ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 一口馬





ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
引き続きNF天栄で放牧中。
今は、トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っているそう。坂路で15-15を取り入れ始めており、15-14くらいのペースで登坂することもあるようだ。また、年末に伊藤調教師も見に来たそう。

体調自体には問題がないので引き続き調整をしているが、カイバの食いもまずまずで、このまま順調に乗り込んでいこうとしているようだ。
復帰戦、いつどこになるか不明だが、来年が本当に楽しみだ。とにかく無事に。


キャロットクラブの3歳世代(JRA所属のみ)で、現在オープン入りしているのはアンフィトリテとレーツェルの2頭のみ。どちらも募集価格が非常に安かったのだがが、その2頭が同期の頂点とは、、、、競馬は本当に面白い。



【サンフレイム】
12/12の高知2R(C2-6)に出走して4着(6番人気:1.9差)。
12/30の高知2R(C2-7)に出走して3着(5番人気:0.2差)。

年末まで本当にお疲れ様です、、、、



【ホールロッタラヴの2016】
引き続きNF早来で放牧中。
現在はウォーキングマシンでの運動と週3回は周回コースでキャンター1800m、週1回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調教を行っているよう。少しずつペースや量が上がってきた。

至って順調で、乗り込み量に比例するようにその走りには力強さが加わってきているよう。乗り味にはいいモノがあり、もう一回り体が大きくなってくればキャンターの質はさらに高まってくるそうだ。


馬体重も8月と比較して+38の463キロ。順調にいって欲しい!!



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!
(登録いただいた皆様、本当にありがとうございます。
これからもお役に立つ予想や情報を提供していきます!!)




今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
11/4にきんもくせい特別をハナ差で勝利したが、レース後に疲れが出た上、右前脚・右トモ脚と傷をつくって腫れが出たよう。
傷腫れの治療後、11/10にNF天栄へ放牧に出た。その後は、トレッドミル調整を行っているよう。
現状では体が細く、また毛ヅヤももっと良くなると思われるので、今回の放牧では少し時間をかけて成長を促すことを考えているようだ。幸い、球節の張りは緩和しているようだし、傷腫れのような症状を見せていたという脚元に関しては何ら問題ない状態だそう

来年のクラシックシーズンに向けて、更に成長して戻って来て欲しい!




オークス、、、、出走するならば、現地へ行くだろうなぁ。。。。

それにしても、キャロットクラブの2歳世代(JRA所属のみ)で、オープン入りはレーツェルのみ。募集価格最安値の馬が、この時期とはいえ同期の頂点とは、、、、競馬は本当に面白い。




【サンフレイム】
11/11の高知2R(黒尊渓谷特別)に出走して3着(4番人気:0.2差)。
11/19の高知6R(さしP=LOVE特別)に出走して2着(3番人気:0.2差)。

苦手な重馬場で、先行してよく頑張った!



【ホールロッタラヴの2016】
NF早来で、ウォーキングマシンでの運動と週4回は周回コースでキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン19~20秒のキャンター1本の調教を行っている。
コースでの騎乗調教まで進めることができているように人とのコミュニケーションはうまく取ることができているが、周囲を気にする素振りが見られることからも少し繊細な面はあるよう。騎乗者の指示に集中して運動を行えるよう、逐一コンタクトを確認しながら進めているようだ。

馬体重も8月と比較して+23の448キロ。順調にいって欲しい!!



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!


 
今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
11/4にきんもくせい特別(福島芝1800)へ出走。
7頭と小頭数、スロー確実の中、勝っておきたいレースだったが、、、、


見事、ハナ差で勝利!!
逃げた馬がかなり楽をしていたので捕まえられるかヒヤヒヤしたが、大きな勝ち星を挙げた。
これでクラシック出走が現実になって来た。

一口馬を始めて長いけど、JRAの一口馬で2勝を挙げたのも、特別戦を勝利したのも初。
ここに来て一気に運がやってきたのだろうか、、、、



キャロットクラブ2歳勢の中で、現時点での2勝馬はレーツェルのみ。
募集価格最安値の馬が、暫定とはいえ同期の頂点に立った。
これも競馬の面白い所。

前走は逃げ切りだったが、今回は先行して外を回して差し切った。
競馬を覚えながら勝ち星を積み重ねるという、理想的な展開。

勝利後のインタビューを読んだが、美浦に戻った時は前走時よりも体が減った状態だったとのこと。それを立て直し、勝利に導いた伊藤大調教師に、敬礼。


次走がいつどこになるかわからないけど、まずはこのまま無事行って欲しい。
そして願わくば、今後も勝利を!!



【サンフレイム】
10/28の高知5R(C2-5)に出走して9着(7番人気:2.5差)。

馬場等が合わなかったのだろうか、、、、



【ホールロッタラヴの2016】
NF早来で、ウォーキングマシンでの運動と週5回はロンギ場での運動、週1回は周回コースでキャンター1800mの調教中。普段はやんちゃな面を見せることもあるが、騎乗中は乗り手の指示にしっかり従っており、ロンギ場や周回コースでのキャンターは問題なく対応しているようだ。
背中から良い乗り味が感じられ、負荷をかけた分だけ変わり身を見せてくれそうな手応えを得ているとのこと。良好なコンディションを保っているそうだ。
今月もベタボメ♪

馬体重も8月と比較して+22の447キロ。順調にいって欲しい!!

