ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞回顧

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた船橋記念の回顧を。




鬼キテル無料コンテンツ
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに
来る穴馬の答えが書いてあります↓
無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯7人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS8人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS7人気1着グレナディアガーズ
━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━
◎無料買い目情報も好調です!
・01/14船橋6R18,000円・01/11船橋7R 5800円
・門松賞   11400円・破魔矢賞  5150円
・ホープフルS8800円
・12/24浦和6R 15050円・12/23浦和6R 15400円
・ステイヤーズS9520円・東スポ杯二歳S9400円
充実な無料コンテンツこちら↓
穴馬くる無料コンテンツ
◎取材本命馬◎穴馬の法則
◎過去10年データ◎無料買い目
↑↑中央地方とここの情報は確認しとかなきゃです!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
船橋記念3

キャンドルグラスが昨年に続いて連覇!
着差は僅かだったが、キッチリと前を捕らえた。

人気勢が上位を占めた中、ノブワイルドが。。。。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
船橋記念4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロンの通過時のタイムは標準。
昨年よりもペースが上がらずに進んだ。

その結果、最後の5ハロン目が4ハロンより早くなるラップに。
例年とは異なり、短距離戦らしい前傾ラップにはならなかった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ナガタブラックが出遅れたが、それ以外の馬はほぼ揃ったスタート。


ハナ争いがし烈に
アドバイザー・エッシャー・クイーンズテソーロ・ノブワイルド・トリプルキセキがハナを狙う。
その中から、押して押してノブワイルドが3コーナーまでにハナへ立った。
これら5頭の後ろに、ブロンディーヴァ・キャンドルグラス・カプリフレイバーらが続く。


3~4コーナーでノブワイルドが1馬身差の逃げ。
番手にアドバイザー、3番手にクイーンズテソーロ。
エッシャーは後退気味で、代わってインからキャンドルグラスが上がってきた。


直線入り口でノブワイルドが急に失速
故障か。。。。
代わって先頭に立ったのはアドバイザー。
インを進んで後続を突き放しにかかる。
そこへ、外に切り替えたキャンドルグラスが上がってきた。
インにはカプリフレイバーが潜り込み、こちらも上がる。


残り100を切ってアドバイザーが頑張るも、キャンドルグラスがジワジワと迫り、ゴール前でキッチリ交わして1着でゴール。
2着がアドバイザー、少し離れた3着はカプリフレイバーとなった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
キャンドルグラス
父サウスヴィグラス
母ブローザキャンドル
(サンデーサイレンス)
船橋・川島正一  
中9週
牡7 栗
御神本 57.5K

昨年より位置取りが後ろとなったが、3~4コーナーでインを進んで前との距離を縮めた。
直線はアドバイザーに的を絞って迫り、最後はシッカリ交わす。
7歳となってもまだまだやれそうだし、このコースは走る。



2着:△
アドバイザー
父タイキシャトル
母テイクザスカイ
(ゴールドアリュール)
船橋・佐藤裕太  
中5週
牡6 栗
笹川翼 53.5K

トライアル勝利の勢いと軽量を味方に、ゴール前まで粘った。
4コーナーでも手応えは残っており、上位勢が入っていたとしても残っていた可能性が高い。
今後は距離が伸びるのと斤量が増えた時に通用するかどうか。



3着:△
カプリフレイバー
父サウスヴィグラス
母サクラスリール
(ファンタスティックライト)
船橋・稲益貴弘  
中5週
牡4 栗
本田正 55.5K

スタートは普通に出たが、そこからスピード負けして中団からの競馬。
直線、インを突くも弾けなかった。
まだ4歳、伸びしろがあるはずなので今後の成長に期待したい。



7着:
ブロンディーヴァ
父スマートファルコン
母アンソロジー
(サクラバクシンオー)
川崎・内田勝義  
中13週
牝4 栗
吉原寛 53.5K

中団を進むも、直線は伸びず。
どうやら砂をかぶって嫌がっていたよう。
この距離は合わないようで、仕切り直しての一戦に期待。
馬体重+11Kのとおり、4歳でまだ成長する余地があるはず。



