ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。元JRA大庭騎手とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:中京競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


「金鯱賞」無料情報
昨年は回収率491%!
金鯱賞2年連続を狙います(*^^*)
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報「金鯱賞」2023年
三連複9点600円
1頭目 10
2頭目 1,2,12
3頭目 1,2,4,6,10,11
着順 12-10-1/44.2倍
【払戻額】26,520円
【回収率】491%
6人気アラタを入れて高回収率!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年春も天皇賞春・NHKと良い感じでした!
春G1戦線はここの無料情報を押さえてください。
→金鯱賞・無料情報
金鯱賞から大阪杯までここの無料情報で一直線です\(^o^)/



今週は、金鯱賞を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎シーズンリッチ
▲エアサージュ



【レース展望】
大阪杯に向けた前哨戦の一つである、金鯱賞。
急坂があって直線が長く、別定戦の王道レースという事で、有力馬の始動戦となる事が多い。


開幕週の開催であり本番前のレースという事でペースが上がりづらいため、スローペースでのレースが多い。
そのため、先行馬が有利となることが多い。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が9頭
残った6頭のうち、昨年のプログノーシスを除くと、5番手か6番手だった。
迷ったら前へ行きそうな馬を選ぶべきだ。


血統としては、「左回り・直線長い・芝2000」という、日本で一番レベルの高くなりがちなレースでああるため、現代王道血統を持つ馬
の好走が目立つ。


まとめると、「先行馬で、現代王道血統を持つ馬」を狙いたい。

chukyo_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番シーズンリッチ
父ドゥラメンテ
母エバーシャルマン
(ハーツクライ)
美浦・久保田  
中19週
牡4 鹿
吉田隼 57.0K
8戦2勝 [2-0-0-6]

4走前に毎日杯を勝利した以降は見せ場が無い。
今回、距離短縮での巻き返しに期待。



2番ワイドエンペラー
父ルーラーシップ
母アンフィルージュ
(アグネスタキオン)
栗東・藤岡  
中2週
牡6 鹿
高杉* 57.0K
20戦3勝 [3-3-2-12]

まだ3勝クラスを勝てておらず、厳しい。



3番ドゥレッツァ
父ドゥラメンテ
母モアザンセイクリッド
(More Than Ready)
美浦・尾関  
中19週
牡4 青鹿
ルメール 59.0K
6戦5勝 [5-0-1-0]

昨年、5連勝で菊花賞を制した世代トップの馬が、今年初戦を迎える。
同期が古馬に通用していない中、どのようなレースを見せるのか半信半疑だ。



4番プログノーシス
父ディープインパクト
母ヴェルダ
(Observatory)
栗東・中内田  
中12週
牡6 鹿
川田 58.0K
12戦6勝 [6-2-2-2]

昨年の当レースの覇者。
その後もG1で馬券内があり、ここでは力上位だろう。



5番ブレイヴロッカー
父ドゥラメンテ
母シティイメージ
(Elusive City)
栗東・本田  
中3週
牡4 芦
丸山 57.0K
16戦4勝 [4-2-2-8]

重賞初挑戦となった、前走の京都記念で6着(0.6差)。
上位2頭に差をつけられ、現状は厳しそうだ。



6番ヨーホーレイク
父ディープインパクト
母クロウキャニオン
(フレンチデピュティ)
栗東・友道  
中111週
牡6 鹿
藤岡康 57.0K
7戦3勝 [3-1-1-2]

2年ぶりの出走となる。
力は有るが、まずは無事に走ってくれれば。



7番ヤマニンサルバム
父イスラボニータ
母ヤマニンエマイユ
(ホワイトマズル)
栗東・中村  
中12週
牡5 黒鹿
三浦 57.0K
20戦6勝 [6-4-4-6]

昨年の当レースで7着(0.7差)。
現在連勝中で、先行力を活かして昨年以上の成績に期待したい。



8番バラジ
父ヴァンセンヌ
母シーダーアラジ
(アラジ)
美浦・鹿戸  
中21週
セ5 鹿
菅原明* 57.0K
18戦4勝 [4-3-3-8]

重賞を3戦し、大敗は無いものの、掲示板入りするかどうかという状況。
厳しい。



9番ノッキングポイント
父モーリス
母チェッキーノ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中19週
牡4 栗
戸崎圭 57.0K
8戦3勝 [3-1-0-4]

前走の菊花賞は、距離のせいか大敗。
距離短縮して得意の中距離に戻し、巻き返しに期待。



10番アラタ
父キングカメハメハ
母サンシャイン
(ハーツクライ)
美浦・和田勇  
中8週
牡7 鹿
横山典 57.0K
23戦6勝 [6-1-3-13]

昨年の当レースで3着(0.3差)。
馬体を絞り、好枠が当たれば、昨年の再現がありそうだと思ったが、この枠では。。。



11番エアサージュ
父Point of Entry
母Nokaze
(エンパイアメーカー)
栗東・池添  
中3週
牡6 鹿
池添 57.0K
11戦4勝 [4-3-1-3]

