ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
天皇賞秋・無料情報

昨年に続いて今年も秋好調です!
国内海外で無料情報が炸裂しています。
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報

━━━━━━━━━━━━━━
◎菊花賞
三連複15.7倍×400円
【払戻額】6,280円【回収率】121%
◎京都大賞典
三連複20.3倍×600円
【払戻額】12,180円【回収率】226%
◎凱旋門賞
ワイド3.7倍×2,000円
【払戻額】7,400円【回収率】148%
◎スプリンターズS
三連複23.1倍×300円
【払戻額】6,930円【回収率】122%
━━━━━━━━━━━━━━
京都大賞典からの天皇賞秋も期待!
昨年も菊花賞~有馬記念までよく当たりました(⌒∇⌒)
今からチェックしておくのも遅くはありません!
→天皇賞秋・無料情報
6~9人気あたりの入れ込みが上手く巧みに当ててきます!



今週は、天皇賞秋を予想する!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ドウデュース
▲ガイアフォース



【レース展望】
秋の古馬芝中距離G1戦線の第一弾である、天皇賞秋。
日本の今の競馬で中心路線と言える芝2000で行われるため、必然的に毎年高レベルなメンバー・レースが続いている。
しかも東京芝は、基本的に高速馬場。
毎年非常に早い上がり・勝ち時計が求められている。


決め手勝負になる場合が多く、差し馬が有利になっている。
過去5年間でで馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
その内訳を見ると、キセキ・アエロリット・ダノンプレミアム・アーモンドアイ・グランアレグリア、そしてパンサラッサと、いずれもG1馬。
並みの馬では前に行っても残れない状況だ。


血統としては、日本の現代競馬の中心的レースという事で現代の王道血統の馬
の好走が目立つ。


まとめると、「差し・追い込み馬で、現代の王道血統を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ノースブリッジ
父モーリス
母アメージングムーン
(アドマイヤムーン)
美浦・奥村武  
中4週
牡5 鹿
岩田康 58.0K
14戦6勝 [6-0-1-7]

先行力があるのは良いが、このメンバーでは厳しい。



2番エヒト
父ルーラーシップ
母ヒーラ
(ディープインパクト)
栗東・森秀  
中4週
牡6 鹿
横山和* 58.0K
28戦6勝 [6-3-3-16]

前走のオールカマーで大敗。
好走歴は直線の短いコースばかりで、末脚勝負になりそうな今回は厳しい。



3番ドウデュース
父ハーツクライ
母ダストアンドダイヤモンズ
(Vindication)
栗東・友道  
中30週
牡4 鹿
武豊 58.0K
9戦5勝 [5-1-1-2]

こちらも現役最強馬の一頭。
取り消し明けの一戦の為、状態がポイントだろう。



4番ダノンベルーガ
父ハーツクライ
母コーステッド
(Tizway)
美浦・堀  
中9週
牡4 鹿
モレイラ 58.0K
8戦2勝 [2-1-1-4]

3歳春以降、勝てていない。
舞台はベストなので、後は力関係だけだ。



5番ガイアフォース
父キタサンブラック
母ナターレ
(クロフネ)
栗東・杉山晴  
中4週
牡4 芦
西村淳 58.0K
10戦3勝 [3-3-0-4]

前走のオールカマーで5着(0.4差)。
好位から伸びきれなかった。
距離短縮はプラスだが、相手が大幅に強化されており、厳しそうだ。



6番ジャスティンパレス
父ディープインパクト
母パレスルーマー
(Royal Anthem)
栗東・杉山晴  
中17週
牡4 青鹿
横山武 58.0K
11戦5勝 [5-1-2-3]

前走の宝塚記念で3着(0.2差)。
一気の距離短縮に対応して善戦したのは評価できる。
ただ直線の長いコースでの末脚比べは、未知数だ。



7番イクイノックス
父キタサンブラック
母シャトーブランシュ
(キングヘイロー)
美浦・木村  
中17週
牡4 青鹿
ルメール 58.0K
8戦6勝 [6-2-0-0]

現役最強馬の一頭。
状態が普通ならば、勝ち負けだろう。



8番ヒシイグアス
父ハーツクライ
母ラリズ
(Bernstein)
美浦・堀  
中9週
牡7 青鹿
松山 58.0K
18戦7勝 [7-5-0-6]

一昨年の当レースで5着(0.8差)。
直線の長いコースでの切れ味勝負は分が悪そうで、厳しい。



9番プログノーシス
父ディープインパクト
母ヴェルダ
(Observatory)
栗東・中内田  
中9週
牡5 鹿
川田 58.0K
10戦6勝 [6-2-1-1]

