ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:ハンデ戦

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



2年連続ありますぞ!
高松宮記念・無料情報
先週はフラワーCを2年連続的中~
8番人気入れて今年も高回収率です!
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:三連複
◎フラワーC2024年
三連複66.5倍×500円
【払戻額】33,250円【回収率】665%
◎フラワーC2023年
三連複121.0倍×500円
【払戻額】60,500円【回収率】1210%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は高松宮記念を的中!
◎高松宮記念2023年
三連複811.8倍×500円
【払戻額】405,900円【回収率】8118%
━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
昨年の高松宮記念は12-13人気を当てました。
高松宮記念も無料情報にベタ乗りしてみましょう!
→高松宮記念・無料情報
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)




今週は、マーチステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ミトノオー
▲ペイシャエス



【レース展望】
中山ダ1800で行われる唯一の重賞である、マーチステークス。
ダート中距離の上位馬は同時期にドバイや交流重賞へ参戦するため、メンバーレベルは毎年低め。
加えてハンデ戦で、荒れる要素満載のレースだ。


馬場やペースによって有利な脚質は変わっているため、先行差し互角。
代わりに重ハンデの馬が上位に来ることが多い。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、57K以上だった馬が9頭
特にここ2年は57K以上の馬がほぼすべて馬券内を占めており、迷ったら重ハンデの馬を選ぶべき。
重ハンデを背負う馬は、当然実力があるので背負っているのだから。。。


血統としては、坂を2度越えるタフなコースで伸び続ける事が出来るロベルトの血を持つ馬
ヴァイスリージェント系の血を持つ馬が好走している。


まとめると、「重ハンデを背負う馬で、ロベルトorヴァイスリージェント系の血を持つ馬」を狙いたい。
nakayama_dart_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ヴァルツァーシャル
父マクフィ
母バイカターキン
(エンパイアメーカー)
美浦・高木  
中10週
牡5 鹿
大野* 57.0K
18戦5勝 [5-2-2-9]

2戦続けて、今回と同舞台のオープンで好走。
昨年の当レースはシンガリ負けだったが、馬場が良ければ巻き返し出来そうだ。



2番キタノリューオー
父ジョーカプチーノ
母モリトオウカ
(ブライアンズタイム)
美浦・萱野  
中10週
牡6 鹿
原 57.0K
25戦5勝 [5-3-3-14]

こちらも2戦続けて、今回と同舞台のオープンで好走。
そして追い込み一手の馬でもある。
展開次第だろう。



3番キタノヴィジョン
父メイショウボーラー
母グリーンオリーヴ
(サンデーサイレンス)
美浦・萱野  
中2週
牡7 鹿
石川 57.0K
26戦5勝 [5-3-4-14]

昨年の当レースで3着(0.1差)。
追い込み一手で展開次第だが、前走のオープンでも3着(0.4差)に来ており、3連系の馬券では抑えが必要そうだ。



4番ウェルカムニュース
父サトノアラジン
母レジェンドトレイル
(フレンチデピュティ)
栗東・池江  
中3週
牡5 鹿
戸崎圭 57.0K
15戦5勝 [5-2-2-6]

前走のオープンでタイム差なしの2着。
2走前に今回と同舞台のオープンでも7着(0.5差)に走っており、先行すれば見せ場以上が期待できそうだ。



5番ニューモニュメント
父ヘニーヒューズ
母アンナータ
(アドマイヤムーン)
栗東・小崎  
中13週
牡8 鹿
小崎* 58.0K
37戦6勝 [6-5-7-19]

今回、本当に追い込み一手の馬が多く、こちらも同様。
展開と流れ次第だろう。



6番ラインオブソウル
父シニスターミニスター
母ファーストレディ
(スマートボーイ)
栗東・音無  
中3週
牡5 鹿
松若 54.0K
19戦4勝 [4-1-2-12]

オープン入り初戦の前走が大敗。
今回も厳しいのでは。



7番ゴールドハイアー
父ヘニーヒューズ
母ゴールドグローリー
(ハービンジャー)
栗東・大久保  
中2週
牡6 栗
津村 57.0K
20戦5勝 [5-5-2-8]

