ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 交流重賞(南関東重賞以外)

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日は北海道2歳優駿を予想する。
2歳重賞で毎回書いているが、この時期の2歳戦はホッカイドウ競馬所属馬の軽視禁物だ。
過去5年、JRA勢が3勝でホッカイドウ競馬勢が2勝。過去10年まで広げると、JRA勢・ホッカイドウ競馬勢共、5勝ずつで全くの互角。

今年のホッカイドウ競馬勢も、頭数こそ少ないものの、実力有る馬が出走する。
対するJRA勢は、プラタナス賞を圧勝したルヴァンスレーヴの回避が有ったが、同レース3着のフィールシュパース等が立ち向かう。


気になる展開だが、最内からディーエスソアラーが逃げるだろうが、全馬共、距離を意識してスロー濃厚。一団で進み、3コーナー付近から力比べとなりそうだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。


【出走全馬ワンポイント評価】
いつものワンポイント評価に加えて、今回も地方勢の調教時計のうち、好時計(36秒台以下)の馬をピックアップして紹介する。



1番ディーエスソアラー
2走続けてヤマノファイトに完敗。ここも厳しい。
調教は、坂路で35.6~12.4と好タイムを出しているし、好枠からハナを切れそうだが、、、、


2番フィールシュパース
前走のプラタナス賞はルヴァンスレーヴに完敗だが、レコードでぶっちぎったルヴァンスレーヴが強過ぎたこともある。この馬自身、2ターンの競馬も経験しているし、輸送も経験済み。初のナイターと門別競馬場の深い砂を克服すれば、上位争い可能だ。


3番ナナヒカリ
地元ホッカイドウ競馬で1勝のみ。ここも厳しい。


4番ハッピーグリン
芝で2戦続けて好走後、前走もヤマノファイトと接戦。力上位だ。
調教も、坂路で2週続けて36.7~12.3・36.5~12.9と好タイムを出している。


5番マイネルアンファン
ルヴァンスレーヴが強過ぎたとはいえ、前走と3走前で大敗。ここも厳しい。


6番サザンヴィグラス
距離を伸ばした近2走が惜敗。ただ、前走は正攻法で勝負したもので、悲観するものではない。人気が落ちるならば寧ろ美味しい。


7番ドンフォルティス
連勝中の勢いは有るが、2ターンの競馬が初めてなのは気になる。距離が伸びて良いか、半信半疑。


8番ヤマノファイト
芝ではダメだったが、ここ2戦で重賞を連勝。ただ、ハッピーグリンやサザンヴィグラスとはほとんど力差が無さそうで、人気を集めるならば印を落とすことも一考。
調教は、坂路で2週続けて36.5~12.1・36.5~12.5と好タイムを出している。


9番ムルシェラゴ
前走の未勝利戦での勝利は、プラタナス賞と0.2差しかない優秀なもの。ブリンカー付きの馬なので、外枠も良い。とはいえ道悪でタイムが出易かったのも事実。



【最終結論】
◎はムルシェラゴ。外から楽に先行出来そう。展開も向きそうで、面白い存在。


▲はサザンヴィグラス。上記の通り、ハイペースの中で正攻法にて3着した前走は評価できるもの。


〇はハッピーグリン。田中淳厩舎は、4年前にハッピースプリントで当レースを勝利。この馬も続く可能性十分。


以下、重賞連勝の勢いをかってヤマノファイト、差し脚に光るものがあるフィールシュパース、2ターンを克服できれば差してきそうなドンフォルティスを抑える。


◎ムルシェラゴ
▲サザンヴィグラス
〇ハッピーグリン
△ヤマノファイト
△フィールシュパース
△ドンフォルティス

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)




【レース展望】

今日はエーデルワイス賞を予想する。
今月の連戦は今日で一段落するので、ビシっと当てる!!


このレースは例年、地方勢(ホッカイドウ競馬)が強いレース。
過去5年、馬券内に来た15頭中、9頭が地方勢。
その理由は幾つか有るが、

・JRA勢に、本州→門別への輸送リスクがある。また、JRA勢は、門別コース・ナイター未経験。
・この時期、有力馬は芝を使い、ダートには手を出さない。また、短距離にも手を出さない(未だにJRAは、「芝>ダート」「中長距離>短距離」という考え)
・JRA勢のキャリア(使用レース数・ダート経験数)が少ない。

といったところ。
それなのに、例年JRA勢に人気が集まり、地方勢の人気が落ちるので、結果、波乱となっている。
今年も穴を狙っていく!!



