ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。元JRA大庭騎手とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 南関東重賞回顧





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたスパーキングレディーカップの回顧を。



函館記念・無料情報
7月は七夕賞的中で好発進!
6月は安田記念・エプソムCを連勝!
今週は函館記念で的中を狙います(^_-)
━━━━━━━━━━━━━━
重賞:無料情報
・七夕賞
三連複14点400円 58.8倍
[払戻]23,520円[回収率]420%
--------------------

--------------------
・エプソムC
三連複14点400円 138.8倍
[払戻]55,520円[回収率]991%
・安田記念
三連複14点400円 32.8倍
[払戻]13,120円[回収率]273%
━━━━━━━━━━━━━━
人気薄馬を入れて高配当あります!
函館記念も相手馬選びが上手い
ここの無料情報を参考にしましょう(^_-)
→函館記念・無料情報
選ぶレースも選ぶ馬も良い!
見る目がある無料情報に函館記念もお任せです(^_-)





【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
スパーキングレディーカップ3

アーテルアストレアが重賞3勝目!
3コーナーでは後方2番手を進んでいたが、怒涛の捲くりで勝利を挙げた。

(元)JRA勢が上位を占めて、小波乱の決着となった。


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
スパーキングレディーカップ4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロンの通過が早めで、5ハロンの通過が例年並み。
先行馬が揃ってテンから早くなり、中盤もペースが落ち切らず。

その結果、先行した馬が苦しくなる。
早め先頭に立ったヴィブラフォン以外は、中団~後方にいた馬が上位を占めた。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ライオットガールが出遅れる。


逆に好スタートを切ったのは、ボヌールバローズ。
そのままハナへ行く。
番手にフーリッシュホビー、その外にミチノアンジュ。
更に大外からヴィブラフォンが一気に迫る。
そしてカラフルキューブもついていき、5頭が先頭集団を形成。
その後ろに少し空いて、ライオットガールとミラクルティアラらが続いた。


1~2コーナーで、ボヌールバローズが1馬身差の逃げ。
番手にフーリッシュホビー、3番手の外にヴィブラフォン。
4番手のインにカラフルキューブ、少し空いてミチノアンジュらが続いた。
馬群が相当縦長となっていたが、向こう正面過ぎから後方にいた馬達も仕掛けていき、徐々に馬群が詰まっていく。


3~4コーナーで、ボヌールバローズ・フーリッシュホビーヴィブラフォンが3頭雁行状態となる。
その後ろにライオットガールとミラクルティアラが迫り、カラフルキューブは後退。
更に大外からアーテルアストレア、最内からキャリックアリードが進出してくる。
追い込みの競馬か。。。



直線、ヴィブラフォンが先頭に立ち、後続を突き放そうとする
そこへ、大外からアーテルアストレア・中央からキャリックアリードが追い込んでくる。
最内からはスピーディキックも。


アーテルアストレアはヴィブラフォンを交わし、キャリックアリードの追撃も抑えて、そのまま1着でゴール。
2着がキャリックアリード、3着にヴィブラフォンが粘った。


うまとみらいと
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:
アーテルアストレア
父リーチザクラウン
母スターズインヘヴン
(ワークフォース)
栗東・橋口慎介  
中7週
牝5 青鹿
菱田裕 57.0K

伸び上がるようなスタート。
無理せず追走させた結果、1~2コーナーでは後方2番手。
向こう正面過ぎから仕掛けるが、なかなかエンジンがかからず、3コーナーでもやはり後方2番手。
ただ3~4コーナーで大外を一気に進出して、4コーナーでは前を射程圏に。
直線も大外を力強く伸びて、差し切る。
展開がハマった感はあるが、57Kを背負って強い競馬だった。