こちらも2戦続けて、今回と同舞台のオープンで好走。
先行や好位差しができる器用さがあるのは強みだろう。



8番ダノンブレット
父キングカメハメハ
母ダイワズーム
(ハーツクライ)
美浦・菊沢  
中1週
牡6 栗
岩田望* 54.0K
26戦3勝 [3-5-3-15]

まだ3勝クラスを勝ち切れていない格下馬。
その分、軽ハンデをもらうことはできたが、こちらも追い込み一手の馬。
展開が向かないと厳しいのでは。



9番クリノドラゴン
父アスカクリチャン
母クリノクレオパトラ
(ロージズインメイ)
栗東・大橋  
中14週
牡6 栗
田口 57.0K
33戦5勝 [5-3-5-20]

2022年の浦和記念以来、掲示板外続き。
しかも追い込み一手で厳しいだろう。



10番ホウオウルバン
父キズナ
母フサイチジェット
(Gilded Time)
美浦・池上  
中11週
牡6 黒鹿
内田博* 56.0K
20戦5勝 [5-1-2-12]

昨年の当レースで6着(0.5差)。
その後が冴えず、厳しい。



11番キリンジ
父キズナ
母タイムピース
(ルーラーシップ)
栗東・佐々木  
中5週
牡4 鹿
和田竜 57.0K
11戦2勝 [2-3-0-6]

前走の佐賀記念で2着(0.7差)。
4走前のJDD同様、展開に上じて差してきた。
先行できれば面白いが。。。



12番ブライアンセンス
父ホッコータルマエ
母ヒラボクビジン
(ブライアンズタイム)
美浦・斎藤誠  
中8週
牡4 黒鹿
横山武 57.0K
9戦4勝 [4-1-3-1]

前走の東海ステークスで4着(0.5差)。
久々の重賞挑戦としては及第点だった。
好位から一脚使うことができるので、なるべく前の位置を取りたい。



13番ミトノオー
父ロゴタイプ
母シダクティヴリー
(サンダーガルチ)
美浦・牧  
中12週
牡4 栗
木幡巧* 57.0K
9戦4勝 [4-1-1-3]

JRAのレースは、昨年3月以来。
今回はハナを奪えそうなメンバー構成がプラスだ。



14番ペイシャエス
父エスポワールシチー
母リサプシュケ
(ワイルドラッシュ)
美浦・小西  
中10週
牡5 栗
横山和 58.0K
16戦4勝 [4-1-3-8]

久々となった前走は、60Kを背負って6着(0.5差)。
それよりもハンデが軽くなり、叩き2戦目となる今回、前進が有りそうだ。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はミトノオー(単勝8.2倍・4番人気)
明らかに先行勢が手薄で、大外枠となってもこの馬がハナを奪えそう。
この舞台は既に2勝しており、コース適性の高さもポイント大だ。



▲はペイシャエス(単勝8.3倍・5番人気)
前走よりハンデが軽くなり、揉まれづらい大外枠。
良い材料が揃って、今回は巻き返しが有るだろう。
2走前にウィルソンテソーロの3着(0.4差)があり、その分だけ走れば、このメンバーで十分通用しそうだ。



〇はブライアンセンス
先行しても差しても良い馬。
今回のメンバー構成と鞍上ならば、前に行ってくれそうだ。



以下、
先行できそうなウェルカムニュースキリンジ末脚は確かなニューモニュメントヴァルツァーシャルを抑える。



◎ミトノオー
▲ペイシャエス
〇ブライアンセンス
△ウェルカムニュース
△キリンジ
△ニューモニュメント
△ヴァルツァーシャル



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



無料買い目情報
金鯱賞3年連続を狙う

昨年3月は無料予想が無双状態!
今週からはここの無料情報です(*^^*)
━━━━━━━━━━━━PR
無料予想の実績
・金鯱賞2023
三連複14点400円 44.2倍
[払戻]17,680円[回収率]316%
・金鯱賞2022
三連複6点900円 35.4倍
[払戻]31,860円[回収率]590%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は阪神大賞典を含めて3月良い感じでした。
今週からはここの無料情報を押さえてください。
→無料情報を確認
金鯱賞・阪神大賞典と無料情報ベタ乗り推奨です!



