ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞回顧

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたテレ玉杯オーバルスプリントの回顧を。




軍資金稼ぎにオススメの無料情報
無料情報はワイド劇場
連日でワイド3頭入着!
──────────────
◎無料ワイド実績
■9月20日(日)中京1R
レース結果:3-8-5
ワイド930/800/420円
計:2,150円/回収率215%
■9月19日(土)中京3R
レース結果:5-9-8
ワイド190/670/720円
計:1,580円/回収率158%
※推奨1点当たり100円
↓買い目画像
──────────────

──────────────
合わせて3連複BOX同時購入もありかも!
ガッツリ~ライトユーザーまで楽しめる無料情報です。
→前夜1鞍の無料情報
神戸新聞杯&オールカマー週の軍資金稼ぎに!前夜買い目チェックです。





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
オーバルスプリント3

サクセスエナジーが早め先頭から押し切って、重賞4勝目!
重い斤量をものともせず、力の違いを見せつけた。

2・3着に南関勢が入り、意地を見せた。
一方、サクセス以外のJRA勢は力負け、、、、



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
オーバルスプリント4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは過去最速。
ここまで早くなるとノブワイルドが残るのは厳しくなり、その後ろにいた馬が上位に来た。
しかし、ノブワイルドも垂れることなく、直線では再度差し返す脚を見せた。

結局、行った行ったの決着となり、後ろの馬は超ハイペースで脚を使わされ、回っただけとなった。



【レース分析】
ゲート入り前にノブワイルドが馬体検査を行う。
除外の可能性もあったが、大丈夫だったようでそのまま出走。


スタート後、ハナを狙ったのは予想通りノブワイルド
そこへ、二の脚が早いベストマッチョが迫る。
しかしノブワイルドもムチを入れて押しまくり、先頭を譲らない。
この2頭の気合いに押されて?、サヴィは前へ行けず。
トップウィナーもムチを入れて前へ。
そこへ、外から絶好の手応えでサクセスエナジーが3番手に上がって行った。


1~2コーナーで、ノブワイルドが2馬身差の逃げ。
番手にベストマッチョ、それを3番手からサクセスエナジーが被せてくる。
4馬身程度離れてトップウィナーがいるが、手が激しく動いている。
並んでブラックジョー、その後ろも離れてサヴィとスティンライクビー。
馬群がかなり縦長となった。


3~4コーナー前からベストマッチョとサクセスエナジーがノブワイルドを交わしていく。
3馬身程度離れてノブワイルドが3番手。
ただ、垂れてはいかず、3番手をキープしている。
その後ろから、トップウィナーとブラックジョーが迫る。
4コーナーを出る時は、サクセスエナジーがベストマッチョを交わして先頭へ。


直線、サクセスエナジーが後続を突き放す
ベストマッチョが番手のインで粘る所を、ノブワイルドが再度盛り返してくる。
4番手以降の馬は伸びて来ない。

サクセスエナジーは最後まで止まらず、そのまま1着でゴール。
2着争いは際どくなったが、ハナ差でベストマッチョがノブワイルドを抑えた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
サクセスエナジー
父キンシャサノキセキ
母サクセスアイニー
(ジャングルポケット)
栗東・北出成人  
牡6 黒鹿
松山弘 58.0K

前走後、しっかり立て直したのに加え、外枠で揉まれなかったのが良かった。
スムーズに外から先行して、4コーナーでは早くも先頭。
重斤量も背負いなれたもので、そのまま押し切る強い競馬だった。
1ターンの方が良さそうだし、本番でも外枠が欲しい。



2着:▲
ベストマッチョ
父Macho Uno
母Encore
(Storm Cat)
川崎・佐々木仁  
セ7 黒鹿
森泰斗 54.0

この馬も揉まれるのを防ぎたかったが、鞍上は番手を選択。
結果、スムーズに競馬ができた。
サクセスエナジーに終始マークされたが、それでも2着を確保したのは地力がある証拠。
こちらも本番では外枠が欲しい所だ。



