ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞回顧

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたフジノウェーブ記念の回顧を。





名古屋大賞典/金鯱賞
中央地方重賞:無料提供
お小遣い稼ぎに是非!
2月地方重賞がイイ感じに的中でした◎
──────────────
【無料予想】ユングフラウ賞
ワイド2点5000円投資
8800円獲得/回収率176%
【無料予想】佐賀記念
ワイド2点5000円投資
8400円獲得/回収率168%
当日配信された買い目↓
──────────────

──────────────
3月無料公開予定こちら↓
3/11(木) 名古屋大賞典(Jpn3)/名古屋
3/16(火) 黒船賞(Jpn3)/高知
3/24(水) 京浜盃(S2)/大井
──────────────
軸馬選びに参考OK!馬連合わせ買いもオススメです。
→中央地方の無料予想
↑からメール登録のみ!
他作業、お金かからず見れる0円地方予想!
いい感じに来てるので要注目です!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
フジノウェーブ記念3

キャプテンキングが、一昨年に続いてこのレース2勝目!
休養明けだったが、馬体をしっかり絞り込んで、快勝した。

重斤量馬が上位を占める中、実績馬にも関わらず恵量となったキャプテンキングが、力を発揮したようだ。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
フジノウェーブ記念4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは早め。
予想通り先行馬が引っ張って前が流れた上、大きな集団ができてレースが進んだ。

その結果、実績馬が上位を占めた。
大きな不利も展開の影響も少なく、ある意味順当な結果となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
クルセイズスピリツが好スタートを切った一方、ベストマッチョは出負け気味。
カフジテイクも後方。


クルセイズスピリツがそのままハナへ。
番手はカプリフレイバーだが、一気にベストマッチョが巻き返して、番手を奪う。
外からブルミラコロ、その後ろはキャプテンキング・クロスケ・レイチェルウーズが並んで続く。
少し空いてドーヴァー・サブノジュニアら。
予想よりも馬群がばらけずに進む。
800の通過が目視で47秒ちょい、ペースが流れている。


3~4コーナーでクルセイズスピリツが1馬身馬の逃げ。
番手にガッチリとベストマッチョがマーク。
その後ろは、インからクロスケ・キャプテンキング・カプリフレイバー。
ほぼ一団で直線へ。


直線、ベストマッチョがクルセイズスピリツを交わして先頭に立つが、キャプテンキングが外に出して迫ってくる。
更に後方から、サブノジュニアとグレンツェントも。
クロスケはインから伸びようとするが、他馬よりも脚色が劣勢。


残り100を切ってキャプテンキングがベストマッチョを交わして先頭に立ち、そのまま1着でゴール。
2着がベストマッチョ、
3着争いはグレンツェントがハナ差でサブノジュニアを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:
キャプテンキング
父ファスリエフ
母ストロベリーパフェ
(ブライアンズタイム)
大井・的場直之  
中15週
牡7 鹿
和田譲 57.0K

馬体重-22Kを見て、「今回は仕上げてきた。。。」と予感。
そのとおり、前走とは違って今回は先行できたし、直線でもベストマッチョを交わして後続を抑える横綱相撲。
調子や馬体が戻れば確かにこれくらいやれておかしくない馬で、この調子を維持できれば、まだまだやれそうだ。
楽しみな馬が復活してくれた!



2着:△
ベストマッチョ
父Macho Uno
母Encore
(Storm Cat)
川崎・佐々木仁  
中10週
セ8 黒鹿
森泰斗 58.0K

スタートで出負けするもすぐ巻き返し、外の番手を取ったので、直線押し切れると思ったが、、、、
今日は相手が上だった。
それでもこの斤量を背負って2着を確保しているし、この路線では中心馬の一頭としてやっていけるだろう。



3着:〇
グレンツェント
父ネオユニヴァース
母ボシンシェ
(Kingmambo)
大井・藤田輝信  
中3週
牡8 鹿
御神本 58.0K

さすがの安定感。
今回もシッカリ上位に食い込んだ。
ただ1400はやはり忙しそうで、マイルがベストなのだろう。



6着:◎クロスケ
父キャプテントゥーレ
母フェニックスワン
(ブライアンズタイム)
大井・柏木一夫  
中6週
牡6 青鹿
繁田健 57.0K

好位でレースを進めるも、直線伸びず。
この馬も距離が伸びた方が良さそうなので、次走以降に期待。
調子は確実に戻ったよう。



7着:▲マッチレスヒーロー
父オレハマッテルゼ
母ブラックティー
(チーフベアハート)
大井・橋本和馬  
中6週
牡10 栗
石崎駿 57.0K

上がり最速の末脚は使ったのだが、、、、
道中の位置取りが後ろ過ぎて、勝ち負けには全く加わることなく終わってしまった。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたエンプレス杯の回顧を。





無料公開重賞/中山記念
連勝&また人気薄上位推奨で・・・
中山記念3連単的中!!!

