ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。元JRA大庭騎手とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

タグ:クラシック






ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



無料情報・集計OK
半年で60万円!
平均で毎月10万円獲得~収支額は31万円と勝てる無料情報!
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.05
投資額:289,600円
獲得額:604,110円
収支額:314,510円
回収率:209%
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報でG1四勝
・NHKMC→7,200円/144%
・天皇賞春 →8,560円/171%
・桜花賞  →12,400円/248%
・大阪杯  →38,600円/772%
※各馬連5,000円投資
━━━━━━━━━━━━━━
オークス~ダービー~宝塚記念
いや、夏競馬もここの無料情報です!
→無料情報を見る←
馬連・ワイドが基本の買い目です。
いち早くチェックしてみてください。



今週は、優駿牝馬(オークス)を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。



◎サフィラ
▲ホーエリート



【レース展望】
牝馬クラシックの第二弾となる、優駿牝馬(オークス)。
桜花賞から800メートルも伸びることになり、スピードだけでなくスタミナも要求される。


前へ行くスピードだけではなくしっかりした末脚が求められるため、差し馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が4頭
10番手以下からも5頭追い込んできており、溜めて末脚を活かす馬の好走が目立つ。


血統としては、現代競馬の王道血統であるディープインパクト系の血を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系の
血を持つ馬の好走に加えて、ゴールドシップ産駒やロベルトの血を持つスタミナに優れた血統の馬が目立っている。


まとめると、「差し馬で、現代王道の血統・ゴールドシップ産駒・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_2400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ミアネーロ
父ドゥラメンテ
母ミスエーニョ
(Pulpit)
美浦・林  
中8週
牝3 鹿
津村 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走のフラワーカップを快勝。
ただ今回は初の府中で、末脚勝負となった際に通用するか未知数だ。



2番クイーンズウォーク
父キズナ
母ウェイヴェルアベニュー
(Harlington)
栗東・中内田  
中5週
牝3 黒鹿
川田 55.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走の桜花賞で8着(0.6差)。
2走前のクイーンカップでは快勝しており、東京に替わって見直したい。



3番エセルフリーダ
父キタサンブラック
母デルマオギン
(ハービンジャー)
美浦・武藤  
中7週
牝3 鹿
武藤 55.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

前走で1勝クラスを勝利。
芝2000で2勝しているようにスタミナは問題なさそうだが、東京で早い上りを使ったことがないのがどうか。



4番パレハ
父サトノクラウン
母アルマミーア
(ディープインパクト)
栗東・新谷  
中5週
牝3 青鹿
田辺 55.0K
3戦1勝 [1-0-0-2]

前走のオープンで大敗。
厳しい。



5番コガネノソラ
父ゴールドシップ
母マイネヒメル
(ロージズインメイ)
美浦・菊沢  
中2週
牝3 芦
石川 55.0K
6戦3勝 [3-1-1-1]

3連勝でトライアルを制覇。
その勝ち時計や勝ちっぷりは鮮やかだった。
相手が大幅に強化される今回、どこまでやれるか。



6番サンセットビュー
父ドゥラメンテ
母ゴーイントゥザウィンドウ
(Tapit)
栗東・新谷  
中3週
牝3 鹿
三浦 55.0K
5戦1勝 [1-0-0-4]

未勝利戦勝利後、冴えず厳しい。



7番ステレンボッシュ
父エピファネイア
母ブルークランズ
(ルーラーシップ)
美浦・国枝  
中5週
牝3 鹿
戸崎圭 55.0K
5戦3勝 [3-2-0-0]

前走の桜花賞を快勝。
そこからの乗り代わりはマイナスだが、馬の力は世代トップクラスだ。



8番ホーエリート
父ルーラーシップ
母ゴールデンハープ
(ステイゴールド)
美浦・田島  
中8週
牝3 鹿
原 55.0K
5戦1勝 [1-1-1-2]

前走のフラワーカップで2着(0.1差)。
外を回してロスが多い中、善戦したと言える。
ただ、2・3走前は僅差とはいえ掲示板外となっており、ここでどこまでやれるか。



