ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



G1シーズンはココですね
秋華賞から有馬記念まで無料公開を期待!
────────────────────

────────────────────
去年も秋華賞あたりから無料情報で
チャンピオンズカップ、チャレンジカップなど
難しいダートまで3連単できてましたね!
────────────────────

────────────────────
ちなみに先週無料情報勝ってましたね!
<10月11日俺の無料(ワイド)>
京都8R3歳以上2勝クラス 
券種:ワイドボックス 03,04,08
点数:3点推奨:3,300円
投資合計:9,900円
推奨配当:19,140円
<10月11日[LINE限定]特別無料情報>
新潟10R松浜特別
券種:3連単 軸1頭マルチ
10→01,04,05,08
点数:36点推奨:300円
投資合計:10,800円
推奨配当:13,560円
────────────────────
G1勝ちたい方
無料情報で勝ちたい方
は必見です!
秋華賞無料開放買い目
メール登録し前日夜20時頃ログインしチェックしてみてください。
濃ゆめのサイトですが、まーー3連単ならココです!




今週は
秋華賞予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ソフトフルート
▲ムジカ



【レース展望】
3歳牝馬の3冠目として行われる秋華賞。
3冠中、唯一内回りコースで行われる為、他の2レースとは求められる適性が異なる。
そのため、かつては波乱が続いていたが、最近は平穏な決着が目立つ。
近年は同世代内の能力差が大きく、適性差をカバーしているようだ。


京都内回りコースで行われる為、ハイペースとなり易い。
結果、上りがかかり、後方からの馬でも届くことが多くなっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで5番手以下だった馬が12頭
うち、10番手以下だった馬が4頭おり、直線が短くても追い込みが決まっている。
先行馬には厳しいレースだ。


血統的には、現代競馬の主流となっているディープインパクト産駒・キングマンボ=キングカメハメハ産駒が強い。
また、平坦コースでスピードの持続力勝負に強いトニービン=グレイソヴリン系の血を持つ馬も来ている。


まとめると、「
差し・追い込みのディープインパクト産駒・キングマンボ=キングカメハメハ・トニービン=グレイソヴリン系の血を持つ産駒」を狙いたい。

kyoto_turf_2000





【出走全馬ワンポイント評価】
1番ミヤマザクラ
父ディープインパクト
母ミスパスカリ
(Mr. Greeley)
栗東・藤原英  
牝3 芦
福永 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

未勝利戦を勝利した後は、早い上りが使えていない。
春のG1でも大負けしていない一方、ジワジワとしか伸びておらず、恵まれても善戦止まりでは。



2番リアアメリア
父ディープインパクト
母リアアントニア
(Rockport Harbor)
栗東・中内田  
牝3 黒鹿
川田 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走のローズステークスを快勝。
ただ、今回も内枠だし、前走よりも先行しそうなメンバー構成。
そうなると被せられたり揉まれそうで、前走より厳しい展開になるのでは。



3番マルターズディオサ
父キズナ
母トップオブドーラ
(Grand Slam)
美浦・手塚  
牝3 青鹿
田辺 55.0K
8戦4勝 [4-2-0-2]

前走の紫苑ステークスを快勝。
馬体重増も成長分で、力をつけたことを示した。
その一方、叩き2戦目での成績が芳しくないのとは心配だし、枠順から揉まれそうなのが不安。



4番ホウオウピースフル
父オルフェーヴル
母ツルマルワンピース
(キングカメハメハ)
美浦・大竹  
牝3 栗
池添 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走の紫苑ステークスで大敗。
3コーナー前から動いていったのが失敗だったよう。
今回は脚を溜めて行くだろうけど、短い直線で馬群を捌けるかどうか。



5番ウインマイティー
父ゴールドシップ
母アオバコリン
(カコイーシーズ)
栗東・五十嵐  
牝3 芦
和田竜 55.0K
8戦3勝 [3-1-1-3]

前走の紫苑ステークスは出遅れで参考外だし、上がり最速の末脚は使っていた。
この馬も、上りのかかる馬場になる事が好走条件。
パンパンの良馬場にならなければ面白い存在。



6番ダンツエリーゼ
父キズナ
母ワスレナグサ
(アグネスデジタル)
栗東・本田  
牝3 青鹿
太宰 55.0K
10戦3勝 [3-2-1-4]

勝ち星はいずれもダート。
さすがに厳しいのでは。



7番ムジカ
父エピファネイア
母ローズアダージョ
(ディープインパクト)
栗東・鈴木孝  
牝3 鹿
秋山 55.0K
10戦1勝 [1-4-3-2]

前走のローズステークスで2着(0.3差)。
インが伸びたレースで外から差してきたのは評価できる。
今回は内寄りの枠となったので、スムーズに進められるかどうかだろう。



8番ソフトフルート
父ディープインパクト
母ストロベリーフェア
(Kingmambo)
栗東・松田  
牝3 黒鹿
藤岡康 55.0K
9戦3勝 [3-0-2-4]

今回最大の惑星だろう。
前走はローズステークスと同じ舞台で、古馬2勝クラスで0.7差の圧勝。
ローズステークスの勝ち時計と0.1しか変わらない好時計だった。
まだデアリングタクトと戦っていない未知の魅力がある。



