ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞回顧

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた雲取賞の回顧を。



PR
フェブラリーSは人気薄馬も注意
──────────────────
過去2年は上位5人気で決着したフェブラリーSですが、人気薄馬が絡むことも珍しくありません。2021年は8,9人気が2,3着、2020年は16人気ケイティブレイブが2着でした。2019年は8人気ユラノトが3着と、人気薄馬選びも大切です。
伏兵はここの推奨馬情報をチェックしましょう!
波乱のメイン競走も下位人気ドンピシャです!
──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
共同通信杯 :9人気パワーホール
洛陽S   :12人気アサヒ
紫川特別  :8人気ミヤジシャルマン
白富士S  :9人気フライライクバード
石清水S  :9人気スミ
中山金杯  :8人気ククナ
有馬記念  :7人気スターズオンアース
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
フェブラリーSの推奨馬情報は
こちら↓↓から無料でチェックしましょう。
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
雲取賞3

ブルーサンが連勝で重賞初制覇!
今回も前走に続いてハナを奪い、粘り切った。

ブルーバードカップに続いてJRA勢が上位独占、、、と思ったが、サントノーレが一矢を報いた。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
雲取賞4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が早め。
最近の大井の馬場が非常にタフなものとなっていたが、当レースのペースは非常に早かった。

その結果、上がりが過去最遅となるスタミナ比べに。
最後の1ハロンが相当かかったが、追走した馬もバテたようで、前へ行った馬達で決着した。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
アマンテビアンコが躓いて、落馬するかのような不利だったが、何とか立て直す。


逆に好スタートを切って二の脚がついたのは、ブルーサン。
アッサリとハナを奪う。
番手には外からイーグルノワール、更にサントノーレも前へ行く。
内からは1枠の2頭が上がり、そこからローリエフレイバーが先頭集団に加わった。


1~2コーナーで、ブルーサンが1馬身半差の逃げ。
番手にイーグルノワール、3番手にサントノーレとローリエフレイバー。
その後ろにトーセンヴィオラ、更にピコニとアマンテビアンコが上がる。
その後ろは差が開いて、ライゾマティクスら。
馬群が非常に縦長となった中、800の通過が目視で50秒ちょいと、ペースが流れている。


3~4コーナーで、ブルーサンにイーグルノワールが並ぶ。
更に外からサントノーレも並び、この3頭が後ろを離す。
後方からはアマンテビアンコが追われ、更に外からウルトラノホシも捲くってきた。
この5頭が勝負圏内のよう。


直線、ブルーサンが追われて、イーグルノワールらを突き放す
イーグルノワールとサントノーレは併せ馬の形で前を追うが、差が詰まらない。
その後ろからは、アマンテビアンコがインに入れて、差を詰めてくる。
後続のウルトラノホシらは、大きく差が開いた。


ブルーサンは後続との差を保ち続け、そのまま1着でゴール。
2着争いは残り100を切ってアマンテビアンコが上がり、3着争いはサントノーレがイーグルノワールを競り落とした。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
ブルーサン
父モーニン
母グッドレインボー
(ステイゴールド)
栗東・川村禎彦  
中2週
牡3 鹿
和田竜 57.0K

好スタートから、スンナリとハナへ。
タフ馬場でもペースを落とさず、肉を切らせて骨を切る戦法。
最後まで粘り切って、勝利をもぎ取った。
ハナを切れなかった場合の不安は有るが、今後も逃げる事が出来るならば有力だろう。



2着:△
アマンテビアンコ
父ヘニーヒューズ
母ユキチャン
(クロフネ)
美浦・宮田敬介  
中11週
牡3 白
C.ルメール 57.0K

スタート時のアクシデントが痛かったが、すぐリカバリーできた。
気性が気にはあるが、最後までしっかり伸び続ける事が出来たのは評価できる。
無事次走の優先出走権を得る事が出来たし、本番では勝ち馬との逆転もあるだろう。



3着:◎
サントノーレ
父エピカリス
母リンガスウーノ
(サウスヴィグラス)
大井・荒山勝徳  
中8週
牡3 青鹿
服部茂 57.0K

大外枠から先行。
揉まれなかったとはいえ外を回って距離ロスが有った中、イーグルノワールを最後に競り落としてJRA勢に割って入る大健闘。
現時点での3歳地方勢ではナンバーワンの力を持っているようで、今後も無事成長して欲しい!