9番ラヴァンダ
父シルバーステート
母ゴッドパイレーツ
(ベーカバド)
栗東・中村  
中3週
牝3 黒鹿
岩田望 55.0K
6戦1勝 [1-1-3-1]

前走のフローラステークスで2着(0.1差)。
立ち回りの巧さを見せたが、馬体重が-10Kで、末脚も目立たず。
相手が強化される今回は、厳しいだろう。



10番アドマイヤベル
父スワーヴリチャード
母ベルアリュールII
(Numerous)
美浦・加藤征  
中3週
牝3 栗
横山武 55.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

前走のフローラステークスを快勝。
ただ距離は2000くらいまでがギリギリのようだし、相手が強化されて厳しそうだ。



11番ヴィントシュティレ
父モーリス
母ピュアブリーゼ
(Monsun)
美浦・古賀  
中3週
牝3 鹿
北村宏* 55.0K
5戦1勝 [1-1-0-3]

未勝利戦を勝ったばかりで、厳しい。



12番チェルヴィニア
父ハービンジャー
母チェッキーノ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中5週
牝3 鹿
ルメール 55.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走の桜花賞で大敗。
昨今、休み明けでも活躍する流れはあるが、さすがに半年ぶりでG1は厳しかった。
一叩きされて地元に戻る今回、巻き返しに期待。



13番スウィープフィート
父スワーヴリチャード
母ビジュートウショウ
(ディープスカイ)
栗東・庄野  
中5週
牝3 栗
武豊 55.0K
7戦2勝 [2-2-1-2]

前走の桜花賞で4着(0.2差)。
上がり2位の末脚は使ったが、ほぼシンガリ追走かつ馬群を捌くのに手間取って届かず。
スムーズに外から差せるかどうかがポイントになるだろう。



14番ライトバック
父キズナ
母インザスポットライト
(Exceed And Excel)
栗東・茶木  
中5週
牝3 黒鹿
坂井 55.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

前走の桜花賞で3着(0.1差)。
出遅れて最後方から、上がり最速の末脚を使って追い込んできた。
出遅れが多い上、気性的にピンパーな競馬となりがちで、距離が延びる今回も半信半疑だ。



15番サフィラ
父ハーツクライ
母サロミナ
(Lomitas)
栗東・池添  
中13週
牝3 黒鹿
松山 55.0K
5戦1勝 [1-1-1-2]

前走まで馬体が減り続けていたのが、どこまで回復しているか。
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に押されていた馬、巻き返しが待たせるが。。。



16番ショウナンマヌエラ
父ジャスタウェイ
母ダイアゴナルクロス
(シンボリクリスエス)
栗東・高野  
中5週
牝3 黒鹿
岩田康 55.0K
5戦1勝 [1-1-0-3]

ここ3戦冴えず、厳しい。



17番タガノエルピーダ
父キズナ
母タガノレヴェントン
(キングカメハメハ)
栗東・斉藤崇  
中5週
牝3 黒鹿
Mデムーロ 55.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

前走のオープンを快勝して、同世代の牝馬との大一番へ。
3走前の朝日杯フューチュリティステークスで3着(0.2差)に来ているように、力は有る。
後は力関係次第だろう。



18番ランスオブクイーン
父タリスマニック
母マイプラーナ
(マンハッタンカフェ)
栗東・奥村豊  
中2週
牝3 黒鹿
横山和 55.0K
4戦1勝 [1-1-1-1]

未勝利戦を勝ったばかり。
厳しい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はサフィラ(単勝52.6倍・11番人気)
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に推された馬。
ただ、同厩舎のフルレゾンのように、使うたびに馬体が減り、近2走はなかなか思うように力を出せない状態だった。
今回、調教後の馬体重が+22K。
輸送で幾らか減るだろうけど、前走よりも+10K以上は堅いだろう。
そうすれば、兄姉に活躍馬を多数持つ良血の力が発揮されるはず。
人気が落ちた今回こそ、狙いたい!



