ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:レース回顧

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたマイルグランプリの回顧を。





PR
8月も期待の無料予想
7月も中央地方で大活躍!
主な的中をまとめました↓
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
=7月の主な無料予想=
・阿寒湖特別
三連複30.4倍×400円
[払戻額]12,160円[回収率]253%
・ジャパンDD
ワイド3.1倍×4,000円
[払戻額]12,400円[回収率]248%
・七夕賞
三連複57.2倍×700円
[払戻額]22,880円[回収率]409%
・スパーキングLC
ワイド1.3倍×5,000円
[払戻額]6,500円[回収率]130%
━━━━━━━━━━━━━━
中央地方でやりますね(*^^*)
地方はブリーダーズゴールドCも無料公開なので…今週末から
お盆前はココの無料予想を要チェックです!
→無料予想を確認
まずは土曜の無料予想から様子見OK!
メイン・特別競走・平場で勝率高いレースを選びます。




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
マイルグランプリ3

ゴールドホイヤーが、2021年の報知グランプリカップ以来の重賞4勝目!
ムラ馬の印象があったが、ここ最近は安定して走っており、今回しっかり勝ち切った。

後述するが非常に早い勝ち時計となり、前に行った馬同士の決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
マイルグランプリ4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が例年より早め。
逃げたリコーシーウルフをスマイルウィがピッタリとマークして、3コーナーから早くも先頭に立ち、ラップが緩まなかった。

そのうえで、今の大井は馬場が早い。

上がりが過去5年で最速となり、中団より前の馬で決着した。




【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
リコーシーウルフが好スタートを切り、早々とハナを奪う。
逆にタイムフライヤー・コパノジャッキー・リンゾウチャネルは出遅れ。


逃げるリコーシーウルフへスマイルウィが楽に番手。
更に外からゴールドホイヤーが先行していく。
インにはアヴァンティストとコズミックフォース。
少し切れてハルディネロらが続いた。


1~2コーナーでリコーシーウルフが半馬身差の逃げ。
スマイルウィが番手、少し差が出来て外からゴールドホイヤーが3番手。
インにコズミックフォース、更に空いてアヴァンティスト。
その外にグレンツェントが上がり、タイムフライヤーがインから挽回していく。
目視だが、800の通過が48秒ちょいくらいで、ペースが流れている。


3~4コーナー前で早々とスマイルウィがリコーシーウルフを交わして先頭に。
リコーシーウルフは後退し、外からゴールドホイヤーが番手。
4番手にコズミックフォースが進出し、連れてグレンツェントも。
インからはタイムフライヤーも上がってきた。


直線、スマイルウィとゴールドホイヤーが馬体を併せての叩き合いとなる。
その後ろはインからタイムフライヤーが迫るが2頭とは差があり、どうやら一騎打ちムード。
他の馬も外からジリジリとしか伸びない。


叩き合いはしばらく続いていたが、100を切ってしばらくするとゴールドホイヤーが前に出て、そのまま1着でゴール。
2着がスマイルウィ、3着にタイムフライヤー。
前に行った馬とインを回った馬で決まった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
ゴールドホイヤー
父トランセンド
母ベルグポルカ
(ピルサドスキー)
川崎・岩本洋  
中4週
牡5 鹿
山崎誠 57.0K

いつもは中団~後方を進む馬が、今日は外の3番手という絶好位を確保。
3コーナーからスマイルウィと一緒に上がり、直線で競り落とす。
ムラ馬だが力を発揮した時の強さは本物で、今後は常にマークが必要だろう。



2着:△
スマイルウィ
父エスポワールシチー
母アップライジング
(コマンズ)
船橋・張田京  
中17週
牡5 鹿
張田昂 58.0K

休み明けだが、馬体重-14Kの通り仕上がっていたよう。
スタート後、楽に番手を取り、3コーナー前から先頭に立つ強気の競馬。
結果、2着に敗れたが、こちらの方が重斤量を背負っていたし、3着には1馬身半差をつけていて、力は十分示した。



3着:△
タイムフライヤー
父ハーツクライ
母タイムトラベリング
(ブライアンズタイム)
大井・村上頼章  
中8週
牡7 鹿
森泰斗 57.0K

出遅れるも、すぐ挽回してインを追走。
ロスなく立ち廻り、直線も内から伸びてきたが、時計が早くてここまでが精いっぱいだった。



9着:▲アディラート
父ルーラーシップ
母ナリタブルースター
(マンハッタンカフェ)
大井・森下淳平  
中3週
牡8 黒鹿
真島大 57.0K

道中、グレンツェントの後ろにいたが、3コーナー前から追われるも伸びず。。。。
前走で馬体重+12Kだったが、今回-2Kしか変わっておらず、まだ太め残りだったのかもしれない。