6着:▲ウルトラノホシ
父ホッコータルマエ
母シータトウショウ
(ジェニュイン)
佐賀・真島元徳  
中3週
牡3 鹿
石川倭 57.0K

道中、中団を追走し、3コーナー前から外に出して捲くっていく。
ただペース・馬場とも非常にタフで、直線は脚が上がってしまう。
長距離輸送を繰り返して、健闘しているのだが。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたクイーン賞の回顧を。



ガミ→ガミ→ドン!!
雷ではないです笑
先週各会場11Rで いい感じでしたね!!
─────────────────AD
無料公開予想
東京11R共同通信杯
ワイド9-1.4.5.6.8 430円
京都11R京都記念
ワイド5-2.3.9.10.11 250円
馬連 5-3.9.10.11 460円
小倉11R北九州短距離S
ワイド15-4.7.10.13.17 810円
馬連 15-4.10.13.17 1,880円
─────────────────
重賞だけでなく結構情報もってるんです!
京都9R橿原S
ワイド12-2.4.8.11.14 560円290円
馬連 12-2.4.8.14 1,580円

毎週後半戦無料公開の自信
情報少ない重賞以外も ワイド、馬連でよくきてました!
まずは過去戦績見る
見るだけでまずはOKです。
メール登録後HitMakeをクリック
何気に信頼できる予想師さんです!




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
クイーン賞3

アーテルアストレアが重賞2勝目!
昨年のレディスプレリュード以来の勝利となった。

上位人気馬が力を出し切り、ほぼ平穏な決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
クイーン賞4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が過去最遅。
テリオスベルが押して押してハナを奪ったが、少頭数のせいかペースはさほど上がらず。

その結果、上がりは過去最速。
最後の1ハロンこそ時計がかかったが、基本的には前へ行った馬が上位を占めた。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
エイシンレミーの出脚が鈍かったが、他はほぼ横一線のスタート。


テリオスベルの捲くりを警戒してか、序盤からハナの探り合いが続く。
結果、押し出されるようにグレースルビーがハナ。
ゴールデンハインドは番手に控え、その後ろにライオットガール。
以下、メイドイットマムとキャリックアリードの地方勢。
その外をテリオスベルが押して押して上がっていった。


1~2コーナーの出口で、テリオスベルがハナを奪う。
番手にグレースルビー、3番手にゴールデンハインド。
以下、ライオットガール・キャリックアリードと続く中、向こう正面過ぎからアーテルアストレアが進出開始。
逆にゴールデンハインドは早くも手が動き始めた。


3~4コーナーで、テリオスベルが軽快に逃げている。
番手のグレースルビーは失速し、代わってアーテルアストレア。
インからはライオットガールも上がり、その後ろにキャリックアリード。
馬券内は、この4頭に絞られた。


直線、テリオスベルがまだ先頭に立っているが、アーテルアストレアがジリジリと迫る。
その後ろは間が空いて、ライオットガール。
更に外からキャリックアリードも迫ってきた。


残り100を切ってアーテルアストレアがテリオスベルを交わし、そのまま1着でゴール。
2着がテリオスベル、離れた3着争いはキャリックアリードがライオットガールを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
アーテルアストレア
父リーチザクラウン
母スターズインヘヴン
(ワークフォース)
栗東・橋口慎介  
中8週
牝5 青鹿
菱田裕 56.5K