▲はホーエリート(単勝76.8倍・13番人気)
2走前は直線で不利がありながら7着(0.2差)に踏ん張り、3走前は大外から脚を使って先行して6着(0.8差)。
どちらにも出走していたアドマイヤベルとは大きな差がなかった。
前走のフラワーカップも、大外を回しながら2着(0.1差)で、力を出せば重賞でも通用する馬と見た。
なのにこの人気薄、、、バレていない今、黙って買いだろう。



〇はチェルヴィニア
桜花賞は惨敗したが、主戦に戻って東京替わり。
中心視すべきだろう。
よって予想の本線は、アルテミスステークスのワンツーの再現となる。



以下、
桜花賞上位のステレンボッシュライトバック前走を快勝したタガノエルピーダエセルフリーダを抑える。



◎サフィラ
▲ホーエリート
〇チェルヴィニア
△ステレンボッシュ
△ライトバック
△タガノエルピーダ
△エセルフリーダ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた東京プリンセス賞の回顧を。



無料買い目情報で・・・
NHKマイルC的中
単勝10番人気ロジリオン入れてました!
1,2着は上位人気も人気薄入れてナイス回収率です。
━━━━━━━━━━━━PR
重賞・無料情報
NHKマイルC
ワイド10点500円
BOX:2,3,6,14,16
ワイド2倍11倍9.7倍的中
[払戻額]11,350円[回収率]227%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
馬選びが巧みなのか?5頭選出ながらよくくる事実!
勝率は低くも爆勝ちある無料情報
昨年はマイルCSで5千円→15万円でした!
→無料情報をチェック
今週はヴィクトリアマイルで連勝を狙います(^_-)



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
東京プリンセス賞3

フェルディナンドが重賞初制覇!
人馬とも初の重賞制覇となった。

上位が「東京2歳優駿牝馬上位組+桜花賞馬」という組み合わせで、中波乱の結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
東京プリンセス賞4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が過去最遅。
馬場の重い大井とはいえ、超スローペースとなった。

ただ、馬場の重い大井において、3歳牝馬では単に前へ行くだけでは粘れず。
力のない馬が脱落し、差し馬が上位に来た。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ほぼ横一線のスタート。


内枠の馬が3頭並んで先行争い。
内から、ローリエフレイバー・イマヲトキメク・ミスカッレーラ。
3頭の後ろにムサシジェリーナ、更にフォルトリアン。
そして、フェルディナンドとプリンセスアリーらも続いた。


1~2コーナーで、ローリエフレイバーがアタマ差程度の逃げ。
番手にイマヲトキメクがかかり気味で追走し、3番手のミスカッレーラもかかり気味。
その後ろも、内からフォルトリアン・フェルディナンド・ムサシジェリーナが並んで追走。
少し空いてプリンセスアリー、そしてシトラルテミニ。
目視だが、800の通過が52秒くらいで、非常に遅い。


3~4コーナーで、ローリエフレイバー・イマヲトキメク・ミスカッレーラの外に、ムサシジェリーナが加わって4頭の先行争い。
その後ろは、フォルトリアン・フェルディナンド。
更にプリンセスアリー、そしてシトラルテミニも上がっていった。


直線、ローリエフレイバーがもう一伸びし、ミスカッレーラらを突き放そうとする。
そこへ外からフェルディナンドがジワジワと伸びてくる。

残り200を切り、ローリエフレイバー・ミスカッレーラ・フェルディナンドの3頭の叩き合い。
その後ろへプリンセスアリーが追い込む。


残り100を切ってミスカッレーラが脱落して、ローリエフレイバーとフェルディナンドとの2頭の叩き合いに変わったが、ゴール寸前でフェルディナンドがクビ差先着して、1着でゴール。
3着にはプリンセスアリーが上がった。


banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
フェルディナンド
父ヘニーヒューズ
母アグネスダリム
(ゴールドアリュール)
大井・藤田輝信  
中4週
牝3 栗
安藤洋 54.0K

スタート後、先行集団を見ながら追走。
3~4コーナーで、ムサシジェリーナの仕掛けのワンテンポ後に仕掛けて、外から捲くる形に。
直線、ジワジワとだが伸び続けて、待望の重賞制覇。
鞍上も、デビュー15年目で嬉しい重賞制覇となった。