9番サンクテュエール
父ディープインパクト
母ヒルダズパッション
(Canadian Frontier)
美浦・藤沢和  
牝3 鹿
Cルメール 55.0K
5戦2勝 [2-1-0-2]

春の2戦はいずれも完敗。
厩舎や鞍上で人気しがちだが、成績はついてきていない。
今回も優駿牝馬からのぶっつけでそれなりに人気しているが、、、、



10番クラヴァシュドール
父ハーツクライ
母パスオブドリームズ
(Giant's Causeway)
栗東・中内田  
牝3 青鹿
Mデムーロ 55.0K
7戦1勝 [1-2-1-3]

前走のローズステークスは、馬体重増が響いたのか5着(0.6差)止まり。
春は叩き2戦後から失速しており、休み明け2戦目となる今回は上昇があるかどうか微妙。



11番フィオリキアリ
父キズナ
母クリアリーコンフューズド
(Successful Appeal)
栗東・清水久  
牝3 鹿
北村友 55.0K
10戦3勝 [3-1-0-6]

前走のローズステークスで8着(0.7差)。
2走前の2勝クラスで快勝したように、先行できれば前進が有りそうだが、、、、



12番マジックキャッスル
父ディープインパクト
母ソーマジック
(シンボリクリスエス)
美浦・国枝  
牝3 鹿
大野拓 55.0K
7戦1勝 [1-3-0-3]

前走の紫苑ステークスで4着(0.2差)。
2走前の優駿牝馬でも詰まりながら5着(0.4差)に来ており、力を見せた。
関西への輸送も3度目だし、展開が向けば上位に来てもおかしくない。



13番デアリングタクト
父エピファネイア
母デアリングバード
(キングカメハメハ)
栗東・杉山晴  
牝3 青鹿
松山 55.0K
4戦4勝 [4-0-0-0]

4戦4勝で、春の2冠馬。
包まれづらい外枠を引けたので、3冠に一歩近づいたと言えよう。
悪馬場になっても問題なく、中心視すべきだろう。



14番オーマイダーリン
父ディープインパクト
母ラブーム
(Monsun)
栗東・河内  
牝3 鹿
幸英明 55.0K
11戦2勝 [2-3-3-3]

前走のローズステークスは、鞍上の好騎乗で3着を確保。
あれが今回もう一度できるかどうか、微妙。



15番ミスニューヨーク
父キングズベスト
母マンハッタンミート
(マンハッタンカフェ)
栗東・杉山晴  
牝3 青鹿
長岡禎 55.0K
7戦3勝 [3-0-2-2]

前走の紫苑ステークスは5着(0.3差)。
ジワジワと伸びていた。
1勝クラス・2勝クラスでの勝利は馬場が渋っており、雨はプラスだろう。



16番パラスアテナ
父ルーラーシップ
母ステラリード
(スペシャルウィーク)
美浦・高柳瑞  
牝3 鹿
坂井 55.0K
6戦2勝 [2-2-0-2]

前走の紫苑ステークスで2着(0.2差)。
2走前にはラジオNIKKEI賞で4着(0.9差)に健闘しており、力がある。
今回も揉まれづらい外枠を引けたのがプラスだし、乗り替わりも悪くない。
3コーナー前からスムーズに進められれば。



17番ウインマリリン
父スクリーンヒーロー
母コスモチェーロ
(Fusaichi Pegasus)
美浦・手塚  
牝3 栗
横山武 55.0K
5戦3勝 [3-1-0-1]

優駿牝馬からのぶっつけ。
今回は初の長距離輸送の克服が課題となりそう。
この枠から先行できるかどうかもポイントだ。



18番アブレイズ
父キズナ
母エディン
(ジャングルポケット)
栗東・池江  
牝3 青鹿
藤井勘 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

2走続けて重賞凡走。
上がりのかかる馬場で先行できれば、3走前のフラワーカップでの勝利のように好走できるが、、、
良馬場では厳しそうなので馬場の助けが欲しい。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はソフトフルート
春はクラシック路線に乗れなかったが、春最終戦は2勝クラスの芝2400で古馬相手に3着(0.1差)。
秋初戦の前走は、同じ2勝クラスで圧勝し、成長を見せた。
そして、まだデアリングタクトと対戦しないというのがプラス。
勝負付けが済んでいないので、インでジッとして直線も内から突き抜けてほしい!



▲はムジカ
前走のローズステークスで、外を回って上位に来たことを評価。
今回も前走同様、インで脚を溜めて直線外に出して追えば、、、、
トライアルで2着に来ていることを完全にフロック視されており、非常に美味しいオッズとなっている。



〇はデアリングタクト
もはや説明不要だろう。
3冠に向けて条件は整っており、普通に勝ち負けだ。



以下、春の
実績馬のウインマイティーマジックキャッスルミヤマザクラ、トライアルで好走したパラスアテナを抑える。



◎ソフトフルート
▲ムジカ
〇デアリングタクト
△ウインマイティー
△マジックキャッスル
△ミヤマザクラ
△パラスアテナ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



海外進出成功
凱旋門賞16点的中

──────────────────
2020/10/04 凱旋門賞3連単/16点
せかいの万馬券303,240円
2020/10/04 ポートアイランドS
3連単/6点シグナリング206,880円
2020/10/04 スプリンターズS
3連単/8点-MIRAI-155,160円的中
2020/10/03 シリウスS
3連単/16点特選重賞情報197,490円
──────────────────
先週メイン好調
サクラアリュールも!!
アウィルアウェイも!!
全て16点内
そして今週は・・
◎神無月ステークス
◎毎日王冠・・無料公開との事!