──────────────────────
ウインイクシード 7番人気指数4位推奨3着
ケイデンスコール 5番人気指数2位推奨2着
──────────────────────

先々週無料公開~フェブラリーS
エアスピネル  9番人気指数5位推奨2着
ワンダーリーデル8番人気指数3位推奨3着
結論上位推奨馬決着の連勝!!
実は土曜重賞も京都牝馬Sで
ブランノワール9番人気指数4位推奨3着
──────────────────────
7~10人気を上位6位までに推奨する場合
買い!!かもしれません!

無料公開重賞いい感じです!無料公開前半でも2月21日阪神4R 13→11→1人気→指数6→4→1位3連単862970円!完全出来過ぎですが・・・ これで無料公開予想!!
弥生賞+他無料レースあり
↑からメール登録し前夜コラボ指数上位馬をチェック
答え合わせに最適、1月2月の戦績見てみてください(無料)





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
エンプレス杯3

マルシュロレーヌが重賞3勝目!
今回もレース上がりを1秒近く上回る、上がり最速の末脚で突き抜けた。

マルシュロレーヌにとって、超えるべき壁が幾つもあったが、それらをアッサリとクリア。
今年のダート牝馬路線の中心馬となりそうだ。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
エンプレス杯4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・6.5ハロンの通過時のタイムは標準かやや早め。
サルサディオーネの単騎逃げが叶い、マイペースで進めることができた。

そして、川崎2100らしく残り4ハロンからのスパート合戦となり、位置取り・力の差が出た。
4コーナーでの位置取りで馬券の内外が決まり、そこからの末脚合戦で着順が決まった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
レーヌブランシュとヒキュウが大きく出遅れる。
マルシュロレーヌも、今日もスタートが良くない。


ハナを狙ったのは予想通りサルサディオーネ
ダッシュ良く、あっという間に単騎逃げの形を取れた。
それにマドラスチェックとローザノワールが迫る。
更に外からグランデストラーダと、インからレーヌブランシュが巻き返す。
間には、これも前に行けなかったプリンシアコメータ。
その後ろにダノンレジーナとシャイニングアカリが続いた。


最初の3~4コーナーで、サルサディオーネが1馬身差の逃げ。
番手にローザノワール、3番手はマドラスチェックとグランデストラーダ。
その後ろもレーヌブランシュとプリンシアコメータが並ぶ。
後方から2番手だったマルシュロレーヌは、外に出して徐々に前へ上がって行く。


1~2コーナーで、サルサディオーネが1馬身半差の逃げ。
番手にローザノワール、3番手からマドラスチェックが押している。
グランデストラーダは遅れ始め、インからプリンシアコメータがムチを入れて上がる。
その後ろにマルシュロレーヌが楽に上がり、更に前へ。
連れてダノンレジーナも上がり、レーヌブランシュは手応えが悪い。


3~4コーナーでサルサディオーネにマドラスチェックが並んでくる。
その後ろは大きく空いているが、3番手にマルシュロレーヌ。
更に外からダノンレジーナ。
ここまでが馬券内となりそう。


直線、インのサルサディオーネが再度盛り返し、マドラスチェックを振り切ろうとする。
そこへ馬場の中央を通ってマルシュロレーヌが迫る。
あっという間にマドラスチェックを交わし、サルサディオーネへ並び、前に出て先頭へ。
サルサディオーネも抵抗するが、マルシュロレーヌの末脚が上回り、そのまま1着でゴール。

2着がサルサディオーネ、そこから6馬身離れた3着争いはマドラスチェックがダノンレジーナの追撃を抑えた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
マルシュロレーヌ
父オルフェーヴル
母ヴィートマルシェ
(フレンチデピュティ)
栗東・矢作芳人  
中5週
牝5 鹿
川田将 56.0K