2着:◎
ローリエフレイバー
父マジェスティックウォリアー
母マヒナズヒル
(ネオユニヴァース)
大井・月岡健二  
中9週
牝3 栗
野畑凌 54.0K

スタート後、行き脚が良くないが、枠順を利して何とかハナを奪う。
かかり気味の他馬に被され続けていたが、ペースが遅くて余力を残して直線へ。
粘り続けていたが、最後の最後で力尽きた。



3着:〇
プリンセスアリー
父キズナ
母ホワイトフローラ
(スズカフェニックス)
浦和・鹿沼良和  
中3週
牝3 芦
森泰斗 54.0K

前走同様、中団から。
初物尽くしだったが、上がり最速の末脚を使って前の2頭に際どく迫り、力は出し切った。



5着:▲シトラルテミニ
父インカンテーション
母スプリングキャロル
(クロフネ)
大井・澤佳宏  
中3週
牝3 黒鹿
矢野貴 54.0K

スタート後、中団後ろのインのポジションとなり、1~2コーナーでは後方3~4番手。
ペースを考えると、ここからでは届かず。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた羽田盃の回顧を。



昨年はヴィクトリアマイル
京王杯スプリングC的中の無料情報

今週の〝イチ押し〟〝注目〟です!
━━━━━━━━━━━━PR
無料情報:三連複
◎ヴィクトリアマイル2023年
三連複17.2倍×500円
【払戻額】8,600円【回収率】172%
◎京王杯スプリングC2023年
三連複80.9倍×500円
【払戻額】40,450円【回収率】809%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
まずは京王杯スプリングCの買い目からベタ乗りしてみましょう。
→無料情報を確認
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
羽田盃3

アマンテビアンコが重賞初制覇!
前走の雲取賞は勝ち切れなかったが、本番のここで見事に勝利した。

2・3着に人気薄の馬が食い込み、頭数の割には波乱の決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
羽田盃4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が例年並み。
昨年から馬場が重くなっている大井では、例年並みのラップというは厳しかった。

その結果、前へ行った馬が苦しくなる。
その後ろにいた馬が差してくる結果となった。


【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
アマンテビアンコは今日もあまりスタートは良くないが、前走よりはマシ。


先行争いは3頭。
内から、アンモシエラ・ティントレット・ブルーサン。
逃げると見られていたブルーサンがハナを奪えない。。。
その後ろに、ハビレ・アマンテビアンコ。
以下、ムットクルフェ・マッシャーブルム・フロインフォッサルという隊列になった。


1~2コーナーで、アンモシエラが半馬身差の逃げ。
番手にティントレット、その外にブルーサン。
少し開いてアマンテビアンコ、また更に開いてハビレとムットクルフェ。
更に差が開いてマッシャーブルム、大きく開いてフロインフォッサルが最後方。
目視だが、800の通過が49秒ちょいで、この頭数・馬場の割には早い。


3~4コーナーで、アンモシエラにティントレットが並んでいく。
ブルーサンは後退し、代わってインからムットクルフェ・外からはアマンテビアンコ。
更にインからハビレ、そして大外にフロインフォッサルが上がってきた。


直線、アンモシエラがティントレットを振り切って後続を突き放そうとするが、アマンテビアンコがジリジリと迫って来る。
その後ろは差が開いて、ハビレが3番手。
更に後ろからフロインフォッサルが追い込んでくる。


残り200を切ってアンモシエラとアマンテビアンコの叩き合いとなり、残り100を切ってアマンテビアンコが前に出る。
そのまま1着でゴール。
2着がアンモシエラ、離れた3着争いはゴール寸前でフロインフォッサルがハビレを競り落とした。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
アマンテビアンコ
父ヘニーヒューズ
母ユキチャン
(クロフネ)
美浦・宮田敬介  
中9週
牡3 白
川田将 57.0K

