ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞回顧

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたJBCクラシックの回顧を。





馬券師山崎さん2週連続的中!
6人気当て込み回収率236%!
━━━━━━━━━━━━━━
[無料情報の実績]
11/08東京07R
3連複フォーメーション/計14点
3連複9-5-12/3300円/回収率236%
3連単フォーメーション同時購入なら
11230円馬券でしたね。
↓前夜見た買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
9,10月の元厩務員秋村さんから
数えて時にはガミありながら…
無料情報7週連続的中なんです!
↓無料提供スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今回3連単同時購入しておいたら爆勝ちだったですね。前回の秋村さんから推奨馬参考に単複ワイド馬連と応用可能な買い目なので、馬選びだけでも参考にしてください。
→無料情報『的中コロシアム』
傾向としては日曜日の方が的中率高め。秋村さんに続いて山崎さんの連勝も注目です!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
JBCクラシック結果2

クリソベリルが豪華メンバーの一戦を完勝!
2着に2馬身半差をつけて、国内での連勝を継続させた。

上位人気馬が力を出しきり、極めて順当な結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
帝王賞4

同舞台で行われた帝王賞と比較すると、3ハロン・5ハロンが1秒前後早くなった。
そして勝ち時計が帝王賞よりも2秒以上早く、ハイレベルな一戦に。

そんな中、唯一36秒台の末脚で完勝したクリソベリル。
この路線では、当分この馬の天下が続きそうだ。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ロードレガリスとサウンドトゥルーの出が良くない。


ハナを狙ったのは予想通りダノンファラオ
これにクリソベリルとチュウワウィザードが迫る。
インからはオメガパフューム、外からデルマルーヴル。
有力勢が前に固まり、早くも手堅い決着となりそうな雰囲気。


1~2コーナーで、ダノンファラオが半馬身差の逃げ。
番手にピッタリとチュウワウィザード、それを3番手からクリソベリルがマーク。
インからオメガパフューム、その後ろにデルマルーヴル以下。
目測だが、1000メートル通過が61秒ちょいで、ペースが流れている。


3~4コーナー前でダノンファラオとチュウワウィザードがほぼ並んで進む。
クリソベリルも持ったまま前へ。
更に外からオメガパフュームも。
それ以降の馬は離された。
帝王賞の再現のような展開。


直線、ダノンファラオとチュウワウィザードが競り合う。
そこへクリソベリルが迫り、アッサリと交わす。
オメガパフュームが馬場の真ん中から差してくるが、クリソベリルとの差が全く詰まらない。
残り200を切り、クリソベリルが独走に。
これにオメガパフュームが追う展開となる。
チュウワウィザードもダノンファラオを競り落とすが、前との差は開く一方。


結局、そのままクリソベリルが押し切り、1着でゴール。
2着がオメガパフューム、3着はチュウワウィザードで、人気通り3強が上位を占めた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
クリソベリル 
父ゴールドアリュール
母クリソプレーズ
(エルコンドルパサー)
栗東・音無秀孝  
牡4 鹿
川田将 57.0K

