ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞回顧

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたハイセイコー記念の回顧を。




拝啓 読者の皆様へ
─────────────────────
「地方無料予想いいとこないか?」
「地方の買い目をちょうだいな!」
など多数のお声ありがとうございます。
以下地方おすすめサイトでございます。
─────────────────────
当日無料公開買い目/地方予想
11/11ロジータ記念  回収率144%
11/10時雨空特別   回収率272%
11/04楠賞      回収率219%
10/28平和賞     回収率117%
10/27クイーン賞TR 回収率138%
10/14鎌倉特別    回収率100%
10/12南部杯     回収率214%
10/01姫山菊花賞   回収率109%
09/30NTV盃     回収率419%
09/29月光特別    回収率820%
─────────────────────
無料公開されてる買い目で
先週まで検証しました。
結論・・・悪くないです!
基本情報は・・・・
◎ワイドボックス5頭10点
◎本命3+下位2の構成
◎回収率は爆勝はないです。
◎基本的中率重視なんです!
◎時に重賞でない場合もあります。
◎当日無料公開(スマホでもOK)

─────────────────────
まず見るだけからでOK
本当に当たる!きてる!で馬券でもいいです。
参考・アレンジもOK、3連複5頭BOXもアリです。
そんな無料公開買い目なんです!
真摯に取り組んでるイメージなのでココはおすすめできます!
気になる方は↓↓
無料予想エントリー
月~金まで地方予想出てきます。
ハイセイコー記念あたりから一度チェックしてみてください。





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ハイセイコー記念3

アランバローズが好メンバーの一戦を完勝!
4連勝で重賞連勝とし、この世代のトップであることをアピールした。

後述するが出色の勝ちタイムとなり、1~2着馬と、3着馬以降が大きく離される結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ハイセイコー記念4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン通過時のタイムは標準だったが、5ハロン通過時のタイムは過去最速。

そして注目したいのが、上り3ハロンと勝ち時計。
どちらも過去5年で最速となり、特に勝ち時計は2004年以来2度目の1分40秒台となった。

しかも初めての控える競馬で快勝したアランバローズには、今後大きな期待がかかる!!



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ハナを狙ったのはジョーロノ
他馬を見ながら先頭へ立った。
アランバローズは先行して少し頭を上げているが、ハナを狙う感じはない。
その後ろは、インからタブラオ・パストーソ。
更にランリョウオーらがつけた。


1~2コーナーで、ジョーロノが1馬身差の逃げ。
番手にアランバローズ、頭を上げておらず折り合っている。
3番手は
タブラオ・パストーソ
更にランリョウオーと、隊列変わらずで進む。
その後ろから、マカベウスとグランニコラシカが外を廻って進出開始。
目測だが、800メートル通過が50秒半ばで、少し早いペース。


3~4コーナーでアランバローズがジョーロノにピッタリ並ぶ。
手応えは、明らかにアランバローズが良い。
3番手には、ランリョウオーが手を動かしながら上がってくる。
その後ろの、タブラオ・パストーソ、そしてマカベウスも手が動いているが、上がる気配がない。
4コーナーを出る時には、アランバローズが先頭に変わった。


直線、アランバローズが後続を離そうとする。
番手に外からランリョウオーが上がり、アランバローズに迫ろうとするが、
差が詰まらない。
ジョーロノも交わされながら粘り、4着以下が大きく離れてしまう。

結局、アランバローズが押し切り、1着でゴール。
2着がランリョウオー、3着にジョーロノが粘った。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
アランバローズ
父ヘニーヒューズ
母カサロサーダ
(ステイゴールド)
船橋・林正人  
中7週
牡2 鹿
左海誠 55.0K

大外枠だったので、ハナは考えていなかったよう。
スタートして1コーナーまでは頭を上げていたが、コーナーに入ってからは折り合っていた。
3コーナーから先頭に並び、直線は後続を突き放す強い競馬。
勝ち時計も非常に優秀で、来月の全日本2歳優駿がとても楽しみだ!
来年に向けては、更なる距離延長に対応できるかどうかだろう。

この馬は昨年のサマーセールで918万円だった。
それがこのような強さを見せるとは、、、馬の価値は、本当に値段で測れない。



2着:▲
ランリョウオー
父パイロ
母ファビラスタイム
(シンボリクリスエス)
浦和・小久保智  
中5週
牡2 鹿
本橋孝 55.0K

中団から早めに進出して、アランバローズを捕まえようとしたが叶わず。
それでも3着馬以降は大きく突き放しており、力を見せた。
こちらのほうが距離延長に対応できそうなので、来年が非常に楽しみ!