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!


 
今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
10/7に伊藤大厩舎へ戻って来た!
放牧先から戻る直前の馬体重は488キロ(+14)。
当面の目標は、11/4のきんもくせい特別(福島芝1800)とのこと。

帰厩後の状態は、カイバ食いがひと息で毛ヅヤや体つきがイマイチらしい。
まずはケアを重点的に行うため、胃薬等の使用も考えつつ下地づくり中だそう。

ただ、脚元などは問題なく、歩様も気にならないそうで何よりだ。
徐々に調教のピッチを上げていく予定とのこと。

精神面に課題がありそうだが、まだ2歳。肉体面に問題が無いのは嬉しい。
しっかり調整して、勝利して欲しい!!




【サンフレイム】

9/17の高知1Rに出走して5着(6番人気:2.4差)。
9/30の高知12R(ファイナルレース)に出走して7着(5番人気:2.9差)。
10/14の高知3R(葉ゴボウのきんぴら特別)に出走して4着(4番人気:0.8差)。

連戦になっているが、よく頑張っている。




【ホールロッタラヴの2016】

9/7にNF早来へ移動した後、ウォーキングマシンでの運動と馬房内での鞍付けや騎乗馴致を実施中。
担当者の方曰く、「一見するとやや重たさを感じさせるフォルムだが、跨って歩様の感触を確かめると印象は一転し、関節の可動域が広く、素軽い動きでグングンと進んでいく」そうだ。
ベダボメ♪

馬体重も8月と比較して+11の436キロ。順調にいって欲しい!!


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!


 

まず、今週の予想のお知らせ。
明日の昼までに、競馬ブログランキングで、ローズSの予想を実施予定です。
セントライト記念は、月曜朝にブログ上で掲載予定です。


今日は私の一口馬情報と、キャロットクラブ募集馬の申込結果を掲載する。


【レーツェル】
現在NF天栄で放牧中。
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っているそうだ。今週からは登坂時のペースを15-15から14-14手前くらいまで進めており、順調そう。馬体重は502キロ(+28)。
患部の状態も良好、年内の帰厩や出走もあり得るか。


【サンフレイム】
9/2の高知4R(ゆず特別)に出走して2着(3番人気:1.1差)。
前が止まらなかったが、この馬自身は持ち時計の通り走っている。今後もチャンスは有るはず!




先日、2017年のキャロットクラブ募集馬に申し込んだ。
その結果、、、、見事当選!!
その馬とは、「ホールロッタラヴの16」だ。
他の出資の皆さま、どうかよろしくお願いいたします。


この馬はセレクトセール出身で、648万だった馬。
募集価格は1200万で、レーツェルと同額だ。
リーズナブルだが、競馬は価格ではない。大きく化ける事だってあり得る。
新種牡馬であるトーセンジョーダンの、初年度代表産駒になってほしい!


ちなみに、先日紹介した選定方法にこの馬がどれくらい当てはまっているかを見てみよう。

1 価格が50000円以下の馬を選ぶ
30000円だったので、〇


2 母が消耗していない馬(できれば未出走)を選ぶ
母のホールロッタラヴは、5戦未勝利。
数を使っていないので、ギリギリ〇


3 NF出身の馬を選ぶ
NF出身。問題なし〇


4 早生まれの馬を選ぶ
生年月日が3月21日。問題なし〇


5 馬体重が430キロ以上の馬を選ぶ
8月現在、425キロだった。ギリギリ〇


6 近親が活躍している馬を選ぶ
近親に、フサイチパンドラ(エリザベス女王杯・札幌記念で優勝、優駿牝馬・エリザベス女王杯・、エンプレス杯・フラワーCで2着、阪神ジュベナイルF・秋華賞・ローズSで3着)やサムソンハッピー(4勝)などがいるので、〇


7 母が若い馬を選ぶ
母のホールロッタラヴは、7歳。問題なし〇


8 新種牡馬ではない馬を選ぶ
トーセンジョーダンは新種牡馬なので×。
ただ、彼は多くの可能性を秘めていたので、出資を決断した。

まず、彼は2歳からオープン戦線で戦い、7歳になってもJCで馬券内に来たように、産駒が若いうちから高齢まで活躍する可能性が有る。芝の中長距離は勿論、ダートでも可能性が有るかも。
そして、2011年の天皇賞・秋での1.56.1というウルトラレコードを出した爆発的スピードも魅力。それが産駒に引き継がれていれば。
また、父系が、トニービン~ジャングルポケットと、非サンデーサイレンス系の馬なので、サンデー肌の牝馬であるホールロッタラヴとは相性良い。


2015年の種付料は、70万円(受胎条件)・100万円(出生条件)とこれまたリーズナブルだったようだが、その分、初年度の種付け頭数は102頭も集まった。この中の一頭である、ホールロッタラヴの16が活躍してほしい!!!





↑このページのトップヘ