ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:マイル

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
フェアリーS期待の無料予想
昨年のフェアリーSは5-1-7人気的中!
ライラック+ビジュノワール入れ込み
回収率800%オーバーお見事でした(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目予想の実績
2年連続的中を狙う
・フェアリーS 2022年
三連複82.5倍×500円
【獲得額】41,250円【回収率】825%
先月は中央海外で躍動
・有馬記念
三連複25.2倍×500円
【獲得額】12,600円【回収率】252%
・香港ヴァーズ
三連複19.3倍×500円
【獲得額】9,650円【回収率】193%
━━━━━━━━━━━━━━
細かく的中するので適度に当てながら競馬を楽しめますよ(^_-)
三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!
→フェアリーSも期待の無料予想
有馬記念は21年22年と2年連勝的中なのでフェアリーSも続くか注目です\(^o^)/



今週はフェアリーステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎イコノスタシス
▲ディナトセレーネ



【レース展望】
年始の3日間開催の最後に行われるフェアリーステークス。
冬の中山で行われる3歳牝馬限定のレースであり、近年ここから活躍馬が多数出て来ているので、注目すべき競争となっている。
昨年はライラックとスターズオンアースのワンツー、一昨年の勝ち馬はファインルージュ。
ノーザンファーム勢の使い分けがレースのレベルを上げているようだ。


時計のかかりやすい冬の中山芝で行われるレースという事で、差し馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナー4番手以内の馬が3頭
4コーナー10番手以下からの追い込みも6頭来ており、想像以上にタフなレースになっている。


血統としては、近年クラシックに繋がるレースとなっているため、ディープインパクト系・ハーツクライ産駒
といった、クラシック王道血統を持つ馬が走っている。



まとめると、「差し馬で、クラシック王道血統を持つ馬」を狙いたい。
nakayama_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番スピードオブライト
父ロードカナロア
母サイレントソニック
(ディープインパクト)
美浦・相沢  
中8週
牝3 鹿
石川 54.0K
2戦1勝 [1-0-1-0]

前走の京王杯2歳ステークスで3着(0.2差)。
ただ当レースは前残りの競馬。
番手から粘り込んだ当馬の力は微妙だ。



2番リックスター
父エピファネイア
母プロレタリアト
(ハーツクライ)
美浦・鹿戸  
中11週
牝3 黒鹿
三浦 54.0K
1戦1勝 [1-0-0-0]

新馬戦を勝ったばかり。
負かした相手が微妙だし舞台替わりもプラスと思えず。
厳しそうだ。



3番マイレーヌ
父ロゴタイプ
母ユキノクイーン
(タイキシャトル)
美浦・斎藤誠  
中5週
牝3 青鹿
横山琉 54.0K
6戦1勝 [1-1-3-1]

既に6戦。
それでいて、前走の1勝クラスで3着(0.3差)どまり。
厳しい。



4番アンタノバラード
父ダノンバラード
母ヴァップ
(ストーミングホーム)
美浦・伊藤大  
中8週
牝3 鹿
田辺 54.0K
4戦1勝 [1-0-2-1]

前走の京王杯2歳ステークスで大敗。
2走前に未勝利戦を勝った舞台に替わるのはプラスだが、厳しいだろう。



5番ヒップホップソウル
父キタサンブラック
母ダンスファンタジア
(ファルブラヴ)
美浦・木村  
中5週
牝3 鹿
松山 54.0K
2戦1勝 [1-1-0-0]

祖母がダンスインザムードという良血馬。
前走の1勝クラスで2着(0.1差)の実績ならば、ここでは上位争いできるだろう。



6番ミシシッピテソーロ
父ダノンバラード
母ハピネスフォーユー
(A.P. Indy)
美浦・畠山  
中3週
牝3 鹿
鮫島駿 54.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

前走の阪神ジュベナイルフィリーズで5着(0.7差)。
出遅れや輸送による馬体減などがありながら掲示板を確保したのは評価できる。
激走後の状態は心配だが、ここでは力上位だ。



7番ディナトセレーネ
父レッドファルクス
母ダイワミランダ
(ハービンジャー)
美浦・尾関  
中9週
牝3 芦
横山武 54.0K
3戦1勝 [1-0-0-2]

