ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。元JRA大庭騎手とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:札幌競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


キーンランドC2023情報
参考レース無料情報的中!!
────────────
無料公開予想
京王杯SC2023
3連複10点500円 5,000円が・・
40,450円!! 収支+35,450円!

────────────
ウインマーベル、ゾンニッヒもよく見てきてます!
≪ここで独自データ≫
前走函館SS組の当日4番人気以下馬(0-0-0-19)
穴馬は別路線組がよさそうなデータ
最後買い目に何を いれてくるか?!
ここの予想は気になりますね!
キーンランドカップ2023予想
前夜必ず確認をおすすめします!




今週は、キーンランドカップを予想する!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ゾンニッヒ
▲ウインマーベル



【レース展望】
サマースプリントシリーズ第四戦の、キーンランドカップ。
別定戦で実力のある馬が出走し易く、レベルの高いレースが多く繰り広げられている。


洋芝コースで開催後半に行われるレースのため、スタミナが求めれることが多い。
そのため、脚質を見ると差し馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が9頭
一方で、昨年のようにインを空けすぎると内から差してくる場合もあり、当日のトラックバイアスには十分注意したい。


血統としては、スプリント戦では珍しく、末脚を活かせる
サンデーサイレンス系の馬が良く走っている。
また、スタミナが求められるせいかノーザンダンサー系の馬にも注目だ。


まとめると、「差し馬で、父がサンデーサイレンス系・ノーザンダンサー系の血を持つ馬」を狙いたい。
sapporo_turf_1200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ウォーターナビレラ
父シルバーステート
母シャイニングサヤカ
(キングヘイロー)
栗東・武幸  
中4週
牝4 青鹿
リスポリ 55.0K
13戦3勝 [3-1-1-8]

近走は末脚を活かす競馬を試みており、前走のオープンでも上がり3位の末脚を使ってはいた。
ただそれでも8着(0.5差)で、かなり上がりがかからないと厳しいだろう。



2番ナランフレグ
父ゴールドアリュール
母ケリーズビューティ
(ブライアンズタイム)
美浦・宗像  
中11週
牡7 栗
丸田 58.0K
35戦6勝 [6-5-4-20]

時計のかかる芝1200は、当馬にとってベストな条件。
近走出遅れが多いのは気掛かりだが、ハマればまとめて差し切る末脚はまだ持っている。



3番レッドベルオーブ
父ディープインパクト
母レッドファンタジア
(Unbridled's Song)
栗東・藤原  
中1週
牡5 青鹿
松田 57.0K
18戦3勝 [3-1-2-12]

短距離路線に転じて、徐々にまともな走りが出来るようになっている。
ただ前走のオープンでも5着(0.5差)止まり。
相手が更に強くなる今回、厳しい。



4番キミワクイーン
父ロードカナロア
母チェリーペトルズ
(ダイワメジャー)
美浦・奥村武  
中10週
牝4 鹿
横山武 55.0K
11戦5勝 [5-2-0-4]

前走の函館スプリントステークスを勝利。
今回は、同じ洋芝でも時計のかかる舞台になる。
相手も強くなるので、対応できるかどうか。



5番ウインマーベル
父アイルハヴアナザー
母コスモマーベラス
(フジキセキ)
美浦・深山  
中14週
牡4 栗
松山 57.0K
16戦4勝 [4-4-3-5]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
枠順に泣いた2・3走前を除くと、この路線では安定して走っている。
今年も注目だ。



6番タイセイアベニール
父ベーカバド
母ハロードリーム
(ブライアンズタイム)
栗東・西村  
中1週
牡8 鹿
モリス 57.0K
47戦5勝 [5-10-4-28]

近走冴えず、厳しい。



7番カイザーメランジェ
父サクラオリオン
母サクラジュレップ
(サクラプレジデント)
美浦・中野  
中4週
牡8 鹿
江田照 57.0K
46戦5勝 [5-2-3-36]

近走冴えず、厳しい。



8番シナモンスティック
父ジョーカプチーノ
母マイネデセール
(マイネルラヴ)
美浦・宗像  
中1週
牝4 芦
松岡 55.0K
18戦5勝 [5-2-2-9]

リンゴアメらの妹で、前走のオープンを勝利。
持ち時計が無いので、引き続き洋芝でのレースとなるのは歓迎だろう。



9番ジュビリーヘッド
父ロードカナロア
母ローズノーブル
(ディープインパクト)
栗東・安田隆  
中10週
牡6 鹿
西村淳 57.0K
26戦5勝 [5-7-4-10]

昨年の当レースで7着(0.6差)。
この馬も早い上がりが使えないので、位置取りで勝負するタイプ。
メンバーは強いが、まずは好位を取りたい。



10番ゾンニッヒ
父ラブリーデイ
母エンドレスノット
(ディープインパクト)
栗東・池江  
中8週
牡5 鹿
武豊 57.0K
18戦5勝 [5-3-2-8]

前走のオープンを快勝。
外枠からの好走が多い馬で、今回の枠順はギリギリ許容範囲だろう。



11番ヴァトレニ
父グラスワンダー
母チアフルスマイル
(サンデーサイレンス)
栗東・長谷川  
中10週
セ5 鹿
藤岡佑* 57.0K
20戦6勝 [6-0-2-12]

