ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞予想


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】

今日は東京盃を予想する。
昨日はコパノチャーリーが出遅れたり、ガミったりしたが、とりあえず的中。
今日も当てる!!

このレースのポイントは展開だろう。
逃げたい馬が揃った。内から、ニシケンモノノフ・コーリンベリー・スアデラ・トウケイタイガー・ナックビーナス。その後にブルドッグボスが続くだろうか。

順当ならば、枠の並びの関係でニシケンモノノフがハナを切るだろうけど、この馬は前走、レコードにて逃げ切っている。他の馬も負けるわけにはいかないので、相当な激流になりそう。ドリームバレンチノやキタサンミカヅキなどの差しが決まる、、、、?!

過去5年、逃げ切ったのは、G1馬のタイセイレジェンドのみ。馬券内に来たのもこの時のみだ。
逃げ馬の後ろで脚を溜められそうな馬を狙いたい。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ランドマーキュリー
JRAから南関東へ転厩後、全く通用していない。ここも厳しい。


2番サトノタイガー
歴戦の雄も9歳になって衰えが目立つ。ここも厳しい。


3番シゲルカガ
JRAで出涸らし状態となり、転厩初戦も大敗。ここも厳しい。


4番ショコラブラン
交流重賞を3戦したが、通用していない。ただここは、差し脚を活かしたい当馬にとって絶好の展開になりそう。


5番カリスマサンスカイ
この馬もJRAから南関東へ転厩後、全く通用していない。ここも厳しい。


6番ニシケンモノノフ
この馬がハナを切りそうだが、冒頭の通り展開が厳しい上、逃げ切りが困難なレース。2~3着止まりになるのでは。


7番コーリンベリー
骨折休養明けでどこまで仕上がっているかがカギ。ただここは展開が厳しく、辛い競馬になりそう。


8番メジャーアスリート
勝ち馬から大きく離される競馬が続いている。ここも厳しい。


9番キタサンミカヅキ
前走、好時計で差し切り勝ち。JRAオープン勝利の力を見せつけた。今回も展開が向きそうで、もう一丁があるかも。


10番ドリームバレンチノ
歴戦の雄も10歳になって衰えが目立つ。昨年の覇者だが勝ち時計が遅かったのに助けられた感がある。得意だった2ターンの競馬でも今年は馬券内に来ることができていない。先行馬が揃っているので展開は向くだろうけど。。。。


11番スアデラ
前走は案外だったが、前々走までの連勝の勢いは侮れなかった。今回は楽な展開ではないが、力を出し切れれば、ひょっとするかも。


12番トウケイタイガー
2ターンの競馬で先行するのが理想。1ターンの競馬では一枚落ちるし、展開が厳しい。


13番ナックビーナス
ダートでの好成績は、全て未勝利戦のもの。久々のダートでどこまで走れるかは未知数だし、前に行く馬に厳しそう。積極的に買う材料が乏しい。


14番ブルドッグボス
2ターンの競馬よりも1ターンの競馬が合っている馬。展開も向きそうで、前走よりも条件が好転する。後は馬体重を含めて、体調をきちんと調整して欲しい。


15番マルモリロイヤル
南関東のB2を勝ち切れない現状。ここも厳しい。


16番ミッキーヘネシー
交流重賞では通用していない。ここも厳しい。


【最終結論】
◎はブルドッグボス。展開に恵まれそうで、レース条件も良い。


▲はキタサンミカヅキ。この馬も展開に恵まれそう。連勝なるか。


〇はニシケンモノノフ。安定した先行力は怖いが、展開が厳しくなりそうなのは気になる。


以下、展開は確実に向くドリームバレンチノショコラブラン前走は参考外で連勝時の力を見直してスアデラ抑える。


◎ブルドッグボス
▲キタサンミカヅキ
〇ニシケンモノノフ
△ドリームバレンチノ
△ショコラブラン
△スアデラ






こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】

今日は日本テレビ盃を予想する。
9月の競馬は連戦連敗な私だが、この競馬は超簡単。
出走全馬の評価をご覧いただきたいが、JRA勢とその他の力差が大きすぎる。

ので、傾向も展開も無い。実質、JRAの4頭立てのレースだ。
そもそも当レースは、過去5年、3連単の平均配当が2000円を切っている手堅いレース。
その中では、3桁の配当になったことが2度もあるし、今年も同様だろう。

4頭の3連単ボックスを、金額の強弱付けて買う予定。
今週末はスプリンターズSに凱旋門賞と難解なレースが続くので、手堅く的中させて臨みたい。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番キャッスルクラウン
前走の戸塚記念は、3着とはいえ、2着とは大差だった。そんな馬が、JRA勢の歴戦の雄達にいきなり通用するとは思えない。


