ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 交流重賞(南関東重賞以外)





ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!







【レース展望】
今年は全国的に寒く、雪が多い。
それは、佐賀競馬場も同様。
2/4の様子がこちら。




そして、これが昨日の状態。


このような状態だと、今日の馬場も悪そう。
道悪競馬の適性が重要だ。

一方、後述するけど今回は実質、JRA勢+フリビオンの6頭立て。
どう順列を付けるか。。。。



展開だが、コパノチャーリーがハナへ行くだろう。その後ろに、内からクリノスターオー・外からマイネルバサラが続くか。馬場を考えると、前が有利そうだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ルールソヴァール
サウンドトゥルーの全弟で、前走でオープン勝ち。
3走前には重賞で2着に来ており、ここも有望。
展開が向いて欲しいのと、内で揉まれるのを避けたい。



2番フリビオン
高知最強馬。初の交流重賞でどこまでやれるか。
3走前に今回と同舞台で走った際のタイムが、2.12.2。
昨年の当レースのタイムが、2.06.7。
馬場やメンバーの差などをふまえつつも、相当タイムを詰めないと厳しいが、、、、。



3番ミッキーヘネシー
昨年の当レースで6着(1.7差)。厳しい。


4番キクノソル
JRAで頭打ちになり、前走より園田へ移籍。そこでも勝てず、ここも厳しい。


5番トップディーヴォ
前走の名古屋グランプリで2着に善戦。
重馬場での好時計勝ちが幾度も有るし、器用さや先行力も有る。
展開を考えると、前に付けたい。



6番デリッツァリモーネ
現在の佐賀の強豪馬の一頭だが、元々はJRAの500万下
また、
キョウワカイザーとの力差を考えると、ここも厳しいのでは。


7番コパノチャーリー
前走の白山大賞典は、出遅れたので参考外。ハナを切ってどこまで粘れるか。


8番キョウワカイザー
3年連続の参戦。
この馬も現在の佐賀
の強豪馬の一頭だが、過去2年、一昨年が6着(1.9差)・昨年が5着(1.5差)。
厳しいだろう。



9番クリノスターオー
Mデムーロ騎乗は魅力に見えるが、長くこの馬に騎乗した幸がルールソヴァールを選んだのは気になる。揉まれず先行出来るか、そして2走前の浦和記念のように出遅れないか。不安要素は多い。


10番マイネルバサラ
2走前の浦和記念や3走前の1600万下の勝利は、いずれも不良馬場。その再現ができれば。
58Kを背負うので、早めに前に付けて押し切りたい。


11番アクロマティック
佐賀で勝てない状況。厳しい。


12番コウザンワールド
この馬も近走冴えない。厳しい。



【最終結論】
◎はトップディーヴォ。重・不良馬場では6戦4勝2着2回。得意の馬場に加えて、展開も向きそうだ。


▲はコパノチャーリー。ハナを切れそうなメンバーに加えて、昨年の当レースを制した川田が鞍上というのもプラス。


〇はマイネルバサラ上記の通り、この馬も不良馬場を得意としている。2走前の浦和記念のように、マクリを決めたい。


以下、交流重賞だと揉まれる可能性が減って好走の確率が高まるルールソヴァール、揉まれずに先行出来れば面白いクリノスターオー、前が崩れれば一角崩しも有り得るフリビオン抑える。


◎トップディーヴォ
▲コパノチャーリー
〇マイネルバサラ
△ルールソヴァール
△クリノスターオー
△フリビオン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




有馬記念が終わった後から、当ブログは忙しくなる。
今日から年末にかけて、毎日重賞がある。
当ブログでも、毎日予想を更新するので、乞うご期待!!


【レース展望】

今日は兵庫ゴールドトロフィーを予想する。
悪天候等の影響で、ホッカイドウ競馬勢が出走取消となったのが非常に残念。
ハンデ戦ということもあり、過去5年で馬券内に来た15頭のうち、地方勢が5頭。軽ハンデを活かせるチャンスだったが、、、、


展開だが、トウケイタイガーが何が何でも行くだろう。先行勢は多く、内からラブバレット・外からサイタスリーレッド・グレイスフルリープらも前に行きそう。ペースは速くなりそうだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番レーザーバレット
一昨年の当レースの勝ち馬。前走のオーバルスプリントで2着に入り、得意の2ターンならばまだ侮れない事を証明。最内枠は乗り難しいが、園田をよく知る岩田に期待。


