ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:中山競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
スプリンターズS無料予想

トライアル競走セントウルS高回収率!
昨年3-2-10人気だったスプリンターズSも
ここの無料予想にベタ乗りしてみましょう。
━━━━━━━━━━━━━━
・無料予想:セントウルS
三連複12点400円/41.2倍
【払戻額】16,480円
【回収率】343%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
最近の無料予想が好調です!
セントライト記念  :162%
日進特別      :358%
シンボリクリスエスC:160%
ラジオ日本賞    :188%
━━━━━━━━━━━━━━
重賞メイン・特別競走とよく来てるので
この勢いにスプリンターズSも任せましょう!
→スプリンターズS無料予想
秋競馬でギア上げてきました~
10月最初・G1最初はここで決まりです(^_-)




今週はスプリンターズステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎テイエムスパーダ
▲ジャンダルム



【レース展望】
秋のG1シーズンの第一戦、スプリンターズステークス。
昨今のスプリント路線は低レベルで、レースのたびに勝ち馬が変わっている状況。
そんな中なので、一部の強豪とそれ以外との力差は大きいし、別路線組からの参入が功を奏する場合も多い。


このクラスになると脚質の有利不利は少なく、先行・差し馬互角
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が7頭
ただ10番手以下の馬は3頭のみで、差し馬でもある程度の位置に付けたい。
そして内枠が有利なのも特徴で、1~4枠の馬が11頭
5枠より外の馬は、先行したラブカンプー・レシステンシアと、豪脚を披露したグランアレグリアとアウィルアウェイのみだ。


血統的には、前傾ラップに強いアメリカダート血統を持つ馬が走っている。
ただ、スローペースになったり直線の差し比べになると、サンデーサイレンス系の血を持つ馬でも通用している。


まとめると、「内枠で好位に付けそうな、アメリカダート血統を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_1200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番テイエムスパーダ
父レッドスパーダ
母トシザコジーン
(アドマイヤコジーン)
栗東・五十嵐  
中5週
牝3 芦
国分恭 53.0K
8戦4勝 [4-1-0-3]

前走の北九州記念で7着(0.5差)。
そこからまた斤量が増える。
ただその分マークは甘くなりそうだし、絶好枠を引いて自分の競馬に徹したい。



2番ジャンダルム
父Kitten's Joy
母ビリーヴ
(サンデーサイレンス)
栗東・池江  
中5週
牡7 黒鹿
荻野極 57.0K
28戦6勝 [6-1-3-18]

前走の北九州記念は、休み明けもあったがブービー負け。
ただ叩き2戦目での上積みは有るし、久々に内枠を引いて巻き返しが期待できそうだ。



3番メイショウミモザ
父ハーツクライ
母メイショウベルーガ
(フレンチデピュティ)
栗東・池添兼  
中4週
牝5 芦
丹内 55.0K
29戦5勝 [5-3-2-19]

前走のキーンランドカップは外を回し過ぎて大敗。
インで脚を溜めることが出来れば面白そうだが。。。。



4番ダイアトニック
父ロードカナロア
母トゥハーモニー
(サンデーサイレンス)
栗東・安田隆  
中16週
牡7 鹿
岩田康 57.0K
23戦8勝 [8-3-3-9]

2年前の当レースで大敗。
ただ近走も着順こそ悪いものの着差はそこまで大きくない。
久々で状態はカギだが、一発の魅力はある。



5番エイティーンガール
父ヨハネスブルグ
母センターグランタス
(アグネスタキオン)
栗東・飯田祐  
中4週
牝6 青鹿
秋山真 55.0K
27戦6勝 [6-4-1-16]

当レースでは2年連続で大敗しており、厳しい。



6番ナランフレグ
父ゴールドアリュール
母ケリーズビューティ
(ブライアンズタイム)
美浦・宗像  
中16週
牡6 栗
丸田 57.0K
30戦6勝 [6-5-3-16]