昨年の当レースで3着(0.2差)。
荒れた馬場が良いタイプなので、今年も好走が期待できそう。



12番トウシンマカオ
父ビッグアーサー
母ユキノマーメイド
(スペシャルウィーク)
美浦・高柳瑞  
中10週
牡4 栗
鮫島駿 57.0K
12戦4勝 [4-1-1-6]

昨年の当レースで、1番人気ながら4着(0.4差)。
大外を回し過ぎて届かなかった。
その後に連勝するも、今年はまだ未勝利。
前走から斤量が軽くなる今回、昨年のリベンジに期待。



13番レイハリア
父ロードカナロア
母ライトリーチューン
(マンハッタンカフェ)
美浦・田島  
中10週
牝5 鹿
亀田 55.0K
17戦4勝 [4-1-0-12]

近走冴えず、厳しい。



14番ナムラクレア
父ミッキーアイル
母サンクイーンII
(Storm Cat)
栗東・長谷川  
中14週
牝4 青鹿
浜中 55.0K
13戦4勝 [4-3-3-3]

距離の長かった前走は度外視。
この路線では、現役馬の中で実力上位。
後は今回が休み明けとなるので、状態次第だろう。



15番サトノアイ
父ハーツクライ
母キャッチザカクテル
(Catcher In The Rye)
栗東・須貝  
中1週
牝5 青鹿
佐々木 55.0K
21戦4勝 [4-1-1-15]

キレる末脚が無いせいか、オープン昇格後は前走の3着(0.5差)が最高。
相手が更に強くなる今回、厳しい。



16番シュバルツカイザー
父Dark Angel
母Fashionable
(Nashwan)
美浦・大竹  
中4週
セ5 芦
モレイラ 57.0K
15戦5勝 [5-2-0-8]

3勝クラス・オープンを連勝中。
近走出遅れることが多いので、まずはスタートを決めたい。



01_320x100

【最終結論】

◎はゾンニッヒ(単勝6.8倍・3番人気)
予想以上に人気しているのは気になるが、初のスプリント戦となった前走の勝利は圧巻だった。
3走前は、スプリント以上にレベルの高いマイルの重賞で馬券内に来ており、力は一枚上だろう。
鞍上の継続騎乗も頼もしいし、重実績もある。



▲はウインマーベル(単勝13.7倍・7番人気)
昨年のスプリンターズステークスで連対し、距離を伸ばした前走の京王杯スプリングカップでも連対している馬。
好走しても人気になりづらい馬で、今回も一頓挫が有った等で、低評価。
ならば今年も買うべき!



〇はナムラクレア
スプリント戦では、現役最上位の一頭。
包まれづらい外枠もプラスで、後は状態だけだ。



以下
、昨年の当レースで好走したヴァレトニ前走の重賞で好走したトウシンマカオジュビリーヘッドキミワクイーンを抑える。



◎ゾンニッヒ
▲ウインマーベル
〇ナムラクレア
△ヴァレトニ
△トウシンマカオ
△ジュビリーヘッド
△キミワクイーン




その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
無料情報・約220万円!

波乱の夏競馬も乗りこなしています!
昨年12月から集計してよく当たる無料予想です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2022.12~2023.07
投資額:339,900円
獲得額:2,195,300円
収支額:1,855,400円
回収率:646%
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:実績
函館記念   →21,050円
マレーシアC →40,750円
江の島S   →10,800円
鳴尾記念   →35,050円
日本ダービー →23,500円
オークス   →84,200円
ヴィクトリアM→8,600円
京王杯SC  →40,450円
京都新聞杯  →12,450円
━━━━━━━━━━━━━━
マレーシアCは7人気を入れて的中!
人気薄馬が絡んだオークス的中など
波乱展開にも強い無料情報なんです\(^o^)/
荒れやすい夏競馬も見ておきましょう!
→無料情報をチェック←
三連複が基本の買い目です。
いち早くチェックしてみてください。




今週は、エルムステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ペイシャエス
▲ロードブレス



【レース展望】
JRA唯一のダ1700という条件で行われる、エルムステークス。
加えてコーナーが長く直線が短い札幌競馬場でのレース。
小回り適性が問われる一戦だ。


一昨年の函館競馬場で行われた開催を除くと、圧倒的に先行馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が12頭
道中後方にいたとしても、4コーナーでは好位に居なければ厳しい。


血統としては、スピードと持続力が問われるレース質に合っている
ロベルトと、ヴァイスリージェント系の血を持つ産駒が良く走っている。

まとめると、「先行馬で、ロベルト・ヴァイスリージェント系の血を持つ馬」を狙いたい。

sapporo_dart_1700


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ペイシャエス
父エスポワールシチー
母リサプシュケ
(ワイルドラッシュ)
美浦・小西  
中20週
牡4 栗
菅原明 59.0K
13戦4勝 [4-1-2-6]