競走中止:◎
ノブワイルド
父ヴァーミリアン
母コウエイベスト
(アンバーシャダイ)
浦和・小久保智  
中2週
牡9 鹿
左海誠 57.5K

スタート後、押して押してハナを切るも、4コーナーで故障発生。
左前球節完全脱臼とのこと、どうか無事で、、、、

その後の続報で、「骨は折れてなく、中心の靭帯もしっかりしており、自力で歩いたり横になることができている」とのこと。
疲労を取った後、無事種牡馬入り出来るようだ。

本当に良かった。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたニューイヤーカップの回顧を。





船橋記念、マイル争覇期待大
TCK女王盃、ゴールドジュニア
梅桜賞、川崎記念、白鷺賞・・・
無料公開されたら・・期待できる!
中央地方と無料情報好調です!
─────────────────────
◎検証OK/中央無料予想
01/09ニューイヤーS 14,2,5人気
ワイド3-13→1470円/回収率147%
─────────────────────

12/26ホープフルS  回収率176%
12/19ターコイズS  回収率420%
12/13カペラS    回収率149%
12/06ラピスラズリS 回収率157%
─────────────────────
無料予想/地方戦績
・名古屋Grp 124%・ビオラ賞   111%
・浦和記念   92% ・サンタアニタT100%
・ロジータ記念 144%・時雨空特別  272%
・楠賞     219%・平和賞    117%
・クイーン賞TR138%・鎌倉特別   100%
・南部杯    214%・姫山菊花賞  109%
・NTV盃   419%・月光特別   820%
─────────────────────
難解な重賞もワイドBOXのうまい買い方で
的中率KEEP中!!
地方は当日無料開放されるのでメルマガに注目!
無料予想/(中央・地方)
↑からメール登録しておき、重賞当日は要チェックです!
(去年から検証OKな無料地方予想なんです!)





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ニューイヤーカップ3

トランセンデンスが中団から差し切って快勝!
出世レースを勝利して、クラシック路線での活躍が期待できる走りだった。

2着と3着の差が6馬身あり、それぞれの力差が鮮明になった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ニューイヤーカップ4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは標準かやや早め。
先行馬が固まり、よどみのないペースとなった。

その結果、1・3着は、2コーナーで後方に居た馬。
それでもジョーロノが逃げ残ったり、4着に道中4番手から進めたワールドリングが残ったり、浦和らしい結果になった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
カシノルシーダが大きく出遅れ、サヨノグローリーも出遅れた。
キャッスルヒーローも後方から。


ハナに立ったのは、予想通りジョーロノ
スタートを切って、労せず逃げる事に。
そこへ大外枠からハートプレイスが掛かり気味に上がる。
間にはピースフラッグ。
その後ろは、ワールドリングとサイダイゲンカイ。
トランセンデンスはその後ろのインにつけた。


1~2コーナーで、ジョーロノが半馬身差の逃げ。
番手にピースフラッグ、それを3番手からハートプレイス。
インからワールドリング、並んでサイダイゲンカイ。
そこへ、外に切り替えたトランセンデンスが上がって行った。
連れてキャストロポポも。
先団が固まり、大きく離れてキャッスルヒーロー。
その後ろから、ムチをいれてサヨノグローリーが上がって行く。


3~4コーナーで先行勢の何頭かが脱落し、代わってトランセンデンスが番手に。
ジョーロノは、まだ逃げている。
3番手は、インからワールドリング・外からキャストロポポ。
大外からはサヨノグローリーも3番手集団に迫る。


直線、外からトランセンデンスがジョーロノを交わして先頭へ
ジョーロノも粘るが、トランセンデンスが独走状態に。
3着争いは、遥か後方でサヨノグローリーが上がる。

トランセンデンスは完全に抜けだし、そのまま1着でゴール。
2着がジョーロノ、大きく離れた3着はサヨノグローリー。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
トランセンデンス
父トランセンド
母タントタント
(シニスターミニスター)
浦和・小久保智  
中2週
牡3 鹿
森泰斗 56.0K