3着:△
ジョーロノ
父ジョーカプチーノ
母キョウエイエルメス
(ワイルドラッシュ)
浦和・小久保智  
中2週
牡2 栗
森泰斗 55.0K

使い込まれているがまた馬体を増やしてきて、レース前からタフさを見せた。
レースでも、3コーナー過ぎでアランバローズに交わされながらも粘っており、こちらの想像以上に力がある所を見せた。



5着:〇
マカベウス
父ゼンノロブロイ
母ショウリダバンザイ
(プリサイスエンド)
船橋・米谷康秀  
中2週
牡2 黒鹿
本田正 55.0K

全くらしさが見られず、惨敗。
今回、前走と同じマイル戦でも、5ハロン通過が1秒近く早く、ペースに戸惑ったのかも。
或いは連戦で見えない疲れがあったのかもしれない。
これまで見せた末脚は本物のはず、立て直して来年に期待だ。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたロジータ記念の回顧を。




◎ローレル賞◎ロジータ記念
川崎無料開放期待!
───────────────────
11/4園田11R回収率219%
ワイド10点×100円2190円獲得
証拠買い目スクショ
先週も手堅く219%
3連複も同時に買ってたら……
【3310円獲得&回収率331%】
───────────────────
今地方やる人はココいい感じなのでおすすめ
船橋も好調!
10/27船橋11R 回収率138%
10/28船橋11R 回収率117%
重賞も好調!
平和賞    回収率117%
クイーン賞TR回収率138%
───────────────────
9月から中央も好調!
10/24京都6R136%10/14鎌倉記念100%
10/12南部杯 214%10/10魚沼特別283%
10/05大井6R121%10/04中山8R108%
10/01園田11R106%09/30船橋11R419%
───────────────────
09/29名古屋11R820%
ワイドBOX5頭だから回収率低くても
負けにくい、ダメージ少ない買い目情報
しかも無料情報でいい感じなんです!
川崎重賞買い目期待
↑からメール登録のみで毎週買い目確認可能 3連複も購入しておくと跳ねる時あります。
まずは見るだけからチェックです!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ロジータ記念3

ルイドフィーネが3歳牝馬クラシック最終戦を快勝!
待望の2勝目は重賞勝利となった。

上位2頭が3着以下を大きく引き離し、力の差を見せつけた。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ロジータ記念4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・5.5ハロンの通過時のタイムは標準。
後半4ハロンから一気にペースアップする、川崎2100らしい流れだった。

その中を先行して、マッチレースを演じた上位2頭。
最後の1ハロンは11秒台をマークした。
今後成長すれば、JRA勢にも対抗できそうだ。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ヒキュウとキクノナナの出脚がつかず、後方から。


ハナを狙ったのはノラ
それにルイドフィーネ・アクアリーブルの2強が迫る。
更に外からアートムーブメント。
カミノアカネはハナを狙わず5番手から。
そしてミリミリらが続く。
1周目の3コーナー前で隊列がほぼ決まった。


1周目の3~4コーナーを過ぎて、ノラが1馬身差の逃げ。
番手にアクアリーブル、3番手がインのルイドフィーネと外のアートムーブメント。
その後ろは固まり、キクノナナが大きく遅れて最後方。
ペースが落ち着いたまま進んだ。


1~2コーナーで、ノラが2馬身差の逃げ。
番手にアクアリーブル、3番手がアートムーブメントとルイドフィーネで変わらず。
向こう正面を過ぎて、外からカミノアカネ、更に後ろからレッドカード・メモリーオブブルーらが進出開始。
ミリミリは後退していく。


3~4コーナーでアクアリーブルがノラに並ぶ。
更にその外へルイドフィーネ。
アートムーブメントは大外。
その後ろは、レッドカードらだが、上位4頭と少し差ができた。