レース前に書いた数々の懸念点をアッサリとクリア。
この舞台でこの強さを見せられるとは、、、、
今年いっぱい牝馬路線に敵無しでは。
昨年逃したJBCレディスクラシックの戴冠は、順調ならば当確だろう。



2着:△
サルサディオーネ
父ゴールドアリュール
母サルサクイーン
(リンドシェーバー)
大井・堀千亜樹  
中2週
牝7 栗
矢野貴 55.0K

7歳となっても、得意の左回りで単騎逃げが叶えばまだまだやれた。
今年も舞台と展開に注目して、マークしていきたい。



3着:△
マドラスチェック
父Malibu Moon
母Gloat
(Mr. Greeley)
美浦・斉藤誠  
中5週
牝5 栗
森泰斗 55.0K

2走前に増えた馬体をしっかり絞って挑むも、、、、
サルサディオーネはともかく、マルシュロレーヌには力差を見せられてしまった。



5着:〇レーヌブランシュ
父クロフネ
母アンジュエ
(アグネスタキオン)
栗東・橋口慎介  
中5週
牝4 芦
松山弘 56.0K

出遅れで好位を取れなかったのが全て。
長距離戦だからこそスタートが重要で、それを改めて感じてしまった、、、、



6着:▲シャイニングアカリ
父ヴィットリオドーロ
母スズカララバイ
(ラムタラ)
川崎・佐々木仁  
中3週
牝5 栗
御神本 55.0K

スタート後、前に行かず(行けず?)、着狙いの競馬となる。
相手が強いだけに仕方ないのだが、もっと位置を取りにいってほしかった。



8着:◎プリンシアコメータ
父スパイキュール
母ベルモントフェリス
(アジュディケーティング)
美浦・矢野英一  
中5週
牝8 黒鹿
岩田康 56.0K

スタートから押すも、他馬の方が早くて前に行けず。
道中もインで窮屈な競馬となってしまった。
年齢のせいでスピードが衰えたのだろう。
恐らくこれが引退レース、ここまで無事走ったことに「お疲れさま」と言いたい。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたユングフラウ賞の回顧を。





ユングフラウ賞からのスプリングC無料期待
地方重賞はここの無料情報です!
【地方無料】フェブラリー賞
着順:9-7-15(4-10-1人気)
ワイド26.3/4.8/27倍↓↓
払戻金:5810円/回収率581%
─────────────────────

─────────────────────
2021年無料公開買い目戦績
報知グランプリC  →回収率118%
梅花賞4上オープン →回収率193%
ジャニュアリー賞  →回収率155%
ウィンタースプリント→回収率158%
TCK女王盃    →回収率141%
チバテレ盃     →回収率210%
─────────────────────
◎20年地方の無料情報実績
・名古屋Grp 124%・ビオラ賞   111%
・浦和記念   92% ・サンタアニタT100%
・ロジータ記念 144%・時雨空特別  272%
・楠賞     219%・平和賞    117%
・クイーン賞TR138%・鎌倉特別   100%
・南部杯    214%・姫山菊花賞  109%
・NTV盃   419%・月光特別   820%
─────────────────────
5頭ワイドBOX基本ですがこれがよく来る!
選んだ馬見るだけでもOK!初心者さんはベタ乗りで
熟練者さんは馬連3連複応用もオススメです!
→好調地方無料情報
買い目はレース当日公開!中央も好調なのでオススメです!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ユングフラウ賞3

ウワサノシブコが13戦目で嬉しい重賞初勝利!
ケラススヴィアに真っ向から勝負を挑み、差し切った。

上位3頭と4着馬との間に1馬身半差がつき、本番に向けて3頭が他馬より一歩リードした。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ユングフラウ賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは過去最遅。
最初の2ハロンは早かったが、「その後の2ハロンが極端に遅くなる⇒再度早くなって上りがかかる」という非常に特殊なラップに。


その結果、浦和らしく位置取りがモノをいう事に。
4・5着馬も4コーナーで3・5番手だった。
4コーナーでほぼ勝負は終わっていた。



【レース分析】
ティーズアレディーの馬装点検で出走が20分近く遅くなり、スタート前から波乱の予感。
ただ、ゲートが開くと、大きな出遅れはなかった。
先行馬の中で、アイカプチーノが前へいけず。