今年になってG2を2勝。
鞍上との相性も抜群だ。
ただ国内のG1は初挑戦となるため、一線級との力関係次第だろう。



10番ジャックドール
父モーリス
母ラヴァリーノ
(Unbridled's Song)
栗東・藤岡  
中9週
牡5 栗
藤岡佑 58.0K
16戦8勝 [8-2-0-6]

前走の札幌記念で大敗。
タフな馬場に苦しんだ感があった。
今年は結局大阪杯しか勝っておらず、このメンバーだとまともにやりあうのは厳しそう。
大逃げ等、思い切った策が欲しいが、、、、



11番アドマイヤハダル
父ロードカナロア
母スウェアトウショウ
(ディープインパクト)
栗東・大久保  
中2週
牡5 鹿
菅原明* 58.0K
14戦3勝 [3-3-2-6]

前走の毎日王冠で4着(0.1差)。
上がり最速の末脚を使って健闘したが、相手が更に強くなる今回は厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はドウデュース(単勝3.8倍・2番人気)
11頭立ての天覧競馬。
基本的に観るレースだろう。
2強が抜けているが、前走からのレース間隔の長さから余力の有無を見て、こちらを本命にした。



▲はガイアフォース(単勝38.3倍・7番人気)
2強に入るならば、持ち時計の早さ+2走前にマイルの早い流れを経験済みである、この馬だろう。
昨日の東京芝レースも非常に早い時計が出ていて、当レースもスピード勝負になりそう。
ならばこの馬の台頭があっても良いのではないか。



〇はイクイノックス
現役最強馬の一頭。
前走の疲れが無ければ、普通に勝ち負けだろう。



以下、
前へ行けるのはプラスのジャックドール、昨年の当レースで上位に来たダノンベルーガ、近走好調のプログノーシスを抑える。



◎ドウデュース
▲ガイアフォース
〇イクイノックス
△ジャックドール
△ダノンベルーガ
△プログノーシス



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



―新予想集計完了―
6月~毎月プラス収支
推奨通り買うだけ!
競馬が楽しくなりました!AD
──────────────────
無料公開予想
10月+6,550円
9月+20,100円
8月+313,000円
7月+247,750円
6月+152,000円
収支計+739,400円
39R/17R的中 勝率44%
──────────────────

──────────────────
スプリンターズS 5,000円→11,550円
エルムS     5,000円→153,400円
函館二歳S    5,000円→195,050円
3連複10点、ワイド10点で
毎週うまく攻略してくれてました!
そして重賞注力か?!
菊花賞無料公開↓↓
→菊花賞2023予想
安定感、一撃収支 有馬記念まで注目です!



今週は、菊花賞を予想する!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ノッキングポイント
▲ハーツコンチェルト



【レース展望】
牡馬クラシック最終戦の、秋華賞。
2020年以来、久々に京都芝3000で行われる。
現代競馬の王道距離から外れた長距離戦という事で、タフなレースが続いている。
これは、京都芝が一時期よりもタフな馬場になったことも影響してそう。


その結果、前半脚を溜めて後半のスパート合戦になる事が多く、差し馬が有利になっている。
京都で行われていた2016~2020年の5年間でで馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が5頭
いかに前半を無理せずに進めて、後半に向けて脚を溜められるかが勝負だ。


血統としては、現代の王道血統の馬の他
、タフな馬場・ペースでも対応できる欧州血統を持っている馬の好走が目立つ。
同じ京都芝コースで行われるということで、先週の秋華賞に似ている。


まとめると、「差し・追い込み馬で、現代の王道血統・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

kyoto_turf_3000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番トップナイフ
父デクラレーションオブウォー
母ビーウインド
(スピニングワールド)
栗東・昆  
中8週
牡3 青鹿
横山典 57.0K
11戦2勝 [2-4-1-4]

前走の札幌記念で2着(0.7差)。
初の古馬相手に大健闘した。
ただそこから乗り替わりとなるのはマイナスだし、スタートが不安定なのも気になる。



2番ウインオーディン
父エピファネイア
母ピエナビーナス
(フジキセキ)
美浦・鹿戸  
中4週
牡3 黒鹿
三浦* 57.0K
7戦1勝 [1-2-0-4]

前走のセントライト記念で6着(0.9差)に完敗し、厳しい。



3番シーズンリッチ
父ドゥラメンテ
母エバーシャルマン
(ハーツクライ)
美浦・久保田  
中3週
牡3 鹿
角田河 57.0K
7戦2勝 [2-0-0-5]

3走前にノッキングポイントらを下して毎日杯を制して、2走前の東京優駿でも7着(0.4差)。
ただ、前走の神戸新聞杯は先行して見せ場無く負けており、厳しそうだ。



4番ダノントルネード
父ハーツクライ
母シーウィルレイン
(Manhattan Rain)
栗東・中内田  
中8週
牡3 黒鹿
西村淳 57.0K
5戦1勝 [1-3-0-1]