直線、ルイドフィーネとアクアリーブルの2頭が抜け出してマッチレースとなる。
追い比べからルイドフィーネが前に出て、アクアリーブルを振り切る。
3着以下は大きく離された。


ゴール前ではルイドフィーネが完全に抜けだし、そのまま1着でゴール。
2着がアクアリーブル、離れた3着は外からコーラルツッキーが差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
ルイドフィーネ
父サウスヴィグラス
母ロージーチャーム
(ダンスインザダーク)
川崎・内田勝義  
中7週
牝3 鹿
森泰斗 54.0K

道中、インを進んで距離ロスを減らし、2週目の3~4コーナーでアクアリーブルの外に持ち出して、直線キッチリ抜け出す。
名手が丁寧に乗って力を存分に引き出し、待望の2勝目を挙げることができた。
勝ち切れたのが何よりの収穫だし、相手なりに走れるならば今後JRA勢相手でも面白そう。



2着:〇
アクアリーブル
父パイロ
母アスカリーブル
(ブラックタキシード)
船橋・米谷康秀  
中3週
牝3 栗
矢野貴 54.0K

馬体を絞り、番手から盤石の競馬をしたが、ルイドフィーネにアッサリ交わされてしまう。
それでも3着以下は大きく離したし、春の成績を考えるとこの馬も今後JRA勢相手に通用するだろう。



3着:△
コーラルツッキー
父シニスターミニスター
母コーラルビュー
(キングヘイロー)
川崎・山崎裕也  
中3週
牝3 鹿
伊藤裕 54.0K

前走から装着したブリンカーが今回も効いたのか、中団から差してきた。
ようやく2歳時の力が戻ったと言える一方、上位2頭には大きく離されて、今後更なるパワーアップに期待したい。



9着:レッドカード
父キンシャサノキセキ
母キューバンリズムII
(Kingmambo)
北海道・林和弘  
中12週
牝3 鹿
石川倭 54.0K

向こう正面から外を廻って上がるも直線は失速。
長距離輸送をしたにもかかわらず馬体重+11Kとなり、調整に狂いがあったのかもしれない。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたローレル賞の回顧を。




◎ローレル賞◎ロジータ記念
川崎無料開放期待!
───────────────────
11/4園田11R回収率219%
ワイド10点×100円2190円獲得
証拠買い目スクショ
先週も手堅く219%
3連複も同時に買ってたら……
【3310円獲得&回収率331%】
───────────────────
今地方やる人はココいい感じなのでおすすめ
船橋も好調!
10/27船橋11R 回収率138%
10/28船橋11R 回収率117%
重賞も好調!
平和賞    回収率117%
クイーン賞TR回収率138%
───────────────────
9月から中央も好調!
10/24京都6R136%10/14鎌倉記念100%
10/12南部杯 214%10/10魚沼特別283%
10/05大井6R121%10/04中山8R108%
10/01園田11R106%09/30船橋11R419%
───────────────────
09/29名古屋11R820%
ワイドBOX5頭だから回収率低くても
負けにくい、ダメージ少ない買い目情報
しかも無料情報でいい感じなんです!
川崎重賞買い目期待
↑からメール登録のみで毎週買い目確認可能 3連複も購入しておくと跳ねる時あります。
まずは見るだけからチェックです!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ローレル賞3

ケラススヴィアが好位から直線抜け出して快勝!
2着に2馬身差をつけて、同世代での力差を見せた。

歴代最速の勝ちタイムでレベルの高い一戦となり、今後のクラシックに向けて重要なレースになりそうだ。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ローレル賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは早め。
先行勢がレースを引っ張り、例年通り上がりがかかる展開となった。

ただしレース結果は、その流れに乗った先行馬のワンツースリー。
4コーナーでの上位3頭が、そのままレースの上位3頭となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ハナを狙ったのはケラススヴィアとセカイノホシ
それにサラママ・ナジャが迫る。
インからはモジアナフレイバー・ルヴァンスレーヴ。
更にディアリッキー・ネレイスフラッシュ・ファストトラベル。
1コーナーまでにセカイノホシがハナを奪い切り、馬群が縦長となっていった。


