ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:小倉競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
小倉記念・無料予想
昨年は関屋記念を無料で的中~
今年は小倉記念に賭けます(^_-)
━━━━━━━━━━━━━━
昨年は関屋記念を無料で的中
・関屋記念 2021
三連複46倍×500円
[払戻額]23,000円
[回収率]460%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
新潟JSは無料で2年連続!
・新潟ジャンプS 2022
[払戻額]10,850円[回収率]217%
・新潟ジャンプS 2021
[払戻額]129,500円[回収率]2590%
※三連複BOX10点500円投資
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
小倉記念はどの買い目でくるか?
レース前夜↓↓から買い目チェックです(^_-)
→小倉記念・無料予想
基本は人気馬3頭・人気薄馬2頭の三連複10点BOXになります。



今週は小倉記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




プリマヴィスタ
アーデントリー
▲タガノディアマンテ



【レース展望】
サマー2000シリーズの一つとして行われる小倉記念。
小倉開催が2週休みとなり、高速馬場が復活。
雨の影響が無い限り、早い決着となるだろう。
昨年こそ1分59秒台の決着だったが、2~4年前は1分56秒~57秒台ばかりだった。


平坦かつ高速馬場で行われるが、脚質は差し有利。
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
各騎手の前への意識が強くなりすぎて必要以上にペースが上がり、逆に差しが決まっているようだ。


血統的には、スピードの持続力が求められるせいか、トニービン=グレイソヴリンの血を持つ馬がよく好走している。


まとめると、「差し馬で、トニービン=グレイソヴリンの血を持つ馬」を狙いたい。

kokura_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番アーデントリー
父エイシンフラッシュ
母パリュール
(リンカーン)
栗東・川村  
中2週
牡6 鹿
中井 54.0K
30戦4勝 [4-2-2-22]

今回が休み明け3戦目。
徐々に着差が詰まっており、今回は前走以上が期待できそうだ。



2番マリアエレーナ
父クロフネ
母テンダリーヴォイス
(ディープインパクト)
栗東・吉田  
中7週
牝4 芦
松山 54.0K
14戦4勝 [4-4-2-4]

前走のマーメイドステークスで2着(0.3差)。
2走前の京都記念でも8着(0.5差)とはいえ善戦しており、ここでは力上位。
あとは他馬とのハンデ差との戦いだ。



3番ムジカ
父エピファネイア
母ローズアダージョ
(ディープインパクト)
栗東・鈴木孝  
中3週
牝5 鹿
横山典 51.0K
24戦1勝 [1-7-6-10]

前走の3勝クラスで2着(0.2差)。
最後方付近から上がり最速の末脚を使い、追い込んできた。
今回も鞍上を踏まえると同様の競馬になりそう。
初の51Kは魅力なので、後は戦績通り勝ち切れるかどうか。



4番ジェラルディーナ
父モーリス
母ジェンティルドンナ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤崇  
中9週
牝4 鹿
福永 54.0K
13戦4勝 [4-2-1-6]

超良血馬が、前走の鳴尾記念で重賞初連対。
常に良い末脚を使っていたが、それが結果に結びついた。
ただ、スローからの上り勝負となった中、外差しが効いたという展開利があったように思える。
今回は高速馬場の中で、展開がハマるかどうかだろう。



5番ダブルシャープ
父ベーカバド
母メジロルーシュバー
(アグネスタキオン)
栗東・渡辺  
中2週
牡7 鹿
幸 56.0K
39戦5勝 [5-10-7-17]

小倉巧者だが、その時は冬場or雨の影響が有った時だった。
高速馬場の今回は、厳しそうだ。



6番タガノディアマンテ
父オルフェーヴル
母タガノレヴェントン
(キングカメハメハ)
栗東・鮫島  
中14週
牡6 栗
北村友 56.0K
17戦2勝 [2-3-1-11]

高速馬場での芝中距離戦は、3歳時以来。
ついていけるかどうかが勝負の分かれ道になりそうだ。



7番ピースオブエイト
父スクリーンヒーロー
母トレジャーステイト
(Oasis Dream)
栗東・奥村豊  
中10週
牡3 黒鹿
松本 53.0K
4戦3勝 [3-0-0-1]

3連勝で毎日杯を制した当馬が、ここに参戦。
初の53Kも含めて人気しているが、実績の無い2ターンで初の古馬との対決。
楽ではなさそうだ。



8番プリマヴィスタ
父ハーツクライ
母サンヴァンサン
(クロフネ)
栗東・矢作  
中4週
牡5 栗
高倉 53.0K
25戦4勝 [4-0-1-20]