無料予想受け取りはコチラ

かわいらしいサイトなんですが・・・
パンチ力あるので買い目無料チェックからいってみてください!
─────────────────
画像
─────────────────




今週は
京都大賞典予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎シルヴァンシャー
▲パフォーマプロミス



【レース展望】
秋の古馬芝中長距離の前哨戦となっている京都大賞典。
このレースも一時期は少頭数となっていたが、最近はノーザンファームの使い分けなどもあって頭数が多くなって言う。
秋古馬G1を皆勤する馬が少なくなってきたため、特にジャパンカップの前哨戦としてここを使ってくる馬が多くなっている。


京都の開幕週で行われる為、勝ちタイムが早くなりがち。
そして、ロスなく立ち回ることができる内枠・先行馬が圧倒的に有利。
過去5年で馬券内に来た15頭中、1~4枠の馬が9頭
4コーナーで4番手以内だった馬が8頭
迷ったら、イン・先行馬を選びたい。


血統的には、ディープインパクト産駒が強い。
3年連続で馬券内に来ており、兄のブラックタイドも含めると5年で3勝している。
当レースはスローからの上がり勝負という決着が多いため、瞬発力に長けた同産駒が良いのだろう。
また、4年連続でトニービン=グレイソヴリン系の血を持つ馬も来ているが、こちらは長距離戦というためか。
もしペースが流れるならば、より良さが活きそうだ。



まとめると、「
内枠・先行しそうなディープインパクト産駒もしくはトニービン=グレイソヴリン系の血を持つ産駒」を狙いたい。

kyoto_turf_2400




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ダンビュライト
父ルーラーシップ
母タンザナイト
(サンデーサイレンス)
栗東・音無  
セ6 黒鹿
松若 56.0K
23戦4勝 [4-2-4-13]

昨年の当レースで2着(0.2差)。
自分の競馬ができれば強い馬。
先行馬が少ない今回、昨年のように逃げることが出来れば、再度の好走が有るだろう。
ただ、隣に同型馬が入ったのと、ダッシュ力が無いので内枠はマイナス。



2番キセキ
父ルーラーシップ
母ブリッツフィナーレ
(ディープインパクト)
栗東・角居  
牡6 黒鹿
浜中 57.0K
23戦4勝 [4-5-5-9]

前走の宝塚記念で2着(1.0差)したが、依然として気性の問題がつきまとっている。
初コンビの鞍上がどこまで御せるか、微妙。



3番シルヴァンシャー
父ディープインパクト
母アゼリ
(ジェイドハンター)
栗東・池江  
牡5 鹿
北村友 56.0K
10戦4勝 [4-0-2-4]

昨年の当レースで3着(0.3差)。
前走の天皇賞春での大敗は、鞍上によるチグハグな競馬が原因。
鉄砲実績があるので、立て直されていれば有力だ。



4番タイセイトレイル
父ハーツクライ
母マザーウェル
(シンボリクリスエス)
栗東・矢作  
牡5 黒鹿
川須 56.0K
27戦4勝 [4-4-6-13]

重賞では、昨年のアルゼンチン共和国杯での2着(0.2差)が最高。
それ以外ではハンデ戦での掲示板が精一杯だし、別定戦の今回、厳しい。



5番ノーブルマーズ
父ジャングルポケット
母アイアンドユー
(Silver Hawk)
栗東・宮本  
牡7 栗
高倉 56.0K
45戦5勝 [5-6-9-25]

時計のかかる馬場で内枠を引いた時が好走の時。
ただ、条件が揃った昨年の当レースでも4着(0.5差)止まりで、厳しそうだ。



6番ステイフーリッシュ
父ステイゴールド
母カウアイレーン
(キングカメハメハ)
栗東・矢作  
牡5 鹿
藤岡佑 56.0K
21戦2勝 [2-4-7-8]

オールカマーの時も書いたが、G2G3では堅実な馬。
今回も走るタイミングだろう。



7番リッジマン
父スウェプトオーヴァーボード
母アドマイヤモンロー
(Caerleon)
栗東・庄野  
牡7 鹿
古川 56.0K
31戦6勝 [6-4-0-21]

2年前のステイヤーズステークスを勝利した後、大敗続き。
厳しい。



8番カセドラルベル
父ハーツクライ
母ベルスリーブ
(シンボリクリスエス)
栗東・西村  
牝4 鹿
松山 54.0K
8戦4勝 [4-2-1-1]

連勝中で勢いがあるが、前走タイム差無しで負かしたマルシュロレーヌは、次走でダートを勝利。
相手関係が微妙かつ初の重賞挑戦で、どこまでやれるか。




9番モンドインテロ
父ディープインパクト
母シルクユニバーサル
(ブライアンズタイム)
美浦・手塚  
牡8 鹿
嶋田 57.0K
29戦8勝 [8-0-4-17]