2番サウンドトゥルー
一昨年の当レースの勝ち馬。ただ、その時はコパノリッキーとクリソライトとの先行争いに乗じた感がある。前が激しくなると突き抜ける脚はあるが、今回はペースが上がりそうに無く、昨年の3着のように善戦止まりの可能性が高い。


3番アダムズアップル
地元笠松で大敗続き。ここも厳しい。


4番ヴァーゲンザイル
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


5番トキノベラトリクス
3走前のスパーキングサマーカップではケイアイレオーネらに大敗。ここも厳しい。


6番デュアルスウォード
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


7番マズルファイヤー
この馬も地元笠松で苦戦続き。ここも厳しい。


8番ハーキュリーズ
長期休養明けに加えて、休む前も大敗続き。ここも厳しい。


9番モーニン
枠順を考えると、この馬が逃げるか。2016年のフェブラリーS以来、勝ち星は無いが、昨年の当レースや今年のかしわ記念で馬券内に入っており、コース適性は有る。逃げの姿勢を見せたら、ケイティブレイブは競って来ないだろうから、あとはマイペースでいってどこまで粘れるか。


10番ケイティブレイブ
前走は出遅れながらも差しきったが、従前は逃げ・先行馬。今回は先行するだろう。交流重賞では安定して力を出しており、大崩れは考えにくい。


11番アポロケンタッキー
他馬を見ながら動くことができる絶好枠を引いた。ただ、一昨年・昨年の秋初戦はいずれも敗れている。超大型馬だけに、一叩きしてからが本領発揮な感じもある。



【最終結論】
◎はモーニン。マイペースでいけば、そのまま逃げ切れる可能性がある。


▲はアポロケンタッキー。絶好の大外枠から、どこまで上位に食い込めるか。


〇はケイティブレイブ。先行しても差しても良し。万能タイプだ。


以下、確りした末脚は有るサウンドトゥルー抑える。


◎モーニン
▲アポロケンタッキー
〇ケイティブレイブ
△サウンドトゥルー






こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】

今日はオーバルスプリントを予想する。
浦和競馬場の1400戦は2ターンのコースで、スピードだけでは通用せず、小回りコースに対応可能な器用さが要求される。
更に、浦和競馬場はコースに川が横切っている形態となっているため、小回りに加えて川の橋を渡る際の振動を気にして集中力が途切れて凡走する馬が多々有るだけに、コース経験の有無は非常に重要となる。
過去5年、馬券内に来た15頭のうち、地方勢が5頭いるのは、こうした背景があるのだろう。


今回は浦和競馬場で馬券内に来た馬が4頭のみ。そのうち、デュアルスウォードとサトノタイガーは近走頭打ちな感があるので厳しそう。波乱の要素が十分に有る。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番カリスマサンスカイ
南関相手に通用していない昨今、交流重賞では更に厳しい。


2番ヴァーゲンザイル
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


3番レーザーバレット
昨年の覇者だが、9歳になって流石に衰えが見られる。得意の2ターンの競馬でも上位に来ることができていない。
ただ、今回は相手が楽になることと、2勝している浦和競馬場で競馬ができるのがメリット。
特に後者は、今回のメンバー中、好走歴の有る馬が少ないため、大きなアドバンテージだ。


4番ミッキーヘネシー
地方勢同士なら好勝負可能だが、交流重賞では結果が出ていない。ここも厳しい。


5番ブルドッグボス
前走でクラスターCを勝利し、力を見せつけた。2ターンの競馬も、昨年かきつばた記念で2着しているため問題ないだろう。今回が本番のJBCへの叩き台であるため、どこまで仕上げてきているかどうか。それと、初の浦和競馬場でのレースに戸惑わなければ。


6番リエノテソーロ
初の古馬との一戦になる。50キロは魅力だし、2ターンの競馬も、昨年の全日本2歳優駿で勝利しているため問題ないだろう。あまりに条件が良いので逆に疑いたくなるくらい。また、古馬との力関係と、初の浦和競馬場もカギ。


7番サイタスリーレッド
南関東競馬を知り尽くした鞍上に変わるのは魅力だが、2ターンの競馬と浦和競馬場は初めて。前走で底が割れた感じも有るし、買いづらい。


8番リアライズリンクス
昨年は6着だったが、今年は昨年よりメンバー弱化しているし、この馬自身、今年になって重賞を2つ勝った勢いがある。浦和競馬場に好走歴が多数有るのも強みだし、モンドクラッセがハナを切ったら被されることもないし、ペースが極端に上がる事も無いだろう。主戦の的場に戻り、昨年以上に好走できそう。


9番デュアルスウォード
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


10番モンドクラッセ
この馬がハナに行きそう。重賞は未勝利だが、僅差の競馬は何度も有る。他にハナを主張しそうなメンバーがいないため、自分のペースで行ってどこまで粘れるか。


