ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 交流重賞(南関東重賞以外)





ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



昨日の東京ダービー。
予想は残念ながらハズレたが、的場文の120点満点の騎乗が見られたので、何より。
ただ、その騎乗をもってしても、ダービーを勝てないとは、、、、
回顧記事は、土曜日にアップ予定だ!





気付いたらブログ更新ラッシュ!
いつもは月・火・木が空くのだが、転職や交流重賞で、記事が沢山。
読んでいただいている皆様に感謝だ。

その裏では、適性検査+面接ラッシュ!
こちらも準備が大変だが、機会が有るのはありがたいこと。
最良の結果を目指して、こちらもしっかりやる!!



【レース展望】
毎年JRA勢が上位を占めている交流重賞の、北海道スプリントC
今年はフルゲートとなったが、メンバーを見ると、今年も同様の傾向となりそうだ。


【2018/6/7 13:38加筆】

昨年こそニシケンモノノフが逃げ切ったが、門別競馬場は砂厚が12cmと深く、他よりも特殊なコース
大井競馬場の砂厚は8cm、東京競馬場は9cm)。
パワーが要求され、逃げ・先行に不利なケースがある。
直線は、外から差してくる馬のほうが優勢だ。


追切タイム
門別開催でも、追切タイムを載せていく!


1番シングンヴィグラス
6/4 門別坂路 38.0-25.7-13.5

2番ナリユキマカセ
6/4 門別坂路 36.6-24.8-13.0

3番テーオーヘリオス
5/30 栗W良 66.1-51.7-37.8-11.8 強め

4番ミッキーヘネシー
5/27 高知稍 57.3-43.0-28.7-13.7 馬なり

5番ラブバレット
6/3 水沢良 66.6-51.9-38.7-25.6-12.6 直線追

6番サトノプリンシパル
6/4 門別坂路 36.1-24.0-12.2

7番コールサインゼロ
6/4 門別坂路 36.4-24.3-12.5

8番カツゲキライデン
6/4 門別坂路 37.0-24.8-13.0

9番ニシケンモノノフ
6/3 函W良 68.9-53.8-40.0-13.2 馬なり

10番スノードラゴン
6/3 美坂良 55.2-40.0-25.9-12.1 馬なり

11番トドイワガーデン
6/4 門別坂路 36.2-23.8-12.2

12番コスタアレグレ
6/2 高知不 54.0-40.3-27.6-13.2 馬なり

13番ディナスティーア
6/4 門別坂路 36.0-24.3-12.6

14番コパノマイケル
5/30 栗坂良 53.4-39.0-25.5-12.7 末強め

15番モリデンシーザー
6/4 門別坂路 37.6-25.3-12.9

16番メイショウノーベル
6/4 門別坂路 36.4-24.1-12.4



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
特に、交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番シングンヴィグラス
牡5・56K:父オレハマッテルゼ、母リードスキー(マルゼンスキー)
24戦4勝 [4-4-3-13]
黒澤愛

南関東で通用せず。前走の地元戦でも大敗し、厳しい。



2番ナリユキマカセ
牡4・56K:キンシャサノキセキ、母ペン(ジャングルポケット)
25戦11勝 [11-3-1-10]
松井伸

この馬も南関東で通用せず。門別では善戦しているが、、、



3番テーオーヘリオス
牡6・56K:父Fusaichi Pegasus 、母Reagle Mary(Afternoon Deelites)
24戦6勝 [6-5-1-12]
濱中俊

