ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:日経新春杯

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
三連複もワイドも…
イケてる無料情報
2024年も無料情報で勝つならココです!
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:三連複
・エリザベス女王杯
→14,550円/243%
・菊花賞
→6,280円/121%
・秋華賞
→6,280円/110%
・凱旋門賞
→7,400円/148%
・スプリンターズS
→6,930円/122%
--------------------
無料情報:ワイド
・琵琶湖特別
→7,000円/140%
・カウントダウンS
→13,800円/276%
・ジングルベル賞
→20,500円/410%
・万両賞
→10,800円/216%
・北総ステークス
→9,000円/180%
━━━━━━━━━━━━━━
今週の無料情報は…
日経新春杯:公開
5千円が2万円になるので今年も笑いたい人はチェック推奨!
→日経新春杯:無料情報
↑からメルマガ登録(無料)して、レース前夜買い目を見てください。



今週は、日経新春杯を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ハーツイストワール
▲レッドバリエンテ



【レース展望】
先週の金杯に続いて、年明け恒例の名物レースとなっている日経新春杯。
2000年以来、久々に京都で行われる。
金杯同様、冬のタフな馬場で行われるハンデ戦で、毎年一筋縄では収まらないレースだ。


以前はイン先行の馬が上位を占めるケースが多かったが、最近の京都芝はタフな馬場で上りがかかっており、差し馬が有利になっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
一方で二桁の位置から追い込む馬は2頭のみで、先行馬の直後~中団くらいの馬の台頭が目立つ。


血統としては、タフな芝での活躍が多い、
欧州血統を持つ馬ステイゴールド系の産駒の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬で、欧州血統を持つ馬・ステイゴールド系の産駒」を狙いたい。

kyoto_turf_2400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番リレーションシップ
父ルーラーシップ
母カラフルブラッサム
(ハーツクライ)
栗東・斉藤
中9週
112.2 (14人気)
牡7 鹿
高田潤 54.0K
25戦4勝 [4-1-0-20]

近走冴えず、厳しい。



2番ナイママ
父ダノンバラード
母ニシノマドカ
(ジャングルポケット)
美浦・武藤 
中4週
牡8 鹿
和田竜* 53.0K
37戦3勝 [3-2-2-30]

近走冴えず、厳しい。



3番インプレス
父キズナ
母ベアトリスII
(Dr Fong)
栗東・佐々木晶
中6週
牡5 黒鹿
角田大 56.0K
14戦4勝 [4-1-1-8]

3走前の新潟記念で3着(0.2差)があるが、それ以外のオープンでの実績がなく厳しい。



4番リビアングラス
父キズナ
母ディルガ
(Curlin)
栗東・矢作
中2週
牡4 青
田口* 54.0K
7戦3勝 [3-0-1-3]

2走前の菊花賞で4着(1.0差)。
早め先頭から良く粘っていた。
前走の3勝クラスでの完敗はいただけないが、その分ハンデに恵まれたのでプラス。



5番レッドバリエンテ
父ディープインパクト
母サボールアトリウンフォ
(Dance Brightly)
栗東・中内田
中9週
牡5 黒鹿
西村淳 55.0K
13戦4勝 [4-3-2-4]

前走のアルゼンチン共和国杯で7着(0.4差)。
最後方近くから追い込んだが、脚を余し気味だった。
関東で結果が出ていないことを考えると、地元に戻るのは歓迎だろう。



6番ディアスティマ
父ディープインパクト
母スウィートリーズン
(ストリートセンス)
栗東・高野 
中9週
牡7 青鹿
北村友 57.5K
17戦5勝 [5-3-3-6]

前走のアルゼンチン共和国杯は、逃げられず参考外。
2走前の目黒記念のように単騎逃げが叶えば、一変がありそうだ。



7番ハーツコンチェルト
父ハーツクライ
母ナスノシベリウス
(Unbridled's Song)
美浦・武井
中11週
牡4 鹿
松山 55.0K
8戦1勝 [1-1-2-4]

まだ1勝馬だが、3走前の東京優駿でタイム差なしの3着があるように、世代上位の力は有る。
大外から追い込む不器用なタイプなので、スムーズに進めて外差しが効く馬場に恵まれるかどうかだろう。