1~2コーナーで、セカイノホシが半馬身差の逃げ。
番手にナジャ、それをケラススヴィアとサラママがマーク。
その後ろのディアリッキー・ネレイスフラッシュ・ファストトラベルは変わらず
中団以降からは、ベツセタイとオルディノが上がっていく。


3~4コーナーでセカイノホシとナジャが並走。
3番手にケラススヴィア、その後ろにディアリッキー。
更にインからオルディノが上がってきた。
ただ、ディアリッキーとオルディノが外に膨れてしまう。


直線、セカイノホシが再度伸びて後続を離そうとする。
そこへケラススヴィアとナジャが併せ馬の形で迫る。
中でもケラススヴィアの伸びが良い。

ゴール前でケラススヴィアが完全に抜けだし、そのまま1着でゴール。
2着にセカイノホシが粘り切り、3着はナジャとなった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
ケラススヴィア
父サウスヴィグラス
母レディパッション
(ネオユニヴァース)
浦和・小久保智  
中2週
牝2 黒鹿
森泰斗 54.0K

好スタートから控えて好位のインを取り、直線は馬場の真ん中から抜け出す。
時計も非常に優秀だし、距離延長も問題なかった。
父の産駒はこの世代がラストだが、この馬も大物となる可能性大!
今回も馬体が減ったので、馬体成長に期待したい。



2着:〇
セカイノホシ
父カレンブラックヒル
母セカイノカナ
(キングヘイロー)
北海道・林和弘  
中4週
牝2 芦
石川倭 54.0K

初の長距離輸送で馬体を減らしたが、持ち前のスピードを活かして最後まで粘った。
マイルまでならば距離も問題なさそうで、今後も活躍が期待できそうだ。



3着:△
ナジャ
父サウスヴィグラス
母スイートスズラン
(シンボリクリスエス)
川崎・高月賢一  
中3週
牝2 芦
矢野貴 54.0K

今回も控える競馬となり、4コーナーまで良い感じだったが、そこから伸びず。
行き切った方が良さそうで、内枠が欲しい。



5着:オルディノ
父キンシャサノキセキ
母レジェンドトレイル
(フレンチデピュティ)
船橋・川島正一  
中3週
牝2 鹿
本橋孝 54.0K

後方から良い感じで上がっていったが、4コーナーで外に膨れてしまう。
そこから伸びるも前走のような末脚が使えず。
さすがに外を回し過ぎたか。。。。



13着:◎
ファストトラベル
父ネオユニヴァース
母シンクオブミー
(スターリングローズ)
船橋・林正人  
中3週
牝2 栗
山口達 54.0K

馬体減が続いていたのに、今回も馬体重-10K。
3コーナー前から失速、レース前から勝負有りだった。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたJBCクラシックの回顧を。





馬券師山崎さん2週連続的中!
6人気当て込み回収率236%!
━━━━━━━━━━━━━━
[無料情報の実績]
11/08東京07R
3連複フォーメーション/計14点
3連複9-5-12/3300円/回収率236%
3連単フォーメーション同時購入なら
11230円馬券でしたね。
↓前夜見た買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
9,10月の元厩務員秋村さんから
数えて時にはガミありながら…
無料情報7週連続的中なんです!
↓無料提供スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今回3連単同時購入しておいたら爆勝ちだったですね。前回の秋村さんから推奨馬参考に単複ワイド馬連と応用可能な買い目なので、馬選びだけでも参考にしてください。
→無料情報『的中コロシアム』
傾向としては日曜日の方が的中率高め。秋村さんに続いて山崎さんの連勝も注目です!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
JBCクラシック結果2

クリソベリルが豪華メンバーの一戦を完勝!
2着に2馬身半差をつけて、国内での連勝を継続させた。

上位人気馬が力を出しきり、極めて順当な結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
帝王賞4

同舞台で行われた帝王賞と比較すると、3ハロン・5ハロンが1秒前後早くなった。
そして勝ち時計が帝王賞よりも2秒以上早く、ハイレベルな一戦に。

そんな中、唯一36秒台の末脚で完勝したクリソベリル。
この路線では、当分この馬の天下が続きそうだ。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ロードレガリスとサウンドトゥルーの出が良くない。