今年2走は大敗。
ただ3走前に名古屋グランプリを勝利しているし、4走前のJBCクラシックでも3着(0.6差)。
持っている力は、今回のメンバーでは上位だ。



2番ファルコニア
父ディープインパクト
母カンビーナ
(Hawk Wing)
栗東・高野  
中3週
牡6 鹿
吉田隼 58.0K
23戦6勝 [6-4-5-8]

初ダートの前走が見どころ無し。
今回、再挑戦となるが、厳しそうだ。



3番ペプチドナイル
父キングカメハメハ
母クイーンオリーブ
(マンハッタンカフェ)
栗東・武英  
中3週
牡5 鹿
富田 57.0K
14戦6勝 [6-1-1-6]

近2戦がどちらも圧巻の勝利。
今回は同型馬との兼ね合いがポイントだろう。



4番ワールドタキオン
父アジアエクスプレス
母アナコンダ
(フサイチコンコルド)
美浦・斎藤誠  
中5週
牡5 栗
斎藤新 57.0K
12戦7勝 [7-1-2-2]

4連勝で重賞初挑戦。
クラスが上がってもパフォーマンスが落ちておらず、今の勢いでこのメンバーにどこまでやれるか。



5番オーソリティ
父オルフェーヴル
母ロザリンド
(シンボリクリスエス)
美浦・木村  
中57週
牡6 鹿
ルメール 58.0K
13戦6勝 [6-2-2-3]

1年以上の休養明けで初ダート。
血統的にはこなしてもおかしくないし、ノーザンファーム生産馬という事で長期休養明けでも対応できそう。
そうなると、買うか買わないかはオッズ次第になりそうだが、このオッズでは手を出せない。。。



6番セキフウ
父ヘニーヒューズ
母シヤボナ
(Kingmambo)
栗東・武幸  
中3週
牡4 栗
武豊 57.0K
18戦3勝 [3-3-4-8]

末脚は確かだが、位置取りの関係でどうしても届かないレースが続いている。
今回も小回りの札幌で、どのポジションを取れるかがカギ。



7番ロードブレス
父ダノンバラード
母ミステリューズ
(ナリタトップロード)
栗東・奥村豊  
中15週
牡7 黒鹿
佐々木 58.0K
23戦6勝 [6-2-4-11]

順調に使えず、今回も3か月ぶりの休み明け。
2年前の当レースで3着(0.3差)に来ているが、まずは馬体が絞れている必要がありそう。



8番ロッシュローブ
父ロードカナロア
母サンコロネット
(スペシャルウィーク)
栗東・田中克  
中3週
牡6 青鹿
浜中 57.0K
28戦6勝 [6-7-1-14]

重賞初挑戦。
休み明けとなった前走のオープンで大敗だった。
このクラスでは3走前に一度オープン勝ちがあるのみで、メンバーが強力な今回は厳しそう。
得意の湿った馬場になるのはプラスだが、、、



9番シルトプレ
父ワールドエース
母エアディケム
(フレンチデピュティ)
地方・米川昇  
中4週
牡4 栗
石川倭 57.0K
15戦8勝 [8-2-2-3]

芝の前走は度外視。
昨年のホッカイドウ競馬クラシックで準三冠馬となった力を見せて欲しい。
2走前くらい走ればここでも通用するはず。
まずはスムーズに先行できるかだ。



10番カフジオクタゴン
父モーリス
母メジロマリアン
(メジロベイリー)
栗東・矢作  
中10週
牡4 芦
池添 58.0K
14戦4勝 [4-2-2-6]

昨年秋以降、勝ち星無し。
重賞でワンパンチ足りない競馬が続いており、厳しい。



11番タイセイサムソン
父メイショウサムソン
母マイユクール
(バゴ)
美浦・奥村武  
中8週
牡5 黒鹿
横山和 57.0K
14戦5勝 [5-3-1-5]

前走のオープンを勝利して、重賞初挑戦。
掲示板外が一度のみという堅実派で、今回もまずはハナを切りたい。



12番ルコルセール
父ロードカナロア
母ラバヤデール
(サンデーサイレンス)
美浦・堀  
中3週
牡5 鹿
鮫島駿 57.0K
15戦5勝 [5-1-2-7]

3歳以来の重賞挑戦。
オープンでソコソコの競馬を続けているが、メンバーが強くなる今回、通用するかどうか。
出遅れることが多いので、まずはスタートを決めたい。



13番アシャカトブ
父シニスターミニスター
母ヴェリタスマリコ
(キングカメハメハ)
美浦・小笠  
中3週
牡7 栗
丹内 57.0K
25戦6勝 [6-3-3-13]

前走のオープンは、休み明けで馬体重+16Kのせいか粘れず4着(0.9差)。
叩き2戦目となる今回、前進に期待。



14番ベレヌス
父タートルボウル
母カフヴァール
(デュランダル)
栗東・杉山晴  
中11週
牡6 鹿
西村淳 57.0K
26戦5勝 [5-2-3-16]

2歳以来のダート再挑戦。
同型馬が何頭かいる中、大外枠から自分の競馬ができるかどうか微妙。



01_320x100

【最終結論】

◎はペイシャエス(単勝19.1倍・7番人気)
今年は上位人気馬が逃げ・先行馬だらけで、差し追い込み馬に展開が向きそうなメンバー構成。
ならば、インで脚を溜められそうなこの馬にチャンスが巡ってきそう。
休み明けで状態がカギだが、59Kを克服できる力も持っているし、最短距離を進める枠も魅力だ!