近年、ステイヤーズステークスでしか好走していない。
鞍上をふまえると、今回は叩き台だろう。



10番アルバート
父アドマイヤドン
母フォルクローレ
(ダンスインザダーク)
栗東・橋口  
牡9 栗
岩田康 56.0K
34戦9勝 [9-3-3-19]

近年はステイヤーズステークスしか走っていない。
ここもその叩き台だろう。




11番バイオスパーク
父オルフェーヴル
母ナナヨーティアラ
(マイネルラヴ)
栗東・浜田  
牡5 黒鹿
和田竜 56.0K
23戦4勝 [4-8-3-8]

オープン入りして3戦連続好走中だが、いずれも馬場が渋った時か重い馬場だったもの。
開幕週の馬場次第で、好走も凡走も有り得る。




12番ドゥオーモ
父ディープインパクト
母アスクコマンダー
(コマンダーインチーフ)
栗東・野中  
牡7 鹿
藤岡康 56.0K
19戦3勝 [3-4-2-10]

前走の函館記念や4走前の小倉大賞典での好走を見ると、軽ハンデ+小回りが得意そう。
それとは真逆の今回、厳しそうだ。



13番グローリーヴェイズ
父ディープインパクト
母メジロツボネ
(スウェプトオーヴァーボード)
美浦・尾関  
牡5 黒鹿
川田 58.0K
11戦4勝 [4-3-0-4]

前走の宝塚記念はブービーで大敗。
馬体重も含めて仕上がっていなかったよう。
立て直した今回、状態さえ戻っていれば力があるのだが。。。。



14番アイスバブル
父ディープインパクト
母ウィンターコスモス
(キングカメハメハ)
栗東・池江  
牡5 芦
幸 56.0K
19戦4勝 [4-5-1-9]

重賞好走は、目黒記念での2度のみ。
別定戦の今回、厳しい。



15番パフォーマプロミス
父ステイゴールド
母アイルビーバウンド
(タニノギムレット)
栗東・藤原英  
牡8 栗
福永 56.0K
19戦8勝 [8-2-3-6]

8歳だが、前走の鳴尾記念を勝利しているように力は十分。
鉄砲実績も有るし、今回も見逃せない。



16番ミスマンマミーア
父タニノギムレット
母サンデーメモリー
(サンデーサイレンス)
栗東・寺島  
牝5 栗
池添 54.0K
30戦5勝 [5-3-5-17]

JRAでの好走は芝2200~2400で、今回ベスト条件。
4走前に今回と同舞台の3勝クラスを鮮やかに差し切った。
距離不足の前走を叩いて前進が見込める。



17番キングオブコージ
父ロードカナロア
母ファイノメナ
(Galileo)
栗東・安田翔  
牡4 鹿
横山典 57.0K
13戦5勝 [5-2-0-6]

4連勝中。
しかもコース・距離が変わってのもので、価値がある。
今回は初の57Kと、道悪・大外枠がどうかだろう。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はシルヴァンシャー
内枠を引いた上、インの2頭が前に行くので、ラチ沿いの好位を取れそう。
今回鞍上が変わって中団で脚を溜めそう。
その後、直線追い出せば、昨年以上が期待できそうだ!


▲はパフォーマプロミス
外枠になったので評価を下げたが、枠以外は全く問題ない。
高齢+久々でそれほど人気が無いが、2走前にG1で3着(1.0差)に来ているように力十分。
何とかロスなく進めて、上位に食い込んで欲しい!


〇はキングオブコージ
大外枠は痛いが、様々な条件で快勝している近走の勢いは見逃せない。
頼れる鞍上も含めて、ここでも中心視すべきだろう。



以下、
内枠を引けたダンビュライトステイフーリッシュG1馬のグローリーウェイズ、このコースの3勝クラスで牡馬を負かしており末脚発揮できるミスマンマミーアを抑える。



◎シルヴァンシャー
▲パフォーマプロミス
〇キングオブコージ
△テリトーリアル
△ステイフーリッシュ
△グローリーウェイズ
△ミスマンマミーア



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



今日は凱旋門賞を予想する。
10/4の4R、発走時刻23:05です 。

国内の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。





無料情報が・・・
ワイド的中劇場

連日でワイド3頭入着!
──────────────
無料公開予想
■9月20日(日)中京1R
レース結果:3-8-5
ワイド930/800/420円
計:2,150円/回収率215%
■9月19日(土)中京3R
レース結果:5-9-8
ワイド190/670/720円
計:1,580円/回収率158%
──────────────

──────────────
ココは毎回思うのですが、合わせて3連複BOX同時購入もありかも! ガッツリ~ライトユーザーまで楽しめる無料情報です。
→前夜公開ワイド劇場無料情報
毎週の軍資金稼ぎに!前夜買い目チェックです。





bannere_468x60
【レース展望】
昨年のレース展望を途中までそのまま記載しています)

日本競馬界にとってレース制覇が悲願となっている、芝2400メートル路線の世界最高峰の凱旋門賞。
歴史は古く、1920年に創設された。

凱旋門賞が、現在のような芝2400メートル路線の世界最高峰のレースとして国際的にも極めて高い評価を受けるようになったのは1950年代以降のことで、競馬史に名を残す名馬が多数優勝。
賞金もこれまで幾度となく引き上げられており、総賞金はヨーロッパナンバーワンを誇る(2020年の当初の予定では500万ユーロだったが、コロナ禍で40%ダウンの300万ユーロ=約3億6600万円に減額)。