祖母にダイワスカーレットを持つ良血馬で、前走のアルテミスステークスは6着(0.4差)。
このメンバーならば実績上位だし、2走前に未勝利戦を勝利した舞台に替わって巻き返したい。



8番イコノスタシス
父モーリス
母パストフォリア
(シンボリクリスエス)
美浦・古賀  
中5週
牝3 黒鹿
北村宏 54.0K
4戦1勝 [1-1-0-2]

前走で未勝利戦を勝利。
新馬戦は、出遅れながらリバティアイランドの4着(0.7差)に来ており、スタートが決まればこのメンバーでは上位に来そうだ。



9番エナジーチャイム
父エピファネイア
母カリンバ
(ルーラーシップ)
美浦・手塚  
中8週
牝3 栗
ルメール 54.0K
2戦1勝 [1-0-0-1]

前走の京王杯2歳ステークスで8着(0.5差)。
上がり最速の末脚を使うも届かなかった。
今回は初の右回り+中山。
小柄な当馬にとってはプラスと言えないだろう。



10番メイクアスナッチ
父ルーラーシップ
母スナッチマインド
(ディープインパクト)
美浦・武市  
中10週
牝3 黒鹿
戸崎圭 54.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

前走の1勝クラスを逃げ切って連勝。
ただどちらもスローの少頭数競馬。
今回多頭数となりトリッキーな中山コースになってどこまでやれるか。



11番ディヴァージオン
父サトノダイヤモンド
母スコアズビー
(ロックオブジブラルタル)
栗東・藤岡  
中4週
牝3 鹿
Mデムーロ 54.0K
1戦1勝 [1-0-0-0]

新馬戦を勝利したばかり。
ただ牡馬相手に中山芝2000を勝ったのは評価できる。
馬体が維持できればここでも面白い存在だ。



12番ブラウンウェーブ
父モーリス
母ニューウェーブ
(ハーツクライ)
美浦・宗像  
中7週
牝3 鹿
菅原明 54.0K
2戦1勝 [1-0-0-1]

前走のオープンで大敗。
厳しい。



13番チハヤ
父ミッキーロケット
母グランドゲルニカ
(ネオユニヴァース)
地方・加藤誠  
中8週
牝3 黒鹿
丹内 54.0K
5戦2勝 [2-0-1-2]

地元で勝てておらず、厳しい。



14番キタウイング
父ダノンバラード
母キタノリツメイ
(アイルハヴアナザー)
美浦・小島  
中3週
牝3 黒鹿
杉原 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

メンバー唯一の重賞ウィナー。
ただ前走のG1では大敗しており、実力に疑問が。



15番ミタマ
父ハーツクライ
母モナリザ
(Giant's Causeway)
栗東・上村  
中6週
牝3 鹿
岩田望 54.0K
4戦1勝 [1-1-0-2]

前走の未勝利戦を勝利したばかり。
厳しい。



16番ブルーイングリーン
父アメリカンペイトリオット
母ヒメベニサクラ
(ディープブリランテ)
美浦・小手川  
中8週
牝3 青鹿
山田 54.0K
1戦1勝 [1-0-0-0]

こちらも新馬戦を勝ったばかり。
しかも単勝160倍超の人気薄でのもの。
相手も弱く、厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はイコノスタシス(単勝11.9倍・7番人気)
新馬戦でリバティアイランド相手に善戦した力は、ここでは上位。
馬格の大きさも武器で、力の要る中山芝でその強みが発揮されそう。
何よりクラシック路線で中心視すべきノーザンファーム出身という事もポイントだ。



▲はディナトセレーネ(単勝5.7倍・3番人気)
前走のアルテミスステークスで先行して粘った実績が、ここで活きそう。
こちらもクラシック路線でよく上位に来る社台ファーム出身だ。



