ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:東京新聞杯

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
東京新聞杯・買い目無料公開
三連複無料情報が好調!
先日はAJCCで回収率332%でした(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報
・01/21 アメリカJCC
三連複10点500円 33.2倍
[獲得額]16,600円[回収率]332%
・01/27 小倉5R
三連複15点300円 8.4倍 18.7倍
[獲得額]8,130円[回収率]181%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は無料情報できさらぎ賞を的中!今年は東京新聞杯!
昨年の春もG1をよく当てた無料情報を今から押さえておきましょう。
→東京新聞杯・無料情報
大型収支か堅く勝つか?東京新聞杯の答えはここの買い目かもしれません!



今週は、東京新聞杯を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ホウオウビスケッツ
▲サクラトゥジュール



【レース展望】
春のヴィクトリアマイルや安田記念に向けて、近年は多数の有力馬が出走している東京新聞杯。
間隔を開けたローテが主流になりつつある現代競馬において、大レースから約4か月前というのがちょうど良いようだ。


中でも安田記念に繋がりつつあるレースのためか、安田記念同様、差し馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が3頭のみ
強力な先行馬の出走が少ない事もあるが、基本的にはスロー~ミドルペースからの瞬発力勝負となっている。


血統としては、瞬発力勝負に優れた
現代王道血統(ディープインパクト系、キングカメハメハ系、ハーツクライ系、ステイゴールド系)を持つ馬の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬で、現代王道血統を持つ産駒」を狙いたい。

fuchu_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番サクラトゥジュール
父ネオユニヴァース
母サクラレーヌ
(シンボリクリスエス)
美浦・堀  
中3週
牡7 青鹿
キング 57.0K
23戦5勝 [5-7-1-10]

前走の中山金杯で12着(0.7差)。
馬体重+22K等が響いたよう。
それでも着順ほど負けておらず、叩かれて馬体が絞れ、先行できれば巻き返しが有りそうだ。



2番アスクコンナモンダ
父ダイワメジャー
母アンナモンダ
(Monsun)
栗東・中内田  
中9週
牡5 栗
横山武 57.0K
12戦4勝 [4-3-1-4]

前走、今回と同じ舞台のオープンで3着(0.5差)。
後方から進めたが、差し切れなかった。
オープンに昇格して2戦し、壁に当たっている感があり、厳しそうだ。



3番ドルチェモア
父ルーラーシップ
母アユサン
(ディープインパクト)
美浦・上原佑  
中3週
牡4 鹿
石橋脩 57.0K
10戦3勝 [3-0-0-7]

近走冴えず、厳しい。



4番ルージュリナージュ
父スピルバーグ
母パンツァネッラ
(ルーラーシップ)
美浦・宗像  
中6週
牝5 鹿
横山和 55.0K
12戦4勝 [4-2-1-5]

前走のターコイズステークスで上がり最速の末脚を使うも11着(0.7差)。
そこから斤量が増えて相手が強化される今回、厳しそうだ。
コース替わりはプラスだが。。。



5番ウインカーネリアン
父スクリーンヒーロー
母コスモクリスタル
(マイネルラヴ)
美浦・鹿戸  
中12週
牡7 栗
三浦 58.0K
24戦8勝 [8-3-0-13]

昨年の当レースの覇者。
その後は世界を渡り歩き、日本でも走ったが、未勝利だった。
馬場が良い今の東京芝を味方に、先行しての連覇に期待。



6番マスクトディーヴァ
父ルーラーシップ
母マスクオフ
(ディープインパクト)
栗東・辻野  
中15週
牝4 黒鹿
岩田望 56.0K
5戦3勝 [3-1-0-1]

前走の秋華賞で2着(0.1差)。
相手が最後流していたとはいえ、よく差を詰めていた。
常に鋭い末脚を使っており、初の東京に対応できれば今回も好走できるだろう。



7番ジャスティンカフェ
父エピファネイア
母カジノブギ
(ワークフォース)
栗東・安田翔  
中10週
牡6 鹿
坂井 58.0K
17戦5勝 [5-5-2-5]

前走のマイルチャンピオンシップで3着(0.1差)。
出遅れるも、G1で通用する力を見せた。
昨年の当レースは4着(0.1差)だったが、パワーアップした今年はそれ以上が狙えそうだ。



8番ホウオウビスケッツ
父マインドユアビスケッツ
母ホウオウサブリナ
(ルーラーシップ)
美浦・奥村武  
中7週
牡4 鹿
岩田康 57.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走の中日新聞杯で、かかって大敗。
2走前の東京優駿では番手から6着(0.2差)に健闘しており、折り合い次第で巻き返しがあってもおかしくない。