今週は金鯱賞に加えて、年初のとおり中山牝馬ステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ラヴェル
▲フィールシンパシー



【レース展望】
牝馬限定の芝中距離で行われる中山牝馬ステークス。
愛知杯同様、牝馬にとっては距離が長く、急坂を2度登るため、非常にタフなレースだ。
加えてハンデ戦ということで、荒れる要素満載となっている。
出走表は、こちら


上記のような条件という事で、「恵量やスピードを活かしての先行粘り込み」よりも差し追い込み馬の台頭が多い
過去5年、馬券内に来た15頭中、4コーナーで5番手以下だった馬が10頭
ペースに関係なく差し追い込み馬が有利だ


血統的には、スタミナが問われるレースということで、欧州血統を持つ馬トニービン=グレイソヴイリンの血を持つ馬が好走している。
また、ロベルトの血を持つ馬もよく走っている。
軽い王道血統ではなく、重めの血を持つ馬を狙いたい。


まとめると、「差し追い込み馬で、欧州血統・トニービン=グレイソヴイリン・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_1800

01_320x100

【最終結論】

◎はラヴェル(単勝13.3倍・7番人気)
ご存じの通り、現役馬でリバティアイランドに勝利した唯一の馬。
休み明けの前走、古馬牡馬相手に別定戦の京都記念で5着(0.5差)している通り、力十分。
牝馬限定ならばここでは上位だろうし、揉まれづらい大外枠もプラスだ!



▲はフィールシンパシー(単勝36.3倍・14番人気)
前走は崩れたが、2走前のターコイズステークスでは2着(0.2差)。
その時敗れたフィアスプライドと斤量が3K差になるならば、計算上逆転が見込める。
この人気ならば、大外枠でも買いだろう!



〇はヒップホップソウル
実績は断然。
あとは自身の斤量との戦いだ。



以下、
クリノプレミアムククナアレグロモデラートフィアスプライドを抑える。



◎ラヴェル
▲フィールシンパシー
〇ヒップホップソウル
△クリノプレミアム
△ククナ
△アレグロモデラート
△フィアスプライド



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
三連複もワイドも…
イケてる無料情報
2024年も無料情報で勝つならココです!
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:三連複
・エリザベス女王杯
→14,550円/243%
・菊花賞
→6,280円/121%
・秋華賞
→6,280円/110%
・凱旋門賞
→7,400円/148%
・スプリンターズS
→6,930円/122%
--------------------
無料情報:ワイド
・琵琶湖特別
→7,000円/140%
・カウントダウンS
→13,800円/276%
・ジングルベル賞
→20,500円/410%
・万両賞
→10,800円/216%
・北総ステークス
→9,000円/180%
━━━━━━━━━━━━━━
今週の無料情報は…
日経新春杯:公開
5千円が2万円になるので今年も笑いたい人はチェック推奨!
→日経新春杯:無料情報
↑からメルマガ登録(無料)して、レース前夜買い目を見てください。



今週は、日経新春杯を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ハーツイストワール
▲レッドバリエンテ



【レース展望】
先週の金杯に続いて、年明け恒例の名物レースとなっている日経新春杯。
2000年以来、久々に京都で行われる。
金杯同様、冬のタフな馬場で行われるハンデ戦で、毎年一筋縄では収まらないレースだ。


以前はイン先行の馬が上位を占めるケースが多かったが、最近の京都芝はタフな馬場で上りがかかっており、差し馬が有利になっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
一方で二桁の位置から追い込む馬は2頭のみで、先行馬の直後~中団くらいの馬の台頭が目立つ。