スタートを決め、中団からいつもの競馬。
向こう正面過ぎから早めに上がり、3コーナーでテリオスベルを射程圏に入れる。
直線はこの馬の持ち味の末脚を発揮し、快勝。
文句のない騎乗だった。


2着:△
テリオスベル
父キズナ
母アーリースプリング
(クロフネ)
美浦・田島俊明  
中6週
牝7 黒鹿
江田照 56.5K

スタート後に押しまくる、こちらもいつもの競馬。
船橋1800は1コーナーまでの距離があるため、この馬がハナを奪いやすいコース。
2コーナーを出た辺りでハナを奪い、後はスタミナを活かして逃げる。
アーテルアストレアには交わされたが、3着以降には5馬身差をつけ、自分の競馬は出来た。


3着:▲
キャリックアリード
父キズナ
母アイリッシュシー
(Galileo)
大井・藤田輝信  
中7週
牝5 青鹿
御神本 54.0K

移籍初戦でも馬体重+3Kで、仕上がる。
中団から差し脚を伸ばすも、前2頭とは差があった。
ハンデ差をふまえると完敗も、ライオットガールを交わせたのは収穫。
今後の牝馬交流重賞で通用する目途が立った。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた報知オールスターカップの回顧を。



PR
2年連続的中を狙う
京都記念・無料提供
昨年は京都記念・クイーンCを連勝した無料情報はここだけでした!
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:三連複
◎京都記念2023年
三連複34.7倍×500円
【払戻額】17,350円【回収率】347%
◎クイーンC2023年
三連複33.0倍×500円
【払戻額】16,500円【回収率】330%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
先日も重賞的中!
◎アメリカJCC
三連複33.2倍×500円
【払戻額】16,600円【回収率】332%
━━━━━━━━━━━━━━
6人気以下の馬を上手く入れ込むイメージです。昨年6人気マテンロウレオ2着だった京都記念もココに注目!
→京都記念・無料情報
↑レース前夜確認して、今週の土日もここの無料情報を頼ってください(^_-)



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
報知オールスターカップ3

ライトウォーリアが重賞3勝目!
昨年は善戦するも未勝利だったが、久々の勝利となった。

3着に人気薄の馬が食い込み、小波乱の決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
報知オールスターカップ4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・6.5ハロンの通過が平均より早め。
ライトウォーリアが、この馬らしく飛ばして逃げて、後続に脚を使わせる展開となった。

その結果、後続の馬はレース運びが難しくなる。
特に、ライトウォーリアの番手・3番手を進めたヒーローコール・エルデュクラージュ辺りが苦しい展開となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
内の2頭が出遅れる。


ハナを狙ったのは3頭。
内から、ヒーローコール・エルデュクラージュ・ライトウォーリア。
このうちエルデュクラージュは早々に控えて3番手。
そしてライトウォーリアの二の脚が早く、悠々とハナを奪う。
ヒーローコールは番手。
そこから間が開いて、ディアセオリー。
更にスワーヴアラミス、そしてユアヒストリー。
更にナニハサテオキが続いて、馬郡が縦長となった。


1周目の3~4コーナーで、ライトウォーリアが1馬身差の逃げ。
番手にヒーローコール、その後は間が空いてエルデュクラージュ。
更に間が空いて、スワーヴアラミスとディアセオリー。
その後ろも大きく差が開いて、ユアヒストリーとナニハサテオキ。
これらのうち、最初の直線に入ってペースが落ち着くと、徐々にナニハサテオキが上がっていった。


1~2コーナーで、ライトウォーリアが後続に差を広げて6馬身差の逃げ。
番手にヒーローコール、3番手がエルデュクラージュとナニハサテオキ。
そしてスワーヴアラミス、更にディアセオリー。
向こう正面過ぎで各騎手の手が動いている中、ライトウォーリアが軽快に逃げている。


2周目の3~4コーナーで、ライトウォーリアとの差をナニハサテオキが詰めて2~3馬身差まで迫っている。
ヒーローコールは3番手に後退し、その後ろにユアヒストリーが上がってきた。
エルデュクラージュは後退している。