新馬戦以降、勝ち切れておらず、厳しい。



5番パクスオトマニカ
父ヴィクトワールピサ
母ディープラヴ
(ディープインパクト)
美浦・久保田  
中10週
牡3 鹿
田辺 57.0K
8戦3勝 [3-1-0-4]

2走前の東京優駿で13着(0.8差)と、逃げて見せ場は作った。
前走のレパードステークスの大敗が、ダートが合わないとするならば、見直す必要が有りそうだ。



6番リビアングラス
父キズナ
母ディルガ
(Curlin)
栗東・矢作  
中8週
牡3 青
坂井 57.0K
5戦3勝 [3-0-1-1]

2走前の京都新聞杯で、逃げてタイム差無しの3着。
前走の2勝クラスを逃げ切って、再度の重賞挑戦となる。
同型馬が多い中、自分の競馬が出来るかどうかだろう。



7番タスティエーラ
父サトノクラウン
母パルティトゥーラ
(マンハッタンカフェ)
美浦・堀  
中20週
牡3 鹿
モレイラ 57.0K
5戦3勝 [3-1-0-1]

今年の日本ダービー馬が、ぶっつけ本番で菊花賞へ。
こちらも春の準2冠馬であり、先行力がある。
初の長距離輸送の克服はポイントとなるが、力は上位だろう。



8番サヴォーナ
父キズナ
母テイケイラピッド
(スニッツェル)
栗東・中竹  
中3週
牡3 鹿
池添 57.0K
10戦3勝 [3-3-1-3]

前走の神戸新聞杯でタイム差無しの2着。
とはいえ3走前の青葉賞は6着(1.0差)に敗れており、先行してどこまで展開が向くかだろう。



9番ノッキングポイント
父モーリス
母チェッキーノ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中6週
牡3 栗
北村宏 57.0K
7戦3勝 [3-1-0-3]

前走の新潟記念を快勝。
2走前の東京優駿でも5着(0.2差)に健闘しており、流れ一つで上位争い出来そうだ。



10番マイネルラウレア
父ゴールドシップ
母マイネボヌール
(ロージズインメイ)
栗東・宮  
中3週
牡3 芦
岩田望* 57.0K
5戦2勝 [2-0-0-3]

近走冴えず、厳しい。



11番サトノグランツ
父サトノダイヤモンド
母チェリーコレクト
(Oratorio)
栗東・友道  
中3週
牡3 鹿
川田 57.0K
7戦4勝 [4-1-0-2]

前走の神戸新聞杯を差し切り勝ち。
2走前の東京優駿でも、11着(0.7差)だが末脚は使っていた。
差しが届く展開になれば、今回も侮れない。



12番ハーツコンチェルト
父ハーツクライ
母ナスノシベリウス
(Unbridled's Song)
美浦・武井  
中3週
牡3 鹿
松山 57.0K
7戦1勝 [1-1-2-3]

前走の神戸新聞杯は、後方から進めるも届かず5着(0.1差)。
位置取り次第だが、末脚がハマれば。
2走前の東京優駿でもタイム差無しの3着に健闘している。



13番ナイトインロンドン
父グレーターロンドン
母ムーンハウリング
(メジロマックイーン)
美浦・大竹  
中3週
牡3 芦
和田竜 57.0K
6戦3勝 [3-1-0-2]

3連勝で挑んだ前走の神戸新聞杯が大敗。
距離延長はプラスだが、春のクラシック組との力差が有りそうだ。



14番ソールオリエンス
父キタサンブラック
母スキア
(Motivator)
美浦・手塚  
中4週
牡3 鹿
横山武 57.0K
5戦3勝 [3-2-0-0]

春の準2冠馬。
前走のセントライト記念は2着(0.3差)止まりだったが、休み明けを考えると上々。
今回は初の長距離輸送を克服できるかがカギ。



15番ファントムシーフ
父ハービンジャー
母ルパンII
(Medaglia d'Oro)
栗東・西村  
中3週
牡3 鹿
武豊 57.0K
7戦3勝 [3-0-2-2]

前走の神戸新聞杯で3着(0.1差)。
逃げて目標にされる中、良く粘っていた。
スタミナがあることは証明したので、前走より楽に進めることができれば前進が有りそうだ。



16番ショウナンバシット
父シルバーステート
母ギエム
(Medaglia d'Oro)
栗東・須貝  
中3週
牡3 鹿
Mデムーロ 57.0K
8戦3勝 [3-1-1-3]