帝王賞の再現を見ているかのように、3番手から持ったまま進めて、直線アッサリ抜け出す。
国内では当分敵無しだろう。



2着:△
オメガパフューム 
父スウェプトオーヴァーボード
母オメガフレグランス
(ゴールドアリュール)
栗東・安田翔伍  
牡5 芦
M.デムーロ 57.0K

またしても、得意の大井2000でクリソベリルに完敗。

帝王賞よりもペースが流れ、かつクリソベリルをマークしていたが、それでも全く勝負にならなかった。
生まれた時期が悪かったとしか、、、、
鞍上のコメントが全てだ。



3着:△
チュウワウィザード 
父キングカメハメハ
母チュウワブロッサム
(デュランダル)
栗東・大久保龍  
牡5 青鹿
C.ルメール 57.0K

今回は帝王賞と異なり、クリソベリルの前へ行って押し切ろうとしたよう。
しかしクリソベリルの力は想像以上だった。
この馬も、生まれた時期が本当に残念。。。。



5着:ダノンファラオ 
父American Pharoah
母クリスプ
(El Corredor)
栗東・矢作芳人  
牡3 青鹿
坂井瑠 55.0K

軽快に逃げたが、チュウワウィザードに徹底マークされる厳しい展開。
それでも直線途中まで粘っており、展開一つで更なる上位が狙えそう。
ただクリソベリルは、強い。



6着:▲
デルマルーヴル 
父パイロ
母カリビアンロマンス
(コマンズ)
美浦・戸田博文  
牡4 青鹿
戸崎圭 57.0K

相手なりに走れる当馬だったが、上位馬が強過ぎた、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたJBCスプリントの回顧を。





土曜日はファンタジーSを選択
回収率1000%超えそうな幻想を思い浮かべてしまいます(笑)
━━━━━━━━━━━━━━
【無料情報/的中実績】
10/24 富士ステークス
3連複5-11-9/77.1倍×500円
3万8550円獲得/回収率771%
10/18 東京ハイジャンプ
3連複1-5-6/47.3倍×900円
4万2570円獲得/回収率788%
↓↓前夜公開の買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
月いちペースで高回収率馬券
【各月の高回収率(無料)】
■8/23小倉8R→9万4290円/1758%
■8/16札幌6R→4万8360円/1008%
→(8月買い目画像
■7/19函館9R→3万9440円/821%
■6/13函館7R→6万800円/1267%
→(6,7月買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━
北國新聞杯もギリギリのガミですが的中してました。コツコツ的中ありながらホームラン出るのでトータルで見たらしっかりプラス収支なんです。
→ファンタジーSの無料情報
不調知らずです!
無料メルマガ登録でレース前夜買い目確認してください。





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
JBCスプリント結果2

サブノジュニアが大井生え抜きとして、地元の大一番を完勝!
インで脚を溜めて、直線キッチリ抜け出した。

この路線は中心馬が不在だが、今回も波乱の結果となった。
そして3着にブルドッグボスが入り、現在のダート短距離路線ではJRA・地方勢の力差が少ない事を示した。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
東京盃4

同舞台で行われた東京盃と比較すると、3ハロンが0.4早くなった。
その一方、上りが37.3とかかり、戦前の予想通り差し馬勢に展開利が生まれた。

結果、4コーナーで11番手にいたサブノジュニアが差し切る結果となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ブルドッグボスが大きく出遅れる。。。。
サクセスエナジーも出遅れ。


ハナを狙う馬が多数。
外のキャンドルグラスが一番スタートが良かったが、それにヒロシゲゴールド・ノブワイルド・マテラスカイ・ベストマッチョ・モズスーパーフレア・クルセイズスピリツが迫る。
押している馬の中、馬なりでモズスーパーフレアが先頭へ。
その後ろは、ミスターメロディ・ジャスティンが続く。
更にサブノジュニアら差し馬勢。
ブルドッグボスは最後方近く。


3~4コーナーで、
目測だが、600メートル通過が33秒前半で、ハイペース
そんな中、モズスーパーフレアが逃げる。
番手にノブワイルド、そこへマテラスカイが迫る。
差し馬勢では、コパノキッキングが大外へ。


直線、モズスーパーフレアが楽に逃げている
そこへインからマテラスカイがジリジリと迫る。
差し馬勢からはインに切れ込みながらサブノジュニアが一気に3番手に上がり、先頭を射程圏へ。


残り100を切ってサブノジュニアが一気に内の2頭を交わし、そのまま1着でゴール。
2着がマテラスカイ、3着は最後の最後でブルドッグボスが大外からモズスーパーフレアを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
サブノジュニア 
父サウスヴィグラス
母サブノイナズマ
(カコイーシーズ)
大井・堀千亜樹  
牡6 黒鹿
矢野貴 57.0K