2走前に高松宮記念を制覇し、前走の安田記念も9着(0.4差)。
最後は差を詰めてくる馬で、今回も展開がハマるかどうかだ。



7番ウインマーベル
父アイルハヴアナザー
母コスモマーベラス
(フジキセキ)
美浦・深山  
中4週
牡3 栗
松山 55.0K
12戦4勝 [4-2-3-3]

短距離では崩れなく走っているが、今回は更に斤量が増えて相手が強くなる。
前走のキーンランドカップでの2着(0.1差)も、内が空いた恩恵が有ったため、更なる成長が必要だ。



8番ファストフォース
父ロードカナロア
母ラッシュライフ
(サクラバクシンオー)
栗東・西村  
中2週
牡6 黒鹿
団野 57.0K
24戦6勝 [6-4-1-13]

昨年の当レースで大敗。
このクラスになると周りも早くて先行するのが難しく、厳しい。



9番ナムラクレア
父ミッキーアイル
母サンクイーンII
(Storm Cat)
栗東・長谷川  
中5週
牝3 青鹿
浜中 53.0K
9戦3勝 [3-2-3-1]

前走の北九州記念で3着(0.2差)。
進路取りに手間取り、残念な結果となった。
今回、スムーズなレースができれば上位に来そうだ。



10番タイセイビジョン
父タートルボウル
母ソムニア
(スペシャルウィーク)
栗東・西村  
中5週
牡5 栗
福永 57.0K
19戦3勝 [3-6-0-10]

昨年の当レースで大敗。
近走も良い末脚は使っているが、このクラスになると簡単に前は止まらない。
相当展開に恵まれないと厳しそうだ。



11番トゥラヴェスーラ
父ドリームジャーニー
母ジャジャマーチャン
(アドマイヤコジーン)
栗東・高橋康  
中26週
牡7 鹿
鮫島駿 57.0K
23戦4勝 [4-5-0-14]

前走の高松宮記念で4着(0.1差)。
近走、安定して走っており、鉄砲実績も有る。
インで脚を溜めることが出来れば、ここでも上位に来そうだが、痛恨の外枠。。。。



12番ヴェントヴォーチェ
父タートルボウル
母ランウェイスナップ
(Distant View)
栗東・牧浦  
中4週
牡5 鹿
西村淳 57.0K
12戦6勝 [6-1-1-4]

前走のキーンランドカップを快勝。
ただ勝負所でインが空いた幸運も有った。
この舞台では4走前に凄い時計で勝っているが、相手が強くなる今回、対応できるかがポイントだ。



13番メイケイエール
父ミッキーアイル
母シロインジャー
(ハービンジャー)
栗東・武英  
中2週
牝4 鹿
池添 55.0K
12戦7勝 [7-0-0-5]

前走のセントウルステークスを完勝。
古馬になりすっかり落ち着きがでてきた。
昨年の当レースは出遅れて4着(0.7差)だったが、まともにスタートを出れば勝ち負けだろう。
あとは揉まれずにスムーズな競馬ができるかだ。



14番ラヴィングアンサー
父ダイワメジャー
母ラブレター
(ロックオブジブラルタル)
栗東・石坂  
中2週
牡8 鹿
菱田 57.0K
39戦8勝 [8-2-4-25]

昨年の当レースで大敗。
厳しい。




15番シュネルマイスター
父Kingman
母セリエンホルデ
(Soldier Hollow)
美浦・手塚  
中16週
牡4 鹿
横山武 57.0K
9戦4勝 [4-3-1-1]

初の芝1200は未知数だが、昨今のスプリント路線の低レベル化をふまえると通用してもおかしくない。
序盤、どれだけ置かれずに追走できるかがポイントだろう。



16番マリアズハート
父シャンハイボビー
母Maria's Dance
(Maria's Mon)
美浦・菊沢  
中8週
牝6 鹿
菊沢 55.0K
21戦6勝 [6-3-1-11]

芝1200では近走良績が無く、厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はテイエムスパーダ(単勝15.8倍・5番人気)
最内枠を引いて穴人気しているが、先週同様イン先行が有利な中山芝では、内で逃げられそうな当馬を買うべき。
前走の敗戦で少しでもマークが甘くなるならば、そのまま粘り込みが期待できる!