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




【出走全馬ワンポイント評価】
いつものワンポイント評価に加えて、今回は地方勢の調教時計のうち、好時計(36秒台以下)の馬をピックアップして紹介する。



1番ラインギャラント
初ダート。スウェプトオーヴァーボード×ダイワメジャーならば、ダートをこなしてもおかしくないが、脚質が後方からであり、最内で包まれて終わる可能性も大。


2番ハナザカリ
前走、前残りの競馬を差してきた脚に魅力有り。内枠を活かしてロスなく立ち回れば、一発も。
調教も、坂路で36.6~12.4と好タイムを出している。


3番マサノスマイル
ハナ争いは、この馬とシャインカメリアか。前走は馬場差もあるが、フルールカップより早い時計での勝利だった。行ききれば残り目が有るかも。


4番コスモウーノ
重賞では2戦とも完敗。ここも厳しそう。


5番フォローユアハート
ダントツのキャリアが売り(今回で9戦目)。また、前走の重賞でも上がり最速で差してきた。ただ、距離短縮は微妙。


6番シャインカメリア
JRA勢で唯一ダートを経験し、勝利している。人気になるだろうけど、過剰になるならば嫌った方が妙味有り。


7番ジュンドリーム
芝を6戦使って、今回初ダート。近走が冴えない為、ダート替わりで好結果が出るかは半信半疑。


8番アンジュキッス
サウスヴィグラス×アグネスタキオンという血統で田中淳厩舎ならば、バックボーンは問題ない。が、馬の方は、2戦続けて善戦止まり。ここも厳しいのでは。


9番ストロングハート
3走前を除くと、逃げ・先行で安定して走っている。
この馬は、毎年馬券内に馬を輩出させ、過去5年でも2度勝利している角川厩舎の馬。
更に、父サウスヴィグラス×母父スマートボーイという血統は、一昨年2着のモダンウーマン・昨年2着のアップトゥユーと同様。そのアップトゥユーの全妹が本馬だ。
生産者も同じグランド牧場であり、今年も期待できる。
調教も、坂路で36.7~12.0と好タイムを出している。


10番ボーダレスガール
前走でストロングハートを差し切り、重賞制覇。南関東の短距離で活躍しているスアデラの全妹であり、ここも有力だ。
調教も、坂路で36.6~12.5と好タイムを出している。


11番グラヴィオーラ
重賞で2戦続けて善戦。ここも大崩れは無さそうだ。
調教も、坂路で36.7~12.6と好タイムを出している。


12番リコーデリンジャー
1着馬とは差があるが、それでも重賞で3戦続けて掲示板。安定感がある。
調教も、坂路で35.5~12.4と好タイムを出している。


13番パキラパワー
角川厩舎のもう一頭の馬。こちらも逃げ・先行で2戦2勝と侮れない。


14番ウインジェルベーラ
初ダート。砂を被りにくい外枠は良いが、その分、距離ロスが生まれるのをどうカバーするか。


15番パートカラー
フレッシュチャレンジでの勝利以降、大敗続き。ここも厳しい。
調教では、坂路で36.2~12.7と好タイムを出しているが。。。。


16番リボース
近走大敗続き。ここも厳しい。




【最終結論】
◎はボーダレスガール。恐らくストロングハートのほうが人気になるだろうけど、その馬に勝っているこちらが人気薄になるのは美味しい。


▲はフォローユアハート。先行勢が多くハイペースになり、スタミナが求められそう。その時、この馬の差し脚が活きそう。


〇はストロングハート。上記の通り、このレースでは角川厩舎×グランド牧場は外れない。


以下、もう一頭の角川厩舎のパキラパワー、重賞で安定しているグラヴィオーラ、好調教のリコーデリンジャー、内から無欲の差しがハマりそうなハナザカリを抑える。JRA勢は全て切った。


◎ボーダレスガール
▲フォローユアハート
〇ストロングハート
△パキラパワー
△グラヴィオーラ
△リコーデリンジャー
△ハナザカリ


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)



【レース展望】

今日はマイルチャンピオンシップ南部杯を予想する。
私的には、京都大賞典より南部杯!!
ちなみに、京都大賞典は競馬ブログランキングで、予想を実施済です。



このレースは、実質、JRA勢の7頭立てのレースだ。
そして、過去5年、馬券内に来た馬は、4コーナーで5番手以内。
連対した馬は、4コーナーで4番手以内。更に言うと、連対した馬のうち、ベストウォーリアの2着を除くと2番手以内。圧倒的に先行馬が有利だ。差し馬は勢いよく来るが届かず、と言った感じ。

今年のメンバーを見ると、先行出来そうなのは、内からベストウォーリア・ノボバカラ・コパノリッキー。ウインフルブルームは初ダートで未知数だが、砂を被りたくないだろうから、先行濃厚。
そして、キングズカード・ゴールドドリーム・カフジテイクは差し馬なので割引き。

こうして考えると、かなりわかりやすいレースだ?!