2着:△
キャリックアリード
父キズナ
母アイリッシュシー
(Galileo)
大井・藤田輝信  
中7週
牝5 青鹿
赤岡修 55.0K

こちらは中団後方のインを、ポツンと気分よく追走。
向こう正面過ぎからインを徐々に上がっていき、3~4コーナーでもスルスルと上がって、直線は馬場の真ん中に出して追われる。
一度も詰まることなく進める好騎乗だったが、勝ち馬の決め手が上だった。
それでも、ここまでの安定した力を再発揮し、この馬自身の地力は見せた。



3着:△
ヴィブラフォン
父ドレフォン
母ヴィンテージローズ
(ゼンノロブロイ)
美浦・高木登  
中12週
牝5 栗
菅原明 55.0K

ペースが速い中、先頭集団の一角で進める。
3~4コーナーで先頭に並び、早め先頭から押し切りを狙おうとしたが、最後は苦しくなった。。。
この馬も、外でスムーズに先行し、変わり身を見せた。



6着:▲ミラクルティアラ
父ヘニーヒューズ
母ミラクルレジェンド
(フジキセキ)
栗東・野中賢二  
中17週
牝4 栗
坂井瑠 55.0K

この馬もスタートがイマイチで、ヴィブラフォンに前に入られてしまい、位置取りが悪くなる。
向こう正面過ぎから仕掛けられても伸びがパッとせず、3~4コーナーで既に手応えが悪かった。
最後はドライゼに交わされそうになり、何とか6着を死守するのがやっと。。。



9着:◎ボヌールバローズ
父ヘニーヒューズ
母ジュリエットソング
(ディープインパクト)
大井・福永敏  
中10週
牝4 黒鹿
吉原寛 55.0K

ハナを奪う事は出来たが、後続のマークが厳しく、キツいペースに。
結果、3コーナー過ぎで失速。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた帝王賞の回顧を。



夏仕様に換装完了
宇宙戦から地上戦へ 笑笑
荒れる!としか考えない
人気には左右されない
だって夏だもんね!!
そんな中序盤から穴馬
ビシバシ推奨してくれてます!
──────────────────AD
●TVh杯6人気 エイシンフェンサー
●宝塚記念7人気 ソールオリエンス
●東京JS 6人気 ロスコフ
●マーメイドS6人気 ホールネス
●エプソムC9人気 ニシノスーベニア
●エプソムC7人気 シルトホルン
●ジューンS6人気 エリカヴァレリア
──────────────────
今週末七夕賞2024
去年はククナ9人気2着
ホウオウエミーズ13人気3着
一昨年エヒト6人気1着
妙味レースには間違いない!!
●鶴が城ステークス
●釜山ステークス
●マリーンステークス(予定)
土曜まず見てください!
で、本当にきてたら・・
重賞も参考にしてみてください!
→週末穴馬情報/無料開放あり
後半戦走る穴馬教えてくれてます!




【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
帝王賞3

キングズソードがJBCクラシック以来の重賞2勝目!
その時と同じく大外枠から、再度の戴冠となった。

上位人気馬が先行して押し切りを狙ったところへディクテオンが食い込み、小波乱の決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
帝王賞4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が最遅に近いスローペース。
砂の入れ替えで力の要る馬場となった大井。
そんな中、4ハロン目が14.0と過去最遅のラップが刻まれた。

その結果、勝負どころでは団子状態となり、先行した馬が有利に。
勝ち馬は、4コーナー早め先頭から押し切った。


【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
バーデンヴァイラーが出負け気味で、ディクテオンも行き脚がつかず最後方。


好スタートは、内枠の馬。
その中から、予想通りライトウォーリアがハナへ。
そこへ、グランブリッジ・巻き返してきたバーデンヴァイラー、そしてキングズソード。
その後ろは、内からサヨノネイチヤ・ノットゥルノ・ウィルソンテソーロ。
更にセラフィックコール・メイショウハリオ・ヒロイックテイルが続いて、後ろ3頭以外が固まっている。