9番ウンブライル
父ロードカナロア
母ラルケット
(ファルブラヴ)
美浦・木村  
中38週
牝4 鹿
ルメール* 55.0K
6戦2勝 [2-2-0-2]

昨年のNHKマイルCでタイム差なしの2着以来のレースとなる。
NHKマイルC好走組のその後が冴えないのは気掛かりだが、ノーザンファーム出身で強力な鞍上を背に、好走歴のある舞台での復帰。
抑えておく必要が有りそうだ。



10番ダノンタッチダウン
父ロードカナロア
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・安田隆  
中3週
牡4 鹿
北村友 57.0K
7戦1勝 [1-2-0-4]

一昨年の朝日杯フューチュリティステークス以降、馬券内が無い。
前走の京都金杯も8着(0.8差)に敗れており、厳しそうだ。



11番マテンロウスカイ
父モーリス
母レッドラヴィータ
(スペシャルウィーク)
栗東・松永幹  
中7週
セ5 栗
横山典 57.0K
15戦4勝 [4-4-4-3]

前走のオープンを番手から勝利。
1ターンの競馬では安定して走っており、今回も大崩れはなさそうだ。



12番コナコースト
父キタサンブラック
母コナブリュワーズ
(キングカメハメハ)
栗東・清水久  
中6週
牝4 青鹿
戸崎圭 55.0K
7戦1勝 [1-3-0-3]

昨年の桜花賞で2着(0.2差)に好走するも、その後は冴えない。
桜花賞同様、先行できれば変わり身があっておかしくないが。。。



13番トゥードジボン
父イスラボニータ
母コッパ
(Yesbyjimminy)
栗東・四位  
中3週
牡5 鹿
藤岡佑 57.0K
13戦4勝 [4-2-2-5]

前走の京都金杯で1番人気を背負うも3着(0.1差)。
先行したが、直線伸びきれず。
そこから斤量が増えて相手が大幅に強化される今回、厳しいだろう。



14番サウンドビバーチェ
父ドゥラメンテ
母スクービドゥー
(Johan Cruyff)
栗東・高柳大  
中6週
牝5 黒鹿
浜中* 56.0K
12戦3勝 [3-2-0-7]

2走前のヴィクトリアマイルで5着(0.5差)に健闘している通り、時計の早いマイルでスンナリ先行できれば上位のレースでも好走できる。
枠やメンバー次第だろう。



15番フリームファクシ
父ルーラーシップ
母ライツェント
(スペシャルウィーク)
栗東・須貝  
中3週
牡4 青鹿
菅原明* 58.0K
8戦3勝 [3-1-0-4]

昨年、3連勝できさらぎ賞を制するも、その後は馬券内が無い。
前走より斤量が増えて相手も強化される今回、厳しい。



16番アヴェラーレ
父ドゥラメンテ
母アルビアーノ
(Harlan's Holiday)
美浦・木村  
中3週
牝6 鹿
キングスコート* 56.0K
16戦5勝 [5-2-2-7]

前走の京都金杯で4着(0.3差)。
開幕週の馬場で差し切れなかった。
引退間近の6歳牝馬、地元に戻って巻き返したい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はホウオウビスケッツ(単勝36.1倍・9番人気)
今の東京芝は時計が早く、インである程度の位置に居ないと厳しい。
また、今回のレースはドルチェモアが飛ばしてウインカーネリアンがそれを追いかける展開になりそうで、京都金杯のように「前に行った馬」「インに居る馬」が有利になると見た。
この馬は、その2つを満たしそうな馬だ。
前走は折り合わずに大敗したので乗り代わりはプラスだし、2走前の東京優駿で先行して6着(0.2差)に健闘していた。
王道路線の世代頂点の一戦で好走した馬が、人気急落で距離短縮の一戦、巻き返す可能性は十分ある!



▲はサクラトゥジュール(単勝33.8倍・8番人気)
こちらは最内枠をゲットして、インをロスなく進められそうな馬。
鞍上込みで穴人気していたため評価を一枚落としたが、今回はある程度の位置を取ってきそう。
3走前の再現が十分あるだろう。



〇はマスクトディーヴァ
昨年の3歳牝馬の世代ナンバー2の実力者。
イクイノックスが引退して現役最強馬の一頭がリバティアイランドだとしたら、その次点に位置する当馬の力を素直に認めるべきだろう。