ハナを狙ったのは予想通りダノンファラオ
これにクリソベリルとチュウワウィザードが迫る。
インからはオメガパフューム、外からデルマルーヴル。
有力勢が前に固まり、早くも手堅い決着となりそうな雰囲気。


1~2コーナーで、ダノンファラオが半馬身差の逃げ。
番手にピッタリとチュウワウィザード、それを3番手からクリソベリルがマーク。
インからオメガパフューム、その後ろにデルマルーヴル以下。
目測だが、1000メートル通過が61秒ちょいで、ペースが流れている。


3~4コーナー前でダノンファラオとチュウワウィザードがほぼ並んで進む。
クリソベリルも持ったまま前へ。
更に外からオメガパフュームも。
それ以降の馬は離された。
帝王賞の再現のような展開。


直線、ダノンファラオとチュウワウィザードが競り合う。
そこへクリソベリルが迫り、アッサリと交わす。
オメガパフュームが馬場の真ん中から差してくるが、クリソベリルとの差が全く詰まらない。
残り200を切り、クリソベリルが独走に。
これにオメガパフュームが追う展開となる。
チュウワウィザードもダノンファラオを競り落とすが、前との差は開く一方。


結局、そのままクリソベリルが押し切り、1着でゴール。
2着がオメガパフューム、3着はチュウワウィザードで、人気通り3強が上位を占めた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
クリソベリル 
父ゴールドアリュール
母クリソプレーズ
(エルコンドルパサー)
栗東・音無秀孝  
牡4 鹿
川田将 57.0K

帝王賞の再現を見ているかのように、3番手から持ったまま進めて、直線アッサリ抜け出す。
国内では当分敵無しだろう。



2着:△
オメガパフューム 
父スウェプトオーヴァーボード
母オメガフレグランス
(ゴールドアリュール)
栗東・安田翔伍  
牡5 芦
M.デムーロ 57.0K

またしても、得意の大井2000でクリソベリルに完敗。

帝王賞よりもペースが流れ、かつクリソベリルをマークしていたが、それでも全く勝負にならなかった。
生まれた時期が悪かったとしか、、、、
鞍上のコメントが全てだ。



3着:△
チュウワウィザード 
父キングカメハメハ
母チュウワブロッサム
(デュランダル)
栗東・大久保龍  
牡5 青鹿
C.ルメール 57.0K

今回は帝王賞と異なり、クリソベリルの前へ行って押し切ろうとしたよう。
しかしクリソベリルの力は想像以上だった。
この馬も、生まれた時期が本当に残念。。。。



5着:ダノンファラオ 
父American Pharoah
母クリスプ
(El Corredor)
栗東・矢作芳人  
牡3 青鹿
坂井瑠 55.0K

軽快に逃げたが、チュウワウィザードに徹底マークされる厳しい展開。
それでも直線途中まで粘っており、展開一つで更なる上位が狙えそう。
ただクリソベリルは、強い。



6着:▲
デルマルーヴル 
父パイロ
母カリビアンロマンス
(コマンズ)
美浦・戸田博文  
牡4 青鹿
戸崎圭 57.0K

相手なりに走れる当馬だったが、上位馬が強過ぎた、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたJBCスプリントの回顧を。





土曜日はファンタジーSを選択
回収率1000%超えそうな幻想を思い浮かべてしまいます(笑)
━━━━━━━━━━━━━━
【無料情報/的中実績】
10/24 富士ステークス
3連複5-11-9/77.1倍×500円
3万8550円獲得/回収率771%
10/18 東京ハイジャンプ
3連複1-5-6/47.3倍×900円
4万2570円獲得/回収率788%
↓↓前夜公開の買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
月いちペースで高回収率馬券
【各月の高回収率(無料)】
■8/23小倉8R→9万4290円/1758%
■8/16札幌6R→4万8360円/1008%
→(8月買い目画像
■7/19函館9R→3万9440円/821%
■6/13函館7R→6万800円/1267%
→(6,7月買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━
北國新聞杯もギリギリのガミですが的中してました。コツコツ的中ありながらホームラン出るのでトータルで見たらしっかりプラス収支なんです。
→ファンタジーSの無料情報
不調知らずです!
無料メルマガ登録でレース前夜買い目確認してください。