鞍上の好騎乗が目立った。
スタート後、最初の4コーナーでインに入れて距離ロスを減らし、向こう正面では外からスムーズに揚がって3コーナーではもう番手。
直線はジョーロノを交わすだけ、、、、
馬自身の強さもあったが、それ以上に鞍上が光る一戦だった。



2着:◎
ジョーロノ
父ジョーカプチーノ
母キョウエイエルメス
(ワイルドラッシュ)
浦和・小久保智  
中1週
牡3 栗
吉原寛 56.0K

好枠から逃げたが、ピースフラッグらに常に絡まれる厳しい展開。
それでも2着を守ったのは力のある証拠。
使い詰めで上り目は無さそうだが、今後も自分の競馬が出来れば上位に来そうだ。



3着:▲
サヨノグローリー
父トゥザグローリー
母アルディートプリエ
(シーキングザダイヤ)
浦和・工藤伸輔  
中1週
牡3 鹿
町田直 56.0K

スタートで出遅れてはるか後方から。
3着まで追い込んではきたが、2着とは6馬身差。
まずはスタートの改善からだ。



9着:〇ハートプレイス
父ネオユニヴァース
母ネリヤカナヤ
(タイキシャトル)
大井・佐宗応和  
中3週
牡3 栗
桑村真 56.0K

かかり気味に先行して外を回り続け、3コーナーでもう失速。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた報知オールスターカップの回顧を。





ここの重賞情報が見解付きでよくくる!
中山金杯の注目馬+考察+見解
11人気ウインイクシード入着読んでました↓↓

─────────────────────
ジャパンカップはもう当たり前!
・マイルCSも3頭ドンピシャ!
・エリザベス女王杯,サラキア5人気 3頭入線
・難解だったアルゼンチン共和国杯
 オーソリティ3人気,ラストドラフト6人気
・天皇賞秋 フィエールマン5人気 3頭入線
・菊花賞  サトノフラッグ5人気 3頭入線
・毎日王冠も・・3頭入線
 ダイワキャグニー4人気,サンレイポケット5人気
【結論】ここの注目馬に答えが書いてあります
─────────────────────


─────────────────────
毎週見解通り!ここの推奨馬答えが出てましたね!
馬券前の最終チェックはココ見てください。
週末重賞見解はコチラ
↑からメール登録し各情報くまなく覗いてみてください。
◎今週の注目レース(シンザン記念公開予定)
◎的中コロシアム(元関係者買い目/無料)

元厩務員や商社の方など本格派馬券師軍団なので要注目です!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
報知オールスターカップ3

タービランスが3度目の挑戦で当レースを制覇!
8歳となったが衰え皆無で、他馬との力を見せつけた。

これで過去5年中、1番人気が4勝。
2・3着にも人気馬が入り、堅い決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
報知オールスターカップ4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・6.5ハロンの通過時のタイムは遅め~標準。
先行馬が少なくペースが上がらなかったので、川崎2100らしく淡々と流れた。

その結果、これも川崎2100らしく、残り4ハロンのスピード比べとなり、上りも早くなった。
上位3頭が上がり38秒台で、後方から進めた馬には苦しい展開になった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ロードシャリオが大きく出遅れた。
ディアドムスも後方から。


ハナを狙ったのはシャイニングアカリ
押して迫るのが、予想どおりスギノグローアップ。
それにエメリミット・ゴールドホイヤーが迫る。
その後ろに、タービランスとストライクイーグルの人気勢。
更にサウンドトゥルー・マンガン・ヤマノファイトらが続いた。


1周目の3~4コーナーで、シャイニングアカリが4馬身差の逃げ。
番手にスギノグローアップ、3番手がエメリミット。
4番手のインという絶好位にタービランスがつけ、その後ろにサウンドトゥルー・ゴールドホイヤー・ストライクイーグル。
マンガンがその後ろのインにつけた。
このレース、インにいるのが大事なのだが、人気勢はほぼ全てインを取っている。


1~2コーナーで、シャイニングアカリが3馬身差の逃げ。
番手にスギノグローアップ、3番手がエメリミットで変わらず。
インからタービランス、その外にストライクイーグル。
6番手のインにサウンドトゥルー、その外のゴールドホイヤーは手が動き始める。
少し離れてインからマンガン、以下ヤマノファイトら。