ハナを狙ったのは予想通りケラススヴィア
出ムチを入れていった。
それにアングラン・セカイノホシが迫る。
その後ろの隊列には、グロリオーソ・プレストレジーナ・ウワサノシブコ。
以下、レディブラウンらが続いた。


1~2コーナーで、ケラススヴィアが半馬身差の逃げ。
番手にアングラン、外からセカイノホシ。
その後ろも固まっていて、グロリオーソ・プレストレジーナ・ウワサノシブコ。
少し空いて、レディブラウン・次いでサブルドール。
その外から、アイカプチーノが上がって行く。


3~4コーナー前からペースが上がり、ケラススヴィアに外からウワサノシブコが上がって並びかける。
先団がごった返す中、更に外からプレストレジーナとアイカプチーノも迫る。
グロリオーソもインを進むが、コーナーで前の4頭と離されてしまう。
その後ろの馬は手が動くが、上がってこない。


直線、前の4頭のうちプレストレジーナが脱落し、アイカプチーノも外に膨れて、ケラススヴィアとウワサノシブコとの叩き合いとなる。
インからはグロリオーソが再度伸びてきた。


残り100を切ってまだケラススヴィアが先頭で粘るが、ウワサノシブコが徐々に差を詰めてゴール寸前で交わし、そのまま1着でゴール。
2着がケラススヴィア、3着はインを進み続けたグロリオーソが入った。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
ウワサノシブコ
父アイルハヴアナザー
母スマートシンパシー
(ダンスインザダーク)
浦和・岡田一男  
中2週
牝3 栗
和田譲 55.0K

道中は好位の外を進み、3コーナーで番手に上がり、ケラススヴィアに迫る。
直線、馬体が少し離れていたが、鞍上が追い続けてゴール前でしっかり交わして先頭に。
特殊なラップにも対応できたのは、豊富なキャリアが活きたのかも。
あと、ホッカイドウ競馬時代の重賞実績を考えると、他馬より過小評価されていた感があった。
本番に向けて上積みは多くなさそうだが、コース実績の豊富さは大きな武器となるだろう。



2着:〇
ケラススヴィア
父サウスヴィグラス
母レディパッション
(ネオユニヴァース)
浦和・小久保智  
中7週
牝3 黒鹿
森泰斗 56.0K

56K・馬体重+13Kの中、逃げを打ってゴール寸前まで粘る。
浦和では珍しく、月曜火曜と逃げ馬が失速する馬場だったが、ここまで粘ったのは力が有る証拠。
他馬と同斤量となる本番、大きな前進があるだろう。



3着:
グロリオーソ
父フリオーソ
母シャインエタニティ
(グラスワンダー)
大井・佐野謙二  
中4週
牝3 栗
吉原寛 54.0K

鞍上の好騎乗で、ロスなく内を立ち回って上位へ。
ただ3~4コーナーで加速した際、他馬に離されてしまう。
直線の長さや周りを考えると、桜花賞よりも東京プリンセス賞の方が良さそうだが、、、、



7着:▲ティーズアレディー
父トランセンド
母フェスティブシャン
(サニーブライアン)
大井・嶋田幸晴  
中4週
牝3 鹿
達城龍 55.0K

1コーナーまでに好位を取れなかったのが全て。
前へ行けそうな際に、再度狙いたい。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた雲取賞の回顧を。





唯一無料公開予想で! フェブラリーS3連単的中
エアスピネル  9番人気
ワンダーリーデル8番人気
両方とも上位に推奨!!
もちろんカフェファラオも抑えて3連単!
無料公開された馬柱がコチラ↓
─────────────────────

─────────────────────
2着エアスピネル   9番人気→指数5位推奨
3着ワンダーリーデル8番人気→指数3位推奨
結論3連単101710円獲得!!
さらに京都牝馬ステークス
指数2→1→4位で3連単59340円
ここでもブランノワール9人気
指数4位推奨の3着!
─────────────────────