血統としては、タフな芝での活躍が多い、
欧州血統を持つ馬ステイゴールド系の産駒の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬で、欧州血統を持つ馬・ステイゴールド系の産駒」を狙いたい。

kyoto_turf_2400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番リレーションシップ
父ルーラーシップ
母カラフルブラッサム
(ハーツクライ)
栗東・斉藤
中9週
112.2 (14人気)
牡7 鹿
高田潤 54.0K
25戦4勝 [4-1-0-20]

近走冴えず、厳しい。



2番ナイママ
父ダノンバラード
母ニシノマドカ
(ジャングルポケット)
美浦・武藤 
中4週
牡8 鹿
和田竜* 53.0K
37戦3勝 [3-2-2-30]

近走冴えず、厳しい。



3番インプレス
父キズナ
母ベアトリスII
(Dr Fong)
栗東・佐々木晶
中6週
牡5 黒鹿
角田大 56.0K
14戦4勝 [4-1-1-8]

3走前の新潟記念で3着(0.2差)があるが、それ以外のオープンでの実績がなく厳しい。



4番リビアングラス
父キズナ
母ディルガ
(Curlin)
栗東・矢作
中2週
牡4 青
田口* 54.0K
7戦3勝 [3-0-1-3]

2走前の菊花賞で4着(1.0差)。
早め先頭から良く粘っていた。
前走の3勝クラスでの完敗はいただけないが、その分ハンデに恵まれたのでプラス。



5番レッドバリエンテ
父ディープインパクト
母サボールアトリウンフォ
(Dance Brightly)
栗東・中内田
中9週
牡5 黒鹿
西村淳 55.0K
13戦4勝 [4-3-2-4]

前走のアルゼンチン共和国杯で7着(0.4差)。
最後方近くから追い込んだが、脚を余し気味だった。
関東で結果が出ていないことを考えると、地元に戻るのは歓迎だろう。



6番ディアスティマ
父ディープインパクト
母スウィートリーズン
(ストリートセンス)
栗東・高野 
中9週
牡7 青鹿
北村友 57.5K
17戦5勝 [5-3-3-6]

前走のアルゼンチン共和国杯は、逃げられず参考外。
2走前の目黒記念のように単騎逃げが叶えば、一変がありそうだ。



7番ハーツコンチェルト
父ハーツクライ
母ナスノシベリウス
(Unbridled's Song)
美浦・武井
中11週
牡4 鹿
松山 55.0K
8戦1勝 [1-1-2-4]

まだ1勝馬だが、3走前の東京優駿でタイム差なしの3着があるように、世代上位の力は有る。
大外から追い込む不器用なタイプなので、スムーズに進めて外差しが効く馬場に恵まれるかどうかだろう。



8番ブローザホーン
父エピファネイア
母オートクレール
(デュランダル)
美浦・中野
中13週
牡5 鹿
菅原明 57.0K
17戦5勝 [5-2-3-7]

前走の京都大賞典は、心房細動で競争中止。
立て直されてその影響がなければ、ここでも通用しそうだ。



9番カレンルシェルブル
父ハービンジャー
母カレンケカリーナ
(ハーツクライ)
栗東・安田翔
中4週
牡6 鹿
武豊 57.0K
22戦5勝 [5-3-4-10]

オープン昇格後は、上がりのかかる福島芝での好走が目立つ。
今のタフな京都芝で強みを活かすことができれば、面白い存在。



10番ハーツイストワール
父ハーツクライ
母レツィーナ
(キャプテンスティーヴ)
美浦・国枝
中9週
牡8 黒鹿
田辺 57.0K
19戦5勝 [5-8-0-6]

前走のアルゼンチン共和国杯で6着(0.4差)。
1年近くの休み明けで見せ場十分だった。
久々の長距離輸送を克服できれば、ここでも通用しそうだ。



11番ヒンドゥタイムズ
父ハービンジャー
母マハーバーラタ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤
中13週
セ8 鹿
A.ルメートル 58.0K
23戦6勝 [6-3-3-11]

前走の京都大賞典で4着(0.2差)。
近走は、G1を除くとソコソコ追い込んでおり、今回も展開と馬場が向くかどうかだろう。



12番シンリョクカ
父サトノダイヤモンド
母レイカーラ
(キングカメハメハ)
美浦・竹内
中8週
牝4 鹿
木幡初 53.0K
6戦1勝 [1-1-0-4]