道中は後方インよりを進めて、前走より距離ロスを減らしていた。
直線、目の前がポッカリ空くと、素晴らしい瞬発力で他馬を一気に交わした。
今年になって本格化したと思っていたが、まさか一気に頂点までたどり着くとは、、、、
ダート短距離路線は戦国時代が続いているが、この舞台ならば今後も上位争いできるだろう。



2着:
マテラスカイ 
父Speightstown
母Mostaqeleh
(Rahy)
栗東・森秀行  
牡6 栗
武豊 57.0K

激しい先行争いだったが、被されずにうまく進めて、先行勢で最先着。
時計の早いダートも合っていたよう。
その代わり、かつての出脚が見られなくなっており、徐々に衰えが来ているのかも。



3着:◎
ブルドッグボス 
父ダイワメジャー
母リファールカンヌ
(デインヒル)
浦和・小久保智  
牡8 鹿
御神本 57.0K

痛恨の出遅れ、、、、
直線、大外から上がり最速の末脚を使ってここまで来たが、前は既にゴールしていた。
まともにスタートを出ていれば確実に勝ち負けになっていた可能性が高く、悔やまれるレースになった。



6着:〇コパノキッキング 
父Spring At Last
母セラドン
(ゴールドヘイロー)
栗東・村山明  
セ5 黒鹿
藤田菜 57.0K

この馬も、マルシュロレーヌ同様、外を回し過ぎた感がある。
結果、直線でこの馬らしい末脚が見られず、昨年よりも着順を落とした。
近走、かつての破天荒なパフォーマンスが見られなくなっているので、
マテラスカイ同様、徐々に衰えが来ているのかもしれない。



9着:▲
トロヴァオ 
父カネヒキリ
母サワズソング
(Cox's Ridge)
大井・荒山勝徳  
牡7 栗
藤田凌 57.0K

インで脚を溜めて直線は外へ。
やって欲しい競馬は行ったが上位陣に届かず、力負けとなった。
1200はさすがに短かったか、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたJBCレディスクラシックの回顧を。




◎JBCも期待大!
地方完全無双状態~よくくる
ワイドBOX5頭買い目!!
──────────────────
検証OK無料買い目情報
10/27船橋11R
9,3,8(1,3,4人気)回収率138%
10/28船橋11R
1,8,7(1,2,5人気)回収率117%
■平和賞    回収率117%
■クイーン賞TR回収率138%

もしっかり無料情報的中!
■無料予想戦績 
10/24京都6R136% 10/14鎌倉記念100%
10/12南部杯 214% 10/10魚沼特別283%
10/05大井6R121% 10/04中山8R108%
10/01園田11R106% 09/30船橋11R419%
09/29名古屋11R820%※時に爆勝ちアリ!
──────────────────

───────────
これ3連複5頭BOXももう1個買っとくのアリかも!
取り急ぎここの5頭に答えあり
ギリギリ108%とかもありますが、負けにくいので
ダメージ最小限
でも週間~月間でみるといいお小遣い!
1点100円換算ですが、300円~500円と上げていくのもアリなんです!
的中精度中央地方OK
JBC週無料情報はコチラ
週末の中央も更新あり !週末・JBC週期待大!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
JBCレディスクラシック結果2

ファッショニスタが3度目の正直でJpn1を勝利!
直線の叩き合いは非常に見ごたえがあった。

上位人気馬が力を出して、JBC一発目のレースは順当な結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
レディスプレリュード4

同舞台で行われたレディスプレリュードと比較すると、3ハロン・5ハロン通過共、1秒前後早くなった。
その一方、上りが37.6と早くなり、後方から進めた馬には辛い展開に。

結局、番手・3番手の馬がワンツーとなった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
サンルイビルが出遅れる。
そして、シネマソングスの出脚がまたも良くない。。。。


