビート
父キングカメハメハ
母マルセリーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
中8週
牡7 鹿
坂井 59.0K
28戦5勝 [5-8-5-10]

昨年の当レースの覇者。
ただその後は、アルゼンチン共和国杯での3着(0.2差)が最高着順。
得意のコースで巻き返しに期待。



6番シュヴァリエローズ
父ディープインパクト
母ヴィアンローズ
(Sevres Rose)
栗東・清水久  
中2週
牡6 鹿
西村淳* 56.0K
28戦3勝 [3-4-2-19]

重賞では未だに馬券内がなく、厳しい。



7番シークレットラン
父ダンカーク
母カールファターレ
(キングカメハメハ)
栗東・村山  
中6週
牡8 鹿
内田博* 52.0K
27戦4勝 [4-5-0-18]

近走冴えず、厳しい。



8番マイネルウィルトス
父スクリーンヒーロー
母マイネボヌール
(ロージズインメイ)
栗東・宮  
中8週
牡8 黒鹿
横山武 57.5K
41戦5勝 [5-11-8-17]

一昨年の当レースで2着(0.1差)。
安定感はあるが勝ち切れないレースが続いており、今回も頭まではどうか。



9番シュトルーヴェ
父キングカメハメハ
母アンチュラス
(ディープインパクト)
美浦・堀  
中8週
セ5 黒鹿
モレイラ 58.5K
11戦5勝 [5-3-0-3]

前走の日経賞を勝利。
乗り代わりは問題なさそうで、今回も中心視すべき。



10番ナイトインロンドン
父グレーターロンドン
母ムーンハウリング
(メジロマックイーン)
美浦・大竹  
中1週
牡4 芦
鮫島駿* 52.0K
10戦3勝 [3-1-0-6]

まだ3勝クラスを勝てておらず、厳しい。



11番ダンディズム
父マンハッタンカフェ
母ビューティーコンテスト
(シングスピール)
栗東・野中  
中2週
セ8 黒鹿
岩田望* 57.0K
34戦5勝 [5-9-3-17]

2年連続、当レースで馬券外。
オープン入り後、馬券内に来たレースはいずれも小回りでのもの。
直線の長いコースでは厳しそうだ。



12番ケイアイサンデラ
父シルバーステート
母クインズミリセント
(エンパイアメーカー)
栗東・小林  
中2週
牡4 鹿
藤懸* 54.0K
12戦3勝 [3-1-1-7]

前走の3勝クラスで、逃げて僅差の敗戦。
今回、単騎逃げが濃厚だが、重賞では厳しいだろう。



13番バラジ
父ヴァンセンヌ
母シーダーアラジ
(アラジ)
美浦・鹿戸  
連闘
セ5 鹿
丹内* 56.0K
20戦4勝 [4-3-3-10]

先週のオープンで、先行できず大敗。
連闘となるが、昨年の当レースでは前に行って6着(0.4差)と善戦しており、先行できるかどうかがポイントになりそう。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はメイショウブレゲ(単勝23.6倍・10番人気)
ここ2戦は相手が強かった。
ただその分、ハンデが抑えられたのはプラス。
更に今回は、レースの格とメンバーの質が落ちて、差し脚が届きやすくなるだろう。
前走も、G1だったが上り4位の末脚を使っており、自分の力は出し切っていた。
インで脚を溜めての一発が期待できる!



▲はバラジ(単勝55.6倍・11番人気)
少頭数で先行馬が少ない上、大外枠で包まれるリスクが少ない。
前走も出遅れているが、巻き返して前へ行ける可能性が高いだろう。
それならば、昨年同様に善戦できる確率が高いと考えるべき。
久々の先行策で、アッと言わせるシーンがありそうだ!