12着:◎リコーシーウルフ
父スマートファルコン
母シマノタカラチャン
(ジェイドロバリー)
大井・荒山勝徳  
中3週
牡5 鹿
和田譲 55.0K

絶好のスタートを決めて逃げるも、終始スマイルウィにマークされる厳しい展開。
3コーナー前から早めに来られると、もう余力が無かった。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた習志野きらっとスプリントの回顧を。





PR
エルムS無料予想

先日の七夕賞・無料予想では
6人気エヒト入れて高回収率でした!
━━━━━━━━━━━━━━
■7月10日 無料予想
□福島11R 七夕賞
三連複BOX10点500円
馬番:3,6,8,11,16
着順:16-6-11/57.2倍
【払戻額】28,600円
【回収率】572%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今年のエルムSはどうなる?
ココが選んだ人気薄馬は馬券に
絡むことが多いのでエルムSも
とりあえず買い目を見るだけでも参考になります!
→エルムS無料予想
土曜日も無料予想あります。
メインレース公開なので土曜から様子見もOKです!



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
習志野きらっとスプリント3

ギシギシが3連勝で重賞初制覇!
昨年暮れからの充実ぶりそのままに、今日も力でねじ伏せた。

少頭数の中、上位人気馬が力を出し切り、平穏な決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
習志野きらっとスプリント4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロンの通過が例年並み。
とはいえ、前半からコパノフィーリングとキモンルビーが雁行して、短距離戦らしく前傾ラップとなった。

そして砂圧の増した船橋は、上りがかかる。

同じ稍重でも一昨年より時計がかかって、最後にギシギシの差しが届いた。




【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ギシギシが絶好のスタートを切る。


しかし他馬も早く、あっという間に先団が固まる。
インから、ロトヴィグラス・コパノフィーリング・キモンルビー、そしてギシギシが先頭集団を形成。
その中から、コパノフィーリングとキモンルビーが2頭で引っ張る。

その後ろは、ファントムバレット・カプリフレイバー・コウギョウブライトが続く。
その3頭の中からは、カプリフレイバーが先頭集団に取りついて行った。


3~4コーナーで、キモンルビーが外からコパノフィーリングを交わし、前に出る。
その後ろは差が出来ていたが、カプリフレイバーとギシギシが差を詰める。
ロトヴィグラスも懸命に粘る。


直線、キモンルビーが完全に先頭にたち、後続を突き放そうとする。
コパノフィーリングとロトヴィグラスは後退し、代わってカプリフレイバーとギシギシがキモンルビーへ迫る。
しかしキモンルビーが止まらない。

残り100を切ってもキモンルビーが3~4馬身差をつけて、そのまま1着でゴール。。。。
と思いきや、ゴール直前でギシギシが凄い脚で差し切る。
離れた3着争いは、後方に居たブンロートが大外から追い込んだ。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
ギシギシ
父アルデバランII
母ラーニー
(ハーツクライ)
大井・栗田裕光  
中4週
牡4 鹿
笹川翼 56.0K

絶好のスタートを決めて先頭集団を進む。
3~4コーナーで一旦下がったが、直線はすぐ巻き返す。
残り100を切ってからの伸びが凄く、キモンルビーを差し切ったのは強さの証。
まだ4歳で伸びしろ充分だし、左周りを克服したのは秋に向けて見通し良好だ!



2着:▲
キモンルビー
父コパノリチャード
母キモンレッド
(サウスヴィグラス)
船橋・川島正一  
中5週
牝5 栗
御神本 54.0K

好スタートを決めてコパノフィーリングと並んで先頭に。
直線、完全に逃げ切ったと思ったのだが、、、、



3着:△
ブンロート
父クロフネ
母インシスト
(シンボリクリスエス)
船橋・矢野義幸  
中4週
牡5 鹿
本田正 56.0K

道中、離れた最後方。
しっかり脚を溜めて追い込むも、上位2頭は強かった。



4着:◎カプリフレイバー
父サウスヴィグラス
母サクラスリール
(ファンタスティックライト)
船橋・稲益貴弘  
中4週
牡5 栗
真島大 56.0K

良い感じで追走し、直線もキモンルビーめがけてギシギシと並んで差してきた。
だが残り100前で失速し、最後はブンロートにも交わされる。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたプラチナカップの回顧を。