前走で3勝クラスを勝利し、菊花賞以来の重賞挑戦。
エアアルマスらの弟という良血馬が、どんなレースをするのか楽しみだ。



12番ハヤヤッコ
父キングカメハメハ
母マシュマロ
(クロフネ)
美浦・国枝  
中12週
牡8 白
幸 57.0K
37戦6勝 [6-5-3-23]

前走の中日新聞杯で2着(0.1差)。
昨年の当レースでも4着(0.5差)に健闘しており、流れ一つで再度食い込みがあってもおかしくない。



13番レッドジェネシス
父ディープインパクト
母リュズキナ
(Storm Cat)
栗東・小林  
中1週
セ6 鹿
角田和 57.0K
18戦3勝 [3-1-2-12]

近走冴えず、厳しい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はシーズンリッチ(単勝33.8倍・8番人気)
絶対的な逃げ馬がいないメンバー構成で、先行すれば前残りが有り得る。
では誰が行くかだが、、、
最内枠を引いた当馬とエアサージュがハナ候補と見た。
このうち、枠順に恵まれてより楽にハナを切れそうなこちらを本命視。
行って欲しい事はただ一つ、逃げてくれ!



▲はエアサージュ(単勝17.0倍・6番人気)
上記の通り、もう一頭のハナ候補。
逃げもしくは番手から進める事が出来れば、一発が有りそうだ。



〇はドゥレッツァ
前走の菊花賞は圧巻だった。
59Kは楽ではないが、好枠から先行できれば上位争いできそうだ。



以下、
近走重賞で好走しているプログノーシスヤマニンサルバムヨーホーレイク、先行できれば面白いバラジを抑える。



◎シーズンリッチ
▲エアサージュ
〇ドゥレッツァ
△プログノーシス
△ヤマニンサルバム
△ヨーホーレイク
△バラジ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
チャンピオンズC無料情報

秋G1/8戦5勝の大活躍
年末までここの無料情報に乗りましょう!
国内はもちろん凱旋門賞も的中と・・・
海外G1も的中した無料情報!香港も期待!
━━━━━━━━━━━━━━
秋G1無料買い目情報
◎エリザベス女王杯
三連複計29.1倍×500円
【払戻額】14,550円【回収率】243%
◎菊花賞
三連複15.7倍×400円
【払戻額】6,280円【回収率】121%
◎秋華賞
三連複12.1倍×500円
【払戻額】6,280円【回収率】110%
◎凱旋門賞
ワイド3.7倍×2,000円
【払戻額】7,400円【回収率】148%
◎スプリンターズS
三連複23.1倍×300円
【払戻額】6,930円【回収率】122%
エリ女買い目)(菊花賞買い目
━━━━━━━━━━━━━━
チャンピオンズCも厳選無料情報を見逃さないでください!
→チャンピオンズC無料情報
6~9人気あたりの入れ込みが上手く巧みに当ててきます!



今週は、チャンピオンズカップを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎グロリアムンディ
▲ジオグリフ



【レース展望】
JRAのダートG1は2つのみだが、その一つとなるチャンピオンズカップ。
癖のある中京ダ1800で行われるため、コース適性が重要となる。


このクラスになるとダートは簡単に前が止まらない。
加えて、向こう正面過ぎからずっと下りになっているコース形態から、当レースは先行馬が有利になっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が9頭
昨年の勝ち馬のジュンライトボルトのように直線で瞬発力を活かす馬もいるが、基本は内・先行馬を狙うべき。


血統としては、ダート競馬に適性がある血統に加えて、当レースで必要な要素の一つである瞬発力に長けた
父or母父がサンデー系の芝血統の馬の好走が目立つ。


まとめると、「先行馬で、父or母父がサンデー系の芝血統の馬」を狙いたい。

chukyo_dart_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番メイクアリープ
父シニスターミニスター
母スペシャルクイン
(スペシャルウィーク)
栗東・大根田  
中3週
牡4 栗
幸 58.0K
11戦4勝 [4-5-1-1]

前走のみやこステークスで2着(0.5差)。
セラフィックコールに完敗だったが、逃げずに正攻法で上位に来たのはプラス。
今回も安定した先行力で上位に来そうだ。



2番メイショウハリオ
父パイロ
母メイショウオウヒ
(マンハッタンカフェ)
栗東・岡田  
中3週
牡6 栗
浜中 58.0K
23戦9勝 [9-2-4-8]

前走のJBCクラシックで4着(1.4差)。
少頭数かつスローペースで、差し届かず。
今回もペース次第では、差し届かない可能性を考慮した方が良いかも。



3番ジオグリフ
父ドレフォン
母アロマティコ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中7週
牡4 栗
ビュイック 58.0K
12戦3勝 [3-1-0-8]