スタートで躓き加減だったが、前走よりはマシな出脚。
少頭数でスムーズに挽回して、先行した3頭を見ながら進める。
3コーナーから徐々に上がり、4コーナーではアンモシエラらを射程圏に。
直線もジリジリと伸び、キッチリとアンモシエラを捕らえる。
530Kを超す雄大な馬体、そして白毛という見栄えの良さ。
3歳ダート3冠という新体系がスタートした今年、スター性のある馬が誕生した。
1~2コーナーでハビレに接触して、相手を後退させたのはマイナスだったが。。。



2着:△
アンモシエラ
父ブリックスアンドモルタル
母サンドクイーン
(ゴールドアリュール)
栗東・松永幹夫  
中4週
牝3 栗
横山武 55.0K

好スタートを決めてハナを奪う。
ペースは速かったが行き切った分、最後まで粘り切る。
牝馬だが勝負根性はすごく、距離が延びる次走でも期待できそうだ。



3着:
フロインフォッサル
父ドレフォン
母ウィンクルム
(キズナ)
船橋・山下貴之  
中9週
牡3 芦
本田正 57.0K

スタート後、無理せずに離れた最後方から進める。
3コーナー過ぎから徐々に上がって、4コーナーでは大外に。
直線、ジリジリと伸びて他馬を交わし、最後はここまで詰めてくる。
地方の意地と希望を見せてくれたし、出走することの重要性を示してくれた。



7着:▲ティントレット
父ホッコータルマエ
母マニエリスム
(ゼンノロブロイ)
大井・荒山勝徳  
中4週
牡3 黒鹿
森泰斗 57.0K

スタート後、アンモシエラの外の番手を追走。
ただその外にブルーサンに張り付かれて、常にプレッシャーを受け続ける競馬。
結果、前走同様4コーナーから失速。。。



8着:◎ブルーサン
父モーニン
母グッドレインボー
(ステイゴールド)
栗東・川村禎彦  
中9週
牡3 鹿
和田竜 57.0K

大外枠というのもあり、逃げられなかったのが全て。
こうなると逃げ馬はモロい。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



≪―海外情報―≫
先日も2発きてました!横綱ダービーさん!PR
──────────────────
ウイニングG -海外版-
QE2世C
3連単9点1200円→¥109,680
チェアマンズSP
3連単9点1200円 →¥297,840
──────────────────
凱旋門賞3連単的中から海外ならココと決めてました~
そしてログインしたら・・
5月 4日(土曜)チャーチルダウンズ競馬場
●ケンタッキーダービー無料開放してくれるとの事

→海外レース無料公開はコチラ
まずは買い方見てみてください。日本馬応援とかしないガチ勢なんです!




今週はケンタッキーダービーを予想する。
5/5の12R、発走時刻7:57です 。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。



【レース展望】
2019年の記事をほぼそのまま再掲しています)
創設1875年、アメリカ国民競馬の最高峰でスポーツイベントとしても米国内で広く知れ渡っている、ケンタッキーダービー。

観戦の際には、出走馬の本馬場入場の際にミント・ジュレップというカクテルを飲み、ルイビル大学のマーチングバンドの演奏のもと「ケンタッキーの我が家(My Old Kentucky Home)」を観客全員で歌うのが伝統となっている。
知名度も圧倒的で、“The most exciting two minutes in sports(あらゆるスポーツの中で最もエキサイティングな2分間)”と称され、国民的なスポーツイベントとなっている。
優勝馬にはバラのレイが掛けられることから、「ラン・フォー・ザ・ローゼス(Run for the roses)」の通称も持つが、その為の道は険しい。

アメリカ競馬のクラシック3冠は非常に過酷で、当レースの2週間後にプリークネスステークス(ダ1900)、更に3週間後にベルモントステークス(ダ2400)を走り、勝たなければならない。
1930年に3冠レースができた後、今日までに僅か12頭しか3冠馬がいないのも頷ける。
日本調教馬は1995年のスキーキャプテン(14着)を皮切りに、2016年のラニ(9着)、2019年のマスターフェンサー(6着)、2022年クラウンプライド(13着)、2023年デルマソトガケ(6着)・マンダリンヒーロー(12着)とこれまで6頭が出走している。