2番オヤコダカ
出走取消


3番バズーカ
地元でも勝ったり負けたりといった状況。厳しい。


4番ラブバレット
昨年の当レースで4着。前進を期待したいが、ハンデが1K重くなるのと、交流重賞では盛岡以外で馬券内に来ていないのが気になる。


5番ドリームバレンチノ
4年前の勝ち馬であり、一昨年・昨年とも、59.5Kで馬券内に来ている。近走パッとしないが、コース適性は十分。


6番エイシンヴァラー
4走前より地方に移籍。大井ではサッパリだったが、園田で息を吹き返したか。JRA時代にオープンでの勝利があるし、押さえておくべき。


7番ストーンリバー
出走取消


8番ドリームコンサート
昨年の当レースで7着。近況、昨年より勢いが無く、厳しい。


9番トウケイタイガー
頭数が減ってより確実にハナを切れそうなのは好材料。加えて、園田では7戦して6勝。コース適性にも期待できる。


10番サイタスリーレッド
3走前にオーバルスプリントを逃げ切り勝ちしたが、その後の2走がサッパリ。ここもトウケイタイガーがハナを切りそうで、展開的に辛そうだ。


11番タイセイバンデット
出走取消


12番グレイスフルリープ
超大型馬で、大外から自分のぺースで行けるのは何より。好走の可能性は十分だ。



【最終結論】
◎はレーザーバレット。2ターンの競馬でこのメンバーならば、頭まである。園田を知り尽くした岩田の手綱さばきに期待。


▲はドリームバレンチノ。10歳となったが、当レース・当コースの相性を活かし、得意の2ターンで馬券内を期待。


〇はグレイスフルリープ。ノッてる鞍上を背に、大外からスムーズに先行出来れば好走の可能性大。


以下、スンナリとハナを切れれば粘りこみも期待できるトウケイタイガー、JRAでの実績をふまえると軽視できないエイシンヴァラー、スムーズに先行出来れば馬券内も有り得るラブバレットを抑える。


◎レーザーバレット
▲ドリームバレンチノ
〇グレイスフルリープ
△トウケイタイガー
△エイシンヴァラー
ラブバレット



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日は名古屋グランプリを予想する。
昨日の全日本2歳優駿も的中。今日も連勝を狙う!!


当レースはリピーターが非常に目立つ(アムールブリエ:2015・2016年勝利。ニホンピロアワーズ:2011年勝利、2014・2015年2着。シビルウォー:2013年勝利、2010・2014年3着。エーシンモアオバー:2012・2014年勝利、2011年2着)。コース適性が非常に重要だし、名古屋の経験があるのはそれだけでアドバンテージ。


展開だが、内枠に入ったクリノスターオーが行きそう。前走は出遅れて競馬にならなかったから、スタートに気を付けて行くだろう。その後にカツゲキキトキトが続くか。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番メイショウスミトモ
前走のチャンピオンズCは14着でも0.9差。最内で脚を溜める事が出来れば侮れない。


2番トップディーヴォ
前々走のシリウスSは4着だったが、勝ったメイショウスミトモとは1K重くて0.4差。今回は同斤となるため、逆転もありそうだ。


3番クリノスターオー
冒頭の通り、前走の浦和記念は出遅れて競馬にならず。スタートさえ出れば、前々走の白山大賞典や4走前のマーキュリーCのように力を発揮できる。


4番ストゥディウム
近走、レースになっていない。吉原騎乗は魅力だが、厳しいだろう。


5番カツゲキキトキト
昨年の当レースで3着。他、今年の名古屋大賞典で3着・白山大賞典で2着と、着実に力を付けている。コース実績も加味して、上位争い必至だ。


6番トウシンイーグル
出涸らし状態でJRAから園田へ転厩。その初戦も、地元馬に敗戦。厳しい


7番ブランニュー
3走前にカツゲキキトキトに大敗。ここも厳しい。


8番ドラゴンエアル
4走前のマーキュリーCは1.0差の5着。それほど負けていないのだが、小回りの名古屋コースが合うかどうか。実績が大井外回りや門別に集中しているので、、、、