前走の天王山Sを先行して押し切る。
初の交流重賞参戦と脚質は気になるが、メンバーが強くないので有力だろう。



4番ミッキーヘネシー
牡9・56K:父ハーツクライ、母ストーミングヘヴン(Hennessy)
65戦6勝 [6-3-6-50]
阿部龍

交流重賞では力不足。距離も短い。



5番ラブバレット
牡7・56K:父ノボジャック、母リバイバルガール(バブルガムフェロー)
44戦17勝 [17-8-3-16]
山本聡

前走の東京スプリントでは、大外枠から行き脚がつかず6着(0.6差)。
今回は輸送距離も短くなるし、メンバーも楽になる。前に行きたい。



6番サトノプリンシパル
セン8・56K:父Bernardini、母Toroca(Nureyev)
40戦7勝 [7-3-4-26]
服部茂

元々がJRAオープン馬。門別で連勝中もうなづける。
ただ、今回は同型馬が多数。自分の競馬ができるかどうか。



7番コールサインゼロ
牡6・56K:父カネヒキリ、母キタサンエージャン(カコイーシーズ)
49戦14勝 [14-3-4-28]
伊藤千

近走、地元でも冴えない。厳しい。



8番カツゲキライデン
牡7・56K:父ノボジャック、母アメリカンハット(ホスピタリティ)
66戦29勝 [29-7-3-27]
桑村真

元々が南関東のC1馬。交流重賞では厳しい。



9番ニシケンモノノフ
牡7・59K:父メイショウボーラー、母グリーンヒルコマチ(アフリート)
40戦12勝 [12-7-1-20]
横山典

昨年の覇者。
59Kを考えると、今年も逃げるか先行して、押し切りを狙いそうだ。



10番スノードラゴン
牡10・59K:父アドマイヤコジーン、母マイネカプリース(タヤスツヨシ)
56戦8勝 [8-13-6-29]
五十冬

昨年の当レースで3着(0.8差)。
先行馬が揃い、展開は向く。後は加齢の衰えがどれくらいあるか。
4走前のカペラSで2着(0.1差)に来ており、まだイケると思うが、、、、



11番トドイワガーデン
牡5・56K:父サウスヴィグラス、母ラブイズエンジェル(フジキセキ)
26戦6勝 [6-3-4-13]
阪野学

2・3走前に、サトノプリンシパルに完敗。厳しい。



12番コスタアレグレ
牡8・56K:父シニスターミニスター、母コーディーライン(Miswaki)
29戦7勝 [7-3-0-19]
倉兼育

元JRAの準オープン馬。4走前にはコパノマイケルと0.7差だったし、高知に移籍して3連勝中。
ただ、高知から門別への長距離輸送が厳しい。
克服できれば、、、、



13番ディナスティーア
牝6・54K:父ダイワメジャー、母フィリス(アフリート)
21戦2勝 [2-3-3-13]
山本咲

この馬も2・3走前に、サトノプリンシパルに完敗。厳しいだろう。



14番コパノマイケル
牡5・56K:父ゴールドアリュール、母ジョウノイザベラ(ウォーニング)
13戦5勝 [5-2-0-6]
宮崎光

前走の黒船賞は、初の交流重賞で大敗(2.9差)。
今回は前走より先行争いが楽になりそうだし、距離短縮も良い。



15番モリデンシーザー
牡6・56K:父ファスリエフ、母アローフィールド(シャーディー)
44戦4勝 [4-6-4-30]
井上幹

この馬も南関東で通用せず。厳しいだろう



16番メイショウノーベル
牡9・56K:父スペシャルウィーク、母ミスキ(Miswaki)
43戦5勝 [5-6-6-26]
岩橋勇

昨年の当レースで6着(1.9差)。
元JRAオープン馬なのだが、近走冴えず、厳しい





【最終結論】
◎はスノードラゴン
門別競馬場は、下のとおり明日天気が良く、良馬場見込み。
力の要る馬場になりそうで、速い時計が求められないだろう。
そうすると、この馬にもチャンスがある。展開も向きそう。
過去3回、当レースで2・3・3着しているが、今回は勝利だ!!


20180607


▲はコパノマイケル
距離短縮されて、実績有るダ1200での巻き返しに期待。
内に先行勢が揃い、それらを見ながら外から進められそうなのもよい。



〇はニシケンモノノフ
他馬との力関係よりも、斤量59K、自分との戦いがポイントだろう。
先行できれば、崩れる可能性は低い。



以下、枠が内になってメンバーも楽になるラブバレット、内で揉まれそうだがスンナリ前に行ければ通用しそうなテーオーヘリオス、長距離輸送を乗り越えられれば一発も有るコスタアレグレ抑える。


◎スノードラゴン
▲コパノマイケル
〇ニシケンモノノフ
△ラブバレット
△テーオーヘリオス
△コスタアレグレ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!







ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



転勤話の続き。
昨日は連休の谷間の平日ということで、ネクストステージ絡みのメールがガンガン送付されてきた。
それらに対応しつつ、今日は家事を行っている。
家に居る時は、やるべき事をやるべし


昨日のかしわ記念は、〇▲◎で久々に快勝!!!
今日も連勝を続けていく。

なお、今日はこの後、東京湾カップの予想を掲載する。
昼12時頃予定だ。



【最終結論】
◎はメイショウヒサカタ
前走の昇竜Sを人気薄で勝利。
そこで6着に負かしたバイラが、先日の端午Sを勝利しているように、この馬の力は本物だ。
今回は外枠から楽に先行出来そうなメンバー。園田1870は、コーナーを6回も回る、先行有利なコース形態。前目に付けての粘り込みに期待!