出走取消



9番シフルマン
父ハービンジャー
母ラブリネスオブパリ
(サンデーサイレンス)
栗東・中尾  
中12週
牡6 芦
西村淳 56.0K
27戦5勝 [5-2-2-18]

前走、少頭数ながらオープン初勝利。
先行力が武器で、前に行ってどこまで粘れるか。



10番カデナ
父ディープインパクト
母フレンチリヴィエラ
(フレンチデピュティ)
栗東・中竹  
中2週
牡8 鹿
今村 57.5K
40戦4勝 [4-3-4-29]

前走の中京記念で6着(0.4差)。
出遅れたが上がり最速の末脚を使い、この馬の力は出した。
今回も後方から進めて、差を詰めるも届かないレースになりそうだ。
距離ロスの少ない内枠が欲しいが、外寄りになったのもマイナス。



11番ショウナンバルディ
父キングズベスト
母バノヴィナ
(Redoute's Choice)
栗東・松下  
中4週
牡6 黒鹿
松若 57.0K
30戦5勝 [5-4-4-17]

スンナリ先行できれば強い競馬を見せられる反面、時計の早い馬場になると苦しくなる。
重賞を勝ったことによるハンデも有るし、厳しい。



12番ヒンドゥタイムズ
父ハービンジャー
母マハーバーラタ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤崇  
中34週
セ6 鹿
ホー* 56.5K
15戦5勝 [5-2-3-5]

昨年12月以来のレースで、かつ去勢手術明け。
まずは様子見が妥当だろう。



13番モズナガレボシ
父グランプリボス
母モズフリムカナイデ
(クロフネ)
栗東・荒川  
中2週
牡5 芦
荻野極 55.0K
30戦4勝 [4-6-3-17]

昨年の当レースの覇者だが、その後は冴えない。
今回もメンバーが強く、厳しいだろう。



14番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添学  
中2週
牡6 鹿
団野 57.0K
24戦4勝 [4-5-1-14]

前走の中京記念で2着(0.1差)。
出遅れながらも末脚を活かして、2年連続で好走した。
今回も期待したいが、3歳以来の芝2000。
距離延長を克服できるかどうか半信半疑。



15番スーパーフェザー
父ディープインパクト
母オーサムフェザー
(Awesome of Course)
栗東・渡辺  
中2週
セ7 鹿
川須 54.0K
29戦4勝 [4-4-5-16]

昨年の当レースで3着(0.5差)。
近走も末脚は使っているので、展開待ちだ。
前走、出遅れていたので、まずはスタートを決めたい。



16番ヒュミドール
父オルフェーヴル
母アヴェクトワ
(チチカステナンゴ)
美浦・小手川  
中4週
セ6 鹿
藤岡康 56.0K
25戦4勝 [4-2-0-19]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
ただ昨年は9頭立てで馬群を捌きやすかったのが大きかった。
今年はメンバー強化に加えて多頭数。
厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はプリマヴィスタ(単勝27.1倍・11番人気)(8/14_9時時点で出走取消のため、修正)
アーデントリー(単勝50.9倍・14番人気)
長期休養明けを2度使い、状態が良くなっている。
もともとレースを使って馬を良くするのがこの厩舎の特徴。
馬自身も、3走前のG1で、コントレイル・グランアレグリアらと0.8差の競馬をしている。
そのメンバーよりも今回の方が楽だし、ロスなく立ち回れる最内枠もプラスだ!


▲はタガノディアマンテ(単勝11.7倍・5番人気)
久々の芝中距離、しかも高速馬場での一戦となるが、2・3走前に芝中距離重賞で好走していることを評価。
その時と同様に内目の枠を引けたので、ロスなく進んで対応できそうだ。


〇はジェラルディーナ
良血馬がここ数戦、安定して走っている。
良馬場でできそうなのもプラスだろう。



以下、
近走重賞で好走しているマリアエレーナ穴人気しているが末脚が光るムジカ単騎逃げが叶いそうなシフルマンを抑える。



プリマヴィスタアーデントリー
▲タガノディアマンテ
〇ジェラルディーナ
△マリアエレーナ
△ムジカ
△シフルマン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
函館重賞・穴馬ドンピシャ
──────────────────
7→1→4人気の函館記念も
4→3→8人気の函館2歳Sも
見事に的中しましたよ(無料公開)
──────────────────


──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
マレーシアC  6人気
九州スポーツ杯 7人気
東京JS    8人気
ユニコーンS  8人気
スレイプニルS 9,10人気
エプソムC   8人気
東京優駿    7人気
優駿牝馬    10人気
平安S     7人気
ヴィクトリアM 6人気
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
波乱傾向・夏競馬の穴馬対策…
こちら↓↓から無料情報をチェックしましょう!
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!