9番タガノディグオ
夏以降、サッパリ。ここも厳しそうだ。


10番アサクサポイント
3走前にカツゲキキトキトに敗戦。ここも厳しい。


11番オールブラッシュ
今回も外枠で逃げられそうにない。前走の浦和記念も3着とはいえ2.3差で完敗だったし、ここも外を廻らされて脚を無くしそう。4走前の名古屋大賞典でも完敗している。


12番サクラビクトワール
前走の北國王冠はグルームアイランドに完敗。厳しいだろう。



【最終結論】
◎はクリノスターオー。前走の反省を活かして何が何でも行くだろう。カツゲキキトキトとの行った行ったに期待。


▲はメイショウスミトモ。小回りコースへの対応がカギだが、中山や函館では好走できているし、半兄のロングプライドは当レースで2着。この馬も続けれらないか。


〇はカツゲキキトキトここは名古屋大賞典や白山大賞典よりもメンバーが落ちる。最近は安定して先行出来ているし、軸に最適だ。


以下、同じく先行して粘りこみが期待できるトップディーヴォ、3着ならば粘り込めるかもしれないオールブラッシュを抑える。


◎クリノスターオー
▲メイショウスミトモ
〇カツゲキキトキト
△トップディーヴォ
△オールブラッシュ



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日は兵庫ジュニアグランプリを予想する。
2歳重賞で毎回書いているが、この時期の2歳戦は地方所属馬(特にホッカイドウ競馬勢)の軽視禁物だ。
過去5年、JRA勢が3勝で地方所属勢が2勝。馬券内に来た馬の15頭を見ても、JRA勢が9頭に対して地方所属勢が6頭。2歳ダート戦では、JRA勢を重視し過ぎない方が良い馬券にありつける。


展開だが、ハヤブサマカオーの単騎逃げが濃厚だ。前走でレコード勝ちしたスピードは侮れない。ただ、過去5年、馬券内に入った15頭を見ると、ずっと先頭で逃げ切った馬はいないのは気になる。園田のコースは直線が短く、早め早めに騎手が仕掛けてくるため、目標にされやすい逃げ馬には厳しいコース。
そして、4コーナーで4番手以内だった馬が13頭。前に行ける馬・捲れる馬を選びたい。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番スウォナーレ
4走前に勝利した後は苦戦続き。ここも厳しい。


2番レナータ
園田を知り尽くした鞍上は魅力だが、前走は出遅れを、スローペースでカバーできたのが良かった模様。ここは内枠で揉まれそうで厳しいのでは。


3番エムティストロフィ
3走前に勝利した後は苦戦続き。ここも厳しい。


4番ソイカウボーイ
前走のサッポロクラシックカップを圧勝してここへ。このローテ・騎手・厩舎は、昨年の当レースを勝ったローズジュレップと同様。逃げても差しても競馬ができて、安定感が有る。


5番クラウンエンジニア
前走で初勝利を挙げたが、2走前はシャインカメリア(エーデルワイス賞にて1番人気11着)に完敗。ここも厳しそう。


6番リコーパイソン
桑原厩舎2頭出しの1頭。この馬は前に行きたいが、ハヤブサマカオーという強力な同型がいるので、自分の競馬をするのが難しそう。


7番タガノアム
前走で初勝利を挙げたが、スタートで躓きタイムも遅かった。ここは厳しい。


8番ハヤブサマカオー
2戦続けてぶっちぎりの逃げきりだが、冒頭に書いた通りこのレースは逃げ切りが困難。中心に据えるのはリスクがある。


9番アスターソード
前走の初勝利は、不良馬場だったとはいえかなり早いタイムだった。2走前の出遅れが気になるが、スムーズに走りやすい外枠もプラスだろう。


10番モリノラスボス
桑原厩舎2頭出しのもう1頭。2走前の鎌倉記念で5着。勝ったリコーワルサーに捲られる厳しい展開で粘っており、ここでもソコソコやれそう。


11番スリルトサスペンス
前走は芝のレースで参考外としても、それまでのレースで見所無し。厳しい。


12番ショコラパフェ
園田所属だが、ホッカイドウ競馬で力と実績を付けてきた。特にここ2戦は逃げ・差しと違う形で連勝。前走2着馬のヨシノファルコンは、サッポロクラシックカップで6着。弱くはない。