以下、
近走重賞で好走しているウンブライルジャスティンカフェ、昨年の覇者のウインカーネリアン、外枠は痛いが前へ行きそうなトゥードジボンを抑える。



◎ホウオウビスケッツ
▲サクラトゥジュール
〇マスクトディーヴァ
△ウンブライル
△ジャスティンカフェ
△ウインカーネリアン
△トゥードジボン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
東京新聞杯・無料予想
───────────────────
半年間集計した無料予想です。
1月は過去最高値の収支でした!
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:集計
・集計期間:8/6~1/29
・投資総額:395,500円
・獲得総額:813,640円
・収支総額+418,140円
───────────────────
月別:無料予想
◎01月 20戦7勝 +180,090円
◎12月 18戦9勝 +69,260円
◎11月 09戦6勝 +107,430円
◎10月 11戦5勝 +28,100円
◎09月 11戦7勝 +21,160円
◎08月 09戦5勝 +12,080円
───────────────────
1月の無料予想は高配当あり
・1/28 白富士S   →5,750円
・1/28 茶臼山高原特別→28,260円
・1/22 若竹賞    →11,700円
・1/21 初富士S   →19,680円
・1/08 シンザン記念 →10,320円
・1/08 中京5R   →51,300円
・1/07 中山7R   →155,680円
━━━━━━━━━━━━━━
2月もここの無料予想を推します!
平場・重賞メイン・土日問わず・・
高配当出すのでここは週末要チェックなんです。
→東京新聞杯・無料予想
三連複・ワイドでレース選び&券種OKで勝つ無料予想です。




今週は東京新聞杯予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎シュリ
▲ファルコニア



【レース展望】
真冬の芝マイルで行われる東京新聞杯。
大レースに向けてまだ期間があるため、毎年スローからの瞬発力勝負になりがち。

瞬発力勝負ということで、差し馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナー5番手以下の馬が12頭
残る3頭はいずれも4番手で、後方から進めそうな馬には幅広く注意したい。


血統としては、現代の王道血統で瞬発力に優れたディープインパクト系の産駒、ハーツクライ産駒
の好走が目立っている。



まとめると、「差し追い込みで、ディープインパクト系産駒・ハーツクライ産駒」を狙いたい。
fuchu_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番プリンスリターン
父ストロングリターン
母プリンセスプライド
(マンハッタンカフェ)
栗東・加用  
中61週
牡6 黒鹿
横山和 57.0K
16戦5勝 [5-1-3-7]

オープンで3連勝中だったが、今回は1年2か月ぶりの競馬。
まずは無事回って来るところからだろう。



2番ウインカーネリアン
父スクリーンヒーロー
母コスモクリスタル
(マイネルラヴ)
美浦・鹿戸  
中10週
牡6 栗
三浦 58.0K
19戦7勝 [7-3-0-9]

前走のマイルチャンピオンシップは、消極的な騎乗で12着(0.9差)に完敗。
好走歴の多い左回り+関東に戻って巻き返しに期待。



3番ジャスティンカフェ
父エピファネイア
母カジノブギ
(ワークフォース)
栗東・安田翔  
中10週
牡5 鹿
福永 57.0K
12戦4勝 [4-4-1-3]

前走のマイルチャンピオンシップで6着(0.4差)。
直線、進路がなくなったが、進路が出来てからは末脚を伸ばしていた。
とにかく末脚は堅実なので、今回もペース次第だろう。



4番ピンハイ
父ミッキーアイル
母レイテッド
(ジャングルポケット)
栗東・田中克  
中11週
牝4 栗
坂井 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走のエリザベス女王杯で9着(1.5差)。
古馬と戦うには距離が長かったよう。
マイルへの短縮はプラスだし、インを突ける内枠もプラスだ。



5番インダストリア
父リオンディーズ
母インダクティ
(ハーツクライ)
美浦・宮田  
中5週
牡4 鹿
戸崎圭* 57.0K
7戦3勝 [3-1-0-3]

芝に戻した前走の3勝クラスを勝利。
3走前にNHKマイルCで5着(0.4差)があり、クラス負けはしないはずだ。



6番マテンロウオリオン
父ダイワメジャー
母パルテノン
(キングカメハメハ)
栗東・昆  
中3週
牡4 黒鹿
横山典 57.0K
9戦2勝 [2-3-0-4]

前走の京都金杯で1番人気を背負うも大敗。
出遅れてシンガリを進み、直線も伸びなかった。
実績あるコースに替わって立て直しに期待したいが、、、、



7番タイムトゥヘヴン
父ロードカナロア
母キストゥヘヴン
(アドマイヤベガ)
美浦・戸田  
中3週
牡5 鹿
大野 58.0K
19戦2勝 [2-2-2-13]