▲はロードブレス(単勝59.3倍・12番人気)
休み休み使われてはいるが、2走前にオメガパフュームの5着(0.6差)・3走前にメイショウハリオとタイム差無しの2着という実績は、実はこのメンバーでは最上位では。
こちらも休み明けで状態が心配だが、力を発揮できれば突き抜ける脚は持っている!



〇はセキフウ
差し勢ではこれが一番の安定株。
この馬場なので、ある程度の位置を撮りたい。


以下、
得意の馬場で前進が有りそうなロッシュローブ揉まれずに外から進められそうなルコルセールアシャカトブタイセイサムソンを抑える。



◎ペイシャエス
▲ロードブレス
〇セキフウ
△ロッシュローブ
△ルコルセール
△アシャカトブ
△タイセイサムソン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
無料情報・約220万円!
クイーンS・無料情報
波乱の夏競馬も乗りこなしています!
昨年12月から集計してよく当たる無料予想です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2022.12~2023.07
投資額:329,900円
獲得額:2,195,300円
収支額:1,865,400円
回収率:665%
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:実績
函館記念   →21,050円
マレーシアC →40,750円
江の島S   →10,800円
鳴尾記念   →35,050円
日本ダービー →23,500円
オークス   →84,200円
ヴィクトリアM→8,600円
京王杯SC  →40,450円
京都新聞杯  →12,450円
━━━━━━━━━━━━━━
マレーシアCは7人気を入れて的中!
人気薄馬が絡んだオークス的中など
波乱展開にも強い無料情報なんです\(^o^)/
荒れやすい夏競馬も見ておきましょう!
→クイーンS・無料情報←
三連複が基本の買い目です。
いち早くチェックしてみてください。



今週は、クイーンステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎サトノセシル
▲ルビーカサブランカ



【レース展望】
洋芝の1800という条件で行われる、クイーンステークス。
定量戦という事で、実績馬が酷量を背負わされることが少なく、人気上位馬が力を出しやすいレースだ。


とはいえ、「小回りの洋芝」という特殊な条件であることは確か。
上がりのかかりやすい馬場で行われるため、差し馬が有利だ。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が5頭
10番手以下からの馬も4頭もおり、追い込みも十分届いていた。


血統としては、瞬発力に優れた
ディープインパクト系と、洋芝適性のある欧州血統の産駒が良く走っている。

まとめると、「差し追い込み馬の、ディープインパクト系・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

sapporo_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番コスタボニータ
父イスラボニータ
母レディイン
(Kendor)
栗東・杉山佳  
中9週
牝4 芦
松山 55.0K
11戦4勝 [4-2-1-4]

2走前の阪神牝馬ステークスで3着(0.3差)に来たが、前走のオープンは出遅れて案外。
立て直されていれば巻き返しが期待できそう。



2番ウインピクシス
父ゴールドシップ
母コスモアクセス
(ロージズインメイ)
美浦・上原博  
中13週
牝4 芦
横山武 55.0K
10戦4勝 [4-1-1-4]

重賞で勝負になっておらず、厳しい。



3番ライトクオンタム
父ディープインパクト
母イルミナント
(Quality Road)
栗東・武幸  
中9週
牝3 青鹿
武豊 52.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

G1では気性面が影響して、全く見せ場無し。
今回、小回りコースで初の古馬との戦いとなり、厳しいものになりそうだ。



4番ルビーカサブランカ
父キングカメハメハ
母ムードインディゴ
(ダンスインザダーク)
栗東・須貝  
中1週
牝6 栗
ルメール 55.0K
30戦5勝 [5-6-5-14]

前走の函館記念で2着(0.4差)。
中距離で末脚が活きる展開ならば、牡馬相手でもやれることを証明した。
当レースは昨年4着(0.1差)に来ており、今年も流れ一つで上位に来そうだ。



5番サトノセシル
父Frankel
母Dupe
(Observatory)
美浦・堀  
中19週
牝7 鹿
佐々木 55.0K
18戦3勝 [3-6-2-7]

2年連続、当レースで馬券内。
洋芝のレースで多く結果を出しており、力自体も前走の中山牝馬ステークスで3着(0.5差)に来ているように、まだ残っている。
今年も有力だろう。



6番ローゼライト
父キズナ
母エンブレイス
(アフリート)
栗東・清水久  
中1週
牝5 鹿
鮫島駿 55.0K
26戦4勝 [4-0-4-18]

前走の函館記念で大敗。
今回、スンナリ先行できれば面白いが、同型馬が多くて厳しそうだ。



7番ドゥーラ
父ドゥラメンテ
母イシス
(キングヘイロー)
栗東・高橋康  
中9週
牝3 黒鹿
斎藤新 51.0K
7戦2勝 [2-0-1-4]