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
JBCスプリント結果2

サブノジュニアが大井生え抜きとして、地元の大一番を完勝!
インで脚を溜めて、直線キッチリ抜け出した。

この路線は中心馬が不在だが、今回も波乱の結果となった。
そして3着にブルドッグボスが入り、現在のダート短距離路線ではJRA・地方勢の力差が少ない事を示した。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
東京盃4

同舞台で行われた東京盃と比較すると、3ハロンが0.4早くなった。
その一方、上りが37.3とかかり、戦前の予想通り差し馬勢に展開利が生まれた。

結果、4コーナーで11番手にいたサブノジュニアが差し切る結果となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ブルドッグボスが大きく出遅れる。。。。
サクセスエナジーも出遅れ。


ハナを狙う馬が多数。
外のキャンドルグラスが一番スタートが良かったが、それにヒロシゲゴールド・ノブワイルド・マテラスカイ・ベストマッチョ・モズスーパーフレア・クルセイズスピリツが迫る。
押している馬の中、馬なりでモズスーパーフレアが先頭へ。
その後ろは、ミスターメロディ・ジャスティンが続く。
更にサブノジュニアら差し馬勢。
ブルドッグボスは最後方近く。


3~4コーナーで、
目測だが、600メートル通過が33秒前半で、ハイペース
そんな中、モズスーパーフレアが逃げる。
番手にノブワイルド、そこへマテラスカイが迫る。
差し馬勢では、コパノキッキングが大外へ。


直線、モズスーパーフレアが楽に逃げている
そこへインからマテラスカイがジリジリと迫る。
差し馬勢からはインに切れ込みながらサブノジュニアが一気に3番手に上がり、先頭を射程圏へ。


残り100を切ってサブノジュニアが一気に内の2頭を交わし、そのまま1着でゴール。
2着がマテラスカイ、3着は最後の最後でブルドッグボスが大外からモズスーパーフレアを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
サブノジュニア 
父サウスヴィグラス
母サブノイナズマ
(カコイーシーズ)
大井・堀千亜樹  
牡6 黒鹿
矢野貴 57.0K

道中は後方インよりを進めて、前走より距離ロスを減らしていた。
直線、目の前がポッカリ空くと、素晴らしい瞬発力で他馬を一気に交わした。
今年になって本格化したと思っていたが、まさか一気に頂点までたどり着くとは、、、、
ダート短距離路線は戦国時代が続いているが、この舞台ならば今後も上位争いできるだろう。



2着:
マテラスカイ 
父Speightstown
母Mostaqeleh
(Rahy)
栗東・森秀行  
牡6 栗
武豊 57.0K

激しい先行争いだったが、被されずにうまく進めて、先行勢で最先着。
時計の早いダートも合っていたよう。
その代わり、かつての出脚が見られなくなっており、徐々に衰えが来ているのかも。



3着:◎
ブルドッグボス 
父ダイワメジャー
母リファールカンヌ
(デインヒル)
浦和・小久保智  
牡8 鹿
御神本 57.0K

痛恨の出遅れ、、、、
直線、大外から上がり最速の末脚を使ってここまで来たが、前は既にゴールしていた。
まともにスタートを出ていれば確実に勝ち負けになっていた可能性が高く、悔やまれるレースになった。



6着:〇コパノキッキング 
父Spring At Last
母セラドン
(ゴールドヘイロー)
栗東・村山明  
セ5 黒鹿
藤田菜 57.0K

この馬も、マルシュロレーヌ同様、外を回し過ぎた感がある。
結果、直線でこの馬らしい末脚が見られず、昨年よりも着順を落とした。
近走、かつての破天荒なパフォーマンスが見られなくなっているので、
マテラスカイ同様、徐々に衰えが来ているのかもしれない。



9着:▲
トロヴァオ 
父カネヒキリ
母サワズソング
(Cox's Ridge)
大井・荒山勝徳  
牡7 栗
藤田凌 57.0K

インで脚を溜めて直線は外へ。
やって欲しい競馬は行ったが上位陣に届かず、力負けとなった。
1200はさすがに短かったか、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