前走の神戸新聞杯で7着(0.4差)。
上がり3位の末脚は使っていたが、届かず。
近走、位置取りが悪い状態が続いているので、まずは好位を取れるかどうか。



17番ドゥレッツァ
父ドゥラメンテ
母モアザンセイクリッド
(More Than Ready)
美浦・尾関  
中8週
牡3 青鹿
ルメール 57.0K
5戦4勝 [4-0-1-0]

4連勝中。
しかも、いずれも上がり最速の末脚を使っている。
前走の3勝クラスも、先行した馬が上位を占める中で一頭だけ後方から差し切っていた。
4走前の未勝利戦ではサトノグランツを差し切っており、春のクラシック組と互角にやれる力がありそうだ。



01_320x100

【最終結論】

◎はノッキングポイント(単勝31.7倍・10番人気)
世代最強馬決定戦の東京優駿で、0.1差。
前走、初の古馬との戦いで、プラダリアらを下して勝利。
実績十分にも関わらずこの人気ならば、買うしかないだろう。
3走前に関西への輸送も経験済みで、一発に期待!



▲はハーツコンチェルト(単勝10.5倍・5番人気)
前走のトライアルは1番人気を裏切ってしまったが、0.1差の僅差ならば問題なし。
その後は関西に留まり、長距離輸送の負担を軽減している。
何より、東京優駿でタイム差無しの3着に食い込んだ馬で、巻き返しが可能だ!



〇はタスティエーラ
世代最強の座に上り詰めた馬。
初の関西への輸送は不安だが、力は最上位だ。



以下、トライアルでも上位に来た
ファントムシーフ、前走で古馬相手に善戦したトップナイフ、春の実績馬のソールオリエンス、春にノッキングポイントを下しているシーズンリッチを抑える。



◎ノッキングポイント
▲ハーツコンチェルト
〇タスティエーラ
△ファントムシーフ
△トップナイフ
△ソールオリエンス
△シーズンリッチ


その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
秋華賞・無料予想
先週の毎日王冠は上位人気馬の決着もトリガミならずにプラス収支でした。
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:毎日王冠
三連複9点500円
1着 1
2着 6,8,10
3着 6,7,8,9,10
着順6-10-1/11.3倍
【獲得額】5,650円【回収率】126%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
土曜は府中牝馬Sの無料情報あるかもなので合わせてチェックです。
→秋華賞・無料予想
三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!




今週は、秋華賞を予想する!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎コナコースト
▲コンクシェル



【レース展望】
牝馬クラシック最終戦の、秋華賞。
2020年以来、久々に京都芝2000で行われる。
牝馬クラシックや前哨戦が、直線の長い東京・阪神外回りで行われる一方、当レースだけが内回りで直線の短いコースで実施される。
そのため、小回りコースに適性のある馬が浮上するケースが過去に度々あった。


内回りで毎年ペースが良く流れており、差し馬が有利になっている。
京都で行われていた2016~2020年の5年間でで馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が2頭のみ。
直線が短いにもかかわらず、10番手以下だった馬が5頭も食い込んでおり、追い込みも決まっている。
今年は雨の影響も踏まえながら検討する必要が有りそう。


血統としては、現代の王道血統の馬の他
、タフな馬場・ペースでも対応できる欧州血統を持っている馬の好走が目立つ。


まとめると、「差し・追い込み馬で、現代の王道血統・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

kyoto_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番フェステスバント
父キズナ
母フィオドラ
(Lord of England)
栗東・藤岡  
中6週
牝3 鹿
酒井* 55.0K
9戦3勝 [3-1-0-5]

前走の2勝クラスを勝利して、重賞初挑戦。
相手が強力なので、様子見が妥当だろう。



2番ハーパー
父ハーツクライ
母セレスタ
(Jump Start)
栗東・友道  
中20週
牝3 鹿
ルメール 55.0K
5戦2勝 [2-2-0-1]

前走の優駿牝馬で2着(1.0差)。
それ以来のレースとなる。
優駿牝馬の2着以降が混戦だった中、この馬自身、どれくらい成長しているかがポイント。



3番マラキナイア
父ジャスタウェイ
母カウアイレーン
(キングカメハメハ)
栗東・吉岡  
中3週
牝3 黒鹿
池添 55.0K
7戦2勝 [2-1-1-3]

前走のローズステークスで3着(0.5差)。
直線で不利があった中、伸びたのは評価できる。
ただ2走前に2勝クラスで勝ち切れておらず、ここで通用するかどうか疑問。



4番コナコースト
父キタサンブラック
母コナブリュワーズ
(キングカメハメハ)
栗東・清水久  
中20週
牝3 青鹿
鮫島駿 55.0K
5戦1勝 [1-3-0-1]