▲はワークアンドラブ
近走冴えないように見えるが、近走の着差は以下の通り。

前走の伏竜S(5着):ルヴァンスレーヴと1.2差。
前々走のヒヤシンスS(9着):スマハマと1.6差。
4走前の樅の木賞(1着):サージュミノルと0.0差。

これは、他のJRA勢の、テーオーエナジー(3歳500万下でスマハマと1.1差)・ビッグスモーキー(全日本2歳優駿でルヴァンスレーヴと1.1差、もちの木賞でサージュミノルと0.0差)・キャベンディッシュ(伏竜Sで7着)と、ほとんど差がない。

今回は、園田のトップジョッキーの一人である田中学を鞍上に前進が有る!
交流重賞は馬群がバラけやすく、気分よく走ることが出来そうなのもプラスだ。


〇はテーオーエナジー
デビュー以来、一貫してダ1800を使われ続けて、未だ複勝圏を外していない。
鞍上は園田を知り尽くした岩田、軸に最適だ。



以下、単騎逃げが見込めそうなアゼツライト、他のJRA勢のビッグスモーキーキャベンディッシュ抑える。


◎メイショウヒサカタ
▲ワークアンドラブ
〇テーオーエナジー
△アゼツライト
△ビッグスモーキー
△キャベンディッシュ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!






ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



転勤話の続き。
昨晩、無事イベントをこなして、今日は旧知の方との飲み
酒を飲むのは、先月末以来。楽しみだ!


常々思っているのだが、「何を飲食するか」よりも「誰と飲食するか」が大事。
一緒に居て心地良い人とならば、発泡酒を飲んでも高級飲料となる。
逆のパターンならば、万円以上の飲食もクソ不味くなってしまう。


後はタバコ。これは本当にダメ。
健康に悪いのは勿論、飯が不味くなるし、臭いも酷い。
未だに喫煙可能な飲食店が多いのは本当にあり得ないし、そうした店はどんどん淘汰されて欲しい。



【最終結論】
◎はトウケイタイガー
昨年の当レースの覇者。
そこから斤量が+2Kとなるが、単騎逃げが再度見込めそうなメンバー。連覇に期待だ。
昨年後半の連戦の疲れを癒し、前走は調教代わりのレースを楽勝。
ここに向けて準備万端だ!


▲はコパノチャーリー
連闘で臨むが、前走から-2Kの斤量で挑める。
その前走では、フェブラリーS4着のサンライズノヴァと0.4差。
今回、地元をよく知る佐藤友を鞍上に、内から先行出来れば一発が有る!!



〇はキングズガード
ダ1400では本当に安定している。
今回は斤量58K、自分との戦いがカギ。



以下、前走地元での一戦を快勝して今回斤量が-4Kとなるカツゲキキトキト、前走の黒船賞を快勝したエイシンヴァラー、レース間隔が詰まっているが力上位のブルドッグボス、初の交流重賞に挑むサクセスエナジー抑える。


◎トウケイタイガー
▲コパノチャーリー
〇キングズガード
△カツゲキキトキト
△エイシンヴァラー
△ブルドッグボス

△サクセスエナジー


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!






ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




まずは明日の大井競馬。
中野騎手の騎乗が決まっている!!
大井へ行ける方は、是非行って欲しい!!



来月より遠い場所へ転勤となる話のつづき。
引越し・業務引継ぎなど、引き続き毎日行っている。
マンスリーマンションも確保できたし、飛行機も大丈夫。


後は、やれることをやれるだけやっている。
元々感じていたが、今回の転勤を受けて、私が勤める会社への不信感がますます増大した。
ダメで元々、色々やっていこう!!
睡眠障害や胃腸の調子も幾分緩和。良い傾向だ。


ただ、このブログの更新は、当面はネットカフェから行う予定。
今週のようにレースラッシュとなると、更新が追い付かない事も。
どうかご容赦いただきたい。 


【レース展望】
名古屋1900は、コーナーを6回も回る。直線も短い為、器用さが要求される。
コース巧者が産まれるし、脚質的には先行が有利だ。
昨年の名古屋グランプリの予想記事で書いた通りだ。


展開だが、先行馬が意外と少ない。カツゲキキトキトがハナを切れるのではないか。
その後ろに、サンライズソア・ミツバが続きそう。
その後ろもJRA勢が占めそうで、JRA5頭+カツゲキキトキトの実質6頭立ての競馬となりそうだ。




予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番メイショウスミトモ
牡7・57K:父ゴールドアリュール、母ムゲン、母父アジュディケーティング
49戦8勝(8-2-6-33)
昨年の名古屋グランプリの覇者。そのせいで57Kを背負うが、当時と同じ1枠1番。
コースロスなく差せるのは絶好だ。