3着:〇
ノブワイルド
父ヴァーミリアン
母コウエイベスト
(アンバーシャダイ)
浦和・小久保智  
牡8 鹿
左海誠 55.0K

過去2年より早いペースで逃げてしまい、さすがにゴールまで持たなかった。
それでも垂れることなく最後まで伸びており、力が有る所を見せた。
地方馬相手でコースを選べばまだまだやれそうだが、JRA勢相手だとそろそろ厳しくなってきそう。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたゴールドジュニアの回顧を。




ブエナビスタC400%
セントウルS900%

今見ておくのはココ!
中央・地方絶好調
回収率もハンパねぇ!
【無料情報:的中実績】
─────────────────────
9/21中京10R:ブエナビスタC
3連複5-8-13/51倍×400円
★2万400円/回収率425%☆
9/13中京11R:セントウルS
3連複3-7-16/136.8倍×400円
★5万4720円/回収率912%☆
12人気メイショウグロッケ入れました!
─────────────────────

─────────────────────
-地方も強いんです-
9/16川崎11R:戸塚記念
ワイド4-13/4.8倍×3000円
★1万4400円/回収率288%☆
─────────────────────

─────────────────────
そして今週27(日)は…
◇オールカマー(G2)無料公開◇
→オールカマーの無料情報
20日は同時公開のワイドも的中!合わせてご覧ください。





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ゴールドジュニア3

アランバローズが堂々と逃げ切り、初代王者のタイトルをゲット!
2着に2馬身半差をつけて、距離延長をアッサリこなした。

2着も船橋勢、3着が浦和勢。
他地区の馬の強さが目立った。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ゴールドジュニア4

【過去5年のラップ】が無いので、トライアル的な位置づけだった「はやぶさ特別」(大井1400)のラップと比較する。


全体:1:27.7
上がり:37.9
ラップ:13.4-12.1-12.1-12.2-12.8-12.3-12.8
(13.4-25.5-37.6-49.8-62.6-74.9-87.7)


ゴールドジュニアのほうが、3ハロンの通過が1秒・5ハロンの通過が2秒早くなった。
逃げた馬が苦しくなると思いきや、追走した馬の方が脚を使わされて苦しくなる展開。
逃げ切ったアランバローズは強い競馬をしたし、最後方近くから捲って2着に来たマカベウスも力を出し切った。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ハナを狙ったのは予想通りアランバローズ
一番良いスタートを切って、そのまま前へ行く。
次に良いスタートを切ったのがトーセンウォーリアで、これが番手。
3番手にマテーラフレイバーがつけ、そこへ押しながらサウスワールドが迫る。
少し空いてセイカメテオポリスとパルヴニール。
馬群がかなり縦長となった。


3~4コーナーでアランバローズが後続に6馬身程度の大逃げ。
しかも手応えが楽。
番手にトーセンウォーリア、そこへインからサウスワールドが上がってくる。
マテーラフレイバーも盛り返そうと外から上がるが、後方からマカベウスが捲ってきた。


直線、アランバローズが追い出して、まだ5馬身程度の差をキープ。
番手はトーセンウォーリアとサウスワールドの追い比べ。
更にインからセイカメテオポリス。
しかしアランバローズとの差が縮まらない。
残り100を切っても、まだアランバローズと後続との差が4馬身程度ある。
そのまま1着でゴール!

2着争いは、サウスワールドに対して、外からマカベウスがゴール寸前で差して2着に上がった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
アランバローズ
父ヘニーヒューズ
母カサロサーダ
(ステイゴールド)
船橋・林正人  
牡2 鹿
左海誠 54.0K

抜群のスタートから行き切り、速いペースで進めて後続に足を使わせた。
直線も独走状態で、力の違いを見せた。
1ターンの競馬がベストのようで、今後は更なる距離延長に対応できるかどうか。
短距離路線を行くのが良さそうだが。。。。



2着:〇
マカベウス
父ゼンノロブロイ
母ショウリダバンザイ
(プリサイスエンド)
船橋・米谷康秀  
牡2 黒鹿
森泰斗 54.0K

スタートから行き脚がつかず最後方近くを進んでいたが、3コーナー前から追い出されるとグングン上昇。
最後まで伸び続けて2着まで来た。
明らかに距離が伸びた方が良く、こちらは来年のクラシックに向けて楽しみな存在だ。