優駿牝馬以来のレースとなる。
2走前の桜花賞で2着(0.2差)に健闘しており、先行策に戻せば再度上位に来れるのでは。



5番ドゥーラ
父ドゥラメンテ
母イシス
(キングヘイロー)
栗東・高橋康  
中10週
牝3 黒鹿
斎藤新 55.0K
8戦3勝 [3-0-1-4]

前走のクイーンステークスを快勝。
勝ち星が札幌芝に偏っているのは気になるが、2走前の優駿牝馬で3着(1.0差)もある。
今回も末脚が届くかどうか。
前回減っていた馬体重が回復しているかどうかも気になる。



6番リバティアイランド
父ドゥラメンテ
母ヤンキーローズ
(All American)
栗東・中内田  
中20週
牝3 鹿
川田 55.0K
5戦4勝 [4-1-0-0]

春のクラシック2冠馬。
休み明けだが、状態が普通ならば、普通に勝ち負けできるだろう。



7番マスクトディーヴァ
父ルーラーシップ
母マスクオフ
(ディープインパクト)
栗東・辻野  
中3週
牝3 黒鹿
岩田望 55.0K
4戦3勝 [3-0-0-1]

前走のローズステークスを快勝。
超高速馬場の中、JRAレコードでの勝利となった。
そこから今回は2ターンの京都芝コースでのレース。
条件が大きく変わって相手が超強化されるのに対応できるかどうか。



8番モリアーナ
父エピファネイア
母ガルデルスリール
(ダイワメジャー)
美浦・武藤  
中4週
牝3 鹿
横山典 55.0K
7戦3勝 [3-0-1-3]

前走の紫苑ステークスを快勝。
ただ展開とメンバーレベルがハマった感があり、鞍上も不規則でアテにしづらい。



9番ミシシッピテソーロ
父ダノンバラード
母ハピネスフォーユー
(A.P. Indy)
美浦・畠山  
中4週
牝3 鹿
石川 55.0K
11戦3勝 [3-0-0-8]

前走の紫苑ステークスで5着(0.5差)。
夏もずっと使われており、これ以上の上積みを期待するのが難しそう。



10番グランベルナデット
父キズナ
母ラブリーベルナデット
(Wilburn)
美浦・大竹  
中4週
牝3 鹿
松山 55.0K
5戦2勝 [2-0-0-3]

前走の紫苑ステークスで1番人気ながら大敗。
現状、重賞で通用しておらず、厳しい。



11番キタウイング
父ダノンバラード
母キタノリツメイ
(アイルハヴアナザー)
美浦・小島  
中10週
牝3 黒鹿
江田照 55.0K
9戦3勝 [3-0-0-6]

前走のクイーンステークスで8着(0.5差)。
春からの成長が感じられず、厳しい。



12番ドゥアイズ
父ルーラーシップ
母ローズマンブリッジ
(ディープインパクト)
栗東・庄野  
中20週
牝3 鹿
西村淳 55.0K
7戦1勝 [1-3-1-2]

この馬も春のクラシックで一息だった。
優駿牝馬から直行する馬が多い中、どれくらい成長しているか。
善戦ウーマンを払しょくできるかどうかだ。



13番ラヴェル
父キタサンブラック
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・矢作  
中3週
牝3 鹿
坂井 55.0K
6戦2勝 [2-0-0-4]

唯一リバティアイランドを破った馬だが、前走のローズステークスは大敗。
終始折り合いを欠いていたよう。
今回もどれくらい落ち着きを持ってレースに挑めるかがポイントになりそうだ。



14番コンクシェル
父キズナ
母ザナ
(Galileo)
栗東・清水久  
中3週
牝3 黒鹿
幸* 55.0K
12戦3勝 [3-2-1-6]

前走のローズステークスで大敗。
2・3走前のように再度逃げることが出来れば面白いが、、、



15番ヒップホップソウル
父キタサンブラック
母ダンスファンタジア
(ファルブラヴ)
美浦・木村  
中4週
牝3 鹿
横山武 55.0K
6戦1勝 [1-3-0-2]

前走の紫苑ステークスで2着(0.1差)。
先行勢が崩れる中、踏ん張っていた。
今回、再度展開利を活かせば連続好走できそうだったが、抽選突破した馬に先行馬が何頭かいるのが気になる。



16番ピピオラ
父モーリス
母スルージエアー
(ダンスインザダーク)
栗東・武幸  
中6週
牝3 黒鹿
藤岡康 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

3連勝中。
ただ今回は初重賞で相手が超強力。
様子見が妥当だろう。



17番ソレイユヴィータ
父スクリーンヒーロー
母スターペスミツコ
(カーネギー)
栗東・杉山晴  
中4週
牝3 鹿
武豊 55.0K
6戦3勝 [3-1-0-2]