前走の優駿牝馬で3着(1.0差)。
また、昨年の札幌2歳ステークスの覇者でもある。
更に初の51Kという恵量、、、条件が揃いすぎて過剰人気気味。



8番キタウイング
父ダノンバラード
母キタノリツメイ
(アイルハヴアナザー)
美浦・小島  
中9週
牝3 黒鹿
江田照 52.0K
8戦3勝 [3-0-0-5]

G1では通用しなかったが、同世代の重賞を2勝。
インから末脚を伸ばすことが出来るし初の52Kも良く、展開次第で面白い存在。



9番グランスラムアスク
父ディープインパクト
母ジェニサ
(Storm Cat)
栗東・矢作  
中10週
牝4 鹿
古川奈 55.0K
20戦4勝 [4-1-3-12]

人馬とも重賞初挑戦。
同型馬が多いので、厳しい。



10番イズジョーノキセキ
父エピファネイア
母キングダンサー
(キングカメハメハ)
栗東・中村  
中10週
牝6 鹿
岩田康 57.0K
25戦5勝 [5-4-2-14]

今年2戦が見せ場のない競馬。
昨年までの走りが出来ればここでも面白いのだが、、、
後、重斤量も気になる。



11番ジネストラ
父ロードカナロア
母ハッピーパス
(サンデーサイレンス)
美浦・鹿戸  
中13週
牝5 鹿
三浦 55.0K
17戦4勝 [4-5-2-6]

久々の重賞挑戦となった前走の福島牝馬ステークスで4着(0.2差)。
末脚はしっかり伸ばしており、オープンで通用する目途が立った。
鞍上は頼りないが、馬は有力だ。



12番ミスニューヨーク
父キングズベスト
母マンハッタンミート
(マンハッタンカフェ)
栗東・杉山晴  
中13週
牝6 青鹿
Mデムーロ 56.0K
25戦6勝 [6-1-4-14]

斤量が示す通り、このメンバー内では実績上位。
後はレース当日、外差しが利く馬場になるかどうか。



13番ビジン
父キズナ
母ザフラッツ
(Giant's Causeway)
栗東・武英  
中5週
牝4 黒鹿
藤岡佑 55.0K
16戦4勝 [4-1-0-11]

芝のスピード勝負では通用しておらず、厳しい。



14番トーセンローリエ
父サトノクラウン
母トーセンナチュラル
(メイショウサムソン)
美浦・小笠  
中15週
牝3 黒鹿
吉田隼 51.0K
6戦3勝 [3-2-0-1]

前走の桜花賞で最下位。
51Kは魅力だが、厳しいだろう。



01_320x100

【最終結論】

◎はサトノセシル(単勝12.0倍・7番人気)
2年連続、当レースで好走実績が有る。
牡馬混合重賞でも上位に来ており、力はまだまだあるだろう。
鉄砲実績も有るので、今年こそ戴冠が狙える!



▲はルビーカサブランカ(単勝6.9倍・3番人気)
日中からだいぶ人気が上がってきたが、このくらいならばまだ買える。
こちらも牡馬相手に健闘している実績が有るし、内枠を引けたのが大きい。
インを捌いての差し込みに期待。



〇はミスニューヨーク
外枠は痛いが、詰まりづらいのはプラス。
後は差しがハマるかだ。



以下、
重賞で好走しているジネストラコスタボニータイズジョーノキセキ、先行力はあるビジンを抑える。



◎サトノセシル
▲ルビーカサブランカ
〇ミスニューヨーク
△ジネストラ
△コスタボニータ
△イズジョーノキセキ
△ビジン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
キーンランドC週
穴馬確認はここでしましょう!
──────────────────
波乱の夏も何のその・・・
ここの推奨馬が穴馬を読んでます!
【逆境セレクト(無料)】
◎札幌記念 :3→2→5人気
◎小倉記念 :2→10→1人気
◎レパードS:7→1→2人気
◎中京記念 :6→10→1人気
◎函館記念 :7→1→4人気
◎函館2歳S:4→3→8人気
見事に的中しましたよ(無料公開)
──────────────────



──────────────────
重賞以外もイケてます!
別府S    9人気・札幌日経OP  7人気
マレーシアC 6人気・九州スポーツ杯 7人気
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
まだまだ波乱傾向・夏競馬の穴馬対策…
こちら↓↓から無料情報をチェックしましょう!
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!





今週はキーンランドカップ予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎メイショウミモザ
▲ロードマックス



【レース展望】
サマースプリント後半戦の一つで、スプリンターズステークスの前哨戦の一つともいえるキーンランドカップ。
CBC賞や北九州記念とは異なり別定戦のため、有力馬が多く出走している。


開催後半の札幌芝で行われるためか上りがかかる傾向にあり、脚質は差し有利。
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
また外枠有利であるのも特徴で、5枠より外の馬が12頭
1・3枠はゼロで、迷ったら外だ。


血統的には、洋芝で行われるスプリント戦ということもあって、欧州のスプリント血統の最大血脈であるダンジグの血を持つ馬がよく好走している。


まとめると、「外枠の差し馬で、ダンジグの血を持つ馬」を狙いたい。

sapporo_turf_1200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ヴァトレニ
父グラスワンダー
母チアフルスマイル
(サンデーサイレンス)
栗東・長谷川  
中8週
セ4 鹿
横山武 56.0K
13戦5勝 [5-0-1-7]