明確な傾向として、過去5年(コロナのために開催時期が変更となった2020年を除く。また、2019年・2021年で1着入線後に失格となった2頭は、そのまま1着になったとみなす)に馬券内に来た15頭中、前走で馬券外だった馬は1頭のみ。
更に言うと、前走で勝利した馬が9頭で、勢いをつけて当レースに臨むのがベストだ。


チャーチルダウンズ競馬場のダート馬場は1周1609メートル(1マイル)で、ダービーは第4コーナー出口からの発走となる。
日本やヨーロッパに比べ小回りなコース形態となっているアメリカの競馬場では、内ラチ寄りでスムーズにコーナーを回る必要があり、そのため他国に比べて前で競馬を行い有利なポジションを取る。
またアメリカでは陸上競技の中距離走のように、スタートからスピードを上げてそれを持続させるレースを行い、これも南米を除く他の地域と異なり、そして激しいレースとなる理由である。


ケンタッキーダービーでは発走後に約400メートルの直線があるため、位置取り争いにかけられる時間はやや長いと言える。
しかしながら、ダービー出走馬の多くは1800メートルの前哨戦を使われ、つまりより短い直線距離での位置取り争いをしたパターンに慣れた馬達が競うために、400メートルあるとはいえ序盤から激しい展開になる。



Churchill Downs


【ブックメーカー(ウィリアムヒル)と日本(netkeiba)のオッズ比較】
海外競馬は、日本でのオッズと海外でのオッズとの歪みが大きい時が多い。
ブックメーカーのオッズと日本(netkeiba)のオッズ比較を載せる。
(いずれも5/3_19:20
時点)


このオッズ比較の詳細は、以前書いた記事内の「競馬の教科書 発想を変えるだけで回収率は上がる [ 玉嶋 亮 ]」に書いてあるので、知りたい方はこちらを読んでいただきたい。


ブックメーカーのオッズは、購入した時点で確定する。
日本のオッズのようにレース直前まで変動することが無い為、ブックメーカーのほうがシビアにオッズを算出していると言えるし、信ぴょう性も高いと言える。

もしブックメーカーで高く評価され、日本で低く評価されている馬がいたら、面白い存在だと言えるだろう。


【ブックメーカー】
1 
フィアースネス:3.0
2 シエラレオーネ:3.0
3 キャッチングフリーダム:7.5
4 ォーエバーヤング:8.5
5 ジャストアタッチ:9.0
6 オナーマリー:16.0
7 ミスティックダン:22.0
8 ジャストスティール:25.0
9 ドメスティックプロダクト:25.0

【日本】
1 フォーエバーヤング
:3.2
2 フィアースネス:3.2
3 シエラレオーネ:6.0
4 ジャストアタッチ:16.0
5 キャッチングフリーダム:16.5
6 ストロングホールド:20.2
7 ドーノック:21.7
8 エンドレスリー:26.1
9 テーオーパスワード:27.1


01_320x100

【最終結論】

オッズとの歪みが大きい馬を中心に、以下のような印とした。


◎オナーマリー
▲ドメスティックプロダクト
シエラレオーネ
ミスティックダン
△ジャストスティール
ジャストアタッチ
△キャッチングフリーダム
トラックファントム
△レジリエンス



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



桜花賞・無料情報
今週はここの無料情報に注目!
桜花賞前哨戦では高配当の的中!
昨年のNZトロフィーも高配当でした\(^o^)/
━━━━━━━━━━━━PR

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:三連複
◎フラワーC・2024
三連複66.5倍×500円
【払戻額】33,250円【回収率】665%
◎NZトロフィー・2023
三連複204.6倍×500円
【払戻額】102,300円【回収率】2046%
━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージ!
桜花賞・NZトロフィーの無料情報をお見逃しなく(^_-)
→無料情報を確認
↑レース前夜確認し、ここの無料情報を頼ってください(^_-)




今週は、桜花賞を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎チェルヴィニア
▲ライトバック



【レース展望】
牝馬クラシックの第一弾、桜花賞。
近年は阪神芝の高速化が進んで、枠順や先行力が問われるレースに変わりつつある。


上記の傾向から、当レースは先行馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が8頭
これを見ると逃げ差し互角のようだが、ここ3年を見ると5頭になる。
また、1~4枠の馬が9頭となっており、5枠まで広げると11頭。
内枠の方が成績が良い。