今週は中京記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ダブルシャープ
▲カイザーミノル



【レース展望】
サマーマイルシリーズの一つとなっている中京記念。
とはいえ、昨年に続いて小倉で行われるし、距離も芝1800ということでマイルじゃない。
2ターンの競馬で行われるため、全く異なるレース条件となる。

昨年の当レースでは超高速馬場を意識してかペースが緩まず、2・3着馬が差し馬に。
今年もイン先行馬を中心に考えつつ、差し馬の台頭も考えておきたい。


血統的には、高速馬場が得意なディープインパクト系の血を持つ馬に加え、近年はステイゴールド系の血を持つ馬好走している


まとめると、「イン先行馬(+ペースが上がりそうな際は差し馬も)で、ディープインパクト系の血を持つ馬・ステイゴールド系の血を持つ馬」を狙いたい。

kokura_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ベステンダンク
父タイキシャトル
母ユキノマーメイド
(スペシャルウィーク)
栗東・安達  
中12週
牡10 栗
和田竜 56.0K
56戦7勝 [7-9-3-37]

この年齢でも先行力は健在で、ハマれば僅差の競馬をしている。
ただ今回は同型馬の存在が厄介だ。
スンナリ先行できれば。



2番ミスニューヨーク
父キングズベスト
母マンハッタンミート
(マンハッタンカフェ)
栗東・杉山晴  
中9週
牝5 青鹿
Mデムーロ 54.0K
19戦5勝 [5-1-4-9]

昨年の当レースで4着(0.3差)。
小回りコースで一瞬の末脚を活かすタイプで、舞台は合う。
出遅れがちな鞍上がスタートを決めれば、昨年以上の成績が期待できるだろう。



3番コルテジア
父シンボリクリスエス
母シェルエメール
(ジャングルポケット)
栗東・鈴木孝  
中5週
牡5 青鹿
松山 56.0K
9戦2勝 [2-1-1-5]

約2年ぶりとなった前走のエプソムカップは9着(0.7差)。
先行力がまだ残っていたのと、完走できたことが収穫だった。
乗り替わりもプラスで、叩き2戦目の前進に期待したいが、この人気では。。。。



4番ダブルシャープ
父ベーカバド
母メジロルーシュバー
(アグネスタキオン)
栗東・渡辺  
中9週
牡7 鹿
幸 56.0K
38戦5勝 [5-10-7-16]

勝ち切れない馬だが、JRAでの勝利はいずれも小倉でのもの。
コース相性は文句ない一方、最近は出遅れが目立っているのが気になる。



5番カイザーミノル
父ロードカナロア
母ストライクルート
(Smart Strike)
栗東・北出  
中4週
牡6 鹿
横山典 56.0K
23戦5勝 [5-2-4-12]

1ターンの競馬を続けてきたが、2019年以来の2ターンの競馬。
その時は勝利しているが、久々となる今回、対応できるかどうか。



6番アーデントリー
父エイシンフラッシュ
母パリュール
(リンカーン)
栗東・川村  
中4週
牡6 鹿
坂井 54.0K
29戦4勝 [4-2-2-21]

小倉で3勝を挙げているコース巧者。
前走は一年以上の屈腱炎明けの為、参考外。
叩き2戦目、得意のコースで前進できるか。



7番スーパーフェザー
父ディープインパクト
母オーサムフェザー
(Awesome of Course)
栗東・渡辺  
中4週
セ7 鹿
川須 54.0K
28戦4勝 [4-4-5-15]

小倉でも実績が有るが、どちらかというと広いコース・長い直線で末脚を活かすタイプ。
また出遅れ癖もあり、まずはスタートを決めたい。



8番モズナガレボシ
父グランプリボス
母モズフリムカナイデ
(クロフネ)
栗東・荒川  
中1週
牡5 芦
荻野極 55.0K
29戦4勝 [4-6-3-16]

昨年の小倉記念を勝利した後は、馬券内が無い。
3走前の新潟大賞典での4着(0.3差)は見せ場十分だったが、それ以外の競馬がサッパリ。
実績あるコースで巻き返したいが、、、



9番ワールドウインズ
父ルーラーシップ
母エイジアンウインズ
(フジキセキ)
栗東・武幸  
中8週
セ5 鹿
田中勝 56.0K
22戦4勝 [4-3-1-14]