〇はクロミナンス
7歳だがまだ12戦しかしておらず、上積み十分。
頼れる鞍上を背に、堅実に走るだろう。



以下、
近走重賞で好走しているシュトルーヴェマイネルウィルトス連勝中で勢いのあるジューンアヲニヨシ、昨年の当レースの覇者のヒートオンビートを抑える。



◎メイショウブレゲ
▲バラジ
〇クロミナンス
△シュトルーヴェ
△マイネルウィルトス
△ジューンアヲニヨシ
△ヒートオンビート



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



無料情報・集計OK
半年で60万円!
平均で毎月10万円獲得~収支額は31万円と勝てる無料情報!
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.05
投資額:289,600円
獲得額:604,110円
収支額:314,510円
回収率:209%
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報でG1四勝
・NHKMC→7,200円/144%
・天皇賞春 →8,560円/171%
・桜花賞  →12,400円/248%
・大阪杯  →38,600円/772%
※各馬連5,000円投資
━━━━━━━━━━━━━━
オークス~ダービー~宝塚記念
いや、夏競馬もここの無料情報です!
→無料情報を見る←
馬連・ワイドが基本の買い目です。
いち早くチェックしてみてください。



今週は、優駿牝馬(オークス)を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。



◎サフィラ
▲ホーエリート



【レース展望】
牝馬クラシックの第二弾となる、優駿牝馬(オークス)。
桜花賞から800メートルも伸びることになり、スピードだけでなくスタミナも要求される。


前へ行くスピードだけではなくしっかりした末脚が求められるため、差し馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が4頭
10番手以下からも5頭追い込んできており、溜めて末脚を活かす馬の好走が目立つ。


血統としては、現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬の好走に加えて、ゴールドシップ産駒やロベルトの血を持つスタミナに優れた血統の馬が目立っている。


まとめると、「差し馬で、現代王道の血統・ゴールドシップ産駒・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_2400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ミアネーロ
父ドゥラメンテ
母ミスエーニョ
(Pulpit)
美浦・林  
中8週
牝3 鹿
津村 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走のフラワーカップを快勝。
ただ今回は初の府中で、末脚勝負となった際に通用するか未知数だ。



2番クイーンズウォーク
父キズナ
母ウェイヴェルアベニュー
(Harlington)
栗東・中内田  
中5週
牝3 黒鹿
川田 55.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走の桜花賞で8着(0.6差)。
2走前のクイーンカップでは快勝しており、東京に替わって見直したい。



3番エセルフリーダ
父キタサンブラック
母デルマオギン
(ハービンジャー)
美浦・武藤  
中7週
牝3 鹿
武藤 55.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

前走で1勝クラスを勝利。
芝2000で2勝しているようにスタミナは問題なさそうだが、東京で早い上りを使ったことがないのがどうか。



4番パレハ
父サトノクラウン
母アルマミーア
(ディープインパクト)
栗東・新谷  
中5週
牝3 青鹿
田辺 55.0K
3戦1勝 [1-0-0-2]

前走のオープンで大敗。
厳しい。



5番コガネノソラ
父ゴールドシップ
母マイネヒメル
(ロージズインメイ)
美浦・菊沢  
中2週
牝3 芦
石川 55.0K
6戦3勝 [3-1-1-1]

3連勝でトライアルを制覇。
その勝ち時計や勝ちっぷりは鮮やかだった。
相手が大幅に強化される今回、どこまでやれるか。



6番サンセットビュー
父ドゥラメンテ
母ゴーイントゥザウィンドウ
(Tapit)
栗東・新谷  
中3週
牝3 鹿
三浦 55.0K
5戦1勝 [1-0-0-4]

未勝利戦勝利後、冴えず厳しい。



7番ステレンボッシュ
父エピファネイア
母ブルークランズ
(ルーラーシップ)
美浦・国枝  
中5週
牝3 鹿
戸崎圭 55.0K
5戦3勝 [3-2-0-0]

前走の桜花賞を快勝。
そこからの乗り代わりはマイナスだが、馬の力は世代トップクラスだ。



8番ホーエリート
父ルーラーシップ
母ゴールデンハープ
(ステイゴールド)
美浦・田島  
中8週
牝3 鹿
原 55.0K
5戦1勝 [1-1-1-2]

前走のフラワーカップで2着(0.1差)。
外を回してロスが多い中、善戦したと言える。
ただ、2・3走前は僅差とはいえ掲示板外となっており、ここでどこまでやれるか。



9番ラヴァンダ
父シルバーステート
母ゴッドパイレーツ
(ベーカバド)
栗東・中村  
中3週
牝3 黒鹿
岩田望 55.0K
6戦1勝 [1-1-3-1]

前走のフローラステークスで2着(0.1差)。
立ち回りの巧さを見せたが、馬体重が-10Kで、末脚も目立たず。
相手が強化される今回は、厳しいだろう。



10番アドマイヤベル
父スワーヴリチャード
母ベルアリュールII
(Numerous)
美浦・加藤征  
中3週
牝3 栗
横山武 55.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