11番サトノタイガー
この馬も9歳になって流石に衰えが見られる。浦和競馬場に好走歴は有るが、能力低下で厳しそう。


12番ワイドエクセレント
前走は輸送を克服できず、大幅馬体減。JRAオープンで3着の実績は有るが、まず馬体重を戻して輸送をクリアしなければ。



【最終結論】
◎はモンドクラッセ。暴走せずにマイペースでいけば、そのまま粘り込めそう。


▲はリアライズリンクス。この馬はJBCよりもここが狙いと見た。枠や展開を考えると、被されることなく前々で粘り込む事が出来そう。


〇はブルドッグボス。JBCを見据えたデキだろうけど、このメンバーでは力上位。


以下、浦和巧者を見せたいレーザーバレット、今回は抑えて活路を見出しそうなサイタスリーレッド、50キロは魅力なリエノテソーロ抑える。


◎モンドクラッセ
▲リアライズリンクス
〇ブルドッグボス
△レーザーバレット
△サイタスリーレッド
△リエノテソーロ








【レース展望】

今日は東京記念を予想する。
大井の長距離重賞(2400以上)は、春の金盃と本レースのみ。特殊なレースであるため、それぞれのレースで好走実績の有る馬に注意したい。
また、フルゲートで行われた東京記念の過去5回(2002・2003・2010・2011・2015年)の結果のうち、1~3着までの着順と、枠番馬番との関係は以下のとおり。

2002年
1着:2枠4番
2着:3枠5番
3着:3枠6番

2003年
1着:6枠12番
2着:4枠8番
3着:7枠13番

2010年
1着:6枠11番
2着:3枠6番
3着:5枠10番

2011年
1着:5枠9番
2着:4枠7番
3着:6枠12番

2015年
1着:1枠2番
2着:3枠6番
3着:7枠14番

8枠は皆無。サブノクロヒョウとドラコンエアルは相当厳しい。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番カツゲキキトキト
休み明けの前走の結果は不満だが、それ以前の交流重賞等での成績を考えるとここでは力上位。どれだけ一叩きされて変わっているか。


2番キタノイットウセイ
相手なりに走る馬だが、自己条件でも勝ち切れない。ここも厳しい。


3番ウマノジョー
今年の金盃・ダイオライト記念で好走したとおり、長距離が得意な馬。斤量が一気に58キロとなるのは辛いが、山本聡を配してここも上位争いできそう。


4番バルダッサーレ
昨年の東京ダービー馬だが、今回は10ヶ月ぶり。まずは静観が妥当、、、と考えていたら、出走取消。


5番ユーロビート
昨年及び2014年の覇者(2015年は2着)。南関東の長距離重賞(2400以上。ダイオライト記念を含む)では安定して走っている。堅軸だ。


6番タマモネイヴィー
近走、相手なりに堅実に走っている。ここも大崩れは無さそう。


7番キープインタッチ
転厩後、連敗しているが、4走前の金盃で4着に健闘。うまく脚を溜める事ができれば。金盃から斤量が据え置きなのもプラス。


8番ディアドムス
JRAからの転厩初戦。オープン後は連敗しているが、3走前のマーチSにて小差で走っているし、交流重賞勝ちの実績は怖い。


9番ヴァーゲンザイル
最近はただ廻って来るだけ。ここも厳しい。


10番ストゥディウム
近走、距離がバラバラな上に大敗続きだが、実は昨年の2着馬。再度逃げの手に出られれば面白いが、他にも前に行く馬がいそうなので、厳しい。


11番ジャーニーマン
今回の逃げ候補。ただ、成績が示す通り、川崎向きの馬。


12番グルームアイランド
この馬も近走安定して走っている。一昨年の報知オールスターカップの勝ち馬であり、他の地方勢とならば十分戦う事が可能。


13番キングニミッツ
掲示板を外したのが一度だけという超堅実派。また、近2走は圧勝で、特に2走前はキタノイットウセイに楽勝。ここも手堅く走ってきそう。


14番デュアルスウォード
最近はただ廻って来るだけ。ここも厳しい。


15番サブノクロヒョウ
重賞では大敗続き。ここも厳しい。


16番ドラゴンエアル
ホッカイドウ競馬移籍後、ようやく順調に使えるようになった。一昨年の金盃の2着であり、重賞実績も申し分ない。実力上位だが、痛恨の大外枠、、、、



【最終結論】
◎はキングニミッツ。近走の勢いに加えて、大井コースに適性が有る。馬場が悪化していても問題ない。4歳で本格化した可能性も有る。南関東重賞初挑戦だが、侮れない。


▲はキープインタッチ。金盃での好走歴を買う。しかも、金盃で負けた馬がそれぞれ斤量増(ユーロビート:57→58キロ、ウマノジョー:52→58キロ)なのに、この馬は上記の通り据え置き。美味しい。