3歳になって見せ場が無い。
昨年秋も大きくは負けていないが、掲示板入りはできておらず、厳しそうだ。



13番サヴォーナ
父キズナ
母テイケイラピッド
(スニッツェル)
栗東・中竹
中11週
牡4 鹿
池添 56.0K
11戦3勝 [3-3-1-4]

前走の菊花賞で5着(1.0差)。
途中から捲くり、最後まで粘っていた。
長距離では安定しているし、重賞未勝利の為、ハンデに恵まれたのもプラスだ。



14番サトノグランツ
父サトノダイヤモンド
母チェリーコレクト
(Oratorio)
栗東・友道
中11週
牡4 鹿
川田 57.5K
8戦4勝 [4-1-0-3]

既に重賞を2勝しているが、G1では見せ場無し。
再度G2に戻るのはプラスなので、後は古馬との力関係次第だ。



01_320x100

【最終結論】

◎はハーツイストワール(単勝28.8倍・8番人気)
前走のアルゼンチン共和国杯は、約1年ぶりでも大健闘。
まだ力は有るようなので、高齢が嫌われるならば寧ろ買いだろう。
前走は後ろ過ぎたが、今回は叩き2戦目で行き脚がつくはず。
前走より前で競馬が出来れば、さらにチャンスがある!



▲はレッドバリエンテ(単勝7.9倍・5番人気)
こちらも前走がアルゼンチン共和国杯だった馬。
内よりの枠はマイナスだが、前へ行きそうな馬が何頭かいるし、頭数も減る。
確実に捌きやすくなるので、前走よりもスムーズに差してこれそうだ。



〇はハーツコンチェルト
東京優駿の結果を見ると、この世代では力上位。
あとは末脚をしっかり炸裂されることができるかどうか。



以下、菊花賞で先行して健闘した
リビアングラスサヴォーナ前走のG1で健闘したシンリョクカ、タフな馬場は大歓迎のヒンドゥタイムズを抑える。



◎ハーツイストワール
▲レッドバリエンテ
〇ハーツイストワール
△リビアングラス
△サヴォーナ
△シンリョクカ
△ヒンドゥタイムズ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
愛知杯は波乱決着が目立つ
──────────────────
過去8年の1着8頭中5頭は単勝6~9人気で、3着内率でも1人気~5人気を上回っています。
昨年も7人気アイコンテーラーが2着と、波乱傾向の強い一戦と考えた方が良いでしょう。

伏兵はここの推奨馬情報をチェックしましょう!
波乱の重賞も下位人気ドンピシャです!
──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
中山金杯    :8人気ククナ
有馬記念    :7人気スターズオンアース
ターコイズS  :8人気フィールシンパシー
カペラS    :10人気チェイスザドリーム
中日新聞杯   :13人気ハヤヤッコ
チャンピオンズC:12人気ウィルソンテソーロ
マイルCS   :7人気ジャスティンカフェ
東スポ杯2歳S :8人気シュバルツクーゲル
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
愛知杯の推奨馬情報は
こちら↓↓から無料でチェックしましょう。
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!




今週は日経新春杯に加えて、年初のとおり愛知杯予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ローゼライト
▲フラーズダルム



【レース展望】
牝馬限定の芝中距離で行われる愛知杯。
今年は小倉で行われる。
牝馬のレースとしては距離が長く、牝馬にとって非常にタフなレースだ。
加えてハンデ戦ということで、荒れる要素満載となっている。
出走表は、こちら


例年「恵量やスピードを活かしての先行粘り込み」よりも、差し追い込み馬の台頭が目立つレース。
ただ今年は、開幕週の小倉芝で行われるため、イン先行馬に注目すべきだろう。
馬場保全や養生の技術が上がったせいか、どの競馬場においても芝コースは通年馬場が良く、またインが使える状況が多くなっている。


血統的には、スタミナが問われるレースということで、欧州血統を持つ馬トニービン=グレイソヴイリンの血を持つ馬が好走している。
また、ロベルトの血を持つ馬もよく走っている。
軽い王道血統ではなく、重めの血を持つ馬を狙いたい。


まとめると、「イン先行馬で、欧州血統・トニービン=グレイソヴイリン・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

kokura_turf_2000


01_320x100

【最終結論】

◎はローゼライト(単勝19.0倍・6番人気)
今回のメンバーで、唯一前走でG1を経験している馬。
それも、12着(0.7差)と、着順ほど悪い競馬ではなかった。
着順の分?、恵ハンデを貰った今回、激走が期待できる!