前走のフローラステークスを快勝。
ただ距離は2000くらいまでがギリギリのようだし、相手が強化されて厳しそうだ。



11番ヴィントシュティレ
父モーリス
母ピュアブリーゼ
(Monsun)
美浦・古賀  
中3週
牝3 鹿
北村宏* 55.0K
5戦1勝 [1-1-0-3]

未勝利戦を勝ったばかりで、厳しい。



12番チェルヴィニア
父ハービンジャー
母チェッキーノ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中5週
牝3 鹿
ルメール 55.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走の桜花賞で大敗。
昨今、休み明けでも活躍する流れはあるが、さすがに半年ぶりでG1は厳しかった。
一叩きされて地元に戻る今回、巻き返しに期待。



13番スウィープフィート
父スワーヴリチャード
母ビジュートウショウ
(ディープスカイ)
栗東・庄野  
中5週
牝3 栗
武豊 55.0K
7戦2勝 [2-2-1-2]

前走の桜花賞で4着(0.2差)。
上がり2位の末脚は使ったが、ほぼシンガリ追走かつ馬群を捌くのに手間取って届かず。
スムーズに外から差せるかどうかがポイントになるだろう。



14番ライトバック
父キズナ
母インザスポットライト
(Exceed And Excel)
栗東・茶木  
中5週
牝3 黒鹿
坂井 55.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

前走の桜花賞で3着(0.1差)。
出遅れて最後方から、上がり最速の末脚を使って追い込んできた。
出遅れが多い上、気性的にピンパーな競馬となりがちで、距離が延びる今回も半信半疑だ。



15番サフィラ
父ハーツクライ
母サロミナ
(Lomitas)
栗東・池添  
中13週
牝3 黒鹿
松山 55.0K
5戦1勝 [1-1-1-2]

前走まで馬体が減り続けていたのが、どこまで回復しているか。
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に押されていた馬、巻き返しが待たせるが。。。



16番ショウナンマヌエラ
父ジャスタウェイ
母ダイアゴナルクロス
(シンボリクリスエス)
栗東・高野  
中5週
牝3 黒鹿
岩田康 55.0K
5戦1勝 [1-1-0-3]

ここ3戦冴えず、厳しい。



17番タガノエルピーダ
父キズナ
母タガノレヴェントン
(キングカメハメハ)
栗東・斉藤崇  
中5週
牝3 黒鹿
Mデムーロ 55.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

前走のオープンを快勝して、同世代の牝馬との大一番へ。
3走前の朝日杯フューチュリティステークスで3着(0.2差)に来ているように、力は有る。
後は力関係次第だろう。



18番ランスオブクイーン
父タリスマニック
母マイプラーナ
(マンハッタンカフェ)
栗東・奥村豊  
中2週
牝3 黒鹿
横山和 55.0K
4戦1勝 [1-1-1-1]

未勝利戦を勝ったばかり。
厳しい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はサフィラ(単勝52.6倍・11番人気)
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に推された馬。
ただ、同厩舎のフルレゾンのように、使うたびに馬体が減り、近2走はなかなか思うように力を出せない状態だった。
今回、調教後の馬体重が+22K。
輸送で幾らか減るだろうけど、前走よりも+10K以上は堅いだろう。
そうすれば、兄姉に活躍馬を多数持つ良血の力が発揮されるはず。
人気が落ちた今回こそ、狙いたい!



▲はホーエリート(単勝76.8倍・13番人気)
2走前は直線で不利がありながら7着(0.2差)に踏ん張り、3走前は大外から脚を使って先行して6着(0.8差)。
どちらにも出走していたアドマイヤベルとは大きな差がなかった。
前走のフラワーカップも、大外を回しながら2着(0.1差)で、力を出せば重賞でも通用する馬と見た。
なのにこの人気薄、、、バレていない今、黙って買いだろう。



〇はチェルヴィニア
桜花賞は惨敗したが、主戦に戻って東京替わり。
中心視すべきだろう。
よって予想の本線は、アルテミスステークスのワンツーの再現となる。



以下、
桜花賞上位のステレンボッシュライトバック前走を快勝したタガノエルピーダエセルフリーダを抑える。



◎サフィラ
▲ホーエリート
〇チェルヴィニア
△ステレンボッシュ
△ライトバック
△タガノエルピーダ
△エセルフリーダ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