1~2コーナーで、ライトウォーリアが半馬身差の逃げ。
番手にバーデンヴァイラー、3番手の外にキングズソード。
4番手のインがグランブリッジ、そしてウィルソンテソーロ。
その後ろに、サヨノネイチヤとノットゥルノが続く。
その後ろまでディクテオンが追い上げてきた。
目視で1000の通過が63秒ちょいで、馬場を考慮してもスローペース。
馬群がほぼ一団となっている。


3~4コーナーで、ライトウォーリアが半馬身差をキープして逃げている。
番手のバーデンヴァイラーがライトウォーリアを交わそうと並び、更に外からキングズソードも迫る。
その外からはウィルソンテソーロも。
一団での追い比べとなりそう。


直線、キングズソードが先頭に立ち、後続を突き放そうとする
これに外からウィルソンテソーロが追ってくる。
最内からライトウォーリアが再度伸びているが、大外からはディクテオンが追い込んできた。
馬場の中央からは、グランブリッジとサヨノネイチヤも差してくる。


キングズソードの脚色は衰えず、ウィルソンテソーロを並ばせることなく伸び続けて、そのまま1着でゴール。
2着がウィルソンテソーロ、3着にディクテオン。
その後ろは4馬身差離れて、グランブリッジとサヨノネイチヤが並んで入った。


うまとみらいと
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
キングズソード
父シニスターミニスター
母キングスベリー
(キングヘイロー)
栗東・寺島良  
中7週
牡5 鹿
藤岡佑 57.0K

スタートを決め、押して先行。
終始外から被されることなく、外の3番手という絶好位をキープ。
4コーナーで速めに先頭に立った時は、早いのではと思ったが。。。
最後まで脚色が衰えることなく快勝。
右回り・外枠になって、一変した。


2着:△
ウィルソンテソーロ
父キタサンブラック
母チェストケローズ
(Uncle Mo)
美浦・小手川準  
中12週
牡5 鹿
川田将 57.0K

スタート後、2列目の一番外をゲット。
こちらも被されることなく進めて、4コーナーでは良い手応え。
キングズソードからワンテンポ遅らせて仕掛けたが、前が止まらなかった。
それでも、ドバイワールドカップで4着になった力は見せた。


3着:▲
ディクテオン
父キングカメハメハ
母メーデイア
(キングヘイロー)
栗東・吉岡辰弥  
中6週
セ6 黒鹿
横山和 57.0K

今日も出遅れて後方から。
それでもスローペースが功を奏して置かれることなく進め、向こう正面過ぎでは中団に。
3~4コーナーで大外を回し、直線グイグイと追い込む。
ただ残り100を過ぎると前2頭と脚色が一緒になってしまい、ここまでが精一杯だった。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたさきたま杯の回顧を。



北九州記念:無料情報
6月も好調な無料情報です(^^)
安田記念・マーメイドSと重賞を2鞍的中しています!
━━━━━━━━━━━━PR
重賞:無料情報
安田記念
三連複14点400円 32.8倍
【払戻額】13,120円【回収率】234%
マーメイドS
三連複18点300円 61.9倍
【払戻額】18,570円【回収率】344%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
桜花賞的中から好調が続いています!
北九州記念もここの無料情報を押さえてください。
→北九州記念・無料情報
勢いそのままに京都メインで連勝を期待しましょう!




【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
さきたま杯3

レモンポップが国内のG1級レースを4連勝!
サウジカップ以来のレースだったが、他馬との力の違いを見せた。

上位人気馬が先行して力を出し切り、非常に平穏な決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
さきたま杯4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロンが過去最速で、5ハロンの通過が例年並み。
序盤からペースが緩まず、澱みのない流れとなった。

その結果、上がりが過去最遅となり、勝ち時計も過去最遅。
重馬場ではあったが、非常にタフな競馬だった。
それでもここは、浦和競馬場。
人気馬が前へ行って力を出し切り、先行勢同士の決着となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ティーズダンクが躓き、後方から。


