ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!





【レース展望】
今日はホープフルSを予想する。
今年から当レースはG1となったが、もともとは2歳のオープン戦だった。昨年の勝利馬であるレイデオロが翌年に日本ダービーを勝利したが、それ以前の勝ち馬は、ハートレー(その後に約2年休養し、勝利無し)・シャイニングレイ(今年CBC賞を勝ったが、その前に約2年休養)・エアアンセム(その後、1000万下を1勝したのみ)らでパッとしない。見方を変えると、それだけこの時期の中山芝2000は、2歳に過酷なのだろう。


展開だが、逃げ・先行馬が揃った。それなりにレースが流れそうな中、急坂を2度乗り越えて2000メートルを走り切らないといけない。過去5年で馬券内に来た馬のうち、4コーナーで5番手以内だった馬は4頭のみ。スタミナ勝負でタフな差し比べの競馬となりそうだ。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番リュヌルージュ
前走で未勝利戦を勝利。それまでのレースも特筆すべき点が無い上、先行脚質のこの馬には展開が向かないだろう。


2番トーセンクリーガー
この馬も前走で未勝利戦を勝利。やはり逃げ・先行脚質で、厳しそうだ。


3番ウォーターパルフェ
3頭続けて同じコメントとなるが、前走で未勝利戦を勝利+逃げ・先行脚質で、厳しそう。


4番ロードアクシス
前走で未勝利戦を勝利。新馬で差して届かなかった一方、未勝利戦では先行して勝った。
繰り返しとなるが、先行脚質のこの馬には展開が向かないだろう。


5番トライン
新馬戦を逃げて上がり最速と、まずまずのレース。ただ現時点でその1戦しかしていないのが不安。番手や差しの競馬を行って、同様のレースができるかどうか。


6番マイハートビート
出遅れ癖が付きつつあるのは気になるが、勝った2つのレースではいずれも上がり最速。意外と侮れないかも。


7番タイムフライヤー
2走前に重馬場の萩Sで4馬身差の圧勝。あのスタミナは、当レースで大きな武器になりそう。


8番シャルルマーニュ
2走前のアイビーS(重馬場)でタイム差無しの2着。前走の東スポ杯2歳Sでも3着に健闘しており、安定感が買える。


9番サンリヴァル
新馬・芙蓉Sと2戦2勝。力は有る。後は休み明けに加えて、多頭数での先行策がスムーズにいくかどうか。


10番ルーカス
モーリスの全弟+Mデムーロ騎乗で人気となっているが、モーリス自身は古馬になって実力を発揮した。この馬も今はまだ未完の状態では。中間の調整過程もドタバタしているし、手を出しづらい。


11番フラットレー
オークス3着等のバウンスシャッセの弟。パワーやスタミナが有りそうな一方、前走のアイビーS(重馬場)で敗戦。ただ、新馬戦にてタフな札幌の稍重馬場にて勝利しており、、、悩ましい。


12番ジュンヴァルロ
逃げて連勝中。内容もまずますなのだが、展開が厳しそう。


13番ステイフーリッシュ
まだ1戦しかしていないが、その新馬戦が秀悦。スローペースを折り合い、外を回って上がり最速の脚を使い、勝利。ステイゴールド産駒は中山で好走馬が多数いるし、母父のキングカメハメハも当レースと相性が良い。


14番ワークアンドラブ
ダートで連勝中。芝は未経験、厳しい。


15番ジャンダルム
2戦2勝。前走のデイリー杯2歳Sは、内から突き抜けた。今回は外枠で、少なからず距離ロスが発生しそう。前走のような末脚が使えるかどうか。


16番シャフトオブライト
またまた同じコメントとなるが、この馬も前走で未勝利戦を勝利。逃げ・先行脚質で、厳しそうだ。


17番ナスノシンフォニー
牝馬ながら、前走の百日草特別で僅差の2着。大外枠もスムーズに進められることを考えるとプラスに働きそうだ。




【最終結論】
◎はステイフーリッシュ。血統とデビュー戦のレース内容から、ここでも通用しそうだ。


▲はナスノシンフォニー。大外枠は、出遅れ防止とスムーズなレースに繋がりそうで、大きなプラス。


〇はタイムフライヤー。前走の京都2歳Sは、先行して勝ち馬の切れにやられたもの。脚を溜めれば巻き返しがある。


以下、混戦になれば上がりの脚が活きそうなマイハートビート、この時期の安定感は大きな強みとなるシャルルマーニュ、兄弟姉妹が中山で実績のあるフラットレー、コース経験と鞍上が怖いサンリヴァルを抑える。