8番ブローザホーン
父エピファネイア
母オートクレール
(デュランダル)
美浦・中野
中13週
牡5 鹿
菅原明 57.0K
17戦5勝 [5-2-3-7]

前走の京都大賞典は、心房細動で競争中止。
立て直されてその影響がなければ、ここでも通用しそうだ。



9番カレンルシェルブル
父ハービンジャー
母カレンケカリーナ
(ハーツクライ)
栗東・安田翔
中4週
牡6 鹿
武豊 57.0K
22戦5勝 [5-3-4-10]

オープン昇格後は、上がりのかかる福島芝での好走が目立つ。
今のタフな京都芝で強みを活かすことができれば、面白い存在。



10番ハーツイストワール
父ハーツクライ
母レツィーナ
(キャプテンスティーヴ)
美浦・国枝
中9週
牡8 黒鹿
田辺 57.0K
19戦5勝 [5-8-0-6]

前走のアルゼンチン共和国杯で6着(0.4差)。
1年近くの休み明けで見せ場十分だった。
久々の長距離輸送を克服できれば、ここでも通用しそうだ。



11番ヒンドゥタイムズ
父ハービンジャー
母マハーバーラタ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤
中13週
セ8 鹿
A.ルメートル 58.0K
23戦6勝 [6-3-3-11]

前走の京都大賞典で4着(0.2差)。
近走は、G1を除くとソコソコ追い込んでおり、今回も展開と馬場が向くかどうかだろう。



12番シンリョクカ
父サトノダイヤモンド
母レイカーラ
(キングカメハメハ)
美浦・竹内
中8週
牝4 鹿
木幡初 53.0K
6戦1勝 [1-1-0-4]

3歳になって見せ場が無い。
昨年秋も大きくは負けていないが、掲示板入りはできておらず、厳しそうだ。



13番サヴォーナ
父キズナ
母テイケイラピッド
(スニッツェル)
栗東・中竹
中11週
牡4 鹿
池添 56.0K
11戦3勝 [3-3-1-4]

前走の菊花賞で5着(1.0差)。
途中から捲くり、最後まで粘っていた。
長距離では安定しているし、重賞未勝利の為、ハンデに恵まれたのもプラスだ。



14番サトノグランツ
父サトノダイヤモンド
母チェリーコレクト
(Oratorio)
栗東・友道
中11週
牡4 鹿
川田 57.5K
8戦4勝 [4-1-0-3]

既に重賞を2勝しているが、G1では見せ場無し。
再度G2に戻るのはプラスなので、後は古馬との力関係次第だ。



01_320x100

【最終結論】

◎はハーツイストワール(単勝28.8倍・8番人気)
前走のアルゼンチン共和国杯は、約1年ぶりでも大健闘。
まだ力は有るようなので、高齢が嫌われるならば寧ろ買いだろう。
前走は後ろ過ぎたが、今回は叩き2戦目で行き脚がつくはず。
前走より前で競馬が出来れば、さらにチャンスがある!



▲はレッドバリエンテ(単勝7.9倍・5番人気)
こちらも前走がアルゼンチン共和国杯だった馬。
内よりの枠はマイナスだが、前へ行きそうな馬が何頭かいるし、頭数も減る。
確実に捌きやすくなるので、前走よりもスムーズに差してこれそうだ。