▲はジャンダルム(単勝20.6倍・9番人気)
こちらも白帽の馬。
テイエムスパーダの直後に付けて進めれば良いので、やる事はシンプル。
中山での実績も豊富だし、巻き返しが十分あるだろう。
昨年の当レースの大敗も、枠が外だったことが大きい。



〇はナムラクレア
人気馬の中では一番前に付けるだろう。
加えて一番内の枠を引けたのもプラスだ。



以下、
実力馬のシュネルマイスターメイケイエール先行できれば粘り込みがあるファストフォースダイアトニックを抑える。



◎テイエムスパーダ
▲ジャンダルム
〇ナムラクレア
△シュネルマイスター
△メイケイエール
△ファストフォース
△ダイアトニック



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
神戸新聞杯週・オールカマー週
ハマる!穴馬対策の推奨馬情報
──────────────────
昨年8人気が絡んだ神戸新聞杯…
レイパパレが沈んだオールカマー…
中穴~人気薄馬が気になるならここを見てください。
毎週ここの推奨馬が穴馬を読んでます!
【逆境セレクト(無料)】
ローズS   :1→2→7人気
セントウルS :1→6→4人気
紫苑S    :1→2→6人気
札幌2歳S  :1→6→4人気
キーンランドC:6→2→4人気
BSN賞   :4→2→14人気
──────────────────
圧巻はこちらです!
・9/04 新潟記念
1着 カラテ 10人気
2着 ユーキャンスマイル 9人気
3着 フェーングロッテン 3人気
見事に的中しましたよ(無料公開)
──────────────────

──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
秋G1トライアルの穴馬対策…
こちら↓↓から無料情報をチェックしましょう!
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!



今週は産経賞オールカマー予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ロバートソンキー
▲クレッシェンドラヴ



【レース展望】
天皇賞秋やジャパンカップの前哨戦という位置付けとなる、産経賞オールカマー。
ただ、本番とは異なる舞台であり、適性が異なる中山芝2200でのレースという事で、当レースの結果と本番が結び付きづらくなっている。


トライアルレースという事でスローになりやすいく、先行馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が8頭
これが5番手以内とすると11頭になり、前へ行けるかどうかが重要だ。


血統的には、芝中距離のスローペースに強い現代の王道血統を持つ馬がベタに走っている。
中山芝2200は持続力を問われる流れになりやすいのだが、当レースはスローペースで行われることが多いため、このような結果になっている。


まとめると、「先行しそうな、現代の王道血統を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_2200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ロバートソンキー
父ルーラーシップ
母トウカイメガミ
(サンデーサイレンス)
美浦・林  
中4週
牡5 鹿
伊藤 56.0K
10戦4勝 [4-1-2-3]

3歳時に菊花賞へ出走した馬が、前走で3勝クラスを勝利し、再度の重賞挑戦。
輸送による馬体の増減が激しい馬なので、輸送の殆ど無い中山は歓迎だろう。



2番ジェラルディーナ
父モーリス
母ジェンティルドンナ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤崇  
中5週
牝4 鹿
横山武 54.0K
14戦4勝 [4-2-2-6]

重賞を5戦するもワンパンチ足りない結果が続いている。
末脚が鋭いのでパンパンの良馬場が理想だが、この馬場はマイナスだろう。



3番ウインキートス
父ゴールドシップ
母イクスキューズ
(ボストンハーバー)
美浦・宗像  
中16週
牝5 黒鹿
松岡 54.0K
22戦5勝 [5-6-4-7]

昨年の当レースで2着(0.3差)。
先行力と立ち回り力で勝負する馬なので、内枠はプラス。
後は他馬との力差次第だろう。



4番ソーヴァリアント
父オルフェーヴル
母ソーマジック
(シンボリクリスエス)
美浦・大竹  
中41週
牡4 鹿
川田 56.0K
9戦4勝 [4-2-1-2]

昨年のチャレンジカップを勝ち、今回が約10か月ぶり。
昨年のセントライト記念で2着(0.1差)があり、コース実績は問題なし。
状態が整っていればいきなり通用するだろう。