この馬も小倉で2勝を挙げているコース巧者。
オープンに入ってからは冴えないが、前走で初の馬券内。
古馬になって2ターンの競馬で結果が出ていないのは気になるが、調子は悪くなさそうだ。



10番シャーレイポピー
父ミッキーアイル
母オリエンタルポピー
(キングカメハメハ)
栗東・石坂  
中4週
牝4 鹿
福永 52.0K
12戦4勝 [4-2-0-6]

オープンに昇格して2戦し、ソコソコの結果を残している。
先行力があり、2ターンの競馬もこなしている。
初の小倉も問題なさそうだし、3歳以来の軽ハンデもプラスだ。



11番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添学  
中6週
牡6 鹿
藤岡康 57.0K
23戦4勝 [4-4-1-14]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
出遅れながらも、最後は上がり2位の末脚を使っていた。
今回も昨年同様、出遅れて末脚に賭ける競馬となりそうで、展開がハマるかどうかだ。



12番ヴァリアメンテ
父ドゥラメンテ
母ヴァリディオル
(Dynaformer)
栗東・中内田  
中4週
牡4 青鹿
岩田望 54.0K
10戦4勝 [4-1-1-4]

重賞初挑戦。
オープン入り初戦の前走は、末脚を使えず完敗だった。
軽ハンデを活かしてどこまでやれるか。



13番カデナ
父ディープインパクト
母フレンチリヴィエラ
(フレンチデピュティ)
栗東・中竹  
中8週
牡8 鹿
今村 57.5K
39戦4勝 [4-3-4-28]

4走前の小倉大賞典で3着(0.3差)しているように、この舞台は合う。
ただ近走は出遅れてばかりで、展開がハマらないと厳しいだろう。



14番ベレヌス
父タートルボウル
母カフヴァール
(デュランダル)
栗東・杉山晴  
中10週
牡5 鹿
西村淳 55.0K
20戦4勝 [4-2-3-11]

逃げてこそ持ち味を発揮できる馬。
今回、同型馬はいるが、自分の競馬に徹するだろう。



15番ファルコニア
父ディープインパクト
母カンビーナ
(Hawk Wing)
栗東・高野  
中12週
牡5 鹿
川田 56.0K
17戦5勝 [5-4-4-4]

勝ち負け問わず僅差の勝負を続けている堅実な馬。
ただ、古馬になって唯一大きく崩れたのが昨年の小倉記念であり、今回も似た条件のレースであるのは気掛かり。



16番レインボーフラッグ
父ジャングルポケット
母レインボーシーカー
(ダンスインザダーク)
栗東・小崎  
中2週
牡9 鹿
小牧太 52.0K
60戦5勝 [5-8-1-46]

今年は掲示板すらなく、厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はダブルシャープ(単勝13.9倍・9番人気)
小倉巧者であり、どんな相手でもそれなりの競馬が出来るのが強み。
出遅れ癖が最近あるのは気掛かりだが、後入れのインの偶数枠ならば大丈夫では。
鞍上も前走に続いて継続騎乗となるし、馬の事を把握して乗るはず!



▲はカイザーミノル(単勝8.7倍・3番人気)
昨年からの成長が著しく、距離延長となっても対応できるようになっている。
鋭い末脚が無い分、先行力があって簡単に止まらない。
ローカルの2ターンの舞台で、その個性が活きるだろう!



〇はファルコニア
大外枠はマイナスだが、鞍上がそれをカバーするため積極的に乗りそう。
ならば上位に来ることを考えるべき。



以下、展開次第で上位に来れそうな
スーパーフェザーアーデントリーヴァリアメンテ穴人気しているが先行力は強みになるコルテジアを抑える。



◎ダブルシャープ
▲カイザーミノル
〇ファルコニア
△スーパーフェザー
△アーデントリー
△ヴァリアメンテ
△コルテジア



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
土曜連勝中!無料予想
先週はCBC賞的中の無料予想…
実は土曜買い目も好調なんです!
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:松島特別
ワイド2.5倍×5,000円
払戻額:12,500円/回収率:250%
無料予想:清里特別
三連複19倍×400円→7,600円
払戻額:7,600円/回収率:158%
無料予想:奥尻特別
三連複15.3倍×600円
払戻額:9,180円/回収率:170%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
重賞の的中もあり!
無料予想:CBC賞
三連複12点400円
三連複23.2倍-的中-
払戻額:9,280円/回収率:193%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
そして日曜日は・・・
プロキオンS無料公開
土曜で勢いつけて日曜重賞でベタ乗りしてください。
→無料登録へ移動←
LINE友だち追加するだけなので簡単に無料買い目を見れます!