日本馬もこのビッグレースの優勝を目指して、1969年のスピードシンボリから2019年のキセキ・フィエールマン・ブラストワンピースまで延べ26頭が参戦したが、残念ながら1999年のエルコンドルパサー、2010年ナカヤマフェスタ、そして2012、2013年のオルフェーヴルの2着が最高成績となっている。


パリロンシャン競馬場は、向こう正面のコースは中間から第3コーナーまでゆったりとした上り坂が続き、そこからゆったりとした下り坂が続く。
最大10メートルの高低差となっている。 
その後、第4コーナーまでフォルスストレートと呼ばれる直線が続いた後、直線は約600メートル。
ゴールまで平坦なコースが続く。 



傾向として、過去5年に馬券内に来た全15頭のうち、前走で1着だった馬が9頭
その一方、4着以下だった馬は2頭のみで、馬券外からの巻き返しは難しい。
1着馬もだが、2~3着馬に注目だ。
経由したレースは、G1組が8頭と多く、残る7頭のうち3頭がフォワ賞、2頭がニエル賞(今年は中止となり、代わりにパリ大賞典を開催)。
昨年のエネイブルは、唯一2年連続でG3をステップにしていた。


年齢は、3~4歳が11頭で、若い方が有利。
昨年こそ5歳のヴァルガイストが勝利したが、これは珍しいケース。
また、イギリス・フランス調教馬が10頭(残る5頭は、2016年に1~3着を独占したアイルランド調教馬)と、英仏勢が有利なレースだ。


牡馬牝馬を比較すると、牡馬が10頭と牝馬の5頭を圧倒しているが、勝ち馬は牝馬が3頭と牡馬を凌駕している。



ParisLongchamp




01_320x100
【ブックメーカー(コーラル)と日本(netkeiba)のオッズ比較】
海外競馬は、日本でのオッズと海外でのオッズとの歪みが大きい時が多い。
今回から、ブックメーカーのオッズと日本(netkeiba)のオッズ比較を載せる。
(いずれも昨日20時時点)

ブックメーカーのオッズは、購入した時点で確定する。
日本のオッズのようにレース直前まで変動することが無い為、ブックメーカーのほうがシビアにオッズを算出していると言えるし、信ぴょう性も高いと言える。

もしブックメーカーで高く評価され、日本で低く評価されている馬がいたら、面白い存在だと言えるだろう。


【ブックメーカー】
1 エネイブル:2.2
2 ストラディバリウス:6.0
3 ソットサス:8.0
4 インスウープ:10.0
5 サーペンタイン:13.0
6 ラービアー:13.0
7 ジャパン:13.0
8 モーグル:15.0
9 ペルシアンキング:21.0


【日本】
1 エネイブル:1.1
2 ジャパン:7.4
3 ストラディバリウス:9.2
4 ソットサス:15.7
5 モーグル:15.8
6 ディアドラ:30.8
7 ラービアー:32.3
8 サーペンタイン:53.3
9 インスウープ:69.3



【最終結論】

◎はインスウープ
今年の凱旋門賞は、上記の通り日本と海外のオッズ差が大きいこの馬に注目。
2走前に多頭数のドイツダービーを経験して快勝しているし、前走のパリ大賞典では今回と同じ舞台を経験して2着(0.4差)に来ている。
父が独ダービー馬、母が独オークス馬というドイツ競馬の結晶が、フランスで力を発揮する!!



▲はペルシアンキング
こちらもオッズ差が大きい馬。
フランスのチャンピオントレーナーに近3年連続を含む30度も輝き、凱旋門賞を8度勝利しているAファーブル調教師の馬だ。
今年送り出すこの馬は、G1勝ちが1600~1800という馬。
距離不安から▲としたが、母父が凱旋門賞馬であり、こなせる下地がある。
3歳時には、昨年の当レースで3着したソットサスの2着に来ており、力が有る。
今回は先行してエネイブルをマークし、一発を狙える!



〇はエネイブル
6歳となったが力はまだまだ健在。
中心視すべきだろう。



以下、昨年の当レースで3着のソットサス
、斤量差を考えると侮れないラービアースタミナが必要な馬場で浮上するストラディバリウス、7歳となったがG1初勝利を挙げるなどまだ上昇中のウェイトゥパリスを抑える。
(【10/4 10:30追記】Aオブライエン勢取り消しにつき、△を変更)



インスウープ
▲ペルシアンキング
エネイブル
△ソットサス

△ラービアー
△ストラディバリウス
△ウェイトゥパリス



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



◎オールカマー上位的中
◎有馬記念までココの指数一択です!