─────────────────────
未勝利戦~重賞まで絶好調
そして今週末は相性いい中山記念/阪急杯
中山記念は的中実績見ると例年ここの上位馬決着
そして去年の阪急杯ではベストアクター6人気を4位推奨!
結論1着好走の指数4→1→1位で3連単40190円
気を感じるんでしょうね!
18頭立てでも基本4~5頭までに絞り込んでくれてます!
気になる方は無料メルマガ会員へ
↑からメール登録し前日夜無料指数をチェックしてみてください。
PS:2月21日無料公開阪神4Rも3連単862970円
未勝利、新馬戦も穴馬教えてくれてました!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
雲取賞3

ランリョウオーが重賞初制覇!
強敵相手に善戦してきた力を発揮した。

2着にトランセンデンスが入り、小久保勢のワンツーとなった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
雲取賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは例年並み。
異なるのは勝ち時計と上がりで、3年間でダントツに早い。

ランリョウオーは、前走でもJRA勢相手に先着していた。
この馬とアランバローズが、今年のクラシックの中心であることを再確認するレースになった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ヒートアップハートが立ち上がるスタートで、最後方。。。。


ハナを狙ったのは予想通りノートウォージー
それに外からランリョウオーが、前走同様番手に。
インからはタブラオ・トランセンデンス。
有力馬が前に付けた。


1~2コーナーで、ノートウォージーが1馬身差の逃げ。
番手にランリョウオー、それを3番手からタブラオ。
更に8枠の2頭、少し空いてトランセンデンスとギガキング。
目測だが、800メートル通過が51秒前半くらいで先行馬がラクそう。


3~4コーナー途中から、ランリョウオーがノートウォージーに並んでくる。
3番手のタブラオも接近。
その後ろからは、シビックドライヴと、トランセンデンスが外から進出してきた。


直線、ノートウォージーも抵抗するが、ランリョウオーが楽な手応えで先頭へ
その後ろからタブラオらも上がるが、ランリョウオーとの差がドンドン開いていく。


残り200を切って完全にランリョウオーが抜け出し、そのまま1着でゴール。
2着争いは、インからギガキング・ノートウォージー・タブラオ・トランセンデンスが横一線となったが、ゴール前でタブラオとトランセンデンスの2頭が抜ける。
ゴール直前、僅かにトランセンデンスのハナが前に出ていた。




banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
ランリョウオー
父パイロ
母ファビラスタイム
(シンボリクリスエス)
浦和・小久保智  
中8週
牡3 鹿
本橋孝 57.0K

まず馬体が僅かながら増えたのが好材料。
そして前走同様、先行できたのもプラスだった。
後は直線で追うと、後続を突き放す快勝。
次走予定の京浜盃で再度アランバローズと戦う予定で、本当に楽しみ。
更に馬体が増えれば、尚良い。



2着:◎
トランセンデンス
父トランセンド
母タントタント
(シニスターミニスター)
浦和・小久保智  
中5週
牡3 鹿
森泰斗 57.0K

中団前目につけてランリョウオーに迫ろうとするが、伸びず。
何とか2着に来たが、1着馬との力差は想像以上に大きかった。
逆転に向けては、ホッカイドウ競馬時代のようにジックリ末脚を溜めてみるのも良さそう。



3着:△
タブラオ
父アイルハヴアナザー
母プルーフオブラヴ
(サンデーサイレンス)
大井・荒山勝徳  
中3週
牡3 鹿
真島大 57.0K

ゴール寸前で3着になるも、地力を付けている所を見せた。
それでも1着馬との力差は大きく、逆転するには相当な成長が必要そうだ。



9着:▲ヒートアップハート
父ダンカーク
母メガクライト
(アグネスタキオン)
川崎・内田勝義  
中5週
牡3 栗
吉原寛 56.0K

全く前に行けず、残念ながら力負けのよう。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた金盃の回顧を。





ダイヤモンドS2021無料予想
土曜の東京重賞メインはココ!
昨年~直近と相性が良いんです!
━━━━━━━━━━━━━━
◎直近の東京メイン(無料)
02/13 クイーンカップ
着順:6-9-2/3連複23.2倍×400円
[獲得額]9,280円[回収率]155%
02/06 早春ステークス
着順:8-11-6/3連複26.2倍×500円
[獲得額]13,100円[回収率]262%
買い目画像↓
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年東京の土曜重賞もGOODです↓↓
【無料予想/東京重賞2020】
10/24 富士ステークス
3連複5-11-9/77.1倍×500円
[獲得額]38,550円[回収率]771%
10/18 東京ハイジャンプ
3連複1-5-6/47.3倍×900円
[獲得額]42,570円[回収率]788%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
回収率狙い目は150~800%!
去年最高値は1758%なので相性抜群の東京に期待しましょう!
→ダイヤモンドSの無料情報
↑ここから買い目チェックしてください!メアドのみで登録可能です。