前走の紫苑ステークスで大敗。
厳しい。



18番エミュー
父ハービンジャー
母スーリール
(スペシャルウィーク)
美浦・和田郎  
中4週
牝3 鹿
Mデムーロ 55.0K
9戦3勝 [3-0-0-6]

前走の紫苑ステークスで9着(0.9差)。
スタミナが要求されないと厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はコナコースト(単勝17.4倍・4番人気)
正直、リバティアイランドは強力なので、2・3着候補を探すレースになりそう。
そしてリバティアイランドが差し馬ならば、桜花賞・優駿牝馬の時のように、穴は前へ行った馬が該当するのでは。
当馬は桜花賞で前に行って粘っており、乗り替わって再度先行できれば、好走が期待できる!
と思っていたら、某YouTuberが本命にしたようで、穴人気している。。。。



▲はコンクシェル(単勝95.2倍・11番人気)
こちらも◎同様、清水久厩舎の先行馬。
抽選突破の運を活かして、2・3走前のように単騎逃げに持ち込むことが出来れば、一泡吹かせる可能性があるだろう!



〇はリバティアイランド
同世代の牝馬同士ならば、実力は二枚も三枚も上。
後はスムーズに馬群をさばけるかどうかだ。



以下、
近走重賞で好走しているハーパードゥーラヒップホップソウル、好枠を活かす事が出来れば面白いフェステスバントを抑える。



◎コナコースト
▲コンクシェル
〇リバティアイランド
△ハーパー
△ドゥーラ
△ヒップホップソウル
△フェステスバント



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
スプリンターズS炸裂!
毎日王冠・無料情報
先週は土日で無料情報が炸裂しました!
計2万円のお小遣いはありがたいですね(^o^)
━━━━━━━━━━━━━━
先週の無料情報
◎スプリンターズS
三連複23.1倍×300円
【払戻額】6,930円【回収率】122%
◎芙蓉ステークス
ワイド5.5倍×2,500円
【払戻額】13,750円【回収率】275%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は菊花賞~有馬記念までよく当たりました(⌒∇⌒)
今からチェックしておくのも遅くはありません!
→毎日王冠・無料情報
6~9人気あたりの入れ込みが上手く巧みに当ててきます!



今週は、京都大賞典を予想する!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ボッケリーニ
▲アフリカンゴールド



【レース展望】
秋の芝中距離G1レースの前哨戦の一つとなる、京都大賞典。
秋の京都の開幕週で行われるレースであるため、毎年絶好の芝の状況であり、高速馬場でのレースとなっていた。
2020年以来、久々の京都開催となるが、今年も同様のレースになるだろう。


絶好の馬場で行われるレースのため、内枠先行馬が有利になっている。
京都で行われていた2016~2020年の5年間でで馬券内に来た15頭のうち、1~4枠の馬が9頭
4コーナーで4番手以内だった馬が7頭と少なく見えるが、6番手以内だった馬まで広げると10頭になる。


血統としては、直線が平坦で
高速馬場での立ち回り持続力勝負に強い、トニービン=グレイソヴリンを持っている馬の好走が目立つ。


まとめると、「内枠先行の馬で、トニービン=グレイソヴリンの血を持つ馬」を狙いたい。

kyoto_turf_2400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ブローザホーン
父エピファネイア
母オートクレール
(デュランダル)
美浦・中野  
中8週
牡4 鹿
菅原明 57.0K
16戦5勝 [5-2-3-6]

昨年暮れから勝ち星を重ねて、前走でオープンを勝利。
勢いは十分なので、人気馬との斤量差を活かせるかどうか。



2番ヴェラアズール
父エイシンフラッシュ
母ヴェラブランカ
(クロフネ)
栗東・渡辺  
中14週
牡6 青
松山 59.0K
25戦6勝 [6-4-5-10]

昨年の当レースの覇者。
ここ数戦、かつてのような鋭い末脚が見られないが、相手も強かった。
59Kはキツいが相手はここ数戦よりも弱化するので、連覇に期待したい。



3番マイネルウィルトス
父スクリーンヒーロー
母マイネボヌール
(ロージズインメイ)
栗東・宮  
中4週
牡7 黒鹿
Mデムーロ 57.0K
36戦5勝 [5-10-6-15]

前走の新潟記念で10着(0.5差)。
着順ほど負けてはいないが、瞬発力勝負だと分が悪いことが再確認されてしまった。
今回、開幕週の馬場でペースが上がりそうにない中、どのようにレースを組み立てていくか。



4番ディープボンド
父キズナ
母ゼフィランサス
(キングヘイロー)
栗東・大久保  
中14週
牡6 青鹿
和田竜 57.0K
23戦5勝 [5-5-1-12]