─────────────────────
オールカマー指数5→4→1位
3連複2830円 3連単21480円

─────────────────────
ながつきステークス 指数2→4→3位
3連複4080円 3連単16480円
長篠ステークス   指数1→4→5位
3連複3930円 3連単10990円
─────────────────────

─────────────────────
神戸新聞杯のロバートソンキ―のみ。。残念
セントライト記念  指数4→1→2位
レインボーステークス指数6→1→5位
波乱予感は指数6位までチェックですね!
─────────────────────
重賞無料公開↓↓
10/04中山11RスプリンターズS
10/11東京11R毎日王冠
10/18京都11R秋華賞
10/25京都11R菊花賞

※当日公式ブログにて公開
※管理人最終見解5頭も公開
─────────────────────
G1週指数はコチラ
同時に週末24レース無料公開 かなり答え合わせになるはずです!



今週は
スプリンターズステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ダイアトニック
▲ダイメイフジ



【レース展望】
秋のG1第一弾となる、スプリンターズステークス。
今年も快速馬が揃って、電撃の熱い6ハロン戦が繰り広げられる。


当レースは、スタートから下り坂が続くのでペースが流れやすく、地力が問われることが多い。
基本は人気馬が強いレースだ。
そして、ロスなく立ち回ることができる内枠が圧倒的に有利。
過去5年で馬券内に来た15頭中、1~4枠の馬が13頭
迷ったら内枠を狙いたい。


血統的には、アメリカダート血統のミスプロ系が強い。
当レースは前半からスピードに乗って進め、最後の急坂を乗り切るパワーが必要となるので、そのレースの質がミスプロ系と合っているのだろう。
逆に瞬発力勝負が得意な父サンデーサイレンス系の馬は、他の芝レースよりも成績が良くない。



まとめると、「
内枠を引いたミスプロ系の産駒」を狙いたい。

nakayama_turf_1200



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ダイメイプリンセス
父キングヘイロー
母ダイメイダーク
(ダンスインザダーク)
栗東・森田  
牝7 黒鹿
秋山 55.0K
37戦7勝 [7-2-2-26]

暑い時期に良績の多い馬だったが、近2走は連続して馬券外。
もう7歳、衰えが来ているようで厳しい。



2番モズスーパーフレア
父Speightstown
母Christies Treasure
(Belong to Me)
栗東・音無  
牝5 栗
松若 55.0K
21戦7勝 [7-3-1-10]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
今年も自分の競馬に徹するのみ。
昨年からの不安材料は、今の中山の馬場。
昨年より重くて上りがかかっており、最後の粘りに影響しそうだ。



3番ダノンスマッシュ
父ロードカナロア
母スピニングワイルドキャット
(ハードスパン)
栗東・安田隆  
牡5 鹿
川田 57.0K
20戦9勝 [9-2-1-8]

前走のセントウルステークスを快勝。
ただこの馬は、前哨戦で勝利する一方本番で振るわない成績が続いている。
昨年の当レースでも1番人気で3着(0.1差)になっており、リベンジが叶うかどうか。



4番キングハート
父オレハマッテルゼ
母ラブハート
(マイネルラヴ)
美浦・星野  
牡7 鹿
北村宏 57.0K
45戦6勝 [6-6-2-31]

近走冴えず、厳しい。



5番メイショウグロッケ
父メイショウサムソン
母メイショウグラナダ
(マンハッタンカフェ)
栗東・荒川  
牝6 鹿
浜中 55.0K
29戦5勝 [5-5-4-15]

前走のセントウルステークスは、初の芝1200で2着(0.2差)に好走。
良績が左回りに多いので、コース替わりはマイナスだが、短距離適性は高そうだ。



6番ライトオンキュー
父Shamardal
母グレイトタイミング
(Raven's Pass)
栗東・昆  
牡5 鹿
古川 57.0K
16戦6勝 [6-2-1-7]

持ち時計に限界があり、1分7秒台が無い。
今回もスピード自慢が揃ってタイムが早くなりそうで、厳しい。
上がりがかかっている馬場がどこまで味方するか。



7番ミスターメロディ
父Scat Daddy
母Trusty Lady
(Deputy Minister)
栗東・藤原英  
牡5 鹿
福永 57.0K
15戦4勝 [4-3-1-7]

前走のセントウルステークスは、G1を制した得意の舞台だったが3着(0.2差)止まり。
良績のない右回りになる今回、厳しそうだ。



8番ダイメイフジ
父アグネスデジタル
母ダイメイダーク
(ダンスインザダーク)
栗東・森田  
牡6 鹿
菱田 57.0K
39戦7勝 [7-7-4-21]

揉まれずに逃げられれば好走するが、今回は強力な同型馬が出走。
実績のある中山でどこまでやれるか。



9番ダイアトニック
父ロードカナロア
母トゥハーモニー
(サンデーサイレンス)
栗東・安田隆  
牡5 鹿
横山典 57.0K
17戦7勝 [7-3-3-4]

4走前は降着、3走前は不利を受けているが、それでも好走を続けている。
前走の大敗は道悪が原因と明確で、今回は巻き返しが有りそうだ。



10番グランアレグリア
父ディープインパクト
母タピッツフライ
(Tapit)
美浦・藤沢和  
牝4 鹿
ルメール 55.0K
8戦5勝 [5-1-1-1]

前走の安田記念を勝利し、2走前の高松宮記念でもタイム差なしの2着。
その一方、本格的な前傾ラップでのレースは今回が初となる見込み。
そこでついていけるかは未知数だ。
また、外からスムーズに進めた時に良績が多く、揉まれた時の心配もある。