3~4コーナーでシャイニングアカリが2馬身差をつけて、後ろを離そうとする。
そこへ、持ったままでタービランスが番手に上がる。
更にストライクイーグルも3番手へ。
インからはサウンドトゥルー・外からゴールドホイヤーも。
その後方に居たマンガンは、インから外へ一気に進路を切り替えた。


直線、シャイニングアカリが粘ろうとするが、タービランスが並びかけ、交わして先頭に立つ。
その後方のインから、サウンドトゥルーが3番手。
外に切り替えたマンガンが4番手となり、それぞれ前を追う。


タービランスは完全に抜けだし、後続の追撃も抑えてそのまま1着でゴール。
2~4着争いが際どくなったが、ゴール前で一伸びしたマンガンが2着、3着は最後にサウンドトゥルーがシャイニングアカリを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
タービランス
父パイロ
母チャームエンジェル
(Theatrical)
浦和・水野貴史  
中5週
牡8 黒鹿
笹川翼 58.0K

好位のインを早々と取り、直線は満を持して先頭に立つ完璧な競馬。
地方馬同士ならばまだまだ力は上のようだし、力の要る良馬場も良かった。
今年も中距離路線で主役を張ることができそうだ。



2着:△
マンガン
父アイルハヴアナザー
母スマートストーム
(アグネスタキオン)
川崎・田島寿一  
中4週
牡4 栗
吉原寛 55.0K

中団から進めたが、インをキープし続けていた。
それでいて直線は外に切り替えて、上がり最速の末脚を披露。
歴戦の古馬相手にここまでやれたのは収穫だし、名手の腕も光った。
まだ4歳、この後も順調に使って成長すれば、更に上を目指すことができそう。



3着:◎
サウンドトゥルー
父フレンチデピュティ
母キョウエイトルース
(フジキセキ)
船橋・佐藤裕太  
中2週
セ11 栗
本田正 58.0K

絶好枠を活かしてインをロスなく進み、直線も末脚を使う。
11歳だが元G1馬、まだまだ力はある。
タービランスが中距離の主役ならば、こちらは長距離路線での主役を張るだろう。



8着:スギノグローアップ
父マンハッタンカフェ
母シャイニングピアス
(ブライアンズタイム)
大井・福永敏  
連闘
牡8 鹿
繁田健 56.0K

良い感じで番手から進めていたが、3コーナーで馬群に飲み込まれてしまう。
馬体重が-6Kと絞れたが、他馬の力が上だったよう。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた東京2歳優駿牝馬の回顧を。






年を跨いで中山にて的中街道!
今週は中山2レース無料開放
敢えてのシンザン記念ではなく
好調な中山で的中を狙います!
────────────────
◎中山好調『無料情報』
01/05 中山10RジュニアC
5-8,1-5,1-8的中
払戻金1,890円/回収率189%
12/26 中山11RホープフルS
1-10,2-10,1-2的中
払戻金1,760円/回収率176%
↓買い目画像

────────────────
2020無料予想その他回収率
香取特別→125%/カペラS→149%
西宮S →211%/毎日王冠→148%
菊花賞→177%/河北新報杯→147%
基本ワイドBOX3~5頭3~10点
しばらく好調中山は続きそうな予感です!
無料予想はコチラ
↑からメール登録 前夜買い目を0円チェックです!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
東京2歳優駿牝馬3

ケラススヴィアが4連勝で同世代牝馬の頂点に!
2着に3馬身半差をつけて、力の差を見せつけた。

サウスヴィグラス産駒は本世代がラストクロップだが、この世代でも有力馬を多数輩出している!