5番ヴェルトライゼンデ
父ドリームジャーニー
母マンデラ
(Acatenango)
栗東・池江  
中15週
牡5 黒鹿
戸崎圭 56.0K
10戦3勝 [3-4-1-2]

長期休養明けとなった前走の鳴尾記念を鮮やかに勝利して、復活の狼煙を上げた。
かつてコントレイルと接戦していた馬が力を取り戻したならば、ここでも当然中心視すべきだ。



6番クリスタルブラック
父キズナ
母アッシュケーク
(タイキシャトル)
美浦・高橋文  
中126週
牡5 黒鹿
吉田豊 56.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

2020年の京成杯の勝ち馬が、約2年半ぶりの復帰戦に。
まずは一度使ってからだろう。



7番アドマイヤアルバ
父ハーツクライ
母エリドゥバビロン
(Bernstein)
美浦・堀内  
中2週
セ7 鹿
原田和 56.0K
39戦2勝 [2-6-2-29]

近走冴えず、厳しい。



8番デアリングタクト
父エピファネイア
母デアリングバード
(キングカメハメハ)
栗東・杉山晴  
中12週
牝5 青鹿
松山 54.0K
10戦5勝 [5-1-3-1]

一昨年の3冠牝馬が、前走の宝塚記念で3着(0.6差)と好走し、力を証明した。
その時以来の休み明けとなる。
前走より相手が楽になるので、状態が問題なければ勝ち負けだろう。



9番クレッシェンドラヴ
父ステイゴールド
母ハイアーラヴ
(Sadler's Wells)
美浦・林  
中20週
牡8 鹿
内田博 56.0K
30戦7勝 [7-4-2-17]

加齢のせいか、近走スピード負けが著しい。
一昨年の当レースでは4着(0.3差)だったが、、、
湿った馬場をどこまで味方につけられるか。



10番テーオーロイヤル
父リオンディーズ
母メイショウオウヒ
(マンハッタンカフェ)
栗東・岡田  
中20週
牡4 鹿
菱田 56.0K
10戦5勝 [5-0-2-3]

今年の天皇賞春で3着(1.2差)した時以来の出走。
近走は長距離で安定して走っており、ここも前に行ければソコソコやれそうだ。



11番キングオブドラゴン
父ハーツクライ
母ベガスナイト
(コロナドズクエスト)
栗東・矢作  
中15週
牡5 黒鹿
三浦 56.0K
24戦4勝 [4-8-3-9]

ここ2戦、重賞で逃げるも善戦止まり。
目標にされてしまう辛さが出ている。
ここもハナは奪えそうだが、他馬を凌げるかどうか。



12番フライライクバード
父スクリーンヒーロー
母シングライクバード
(シンボリクリスエス)
栗東・友道  
中16週
牡5 黒鹿
福永 56.0K
16戦4勝 [4-4-2-6]

この馬も重賞ではもう一歩の成績。
加えて右回りでは実績が少なく、厳しそうだ。



13番バビット
父ナカヤマフェスタ
母アートリョウコ
(タイキシャトル)
栗東・浜田  
中81週
牡5 栗
横山典 56.0K
9戦4勝 [4-2-0-3]

昨年の中山記念以来、約1年7か月ぶりのレース。
同型馬もいるので、まずは一度使ってからだろう。



01_320x100
【最終結論】
◎はロバートソンキー(単勝19.9倍・5番人気)
かつて神戸新聞杯でヴェルトライゼンテと同タイムで走った馬。
それが今回、ここまでオッズ差がつくならば、買うしかない。
しかも今回のメンバーは先行勢が多くペースが流れそうな上、タフな馬場になりそう。
良でも重でも末脚が鈍らない当馬にとってプラス材料が多い!



▲はクレッシェンドラヴ(単勝84.8倍・12番人気)
今年のAJCCや日経賞でも善戦しているように、この舞台ではまだ見限れない。
加えてこのタフな馬場は、スピードが衰えている当馬にとって追い風。
勝ち切れるかどうかは微妙だが、馬券内ならば十分期待できるし、このオッズならば買うべきだ!