ダートは合っていないようで、厳しい。



4番テーオーケインズ
父シニスターミニスター
母マキシムカフェ
(マンハッタンカフェ)
栗東・高柳大  
中3週
牡6 栗
松山 58.0K
24戦10勝 [10-3-4-7]

一昨年の当レースの覇者だが、今年になって勝ち切れていない。
一時期の強さが影を潜めている現状、厳しそうだ。



5番ドゥラエレーデ
父ドゥラメンテ
母マルケッサ
(オルフェーヴル)
栗東・池添  
中10週
牡3 黒鹿
ムルザバエフ 57.0K
9戦2勝 [2-2-0-5]

近走、順調さを欠いており、厳しい。




6番グロリアムンディ
父キングカメハメハ
母ベットーレ
(Blu Air Force)
栗東・大久保  
中11週
牡5 鹿
ルメール 58.0K
18戦7勝 [7-4-1-6]

前走のコリアカップは完敗の2着。
ただ昨年の当レースでは2番人気に推される力があり、2・3走前は重賞連勝。
立て直されていれば、有力だ。



7番ウィルソンテソーロ
父キタサンブラック
母チェストケローズ
(Uncle Mo)
美浦・小手川  
中3週
牡4 鹿
原 58.0K
12戦7勝 [7-0-0-5]

前走のJBCクラシックで5着(1.8差)。
JpnⅠの壁に跳ね返された格好となった。
今回も厳しそうだ。



8番アーテルアストレア
父リーチザクラウン
母スターズインヘヴン
(ワークフォース)
栗東・橋口  
中3週
牝4 青鹿
横山武 56.0K
16戦6勝 [6-1-2-7]

前走のJBCレディスクラシックで3着(0.9差)。
この馬なりに追い込んだが、届かず。
4勝している舞台に替わって、どこまで末脚が届くかだろう。



9番クラウンプライド
父リーチザクラウン
母エミーズプライド
(キングカメハメハ)
栗東・新谷  
中11週
牡4 黒鹿
川田 58.0K
12戦4勝 [4-4-0-4]

前走のコリアカップを圧勝。
先行力があるのが強みで、昨年のタイム差無しの2着のリベンジが狙える。



10番ノットゥルノ
父ハーツクライ
母シェイクズセレナーデ
(Unbridled's Song)
栗東・音無  
中3週
牡4 鹿
松若 58.0K
15戦3勝 [3-4-0-8]

前走のJBCクラシックで2着(0.9差)。
得意のコースで久々に好走した。
ただ今回はJRAの舞台に戻り、厳しそうだ。



11番ハギノアレグリアス
父キズナ
母タニノカリス
(ジェネラス)
栗東・四位  
中8週
牡6 鹿
岩田望 58.0K
15戦7勝 [7-4-0-4]

前走のシリウスステークスを快勝。
2走前の帝王賞でも4着(0.8差)に健闘しており、今のダート界での上位の一頭だろう。



12番セラフィックコール
父ヘニーヒューズ
母シャンドランジュ
(マンハッタンカフェ)
栗東・寺島  
中3週
牡3 栗
Mデムーロ 57.0K
5戦5勝 [5-0-0-0]

5連勝で、前走のみやこステークスも出遅れながら圧勝。
このコースで出遅れた場合、末脚が届くか未知数だが、今の勢いは侮れない。



13番ケイアイシェルビー
父ディープインパクト
母ケイアイガーベラ
(Smarty Jones)
栗東・平田  
中2週
牡5 鹿
藤懸 58.0K
17戦4勝 [4-1-3-9]

前走の武蔵野ステークスで4着(0.7差)。
それ以上の相手が揃う今回、厳しい。



14番アイコンテーラー
父ドゥラメンテ
母ボイルトウショウ
(ケイムホーム)
栗東・河内  
中3週
牝5 栗
モレイラ 56.0K
22戦6勝 [6-2-3-11]

前走のJBCレディスクラシックを圧勝。
2・3走前にも牡馬相手に先行して上位に来ており、このメンバーでも通用しそうだ。
ただこの枠はマイナス。



15番レモンポップ
父Lemon Drop Kid
母Unreachable
(Giant's Causeway)
美浦・田中博  
中7週
牡5 栗
坂井 58.0K
13戦9勝 [9-3-0-1]

前走のマイルチャンピオンシップ南部杯を圧勝。
そこから更に距離が延びる今回、同型馬も居て楽な競馬にはならないだろう。
しかも鬼門の大外枠。。。



01_320x100

【最終結論】

◎はグロリアムンディ(単勝17.2倍・7番人気)
昨年の当レースで2番人気に支持され、その後も活躍している馬。
それが、前走の韓国での大敗でここまで人気を落とすとは。。。
今回、先行馬が揃ってタフな流れになりそうで、消耗戦が得意なこの馬向きの流れになりそう。
天下のノーザンファーム生産馬であり、鞍上込みで巻き返す可能性は十分ある!