【最終結論】
◎はショコラパフェ。大外枠から、他馬の動向を見ながら自分のペースで走れそう。直近で1000を続けて使っていてスピード負けしないだろうし、地元下原の手綱さばきにも期待。


▲はアスターソード。JRA勢ではこの馬の差し脚を上位に取った。鞍上も最近好調だ。


〇はソイカウボーイ。ダートで3戦3勝、いずれも完勝。地方馬ながら、キャリア4戦。まだ伸びしろが有りそうだ。


以下、行き切れば再度の圧勝も有り得るハヤブサマカオー、実はダートでは安定しているモリノラスボスを抑える。


◎ショコラパフェ
▲アスターソード
〇ソイカウボーイ
△ハヤブサマカオー
△モリノラスボス



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日は北海道2歳優駿を予想する。
2歳重賞で毎回書いているが、この時期の2歳戦はホッカイドウ競馬所属馬の軽視禁物だ。
過去5年、JRA勢が3勝でホッカイドウ競馬勢が2勝。過去10年まで広げると、JRA勢・ホッカイドウ競馬勢共、5勝ずつで全くの互角。

今年のホッカイドウ競馬勢も、頭数こそ少ないものの、実力有る馬が出走する。
対するJRA勢は、プラタナス賞を圧勝したルヴァンスレーヴの回避が有ったが、同レース3着のフィールシュパース等が立ち向かう。


気になる展開だが、最内からディーエスソアラーが逃げるだろうが、全馬共、距離を意識してスロー濃厚。一団で進み、3コーナー付近から力比べとなりそうだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。


【出走全馬ワンポイント評価】
いつものワンポイント評価に加えて、今回も地方勢の調教時計のうち、好時計(36秒台以下)の馬をピックアップして紹介する。



1番ディーエスソアラー
2走続けてヤマノファイトに完敗。ここも厳しい。
調教は、坂路で35.6~12.4と好タイムを出しているし、好枠からハナを切れそうだが、、、、


2番フィールシュパース
前走のプラタナス賞はルヴァンスレーヴに完敗だが、レコードでぶっちぎったルヴァンスレーヴが強過ぎたこともある。この馬自身、2ターンの競馬も経験しているし、輸送も経験済み。初のナイターと門別競馬場の深い砂を克服すれば、上位争い可能だ。


3番ナナヒカリ
地元ホッカイドウ競馬で1勝のみ。ここも厳しい。


4番ハッピーグリン
芝で2戦続けて好走後、前走もヤマノファイトと接戦。力上位だ。
調教も、坂路で2週続けて36.7~12.3・36.5~12.9と好タイムを出している。


5番マイネルアンファン
ルヴァンスレーヴが強過ぎたとはいえ、前走と3走前で大敗。ここも厳しい。


6番サザンヴィグラス
距離を伸ばした近2走が惜敗。ただ、前走は正攻法で勝負したもので、悲観するものではない。人気が落ちるならば寧ろ美味しい。


7番ドンフォルティス
連勝中の勢いは有るが、2ターンの競馬が初めてなのは気になる。距離が伸びて良いか、半信半疑。


8番ヤマノファイト
芝ではダメだったが、ここ2戦で重賞を連勝。ただ、ハッピーグリンやサザンヴィグラスとはほとんど力差が無さそうで、人気を集めるならば印を落とすことも一考。
調教は、坂路で2週続けて36.5~12.1・36.5~12.5と好タイムを出している。


9番ムルシェラゴ
前走の未勝利戦での勝利は、プラタナス賞と0.2差しかない優秀なもの。ブリンカー付きの馬なので、外枠も良い。とはいえ道悪でタイムが出易かったのも事実。



【最終結論】
◎はムルシェラゴ。外から楽に先行出来そう。展開も向きそうで、面白い存在。


▲はサザンヴィグラス。上記の通り、ハイペースの中で正攻法にて3着した前走は評価できるもの。


〇はハッピーグリン。田中淳厩舎は、4年前にハッピースプリントで当レースを勝利。この馬も続く可能性十分。


以下、重賞連勝の勢いをかってヤマノファイト、差し脚に光るものがあるフィールシュパース、2ターンを克服できれば差してきそうなドンフォルティスを抑える。


◎ムルシェラゴ
▲サザンヴィグラス
〇ハッピーグリン
△ヤマノファイト
△フィールシュパース
△ドンフォルティス

↑このページのトップヘ