母が当レースを快勝しており、当馬にも期待がかかる。
この馬も前に行くので、同型馬との兼ね合いがカギだろう。



2番ビリーバー
父モンテロッソ
母デイドリーマー
(ネオユニヴァース)
美浦・石毛  
中3週
牝7 黒鹿
杉原 55.0K
45戦5勝 [5-3-9-28]

前走のアイビスサマーダッシュで重賞初制覇。
ただ一昨年の当レースでは6着(1.2差)で、1ターンの競馬では割引が必要そうだ。



3番サヴォワールエメ
父ダイワメジャー
母ニアメ
(Pivotal)
栗東・辻野  
中1週
牝6 栗
松田 54.0K
27戦5勝 [5-0-2-20]

前走のオープンで3着(0.2差)。
ただ番手からの粘り込みであり、同型馬が多い今回は厳しそうだ。



4番ジェネラーレウーノ
父スクリーンヒーロー
母シャンハイロック
(ロックオブジブラルタル)
美浦・矢野  
中5週
牡7 青鹿
丸山 57.0K
20戦4勝 [4-0-2-14]

完全に迷走しており、厳しい。



5番ウインマーベル
父アイルハヴアナザー
母コスモマーベラス
(フジキセキ)
美浦・深山  
中12週
牡3 栗
松山 54.0K
11戦4勝 [4-1-3-3]

連勝中。
確かに3歳ということで斤量有利であり、力の要る馬場にも良績があって末脚も確か。
ただ今回は初の古馬との一戦、どこまでやれるかは未知数だ。



6番シゲルピンクルビー
父モーリス
母ムーンライトベイ
(High Chaparral)
栗東・渡辺  
中10週
牝4 栗
和田竜 54.0K
11戦3勝 [3-0-0-8]

前走の函館スプリントステークスで10着(0.6差)。
ただ昨年も大敗しており、レースが合わなかった可能性も。
昨年はその次にリカバリーしており、今回も巻き返してくるのでは。



7番マウンテンムスメ
父アドマイヤムーン
母ヤマガール
(ストーミングホーム)
美浦・中野  
中3週
牝4 栗
パコー 54.0K
20戦4勝 [4-4-1-11]

重賞で通用しておらず、厳しい。



8番ヴェントヴォーチェ
父タートルボウル
母ランウェイスナップ
(Distant View)
栗東・牧浦  
中3週
牡5 鹿
ルメール 56.0K
11戦5勝 [5-1-1-4]

重賞で2戦続けて完敗。
3走前のオープンでの走りは素晴らしかったのだが、、、
鞍上が強化されてどこまで一変となるか。



9番ジュビリーヘッド
父ロードカナロア
母ローズノーブル
(ディープインパクト)
栗東・安田隆  
中8週
牡5 鹿
横山和 56.0K
20戦4勝 [4-6-4-6]

重賞・オープンを連続2着中。
馬場や展開を問わないのは強みで、今回も上位争いできるだろう。



10番ロードマックス
父ディープインパクト
母パーフェクトトリビュート
(Dubawi)
栗東・藤原  
中1週
牡4 鹿
バシュロ 56.0K
12戦3勝 [3-1-0-8]

前走、一気の距離短縮で快勝。
同条件が続くのはプラスだし、上りがかかってきた今の馬場も良いだろう。




11番オパールシャルム
父ダイワメジャー
母ジルコニア
(タイキシャトル)
美浦・武藤  
中5週
牝5 栗
江田照 54.0K
24戦5勝 [5-7-5-7]

連勝で重賞初挑戦。
番手でも逃げても競馬が出来るのは強み。
負かした相手が強くないが、今の手薄なスプリント界ならば勢いで突破しそうだ。



12番マイネルジェロディ
父スクリーンヒーロー
母マイネエレーナ
(ロージズインメイ)
栗東・西園正  
中1週
牡4 青鹿
ホー* 56.0K
19戦4勝 [4-2-4-9]

今年に入ってオープンを5戦し、3着が最高。
ただ前走では1番人気に推されており、人気から解放されれば巻き返しがあっても。



13番メイショウミモザ
父ハーツクライ
母メイショウベルーガ
(フレンチデピュティ)
栗東・池添兼  
中3週
牝5 芦
丹内 55.0K
28戦5勝 [5-3-2-18]

一気の距離短縮は気になるが、王道路線よりレベルの低いスプリント界ならば通用してもおかしくない。
鞍上も今年好調だし、一変に期待。



14番エイティーンガール
父ヨハネスブルグ
母センターグランタス
(アグネスタキオン)
栗東・飯田祐  
中21週
牝6 青鹿
武豊 55.0K
26戦6勝 [6-4-1-15]

一昨年の当レースの覇者で、昨年の当レースでもタイム差無しの2着。
上りのかかりやすい当レースと相性抜群で、今年もマークが必要だ。
あとは、実績の無い休み明けがどうかだろう。