PR
7月ラストもここの無料予想
買い目は三連複+三連単も
波乱展開を読んでか穴馬絡ませて
三連複だけで上手に回収します!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
=無料:三連複+三連単=
・7/16 函館4R
三連複1,000円×48.5倍
【獲得額】48,500円
・7/10 函館3R
三連複1,000円×373.2倍
【獲得額】373,200円
・7/09 マレーシアC
三連複1,000円×79.8倍
【獲得額】79,800円
━━━━━━━━━━━━━━
平場・メインでやりますね(*^^*)
穴馬が絡みそうな競争を見抜く眼力…
波乱の夏もココが重賞無料公開なら
べた乗りすることをおすすめします!
無料予想←ここから
複勝・馬連の買い目もあり…
これがまたなかなかやります(^_-)



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
プラチナカップ3

ティーズダンクが完勝で、重賞5勝目!
この後のレースを鑑みて、早め先頭から楽々と押し切った。

ペースがかなり流れたため、2・3着には人気薄の後方勢が台頭した。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
プラチナカップ4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロンの通過が過去最速。
5ハロンの通過は例年並みだったが、ノブワイルドが飛ばした時以上に前半が進み、前の馬には相当厳しい流れ。

その中で、勝ったティーズダンクは、好位から早め先頭という横綱相撲。
力の違いを見せつけた。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
フィールドセンスが外に膨れて出遅れる。


ハナ争いは、最内からプレシャスエースが予想通り逃げる。
外からリコーシンザン・ベストマッチョも押して迫るが、プレシャスエースのハナを奪うには至らない。
この3頭が抜けていき、4番手以降は少し離れてワイドファラオ・アンティノウス・アマネラクーンらが続いた。


1~2コーナーで、プレシャスエースが2馬身差の逃げ。
番手にベストマッチョ、3番手はリコーシンザンにアンティノウスが並びかける。
その後ろまでティーズダンクが上がってきた。
少し離れてアマネラクーンが懸命に追走。
以下、ワイドファラオ、フィールドセンスら。
馬群が相当縦長となっている。


3~4コーナーで、ベストマッチョがプレシャスエースを交わすが、その外に早くもティーズダンクが並び、コーナー出口では先頭に立つ。
その後ろは差が出来て、アンティノウスとフィールドセンス、そしてワイドファラオが追走。
大外からはワールドリングも上がっている。


直線、ティーズダンクが堂々と先頭に立ち、ベストマッチョらを突き放す
残り100を切ってベストマッチョの脚色が鈍り、外からワールドリングが追い込む。
が、前のティーズダンクとは差があり、届きそうにない。


ティーズダンクは1馬身半差をつけて、そのまま1着でゴール。
2着がワールドリング、離れた3着争いはゴール前でフィールドセンスがベストマッチョを交わした。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
ティーズダンク
父スマートファルコン
母ビフォーダーク
(キングカメハメハ)
浦和・水野貴史  
中6週
牡5 栗
和田譲 58.0K

スタートを決め、1コーナーでは中団の外へ。
その後は少しずつ位置をあげ、3コーナー前から一気に進出して4コーナー出口では早くも先頭。
その後は後続を突き放すだけで、ここでは力が違った。
この舞台適性の高さも示し、秋のオーバルスプリントが本当に楽しみだ!



2着:△
ワールドリング
父トゥザワールド
母スパイラルリング
(エンドスウィープ)
船橋・張田京  
中5週
牡4 栗
張田昂 58.0K

早いペースについて行けなかったが、結果的には展開がハマる。
上がり最速の末脚を使って追い込み、力は見せた。



3着:
フィールドセンス
父ストリートセンス
母クロスザレイチェル
(スペシャルウィーク)
船橋・山下貴之  
中2週
牡8 鹿
本橋孝 58.0K

この馬もスタートが悪くて後方から。
道中も押っつけ通しだったが、何とか3着を確保。
馬体重-23Kの通り状態が微妙だった中、ここまでやれたのは収穫。
今回使われたことにより、今後進展が有りそうだ。



4着:▲ベストマッチョ
父Macho Uno
母Encore
(Storm Cat)
川崎・佐々木仁  
中11週
セ9 黒鹿
御神本 58.0K

スタート直後から押していき、被されないように番手を追走。
ただペースが速かったのと、3コーナーからティーズダンクが早めに迫って来たので、直線は踏ん張り切れなかった。



6着:◎ワイドファラオ
父ヘニーヒューズ
母ワイドサファイア
(アグネスタキオン)
大井・森下淳平  
中2週
牡6 栗
真島大 58.0K

3コーナー過ぎから上がろうとするが、他馬を捌くのに少々手間取ったり、コーナーリングの差で差が開いてしまう。
そのせいか、直線もジワジワとしか伸びず、不完全燃焼な負け方となった。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたジャパンダートダービーの回顧を。