▲はジオグリフ(単勝37.2倍・10番人気)
こちらも天下のノーザンファーム生産馬。
しかも芝とは言え、イクイノックスを破った2頭のうちの1頭だ。
4走前のサウジでクラウンプライドらに先着しているし、スムーズに先行できれば一発があるだろう。



〇はセラフィックコール
こちらもノーザンファーム生産馬。
後方から大外をぶん回し競馬がこの舞台で通用するかどうかだ。



以下、
近走重賞で好走しているレモンポップクラウンプライドメイショウハリオテーオーケインズを抑える。



◎グロリアムンディ
▲ジオグリフ
〇セラフィックコール
△レモンポップ
△クラウンプライド
△メイショウハリオ
△テーオーケインズ


その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
中京記念・無料予想
日曜重賞+土曜メイン
この2鞍当ててきます\(^o^)/
直近も高回収率連発で感謝感謝!
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:函館記念
三連複10点500円
馬番:5,7,8,9,13
三連複42.1倍×500円
【払戻額】21,050円【回収率】421%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:マレーシアC
三連複10点500円
馬番:5,7,8,11,12
三連複81.5倍×500円
【払戻額】40,750円【回収率】815%
━━━━━━━━━━━━━━
函館記念の堅い展開から
マレーシアCと選んだ下位人気がしぶとく入着します。
→中京記念・無料予想
春重賞の勝率も高いので…私は最後もココを信じます!



今週は、中京記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ホウオウアマゾン
▲シュリ



【レース展望】
サマーマイルシリーズ第二戦となる中京記念。
2019年以来、久々に中京芝で行われる。


東京芝1600のような高速馬場とは異なり、中京芝1600は時計がかかっていた。
もともと中京競馬場は直線入り口に急坂がある上、直線も長く、タフな部類に入る競馬場。
そのため、差し馬が有利だ。
2015~2019年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が4頭
10番手以下からの馬が7頭もおり、追い込みも十分届いていた。


血統としては、長い直線で末脚を活かすことができる、
ディープインパクト系・ハーツクライ系・ステイゴールド系といった現代の王道血統を持つ産駒が良く走っている。

まとめると、「差し追い込み馬の、現代の王道血統を持つ馬」を狙いたい。

chukyo_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ヴァリアメンテ
父ドゥラメンテ
母ヴァリディオル
(Dynaformer)
栗東・中内田  
中46週
牡5 青鹿
西村淳 55.0K
12戦4勝 [4-1-2-5]

昨年の当レースで5着(0.3差)。
とはいえ今年は舞台が大きく異なるし、昨年8月以来の休み明け。
状態がカギだ。



2番シュリ
父ハーツクライ
母エーゲリア
(Giant's Causeway)
栗東・池江  
中23週
牡7 黒鹿
荻野極 57.0K
17戦6勝 [6-2-0-9]

今年2月以来の休み明け。
4走前のようにスンナリ単騎逃げが叶えば良いが、、、



3番アドマイヤビルゴ
父ディープインパクト
母イルーシヴウェーヴ
(Elusive City)
栗東・友道  
中11週
牡6 鹿
岩田望 57.5K
15戦5勝 [5-1-2-7]

人気先行型の馬で、重賞でも結果が出ておらず、厳しい。



4番メイショウシンタケ
父ワールドエース
母アドマイヤビアン
(アドマイヤコジーン)
栗東・千田  
中4週
牡5 鹿
藤岡康 57.0K
18戦5勝 [5-1-0-12]

重賞初挑戦。
前走は人気薄ながら、出遅れた後に差し切る強い競馬。
あの末脚を再現できるかどうか。



5番ワールドウインズ
父ルーラーシップ
母エイジアンウインズ
(フジキセキ)
栗東・笹田  
中4週
セ6 鹿
幸 56.0K
26戦4勝 [4-3-1-18]

オープンはともかく重賞では結果が出ておらず、厳しい。



6番セルバーグ
父エピファネイア
母エナチャン
(キンシャサノキセキ)
栗東・鈴木孝  
中4週
牡4 鹿
松山 55.0K
13戦4勝 [4-0-3-6]

オープン昇格後、馬券内無し。
前走も、直線で不利があったとはいえ負け過ぎで、厳しそうだ。



7番アナゴサン
父ミッキーアイル
母タケノローマン
(キングカメハメハ)
栗東・牧田  
中4週
牡5 栗
国分恭 55.0K
25戦4勝 [4-7-2-12]

重賞初挑戦。
好走の為には、とにかくスンナリとハナを奪えるかどうかだろう。



8番サブライムアンセム
父ロードカナロア
母パストフォリア
(シンボリクリスエス)
栗東・藤原  
中9週
牝4 鹿
三浦 55.0K
13戦2勝 [2-4-0-7]