◎ステイフーリッシュ
▲ナスノシンフォニー
〇タイムフライヤー
△マイハートビート
△シャルルマーニュ
△フラットレー
△サンリヴァル


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




昨日の阪神Cも、印上、〇◎無で、馬連が的中。
今日も連勝を狙う!!



【レース展望】
今日は有馬記念を予想する。
まず一つ目のポイントは、「余力の有無」。
過去5年、馬券内に来た15頭のうち、秋の古馬G1を3戦連続使って馬券に来たのは2頭(ジェンティルドンナ・ルーラーシップ)のみ。フレッシュさが求められる。

続いて、「立ち回り力の有無」。特にここ3年、馬券内に来た9頭のうち、4コーナーを5番手以内で来た馬が7頭。残りの2頭も、6・7番手であり、先行・立ち回り力が求められる。
ちなみに昨日の中山メインレースは、当レースと同様に芝2500だったが、馬券内に来た3頭は、4コーナーで4・3・8番手だった(16頭中)。例年と同様の傾向が見られる。

それに関連して、「枠順」も重要。過去5年、7・8枠で馬券内に来たのはゴールドシップのみ。6枠で馬券内に来たのも、サトノダイヤモンド・キタサンブラックのみであり、6枠より外の馬が馬券内に来るのはかなり厳しい。

更にリピーターも目立つ。一昨年・昨年と、キタサンブラック(一昨年:3着、昨年:2着)・ゴールドアクター(一昨年:1着、昨年:3着)が連続して好走したし、その前にはゴールドシップ・トゥザグローリーらがいた。過去に当レースで好走した馬は見逃せない。


展開だが、キタサンブラックが絶好の枠を引いて逃げそう。同じく逃げ候補だったカレンミロティックが大外近くとなったので、こちらは控えそうだ。怖いのは、好枠を引いたトーセンビクトリー。逃げた事も有る馬なので、田辺がキタサンブラックのハナを叩くかも。いずれにせよペースは上がらず、スローからの立ち回り勝負となりそうだ。外枠を引いた馬は、3コーナー前後から早めに上がってきそう。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ヤマカツエース
ジャパンカップの予想で書いた通り、ここでこそ狙うべき馬。秋に古馬G1を2戦しているローテーションは不安だが、絶好の最内枠を引いてチャンス大。昨年4着だったが、今年はそれ以上に期待!!


2番キタサンブラック
枠も展開も向きそう。引退の花道を飾れる可能性が高まったし、過去に当レースで好走歴もある。後は秋に古馬G1を2戦した疲れがどれくらいなのか。。。。


3番クイーンズリング
昨年のエリザベス女王杯を勝った後はサッパリ。今回が引退のようだ。好枠を引き、人気薄の気楽さでルメールがどこまで持ってくるか。


4番ブレスジャーニー
この秋、菊花賞→チャレンジCと、まだ余力は有るか。3歳馬の叩き3戦目は魅力だが、左回りのほうが良さそうだし、三浦への乗り代わりも微妙。


5番トーセンビクトリー
母のトゥザヴィクトリーや、兄弟のトゥザグローリー・トゥザワールドは、全て有馬記念で好走歴有り。枠も良いし、中山での田辺は怖い。とはいえ、これらの馬よりも実績で圧倒的に見劣る。


6番サトノクロニクル
前走、初の古馬対戦となったチャレンジCを勝利。スタートが安定してきて前に行けるようになった。枠も良い。ただ、既に秋3戦しており、余力があるかどうか心配。Mデムーロから乗れていない戸崎への乗り代わりも良くない。


7番シャケトラ
当レースと同舞台である、今年の日経賞を快勝。ただ、その時は田辺の好騎乗が大きかったし、秋に古馬G1を2戦しているローテーションはやはり不安。増えている馬体重が、今回の調教後でも減っていないのも気掛かりだ。