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ユッコ
4・5走前でジュエルクイーンに完敗。そのジュエルクイーンが交流重賞で苦戦している現状。この馬も厳しい。


2番ベストウォーリア
2014・2015年の当レースの覇者。昨年も2着と、安定している。今年も当然有力。
ベストな条件の左回りダートマイルで、どこまで勝負できるか。レース傾向通り、先行したい。


3番ノボバカラ
近走は芝を走っていて参考外。5走前に逃げて重賞勝利したり、先行するとしぶとい。距離は守備範囲ギリギリだろうけど、先行できるのはこのレースで大きなアドバンテージ。


4番アドマイヤイバマ
地元岩手で勝てていない。ここも厳しい。


5番サルバドールハクイ
地元笠松で勝てていない。ここも厳しい。


6番メイショウオセアン
JRAオープン馬だったが、2走前から岩手に転厩した後も勝てていない。ここも厳しい。


7番ウインフルブルーム
初ダート。芝での先行力は有るが、歴戦のダート馬に好走できるかどうか。順調に使えないのも不安。


8番チェリーピッカー
JRA未勝利から岩手に転厩し、15勝。前走でメイショウオセアンを下して勢いに乗るが、昨年の勝ち時計を考えると、勝つには持ち時計をあと6秒詰めないといけない。厳しいだろう。


9番キングズガード
前走、豪快に差し切って重賞勝利したが、冒頭の通り、脚質は非常に不安。今回は割引では。


10番ケイリンボス
交流重賞でも地元高知でも勝てていない。ここも厳しい。


11番コパノリッキー
昨年の覇者。気分良く走ると無類の強さを発揮する。枠順等を見ると、外から気分良く先行出来そうで、連覇の可能性が十分有る。


12番イーグルカザン
2走前の交流重賞で完敗。ここも厳しい。


13番ゴールドドリーム
今年のフェブラリーSの勝ち馬だが、ドバイで大敗し、前走の帝王賞も完敗。どこまで状態を立て直す事が出来ているかがカギ。


14番カフジテイク
後方から凄い脚を使う馬。それでいて、近走は安定した成績を残している。
だが、冒頭の通り、このレースでは差し馬は鬼門。


15番トキノベラトリクス
使われ続けているが、前走の通り力は不足している。ここも厳しい。


16番コスモジョイジョイ
今年に入り、8戦して全て馬券内。だがそれはあくまで岩手の中での話。交流重賞では厳しい。


【最終結論】
◎はベストウォーリア。内枠を引いたので、包まれるのを嫌って先行すれば、自然と好結果が産まれそう。昨年と同様、コパノリッキーとの一騎打ちに持ち込みたい。


▲はノボバカラ。前に行く馬が少なく、展開は確実に向く。後は出遅れないで欲しい。


〇はコパノリッキー。盛岡は非常に相性の良いコース。番手か逃げで、前々から押し切りたい。


以下、3着までは差してくるかもしれないカフジテイクキングズガード、立て直されていたらG1馬の底力が怖いゴールドドリーム抑える。


◎ベストウォーリア
▲ノボバカラ
〇コパノリッキー
△カフジテイク
△キングズガード
△ゴールドドリーム






こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】

今日は白山大賞典を予想する。
今日から交流重賞3連戦、全勝目指して頑張る!!