ハナを狙ったのは予想通りサルサディオーネ
それにファッショニスタ・マドラスチェックが迫る。
外からローザノワール、インからダノンレジーナ。
その後ろにマルシュロレーヌらが続いた。


1~2コーナーで、サルサディオーネが2馬身差の逃げ。
番手にファッショニスタ、3番手にマドラスチェック。
その後ろにローザノワール、ダノンレジーナ。
更にプリンシアコメータ、そしてマルシュロレーヌ。
隊列が落ち着いて進む。
目測だが、800メートル通過が50秒を切っており、前哨戦より流れが早い。


3~4コーナーでまだサルサディオーネが逃げている。
そこへムチをいれて押しながらファッショニスタが進出。
インでは手応え良くマドラスチェック。
マルシュロレーヌは大外を回している。


直線、サルサディオーネへファッショニスタとマドラスチェックが迫り、交わす。
その後方からマルシュロレーヌが上がってくるが、前走のような弾ける末脚が見られない。
残り200を切って2頭の完全なマッチレースとなり、叩き合いが続く。

ゴール寸前までデッドヒートが続いたが、僅かにファッショニスタが1着。
離れた3着はマルシュロレーヌだった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
ファッショニスタ 
父ストリートセンス
母アクアリスト
(コロナドズクエスト)
栗東・安田隆行  
牝6 鹿
北村友 55.0K

スタートを決めて先行し、3コーナー過ぎから早めに進出。
直線はマドラスチェックとの競り合いを制した。
もう6歳だが、経験値や勝負強さを発揮して、世代交代に待ったをかけた!



2着:△
マドラスチェック 
父Malibu Moon
母Gloat
(Mr. Greeley)
美浦・斉藤誠  
牝4 栗
森泰斗 55.0K

内枠だがうまく被されずに進めて、4コーナーでは絶好の手応え。
直線もイン伸びの馬場を活かしてファッショニスタに最後まで抵抗していたが、僅差で戴冠を逃した。
それでも、内枠でこれだけの競馬が出来たのは収穫で、今後が楽しみだ。



3着:〇
マルシュロレーヌ 
父オルフェーヴル
母ヴィートマルシェ
(フレンチデピュティ)
栗東・矢作芳人  
牝4 鹿
川田将 55.0K

ここ2走のような末脚が見られず。
外枠という事もあったが、終始外を回しすぎた感があり、自身の力を過大評価していたのでは。




8着:
シネマソングス 
父ハーツクライ
母アースリヴィング
(Yonaguska)
美浦・小笠倫弘  
牝5 黒鹿
池添謙 55.0K

またも出脚がつかず、直線も伸びず。
馬体重-8Kの影響もあったのだろうけど、純粋に力負けか。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた平和賞の回顧を。




◎11月序盤から大勝ち狙い!
11月3日は文化の日!
この日はJBC地方重賞4レースが同時開催と大注目です。
そして……京都大賞典、菊花賞と中央重賞を攻略したサイトTAZUNA。
なんと、JBCクラシックの無料情報が公開されるそうです!
───────────
◎10月重賞で好調
☆10/25京都11R
菊花賞(GI)3連複
結果:3,9,10(1,4,5人気)

───────────
9・10ともに2頭目から買って綺麗に的中。 実力馬多く結果が見えにくい3連複ですが、 入線する馬を見逃しませんでした。 ちなみに3連単だとしても当たってます(笑) 例え重賞でも関係ない頼もしさ、 TAZUNAの情報ならではでしょう。
──────────
◎地方でも好成績
地方重賞、戸塚記念では1万4400円の獲得実績アリ。 中央重賞だけでなく、地方重賞にも強いのがココのおすすめポイント。 JBC地方重賞、是非ココの情報で攻略しましょう!
地方重賞無料予想はここで
前日の日曜は天皇賞も無料開放!
地方と中央同時的中に期待!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
平和賞3