15番レイハリア
父ロードカナロア
母ライトリーチューン
(マンハッタンカフェ)
美浦・田島  
中10週
牝4 鹿
松岡 55.0K
10戦4勝 [4-1-0-5]

昨年の当レースの覇者。
ただその後はサッパリ。
前走の函館スプリントステークスで4着(0.5差)して復活の兆しが見えたが、今回同型馬が多いので、、、、



16番トウシンマカオ
父ビッグアーサー
母ユキノマーメイド
(スペシャルウィーク)
美浦・高柳瑞  
中15週
牡3 栗
川田 53.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

同世代の重賞では結果が出ず。
初のスプリント戦・古馬戦がどうかだが、朝日杯フューチュリティステークスで6着(0.5差)ならばソコソコ通用するのでは。



01_320x100

【最終結論】

◎はメイショウミモザ(単勝14.5倍・8番人気)
今年の冬まで芝スプリントを使っており、この距離に戻るのは問題なし。
そして今の芝短距離界はスター不在の低レベルな戦いが続いている。
中距離で揉まれた当馬が、いきなり通用しても全くおかしくない状況だ。
5走前に勝った鞍上に戻って、一発に期待!



▲はロードマックス(単勝13.8倍・7番人気)
こちらも距離短縮で台頭した馬。
その末脚は、この距離でこそ活きる。
血統的にも当レースに合うし、この枠もギリギリ許容範囲。
後は鞍上がうまく外差しを決めるかどうか。



〇はエイティーンガール
外差し馬場となってきた上、外枠をゲット。
昨年の再現を行うに条件が揃っている。



以下、
人気から解放されるマイネルジェロディ昨年の覇者だが人気急落のレイハリアこの馬もスプリント路線で浮上できそうなトウシンマカオ、叩かれて上昇が期待できるシゲルピンクルビーを抑える。



◎メイショウミモザ
▲ロードマックス
〇エイティーンガール
△マイネルジェロディ
△レイハリア
△トウシンマカオ
△シゲルピンクルビー



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
エルムS無料予想

先日の七夕賞・無料予想では
6人気エヒト入れて高回収率でした!
━━━━━━━━━━━━━━
■7月10日 無料予想
□福島11R 七夕賞
三連複BOX10点500円
馬番:3,6,8,11,16
着順:16-6-11/57.2倍
【払戻額】28,600円
【回収率】572%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今年のエルムSはどうなる?
ココが選んだ人気薄馬は馬券に
絡むことが多いのでエルムSも
とりあえず買い目を見るだけでも参考になります!
→エルムS無料予想
土曜日も無料予想あります。
メインレース公開なので土曜から様子見もOKです!



今週はエルムステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ダンツキャッスル
▲バティスティーニ



【レース展望】
通常の開催ならば、一年で唯一ダ1700で行われる重賞のエルムステークス。
この特殊な舞台に適性のある馬が活躍している。


平坦かつコーナー部分が長い札幌ダで行われるため、圧倒的に先行馬が優勢で、過去5年で馬券内に来た15頭中(昨年の函館での開催を含む)、4コーナーで4番手以内だった馬が11頭
前半からペースが上がり、よどみなく流れてそのままゴールまで続くことが多い。
オープンクラスの馬たちは簡単にバテないため、4コーナーで前に行った馬が残る事が続いている。


血統的には、先行力とスピード持続力が求められるためかヴァイスリージェントの血統を持つ馬好走している


まとめると、「先行馬で、ヴァイスリージェントの血を持つ馬」を狙いたい。

sapporo_dart_1700


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ロードエクレール
父ロードカナロア
母タッチアス
(Mineshaft)
美浦・斎藤誠  
中3週
牡4 鹿
石川 56.0K
14戦4勝 [4-1-2-7]

ハナを切ってこその馬。
今回は同型馬をどう捌くかが最大のポイントだ。
絶好枠を得たので、序盤から行くのみ。



2番アイオライト
父ローレルゲレイロ
母ステラアクトレス
(オペラハウス)
美浦・武藤  
中5週
牡5 黒鹿
菱田 56.0K
18戦5勝 [5-2-1-10]

前走のオープンを、控えて勝利。
逃げか番手でなければ好走できなかったが、進境を見せた。
今回も逃げたい馬が何頭かいるので、前走のように控えるだろう。
揉まれやすい内枠はマイナス。



3番オメガレインボー
父アイルハヴアナザー
母ワイキューブ
(アグネスタキオン)
栗東・安田翔  
中3週
牡6 栗
横山和 56.0K
28戦5勝 [5-5-4-14]

小回り向きの器用な差し脚があるが、オープンではなかなか勝ち切れず。
前走も前残りの展開で4着(0.3差)だった。
今回も展開に左右されそうだ。



4番ブラッティーキッド
父シニスターミニスター
母デザートレジーナ
(タヤスツヨシ)
栗東・中尾  
中1週
牡4 栗
水口 56.0K
20戦8勝 [8-4-2-6]

地方所属時を含めて8連勝中。
前走の3勝クラスも、昇級初戦ながら快勝だった。
ただ今回は相手が一気に強くなるため、半信半疑だ。



5番アメリカンシード
父Tapit
母Sweet Talker
(Stormin Fever)
栗東・藤岡  
中33週
牡5 鹿
柴山 56.0K
13戦4勝 [4-3-1-5]