〇はユーロビート。ゆったりと走れる大井コースはこの馬にとってベスト。枠も良い。


以下、地力と好枠を活かしたいカツゲキキトキト、JRAオープンでの実績を買ってディアドムス、堅実な末脚のタマモネイヴィー、斤量増はキツいが長距離戦では堅実に走るウマノジョー抑える。


◎キングニミッツ
▲キープインタッチ
〇ユーロビート
△カツゲキキトキト
△ディアドムス
△タマモネイヴィー
△ウマノジョー





【レース展望】

今日は戸塚記念を予想する。
まずこのレースは黒潮盃と関連が強く、過去5年、前走黒潮盃を使った馬が9頭も来ている。そこでの着順は不問。黒潮盃で凡走した馬にも注意が必要だ。その他、条件戦を使ってここで馬券内に来た馬は4頭。いずれも前走で勝利していた。後は東京ダービーorJDDを使った馬が2頭。今年のメンバーもこれでだいぶ絞れるのでは。


最大のポイントは、展開だ。コーナーを6回廻る川崎2100はペースが落ち着きやすく、前残りが発生し易い。現に、過去5年、馬券内に来たのは、4コーナーで6番手以内だった馬のみ。近3年は更に前残り傾向が強まっており、4コーナーで4番手以内だった馬のみしか馬券内に来ていない。近走、少なくとも4コーナーで5番手くらいまでに進出できていない馬は、かなり厳しい。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番キャッスルクラウン
クラシック路線を歩んだが成績が芳しくなかった。前走も3着とはいえ勝ち馬とは差があり、ここも厳しそう。


2番ケンネプチューン
前走は完敗だが、2走前、古馬に完勝している。この日、キングガンズラングが同距離同コースで古馬に完勝しているが、勝ちタイム等はこちらのほうが上だった。先行できるし、狙って妙味有り。


3番カンムル
前走は人気薄で好走したが、東京ダービーでも5着だったし、馬体の回復が好走につながったよう。その馬体維持と、前にいけるかどうかがカギ。


4番クラトリガー
クラシック路線で善戦した能力は買いだが、冒頭のとおりこのレースは後方からでは辛い。今回は厳しいのでは。


5番オリジナルポイント
枠の並び順で、この馬がハナを切れそう。2走前には古馬相手に逃げ粘っており、単騎でいけるならば前残りがあってもおかしくない。


6番ブラウンレガート
クラシック路線の走りを見ると、他馬より能力が抜けている。乗り代わりとなるが4走前に経験しているし、川崎実績もある。堅軸だろう。


7番シェアハッピー
前走は大敗したが、2走前の東京ダービーで4着に健闘。あの時のように先行して脚を溜める事ができれば、巻き返しは十分ある。


8番ラッキーモンキー
3走前に、川崎の重賞にて3着がある。とはいえ差はかなりあったし、一連の成績を見るとここでは厳しいのでは。


9番セイジーニアス
5走前に、川崎の重賞にて2着がある。とはいえ差はかなりあったし、一連の成績を見るとここでは厳しいのでは。


10番サイバーエレキング
この馬の好走条件は、4コーナーまで被されずに逃げor先行できるかどうか。今回は隣のキャプテンロビンらが途中から被せてきそう。厳しい。


11番キャプテンロビン
トライアルを含めて2連勝中と勢いがある。また先行力もあるため、ここでも好走できそうだ。


12番ブライトサーベル
前走は案外だったが、2走前の勝ち時計は、キャプテンロビンと比較すると非常に優秀なもの。ジャングルポケット×スペシャルウィークという血統からも、距離が伸びて良さがでそう。


13番サヴァアルジャン
近走、大敗続き。ここも厳しい。


14番キングガンズラング
羽田盃以外はオール連対しており、前走も古馬に完勝。大外枠は痛いが、被されることが無さそうなのでプラスに捉えることもできる。



【最終結論】
◎はシェアーハッピー。出走中唯一の牝馬がここで復活しそう。あとは馬体が絞れてくれれば、なお良い。


▲はオリジナルポイント。近2年は逃げた馬が連対している。逃げ馬は大敗後のほうが怖い。また、川崎実績もある。


〇はブラウンレガート。死角が少ないし、能力や実績も申し分ない。


以下、連勝の勢いを買ってキャプテンロビン、まだ底を見せていないキングガンズラング、2走前の勝利を評価してケンネプチューン、馬体が維持できていれば再度の好走もあり得るカンムル抑える。


◎シェアハッピー
▲オリジナルポイント
〇ブラウンレガート
△キャプテンロビン
△キングガンズラング
△ケンネプチューン
△カンムル


↑このページのトップヘ