11番ラブカンプー
父ショウナンカンプ
母ラブハート
(マイネルラヴ)
栗東・森田  
牝5 黒鹿
斎藤新 55.0K
32戦3勝 [3-8-1-20]

2年前の当レースでタイム差なしの2着。
スムーズに先行できれば好走できるが、今回は同型馬が多数で厳しい。



12番ビアンフェ
父キズナ
母ルシュクル
(サクラバクシンオー)
栗東・中竹  
牡3 鹿
藤岡佑 55.0K
8戦3勝 [3-2-0-3]

前走のセントウルステークスは、初の古馬との一戦でハイペースを先行し、5着(0.6差)に踏ん張る。
良績の多い右回りになり、人気から解放されて古馬との再戦となる今回、前進が有りそうだ。



13番レッドアンシェル
父マンハッタンカフェ
母スタイルリスティック
(Storm Cat)
栗東・庄野  
牡6 青鹿
Mデムーロ 57.0K
19戦6勝 [6-2-5-6]

前走の北九州記念を快勝。
ただ関東圏での競馬で結果がでていないのは気になるし、昨日フェアビアンカで駄騎乗した鞍上が非常に不安。



14番エイティーンガール
父ヨハネスブルグ
母センターグランタス
(アグネスタキオン)
栗東・飯田祐  
牝4 青鹿
池添 55.0K
16戦5勝 [5-3-1-7]

3歳秋以降の勝利は、いずれも後傾ラップ。
前傾ラップ濃厚な今回、追走した上で末脚を発揮できるかどうか。



15番クリノガウディー
父スクリーンヒーロー
母クリノビリオネア
(ディアブロ)
栗東・藤沢則  
牡4 栗
三浦 57.0K
16戦1勝 [1-2-1-12]

近走冴えないが、4走前の高松宮記念では降着とはいえ1着でゴール。
2歳時に朝日杯フューチュリティステークスで2着(0.3差)になっているように、G1では走る。
前走も出遅れたが、最後は上がり2位の末脚を使っており、今回も軽視禁物だ。



16番アウィルアウェイ
父ジャスタウェイ
母ウィルパワー
(キングカメハメハ)
栗東・高野  
牝4 鹿
松山 55.0K
13戦4勝 [4-1-2-6]

前走の北九州記念で3着(0.3差)。
その一方、坂のあるコースは3歳以降好走が無い。
初の中山、不安がある。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はダイアトニック
前走のキーンランドカップは馬場が全く合わなかったようで、参考外。
むしろ良いガス抜き・調教になったと思えば好材料だ。
前走後、NFしがらきで調整されてここに挑むことが出来るならば、巻き返しが有る。
血統も良いし、枠もギリギリセーフ。
乗り替わりとなるが、文句ない鞍上を確保できたし、重めの馬場も2走前に函館でこなしている!



▲はダイメイフジ
実は隠れ中山巧者である当馬。
しかも2年前の冬にモズスーパーフレアを当舞台で差し切っている。
今回もモズスーパーフレアを見ながら先行し、直線でスパっと。。。。
枠も内目だし、今回最大の惑星となり得る馬だ!



〇はグランアレグリア
当初は消しに近い抑え評価だったが、昨日の中山芝は外差しがバンバン効いていた。
仕方なく抑える事に。。。。



以下、
内枠を引けたダノンスマッシュライトオンキュー高松宮記念で好走したクリノガウディーモズスーパーフレアを抑える。



◎ダイアトニック
▲ダイメイフジ
〇グランアレグリア
△ダノンスマッシュ
△ライトオンキュー
△クリノガウディー
モズスーパーフレア



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



ブエナビスタC400%
セントウルS900%

今見ておくのはココ!
中央・地方絶好調
回収率もハンパねぇ!
【無料情報:的中実績】
─────────────────────
9/21中京10R:ブエナビスタC
3連複5-8-13/51倍×400円
★2万400円/回収率425%☆
9/13中京11R:セントウルS
3連複3-7-16/136.8倍×400円
★5万4720円/回収率912%☆
12人気メイショウグロッケ入れました!
─────────────────────

─────────────────────
-地方も強いんです-
9/16川崎11R:戸塚記念
ワイド4-13/4.8倍×3000円
★1万4400円/回収率288%☆
─────────────────────

─────────────────────
そして今週27(日)は…
◇オールカマー(G2)無料公開◇
→オールカマーの無料情報
20日は同時公開のワイドも的中!合わせてご覧ください。




今週は
産経賞オールカマー予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ステイフーリッシュ
▲サンアップルトン



【レース展望】
秋の古馬芝中長距離の前哨戦として歴史のある、オールカマー。
中山芝2200はこの後に東京芝で行われるG1と求められる適性が異なる(後述)為、当レースへの有力馬の出走は少なく、夏競馬の延長のように持続力勝負のレースとなっていた。

ところが最近は、ノーザンファームの使い分けによってミドルペースの持続力勝負になりにくくなっており、スローペースからの瞬発力勝負の傾向が強まっている。
その結果、毎年、ディープインパクト産駒が馬券内に来ており、瞬発力がある馬が上位に来るレースとなっている。
しかも今年は僅か9頭立て。
よりスロー濃厚だ。


一応、先週のセントライト記念と同じ中山芝2200で行われるため、求められる適性は同様となる。
先週の予想記事を参考にしていただきたい。

セントライト記念の予想!