PR
中京記念・無料予想

春から夏にかけてよく当てます!
G1戦線からの勝ち鞍まとめました。
━━━━━━━━━━━━━━
-無料予想の実績-
・CBC賞 →9,280円/193%
・松島特別 →12,500円/250%
・清里特別 →7,600円/158%
・奥尻特別 →9,180円/170%
・オークス →77,440円/1383%
・Vマイル →24,810円/517%
・京王杯SC→12,320円/257%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
土曜日の無料予想が特に調子良いので
まずは土曜から様子見してみるのがおすすめです!
→中京記念・無料予想
レース前夜買い目公開です。
三連複・ワイドでよく当たります!




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ジャパンダートダービー3

ノットゥルノが前走から巻き返して、重賞初制覇!
ここ2戦は2着どまりだったが、JpnⅠで戴冠となった。

ここ2戦は荒れ模様のレース結果となっていたが、今年は上位人気馬が先行して力を出し切り、平穏な決着となった。


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ジャパンダートダービー4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が過去最速。
馬場が悪くなった上、リコーヴィクターが思い切った逃げを打ち、ペースが速くなった。

ただ、今の大井は馬場が早い。

上がりも落ち込むことがなかったため、先行したの馬で決着した。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
アイスジャイアントが出遅れる。


その後、二の脚を効かせることができるのはどの馬か、、、、
JRA勢が先行しようとする中、外からリコーヴィクターがハナを奪う。
番手はズラッと広がり、内からブリッツファング・ペイシャエス・バウチェイサー・コマンドライン。
更に外からノットゥルノ。
少し空いて、トーセンエルドラドら地方勢が続いた。


1~2コーナーで、リコーヴィクターが1馬身半差の逃げ。
番手にブリッツファング、3番手にコマンドライン。
4番手にバウチェイサー、5番手は内にペイシャエス・外にノットゥルノ。
以下、クライオジェニックら地方勢。
目視だが、1000の通過が60秒ちょいで、かなり早いペース。


3~4コーナーで、リコーヴィクターが失速気味になり、ブリッツファングが先頭に替わる。
その外から非常に楽な手応えでノットゥルノが迫る。
3番手はペイシャエスとクライオジェニックが並んで追走。
更に大外からハピが上がってきた。


直線、ブリッツファングが先頭に立っているが、ノットゥルノが並び、叩き合いとなる。
3番手以降からはペイシャエスとハピがジリジリ迫るが、なかなか前との差が詰まらない。

残り200を切り、ノットゥルノが先頭に代わるが、ブリッツファングも食い下がる。
しかし残り100を切ってノットゥルノが完全に先頭。

ゴール前でペイシャエスが番手に上がり、ノットゥルノへ迫るが、ノットゥルノはそのまま1着でゴール。
2着がペイシャエス、3着争いはブリッツファングがハピを抑えた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
ノットゥルノ
父ハーツクライ
母シェイクズセレナーデ
(Unbridled's Song)
栗東・音無秀孝  
中9週
牡3 鹿
武豊 56.0K

スタート以降、終始外の好位を追走。
被されることなくずっと手応えが楽。
3コーナー前から外より進出し、前走で差をつけられたブリッツファングに直線入り口ですぐ並び、突き放す。
期待通り前走から巻き返した。
鞍上は今年、芝とダートのダービーを制覇。
レジェンドの底力を見せつけた。



2着:△
ペイシャエス
父エスポワールシチー
母リサプシュケ
(ワイルドラッシュ)
美浦・小西一男  
中2週
牡3 栗
菅原明 56.0K

好スタートを切るも、他馬に前へ入られて位置取りが悪くなり、直線は前を行く2頭から離されてしまう。
それでも直線追われてジワジワと差を詰めたが、、、、
前が止まらない馬場ではこれが限界だった。



3着:〇
ブリッツファング
父ホッコータルマエ
母リリーオブザナイル
(バゴ)
栗東・大久保龍  
中9週
牡3 鹿
池添謙 56.0K

正攻法で進めたが、逃げたリコーヴィクターが早々と失速して、早めに先頭に立ち目標とされてしまう。
そのため、前走下したノットゥルノの後塵を拝してしまった。
馬場が早かったのもマイナスになったか。



11着:▲リコーヴィクター
父クリエイターII
母リコーフィオラノ
(シンボリクリスエス)
大井・荒山勝徳  
中4週
牡3 青鹿
真島大 56.0K

思い切った騎乗をしたが、残念ながら力負け、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたスパーキングレディーカップの回顧を。