先行争いを繰り広げたのは4頭。
内から、アランバローズ・シャマル・イグナイター・レモンポップ・バスラットレオン。
このうち、最内のアランバローズがハナを奪う。
その後ろは、レモンポップがスピードの違いで番手に。
以下、シャマル。
そしてイグナイター・バスラットレオン。
更にアマネラクーンらが続いた。


1~2コーナーで、アランバローズが半馬身差の逃げ。
番手にレモンポップ、3番手にシャマル。
その外にバスラットレオンが被せていき、その後ろにイグナイター。
少し空いて、オメガレインボーとアマネラクーンが押されながら追走。
更に間が空いてサンライズホークらが続き、馬群が非常に縦長となっている。


3コーナー前で、早々とレモンポップが先頭に立ち、後続との差をつける。
番手にシャマルが上がり、更に外からイグナイターも迫る。
その後ろのバスラットレオンらは失速し、代わって大外からタガノビューティー。


直線、レモンポップが粘り込みを狙う
その後ろからイグナイターが、外からジワジワと迫る。
内ではシャマルも踏ん張る。
ただ、レモンポップと後ろの2頭との差は、縮まらない。


レモンポップは2馬身差をキープして、そのまま1着でゴール。
2着にイグナイター、3着にシャマル。
堅い決着となった。


うまとみらいと
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
レモンポップ
父Lemon Drop Kid
母Unreachable
(Giant's Causeway)
美浦・田中博康  
中16週
牡6 栗
坂井瑠 57.0K

スタートを決め、押しながら番手へ。
アランバローズを見ながら進めていたが、3コーナー前から早々に先頭に立つ。
後続が詰めてきたが、並ばせず差を詰めさせず。
海外帰り・初の小回り等、様々な要素を全てクリアした、横綱相撲のレース。
完勝だった。


2着:△
イグナイター
父エスポワールシチー
母ビアンコ
(ウォーニング)
兵庫・新子雅司  
中11週
牡6 鹿
笹川翼 57.0K

スタート後、先行集団の直後をフリーで追走。
3コーナー過ぎから一気に上がり、レモンポップを射程圏内に入れる。
ただ、そこからレモンポップとの差が詰まらない。
この馬自身、よく走っているのだが、相手が悪すぎた。


3着:〇
シャマル
父スマートファルコン
母ネイティヴコード
(アグネスデジタル)
栗東・松下武士  
中6週
牡6 鹿
川須栄 57.0K

スタート後、インのアランバローズにハナを奪われ、レモンポップに番手を取られてしまう。
スピード含めた力の差を見せつけられてしまった。。


8着:▲オメガレインボー
父アイルハヴアナザー
母ワイキューブ
(アグネスタキオン)
浦和・小久保智  
中3週
牡8 栗
吉原寛 57.0K

中団の外を追走して3~4コーナーではインに入れたが、力差が大きく、直線伸びなかった。。。


10着:◎アマネラクーン
父パイロ
母ホウショウアマネ
(Unbridled's Song)
浦和・小久保智  
中3週
牡7 黒鹿
森泰斗 57.0K

終始、追走に手一杯。
直線も伸びず、力負け。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた関東オークスの回顧を。



宝塚記念×無料情報
先週はマーメイドS、皆生特別を的中!
無料情報は昨年末からプラス収支継続中です。
━━━━━━━━━━━━━━
先週の無料情報
◎マーメイドS
馬連2点500円→✕
馬連1,000円→18,800円
◎皆生特別
ワイド5,000円→7,000円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2023.12~2024.06
投資額:395,100円
獲得額:657,760円
収支額:262,600円
回収率:166%
━━━━━━━━━━━━━━
宝塚記念もどう回収するか注目です。
→宝塚記念・無料情報
↑からLINE友だち追加して買い目を毎週チェックしてください。