まとめると、「
持続力勝負の得意なロベルト系あるいはグレイソヴリン=トニービン血統を持つ馬、瞬発力勝負の得意なディープインパクト産駒」を狙いたい。

nakayama_turf_2200




【出走全馬ワンポイント評価】
1番クレッシェンドラヴ
父ステイゴールド
母ハイアーラヴ
(Sadler's Wells)
美浦・林  
牡6 鹿
内田博 56.0K
22戦7勝 [7-4-2-9]

昨年の当レースで5着(0.5差)。
その後、重賞を2勝して再度当レースへ挑戦。
捲れる脚がある一方、今回はペースが落ち着きそうなのが心配。



2番サンアップルトン
父ゼンノロブロイ
母シナル
(キングカメハメハ)
美浦・中野  
牡4 黒鹿
柴田善 56.0K
11戦4勝 [4-2-1-4]

前走、重賞初挑戦で4着(0.4差)。
スタートが良くなく最後方からだったが、良く差を詰めた。
その後、両前脚の骨折で休養となったが、軽度な剥離骨折だった。
恐らく走りには影響ないだろう。
少頭数かつ流れが落ち着きそうなので、まずスタートを決めたい。



3番ミッキースワロー
父トーセンホマレボシ
母マドレボニータ
(ジャングルポケット)
美浦・菊沢  
牡6 鹿
横山典 57.0K
20戦5勝 [5-3-3-9]

昨年の当レースで2着(0.3差)。
常に後方から進める馬で展開に左右されがちなのが心配で、今回もペースが落ち着きそう。
鞍上がどうやって進めるのか、注目だ。



4番センテリュオ
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ
(エンドスウィープ)
栗東・高野  
牝5 鹿
戸崎圭 54.0K
15戦4勝 [4-5-0-6]

牝馬限定戦では上位に来ているが、今回は牡馬混合戦。
2走前のオープンでも牡馬相手では掲示板が精一杯だったし、どこまでやれるか。



5番ジェネラーレウーノ
父スクリーンヒーロー
母シャンハイロック
(ロックオブジブラルタル)
美浦・矢野  
牡5 青鹿
三浦 56.0K
9戦4勝 [4-0-2-3]

屈腱炎明けで1年8ヶ月ぶり。
中山での実績が多数光る一方、折り合いの難しい面がある。
力はあるが、それを発揮できるかどうかレース運びが難しそうだ。



6番アウトライアーズ
父ヴィクトワールピサ
母ウィストラム
(フレンチデピュティ)
美浦・小島  
牡6 鹿
丸田 56.0K
26戦4勝 [4-2-2-18]

前走の小倉記念は、ハイペースに乗じて3着(0.4差)。
今回は少頭数かつペースが落ち着きそうで、厳しいだろう。



7番ステイフーリッシュ
父ステイゴールド
母カウアイレーン
(キングカメハメハ)
栗東・矢作  
牡5 鹿
田辺 56.0K
20戦2勝 [2-4-6-8]

G1では通用していない一方、G2・G3では常に上位に来ている。
ここも得意?のG2、久々でも注目すべきだろう。



8番カレンブーケドール
父ディープインパクト
母ソラリア
(Scat Daddy)
美浦・国枝  
牝4 鹿
津村 54.0K
10戦2勝 [2-5-2-1]

重賞で3戦続けて2着。
強豪相手でも健闘するが勝ち切れず。
鉄砲実績のある馬で久々は大丈夫そうだが、今回も勝ち切れるかどうか微妙。



9番オウケンムーン
父オウケンブルースリ
母ムーンフェイズ
(エリシオ)
美浦・国枝  
牡5 鹿
北村宏 56.0K
8戦3勝 [3-0-0-5]

こちらも屈腱炎明けで約2年ぶり。
休む前、4戦続けてG1・G2で勝負になっていなかった。
普通に考えれば厳しいのだが、自身が劇的な成長をしているならば。。。。。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はステイフーリッシュ
ケガなく順調に使われており、当コースでも今年のAJCCで2着(0.2差)に来ている。
にも関わらず思ったほど人気が無いのはオイシイ。
少頭数でメンバーが楽になった今回、久々の勝ち星が見込めそうだ!



▲はサンアップルトン
5戦連続で最速の上がりを使っている。
また、当レースでは3歳冬に2度好走しており、コース実績があるのもプラス。
半年ぶりで状態は確かに心配。
しかし、他馬が早めに仕掛けて展開がハマれば一発ある!



〇はミッキースワロー
中山外回りでは、セントライト記念の勝利を含めて崩れ無し。
フィエールマンの回避もあり、中心視すべきだ。



以下、
実績上位のカレンブーケドール、休む前に実績のあったジェネラーレウーノオウケンムーン、牡馬相手は大変だがスローで瞬発力が活きるならば上位に来そうなセンチュリオを抑える。



◎ステイフーリッシュ
▲サンアップルトン
〇ミッキースワロー
△カレンブーケドール
△ジェネラーレウーノ
△オウケンムーン
△センチュリオ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

↑このページのトップヘ