直線、ライトウォーリアがナニハサテオキとの差を1馬身差程度でキープして、粘っている。
ナニハサテオキも追われるが、差が詰まらない。
3番手争いは、ヒーローコールとユアヒストリーとの叩き合い。

ライトウォーリアはナニハサテオキに並ばせず、最終的にクビ差粘り切って1着でゴール。
2着がナニハサテオキ、離れた3着争いはユアヒストリーがヒーローコールを交わした。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
ライトウォーリア
父マジェスティックウォリアー
母スペクトロライト
(ディープインパクト)
川崎・内田勝義  
中7週
牡7 鹿
吉原寛 57.0K

スタートを決め、ハナを主張。
絶妙なペース配分で逃げて後続に脚を使わせ、迫ってきたナニハサテオキにも並ばせず。
鞍上の好騎乗や斤量差を考えると、快勝だった。


2着:
ナニハサテオキ
父ジャングルポケット
母ファーマジェンヌ
(プリサイスエンド)
浦和・平山真希  
中3週
牡5 鹿
森泰斗 55.0K

スタートで出遅れて後方から。
その後、徐々に上がってライトウォーリアへ迫っていった。
しかし相手の地力の方が一枚上で、ゴール前まで並ぶことなく終わった。
まだ5歳、今後に期待したい。


3着:◎
ユアヒストリー
父ルーラーシップ
母アイムユアドリーム
(フジキセキ)
船橋・山下貴之  
中11週
牡6 鹿
張田昂 56.0K

道中、無理せず後方から進めて、2周目の3コーナーでは好位につける。
上位2頭にはかなり離されたが、最後はヒーローコールを競り落として力を示した。
前走からしっかり間を空けたのが、最後の一伸びに繋がったのでは。



6着:▲ディアセオリー
父サムライハート
母サイレントベッド
(ソウルオブザマター)
浦和・小久保智  
中3週
牡7 鹿
横山武 56.0K

急遽の乗り代わりもあり、全体的に中途半端な競馬。
結果的にダラっと雪崩れ込む競馬で終わってしまった。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた金盃の回顧を。



PR
東京新聞杯・買い目無料公開
三連複無料情報が好調!
先日はAJCCで回収率332%でした(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報
・01/21 アメリカJCC
三連複10点500円 33.2倍
[獲得額]16,600円[回収率]332%
・01/27 小倉5R
三連複15点300円 8.4倍 18.7倍
[獲得額]8,130円[回収率]181%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は無料情報できさらぎ賞を的中!今年は東京新聞杯!
昨年の春もG1をよく当てた無料情報を今から押さえておきましょう。
→東京新聞杯・無料情報
大型収支か堅く勝つか?東京新聞杯の答えはここの買い目かもしれません!



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
金盃3

ランリョウオーが重賞5勝目!
2歳からコンスタントに活躍している馬が、再度の戴冠となった。

上位人気馬が先行して力を出し切り、ほぼ平穏な決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
金盃4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、5ハロン・8ハロンの通過が過去最遅。
重馬場ではあったものの、砂の入れ替えで時計のかかる馬場となった大井は、非常にタフな舞台となった。

その結果、上がりも過去最遅になった一方、差し追い込み勢も詰められないくらいタフな状態に。
人気馬が前へ行って力を出し切り、4コーナーで1~3番手の馬が、そのまま上位を占めた。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
マンガンとドスハーツの出が良くない。


逆にスタートが良かったのはマテリアルガール。
そのままハナへ行く。
大外からランリョウオーも上がってくるが、同厩舎のためか、番手に控える。
3番手は、これも外からミヤギザオウ。
インにはアルサトワで、その後ろにセイカメテオポリスとアンタンスルフレ。
更に間が空いて、ヴェルテックスとカイルが続き、馬郡が縦長となった。