昨年の阪神大賞典以降、勝ち切れないが善戦しているレースが多い。
今回も先行して、どこまでスタミナ勝負に持ち込めれるか。
開幕週の馬場の状態が気になる。



5番インプレス
父キズナ
母ベアトリスII
(Dr Fong)
栗東・佐々木  
中4週
牡4 黒鹿
藤岡佑 57.0K
12戦4勝 [4-1-1-6]

前走の新潟記念で3着(0.2差)。
出遅れたが、インから上がり最速の末脚を使ってきた。
ただそれまでオープンでは通用しておらず。
前走から定量戦となり、相手が強くなるのも厳しい。



6番ボッケリーニ
父キングカメハメハ
母ポップコーンジャズ
(ダンスインザダーク)
栗東・池江  
中14週
牡7 栗
浜中 57.0K
26戦7勝 [7-8-2-9]

前走の宝塚記念でも7着(0.5差)と大崩れせず。
もともとG2G3では堅実に走っており、今回も好走が期待できそうだ。



7番プラダリア
父ディープインパクト
母シャッセロール
(クロフネ)
栗東・池添  
中4週
牡4 鹿
池添 57.0K
12戦2勝 [2-2-2-6]

この馬も、善戦はするが勝ち切れないタイプの馬。
今回も上位には来そうだが、頭まで来るかは微妙。



8番ヒンドゥタイムズ
父ハービンジャー
母マハーバーラタ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤崇  
中12週
セ7 鹿
団野 57.0K
22戦6勝 [6-3-3-10]

昨年の当レース(阪神開催)で4着(0.7差)。
定量戦では分が悪く、今回も入着止まりでは。



9番ビッグリボン
父ルーラーシップ
母ブリッツフィナーレ
(ディープインパクト)
栗東・中内田  
中15週
牝5 鹿
西村淳 55.0K
10戦5勝 [5-1-2-2]

前走のマーメイドステークスで重賞初勝利を挙げた馬が、今度は牡馬相手に挑戦。
相手は強力だが、ここ数戦、良血開花した感もあり、勢いに注目したい。



10番ヒートオンビート
父キングカメハメハ
母マルセリーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
中18週
牡6 鹿
川田 58.0K
24戦5勝 [5-8-4-7]

前走の目黒記念で重賞初勝利。
ただもともとは2着3着が多い善戦マン。
鞍上は怖いが、今回も頭まで来れるかどうか。



11番ウインマイティー
父ゴールドシップ
母アオバコリン
(カコイーシーズ)
栗東・西園正  
中6週
牝6 芦
松若 55.0K
21戦4勝 [4-2-2-13]

前走の札幌記念は、相手が強いうえに馬場がタフで参考外。
昨年の当レース(阪神開催)では3着(0.6差)に来ており、条件代わりで見直したい。



12番アフリカンゴールド
父ステイゴールド
母ブリクセン
(Gone West)
栗東・西園正  
中6週
セ8 栗
国分恭 57.0K
36戦5勝 [5-3-1-27]

マイペースで逃げられないと脆い。
スタートも早くないので、いかに自分の競馬が出来るかがカギだが、、、



13番ゼーゲン
父ディープインパクト
母ソベラニア
(Monsun)
美浦・堀  
中28週
セ8 青鹿
藤岡康 57.0K
19戦4勝 [4-0-1-14]

久々の重賞となった前走の阪神大賞典で大敗。
そこからの休み明けとなる今回、厳しそうだ。



14番アイアンバローズ
父オルフェーヴル
母パレスルーマー
(Royal Anthem)
栗東・上村  
中22週
牡6 鹿
北村友* 57.0K
25戦4勝 [4-5-3-13]

近走冴えず、厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はボッケリーニ(単勝6.2倍・4番人気)
近走、G2G3では崩れておらず、昨年の当レースでも好走している。
好枠を引き、ヴェラアズールとの斤量差が有る今回、逆転が狙えそうだ。



▲はアフリカンゴールド(単勝42.5倍・9番人気)
先行馬が少なく、単騎逃げが叶いそうなメンバー構成。
昨日の京都芝のレースはインが有利だったので、この馬がラチ沿いを頼って逃げれば残り目が有るのでは。
再度の激走に期待!