自分の競馬ができないとモロいタイプ。
今回もハナを切ってマイペースで行けるかどうか。
内に同型のロードエクレールがいるのは厄介だ。



6番ウェルドーン
父ヘニーヒューズ
母ツルマルオジョウ
(ダンスインザダーク)
栗東・角田  
中3週
牝4 鹿
武豊 54.0K
16戦4勝 [4-3-4-5]

前走、牡馬相手にオープンで好走できたのはプラス。
今回も前走同様、先行して抜け出しを狙いたいが、前が早くなりそうなのが気掛かり。



7番ヒストリーメイカー
父エンパイアメーカー
母チヨノドラゴン
(バブルガムフェロー)
栗東・新谷  
中3週
牡8 黒鹿
小沢 56.0K
42戦14勝 [14-7-5-16]

前走のプロキオンステークスで2着(0.1差)。
小回りコースでは馬券になっていなかったが、鞍上がうまく外に出して好走した。
今回も、道中スムーズに進められるかどうかだろう。



8番ダノンファラオ
父American Pharoah
母クリスプ
(El Corredor)
栗東・矢作  
中7週
牡5 青鹿
浜中 58.0K
21戦5勝 [5-3-1-12]

JRAでのレースでは、頭数やペースの都合でどうしても被されやすくなってしまう。
斤量も背負うし、ここも厳しいだろう。



9番フルデプスリーダー
父ヘニーヒューズ
母ファーストチェア
(ジャングルポケット)
美浦・斎藤誠  
中3週
牡5 鹿
丹内 56.0K
24戦5勝 [5-7-1-11]

前走のオープンを、先行して勝利。
ただ前走は完全な前残りの展開。
今回は先行馬が何頭かいるので、前走より厳しくなりそうだ。



10番ブラックアーメット
父ブラックタイド
母カチューシャ
(ケイムホーム)
栗東・角田  
中3週
牡4 黒鹿
角田和 56.0K
18戦4勝 [4-0-4-10]

前走のオープンは、出遅れて参考外。
2走前は1番人気を背負って後方から差を詰めて4着(0.6差)まで来ており、展開次第では浮上しそうだ。



11番ロードレガリス
父ハーツクライ
母レディマーメイド
(Fusaichi Pegasus)
栗東・野中  
中3週
牡7 黒鹿
富田 56.0K
22戦8勝 [8-3-1-10]

1年以上の休み明けだった、前走のプロキオンステークスで4着(0.2差)。
上がり最速の末脚を使い、あわや馬券内という激走だった。
反動が無ければ、当然叩き2戦目の上積みがあり、更なる前進が見込めるだろう。



12番スワーヴアラミス
父ハーツクライ
母ベイトゥベイ
(Sligo Bay)
栗東・須貝  
中5週
牡7 鹿
松田 58.0K
33戦9勝 [9-5-4-15]

昨年の当レースの覇者(昨年は函館開催)。
その時のように先行できれば、連覇が十分見えてくる。
後は斤量との戦いだ。



13番バティスティーニ
父キングカメハメハ
母バプティスタ
(サンデーサイレンス)
栗東・池添学  
中3週
牡9 鹿
鮫島駿 56.0K
35戦7勝 [7-5-4-19]

1ターンの競馬で結果を出しており、2ターンの前走では差し届かず。
スタートがよくなく、良い位置を取るのが難しそうなので、ペースが速くなって欲しい。



14番ダンツキャッスル
父ルーラーシップ
母ダンツクインビー
(スペシャルウィーク)
栗東・谷  
中3週
牡6 鹿
吉田隼* 56.0K
30戦5勝 [5-4-4-17]

昨年、札幌ダのオープンを勝っており、コース適性はある。
近走冴えないが、前走で久々に上がり最速の末脚を使っており、展開次第では面白い。



01_320x100

【最終結論】

◎はダンツキャッスル(単勝26.5倍・12番人気)
昨年の当レースは函館ダで実施されたもので、勝つ力が及ばなかったが、今回は前走で上がり最速の末脚を使い、前残りのレースで気を吐いた。
今回は大外枠からブリンカーを再着用して臨む。
揉まれづらいのはプラスで、外からスムーズに進められるのも良い。
また、前走のオープンが前残りになったため、各騎手が早めに動きそうで、捲り合いになった際に外にいられそうなのも魅力だ!



▲はバティスティーニ(単勝49.0倍・14番人気)
こちらも前走、前残りのレースを上がり2位の末脚で追い込んできた。
休み明けかつ久々の2ターンダートでまずまずの走りが出来たのは良かったし、◎と一緒に追い込んでくることに期待!



〇はオメガレインボー
差し脚堅実。
今回もしまいは確実に差してくるだろう。



以下、
捲りの脚があるスワーヴアラミスロードレガリスブラックアーメットヒストリーメイカーを抑える。



◎ダンツキャッスル
▲バティスティーニ
〇オメガレインボー
△スワーヴアラミス
△ロードレガリス
△ブラックアーメット
△ヒストリーメイカー



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