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
金盃3

マンガンが重賞2勝目!
2着に9馬身差の圧勝、上がり最速の末脚で突き抜けた(上がり2位に1.5差)。

長距離戦らしく、騎手同士の駆け引きが多い見応え十分なレースだったが、最後はマンガンの圧倒的な強さが際立った一戦となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
金盃4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、5ハロン・8ハロンの通過時のタイムは過去最速。
ペースが早い上に各馬が競り合って、先行した馬は軒並み失速した。

その結果、中団~後方に居た馬が3コーナーで一気に上がり、ガラっと着順が変わった。
また、例年同様、ロスなく進んだ内枠勢が上位を占めた。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
7枠の2頭と、サウンドトゥルーが出遅れる。


好スタートを切ったのはハルディネロ
そのままハナへ行く。
マンガンも好スタートだったが、これはインにいれて控えた。
外からはマイネルアンファンとストライクイーグル。
更に8枠の2頭も先団へ。
ハセノパイロも先行して、最初の3コーナーへ入った。


最初の3~4コーナーを過ぎて、ハルディネロが半馬身差の逃げ。
番手にストライクイーグル、3番手はマイネルアンファンと8枠の2頭。
少し空いて、シュプレノン。
更にインにマンガン、並んでハセノパイロ。
その後ろの外から、サウンドトゥルーが前へ上がって行く。
連れてチェスナットコートも進出。
マンガンの後ろに、トーセンブルとフレアリングダイヤが続いた。


1~2コーナーで、ハルディネロが半馬身差の逃げ。
番手にストライクイーグル、その外に8枠勢が続くが、テルペリオンはここで遅れ始める。
4頭の後ろのインにマイネルアンファン、外にサウンドトゥルー。
その後ろには5枠勢が続いた。
更にマンガンとチェスナットコート。
トーセンブルもまだ手ごたえ十分。


2周目の3~4コーナー前からペースが上がり、各馬の手が動き始める。
先頭はハルディネロがキープしているが、ノンコノユメが番手に上がって先頭に迫る。
3番手は、3連覇に向かってサウンドトゥルー。
その後ろに、いつの間にか外に切り替えたマンガンが進出して大外へ。
更に、トーセンブルが外から上がってきた。


直線、マンガンがあっという間に先頭に立つ
インの馬は、サウンドトゥルーが伸びようとするが、ジワジワとしか伸びない。
外からはトーセンブルが伸びてくるが、これも少しずつしか来ない。


残り200を切ると、マンガンが完全に抜け出して独走状態。
皇族に大きなリードを保って、そのまま1着でゴール。
2着は残り100で前に出たトーセンブル、3着はサウンドトゥルーが守った。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
マンガン
父アイルハヴアナザー
母スマートストーム
(アグネスタキオン)
川崎・田島寿一  
中5週
牡4 栗
吉原寛 56.0K

道中、インをジックリ進み、2周目の3~4コーナーで大外から一気に前へ。
ロスが多かったと思いきや余力十分で、直線は後続を離す一方。
勝ち時計や上がりも優秀で、次のダイオライト記念でもJRA勢に十分戦えそう。
しかもまだ4歳、成長の余地がタップリあって、今後が非常に楽しみだ!



2着:▲
トーセンブル
父トーセンブライト
母トーセンクラッチ
(トーセンダンス)
船橋・山中尊徳  
中7週
牡6 黒鹿
本田正 56.0K

この馬も長距離では本当に安定している。
やはりロスなく内を進んで、マンガンの後を追いかけるように外へ出した。
マンガンの圧倒的な強さには及ばなかったが、サウンドトゥルーに先着したのは立派。



3着:〇
サウンドトゥルー
父フレンチデピュティ
母キョウエイトルース
(フジキセキ)
船橋・佐藤裕太  
中5週
セ11 栗
森泰斗 57.0K

3連覇成らず、、、、
それでも前へ行った馬の中では最上位。
まだ力が有る所を見せてくれた。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