1周目の3~4コーナー過ぎで、マテリアルガールが1馬身差の逃げ。
番手にランリョウオー、3番手はアルサトワ・ミヤギザオウ・アンタンスルフレが並ぶ。
その後ろにセイカメテオポリス、少し空いてヴェルテックスとカイル。
更に開いてゴーストとドスハーツ。
その後ろも大きく差が開いた。


1~2コーナーで、マテリアルガールが1馬身半差の逃げ。
番手にランリョウオー、3番手にアンタンスルフレが外から上がる。
4番手がアルサトワとミヤギザオウだが、向こう正面過ぎでアルサトワが後退。
代わってセイカメテオポリス、更にカイル・ヴェルテックスが上がっていく。
そしてゴーストらが続き、その後ろは大きく開いている。


3コーナー前でマテリアルガールが後退し、ランリョウオーとセイカメテオポリスの2頭が抜け出す。
間が空いて、3番手には単独でミヤギザオウが上がる。
その後ろにヴェルテックスとカイル。
以下は差が開いた。


直線、ランリョウオーとセイカメテオポリスが叩き合いとなる。
その後ろにミヤギザオウ。
4番手にカイルが上がるが、前との差は縮まらない。


引き続きランリョウオーとセイカメテオポリスが叩き合うが、ランリョウオーが僅かなリードを保ち続けている。
最後の最後までランリョウオーが前に出続けて、アタマ差で1着でゴール。
2着がセイカメテオポリス、3着にミヤギザオウ。
完全な前残りとなった。


banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:
ランリョウオー
父パイロ
母ファビラスタイム
(シンボリクリスエス)
浦和・小久保智  
中6週
牡6 鹿
本橋孝 56.0K

大外枠だったが、スタートを決め、すぐ番手へ。
マテリアルガールを見ながら終始外の番手をキープし、2周目の3コーナーから先頭に立ち、インをキープ。
最後までセイカメテオポリスを前に出さず、粘り切った。
地方馬同士ならばトップクラスの力であることを証明した。



2着:〇
セイカメテオポリス
父マジェスティックウォリアー
母ボウピープ
(ディープスカイ)
大井・渡辺和雄  
中4週
牡6 鹿
吉原寛 57.0K

スタート後、先頭集団を見ながら好位で進める。
2周目の3コーナーからランリョウオーとの一騎打ちとなるが、僅かに交わせず。
差は僅かだったが、斤量差・砂入れ替え後の大井経験のなど、小さい事が積み重なり、結果的に及ばなかったよう。



3着:
ミヤギザオウ
父パイロ
母シルクドレス
(ディープスカイ)
大井・森下淳平  
中3週
牡5 黒鹿
桑村真 56.0K

前走のトライアルに引き続いて先行策。
上位2頭には及ばなかったが、最後まで粘り切り、4着以下に2馬身差をつけて、力を示した。



11着:▲マンガン
父アイルハヴアナザー
母スマートストーム
(アグネスタキオン)
船橋・石井勝男  
中3週
牡7 栗
町田直 56.0K

スタートで出遅れるのはいつものこと。
そのまま道中は後方4番手を進めて、2周目の向こう正面過ぎから仕掛けるも、前が遠すぎた。。。



12着:◎トーセンブル
父トーセンブライト
母トーセンクラッチ
(トーセンダンス)
船橋・山中尊徳  
中3週
牡9 黒鹿
石崎駿 56.0K

道中、後方5番手付近を進め、全く見せ場無し。
さすがにもう厳しいか。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた報知グランプリカップの回顧を。



PR
シルクロードS無料情報
アメリカの次はシルクロード!的中の一帯一路を狙う無料情報です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:三連複
◎アメリカJCC
三連複10点500円
馬番:2,4,5,11,12
三連複33.2倍×500円
【払戻額】16,600円【回収率】332%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年末は有馬記念や香港C勝ってきた無料情報です。
スプリンターズS的中したので、シルクロードSもココにベタ乗り推奨!
→シルクロードS無料情報
今週の単距離重賞もここに注目してください\(^o^)/