【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
関東オークス3

アンデスビエントが逃げ切って圧勝!
鞍上は初重賞制覇となった。

2・3着に地方馬が食い込み、波乱の決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
関東オークス4

予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロンの通過が早めで、6.5ハロンの通過が例年より遅め。
序盤はペースが流れたが、15.3のラップが刻まれるくらい中盤は緩んだ。

そして、川崎2100らしく残り4ハロンからのスパート合戦となる。
次々と馬が脱落し、前に居た馬が残った。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
アンデスビエントが絶好のスタートを切り、悠々とハナへ。
外のミスカッレーラのスタートもよく、こちらもすぐ番手。
逆に出脚が付かなかったのは、ローリエフレイバー。


その後ろの馬たちは、二の脚を効かせてメイショウヨシノ・イゾラフェリーチェが上がる。
少し空いてクリスマスパレード、更にシンメルーブスとグラインドアウトも続く。
最後方のアンバーシュガーが一頭だけ大きく離されて、馬群が非常に縦長となった。


1周目の3~4コーナーで、アンデスビエントが1馬身半差の逃げ。
番手にミスカッレーラ、3番手にメイショウヨシノとイゾラフェリーチェ。
その後ろは、インにグラインドアウト・外にクリスマスパレード。
以下、シンメルーブスらが続いて、淡々と流れている。


1~2コーナーで、アンデスビエントが1馬身差の逃げ。
番手にミスカッレーラが続き、3番手にイゾラフェリーチェが上がる。
インのメイショウヨシノは下がっていき、代わりにクリスマスパレード・ローリエフレイバー・グラインドアウト、そしてプリンセスアリーが上がっていく。
馬群が一団となった。


2周目の3~4コーナーで、アンデスビエントが1馬身差をキープして逃げている。
番手のミスカッレーラも食らいついている。
3番手集団は、インからグラインドアウトが上がっていき、大外からはローリエフレイバーも。
これらに挟まれたイゾラフェリーチェは後退。
インの後方からは、プリンセスアリーも上がって来た。


直線、アンデスビエントが後続を突き放し、独走になる
番手は、ミスカッレーラとグラインドアウトが馬体を離して追い比べ。
その後ろは、シンメルーブスとプリンセスアリーが併せ馬で追い比べとなっている。


アンデスビエントは、最後は7馬身差をつけて1着でゴール。
2着争いは、ミスカッレーラがグラインドアウトを抑えて上がった。


うまとみらいと
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
アンデスビエント
父ドレフォン
母アンデスクイーン
(タートルボウル)
栗東・西園正都  
中4週
牝3 鹿
田口貫 55.0K

好スタートからすぐにハナへ。
道中も特に絡まれることなくマイペースで逃げる事が出来た。
最後は後続を大きく突き放して、楽勝だった。
前走、牡馬相手に1勝クラスを圧勝した力は、本物だった。


2着:
ミスカッレーラ
父シニスターミニスター
母スリーメロディー
(ネオユニヴァース)
船橋・川島正一  
中6週
牝3 鹿
御神本 55.0K

まず、減り続けていた馬体が戻ったのが、非常に大きかった。
レースは、スタートを決めて外の番手をキープし続ける。
外から被されることなくこちらもマイペースで進めて、向こう正面からのスパートでも食らいつく。
最後はグラインドアウトとの併せ馬を制した。
クラシック路線で上位人気に推された力を、しっかり発揮した。


3着:▲
グラインドアウト
父アメリカンペイトリオット
母クィーンロマンス
(ティンバーカントリー)
高知・田中守  
中4週
牝3 黒鹿
赤岡修 55.0K

先日の東京ダービーでシンメデージーが好走したように、最近の高知勢は非常に強力。
当馬も好位のインをロスなく進めて、2周目の3~4コーナーでインから進出。
ミスカッレーラとの叩き合いには敗れたが、単勝158倍の馬とは思えない素晴らしい走りを魅せた。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた川崎スパーキングスプリントの回顧を。