〇はヒップホップソウル
馬格がある社台ファーム出身馬。
前走も0.1差の2着ならば、実質勝利したようなもの。
であれば、このメンバーでは上位だ。



以下、
近走重賞で好走したミシシッピテソーロキタウイング、既に2勝しているメイクアスナッチ、馬格のあるマイレーヌを抑える。



◎イコノスタシス
▲ディナトセレーネ
〇ヒップホップソウル
△ミシシッピテソーロ
△キタウイング
△メイクアスナッチ
△マイレーヌ


その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
金杯も期待の無料予想
海外でも通用する無料予想です。
有馬記念を2年連続的中しました!
年明けの金杯無料予想も期待です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目予想の実績
有馬記念2年連続的中
・有馬記念2022年
三連複25.2倍×500円
【獲得額】12,600円【回収率】252%
・有馬記念2021年
三連複14.4倍×500円
【獲得額】7,200円【回収率】144%
先日は香港でも的中
・香港ヴァーズ
三連複19.3倍×500円
【獲得額】9,650円【回収率】193%
━━━━━━━━━━━━━━
細かく的中するので適度に当てながら競馬を楽しめますよ(^_-)
三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目です。穴馬絡んで高配当もあります!
→金杯も期待の無料予想
有馬記念では6人気ボルドグフーシュ入れてナイス回収率…
この再現を期待ですね!



今週は両金杯予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎エントシャイデン
▲ダイワキャグニー



【レース展望】
今年も中京芝で行われる、京都金杯。
中京芝は、↓のとおり中盤で下り坂がずっと続くため、ペースが緩みづらい。
そして直線が長くて坂もあるため、想像以上にタフな舞台だ。
特に冬場は野芝と洋芝のオーバーシードで行われるため、夏とは異なり時計がかかりやすい。


過去2年の結果を見ると、立ち回り力に優れた先行馬が有利となっている。
馬券内に来た6頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が4頭
他の2頭のうち1頭が5番手で、昨年のザダル以外はみんな前にいた。


血統としては、スピードとタフさを兼ね備えた、キングマンボ=キングカメハメハの血を持つ馬やロードカナロア産駒がよく走っている

まとめると、「先行しそうな、キングマンボ=キングカメハメハの血を持つ馬やロードカナロア産駒」を狙いたい。

chukyo_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ベレヌス
父タートルボウル
母カフヴァール
(デュランダル)
栗東・杉山晴  
中7週
牡6 鹿
西村淳 58.0K
23戦5勝 [5-2-3-13]

3走前に小倉記念を逃げ切ったが、近2走は自分の競馬ができず。
今回も同型馬との兼ね合い次第だろう。



2番プレサージュリフト
父ハービンジャー
母シュプリームギフト
(ディープインパクト)
美浦・木村  
中11週
牝4 黒鹿
イーガン 54.0K
5戦2勝 [2-0-0-3]

昨年は4戦のみだったが、一定の末脚を使う事は出来ていた。
この馬もスタートに課題があるので、まずはゲートをしっかり出ることからか。



3番ピースワンパラディ
父ジャングルポケット
母クリアソウル
(アグネスデジタル)
美浦・大竹  
中10週
牡7 鹿
松山 57.5K
15戦5勝 [5-4-2-4]

一昨年の当レースで2着(0.1差)。
その後は2戦しか出来ていないが、長期休養明けを2度使ってソコソコの競馬をしている。
このメンバーならば、再度通用してもおかしくない。



4番アルサトワ
父ルーラーシップ
母ポップアイコン
(ダイワメジャー)
栗東・斉藤崇  
中10週
牡6 鹿
幸 57.5K
18戦6勝 [6-0-0-12]

オープンで2勝しているが、重賞では結果が出ていない。
今回も単騎逃げが叶うかどうかがポイントになりそうだ。



5番エアロロノア
父キングカメハメハ
母エアワンピース
(ロックオブジブラルタル)
栗東・笹田  
中6週
牡6 鹿
福永 58.0K
20戦6勝 [6-1-4-9]

G1含めた重賞で好走中。
昨年の当レースでは6着(0.4差)だったが、今回は上位争いできそうだ。



6番タイムトゥヘヴン
父ロードカナロア
母キストゥヘヴン
(アドマイヤベガ)
美浦・戸田  
中5週
牡5 鹿
北村友 58.0K
18戦2勝 [2-2-2-12]