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
報知グランプリカップ3

エルデュクラージュが10歳になって重賞2勝目!
まだまだ実力健在であることを示した。

1~4人気馬が上位2~5着を占めた一方、エルデュクラージュの激走で波乱の結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
報知グランプリカップ4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が遅め。
先行馬が少なく少頭数の中、エルデュクラージュが好スタートからハナを奪い、ペースが上がらなかった。

その結果、レース上がりが過去最速。
中団以降の馬たちには厳しい流れになった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
エルデュクラージュが好スタートを切る。


そのままエルデュクラージュが内へ切れ込みながらハナを奪う。
外からはマッドルーレットが番手に。
3番手にギガキング、そしてジョエル。
ヒーローコールはインの5番手となり、外にはロードレガリス。
以下、スワーヴアラミスらが続いた。


1~2コーナーで、エルデュクラージュが1馬身差の逃げ。
番手にマッドルーレット、3番手にギガキング。
少し間が空いて、4番手にヒーローコールとジョエルが並んで追走。
頭数が少ないが、馬郡がかなり縦長となっている。


3~4コーナーで、エルデュクラージュが非常に楽に逃げている。
それ以外の全馬は手が動き、マッドルーレットが番手。
3番手のギガキングが徐々にマッドルーレットに迫る中、インからヒーローコールも上がってくる。
大外からはロードレガリスも。


直線、エルデュクラージュが後続を突き放す。
番手に、インからヒーローコールが上がるが、エルデュクラージュとは差がある。
大外からスワーヴアラミスとロードレガリスも追い込むが、これらもヒーローコール以上に差があった。


エルデュクラージュは最後まで逃げ足衰えず、そのまま1着でゴール。
2着がヒーローコール、3着にはスワーヴアラミスが上がった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:
エルデュクラージュ
父クロフネ
母エルダンジュ
(サンデーサイレンス)
船橋・川島正一  
中7週
セ10 芦
矢野貴 56.0K

好スタートを決め、すぐ番手へ。
その後、流れを落ちつかせて、マイペースの逃げに持ち込む。
スローながらペースを落とし過ぎない絶妙の流れで、最終的には完勝だった。
休み明けで馬体重+12K、狙いは次走以降だと考えていたが、強い競馬だった。


2着:△
ヒーローコール
父ホッコータルマエ
母アインライツ
(ティンバーカントリー)
浦和・小久保智  
中7週
牡4 黒鹿
笹川翼 56.0K

スタート後、押して先行しようとしたが、他馬の方が早くて前に行けず。
好位のインながら、他馬に被される展開となり、向こう正面過ぎから手が激しく動いていた。
それでも3~4コーナーで位置を上げて、直線追われて伸びる。
しかし、マイペースで逃げていたエルデュクラージュには2馬身差、届かなかった。


3着:▲
スワーヴアラミス
父ハーツクライ
母ベイトゥベイ
(Sligo Bay)
大井・荒山勝徳  
中5週
牡9 鹿
森泰斗 56.0K

この馬も、他馬が早くて先行できず。
道中、ヒーローコールの更に後ろのインを追走し、向こう正面過ぎではムチまで入っていた。
3~4コーナーでヒーローコールの後ろのインから上がって、直線は外を選択。
ロードレガリスと併せ馬の形で伸びようとしたが、前が楽に走っていた分、ここまでだった。


4着:◎ロードレガリス
父ハーツクライ
母レディマーメイド
(Fusaichi Pegasus)
船橋・岡林光浩  
中5週
牡9 黒鹿
吉原寛 56.0K

道中、中団の外を追走して、スムーズに進めることができていた。
ただその分、距離ロスは有り、直線追われても伸びきれず。
馬体重+15Kの影響もあったかもしれない。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