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
東京2歳優駿牝馬4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは過去最遅。
ケラススヴィアがハナを切ったらあっという間に隊列が決まり、ペースが全く上がらなかったので、超スローな展開となった。

その結果、4コーナーで上位5頭にいた馬のうち、4頭がレースでも上位に。
後方から進めた馬にはチャンスがほぼ無かった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ジェネシスムーン・カイカセンゲン・ベツセタイの出が良くない。


ハナを狙ったのはプレストレジーナ
それにケラススヴィアが迫って交わす。
その後ろは、セカイノホシらが一団に。
少し空いてディアリッキーが続いた。


1~2コーナーで、ケラススヴィアが1馬身差の逃げ。
番手にセカイノホシ、3番手はプレストレジーナ・サブルドール・レディブラウン。
その後ろにインからソロユニット・ムーンライトキッス・ホーリーナイトキス。
更にディアリッキー・カイカセンゲンらが続いた。
目測だが、800メートル通過が51秒くらいで、かなりのスローペース。
今日もまた前が残りそう。。。。


3~4コーナーで、ケラススヴィア・セカイノホシ・レディブラウンが並ぶ。
その後ろは少し空いて、プレストレジーナ・サブルドール。
更に空いて、ソロユニット・ムーンライトキッス。
その後ろのディアリッキーは外に回した。


直線、ケラススヴィアが後続を突き放して独走に
番手にいた馬は苦しくなり、外に出したサブルドールが2番手へ。
更に外からディアリッキー。
大外にはケープホーンもいるが、これは厳しい。。。。

ケラススヴィアは全く危なげなく走り、そのまま1着でゴール。
2着にサブルドール、3着はゴール前でディアリッキーが上がった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
ケラススヴィア
父サウスヴィグラス
母レディパッション
(ネオユニヴァース)
浦和・小久保智  
中6週
牝2 黒鹿
森泰斗 54.0K

好スタートから1コーナーまでにハナを奪い、そのまま逃げ切る。
3コーナーで後続に迫られたように見えたが、手応えは終始楽だった。
来年以降の牝馬クラシック路線はこの馬を中心に回るだろう。
今後に向けては、デビューから馬体が成長しておらず、体が増えて欲しい。



2着:
サブルドール
父カジノドライヴ
母ビスクドール
(サンデーサイレンス)
大井・荒山勝徳  
中5週
牝2 栗
藤田凌 54.0K

先団のすぐ後ろで進めて、1テンポ遅らせて仕掛け、最後まで伸びる。
前走で増やした馬体を絞ったのと、牡馬相手に善戦した経験が活きたようだ。



3着:▲
ディアリッキー
父ホッコータルマエ
母パキータ
(スペシャルウィーク)
船橋・新井清重  
中6週
牝2 青鹿
本田正 54.0K

掲示板に載った馬のうち、後方から進めたのは当馬のみ。
上がり最速の末脚で追い込んできたが、このペースではこれが限界。
距離が伸びても問題なさそうで、次以降が楽しみだ。



6着:◎ケープホーン
父タートルボウル
母ヴァルパライソ
(サンデーサイレンス)
川崎・山崎裕也  
中7週
牝2 鹿
山崎誠 54.0K

ペースが遅く、後方から進めた馬にはチャンス無し。
それでも大外を回しながら上がり3位の末脚で伸びてきたのは評価できる。
転入2戦目以降となる次以降、巻き返しに期待したい。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた東京シンデレラマイルの回顧を。





有馬記念サラキア買えました?!
11人気買えた方は見なくてOKです!

─────────────────────

─────────────────────
無料公開/有馬記念2020
3連単50150円的中
クロノジェネシス指数1位→1着
サラキア    指数5位→2着
フィエールマン 指数2位→3着
11人気5位推奨の2着!
こういう1頭きますよね?!
─────────────────────
◎ちなみに他見てみると・・・
ギャラクシーステークス
指数5→3→2位 3連単59950円
スマートダンディー7人気指数3位推奨2着!!
阪神カップ   指数5→6→1位3連単59980円
ホープフルS  指数1→3→5位3連単5560円
3連単が3回に1回当たると書いてありますが
◎よくよく見てると・・・
27日3連単率 50% +26日3連単率 45.8%
3連単5万以上もちょいちょいきてるので・・
やはりいい感じのデータですね!
はじめての方、気になる方は金杯から!
指数無料公開←コチラ
メール登録し、年末年始的中実績チェックへ。
長年愛用してるのでおすすめです(無料)