前走の京都金杯で7着(0.3差)。
出遅れが多い一方、末脚はしっかりしている。
この馬もペース次第だろう。



8番ファルコニア
父ディープインパクト
母カンビーナ
(Hawk Wing)
栗東・高野  
中10週
牡6 鹿
吉田隼 58.0K
20戦6勝 [6-4-5-5]

前走のマイルチャンピオンシップで13着(1.1差)。
さすがに相手が強かった。
その一方、安定して先行できているのはプラスで、今回も前に行って自分の競馬ができそうだ。



9番ショウナンマグマ
父ザファクター
母レッドメアラス
(ステイゴールド)
美浦・尾関  
中6週
牡4 鹿
Mデムーロ 57.0K
11戦3勝 [3-1-0-7]

前走のオープンを、番手から勝利。
上がりの脚が無い分、前に行けるのは強みで、今回も自分のペースを作ってどこまで粘れるか。



10番ピースワンパラディ
父ジャングルポケット
母クリアソウル
(アグネスデジタル)
美浦・大竹  
中3週
牡7 鹿
菅原明* 57.0K
16戦5勝 [5-4-2-5]

前走の京都金杯で4着(0.3差)。
出遅れもあったが、最後伸びきれなかった。
長期休養明けの後はかつての末脚が陰っており、勝ち切るには何か一押しが必要そうだ。



11番カイザーミノル
父ロードカナロア
母ストライクルート
(Smart Strike)
栗東・北出  
中3週
牡7 鹿
藤岡康 57.0K
27戦5勝 [5-2-4-16]

前走の京都金杯で5着(0.3差)。
久々にこの馬らしい末脚を披露できた。
ただ流れが向いた感もあり、今回再現できるかどうかは微妙。



12番シュリ
父ハーツクライ
母エーゲリア
(Giant's Causeway)
栗東・池江  
中3週
牡7 黒鹿
津村 57.0K
16戦6勝 [6-2-0-8]

前走の京都金杯で8着(0.5差)。
休み明けのせいか先行できなかったが、それでも踏ん張っていた。
今回、前に行くことが出来れば一変が有りそうだが、、、、



13番サクラトゥジュール
父ネオユニヴァース
母サクラレーヌ
(シンボリクリスエス)
美浦・堀  
中3週
牡6 青鹿
田辺 57.0K
19戦4勝 [4-7-1-7]

3歳以来の重賞挑戦。
ここ2戦は中山で上がり最速の末脚を使っているが、今回は相手が強くて舞台が替わる。
好走できるかどうか、微妙だ。



14番エアロロノア
父キングカメハメハ
母エアワンピース
(ロックオブジブラルタル)
栗東・笹田  
中3週
牡6 鹿
武豊 57.0K
21戦6勝 [6-2-4-9]

前走の京都金杯で2着(0.1差)。
インをソツなく乗ったが、勝ち切れなかった。
今回も上位には来そうだが、、、、



15番ナミュール
父ハービンジャー
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・高野  
中11週
牝4 鹿
横山武 56.0K
8戦3勝 [3-1-1-3]

前走のエリザベス女王杯で5着(0.7差)。
最後に伸びきれなかったのは、距離が影響したよう。
左回り+マイルになるのはプラスなので、あとは斤量を含めた力差がどれだけあるかだろう。



16番プレサージュリフト
父ハービンジャー
母シュプリームギフト
(ディープインパクト)
美浦・木村  
中3週
牝4 黒鹿
ルメール* 55.0K
6戦2勝 [2-0-1-3]

後方一気の多かった馬が、前走の京都金杯で3着(0.2差)。
先行勢が崩れる中、最後まで踏ん張っていた。
地元に戻る今回、再度先行するのか末脚に賭けるのか、注目だ。



01_320x100

【最終結論】

◎はシュリ(単勝75.5倍・15番人気)
上記の通り、休み明けで先行できなかった前走は参考外。
3走前と同じように、今回もスローでの単騎逃げが期待できる。
今の東京芝は前が止まらないので、そのままの残り目が期待できる!



▲はファルコニア(単勝25.9倍・9番人気)
前走はG1で相手が強かった。
2走前に勝利した時の鞍上に戻って、本来の先行策が取れれば一変が有りそう!



〇はウインカーネリアン
地元に戻って前に行ければ、このメンバーで十分通用する。
鞍上は不安だが、2~4走前も同じ鞍上。
落ち着いて乗れば、大丈夫だろう。



以下、
近走重賞で好走しているエアロロノアジャスティンカフェナミュール、前走のように前へ行ければ面白いショウナンマグマを抑える。



◎シュリ
▲ファルコニア
〇ウインカーネリアン
△エアロロノア
△ジャスティンカフェ
△ナミュール
△ショウナンマグマ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