地方も勝てる無料情報
中央で勝ちまくってる無料情報
実は地方でもイケてるんです!
先週は園田重賞を的中でした\(^o^)/
━━━━━━━━━━━━PR
【―無料情報―】
6/13 園田FCスプリント
馬連 10点100円→1,340円
ワイド10点100円→1,830円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
中央は天皇賞春、皐月賞
福島牝馬S、アーリントンCなど
重賞で的中連発している無料情報です!
地方競馬も見逃せませんよ(^_-)
→無料情報を確認
↑からLINEで友だち追加して無料情報をご覧ください。





【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
川崎スパーキングスプリント3

プライルードが重賞3勝目!
カイカノキセキの同級生が、3歳以来の重賞制覇となった。

上位人気馬が先行して力を出し切り、平穏な決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
川崎スパーキングスプリント4

予想記事書いた【過去4年のラップ】と比較すると、2.5ハロンの通過が過去最速。
今年も先行馬が揃って、激しい先行争いとなった。

その分、上がりは過去最遅に。
それでも先行馬が残って、堅い決着となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
コパシーナが出遅れる。


好スタートを切ったのは外枠勢。
そこに内から先行馬が二の脚を利かせて、迫る。
そんな中、大外のノボベルサイユがムチを入れてハナへ。
エンテレケイアも懸命に迫るが、番手。
その後ろはプライルードとティアラフォーカス。
更に、カプリフレイバー・マッドシェリー・サンダーゼウス。
ここまでが一団で、後は少し離れた。


3~4コーナーで、ノボベルサイユが後続を3馬身差離して逃げる。
外から一気にティアラフォーカスが迫り、内のエンテレケイアも食らいつく。
その後ろにプライルード、そしてサンダーゼウス。
更にインからカプリフレイバーが上がって、ここまでが馬券内のよう。


直線、外からティアラフォーカス・最内からエンテレケイアが上がって、ノボベルサイユは逆噴射
更に外からプライルードが差してきて、ティアラフォーカスに並び、競り落とす。


内からエンテレケイアも差してくるが、プライルードがアタマ差抑えて、1着でゴール。
2着がエンテレケイア、3着にティアラフォーカスとなった。


うまとみらいと
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
プライルード
父ラブリーデイ
母アンソロジー
(サクラバクシンオー)
大井・藤田輝信  
中8週
牡5 青鹿
本田正 57.0K

スタートを決め、逃げたい馬を行かせて無理せずに好位のインをキープ。
3コーナーから追われ始めて外に出し、直線は馬場の真ん中から伸びる。
最後は上がり最速の末脚を使ってキッチリ勝ち切り、ここでは力が一枚上だった。


2着:△
エンテレケイア
父アジアエクスプレス
母スターレット
(ブライアンズタイム)
浦和・小久保智  
中2週
牡6 栗
和田譲 57.0K

スタート後に逃げようとしたが、ノボベルサイユのスピードにかなわず。
3~4コーナーでティアラフォーカスに捲くられて苦しい形となるが、最後まで伸びる。
昨年よりも着順を上げたが、勝ち馬の方が一枚上だった。


3着:◎ティアラフォーカス
父パイロ
母リシャールサーバー
(フサイチリシャール)
大井・宗形竹見  
中3週
牡5 栗
御神本 55.0K

スタート後、先団に取りついて、3~4コーナーで一気に進出。
直線は先頭に立つシーンもあったが、外からプライルードに迫られ、競り落とされる。
内のエンテレケイアも捕らえられず、この舞台ではこれが精一杯か。。。


12着:▲ノボベルサイユ
父リオンディーズ
母ノボプレシャス
(ゴールドアリュール)
川崎・山崎裕也  
中4週
牝6 青鹿
西啓太 51.0K

大外から果敢にハナを奪うも、直線は逆噴射。
バテたのか、アクシデントがあったのか、最後は最下位、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ

↑このページのトップヘ