今週はプロキオンステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎エクレアスパークル
▲サクラアリュール



【レース展望】
昨年に続いて小倉で行われるプロキオンステークス。
小倉ダはコース形態等から元々先行馬有利なのだが、昨年は重馬場になり更に高速化。
結果、勝ち時計が1:40.9という超高速決着となった。


当然、前に行った馬か内を回った馬しか勝負にならず、上位3頭は4コーナーでいずれも4番手以内。
人気の有無やペースに関わらず、前へ行く馬を選ぶべきだ。


血統的には、ダートでのスピード勝負を得意としているカジノドライブ産駒、エンパイアメーカー産駒、ヘニーヒューズ産駒、スマートファルコン産駒に加えて、高速馬場でのレースという事で芝の短距離で走れる血統を持つ馬好走している


まとめると、「先行馬or内を立ち回れそうな馬で、ダートのスピード勝負を得意とする産駒・芝短距離血統の産駒」を狙いたい。

kokura_dart_1700


【出走全馬ワンポイント評価】
1番エアアルマス
父マジェスティックウォリアー
母Nokaze
(エンパイアメーカー)
栗東・池添学  
中22週
牡7 鹿
松山 57.0K
24戦7勝 [7-3-2-12]

近走冴えず、厳しい。
まずは揉まれずに進めかったが、最悪の枠となってしまった。。。。



2番サンライズノヴァ
父ゴールドアリュール
母ブライトサファイヤ
(サンダーガルチ)
栗東・音無  
中8週
牡8 栗
松若 58.0K
39戦10勝 [10-6-3-20]

2020年11月以降、JBCスプリントでの2着(0.6差)が一度あるのみ。
この鞍上でこの舞台で末脚を活かせるかどうか微妙で、厳しい。



3番ロードレガリス
父ハーツクライ
母レディマーメイド
(Fusaichi Pegasus)
栗東・野中  
中54週
牡7 黒鹿
富田 56.0K
21戦8勝 [8-3-1-9]

昨年6月以来、1年以上の休み明け。
6走前の白山大賞典での2着(0.1差)等、実績はあるが、今回は様子見が妥当だろう。



4番エブリワンブラック
父ブラックタイド
母シュガーハート
(サクラバクシンオー)
栗東・武幸  
中2週
牡5 鹿
岩田望 56.0K
27戦4勝 [4-4-4-15]

キタサンブラックの弟。
ただこの馬は先行力が無く、小回りの今回は厳しそうだ。



5番メイショウウズマサ
父ロードカナロア
母ホーマンフリップ
(フジキセキ)
栗東・安田隆  
中4週
牡6 黒鹿
北村友 56.0K
23戦5勝 [5-1-5-12]

徹底先行型の馬で、昨年の当レースでも逃げて3着(0.7差)に粘った。
前走も59Kを背負いながら、オープンで逃げて3着(0.7差)。
今回も同型馬があるが、自分の競馬をするだけだろう。
ただそれにしては過剰人気過ぎる感がある。



6番アンセッドヴァウ
父Giant's Causeway
母Country Cafe
(Lion Heart)
栗東・中竹  
中2週
セ5 栗
団野* 56.0K
22戦4勝 [4-3-2-13]

オープンに昇格して5戦し、4走前の5着(1.1差)が最高。
厳しい。



7番アルドーレ
父オルフェーヴル
母ティックルピンク
(フレンチデピュティ)
栗東・西村  
中2週
牡7 栗
和田竜* 56.0K
24戦6勝 [6-3-2-13]

2走前にオープン初勝利。
ただ差し・追い込みで良績の多い馬。
小回りの小倉で展開がハマるかどうか、厳しそう。



8番エクレアスパークル
父ハーツクライ
母プリティカリーナ
(Seeking the Gold)
栗東・今野  
中9週
牡8 青鹿
荻野極 56.0K
31戦6勝 [6-6-2-17]

3走前に小倉ダでオープンを勝利しているように、この舞台は合う。
ここ2戦、重馬場で負けているので、馬場が乾いて欲しい。



9番サクラアリュール
父ゴールドアリュール
母シロガネーゼカフェ
(Gulch)
栗東・村山  
中2週
牡7 栗
藤岡康 56.0K
37戦4勝 [4-5-9-19]