末脚は堅実だが、スタートが安定しない。
重賞で勝ち切るのは展開の助けが欲しい所だ。



7番イルーシヴパンサー
父ハーツクライ
母イルーシヴキャット
(キングカメハメハ)
美浦・久保田  
中20週
牡5 黒鹿
岩田望 58.0K
11戦5勝 [5-2-0-4]

2走前の安田記念で8着(0.2差)に来ており、このメンバーでは実力上位。
トップハンデでも中心視すべきだろう。



8番ヴィクティファルス
父ハーツクライ
母ヴィルジニア
(Galileo)
栗東・池添学  
中2週
牡5 鹿
団野 57.0K
11戦2勝 [2-1-0-8]

3歳春以降、馬券内が無く厳しい。



9番ダイワキャグニー
父キングカメハメハ
母トリプレックス
(サンデーサイレンス)
美浦・菊沢  
中10週
セ9 黒鹿
岩田康 58.0K
36戦8勝 [8-2-3-23]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
その後は冴えないが、いつ走るかわからないムラ馬。
スンナリ先行できればまだやれる力を持っている。



10番マテンロウオリオン
父ダイワメジャー
母パルテノン
(キングカメハメハ)
栗東・昆  
中6週
牡4 黒鹿
横山典 57.0K
8戦2勝 [2-3-0-3]

4走前のNHKマイルCでタイム差無しの2着となり、その後もマイル以下では末脚をキッチリ使うことが出来ていた。
今回も末脚が届く展開になれば浮上するだろう。



11番エントシャイデン
父ディープインパクト
母ルシュクル
(サクラバクシンオー)
栗東・矢作  
中1週
牡8 芦
坂井 57.5K
47戦6勝 [6-2-8-31]

一昨年の当レースで3着(0.3差)。
展開やトラックバイアスの助けが無いと厳しそうだ。



12番シュリ
父ハーツクライ
母エーゲリア
(Giant's Causeway)
栗東・池江  
中16週
牡7 黒鹿
鮫島駿 58.0K
15戦6勝 [6-2-0-7]

京成杯オータムハンデの除外明け。
昨年の当レースは出遅れて10着(0.7差)だったので、まずはスタートを決めて流れに乗りたい。



13番オニャンコポン
父エイシンフラッシュ
母シャリオドール
(ヴィクトワールピサ)
美浦・小島  
中7週
牡4 鹿
菅原明 56.0K
8戦3勝 [3-0-0-5]

昨年はクラシック路線に参戦するも力負けした印象。
このメンバーならば上位争いしてほしいが、斤量が前走より2Kも増えているのが気がかり。



14番カイザーミノル
父ロードカナロア
母ストライクルート
(Smart Strike)
栗東・北出  
中1週
牡7 鹿
荻野極* 57.0K
26戦5勝 [5-2-4-15]

昨年の当レースで3着(0.1差)。
切れる末脚が無いので、昨年のように好位を取って粘り込みたい。



15番シャーレイポピー
父ミッキーアイル
母オリエンタルポピー
(キングカメハメハ)
栗東・石坂公一  
中2週
牝5 鹿
富田暁 53.0K
15戦4勝 [4-2-0-9]

オープン入り後、5戦して馬券内無し。
久々の左回りがプラスになれば良いのだが。。。



16番ミッキーブリランテ
父ディープブリランテ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・矢作  
中1週
牡7 鹿
藤岡佑 57.5K
37戦5勝 [5-5-4-23]

好走歴は、直線の短いコースに集中している。
中京芝は合っておらず、厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はエントシャイデン(単勝48.9倍・13番人気)
前走の阪神カップを叩き台にしたと考えれば、今回は好走の番。
しかも前走で芝1400の早い流れを経験しており、先行勢が揃った今回、出脚で上回ることが出来そうだ。
当馬の外にいる先行馬は、(ほぼ)同馬主のシュリのみなので競り合ったり被されることも無さそう。
一昨年に続いて当馬の激走がある!



▲はダイワキャグニー(単勝34.9倍・11番人気)
前走の富士ステークスでの凡走は、先行勢が総崩れになったもので度外視。
同馬の外にエントシャイデンとシュリがいるので昨年よりも被される確率があるのだが、昨年同様に揉まれない3番手を取ることが出来れば再度の残り目が有りそうだ!