〇はデアリングタクト
実績は断然。
他馬ではなく自分との戦いに勝てるかどうかだろう。




以下、
近走重賞で連続好走しているソーヴァリアントジェラルディーナヴェルトライゼンテテーオーロイヤルを抑える。



◎ロバートソンキー
▲クレッシェンドラヴ
〇デアリングタクト
△ソーヴァリアント
△ジェラルディーナ
△ヴェルトライゼンテ
△テーオーロイヤル



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
ローズS週・要チェック
ハマる!穴馬対策の推奨馬情報
──────────────────
毎週ここの推奨馬が穴馬を読んでます!
【逆境セレクト(無料)】
セントウルS :1→6→4人気
紫苑S    :1→2→6人気
札幌2歳S  :1→6→4人気
キーンランドC:6→2→4人気
BSN賞   :4→2→14人気
──────────────────
圧巻はこちらです!
・9/04 新潟記念
1着 カラテ 10人気
2着 ユーキャンスマイル 9人気
3着 フェーングロッテン 3人気
見事に的中しましたよ(無料公開)
──────────────────

──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
秋G1トライアルの穴馬対策…
こちら↓↓から無料情報をチェックしましょう!
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!





今週はセントライト記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎マテンロウスカイ
▲ボーンディスウェイ



【レース展望】
菊花賞トライアルの一つ、セントライト記念。
秋の大レースに向けた重要な一戦だ。

昨年こそタイトルホルダーが凡走したが、その前の過去4年はいずれも1番人気が連対。
他の上位馬も春のクラシックを使っていた馬が目立っており、近年は「夏の上がり馬」が通用しているケースが少なくなっている。


秋の中山は非常に馬場が良いが、当レースは逃げ差し互角
過去5年で馬券内に来た15頭中、
4コーナーで4番手以内だった馬が8頭
脚質よりも、中山芝2200(外回り)で行われる特殊条件に対応できる馬が上位に来ている
毎年3コーナー前からスパート合戦が行われており、最後まで伸び続けられるかが勝負。


血統的には、持続力勝負に強いロベルトやトニービン=グレイソヴリンの血を持つ馬がよく好走している。
もちろんクラシック路線に繋がるレースという事で、現代の王道血統を持つ馬にも注目だ。


まとめると、「スパート合戦に対応できる、現代の王道血統+ロベルトやトニービン=グレイソヴリンの血を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_2200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ローシャムパーク
父ハービンジャー
母レネットグルーヴ
(キングカメハメハ)
美浦・田中博  
中21週
牡3 鹿
ルメール 56.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

前走で1勝クラスを圧勝して、約5か月ぶりの出走。
ただ、前走負かした2着馬が先月ようやく1勝クラスを勝っており、レースレベルに疑問。
この馬の力も半信半疑だ。



2番ロンギングエーオ
父スクリーンヒーロー
母フレンチボウ
(ホワイトマズル)
美浦・奥村武  
中10週
牡3 黒鹿
横山和 56.0K
8戦2勝 [2-0-1-5]

前走の1勝クラスを勝利。
ただ2走前の青葉賞では完敗しており、厳しそうだ。



3番マテンロウスカイ
父モーリス
母レッドラヴィータ
(スペシャルウィーク)
栗東・松永幹  
中3週
牡3 栗
横山典 56.0K
7戦2勝 [2-3-2-0]

新馬戦以来勝ち切れないレースが続いていたが、前走でようやく1勝クラスを勝利。
ただ相手が強くなり、初の関東への輸送。
厳しいのでは。



4番ラーグルフ
父モーリス
母アバンドーネ
(ファルブラヴ)
美浦・宗像  
中5週
牡3 黒鹿
戸崎圭 56.0K
7戦3勝 [3-0-1-3]

皐月賞で8着(0.6差)の後、前走の2勝クラスを勝利。
実績馬が休み明けの分、一叩きされた順調さを活かしたい。



5番セイウンハーデス
父シルバーステート
母ハイノリッジ
(マンハッタンカフェ)
栗東・橋口  
中15週
牡3 黒鹿
幸 56.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走の東京優駿で11着(2.0差)。
厳しい。