無料情報・集計OK
5ヶ月で59万円!
60万円まであと少しです(*^^*)
収支額は32万円と勝てる無料情報!
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.05
投資額:270,000円
獲得額:597,610円
収支額:327,610円
回収率:221%
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報でG1四勝
・NHKMC→7,200円/144%
・天皇賞春 →8,560円/171%
・桜花賞  →12,400円/248%
・大阪杯  →38,600円/772%
※各馬連5,000円投資
━━━━━━━━━━━━━━
ヴィクトリアマイル~宝塚記念
いや、夏競馬もここの無料情報です!
→無料情報を見る←
馬連・ワイドが基本の買い目です。
いち早くチェックしてみてください。



今週は、ヴィクトリアマイルを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




ルージュリナージュ
▲フィールシンパシー



【レース展望】
春の東京競馬場で行われる、G1シリーズ第二弾のヴィクトリアマイル。
高速馬場の東京芝マイルで、スピード対決が繰り広げられる。


毎年凄い勝ち時計が出ているが、単純な前残りという訳ではなく差し馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
ただ5番手以下まで広げると7頭6番手以下まで広げると10頭となり、ある程度の位置に居ないと厳しい。


血統としては、現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬の好走が目立っている。


まとめると、「好位差し馬で、ディープインパクト系・キングマンボ=キングカメハメハ系の血を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ライラック
父オルフェーヴル
母ヴィーヴァブーケ
(キングカメハメハ)
美浦・相沢  
中4週
牝5 鹿
戸崎圭 56.0K
15戦2勝 [2-1-2-10
前走の阪神牝馬ステークスで大敗。
馬体重が-16Kと大きく減らしており、そこから今回までで立て直されているかどうか。



2番フィアスプライド
父ディープインパクト
母ストロベリーフェア
(Kingmambo)
美浦・国枝  
中8週
牝6 青鹿
ルメール 56.0K
17戦5勝 [5-1-2-9]

前走の中山牝馬ステークスで9着(0.4差)。
何といっても鞍上が継続できるのは強みだろう。
G1初挑戦の、大きな後押しだ。
その分、人気過剰気味だが。。。



3番スタニングローズ
父キングカメハメハ
母ローザブランカ
(クロフネ)
栗東・高野  
中5週
牝5 鹿
西村淳 56.0K
14戦5勝 [5-2-1-6]

昨年の当レースで出遅れて大敗。
その時以来のレースとなった、前走の大阪杯では8着(0.5差)だった。
叩き2戦目でスタートが決まれば、昨年以上は有りそうだ。



4番コンクシェル
父キズナ
母ザナ
(Galileo)
栗東・清水久  
中8週
牝4 黒鹿
岩田望 56.0K
16戦5勝 [5-2-1-8]

先行力を活かして連勝中。
今回は斤量が+3Kとなり、相手が超強化される中、前へ行ってどこまでやれるか。



5番ウンブライル
父ロードカナロア
母ラルケット
(ファルブラヴ)
美浦・木村  
中4週
牝4 鹿
川田 56.0K
8戦2勝 [2-3-0-3]

前走の阪神牝馬ステークスで2着(0.1差)。
2走前の東京新聞杯から巻き返してきた。
3走前のNHKマイルCでタイム差なしの2着に来た舞台で、再度の好走に期待。



6番マスクトディーヴァ
父ルーラーシップ
母マスクオフ
(ディープインパクト)
栗東・辻野  
中4週
牝4 黒鹿
モレイラ 56.0K
7戦4勝 [4-1-0-2]

前走の阪神牝馬ステークスを勝利。
7戦中6戦で上がり最速or2位の末脚を使っており、ポジションを取れれば勝ち負けだろう。



7番ハーパー
父ハーツクライ
母セレスタ
(Jump Start)
栗東・友道  
中5週
牝4 鹿
池添 56.0K
9戦2勝 [2-2-2-3]

前走の大阪杯で大敗。
牝馬限定・距離短縮・乗り替わりはどれもプラスで、巻き返しが期待できる。



8番サウンドビバーチェ
父ドゥラメンテ
母スクービドゥー
(Johan Cruyff)
栗東・高柳大  
中13週
牝5 黒鹿
松山 56.0K
13戦3勝 [3-2-0-8]