2番ブランユー
牡6・54K:父ブライアンズタイム、母ビジネスロマン、母父メジロマックイーン
56戦14勝(14-11-7-24)
昨年の名古屋グランプリで10着(3.9差)。厳しい。


3番モズライジン
牡6・54K:父クロフネ、母グランプリオーロラ、母父ウォーニング
32戦5勝(5-7-3-17)
出走取消


4番キーグラウンド
牡4・54K:父アサクサキングス、母キーツヨイ、母父タバスコキャット
16戦4勝(4-2-1-9)
繰り上がり2位からの出走。スタートが安定せず、ここもレースの流れに乗れず終わるのでは。


5番サンライズソア
牡4・54K:父シンボリクリスエス、母アメーリア、母父スペシャルウィーク
14戦5勝(3-3-3-5)
ダートで安定した成績を残しているが、大型馬で広いコース向き。
ダートで連対を外した時は、4回中2回が中山(残る2回は、不良馬場で差せなかったブラジルC・ハイペースを先行して何とか粘ったユニコーンS)。小回りの名古屋に対応できるか、不安が有る。


6番ミツバ
牡6・55K:父カネヒキリ、母セントクリスマス、母父コマンダーインチーフ
34戦9勝(9-4-5-16)
ここ2戦パッとしないが、今回は先行馬が少ない上、カツゲキキトキトを行かせてサンライズソアを被れることができそうな枠順。展開に恵まれそうで、力を出せそうだ。


7番カツゲキキトキト
牡5・54K:父スパイキュール、母レイビスティー、母父キングカメハメハ
35戦18勝(18-5-3-9)
休み明けを一叩きされて前進がある上、先行できる強みがある。
ハナを切って粘り込みたい。


8番エーシンマックス
牡8・54K:父Dalakhani、母Midnight Angel、母父Acatenango
57戦9勝(9-7-3-38)
近走冴えない。厳しい。


9番モズアトラクション
牡4・54K:父ジャングルポケット、母 エーシンラクーリエ、母父コロナドズクエスト
16戦4勝(4-0-1-11)
ここ5戦で4勝だが、いずれも広いコースでのもの。サンライズソアと同様に、小回りの名古屋に対応できるかどうかがカギ。脚質的に、後方から行きそうなのも不安。


10番ドナルトソン
牡7・54K:父サウスヴィグラス、母アポロアドミラル、母父ダンスインザダーク
73戦15勝(15-10-9-39)
近走冴えない。厳しい。


11番ラインハート
牝7・52K:父ステイゴールド、母チェルカ、母父クロフネ
42戦5勝(5-2-7-28)
好走した交流重賞は、いずれも牝馬限定。52Kは魅力だが、牡馬相手では厳しいだろう。




【最終結論】
◎はメイショウスミトモ。名古屋のレースはコース適性が重要。
名古屋グランプリ同様、内からスルスルと抜け出せそう。斤量が嫌われて人気が落ちるならば、寧ろ美味しい。



▲はカツゲキキトキト。馬の力は問題無し。
問題なのは騎手。正攻法の競馬でいけば、初の交流重賞勝利が十分有り得るのだが、、、、。



〇はミツバメイショウスミトモ以外のJRA勢4頭で、一番馬券内に来そうなのはこの馬。


以下、小回りを克服出来れば馬券内に来そうなサンライズソアモズアトラクションキーグラウンド抑える。


◎メイショウスミトモ
▲カツゲキキトキト
〇ミツバ
△サンライズソア
△モズアトラクション
△キーグラウンド


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!






ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




今週は更新ラッシュ!
週末の高松宮記念、再来週末のドバイワールドカップデーに向けて、ガンガン記事を上げていく!!


そんな中、先週ショッキングだったのは、中野騎手のニュース。
色々な意見があるけど、一競馬ファンとしては是非騎手を続けて欲しい。

人間、誰しも過ちは犯すもの。
ましてや今回のケースは、犯罪をした訳でもないよう。
反省してまた騎手を続ければ、良いではないか。。。。




【レース展望】
黒船賞はリピーターが強い
過去、2012~2014年にセイクリムズンが3連覇し、2015~2016年にダノンレジェンドが2連覇。
勝ち馬以外でも、2014~2015年にドリームバレンチノが連続2着したり、2012~2014年にダイショウジェットが連続で2・3着に来た。
フジノウェーブ記念2018の予想!!でも書いたが、1400実績に注目。
今年も、昨年の黒船賞で2・3着だった馬が参戦してきた。