PR
重賞メイン強い無料予想
函館重賞も注目です
波乱の夏も関係なしか・・・?
重賞メイン無料公開のときは
60%以上の的中率を誇ります(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
【重賞メイン無料予想】
■TUF杯 →74,000円 払戻
■エプソムC→327,420円 払戻
■安田記念 →52,200円 払戻
■鳴尾記念 →93,240円 払戻
■京王杯SC→112,110円 払戻
■青葉賞  →116,580円 払戻
■中山GJ →30,600円 払戻
■NZT  →138,000円 払戻
■マーチS →357,600円 払戻
■金鯱賞  →111,690円 払戻
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
エプソムCは4人気軸に8人気入れて高配当!
軸馬・相手馬選びがとても秀逸なんですね(*^^*)
連敗もあまりないので今度もまた的中あるかもです!
→重賞メインに強い無料予想
重賞は基本的に週に1鞍無料公開。
函館記念・函館2歳S公開ならベタ乗り推奨です!



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
スパーキングレディーカップ3

カプリフレイバーが重賞4連勝!
今回は58Kを背負ったが、見事に勝ち切った。

上位人気馬が先行して力を出し切り、平穏な決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
スパーキングレディーカップ4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が例年並み。
4年連続でサルサディオーネが逃げて、平均的な流れとなった。

そして今年は猛暑の中で行われ、パンパンの良馬場でのレース。

勝ちタイム・上がりがかかり、酷量を背負った2強の間にレディバグが食い込む結果となった。




【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
いつもどおりサルサディオーネが好スタートを切り、ハナへ。
番手だが、(元)JRA勢が前に行く中、大外のショウナンナデシコが番手を取り切る。
その外にキムケンドリーム、4番手がグランパラディーゾとレーヌブランシュ。
少し空いてレディバグで、1コーナー前に隊列が決まった。


1~2コーナーで、サルサディオーネが1馬身差の逃げ。
番手にショウナンナデシコ、3番手がキムケンドリームだったが、向こう正面で早くも後退気味。
代わってレーヌブランシュとグランパラディーゾが前を追う。
更に間が空いて、アールロッソとレディバグ。
他は開いた。


3~4コーナーで、サルサディオーネにショウナンナデシコが並んでくる。
3番手はグランパラディーゾとレーヌブランシュ。
更にレディバグとアールロッソがその後ろまで進出した。


直線、ショウナンナデシコがサルサディオーネを交わして先頭へ。
サルサディオーネも懸命に粘る。
3番手には外からレディバグが上がり、前の2頭に迫って行く。

残り100を切ってショウナンナデシコが先頭をキープする中、レディバグがサルサディオーネを交わして更にショウナンナデシコへ迫る。
しかしショウナンナデシコがクビ差凌いで、そのまま1着でゴール。
2着がレディバグ、3着争いはサルサディオーネがアールロッソの追撃を抑えた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
ショウナンナデシコ
父オルフェーヴル
母ショウナンマオ
(ダイワメジャー)
栗東・須貝尚介  
中8週
牝5 栗
吉田隼 58.0K

スタートを決め、すぐ番手へ。
3コーナーから楽にサルサディオーネへ並び、最後まで先頭を譲らず。
58Kと力の要る馬場に苦労したが、勝ち切ったことが評価できる。



2着:▲
レディバグ
父ホッコータルマエ
母フェバリットガール
(ダンスインザダーク)
栗東・北出成人  
中6週
牝4 青鹿
戸崎圭 55.0K

道中は先頭と距離があったが、向こう正面から徐々に差を詰めて、4コーナーでは前を射程圏に入れる。
力の要る馬場と斤量差を活かし、あと一歩までショウナンナデシコに迫ったが、、、、



3着:△
サルサディオーネ
父ゴールドアリュール
母サルサクイーン
(リンドシェーバー)
大井・堀千亜樹  
中4週
牝8 栗
森泰斗 58.0K

急遽の乗り替わりも問題なく、自分の競馬に徹する。
ただこの馬も斤量と力の要る馬場に苦戦したよう。
最後は2着に2馬身半差をつけられてしまった。
時期的に雨が欲しかったが、、、、年齢を考えるとよく頑張っている。



10着:◎キムケンドリーム
父オルフェーヴル
母スターペスミツコ
(カーネギー)
栗東・西村真幸  
中1週
牝5 鹿
笹川翼 55.0K

向こう正面から早々と脱落。
残念ながら力負け、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