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
東京シンデレラマイル3

ダノンレジーナが単勝1.4倍の圧倒的な支持に応えて快勝!
2着に2馬身差をつけて、他馬との力の違いを見せつけた。

当重賞は過去に波乱もあったが、今回は順当だった。
一年おきに順当→波乱・・・と繰り返しており、今回は順当な年だったよう。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
東京シンデレラマイル4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは過去最遅。
体制がアッサリ決まった上、先行しそうだったサラーブが取り消して、スローペースとなった。

その結果、残り4ハロンのスピード比べとなり、上りも早くなった。
後方から進めた馬にはチャンスがほぼ無かった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ルイドフィーネのスタートがイマイチだったが、他は大きな出遅れなくスタートを決めた。
ダノンレジーナは内から絶好のスタート。


ハナを狙ったのはレイチェルウーズとカラースキーム
その後ろは、ダノンレジーナ・ラインカリーナ・マルカンセンサー・アクアリーブル。
インからはロイヤルビクトリー・ポッドギル。
ルイドフィーネも外から巻き返していった。
サルサレイアは最後方。。。。


1~2コーナーで、カラースキームが1馬身半差の逃げ。
番手にレイチェルウーズ、3番手からラインカリーナ。
以下、アクアリーブル・ダノンレジーナの人気勢が続いた。
その後ろに、マルカンセンサー・ルイドフィーネら。
目測だが、800メートル通過が51秒くらいで、かなりのスローペース。
後方からサルサレイアが上がって行った。


3~4コーナーで、カラースキーム・レイチェルウーズ・ラインカリーナが並び、レイチェルウーズが失速。
代わって、ダノンレジーナとアクアリーブル。
ダノンレジーナは絶好の手応え。
その後ろにマルカンセンサーとルイドフィーネ。


直線、カラースキームとラインカリーナが粘ろうとするところを、インからダノンレジーナが交わす。
その後ろからマルカンセンサーも伸びる。
外からはアクアリーブルが差してきた。
しかし、残り100を切ってダノンレジーナが完全に抜け出す。
そのまま後続に差をつけてゴール。

2着はゴール前でマルカンセンサーが上がり、3着はアクアリーブルがラインカリーナを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
ダノンレジーナ
父ダノンバラード
母ダノンボンジュール
(Shamardal)
浦和・小久保智  
中5週
牝4 鹿
本橋孝 56.0K

好枠から好スタートを切り、道中は絶好位で脚を溜める。
直線は内から抜け出して、2着に差をつけて快勝。

既に2走前のJBCレディスクラシックで、JRA勢と好勝負できている(4着(0.8差))。
来年さらにパワーアップして、JRA勢相手にどこまでやれるか楽しみだ。
大目標のJBCレディスクラシックに向けて、順調に過ごして欲しい。



2着:▲
マルカンセンサー
父ロージズインメイ
母キャニオンドリーム
(ブラックタイアフェアー)
大井・高野毅  
中3週
牝5 黒鹿
笹川翼 56.0K

こちらも好スタートからインで脚を溜めて、直線内から伸びてきた。
調子が戻ってきたようで、今後も期待できそうだ。

恐らく次走はTCK女王盃に再度出走するだろう。
一昨年にそのレースで好走歴がある通り、外回りの方が末脚をより活かせるので良いはずなので、今年も期待したい。
その際は、再度内枠が欲しい。



3着:△
アクアリーブル
父パイロ
母アスカリーブル
(ブラックタキシード)
船橋・米谷康秀  
中6週
牝3 栗
矢野貴 55.0K

初の古馬との一戦だったが、正攻法で上位に来た。
外を回しながらここまで来たのは力が有る証拠だろう。

今後は、どれだけ成長するかがポイント。
母は古馬となってから、19戦して1勝のみだったので、、、、



6着:◎サルサレイア
父クロフネ
母サルサクイーン
(リンドシェーバー)
川崎・内田勝義  
中3週
牝4 栗
西啓太 56.0K

ペースが上がらなかったうえ、1コーナーで最後方。。。。
差し馬にはどうしようもないレースになってしまったので、次走以降の巻き返しに期待したい。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