G1の前走は度外視。
内枠で末脚を溜めれば好走できる馬で、まずは枠順に恵まれるかどうか。
更に近走スタートがイマイチなので、そこもポイントになりそう。



9番ホウオウアマゾン
父キングカメハメハ
母ヒカルアマランサス
(アグネスタキオン)
栗東・矢作  
中13週
牡5 栗
坂井 58.0K
18戦3勝 [3-4-2-9]

3歳春以来、勝ち星なし。
決め手の無い馬なので先行して粘り込む形になるが、今回は同型馬との兼ね合いがカギだ。



10番ウイングレイテスト
父スクリーンヒーロー
母グレートキャティ
(サクラユタカオー)
美浦・畠山  
中4週
牡6 栗
松岡 57.0K
29戦3勝 [3-6-5-15]

オープン昇格後も大崩れなく走っている。
決め手は無いが、今回もそれなりに走りそうだ。



11番ディヴィーナ
父モーリス
母ヴィルシーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
中9週
牝5 鹿
Mデムーロ 54.0K
14戦4勝 [4-1-2-7]

前走のヴィクトリアマイルで4着(0.2差)。
出遅れながらも上がり最速の末脚を使い、見せ場十分だった。
とはいえ、まだオープンの勝利がない中で、過剰人気気味だ。



12番ダノンスコーピオン
父ロードカナロア
母レキシールー
(Sligo Bay)
栗東・安田隆  
中6週
牡4 鹿
横山和 59.0K
11戦4勝 [4-0-2-5]

実績はメンバー1。
その分、トップハンデを背負う事となり、自分との戦いになりそうだ。



13番ベジャール
父モーリス
母エスジーブルーム
(アフリート)
美浦・田中博  
中7週
牡4 黒鹿
菅原明 55.0K
12戦2勝 [2-2-2-6]

前走でダートを勝利しているが、3歳時は重賞で2着もあるし、2走前の3勝クラスでも3着(0.1差)に来ている。
芝替わりも問題なさそうだが、3走前にセルバーグらに完敗しており、他馬と力差がありそうだ。



14番カイザーミノル
父ロードカナロア
母ストライクルート
(Smart Strike)
栗東・北出  
中3週
牡7 鹿
横山典 56.0K
29戦5勝 [5-2-4-18]

3走前の京都金杯で5着(0.3差)はあるが、近走冴えず厳しい。



15番ミッキーブリランテ
父ディープブリランテ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・矢作  
中7週
牡7 鹿
和田竜 57.0K
43戦5勝 [5-5-4-29]

直線の長いコースでは良績が無く、厳しい。



16番ルージュスティリア
父ディープインパクト
母ドライヴンスノー
(Storm Cat)
栗東・藤原  
中9週
牝4 鹿
川田 53.0K
8戦4勝 [4-0-0-4]

この馬も人気先行型で、重賞ではまだ結果が出ていない。
前走のG1よりも今回のメンバーの方が楽なのは確かだが、、、、



01_320x100

【最終結論】

◎はホウオウアマゾン(単勝16.5倍・8番人気)
最終週となった中京だが、依然としてイン先行が有利な状況。
であれば、久々でも走れるこの馬に出番がありそう。
内のシュリ・アナゴサン辺りを見ながら進められる枠順もベストで、前残りが期待できそう!



▲はシュリ(単勝39.2倍・13番人気)
前走の惨敗で人気皆無だが、それによって気楽な逃げを打てそう。
好枠を引けたので、スタートを決めてそのまま内ラチを頼ってハナを切れれば、残り目があるだろう!



〇はディヴィーナ
無事抽選を突破。
前走のG1は強い内容なので、後は出遅れず差し脚が届くかどうかだろう。



以下、
内枠を引けたアドマイヤビルゴサブライムアンセムアナゴサンワールドウインズを抑える。



◎ホウオウアマゾン
▲シュリ
〇ディヴィーナ
△アドマイヤビルゴ
△サブライムアンセム
△アナゴサン
△ワールドウインズ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
七夕賞買い目無料公開
宝塚記念・安田記念を当てた無料予想!
昨年は七夕賞で高回収率と期待が持てます(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
-無料予想の実績-
「七夕賞2022年」
三連複57.2倍×500円
【払戻額】28,600円【回収率】572%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
「宝塚記念」
三連複40.3倍×500円
【払戻】20,150円【回収率】403%
「安田記念」
三連複22.9倍×500円
【払戻】11,450円【回収率】229%
━━━━━━━━━━━━━━
春の最高回収率は大阪杯の898%
レース前夜買い目無料公開です。七夕賞もどんな5頭入れるか注目しましょう!
→無料予想を確認←
三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!