▲はフラーズダルム(単勝21.2倍・7番人気)
大外枠は痛いが、その分オッズがつくならば買い。
2走前には早め先頭からローゼライトと同タイムで粘っていたし、前走は直線で不利があった。
スムーズに走る事が出来れば、前進可能だ!



〇はコスタボニータ
内のグランスラムアスクを行かせて、好位のインを取れそう。
後はそのまま直線を迎えて、粘りこみがあるだろう。



以下、
ウインピクシスミッキーゴージャスセントカメリアタガノパッションを抑える。



◎ローゼライト
▲フラーズダルム
〇コスタボニータ
△ウインピクシス
△ミッキーゴージャス
△セントカメリア
△タガノパッション



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


●東西金杯情報/PR
エピファニー マテンロウレオ
リカンカブールも よく見えてます!
参考レース,チャレンジCを無料公開→高回収!!
───────────────
無料公開予想
1202チャレンジカップ
3連単60点200円
12,000→80,200円
収支+68,200円
3→2→9人気

───────────────
中山金杯無料公開ならココ頼りましょう!
無料登録はコチラ↓↓
→東西金杯週無料予想
毎週自信あるレース 無料公開に感謝です!!



今週は、両金杯を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎マテンロウレオ
▲サクラトゥジュール



【レース展望】
年明け恒例の名物レースとなっている中山金杯。
急坂を2回越える上、冬のタフな馬場で行われるハンデ戦。
加えて小回りの中山で行われるという事で、毎年一筋縄では収まらないレースだ。


タフな馬場で上りがかかる年が多く、差し馬が有利になっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
一方で二桁の位置から追い込む馬は不在で、先行馬の直後~中団くらいの馬の台頭が目立つ。
加えて立ち回り力も問われるため、1~4枠の馬が10頭
迷ったら外枠より内枠の馬が狙い目だ。


血統としては、タフな中山芝での活躍が多い、
ステイゴールド系の血を持つ馬ロベルトの血を持つ馬の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬で、ステイゴールド系・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
昨日が転職先での仕事初日で慌ただしかったため、省略



01_320x100

【最終結論】

◎はマテンロウレオ(単勝9.0倍・5番人気)
先行馬が少ないメンバー構成で、当馬が久々に好位のインを取れる機会が巡ってきた。
何せ2ターンの競馬ならば、5・6走前のようにG1・G2でも好走できる馬。
それがG3ならば、ハンデ頭でも買うべきだろう!
鞍上がまた子供参観になってしまう可能性が有るのは不安だが。。。



▲はサクラトゥジュール(単勝13.0倍・8番人気)
古馬になっての2勝は、いずれも腕っぷしの強い騎手。
今回の乗り代わりは合いそうだし、中山実績も多数。
積極的に乗ってくれそうなのもプラスだ!



〇はボーンディスウェイ
正直、穴人気し過ぎているが、内枠で先行しそうな馬が当馬のみなので、止む無く選択。
馬自身は、3歳時にドウデュースらと重賞で接戦し、4歳にはローシャムパークらと接戦。
力は有る。



以下、
見え見えの単騎逃げだが展開は恵まれそうなゴールデンハインド、昨年の当レースでの上位馬となるアラタクリノプレミアム、2ターンのハンデ戦に実績のあるククナを抑える。



◎マテンロウレオ
▲サクラトゥジュール
〇ボーンディスウェイ
△ゴールデンハインド
△アラタ
△クリノプレミアム
△ククナ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