〇はイルーシヴパンサー
実績最上位。
鞍上が変に外を回さなければ、上位争いできるだろう。



以下、
近走重賞で好走しているエアロロノアピースワンパラディ、行き切れば残り目があるベレヌスアルサトワを抑える。



◎エントシャイデン
▲ダイワキャグニー
〇イルーシヴパンサー
△エアロロノア
△ピースワンパラディ
△ベレヌス
△アルサトワ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
海外でも通用する無料予想
朝日杯FS無料予想
先週は香港ヴァーズを的中~
ウインマリリン・グローリーヴェイズ
日本馬応援から勝利を掴みました!
━━━━━━━━━━━━━━
無料公開/買い目予想
・香港ヴァーズ
三連複19.3倍×500円
【獲得額】9.650円【回収率】193%
・朝日杯FS 2021年
三連複23.5倍×500円
【獲得額】11,750円【回収率】235%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は朝日杯FSを的中しているので
今年も無料予想にて2年連続的中を期待です!
→朝日杯FS無料予想
三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目です。
穴馬絡んで高配当もあります!




今週は朝日杯フューチュリティステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ドンデンガエシ
▲バグラダス



【レース展望】
2歳マイル王者決定戦の、朝日杯フューチュリティステークス。
先週の阪神ジュベナイルフィリーズと同舞台だが、同レースと異なってメンバーレベルが高くならないことがあり、荒れる要素がある。
中距離志向の馬はホープフルステークスへ向かったりするため、クラシックを狙う一線級の馬が出てくることが少ない。
とはいえ、昨年はジオグリフ・ドゥデュースが出走して上位に来ており、当レースの上位馬には今後も注意が必要だ。


開催後半の阪神芝で行われるためか、差し馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
先行して粘ったのは、ダノンプレミアム・アドマイヤマーズ・クリノガウディー・グランアレグリア・サリオス・グレナディアガーズということで、いずれも後に重賞勝利やG1連対した馬。
前に行って好走した馬は、後々にも注目したい。


血統としては、先週の阪神ジュベナイルフィリーズ同様、王道クラシック血統(ディープインパクト、キングマンボ、ハーツクライ、ステイゴールド等)がよく走っている。
それ以外では完成度が早いダイワメジャー産駒も好走傾向だ。


まとめると、「差し馬で、王道クラシック血統を持つ馬orダイワメジャー産駒」を狙いたい。

hanshin_turf_1600



【出走全馬ワンポイント評価】
1番キョウエイブリッサ
父グレーターロンドン
母キョウエイポズナン
(ルーラーシップ)
美浦・武市  
中3週
牡2 鹿
川須* 55.0K
2戦1勝 [1-0-1-0]

前走の1勝クラスで3着(0.4差)。
初の芝だったが勝てなかった。
相手が更に強くなり、長距離輸送や距離延長が加わる今回、厳しい。



2番ドルチェモア
父ルーラーシップ
母アユサン
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中9週
牡2 鹿
坂井 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

桜花賞馬を母に持つ良血馬が、前走のサウジアラビアロイヤルカップを快勝。
番手から上がり最速の末脚を繰り出した前走は強く、今回も有力だろう。



3番オールパルフェ
父リアルスティール
母クイーングラス
(ルーラーシップ)
美浦・和田雄  
中4週
牡2 鹿
大野 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のデイリー杯2歳ステークスを逃げて勝利。
2走前から馬体をさらに増やして、強敵を抑え切った。
今回も自分の競馬ができれば、3連勝があるだろう。



4番ドンデンガエシ
父ドレフォン
母トゥザハピネス
(シンボリクリスエス)
美浦・尾関  
中13週
牡2 鹿
横山典 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

連勝中。
今回は初の長距離輸送の対応がカギだろう。
前走で下した相手が弱いのは気になる。



5番バグラダス
父マジェスティックウォリアー
母メジェルダ
(ディープインパクト)
美浦・嘉藤  
中3週
牡2 鹿
吉田隼 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走の1勝クラスを勝利。
2走前の新潟2歳ステークスでも4着(0.3差)に健闘していた。
長距離輸送をクリアできればここでも面白い存在だ。