今週は、プロキオンステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎シャマル
▲ブルベアイリーデ



【レース展望】
JRAでは珍しいダ1400で行われる、プロキオンステークス。
2019年以来、久々に中京コースで行われる。

中京競馬場はコーナーが急で、内枠や先行馬が有利なケースが多いのだが、このレースは傾向が異なる。
中京開催だった2015~2019年で馬券内に来た15頭のうち、1~4枠の馬が7頭
また、4コーナーで4番手以内だった馬も7頭で、中京ダートコースらしからぬ結果だ。
枠や脚質ではなく、素直に地力を重視したい。


血統としては、アメリカダート血統の
エーピーインディ系・ミスプロ系の産駒が良く走っている。
左回りのダートという事でアメリカ競馬の影響を受けやすい舞台なのだろう。

まとめると、「実力上位の、アメリカダート血統を持つ馬」を狙いたい。

chukyo_dart_1400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ケイアイターコイズ
父キンシャサノキセキ
母ケイアイデイジー
(クロフネ)
栗東・新谷  
中5週
牡7 芦
藤懸 57.0K
31戦6勝 [6-7-1-17]

昨年、今回と同舞台のオープン勝ちがある。
前走は休み明け・2走前はG1だったため、大敗は度外視できる。
同型馬をどう捌くかだろう。



2番ロイヤルパールス
父マツリダゴッホ
母ラヴフルーヴ
(アラジ)
栗東・緒方  
中1週
牡8 鹿
中井 57.0K
49戦5勝 [5-2-4-38]

スムーズに先行できれば面白い存在だが、同型馬が多くて兼ね合いが難しそう。
厳しそうだ。



3番シャマル
父スマートファルコン
母ネイティヴコード
(アグネスデジタル)
栗東・松下  
中5週
牡5 鹿
坂井 58.0K
17戦8勝 [8-2-2-5]

昨年4月から殆ど交流重賞を使っており、久々のJRAとなる。
多頭数競馬に対応できるかどうか。



4番ジレトール
父ロードカナロア
母サンビスタ
(スズカマンボ)
栗東・松永幹  
中5週
牡4 鹿
松山* 57.0K
13戦4勝 [4-4-0-5]

オープン入り2走目の前走で2着(0.1差)。
よく逃げ粘っていた。
ただ今回は同型馬が多く、自分の競馬ができるかどうか。



5番エルバリオ
父ドレフォン
母インナーアージ
(ディープインパクト)
栗東・高野  
中4週
牡4 鹿
西村淳* 57.0K
17戦4勝 [4-2-3-8]

こちらも前走の3勝クラスを勝利して、重賞初挑戦。
ただ相手が一気に強力になるので、まずは様子見が妥当では。



6番イフティファール
父キズナ
母ピサノレインボー
(Rainbow Quest)
栗東・大久保  
中1週
牡5 黒鹿
角田河 57.0K
10戦4勝 [4-1-2-3]

前走の3勝クラスを勝利して、重賞初挑戦。
前走は早いラップを先行して押し切った強い競馬。
ただ2走前はフルムに完敗しており、この馬もここで通用するかどうか。



7番ドンフランキー
父ダイワメジャー
母ウィーミスフランキー
(Sunriver)
栗東・斉藤崇  
中10週
牡4 栗
池添 57.0K
11戦5勝 [5-2-0-4]

前走のオープンを逃げて快勝。
ただそこから1ハロン距離が延びる上、同型馬との兼ね合いがカギ。



8番ブルベアイリーデ
父キンシャサノキセキ
母シルクシンフォニー
(ストーミングホーム)
栗東・杉山晴  
中7週
牡7 鹿
荻野極 57.0K
38戦6勝 [6-6-4-22]

前走は大敗したが、3走前のオープンでタガノビューティーとタイム差無しの2着がある。
そのときと同じ距離での巻き返しに期待。



9番フルム
父シニスターミニスター
母サンタテレサ
(ドリームジャーニー)
栗東・浜田  
中4週
牡4 黒鹿
水口 57.0K
18戦4勝 [4-2-5-7]

オープン入り初戦の前走は、出遅れて8着(0.5差)。
上がり最速の末脚を使うも届かず。
そこから斤量が+3Kとなり、相手も強化されて厳しい。



10番リメイク
父ラニ
母サリエル
(キングカメハメハ)
栗東・新谷  
中14週
牡4 栗
川田 58.0K
11戦5勝 [5-1-2-3]

このメンバー内では実績最上位。
安定した末脚が武器で、中心視すべきだろう。



11番メイショウテンスイ
父ダンカーク
母フラワーガイア
(ゼンノロブロイ)
栗東・河内  
中1週
牡6 栗
太宰 57.0K
34戦4勝 [4-4-4-22]

先行できる脚はあるが、かつてのような粘りが見られなくなっている。
今回も厳しそうだ。



12番メイショウダジン
父トランセンド
母エメラルドタワー
(アドマイヤマックス)
栗東・松永昌  
中1週
牡6 栗
酒井* 57.0K
26戦5勝 [5-1-4-16]

人気薄だった前走、中団から上がり最速の末脚を使って差し切る。
2走前もブービー人気に反発して4着(0.7差)に好走していた。
ただそこから相手が更に強化されて、どこまでやれるか。