〇はディープボンド
切れ脚勝負を避けたい馬にとって、絶好の雨。
後は好枠を活かして先行し、自分の競馬をするだけだ。



以下、
昨年の当レースの覇者のヴェラアズール、道悪はプラスのブローザホーン、相手なりに走れるプラダリア、想定以上に道悪となれば浮上するマイネルウィルトスを抑える。



◎ボッケリーニ
▲アフリカンゴールド
〇ディープボンド
△ヴェラアズール
△ブローザホーン
△プラダリア
△マイネルウィルトス



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
「キーンランドC」無料予想

キーンランドCではシナモンスティック単勝8番人気入れて的中しました!
春G1もよく当たった無料予想にスプリンターズSもお任せです。
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:キーンランドC
三連複18点300円 61.5倍
1着 14
2着 2,4,10,12
3着 2,4,5,8,10,11,12
【払戻額】18,450円
【回収率】342%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料予想:春G1
・安田記念   6,870円/143%
・日本ダービー 14,100円/294%
・Vマイル   6,880円/123%
・皐月賞    11,310円/236%
━━━━━━━━━━━━━━
秋G1スタートもここで飾りましょう(^O^)
土曜日も無料予想あるので前日様子見OKです!
→スプリンターズS無料予想
大型収支か堅く勝つか・・
スプリンターズSの答えはここの買い目かもしれません!




今日は凱旋門賞を予想する!
10/1の4R、発走時刻23:05です 。

国内の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。



bannere_468x60
【レース展望】
昨年のレース展望を途中までそのまま記載しています)

日本競馬界にとってレース制覇が悲願となっている、芝2400メートル路線の世界最高峰の凱旋門賞。
歴史は古く、1920年に創設された。

凱旋門賞が、現在のような芝2400メートル路線の世界最高峰のレースとして国際的にも極めて高い評価を受けるようになったのは1950年代以降のことで、競馬史に名を残す名馬が多数優勝。
賞金もこれまで幾度となく引き上げられており、総賞金はヨーロッパナンバーワンを誇る。

日本馬もこのビッグレースの優勝を目指して、1969年のスピードシンボリから2021年のクロノジェネシス・ディープボンドまで延べ29頭が参戦したが、残念ながら1999年のエルコンドルパサー、2010年ナカヤマフェスタ、そして2012、2013年のオルフェーヴルの2着が最高成績となっている。


パリロンシャン競馬場は、向こう正面のコースは中間から第3コーナーまでゆったりとした上り坂が続き、そこからゆったりとした下り坂が続く。
最大10メートルの高低差となっている。 
その後、第4コーナーまでフォルスストレートと呼ばれる直線が続いた後、直線は約600メートル。
ゴールまで平坦なコースが続く。 



傾向として、過去5年に馬券内に来た全15頭のうち、前走で1着だった馬が9頭
その一方、4着以下だった馬は1頭のみで、馬券外からの巻き返しは難しい。
1着馬もだが、2~3着馬に注目だ。

経由したレースは、G1組が12頭と多く、近年はアイリッシュチャンピオンステークスからの巻き返しが目立っている。
残る3頭のうち今回と同舞台の重賞(フォワ賞、ニエル賞)を使った馬が2頭だった。
残る1頭はエネイブル。


年齢は、近年古馬と3歳馬が互角の成績となっている。
性別も、一時は牝馬が優勢だったが、こちらも互角。
また、リピーターが強く、過去5年で複数回馬券内に来た馬が、エネイブル・ソットサス・トルカータタッソと3頭。
レース実績にも注目したい。



ParisLongchamp


01_320x100
【ブックメーカー(ウィリアムヒル)と日本のオッズ比較】
海外競馬は、日本でのオッズと海外でのオッズとの歪みが大きい時が多い。
ブックメーカーのオッズと日本のオッズ比較を載せる。
(いずれも本日11:00
時点)


このオッズ比較の詳細は、先日書いた記事内の「競馬の教科書」に書いてあるので、知りたい方はこちらを読んでいただきたい。


ブックメーカーのオッズは、購入した時点で確定する。
日本のオッズのようにレース直前まで変動することが無い為、ブックメーカーのほうがシビアにオッズを算出していると言えるし、信ぴょう性も高いと言える。

もしブックメーカーで高く評価され、日本で低く評価されている馬がいたら、面白い存在だと言えるだろう。



【ブックメーカー】
1 エースインパクト:2.5
2 ウエストオーバー:5.5
3 
フクム:6.5
4 コンティニュアス:8.0
5 ファンタスティックムーン:8.5
6 フィードザフレーム:10.0
7 スルーセブンシーズ:10.0
8 ベイブリッジ:14.0

【日本】

1 
エースインパクト:2.7
2 スルーセブンシーズ:3.9
3 ファンタスティックムーン:8.8
4 フィードザフレーム:10.5
5 ウエストオーバー:11.9
6 フクム:12.0
7 コンティニュアス:16.4
8 プラスデュキャルゼル:23.0

01_320x100
【最終結論】
オッズとの歪みが大きい馬を中心に、以下のような印とした。


◎ベイブリッジ
▲フリーウインド
〇ウエストオーバー
△プラスデュキャルゼル
コンティニュアス
フクム
△シムカミル
エースインパクト



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