6番ミシェラドラータ
父キンシャサノキセキ
母クリールソレイユ
(フレンチデピュティ)
栗東・清水久  
中5週
牡2 鹿
酒井* 55.0K
7戦1勝 [1-1-0-5]

未勝利戦を勝っているが、以降がパッとせず厳しい。



7番オオバンブルマイ
父ディスクリートキャット
母ピンクガーベラ
(ディープインパクト)
栗東・吉村  
中5週
牡2 鹿
ルメール 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

前走の京王杯2歳ステークスを人気薄で勝ち切る。
2走ともフロック視されているが勝っているのは評価できる。
ただ乗り替わって一気に人気が出ており、過剰気味の感がある。



8番グラニット
父ダノンバラード
母インティワタナ
(フサイチコンコルド)
美浦・大和田  
中9週
牡2 鹿
嶋田 55.0K
4戦1勝 [1-1-1-1]

前走のサウジアラビアロイヤルカップで、逃げて2着(0.2差)。
2走前の新潟2歳ステークスでは逃げられなかったが、自分の競馬をして巻き返した。
今回はオールパルフェら同型馬をどう捌くかがポイントだ。



9番ニシノベストワン
父エピファネイア
母ニシノワン
(ウォーエンブレム)
栗東・新谷  
中9週
牡2 黒鹿
藤岡佑* 55.0K
3戦1勝 [1-0-1-1]

前走で未勝利戦を脱した。
距離延長に対応できたのはプラスだった。
相手が一気に強くなる今回、どれだけ上積みがあるかだろう。



10番ウメムスビ
父ファインニードル
母ヴィオレッタ
(シンボリクリスエス)
栗東・新谷  
中11週
牡2 黒鹿
角田河 55.0K
5戦2勝 [2-1-0-2]

前走のオープンを快勝。
ただ勝鞍はいずれも芝1200。
距離延長がプラスかどうか微妙で、厳しい。



11番ティニア
父Frankel
母フォローアドリーム
(Giant's Causeway)
栗東・池江  
中3週
牡2 黒鹿
福永 55.0K
2戦1勝 [1-1-0-0]

前走の1勝クラスで2着(0.1差)。
2戦続けて上がり最速の末脚を使ったが届かなかった。
今回は距離延長と多頭数競馬への対応がカギになるだろう。



12番ダノンタッチダウン
父ロードカナロア
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・安田隆  
中4週
牡2 鹿
川田 55.0K
2戦1勝 [1-1-0-0]

ダノンザキッドらの弟で、前走のデイリー杯2歳ステークスで2着(0.1差)。
出遅れながらも上がり最速の末脚を使って追い込んできた。
確かに末脚は素晴らしいが、今回は多頭数で馬群を捌くのがより難しくなる。
再度の差し損ねとなる可能性が十分ある。



13番スズカダブル
父バゴ
母ダブルファンタジー
(ジャイアントレッカー)
栗東・西村  
中6週
牡2 栗
鮫島駿* 55.0K
4戦1勝 [1-1-1-1]

未勝利戦を勝利後、2戦してパッとせず。
今回は同型馬もいて、厳しい。



14番レイベリング
父Frankel
母Noyelles
(Docksider)
美浦・鹿戸  
中2週
牡2 鹿
横山武 55.0K
1戦1勝 [1-0-0-0]

新馬戦を出遅れながら圧勝。
ダントツの上がり最速の末脚を使っていた。
今回、長距離輸送等をクリアして再度前走と同様のパフォーマンスを見せることが出来るか。



15番フロムダスク
父Bolt d'Oro
母Foolish Cause
(Giant's Causeway)
栗東・森  
中5週
牡2 黒鹿
武豊 55.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

前走の京王杯2歳ステークスで逃げて2着(0.2差)。
今回、同型馬の存在や距離延長等、対応することが多くて厳しそうだ。



16番コーパスクリスティ
父エピファネイア
母レッドソンブレロ
(キングカメハメハ)
栗東・中内田  
中3週
牡2 栗
イーガン* 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