血統としては、クラシックレースという事で現代競馬の王道血統(ディープインパクト系・キングマンボ=キングカメハメハ系)を持つ馬
が好走している。


まとめると、「内枠・先行馬で、現代競馬の王道血統を持つ馬」を狙いたい。
hanshin_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ワイドラトゥール
父カリフォルニアクローム
母ワイドサファイア
(アグネスタキオン)
栗東・藤原  
中4週
牝3 鹿
北村友 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

ワイドファラオらの妹で、前走のチューリップ賞が大敗。
2走前にはセキトバイーストらを差し切っているが、厳しいだろう。



2番クイーンズウォーク
父キズナ
母ウェイヴェルアベニュー
(Harlington)
栗東・中内田  
中7週
牝3 黒鹿
川田 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のクイーンカップを追い込み、勝利。
グレナディアガーズらの妹という良血馬で、3戦すべて上がり最速の末脚を使っている。
今回も注目だろう。



3番イフェイオン
父エピファネイア
母イチオクノホシ
(ゼンノロブロイ)
栗東・杉山佳  
中12週
牝3 芦
西村淳 55.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

連勝中。
前走のフェアリーステークスを勝利している。
差し追い込み勢が食い込んだ中、先行して押し切ったのは評価できる。
後は今回のメンバーとの力差次第だろう。



4番キャットファイト
父ディスクリートキャット
母フラマブル
(パイロ)
美浦・上原博  
中3週
牝3 黒鹿
松山* 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走のトライアルを勝利。
ただ2走前のフェアリーステークスは先行して失速しており、厳しそうだ。



5番シカゴスティング
父ロゴタイプ
母マルチスクリーン
(スクリーンヒーロー)
栗東・庄野  
中3週
牝3 黒鹿
浜中 55.0K
6戦2勝 [2-0-2-2]

近2走が完敗で、厳しい。



6番ハワイアンティアレ
父ロードカナロア
母モアニケアラ
(マンハッタンカフェ)
栗東・松永幹  
中4週
牝3 芦
池添 55.0K
3戦1勝 [1-0-1-1]

前走のチューリップ賞で3着(0.3差)。
末脚には見所があったが、馬体が小さくまだ完成途上の印象。
今回は厳しそうだ。



7番スウィープフィート
父スワーヴリチャード
母ビジュートウショウ
(ディープスカイ)
栗東・庄野  
中4週
牝3 栗
武豊 55.0K
6戦2勝 [2-2-1-1]

前走のチューリップ賞を追い込み勝ち。
本番の今回も、外差しの利く馬場になるかどうかがポイントだ。



8番コラソンビート
父スワーヴリチャード
母ルシェルドール
(オルフェーヴル)
美浦・加藤士  
中3週
牝3 栗
横山武 55.0K
6戦3勝 [3-1-2-0]

前走のフィリーズレビューで2着(0.1差)。
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでも3着(0.2差)には来ているが、上位争いするにはトラックバイアス等の助けが必要そうだ。



9番アスコリピチェーノ
父ダイワメジャー
母アスコルティ
(Danehill Dancer)
美浦・黒岩  
中16週
牝3 黒鹿
北村宏 55.0K
3戦3勝 [3-0-0-0]

3連勝中。
昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝利している。
その時も、長距離輸送込みで約4か月ぶりでの勝利。
今回も上位争いしそうだ。



10番セキトバイースト
父デクラレーションオブウォー
母ベアフットレディ
(Footstepsinthesand)
栗東・四位  
中4週
牝3 鹿
藤岡佑 55.0K
6戦1勝 [1-4-0-1]

前走のチューリップ賞で逃げて2着(0.2差)。
今回は同型馬との兼ね合いがカギだ。



11番ライトバック
父キズナ
母インザスポットライト
(Exceed And Excel)
栗東・茶木  
中8週
牝3 黒鹿
坂井 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走のオープンで、スウィープフィートらを下して勝利。
ただ2走前のアルテミスステークスでは4着(0.6差)止まりで、どこまで成長があるかだろう。