マカベウスが差し切って快勝!
4戦続けて上がり最速の末脚をマークして、来年のクラシック路線へ明るい未来を描いた。

近年、上位馬がその後も活躍しているが、今年も楽しみな馬がでてきた。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
平和賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは標準。
前走に続いてジョーロノがレースを引っ張ったが、平均ペースでの逃げだった。

その流れを、上がり最速の末脚で差し切ったマカベウス。
良血馬にふさわしい勝ちっぷりだった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ズラっと先団が横一列になった中、外枠の馬がハナを狙おうとする
ただ、各馬が牽制し合ってなかなか前に行かない。
しかし1コーナー前で、予想通りジョーロノがハナへ行った。
それを番手からサウスワールド、3番手からハートプレイスが追走する。


1~2コーナーで、ジョーロノが半馬身差の逃げ。
番手にサウスワールド、3番手は外からフォルメッシが上がる。
その後ろは、インからコンサートフーガ、外にハートプレイス。
更にマカベウスとワールドリング。
ここまでが一団で、固まって進む。


3~4コーナーで、ジョーロノ・サウスワールド・フォルメッシがほぼ横一列。
ただ、手応えはジョーロノが圧倒的に良い。
その後ろにマカベウスとハートプレイスが進出。
他の馬は手応えが悪い。


直線、ジョーロノが再度伸びてサウスワールドらの後続を突き放す。
そこへマカベウスが迫り、ジョーロノをアッサリと交わす。
後続勢からは、ハートプレイスがジワジワと伸びて3番手。
ただ、前の2頭とは差が有った。

結局、着順そのままで、マカベウスが1着でゴール。
2着がジョーロノ、3着はハートプレイスで、4着以降は離された。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
マカベウス
父ゼンノロブロイ
母ショウリダバンザイ
(プリサイスエンド)
船橋・米谷康秀  
牡2 黒鹿
本田正 55.0K

道中中団を進み、3~4コーナーで前を射程圏。
直線はジョーロノをアッサリ交わして突き放す。
馬体重+14Kも問題なかった。
非常に強い競馬だったし距離が伸びても問題なさそうで、今後が非常に楽しみ。
次走はハイセイコー記念のようだ。



2着:〇
ジョーロノ
父ジョーカプチーノ
母キョウエイエルメス
(ワイルドラッシュ)
浦和・小久保智  
牡2 栗
森泰斗 55.0K

今回も逃げて、マカベウス以外の馬には交わされずに粘り込む。
この馬は逆に距離が伸びてプラスの感が無く、今後も自分の競馬をし続けてどこまでやれるかだろう。



3着:◎
ハートプレイス
父ネオユニヴァース
母ネリヤカナヤ
(タイキシャトル)
北海道・角川秀樹  
牡2 栗
今野忠 55.0K

3コーナーで手応えが悪くなったが、直線は再度伸びてきた。
馬体重-10Kをふまえると悪くなく、このまま南関東で走るならば更に上積みが有るだろう。



8着:ジェネシスムーン
父タイセイレジェンド
母ヘイローマジック
(キングヘイロー)
北海道・小野望  
牝2 鹿
町田直 54.0K

終始後方で、直線も伸びず。
残念ながら力負け。。。。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた埼玉新聞栄冠賞の回顧を。




◎変幻自在ワイドBOX
堅実にプラスを出したい、競馬を毎日楽しみたい。そんな方におすすめ。LAP競馬は中央・地方で毎日無料買い目を更新中。ただ毎日出してるだけじゃなく、中央メイン・地方重賞でキッチリ結果を残しています。
───────────
10/14鎌倉記念→回収率:100%
10/12南部杯→ 回収率:214%
10/10魚沼特別→回収率:283%
───────────