13番タガノビューティー
父ヘニーヒューズ
母スペシャルディナー
(スペシャルウィーク)
栗東・西園正  
中8週
牡6 鹿
石橋脩 57.0K
29戦7勝 [7-6-5-11]

6歳になった近3走、いずれも好走を続けている。
今回もベストの舞台では無いが、好調が続いていれば上位争いできるだろう。



14番アティード
父サウスヴィグラス
母ロックフォーティ
(ロックオブジブラルタル)
美浦・加藤士  
中4週
牡5 栗
菱田 57.0K
21戦6勝 [6-3-3-9]

3走前のオープン勝ちは鮮やかだったが、ここ2戦が負け過ぎ。
立て直されているか微妙で、厳しいのでは。



15番オーヴァーネクサス
父キズナ
母オーヴァーアンダー
(Seeking the Gold)
栗東・松下  
中1週
牡6 鹿
藤岡康 57.0K
21戦5勝 [5-4-1-11]

この馬も、オープン入り後、出遅れが多くて近走冴えない。
末脚は堅実なので、まずはスタートを決めたい。



16番オメガレインボー
父アイルハヴアナザー
母ワイキューブ
(アグネスタキオン)
栗東・安田翔  
中13週
牡7 栗
藤岡佑 57.0K
33戦6勝 [6-6-6-15]

前走で久々のオープン勝ち。
末脚は堅実なので、展開待ちだ。



01_320x100

【最終結論】

◎はシャマル(単勝12.3倍・6番人気)
前走の競争中止の影響は気になるが、地方競馬で積み重ねた実績は上位。
そして今回、好枠からドンフランキーを見ながら楽に先行できそう。
一度の敗戦で随分と人気を落としているが、このメンバー構成ならば巻き返しがありそうだ。



▲はブルベアイリーデ(単勝51.3倍・10番人気)
こちらも一度の敗戦で人気を落としている馬。
左回りに良績が多く、前走からの条件替わりで変わり身が見込めそう。
内の先行馬を活かせて好位のインを取れれば、久々の勝利があるだろう!



〇はリメイク
このメンバーでは実力が上。
後は久々の競馬で、スムーズに馬群をさばけるかどうかだ。



以下、
末脚堅実なタガノビューティーオメガレインボー3走前くらい走れば一変があるアティード、前走は3勝クラスとはいえ強い競馬だったイフティファールを抑える。



◎シャマル
▲ブルベアイリーデ
〇リメイク
△タガノビューティー
△オメガレインボー
△アティード
△イフティファール



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
春競馬(無料予想)実績まとめ
春重賞もよく当たりました(*^^*)
夏競馬もここに期待ですね!
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想・春重賞
・ユニコーンS 12,200円/254%
・エプソムC  19,320円/345%
・安田記念   6,870円/143%
・日本ダービー 14,100円/294%
・Vマイル   6,880円/123%
・マイラーズC 5,680円/118%
・皐月賞    11,310円/236%
━━━━━━━━━━━━━━
=昨年はCBC賞を的中!=
CBC賞2022年
三連複12点400円
三連複23.2倍-的中-
[払戻額]9,280円
[回収率]193%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今年はCBC賞かラジオNIKKEI賞か?
どちらが公開でも実績十分なここの無料予想にお任せです!
→無料予想を確認する
選ぶレースも選ぶ馬も良い!見る目がある無料予想に夏競馬もお任せです(^_-)



今週は、CBC賞を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎トゥラヴェスーラ
▲スマートクラージュ



【レース展望】
サマースプリントシリーズ第二戦の、CBC賞。
2019年以来、久々に中京コースで行われる。

シリーズ中、唯一直線の長いコースで行われるためか、末脚自慢の馬が上位に来ることが多い。
中京開催だった2015~2019年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで5番手以下だった馬が9頭
開幕後の中京芝コースで行われるため、先行馬も健闘しているが、差しが決まることが多い。


血統としては、スプリント戦としては珍しく、瞬発力
に優れたサンデーサイレンス系産駒が良く走っている。
また、左回りで直線の長いコースということで、グレイソヴリンの血を持つ馬の好走も目立つ。

まとめると、「差し馬の、サンデーサイレンス系産駒・グレイソヴリンの血を持つ馬」を狙いたい。

chukyo_turf_1200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ヨシノイースター
父ルーラーシップ
母アースプレイ
(ゼンノロブロイ)
栗東・中尾  
中7週
牡5 黒鹿
富田 56.0K
19戦4勝 [4-5-2-8]

オープン初戦の前走で4着(0.4差)。
出遅れて、追い込むも届かなかった。
それまでのレースは、先行しても差しても安定した成績を収めていた。
人気から解放される今回、巻き返しに期待したい。



2番タイセイアベニール
父ベーカバド
母ハロードリーム
(ブライアンズタイム)
栗東・西村  
中7週
牡8 鹿
和田竜 56.0K
45戦5勝 [5-10-4-26]