3着:△
サウスワールド
父サウスヴィグラス
母パーカッショニスト
(アグネスタキオン)
浦和・小久保智  
牡2 栗
笹川翼 54.0K

押して好位を取り、直線もインから伸びる。
キャリア2戦目、転厩初戦でこれだけやれれば上出来。
こちらも距離が伸びても大丈夫そうで、今後の活躍に期待。



7着:
マテーラフレイバー
父マクフィ
母クリスチャンパール
(シンボリクリスエス)
大井・福永敏  
牡2 鹿
繁田健 54.0K

道中3番手を進んでいた時はチャンスがありそうだったが、直線では伸びず。
残り200で止まってしまったが、この厳しいレース経験が今後活きるはずだ。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた戸塚記念の回顧を。




◎阪神ジャンプS情報
阪神ジャンプS2020予想には ココを読んでからが一番です↓
──────────────────
最近よく見かける予想さん
無料公開買い目がまーよくきてますが
ジャンプはどうなの?
読者さんのそんな問い合わせに答え
調べてみたところ・・・・
──────────────────
2020-09-13 中京 1R 3連単12点500円
蹄鉄の一撃/3歳以上障害未勝利¥310,300
2020-09-05 新潟 4R 3連単9点600円
限界突破/3歳以上障害OP¥434,460
2020-09-05 新潟 4R 3連単12点500円
革命的競馬理論/3歳以上障害OP¥362,050
2020-08-29 小倉 8R 3連単18点300円
zoom-土曜2鞍/小倉サマーJ ¥114,270
2020-08-22 新潟 4R 3連単18点300円
──────────────────

国士無双/3歳以上障害OP¥651,360
2020-07-18 福島 4R 3連単12点800円
レガシー/障害3歳以上¥1,069,520
2020-07-04 福島 4R 3連単9点600円
Newスターホース/障害3歳以上¥176,100
2020-06-06 東京 1R 3連単12点400円
蹄鉄の一撃/障害3歳以上¥664,160
──────────────────
各情報で出すと当ててくれてる模様。小倉サマージャンプも的中!京成杯AHも先週60万獲得してますし。。まーーここの馬券師は正直熟練度というか手練れですね。そんな中メルマガ購読してると・・・なんと3日開催の土曜阪神ジャンプSを・・
無料公開との事!
自信の無料公開なんでしょうね!これは期待してみてもいいですね。
阪神ジャンプS(金夜公開)
御宿特別   (土夜公開)
祝日は未定  (日夜公開)
※セントライト記念無料公開してほしいですね!
阪神ジャンプS激熱買い目←コチラ
3日開催・・まずはココのジャンプを無料で確認からはじめてみるのもアリかもです!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
戸塚記念3

ティーズダンクが上がり最速の末脚で、同世代の他馬を一閃。
善戦を続けていたが、遂に勝ち切った。

2・3着が先行した馬。
今年も前有利となった中、ティーズダンクの末脚が目立った。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
戸塚記念4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・5.5ハロンの通過時のタイムは過去最速。
7.5ハロンの通過も過去最速で、とにかく前が飛ばしたレースだった。

その結果、上りが42秒台と、過去最遅となった。
それでも前が残るのが、川崎2100という過酷な舞台の特徴だ。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
8枠の2頭が好スタートの反面、モンゲートラオとアマルインジャズが出遅れる。


ハナを狙ったのはインペリシャブル
それに押して押してファルコンウィングが迫り、インから前へ出ようとする。
2頭が譲らず序盤から飛ばす中、3番手は外からインにつけたウタマロ。
その後ろはヴァケーションとルイドフィーネ。
以下、バブルガムダンサーらが続いた。
馬群が相当縦長となる。


1周目の3~4コーナーで、ファルコンウィングがハナを取り切る。
番手にインペリシャブル、8馬身差程度離れてウタマロ。
以下、ヴァケーションとルイドフィーネが変わらず。
その後ろは、ゴール板過ぎから外からデスティネがあがる。
隊列が落ち着いている。


1~2コーナーで、ファルコンウィングが4馬身差の逃げ。
番手にインペリシャブル、更に7~8馬身差離れてウタマロ。
外からルイドフィーネが進出開始。
更にデスティネが上がり、ヴァケーションは早くも後退。
代わってティーズダンクが前へ行った。