昨年の当レースで5着(0.5差)。
スムーズに先行できるかが勝負だが、近走冴えないのがどうか。



9番テンハッピーローズ
父エピファネイア
母フェータルローズ
(タニノギムレット)
栗東・高柳大  
中4週
牝6 栗
津村 56.0K
23戦5勝 [5-5-2-11]

差し一手の脚質で、重賞では前が止まらず届いていない。
厳しいだろう。



10番ナミュール
父ハービンジャー
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・高野  
中5週
牝5 鹿
武豊 56.0K
15戦5勝 [5-3-2-5]

前走のドバイターフで2着。
昨年の秋から充実期に入ったようで、昨年の当レースでの7着(0.6差)も度外視できそうだ。



11番ルージュリナージュ
父スピルバーグ
母パンツァネッラ
(ルーラーシップ)
美浦・宗像  
中8週
牝5 鹿
横山和 56.0K
14戦4勝 [4-2-1-7]

オープン昇格後、前へ届かないレースが続いている。
ただいずれもスタートで不利のあったもので、スムーズに出れば一変があるかも。



12番キタウイング
父ダノンバラード
母キタノリツメイ
(アイルハヴアナザー)
美浦・小島  
中8週
牝4 黒鹿
杉原 56.0K
13戦3勝 [3-0-0-10]

近走冴えず、厳しい。



13番モリアーナ
父エピファネイア
母ガルデルスリール
(ダイワメジャー)
美浦・武藤  
中4週
牝4 鹿
横山典 56.0K
10戦3勝 [3-0-2-5]

前走の阪神牝馬ステークスで3着(0.3差)。
上がり最速の末脚を使うも届かず。
今回も後方から進めそうだが、末脚が届くかどうか。



14番フィールシンパシー
父ベーカバド
母スマートシンパシー
(ダンスインザダーク)
美浦・小島  
中2週
牝5 鹿
横山琉 56.0K
19戦4勝 [4-4-1-10]

前走の福島牝馬ステークスでタイム差なしの2着。
揉まれづらい外枠はプラスなので、スムーズに先行できれば粘り込みが期待できる。



15番ドゥアイズ
父ルーラーシップ
母ローズマンブリッジ
(ディープインパクト)
栗東・庄野  
中4週
牝4 鹿
鮫島駿 56.0K
11戦2勝 [2-4-1-4]

前走の阪神牝馬ステークスで5着(0.4差)。
出遅れて差し届かずだった。
昨年のクラシックでは勝負にならなかったが、古馬との戦いでは健闘しているし、昨年のクイーンカップでタイム差なしの2着もある。
まずはスタートを決めたい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はルージュリナージュ(単勝97.8倍・13番人気)
ここ3走の敗戦は、いずれもスタート後に不利があったもの。
それでも、3走前のターコイズステークスでは上がり最速の末脚を使っているし、2走前の東京新聞杯では8着(0.6差)でマスクトディーヴァと0.2差。
ウンブライルとは同タイムだった。
前走の中山牝馬ステークスも、スタートで挟まれて後方ママ。。。
ただ東京芝では3勝を挙げているし、4走前の東京芝1800での3勝クラスではレース上がりを1秒以上も上回る末脚で追い込み勝ち。
この末脚を全発揮できれば、このメンバーでも一発が有りそうだ!



▲はフィールシンパシー(単勝47.6倍・10番人気)
外枠は微妙だが、その分揉まれづらくなったのはプラス。
5走前に東京芝1600で3勝クラスを勝ったように、内の先行馬を行かせて外を進むだろう。
その時も実質トップハンデながら、レース上がりを1秒以上も上回る末脚で好位から勝利。
単に先行して粘り込むだけの馬ではない。
人馬とも初G1で、無欲の好位差しが狙える!



〇はナミュール
牡馬相手の実績をふまえると、ここでは力が一枚上。
スムーズに差せれば、勝ち負けだろう。



以下、
末脚自慢のマスクトディーヴァドゥアイズフィアスプライドモリアーナを抑える。



◎ルージュリナージュ
▲フィールシンパシー
〇ナミュール
△マスクトディーヴァ
△ドゥアイズ
△フィアスプライド
△モリアーナ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ

↑このページのトップヘ