展開だが、コパノマイケルが包まれるのを嫌ってハナへ行くだろう。その後ろに、内からブルドッグボス・外からグレイスフルリープが続くか。それなりにペースは流れそうだが、馬場を考えると前が有利そうだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番エイシンヴァラー
牡7・56K:父サウスヴィグラス、母エーシンラージシー、母父シンボリクリスエス
24戦7勝(7-1-1-15)

JRAオープンから地方へ転厩するも、パッとせず
2走前の兵庫GTでも、53Kを貰いながら5着(0.5差)だったし、定量のここは厳しそう。



2番サトノキングリー
セン8・56K:父ダイワメジャー、母ファンジカ、母父Law Society
58戦12勝(12-7-7-32)

昨年の当レースで8着(2.8差)。厳しい。


3番コパノマイケル
牡5・56K:父ゴールドアリュール、母ジョウノイザベラ、母父ウォーニング
12戦5勝(5-2-0-5)
重賞初挑戦。ここは内枠を活かして逃げて、完全燃焼するのみ。
他の先行勢が凡走すれば、残り目があるかもしれないが、、、、



4番ディアマルコ
牝5・54K:父スパイキュール、母エコパン、母父ツルマルボーイ
40戦17勝(17-8-4-11)

昨年の当レースで10着(3.7差)。厳しい。


5番ブルドッグボス
牡6・57K:父ダイワメジャー、母リファールカンヌ、母父デインヒル
27戦9勝(9-6-6-6)

前走の根岸Sはハイペースに巻き込まれながらも、先行勢再先着の5着(0.9差)。
今回はそこまで厳しくならないだろうから、前で踏ん張れるはず。



6番ラインシュナイダー
牡6・57K:父ヴァーミリアン、母トウジュ、母父テンビー
33戦6勝(6-14-1-12)

昨年夏のサマーチャンピオンを勝利するも、その後はワンパンチ足りない。
ここも先行勢が揃って、勝ち切るのが難しそう。


7番ヴィンテージイヤー
セン9・56K:父メイショウボーラー、母ボンヌマール、母父Starborough
71戦10勝(10-10-8-43)

昨年の当レースで9着(2.9差)。厳しい。


8番キングズガード
牡7・57K:父シニスターミニスター、母キングスベリー、母父キングヘイロー
32戦8勝(8-8-8-8)

先行勢が揃い、末脚自慢のこの馬に展開が向きそう。重馬場はマイナスだが、昨年も2着だし、全8勝は全てダ1400。再度の好走が有りそうだ。


9番エイシンスパルタン
牡7・56K:父Zensational、母 Lady Tak、母父Mutakddim
16戦7勝(7-2-2-5)

7歳だが、まだ16戦。しかも前走で初ダートを圧勝。JRA時代は芝重賞で活躍していたし、スピードを活かせる馬場も良さそう。


10番グレイスフルリープ
牡8・58K:父ゴールドアリュール、母ラビットフット、母父Seeking the Gold
39戦10勝(10-8-2-19)

前走の兵庫ゴールドトロフィーを完勝。外枠から先行し、4コーナーで先頭付近にいるのが勝ちパターン。今回も外枠を引けたので、自分のペースで競馬ができそう。昨年3着からの上昇が有りそうだ。


11番ワイルドコットン
牡7・56K:父ワイルドラッシュ、母ブライダルブーケ、母父ゴールドアリュール
47戦10勝(10-9-9-19)
ここに来て3連勝中だが、元々はJRAで1000万下を勝てなかった馬。厳しいだろう。




【最終結論】
◎はグレイスフルリープ。外枠は最高のプラス。スムーズな競馬が出来そうだ。後は馬体が絞れて欲しい。


▲はエイシンスパルタン。前走の勝ち時計は、兵庫ゴールドトロフィーの6着に相当。最後は流していたから、まだタイムは詰まるはず。その力を以てすれば、JRA勢にも対抗できるはずだ。


〇はブルドッグボス前走は負けて強し。1ターンの競馬のほうが良さそうだが、2ターンの競馬でも好走歴が有るため、大丈夫だろう。


以下、鋭い差し脚が光るキングズガード、スンナリ逃げられれば残り目があるコパノマイケル、展開は厳しそうだが2・3着ならばあるかもしれないラインシュナイダー抑える。


◎グレイスフルリープ
▲エイシンスパルタン
〇ブルドッグボス
△キングズガード
△コパノマイケル
△ラインシュナイダー


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!


↑このページのトップヘ