追い込み届かずの競馬が続いており、厳しい。



3番エイシンスポッター
父エイシンヒカリ
母マーゼリン
(Barathea)
栗東・吉村  
中7週
牡4 栗
角田河 57.5K
13戦5勝 [5-1-2-5]

前走のオープンを最高峰付近から追い込み勝ち。
2走前のオーシャンステークスでも3着(0.4差)で、ここでは力上位。
後は開幕週の中京芝で、追い込みが決まるかどうか。



4番サンキューユウガ
父ロードカナロア
母マイネアンティーク
(サクラバクシンオー)
栗東・西村  
中2週
牡7 青鹿
松山* 54.0K
17戦3勝 [3-6-1-7]

3勝クラスをまだ勝てておらず。
軽ハンデは魅力だが。。。



5番テイエムスパーダ
父レッドスパーダ
母トシザコジーン
(アドマイヤコジーン)
栗東・木原  
中18週
牝4 芦
国分恭 55.0K
12戦4勝 [4-1-0-7]

昨年の当レースの覇者。
ただその後はマークが厳しくなり、自分の競馬が出来なくなっている。
今回も同型馬が多く、厳しい。



6番スマートクラージュ
父ディープインパクト
母レジェトウショウ
(キングヘイロー)
栗東・池江  
中7週
牡6 鹿
岩田望 57.5K
15戦5勝 [5-2-3-5]

3走前の京阪杯で3着(0.5差)。
その後に2戦したオープンでは道悪のためか振るわず。
開幕週の今回、見直したい。



7番アビエルト
父キンシャサノキセキ
母サイレントセンティネル
(Silver Hawk)
栗東・杉山佳  
中2週
牡6 鹿
永島 53.0K
36戦3勝 [3-5-5-23]

未だ3勝クラスを勝てておらず、厳しい。



8番マッドクール
父Dark Angel
母Mad About You
(Indian Ridge)
栗東・池添  
中10週
牡4 芦
坂井 58.5K
8戦5勝 [5-0-3-0]

未だ馬券内を外していないことと、2走前のシルクロードステークスで3着(0.1差)しているのは、ここでは力上位。
後は同型馬をどう捌くかだろう。



9番トゥラヴェスーラ
父ドリームジャーニー
母ジャジャマーチャン
(アドマイヤコジーン)
栗東・高橋康  
中6週
牡8 鹿
藤岡康 58.0K
28戦4勝 [4-5-1-18]

2走前の高松宮記念で3着(0.2差)。
昨年と一昨年の高松宮記念でも4着で、この舞台はよく走っている。
後はハンデ差を加味した力関係次第だろう。



10番ジャスパークローネ
父Frosted
母Fancy Kitten
(Kitten's Joy)
栗東・森秀  
中2週
牡4 栗
団野 55.0K
12戦4勝 [4-1-2-5]

前走の函館スプリントステークスは、逃げ争いに負けた上、シンガリ負け。
今回も同型馬がいて、厳しい。



11番ディヴィナシオン
父ヴィクトワールピサ
母フギン
(ストリートセンス)
栗東・森秀  
中2週
牡6 黒鹿
川田 56.0K
42戦4勝 [4-8-3-27]

前走の函館スプリントステークスで6着(0.5差)。
出遅れた中、上り2位の末脚を使っていた。
叩かれ、ハンデ差がついて、直線の長いコースになるのはいずれもプラス。
鞍上も強化されているし、前進に期待。



12番サンライズオネスト
父ダイワメジャー
母サイモンドルチェ
(ジャングルポケット)
栗東・河内  
中4週
牡6 黒鹿
菱田 57.0K
26戦5勝 [5-3-3-15]

今年の3戦はいずれもオープンで、3走前のタイム差なしの2着が最高。
前走からの距離短縮はプラスなので、久々の重賞でどれだけ上位に来れるか。



01_320x100

【最終結論】

◎はトゥラヴェスーラ(単勝11.1倍・5番人気)
少頭数となったので、無理な穴狙いは避けた方が良さそう。
当馬は、G1実績を含めて、この舞台が絶好。
ハンデ差はあるがそれ以上の力を持っており、スムーズに進めることができれば突き抜けるだろう。



▲はスマートクラージュ(単勝9.8倍・4番人気)
最近の天候は気になるが、開幕週のキレイな馬場で見直せる一頭。
ここ2戦も大崩れしていないし、先行力を活かせるならば巻き返しが可能そうだ。



〇はマッドクール
トップハンデを背負う通り、実績上位。
後は人気も背負って目標にされてしまうので、他馬をどう捌くかだろう。



以下、
オープン以上で実績のあるディヴィナシオンサンライズオネストエイシンスポッターヨシノイースターを抑える。



◎トゥラヴェスーラ
▲スマートクラージュ
〇マッドクール
△ディヴィナシオン
△サンライズオネスト
△エイシンスポッター
△ヨシノイースター



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