12番ステレンボッシュ
父エピファネイア
母ブルークランズ
(ルーラーシップ)
美浦・国枝  
中16週
牝3 鹿
モレイラ* 55.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

前走の阪神ジュベナイルフィリーズで上がり最速の末脚を使い、タイム差なしの2着。
その時以来の休み明けとなる。
3走前に、約3か月ぶりのレースでタイム差なしの2着に来ており、久々も大丈夫そう。
力関係次第だ。



13番テウメッサ
父ハービンジャー
母プロクリス
(キングカメハメハ)
美浦・金成  
中3週
牝3 栗
岩田望 55.0K
5戦1勝 [1-2-1-1]

前走のトライアルでタイム差なしの2着。
だが、負けた相手は重賞で通用しておらず、当馬も厳しそうだ。



14番ショウナンマヌエラ
父ジャスタウェイ
母ダイアゴナルクロス
(シンボリクリスエス)
栗東・高野  
中4週
牝3 黒鹿
岩田康 55.0K
4戦1勝 [1-1-0-2]

近2走が完敗で、厳しい。



15番エトヴプレ
父Too Darn Hot
母Nahoodh
(Clodovil)
栗東・藤岡  
中3週
牝3 芦
鮫島克 55.0K
6戦3勝 [3-2-0-1]

前走のフィリーズレビューを逃げ切り勝ち。
ただそこから更なる距離延長はマイナス。
馬場が高速化する等、後押しが欲しい。



16番セシリエプラージュ
父ブリックスアンドモルタル
母アットザシーサイド
(キングカメハメハ)
栗東・中村  
中3週
牝3 黒鹿
Mデムーロ 55.0K
4戦1勝 [1-0-1-2]

前走のフィリーズレビューで3着(0.3差)。
何とか権利を取った感じで、相手が強化される今回は厳しいだろう。



17番マスクオールウィン
父ドレフォン
母チカアレグレ
(ハーツクライ)
美浦・牧  
中12週
牝3 栗
津村 55.0K
6戦2勝 [2-2-1-1]

前走のフェアリーステークスでタイム差なしの2着。
展開利を生かして追い込むも差し切れなかったのは不満が残る。



18番チェルヴィニア
父ハービンジャー
母チェッキーノ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中22週
牝3 鹿
ムルザバエフ* 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のアルテミスステークスを快勝して以来の休み明け。
状態は不明だが、力が有る事は間違いない。
他馬との力差、成長力差次第だろう。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はチェルヴィニア(単勝7.4倍・5番人気)
まず今の阪神芝だが、極端にインが有利な事は無さそうで、フラットな馬場のよう。
そしてどの馬の力が上位かというと、新馬戦でコラソンビートらを破り、前走のアルテミスステークスも楽勝した当馬が一番ではないか。
それが、大外枠+主戦の負傷+久々で人気を落とすならば、寧ろ買いだ!
ちなみに「当馬等が出走していない阪神ジュベナイルフィリーズや各トライアルは、そこまでレベルが高くなかった」という可能性は、大いにあると考えている。



▲はライトバック(単勝14.3倍・7番人気)
こちらも阪神ジュベナイルフィリーズに出走していない、隠れた大物。
2走前のアルテミスステークスは折り合いを欠いて崩れたが、前走のオープンではスウィープフィートらをキッチリ下している。
父ディープインパクト系の馬が2頭のみの今回、血統的背景からも当馬を推すことができる!



〇はクイーンズウォーク
再三だが、こちらも阪神ジュベナイルフィリーズ未出走の馬。
前走のクイーンカップは圧巻の追い込み勝ちで、馬群に詰まらなければここでも上位に来そうだ。



以下、
阪神ジュベナイルフィリーズ上位組のアスコリピチェーノステレンボッシュ先行力のあるエトヴプレシカゴスティングを抑える。



◎チェルヴィニア
▲ライトバック
〇クイーンズウォーク
△アスコリピチェーノ
△ステレンボッシュ
△エトヴプレ
△シカゴスティング



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