〇はハーツコンチェルト
東京優駿の結果を見ると、この世代では力上位。
あとは末脚をしっかり炸裂されることができるかどうか。



以下、菊花賞で先行して健闘した
リビアングラスサヴォーナ前走のG1で健闘したシンリョクカ、タフな馬場は大歓迎のヒンドゥタイムズを抑える。



◎ハーツイストワール
▲レッドバリエンテ
〇ハーツイストワール
△リビアングラス
△サヴォーナ
△シンリョクカ
△ヒンドゥタイムズ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
日経新春杯も注目せよ!
2023年も期待の無料予想
昨年の1月2月は無料予想が無双でした!
今年もシンザン記念を的中スタートです(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想2022年1月2月
・日経新春杯  →29,850円
・東海ステークス→22,450円
・早春ステークス→8,200円
・東京新聞杯  →8,650円
・クイーンカップ→5,300円
・共同通信杯  →33,200円
・京都牝馬S  →22,350円
・フェブラリーS→81,000円
・幕張ステークス→12,500円
・中山記念   →15,400円
───────────────────
先日も無料予想が的中!
無料予想:シンザン記念
三連複BOX10点500円
馬番:2,3,4,6,7
着順:2-7-4/12.9倍
【獲得額】6,450円【回収率】129%
━━━━━━━━━━━━━━
昨年末は有馬記念や香港ヴァーズを的中!
中央はもちろん海外でも通用する無料予想です。
→1月2月期待の無料予想
三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!




今週は日経新春杯予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎アフリカンゴールド
▲ハヤヤッコ



【レース展望】
例年、京都芝2400で開催されているハンデ重賞の、日経新春杯。
今年も中京競馬場での開催になる。

中京芝2200は、下図のとおりスタート直後と最後の直線で2回急坂を登ることになるタフな条件。
なおかつ向こう正面から下り坂になるコースレイアウトのため、ロングスパート勝負になりやすい。


スパートの開始地点が早くなるせいか先に動いた馬が苦しくなる事が多く、差し馬が有利
中京で行われた過去2年で馬券内に来た6頭中、4コーナー4番手以内の馬が2頭
2年前には4コーナー10番手以下からの追い込みも届いており、想像以上にタフなレースになっている。


血統としては、スタミナを活かして長く良い脚を使うことが求められるため、ロベルトの血を持つ馬
や、欧州血統を持つ馬が走っている。



まとめると、「差し馬で、ロベルトの血・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。
chukyo_turf_2200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ヤマニンゼスト
父シンボリクリスエス
母ヤマニンバステト
(ディープインパクト)
栗東・千田  
中11週
牡4 鹿
武豊 55.0K
9戦2勝 [2-1-1-5]

前走の菊花賞は、相手が強かった。
2走前の神戸新聞杯で2着(0.6差)しており、その時のコースに替わるのは歓迎。
あとは神戸新聞杯のように内が伸びる馬場だと良いのだが、、、、



2番ヴェルトライゼンデ
父ドリームジャーニー
母マンデラ
(Acatenango)
栗東・池江  
中6週
牡6 黒鹿
イーガン 59.0K
12戦3勝 [3-4-2-3]

前走のジャパンカップで3着(0.1差)に健闘。
他馬とのハンデ差は有るが、実績最上位。
中心視すべきだろう。



3番ロバートソンキー
父ルーラーシップ
母トウカイメガミ
(サンデーサイレンス)
美浦・林  
中15週
牡6 鹿
伊藤 57.0K
11戦4勝 [4-2-2-3]

前走のオールカマーで2着(0.2差)。
常に安定して末脚を使っているのは評価できる。
この舞台では3歳の神戸新聞杯で3着(0.3差)があり、今回も上位争いできそうだ。



4番ハヤヤッコ
父キングカメハメハ
母マシュマロ
(クロフネ)
美浦・国枝  
中4週
牡7 白
吉田隼 58.5K
31戦6勝 [6-4-3-18]

力の要る芝レースは大歓迎。
中京芝がどれくらい重いかどうかだ。



5番モズナガレボシ
父グランプリボス
母モズフリムカナイデ
(クロフネ)
栗東・荒川  
中21週
牡6 芦
角田河 55.0K
31戦4勝 [4-6-3-18]

昨年の当レースで9着(1.2差)。
2021年8月の小倉記念の勝利以来、馬券内が無く厳しい。



6番ダンディズム
父マンハッタンカフェ
母ビューティーコンテスト
(シングスピール)
栗東・野中  
中4週
セ7 黒鹿
富田 55.0K
23戦4勝 [4-6-2-11]

重賞を3戦して掲示板無し。
毎回出遅れている馬で、いつも後方から差し届いていない。
今回も厳しそうだ。



7番プライドランド
父ディープインパクト
母ザズー
(Tapit)
栗東・高野  
中10週
牡7 芦
福永* 54.0K
19戦4勝 [4-4-1-10]