3~4コーナーでファルコンウィングがまだ4~5馬身差つけて逃げている。
あれだけのハイペースだが、まだ先頭をキープ。
逆にインペリシャブルが一杯となったようで後退。
代わってインからウタマロ。
更に後ろからルイドフィーネ、そしてティーズダンク。
勝負となりそうな馬達はここまでのよう。


直線、ファルコンウィングへウタマロが迫るが、ジリジリとしか伸びない
まさかのファルコンウィング逃げ切り、、、、と思いきや、外から一気にティーズダンク。
ゴール前でファルコンウィングを差し切り、1着でゴール。
2着にファルコンウィングが粘り切り、3着にウタマロ。
4着にルイドフィーネが入った。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
ティーズダンク
父スマートファルコン
母ビフォーダーク
(キングカメハメハ)
浦和・水野貴史  
牡3 栗
笹川翼 56.0K

道中は中盤を進み、直線外から他馬を差し切る。
5走前に浦和で勝ったように、小回り経験が活きたよう。
直線の長い方が更に良さそうで、今後古馬やJRA勢との戦いが楽しみだ!



2着:△
ファルコンウィング
父スズカコーズウェイ
母ユアカラー
(ジェイドロバリー)
浦和・小久保智  
牡3 栗
左海誠 56.0K

凄まじいハイペースで逃げたが、それでも最後まで粘り切る。
鞍上の気合の逃げに馬がしっかり応えて、持っている力を最大限発揮した。
単騎逃げが叶うならば、JRA勢に対しても勝負できるかもしれない。
ただ使い詰めなので、更なる成長には一度休養が必要そうだ。



3着:◎
ウタマロ
父アイルハヴアナザー
母ウキヨエ
(アグネスタキオン)
船橋・矢野義幸  
牡3 栗
西村栄 56.0K

外枠からスタートを決めて、インに入れて3番手。
ただ前のペースが早かったからか、直線思ったほど弾けず。
今後順調に成長して、更に強くなって欲しい。



4着:
ルイドフィーネ
父サウスヴィグラス
母ロージーチャーム
(ダンスインザダーク)
川崎・内田勝義  
牝3 鹿
町田直 54.0K

恐らく目標がロジータ記念なのだろう。
なので、馬体重+13K。
それでも善戦ウーマンらしく、この距離・相手でもここまでやった。
できれば馬券内へ来て欲しかったが、ロジータ記念に向けて視界良好だ。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた東京記念の回顧を。




あの難解だった・・・
北九州記念を3連単的中

しかも4レッドアンシェル8人気から・・
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
8/23小倉11R 北九州記念
1着4,5
2着4,5,10
3着4,5,9,10,11
3連単12点1点400円→375960円
━━━━━━━━━━━━━━
11アウィルアウェイ10人気も抑えての3連単! 買い方うまし!とはこの事ですね。ここのBloodLineという血統理論は毎度気になります!

━━━━━━━━━━━━━━
ココよくよく調べてみると 中央・地方も無料公開予想アリ!買い目は参考になる人気薄勝負!12~14点が多いのが特徴なんです。本命線は6点などかなりうまいイメージです。
中央・地方厳選買い目はコチラ
まずは無料情報を毎週チェックがおすすめ。血統、指数など的中に必要なファクターいりいろ揃ってるのでチェックしてみてください。





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
東京記念3

サウンドトゥルーが、南関東へ移籍後、重賞3勝目をマーク!
今年の金盃同様、2着に大差をつける圧勝だった。

スタミナは衰えが緩やかだというが、それにしても強すぎる競馬。
10歳馬とは思えない勝利だった!



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
東京記念4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、6ハロンの通過時のタイムは2年前とほぼ同様の早いラップ。
そこから7~9ハロンが2年前より1秒以上早く、よどみのない流れとなった。
勝ち時計も、過去5年でダントツに早い。

そんな中、後方から進んで向こう正面から仕掛け、4コーナーではほぼ先頭に立って後続を突き放したサウンドトゥルー。
中距離戦ではスピードに陰りが見えてきたが、長距離戦ではまだまだ主役を張れそうだ!