前走のオープンで、先行勢が掲示板を占める中、出遅れながら追い込んで2着(0.2差)。
ただ末脚を活かすタイプなので、小倉替わりがどうか。



10番ヒストリーメイカー
父エンパイアメーカー
母チヨノドラゴン
(バブルガムフェロー)
栗東・新谷  
中6週
牡8 黒鹿
小沢 56.0K
41戦14勝 [14-6-5-16]

実績は中央4場や広いコースに多い。
小回りコースでの実績が乏しく、厳しい。



11番トップウイナー
父バゴ
母トップアクトレス
(テイエムオペラオー)
栗東・鈴木孝  
中3週
牡6 栗
城戸 56.0K
37戦5勝 [5-9-1-22]

昨年の当レースで2着(0.4差)。
番手から粘り込んだ。
その後は冴えないが、今年も馬場が悪化すれば一変があるかも。



12番ゲンパチルシファー
父トゥザグローリー
母ラブリイステラ
(クロフネ)
栗東・佐々木  
中2週
牡6 鹿
川田 56.0K
28戦4勝 [4-5-9-10]

前走のオープンで3着(0.2差)。
番手から進めて粘っていた。
今回もその先行力が発揮できれば。



13番ユニコーンライオン
父No Nay Never
母Muravka
(High Chaparral)
栗東・矢作  
中53週
牡6 黒鹿
川須 56.0K
19戦5勝 [5-3-1-10]

昨年の宝塚記念での好走以来、1年以上の休み明け。
ダートでの実績もなく、ここは公開調教だろう。



14番ヴェルテックス
父ジャスタウェイ
母シーイズトウショウ
(サクラバクシンオー)
栗東・吉岡  
中15週
牡5 栗
西村淳 58.0K
24戦6勝 [6-7-5-6]

オープン入り後はダ2000以上に良績が多い馬。
今回は追走に苦労しそうで、厳しい。



15番サンライズウルス
父ヘニーヒューズ
母アルーシュ
(チチカステナンゴ)
栗東・安田翔  
中8週
牡4 鹿
横山典 56.0K
8戦4勝 [4-1-1-2]

前走で3勝クラスを勝ってオープン入り。
8戦中7戦で上がり最速の末脚を使っている。
その一方、2ターンの競馬はまだ2度目。
オープンのペースと舞台に戸惑わないかどうか、半信半疑だ。
随分と穴人気しているのも気になる。



16番ラーゴム
父オルフェーヴル
母シュガーショック
(Candy Ride)
栗東・斉藤崇  
中9週
牡4 栗
鮫島駿 56.0K
13戦4勝 [4-2-0-7]

ダート2戦目となった前走を、前に行って競り勝つ。
ただその実績だけで今回1番人気に推されているのは、過剰人気に見える。
下したサンライズラポールは未だオープンを勝っておらず、この馬もどこまで力があるか微妙。



01_320x100

【最終結論】

◎はエクレアスパークル(単勝11.5倍・6番人気)
今年は昨年と異なり、時計のかかる馬場でのレースとなりそう。
そして人気馬で先行する馬が多い上、昨年の事を踏まえて早め早めにスパートが開始されそう。
そうなると、好位かその後ろにいそうな馬が狙い目。
この馬は前走、スタートで遅れを取り、位置取りが悪くなってしまい、直線も伸びなかった。
そこから実績あるコースになるのは良いし、馬場が乾くのもプラスだ!



▲はサクラアリュール(単勝53.1倍・13番人気)
こちらは後方から末脚を活かす馬。
展開の助けは必要だが、前走でもただ一頭後方から追い込んでおり、末脚の力は有る。
まずはスタートを決めたい。



〇はメイショウウズマサ
単騎逃げ濃厚で、昨年の再現は十分可能。
ただその分マークが厳しく、人気も背負っている。



以下、
好位から競馬ができそうなゲンパチルシファーラーゴム位置が取れれば差し脚が活きるアルドーレヴェルテックスを抑える。



◎エクレアスパークル
▲サクラアリュール
〇メイショウウズマサ
△ゲンパチルシファー
△ラーゴム
△アルドーレ
△ヴェルテックス


その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
夏競馬・波乱対策
──────────────────
やはり夏競馬は荒れやすい?
◎ラジオNIKKEI賞
2021年4-11-7人気・2020年8-7-5人気
◎CBC賞
2021年8-2-6人気・2020年13-11-3人気
穴馬対策はココ!
荒れた重賞レースもここが選んだ馬が
かなり来ています!しかも無料情報(^o^)
──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
東京JS
8人気ケイティクレバー
ユニコーンS
8人気バトルクライ
スレイプニルS
10人気テリオスベル
9人気サクラアリュール
エプソムC
8人気ガロアクリーク
東京優駿
7人気アスクビクターモア
優駿牝馬
10人気スタニングローズ
平安S
7人気ケイアイパープル
ヴィクトリアM
6人気レシステンシア
──────────────────
波乱傾向・夏競馬の穴馬対策…
こちら↓↓から無料情報をチェックしましょう!
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!