6番オニャンコポン
父エイシンフラッシュ
母シャリオドール
(ヴィクトワールピサ)
美浦・小島  
中15週
牡3 鹿
菅原明 56.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走の東京優駿で8着(1.1差)。
G1ではまだ通用していないが、中山替わりはプラス。
秋の中山は馬場が早いので、位置取りがカギになりそうだ。



7番アスクビクターモア
父ディープインパクト
母カルティカ
(Rainbow Quest)
美浦・田村  
中15週
牡3 鹿
田辺 56.0K
7戦3勝 [3-0-3-1]

前走の東京優駿で3着(0.3差)。
実績断然で先行力もあり、中心視すべきだろう。



8番ショウナンマグマ
父ザファクター
母レッドメアラス
(ステイゴールド)
美浦・尾関  
中10週
牡3 鹿
横山武 56.0K
8戦2勝 [2-1-0-5]

前走のラジオNIKKEI賞で2着(0.2差)。
軽ハンデを武器に逃げて健闘した。
今回もハナへ行けるかどうかがポイントになりそうだ。



9番ガイアフォース
父キタサンブラック
母ナターレ
(クロフネ)
栗東・杉山晴  
中10週
牡3 芦
松山 56.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

前走で1勝クラスを勝ったばかり。
ただ勝利時はいずれも圧勝であり、新馬戦ではドウデュースの2着(0.1差)。
ここでいきなり通用してもおかしくない。



10番ベジャール
父モーリス
母エスジーブルーム
(アフリート)
美浦・田中博  
中10週
牡3 黒鹿
北村友 56.0K
5戦1勝 [1-2-0-2]

前走のラジオNIKKEI賞でブービー負け。
2走前の毎日杯は2着(0.1差)だが、勝ち馬は東京優駿で最下位。
この馬も厳しいのでは。




11番キングズパレス
父キングカメハメハ
母ドバウィハイツ
(Dubawi)
美浦・戸田  
中12週
牡3 鹿
松岡 56.0K
6戦2勝 [2-2-1-1]

2走前のプリンシパルステークスで2着(0.1差)。
その後、前走の1勝クラスを勝利して今回挑む。
セイウンハーデスを物差しにすると、東京優駿組とは力差がありそうだが。。。



12番サイモンバロン
父ハービンジャー
母ハイレイヤー
(シンボリクリスエス)
美浦・勢司  
中13週
牡3 鹿
三浦 56.0K
7戦1勝 [1-2-1-3]

まだ1勝クラスを勝てておらず、厳しい。



13番ボーンディスウェイ
父ハーツクライ
母ウィンドハック
(プラティニ)
美浦・牧  
中10週
牡3 黒鹿
石橋脩 56.0K
8戦2勝 [2-1-2-3]

3走前の弥生賞ディープインパクト記念で3着(0.1差)に来ており、スムーズに先行できれば粘り腰がある。
展開次第だろう。




01_320x100

【最終結論】

◎はマテンロウスカイ(単勝23.2倍・8番人気)
相手なりに走れるうえ、馬場や舞台に関わらず常に早い上がりを使うことが出来ていることを評価。
4走前にはガイアフォースと0.1差であり、それでいてこの人気の差ができているならばこちらを買うべき。
脚質が自在なので、どんな展開になっても安心して買えそうだ!



▲はボーンディスエイ(単勝29.0倍・9番人気)
この枠ならばスムーズに先行できる。
キレる脚が無いので道悪も歓迎だし、血統的にも当レースに合っている。
人気急落している今回、狙い目だ!



〇はアスクビクターモア
世代同士では力上位。
今回は人気を背負って目標にされることに耐えられるかどうかだろう。



以下、
近走好走しているガイアフォースキングズパレス重賞での好走歴があるショウナンマグマオニャンコポンを抑える。



◎マテンロウスカイ
▲ボーンディスウェイ
〇アスクビクターモア
△ガイアフォース
△キングズパレス
△ショウナンマグマ
△オニャンコポン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