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
好位を取る為、何頭かの馬がスタートから押している。


ハナを奪ったのはインのホーリーブレイズ。
3コーナーまでに先頭に立った。
それに外からリンゾウチャネルが迫る。
3番手は横一線で、インからストライクイーグル、サブノクロヒョウ、サーヒューストン、そしてジョースターライト。
少し空いてトーセンブルがインに潜り込んだ。
更にチェスナットコートらが続いた。


最初の3~4コーナーを過ぎて、ホーリーブレイズが1馬身差の逃げ。
番手にリンゾウチャネル、3番手は外からジョースターライトが上がった。
4番手は横一線で、インからストライクイーグル、サブノクロヒョウ、サーヒューストン。
その後ろも、トーセンブルとハセノパイロが並んで続く。
馬群が相当縦長となっている。


1~2コーナーで、ホーリーブレイズが1馬身差の逃げ。
最初の1000メートルの通過が、目測で64秒くらい。
番手にかかり気味でリンゾウチャネル、3番手がジョースターライトと変わらず。
4番手集団も、インから
ストライクイーグル、サブノクロヒョウ、サーヒューストンで変わらない。
その後方も変わらない、、、と思いきや、外から一気にサウンドトゥルーが凄く楽な手応えで上がって行った。


3~4コーナー前でリンゾウチャネルが前に出る。
連れてジョースターライト。
ホーリーブレイズは後退していく。。。。
ストライクイーグルも後退。。。。
代わって、サウンドトゥルーとサブノクロヒョウが進出開始。
4コーナー出口では、リンゾウチャネルにサウンドトゥルーが並ぶ。
明らかにサウンドトゥルーの手応えが良く、持ったまま。


直線、サウンドトゥルーがリンゾウチャネルをアッサリ交わす
そこから追われると、後続をみるみるうちに突き放していく。
これは金盃の再現だ。。。。
2着以降は、リンゾウチャネルが粘る所へサブノクロヒョウが迫り、交わす。
だが、前のサウンドトゥルーは遥か前を進んでいる。


結局、サウンドトゥルーが後続を大きく離して1着でゴール。
2着にサブノクロヒョウ、3着はリンゾウチャネルが粘った。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
サウンドトゥルー
父フレンチデピュティ
母キョウエイトルース
(フジキセキ)
船橋・佐藤裕太  
セ10 栗
森泰斗 56.0K

メンバーが揃っていた当レースでも圧勝。
長距離戦の適性の高さとスタミナの違いを見せつけた。
まだまだ若い馬には負けない感じがあり、「中距離戦で嫌い、長距離戦で買う」というのが今後良さそうだ。



2着:△
サブノクロヒョウ
父ロージズインメイ
母サブノイナズマ
(カコイーシーズ)
大井・阪本一栄  
牡7 黒鹿
西啓太 56.0K

「長距離戦はリピーターに注目」という格言があるが、まさにその通りの快走。
1着馬には離されたがしっかりと2着を確保した。
長距離戦では今後も注目すべきだろう。



3着:▲
リンゾウチャネル
父モンテロッソ
母ワールドレデー
(タヤスツヨシ)
船橋・矢野義幸  
牡4 黒鹿
繁田健 56.0K

ハナを切れない上にかかり気味のレースで失速しそうだったが、3コーナーからはホーリーブレイズを交わしてこちらが好走した。
気性難が有る中でこれだけのパフォーマンスをするとは、、、、
まだ4歳、昨年活躍した力は本物のよう。
今後の成長に期待だ!



7着:◎
ホーリーブレイズ
父フリオーソ
母スキャニングジョイ
(スキャン)
大井・福永敏  
牡6 鹿
矢野貴 56.0K

ペースが緩まず常に目標にされ続けて、3コーナー前で失速。
南関東へ移籍し、スタートが良くなったのが裏目に出てしまった。
後は内枠で競られ続けていたのも辛かったか。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたアフター5スター賞の回顧を。




あの難解だった・・・
北九州記念を3連単的中

しかも4レッドアンシェル8人気から・・
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
8/23小倉11R 北九州記念
1着4,5
2着4,5,10
3着4,5,9,10,11
3連単12点1点400円→375960円
━━━━━━━━━━━━━━
11アウィルアウェイ10人気も抑えての3連単! 買い方うまし!とはこの事ですね。ここのBloodLineという血統理論は毎度気になります!