今週はCBC賞予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎タマモティータイム
▲ロードベイリーフ



【レース展望】
昨年に続いて小倉で行われるCBC賞。
小倉の開幕週で行われるため、超高速馬場で行われる。
昨年の勝ちタイムも1:06.0だった。


当然、前に行った馬か内を回った馬しか勝負にならず、昨年の勝ち馬のファストフォースは逃げ切り。
2着のピクシーナイトは内に潜り込んでおり、3着のアウィルアウェイが地力で何とか追い込んでいた。


血統的には、短距離得意なロードカナロア産駒に加えてトニービン=グレイソヴリンの血を持つジャスタウェイ産駒好走している


まとめると、「先行馬or内を立ち回れそうな馬で、ロードカナロア産駒・ジャスタウェイ産駒」を狙いたい。

kokura_turf_1200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番レインボーフラッグ
父ジャングルポケット
母レインボーシーカー
(ダンスインザダーク)
栗東・小崎  
中4週
牡9 鹿
国分優 53.0K
59戦5勝 [5-8-1-45]

2020年9月以降、掲示板に載っていない。
厳しい。



2番アネゴハダ
父キズナ
母イニシャルダブル
(ウォーエンブレム)
栗東・佐々木  
中3週
牝3 青鹿
藤懸 49.0K
9戦3勝 [3-0-2-4]

前走の2勝クラスを圧勝。
芝マイルでは凡走したが、距離短縮で良さを発揮した。
ここもハンデに恵まれたので、先行できればオープンでも通用するだろう。



3番レジェーロ
父キズナ
母ロックフェアレディ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・西村  
中8週
牝5 黒鹿
団野* 54.0K
19戦3勝 [3-4-0-12]

今年に入って大敗続き。
4走前にナランフレグとタイム差無しの接戦を演じたことがあるのだが。。。。



4番シホノレジーナ
父ダイワメジャー
母メジロスプレンダー
(シンボリクリスエス)
栗東・寺島  
中2週
牝5 栗
角田河* 49.0K
21戦3勝 [3-3-2-13]

近走ダートばかりで成績も冴えず、厳しい。



5番テイエムスパーダ
父レッドスパーダ
母トシザコジーン
(アドマイヤコジーン)
栗東・五十嵐  
中1週
牝3 芦
今村* 48.0K
6戦3勝 [3-1-0-2]

前走の2勝クラスを快勝。
2走前の葵ステークスは流れに乗れなかったが、古馬との一戦でしっかり結果を出した。
引き続き軽ハンデとなり、相手が強くても楽しみがありそうだ。
一方で、鞍上込みで穴人気しており、妙味がない。



6番メイショウケイメイ
父ワークフォース
母メイショウアキシノ
(デュランダル)
栗東・南井  
中4週
牝6 鹿
小沢 51.0K
24戦3勝 [3-0-0-21]

3歳春以降、掲示板に載ったのが一度のみ。
追い込んで届かない競馬が続いており、昨年の当レースでも8着(0.7差)。
今回も厳しそうだ。



7番スナークスター
父ネオユニヴァース
母スナークヒロイン
(サクラバクシンオー)
栗東・川村  
中14週
セ6 鹿
富田* 52.0K
34戦4勝 [4-5-3-22]

勝ち星は全てダート。
厳しい。



8番タイセイビジョン
父タートルボウル
母ソムニア
(スペシャルウィーク)
栗東・西村  
中11週
牡5 栗
川田 57.0K
17戦3勝 [3-4-0-10]

昨年の当レースで4着(0.3差)。
絶好の最内枠だったが、スタートがイマイチで届かなかった。
まずはスタートを決め、良い位置を取りたい。
トップハンデを課せられたのもマイナスだ。



9番ロードベイリーフ
父ヴァンセンヌ
母ショウナンアオバ
(キングカメハメハ)
栗東・森田  
中5週
牡5 黒鹿
和田竜 54.0K
26戦4勝 [4-6-2-14]