───────────
基本買い目は10点BOXで人気馬も買ってますが、入線しそうな人気薄も合わせてBOX買い!ワイド3点ともトリプル的中も狙えますし、特に堅そうなレースなら馬連・3連複など、馬券のランクアップを視野に入れてもOK?より良い結果になるかもしれません◎
───────────
▽ほか的中実績
10/05大井06R→回収率121%
10/04中山08R→回収率108%
10/01園田11R→回収率106%
09/30船橋11R→回収率419%
09/29名古屋11R→回収率820%
───────────
日々コツコツ勝利がココの良い所ですが、3連複などワイドBOX以外の買い目が出たら爆勝ちチャンス!決める時は決めてくれる、ココはそんな魅力もあるんです!
無料予想エントリーはコチラ
無料買い目は毎日更新。地方重賞の公開率高めなので、お見逃しないように!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
埼玉新聞栄冠賞3

タービランスが昨年の報知グランプリカップ以来の重賞制覇!
休み明けも全く問題なく、地方馬同士の力の違いを見せた。

人気が割れ加減で波乱も予想されたが、順当な結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
埼玉新聞栄冠賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・5.5ハロンの通過時のタイムは過去最速。
ファルコンウィングがペースを落とさずに逃げてハイペースとなり、上りがかかった。

それでも上位3頭は4コーナーで1~3番手。
浦和らしい結果となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
リンゾウチャネルが出遅れる。。。。
他、オールブラッシュとチェスナットコートも後ろから。


ハナを狙ったのは予想通りファルコンウィング
スンナリ先行して3コーナーに入った。
それにタービランス・ホーリーブレイズ・トーセンガーネットが続く。
4コーナーを過ぎる頃には馬群が縦長となっていた。


1周目の4コーナー前を過ぎて、ファルコンウィングが5~6馬身差の大逃げ。
番手にタービランス・3番手は3頭並んでホーリーブレイズ・マイネルバサラ・リッカルド。
外からはオールブラッシュも上がっていった。


1~2コーナーで、ファルコンウィングが2馬身差の逃げ。
番手にオールブラッシュ、それを3番手集団のタービランス・リッカルド・マイネルバサラらが続く。
その後ろのホーリーブレイズはムチが入る。
リンゾウチャネルも、上がろうとはしていた。


2周目の3~4コーナーで、まだファルコンウィングが逃げていたが、リッカルドが良い手応えで迫ってくる。
更に押して押してタービランス。
その後ろは間が空いてしまい、ホーリーブレイズ。
更に間が空いて、オールブラッシュら。
馬券内は、上位3頭に絞られた。


直線、ファルコンウィングが粘ろうとするが、リッカルドが並ぼうとする
更にその間の狭い所を突いて、タービランスが差してくる。
一気に2頭を交わして先頭に立ち、そのまま1着でゴール。
2着がリッカルド、3着はファルコンウィングが粘った。




banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
タービランス
父パイロ
母チャームエンジェル
(Theatrical)
浦和・水野貴史  
牡7 黒鹿
笹川翼 58.0K

道中絶好位で進めて、直線はインをこじ開けて差し切る。
実績が違うと言わんばかりの勝利だった。



2着:△
リッカルド
父フサイチリシャール
母キョウエイハツラツ
(オペラハウス)
船橋・佐藤裕太  
セ9 芦
矢野貴 58.0K

勝負所で前を射程圏に入れて抜け出すも、最後にタービランスに競り負ける。
それでも左回りダートでは安定しており、まだまだやれそうだ。



3着:◎
ファルコンウィング
父スズカコーズウェイ
母ユアカラー
(ジェイドロバリー)
浦和・小久保智  
牡3 栗
左海誠 58.0K

この鞍上らしく、強気の大逃げ。
ペースを落とさずに進めて後続の脚も殺していたが、上位2頭の力が上だった。
それでも最後まで粘っており、今後が楽しみ。



8着:リンゾウチャネル
父モンテロッソ
母ワールドレデー
(タヤスツヨシ)
船橋・矢野義幸  
牡4 黒鹿
石崎駿 58.0K

スタートの出遅れで好位を取れなかったのが全て、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