━━━━━━━━━━━━━━
ココよくよく調べてみると 中央・地方も無料公開予想アリ!買い目は参考になる人気薄勝負!12~14点が多いのが特徴なんです。本命線は6点などかなりうまいイメージです。
中央・地方厳選買い目はコチラ
まずは無料情報を毎週チェックがおすすめ。血統、指数など的中に必要なファクターいりいろ揃ってるのでチェックしてみてください。






banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
アフター5スター賞3

サブノジュニアがインから突き抜けて重賞初制覇!
休み明け初戦、2着に1 1/4馬身差をつけて、他馬との力差を見せた。

実力馬のキャンドルグラスが58Kを背負って2着を確保。
そんな中、3歳牝馬のブロンディーヴァが3着に食い込み、若手の意地を見せた。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
アフター5スター賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロンの通過時のタイムは過去2年とほぼ同様。
先行馬が飛ばして、例年通りの前傾ラップとなった。

そんな中、サブノジュニアの末脚は、レース上がりよりも1.8早い35.8の切れ味。
大目標のJBCスプリントに向けて、視界良好だ!



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
外枠の馬が好スタートを切り、エポックが出遅れる。


ハナを狙ったのはインからクルセイズスピリツ
それに外からサイタスリーレッドが並ぶ。
カプリフレイバーは、これらの馬より遅れ、押して押して3番手。
更に8枠の2頭が続いた。
少し空いてキャンドルグラス、そしてブロンディーヴァ。
サブノジュニアは更に後ろとなった。



3~4コーナー前で前半の3ハロンが目視で33~34秒台と、例年通り早い。
そんな中、クルセイズスピリツとサイタスリーレッドが雁行状態で進む。
カプリフレイバーは激しく手が動く。
そこへインからキャンドルグラス、連れてブロンディーヴァとフランシスコダイゴが上がった。



直線、クルセイズスピリツとサイタスリーレッドの雁行状態が続く
そこへ一気に後続が迫る。
インからサブノジュニア、中央からキャンドルグラス、そしてブロンディーヴァ。
大外からはライクアロケットも。


残り100手前でサブノジュニアがインから一気に抜け出し、外から伸びてきたキャンドルグラスとの一騎打ちになるが、サブノジュニアが止まらない。
そのまま1着でゴール、2着にキャンドルグラス。
3着はブロンディーヴァがゴールまで上がった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
サブノジュニア
父サウスヴィグラス
母サブノイナズマ
(カコイーシーズ)
大井・堀千亜樹  
牡6 黒鹿
矢野貴 57.0K

馬体重+13Kかつ休み明けで、スタートは普通。
その後も出脚が早くなく、3コーナーでは11番手だったが、インを廻ってロスを減らす。
直線、インを選んで進み、追われるとグイグイ伸びた。
南関東出身生え抜きの当馬が、6歳秋にして完成形に近づいた感があり、本番に向けて非常に楽しみだ!



2着:△
キャンドルグラス
父サウスヴィグラス
母ブローザキャンドル
(サンデーサイレンス)
船橋・川島正一  
牡6 栗
御神本 58.0K

こちらも58Kを背負って堂々たる走り。
充実期にいるのはサブノジュニアと同様で、同斤となる次走以降は、逆転も十分有り得る。



3着:▲
ブロンディーヴァ
父スマートファルコン
母アンソロジー
(サクラバクシンオー)
川崎・内田勝義  
牝3 栗
今野忠 51.0K

強力な牡馬古馬勢に対し、中団から正攻法の競馬。
結果、一歩も引かずに馬券内を確保したのは力が有る証拠。
まだ3歳で伸びしろが有るし、更なる成長があれば今後の南関東短距離界の主役になれる存在だ!



12着:◎
カプリフレイバー
父サウスヴィグラス
母サクラスリール
(ファンタスティックライト)
船橋・稲益貴弘  
牡3 栗
繁田健 55.0K

初の古馬との一戦でハナを切れず大敗。
キャリアの中でこういう挫折は起こり得るもの。
この経験が次走以降に活きれば。。。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