前走、芝直線1000のオープンで追い込み、2着(0.1差)。
その経験が今回の高速馬場で活きれば。
前走に続いて軽ハンデを得たのもプラスだ。



10番メイショウチタン
父ロードカナロア
母ラルティスタ
(マイネルラヴ)
栗東・本田  
中32週
牡5 黒鹿
荻野極 54.0K
23戦4勝 [4-1-2-16]

昨年の当レースで大敗。
番手から進めるも伸びなかった。
その後も2戦して凡走し、今回が7か月半の休み明け。
まずは様子見が妥当だろう。



11番カリボール
父ジャスタウェイ
母レイズアンドコール
(サクラバクシンオー)
栗東・須貝  
中8週
牡6 鹿
西村淳 54.0K
20戦4勝 [4-2-2-12]

前走の3勝クラスを勝利して、3歳以来の重賞挑戦。
3勝クラスで安定して走っていたように、相手なりに走れる強みがある。
軽ハンデを味方に、前へ行きたい。



12番スマートリアン
父キズナ
母スマートオーシャン
(Mr. Greeley)
栗東・石橋  
中4週
牝5 鹿
秋山真 53.0K
19戦4勝 [4-4-2-9]

オープンで安定した走りをしているが、突き抜けるまでには至らず。
初の芝1200がプラスに働けば久々の勝利が見えてきそうだ。



13番モントライゼ
父ダイワメジャー
母ムーングロウ
(Nayef)
栗東・松永幹  
中10週
牡4 鹿
北村友 55.0K
10戦2勝 [2-2-1-5]

近走、迷走気味の使われ方。
ダートから芝へ替わるのは良いのだが、3歳春以降冴えないのが気になる。



14番タマモティータイム
父ロードカナロア
母チャームポット
(フジキセキ)
栗東・南井  
中10週
牝5 鹿
国分恭* 50.0K
18戦3勝 [3-2-1-12]

3勝クラスで善戦していたが、今年2戦はサッパリ。
未勝利戦での勝ち時計は素晴らしかったし、前走はダートで度外視できるので、高速馬場と軽ハンデが味方になれば。。。。



15番スティクス
父ロードカナロア
母ペンテシレイア
(ネオユニヴァース)
栗東・武幸  
中5週
牝4 鹿
幸 52.0K
12戦4勝 [4-0-1-7]

オープン昇格後、3走続けて凡退。
前走の直線芝1000でも逃げられたように先行力はあるので、どれだけスムーズに前へ行けるか。



16番アンコールプリュ
父ディープインパクト
母オイスターチケット
(ウイニングチケット)
栗東・友道  
中5週
牝7 黒鹿
藤岡康 53.0K
25戦2勝 [2-2-1-20]

2・3走前のように、好位から雪崩れ込むことで上位に来ている。
ただ開幕週の高速馬場で前へ行ける脚は無く、厳しい。



17番ファストフォース
父ロードカナロア
母ラッシュライフ
(サクラバクシンオー)
栗東・西村  
中13週
牡6 黒鹿
松山 56.0K
21戦6勝 [6-3-1-11]

昨年の当レースの覇者。
その時よりハンデを背負うこととなるため、スンナリ前へ行けるかどうかだろう。



01_320x100

【最終結論】

◎はタマモティータイム(単勝32.2倍・11番人気)
先行馬が多いが、内にいる軽ハンデの馬が競り合い、消耗しそうな展開が予想される。
その中、この馬は外からスムーズに前へ行けそう。
隣のスティクスの存在は気になるが、スティクスが前走の芝直線1000にて今回と同斤を背負って逃げたのに対し、こちらは前走から斤量が-3K(初の50K)となる。
ならばこちらの方が前へ行けそうだし、小倉で3勝しているコース実績も加えて一発が期待できる!



▲はロードベイリーフ(単勝22.9倍・9番人気)
こちらも前走で芝直線1000を使った馬であり、芝1000の持ち時計がナンバーワン。
その時は置かれ加減だったが、その経験が今回活きて追走が楽になるはず。
加えて先行馬が多く、開幕週とはいえある程度の位置から差しが効くのでは。
現時点における父の出世頭が、重賞勝利を掴むはず!



〇はスマートリアン
芝マイル前後で良績が有り、前走も1番人気を背負った馬。
決め手不足だったが、距離短縮+初距離が良い方向に働けば、頭まであるだろう。



以下、
先行しそうなファストフォーステイエムスパーダレジェーロアネゴハダを抑える。



◎タマモティータイム
▲ロードベイリーフ
〇スマートリアン
△ファストフォース
△テイエムスパーダ
△レジェーロ
△アネゴハダ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