レッドソルダードらの弟で、前走の1勝クラスを出遅れながら快勝。
今回は距離延長への対応がカギになりそうだ。



17番エンファサイズ
父リアルスティール
母ファビュラスセンス
(グラスワンダー)
栗東・四位  
中4週
牡2 鹿
藤岡康 55.0K
1戦1勝 [1-0-0-0]

新馬戦を出遅れながら快勝。
今回は2戦目の上積みがどれくらいあるかだろう。



01_320x100

【最終結論】

◎はドンデンガエシ(単勝39.6倍・11番人気)
今週もインが有利な阪神芝。
その中で、好位インを取れそうなこの馬を選択。
ノーザンファーム出身で休み明けも問題ないし、逃げても控えても競馬が出来る自在性も心強い。
祖母がトゥザヴィクトリーという良血馬が、ここで穴を開ける!



▲はバグラダス(単勝32.5倍・10番人気)
前走の勝ち時計は、京王杯2歳ステークスより早いものだった。
そしてこの馬も内枠を引き、馬場の良い所を通れる可能性大。
再度の差し切りに期待!



〇はドルチェモア
早いペースを番手から追走し、上がり最速の末脚を使って差し切った前走は強いの一言。
枠順も良いので、再度の好走が期待できる。



以下、近走
好走しているオールパルフェレイベリングコーパスクリスティダノンタッチダウンを抑える。



◎ドンデンガエシ
▲バグラダス
〇ドルチェモア
△オールパルフェ
△レイベリング
△コーパスクリスティ
△ダノンタッチダウン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



ターコイズS2022攻略法
独自データと855%回収の・・・
アソコを見てから買い目構築へ!
────────────────
まずターコイズSデータをご紹介
重賞昇格後の3連単平均配当は561760円の荒れる重賞。データでは関西馬が優勢ですが、中でも3~4歳馬は過去7年で13頭も好走。6番人気以下の穴馬だけでも7頭も来ていますから、穴は関西馬の3歳4歳に注目です。
────────────────
シャーレイポピー、フィアスプライド
まさかレイハリア。。。
去年13人気ギルデッドミラー
一昨年9人気フェアリーポルカきてるし・・
買い目が増えちゃう~~~!
そんな中ターコイズS参考レース
府中牝馬ステークス無料公開 なんと回収率855%!
12人気イズジョーノキセキいれてた無料公開予想。

まぐれではなかったんです!
エリザベス女王杯収支+446060円
12人気ライラックいれてたのココだけです!
そのままマイルCSも収支+97650円



荒れ重賞対策完璧なんです!!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
ターコイズS推奨買い目
↑からメール登録し前夜見てみてください。
3歳4歳の関西馬ここが選んだら・・・・走る!はずです!!




今週は朝日杯フューチュリティステークスに加えて、年初のとおりターコイズステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎スカイグルーヴ
▲シャーレイポピー



【レース展望】
冬の馬場がタフな中山で行われる、牝馬限定のハンデ重賞、ターコイズステークス。
上記の要素から、堅く決まる可能性が無いレースで、今年も一筋縄では行かないだろう
中山芝で行われるため、最後に急坂を登ることもありスタミナが必要なレースだ。
加えてハンデ戦ということで、荒れる要素満載となっている。
出走表は、こちら


他の牝馬限定重賞同様、当レースもペースが流れることが多く、差し馬の台頭が多い
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで5番手以下だった馬が10頭
2019年は完全な前残りとなったが、狙い目は差し馬だ。


血統的には、スタミナが問われるレースということで、こちらも
他の牝馬限定重賞同様、欧州血統を持つ馬トニービン=グレイソヴイリンの血を持つ馬が好走している。
また、ロベルトの血を持つ馬もよく走っている。
軽い王道血統ではなく、重めの血を持つ馬を狙いたい。


まとめると、「差し馬で、欧州血統・トニービン=グレイソヴイリン・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_1600


01_320x100

【最終結論】

◎はスカイグルーヴ(単勝22.2倍・10番人気)
前走のスワンステークスでの最下位は度外視。
3走前にメイケイエールへ迫った走りから、関東に戻っての巻き返しが期待できる。
ロスなく立ち回れる内枠も好材料だ!