初日のこの競馬は、JRA勢とカツゲキキトキトの実質6頭立て。
3連戦のうち、一番難易度が低そうだ。
6頭の実力や展開を見極めたい。

小回りの中距離レースという事で、まず求められるのは立ち回り力。コース経験も重要だ。
また、今日~明日は、金沢は雨。前に行く馬が有利になりそうだ。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。


【出走全馬ワンポイント評価】
1番マズルファイヤー
地元笠松で大敗続き。ここも厳しい。


2番タガノディグオ
交流重賞勝ち馬だが、そのために今回斤量を背負う事になるし、前走が馬体重を大きく減らして大敗。状態が戻っているかどうかがカギ。
また、末脚を活かすタイプで、それが重馬場濃厚な今回に合うかどうか。Mデムーロの乗り代わりも出遅れのリスクが有るため、プラスかどうかは微妙。


3番カツゲキキトキト
昨年の当レースは6着だったが、その後、交流重賞で2度の3着。確実に力を付けているはずだが、今回は時計勝負となりそうなのがどうか。休養明けに2度レースを使われているが、内容がイマイチなのも不安。先行してどこまで粘れるか。


4番コパノチャーリー
この馬がハナを切りそう。コパノリッキーの弟で、兄同様、気分良く先行出来れば強い。
重馬場での勝利も有るし、交流重賞初挑戦だが見劣りしない。


5番ナムラアラシ
ダートの中長距離で安定した成績を残しているが、差しの脚質で買いづらい。ちなみにこの馬も交流重賞初挑戦。


6番マイネルリボーン
地元金沢でも善戦するのがやっと。ここも厳しい。


7番ミスアバンセ
力が足りない。ここも厳しい。


8番クリノスターオー
前走は大敗したが、スタミナは豊富。重要な事は、揉まれないかどうか。今回のメンバーでは楽に先行出来そうだし、重馬場で馬群がバラけそうなので、この馬におあつらえ向きの展開となりそう。


9番アダムズアップル
地元笠松で大敗続き。ここも厳しい。


10番インカンテーション
順調に使えないが、重賞4勝と底力は有る。唯一の不安点は、時計勝負になった時。3年前に高速決着となったエルムSで3着に来ているが、、、、



【最終結論】
◎はコパノチャーリー。展開と馬場を味方に、そのまま逃げ切れる。▲・〇と合わせて、行った行ったに期待。


▲はインカンテーション。馬場を考慮して、外から3番手くらいに付けたい。


〇はクリノスターオー。コパノチャーリーを行かせて2番手を取りたい。


以下、時計勝負は未知だが先行出来そうなカツゲキキトキト、確りした末脚は有るナムラアラシタガノディグオ抑える。


◎コパノチャーリー
▲インカンテーション
〇クリノスターオー
△カツゲキキトキト
△ナムラアラシ
△タガノディグオ





昨日に引き続いて、交流重賞連勝を狙う!!

今日はブリーダーズゴールドカップを予想する。
本レースは牝馬限定の中距離交流重賞となって、今年で4年目。
2015年はハイレベルな戦いとなったが、昨年は一転してレベルダウン。今年も交流重賞勝ちが2頭しかおらず、低レベルな戦いになりそうだ。昨年の2~4着馬が出走するが、この3頭は0.6秒内にひしめき合っていた。昨今の交流重賞は、地方所属馬の食い込みが目立つので、小波乱は有りそう。


一方で、中距離レースという事で、本レースはスタミナが求められ、順当な決着が続いている。また、門別コースは地方競馬の中で広くて直線も長いが、過去3年、エルムSと同様に、4コーナーで4番手以内に居た馬が、そのまま馬券内に入っている。前に行かないと勝負にならないのだ。




予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




◎はタイニーダンサー。昨年の2着馬が今年の勝利に一番近いとみた。門別出身でコース実績は申し分ないし、今年の5走の中で一番着差が少なかったのは、3月のエンプレス杯。スタミナには自信がある。57キロも背負い慣れてきたようで、ホッカイドウ競馬リーディングの桑村を背に勝利だ!!


▲はジュエルクイーン。昨年の4着馬が一発有りそう。昨年、タイニーダンサーとは0.6差。今年は斤量が2キロ貰いとなる。2走前が圧勝、前走も快勝と、力落ちは無い。3走前の時計で走れれば昨年2着のタイムより早い為、十分チャンスは有る。


〇はクイーンマンボ。過去3年、関東オークスを勝ってここに出走した馬は、2番人気で3着になったホワイトフーガと、3番人気で2着になったタイニーダンサー。要するに馬券内に入っているということ。今年は、連覇したアムールブリエのような強敵が不在なので、やはり馬券内だろう。


以下、単騎逃げが叶いそうなマイティティー、前走1000万下を快勝した勢いを買ってスルターナを抑える。


◎タイニーダンサー
▲ジュエルクイーン
〇クイーンマンボ
△マイティティー
△スルターナ

↑このページのトップヘ