アルーシャらの弟で、重賞初挑戦。
3走前にイズジョーノキセキらを下しており、マイペースで行ければここでも通用するだろう。



8番ヴェローナシチー
父エピファネイア
母アモーレエテルノ
(ゼンノロブロイ)
栗東・佐々木  
中2週
牡4 芦
川田 54.0K
10戦1勝 [1-4-3-2]

未だ1勝馬だが、重賞は掲示板が既に3度。
勝ち切れないが上位には来ており、今回も掲示板以上が期待できそうだ。



9番プリマヴィスタ
父ハーツクライ
母サンヴァンサン
(クロフネ)
栗東・矢作  
中4週
牡6 栗
Mデムーロ* 54.0K
27戦4勝 [4-0-1-22]

4走前の七夕賞を除くと、近走毎回健闘している。
今回も人気は無いが、善戦できるのでは。



10番キングオブドラゴン
父ハーツクライ
母ベガスナイト
(コロナドズクエスト)
栗東・矢作  
中9週
牡6 黒鹿
坂井 55.0K
27戦4勝 [4-8-3-12]

重賞では馬券内に来ていない。
今回もアフリカンゴールドとの先行争いがあり、厳しそうだ。



11番イクスプロージョン
父オルフェーヴル
母ファシネイション
(シンボリクリスエス)
栗東・杉山晴  
中4週
牡5 鹿
和田竜 57.0K
18戦5勝 [5-2-2-9]

重賞を2戦して、掲示板に届かず。
ただ前走の中日新聞杯では7着(0.2差)まで来ており、ハンデ差次第で上位に来れそうだ。



12番プラダリア
父ディープインパクト
母シャッセロール
(クロフネ)
栗東・池添学  
中11週
牡4 鹿
松山 56.0K
7戦2勝 [2-2-0-3]

昨年の秋2戦は完敗。
昨年春の成績をふまえると、初の古馬との戦いでも通用しておかしくないのだが。。。。



13番アフリカンゴールド
父ステイゴールド
母ブリクセン
(Gone West)
栗東・西園正  
中9週
セ8 栗
国分恭 58.0K
31戦5勝 [5-3-1-22]

昨年の当レースの覇者。
その後は掲示板すらないが、内枠で窮屈だった2・3走前を除くとソコソコの競馬。
今回もいかに自分のペースで進められるかどうかがポイントだ。



14番サンレイポケット
父ジャングルポケット
母アドマイヤパンチ
(ワイルドラッシュ)
栗東・高橋忠  
中5週
牡8 黒鹿
鮫島駿 58.0K
29戦5勝 [5-4-5-15]

昨年の当レースで3着(0.3差)。
ただ近走は、ベストの左回り芝中距離で結果が出ておらず、加齢による衰えの可能性がある。



01_320x100

【最終結論】

◎はアフリカンゴールド(単勝50.5倍・11番人気)
前述のとおり、明確な不利のあった2・3走前以外はソコソコ走っている。
今回、揉まれづらく先行しやすい外枠はこの馬にとって大きなプラス。
キングオブドラゴン辺りを行かせて外の番手付近を取れれば、ペースがすぐ落ち着くはず。
残り目が十分有り得る!



▲はハヤヤッコ(単勝15.8倍・7番人気)
こちらはタフ馬場での差し脚に期待。
3走前の函館記念のように、タフ馬場ならば前へ行ける脚がある。
コース取りを気にせず進められるのも良く、他馬が馬場を気にするならば相対的に浮上できそうだ!



〇はロバートソンキー
馬場を問わない差し脚は魅力。
あとはいかに馬群を捌くかだ。



以下、
近走重賞で好走しているヴェルトライゼンテヤマニンゼスト条件自体は合っているサンレイポケット、マイペースでいけそうなキングオブドラゴンを抑える。



◎アフリカンゴールド
▲ハヤヤッコ
〇ロバートソンキー
△ヴェルトライゼンテ
△ヤマニンゼスト
△サンレイポケット
△キングオブドラゴン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