▲はシャーレイポピー(単勝17.5倍・9番人気)
前残りとなった前走でもしっかり脚を使っていた。
今回は前が早くなりそうなメンバー構成で、こちらも一変が有りそうだ!


〇はアナザーリリック
2走前の走りから、ここでは力上位。
後は少しでも差しが決まる展開になって欲しい。



以下、
アブレイズライティアサブライムアンセムフェルミスフィアを抑える。



◎スカイグルーヴ
▲シャーレイポピー
〇アナザーリリック
△アブレイズ
△ライティア
△サブライムアンセム
△フェルミスフィア



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



今日は香港マイルを予想する。
12/11の7R、発走時刻17:00です 。

国内の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。




◎新サイト5バック並安定感◎
堅い守り→うまく回収!!!

新サイト問題なし!安定感×長期検証!
────────────────────
無料公開予想集計
08月09戦5勝 +12080円
09月11戦7勝 +21160円
10月11戦5勝 +28100円
11月09戦6勝 +107430円
────────────────────
重賞無料公開/回収率
マイルCS 0%
エリ女   0%
AR共和国杯973%
天皇賞秋  489%
秋華賞   99%
京都大賞典 333%
毎日王冠  192%
セントウルステークス 375%
紫苑S   281%
新潟記念  0%
キーンランドカップ 472%
小倉記念  0%
重賞無料公開12戦8勝
◎8月~11月無料予想計
収支+168770円/回収率182%
◎重賞のみ集計
収支+101840円/回収率260%
────────────────────
寒い時期は出費を抑えながら勝つ!
そんなカウンターでプラス収支!
→阪神JF2022週予想
ここは必ず抑えておいてください。
週末前夜買い目出てくるので まずは見る!からはじめてみてください(無料公開予想)




bannere_468x60
【レース展望】
昨年のレース展望を途中までそのまま記載しています)

香港マイルは、香港国際競争の3番手。
この時間になると、JRAのレースが終わって落ち着いて馬券が買える?!

レースも地元の香港勢が強く、過去5年で馬券内に来た15頭のうち11頭を占める。
いずれもジョッキークラブマイルを経由している。


他、
日本調教馬が4頭を占めている。
なお、通算すると2001年のエイシンプレストン、2005年のハットトリック、2015年のモーリス、2019年のアドマイヤマーズとこれまで4頭が優勝している。


香港マイルは香港スプリントと対照的に、外枠が好成績を収めている。
7~14ゲートが8頭で、1~6ゲートの7頭を圧倒している。
包まれやすいインは不利なのかもしれない。


沙田1600



01_320x100
【ブックメーカー(ウィリアムヒル)と日本のオッズ比較】
海外競馬は、日本でのオッズと海外でのオッズとの歪みが大きい時が多い。
ブックメーカーのオッズと日本のオッズ比較を載せる。
(いずれも本日9時15分時点)

ブックメーカーのオッズは、購入した時点で確定する。
日本のオッズのようにレース直前まで変動することが無い為、ブックメーカーのほうがシビアにオッズを算出していると言えるし、信ぴょう性も高いと言える。

もしブックメーカーで高く評価され、日本で低く評価されている馬がいたら、面白い存在だと言えるだろう。


【ブックメーカー】
1 ゴールデンシックスティ:4/7
2 カリフォルニアスパングル:2.8
3 
シュネルマイスター:6.0
4 ダノンスコーピオン14.0
5 ビューティージョイ:18.0


【日本】
1 ゴールデンシックスティ:2.0
2 
シュネルマイスター:3.5
3 カリフォルニアスパングル:4.7
4 ダノンスコーピオン:5.1
5 ビューティージョイ:47.4


【※参考:前日の現地オッズ】
1 ゴールデンシックスティ:1.3
2 カリフォルニアスパングル:4.6
3 モアザンディス
:8.0
4 シュネルマイスター:28.0
5 ダノンスコーピオン:31.0


【最終結論】

オッズとの歪みが大きい馬を中心に、以下のような印とした。



カリフォルニアスパングル
ビューティージョイ
ゴールデンシックスティ
シュネルマイスター
ダノンスコーピオン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