8番レインボーライン
当レースや中山で非常に相性の良いステイゴールド産駒。昨日の中山メインレースでも、馬券内に来た3頭はいずれもステイゴールド産駒だった。天皇賞・秋は3着に好走している。
但しそのレースは道悪競馬で、後方からの外差しが嵌ったのが大きかった。秋に古馬G1を2戦しているローテーションはやはり不安だし、ここは展開も向かないだろう。乗れていない岩田はイン突きできるかどうか、厳しい。



9番サクラアンプルール
今年の中山記念でネオリアリズムの2着に来たように、中山適性は有る。その後、札幌記念を勝ったように、右回りで直線の短い競馬場が合っているのだろう。天皇賞・秋の後にジャパンカップをスキップしたローテーションも良いし、もう少し内の枠ならば、重い印を打ったのだが、、、


10番シュヴァルグラン
前走のジャパンカップは好枠を活かして追い比べを制した。今回も早めに動いて4コーナーではキタサンブラックを射程圏に入れたい。ただ、昨年はそのようなレースを行い、6着。秋2戦して、余力がどれだけあるかがカギ。


11番ルージュバック
2走前のオールカマーの勝利はさておき、好走時は外枠を活かして外から差してくるのがパターン。ここは展開などが向かないだろう。


12番サトノクラウン
道悪競馬や持久力勝負で好走する馬。秋に古馬G1を2戦しているローテーションは不安だが、ムーア騎乗はプラスだし、疲れの有無が問題だろう。


13番ミッキークイーン
ローテーションは、エリザベス女王杯を使って秋2戦目ということで、問題無し。昨年5着の実績もある。あとはこの外枠をどう克服するか。乗れていない浜中の奮起に期待。


14番スワーヴリチャード
前走、秋の初戦となったアルゼンチン共和国杯を快勝。Mデムーロの継続騎乗も良い。ただ、この外枠と右回りがどうか。


15番カレンミロティック
この枠では逃げる事が厳しいし、近走を見るとピークが過ぎた感じ。


16番サウンズオブアース
昨年のジャパンカップ以降、見せ場無し。ここも大外枠だし厳しそう。



【最終結論】
◎はヤマカツエース。ローテーション以外に不安無し。最内からキタサンブラックの後に付け、直線叩き合いに持ち込めば、大金星が有り得る!!!


▲はミッキークイーン。枠と鞍上以外は不安無し。ディープインパクト産駒は最近当レースで好走しているし、前半うまく脚を溜めてロスなく立ち回る事が出来れば一発も。


〇はキタサンブラック。枠も良いし、展開も他馬が忖度?してくれて向くだろう。後は疲れの有無だけだ。


以下、この馬も内からロスなく立ち回れそうなクイーンズリング、体重さえ減れば展開やコース適性で上位争いも可能なシャケトラ、不安材料は有るが先行して古馬重賞を勝利できた勢いを買ってサトノクロニクル、うまく内に入れられれば激走も有り得るサクラアンプルールを抑える。


◎ヤマカツエース
▲ミッキークイーン
〇キタサンブラック
△クイーンズリング
シャケトラ
△サトノクロニクル
△サクラアンプルール


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!





【レース展望】
今日は朝日杯フューチュリティステークスを予想する。
ホープフルSを含めて2歳の重賞が沢山できた現在は、各レースに有力馬が分散されやすくなっている。とはいえ、当レースの勝ち馬や上位馬は翌年のクラシック等で活躍しており(クラリティスカイ:2014年3着→翌年のNHKマイルCを制覇。エアスピネル:2015年2着→翌年の菊花賞2着等。)、G1の看板にふさわしいレースレベルを保っている。

展開だが、逃げたいであろうケイティクレバーが外枠に入ってしまい、代わりに中内田厩舎勢が最内に2頭入った。フロンティアが先導してダノンプレミアムが番手となるか。
土曜の競馬を見ていると、外差しが利く馬場ではなさそう。先行・内枠が有利で、差すとしてもうまく立ち回ることが必要そうだ。早い上がりも必要。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ダノンプレミアム
新馬・サウジアラビアロイヤルCを連勝。先行できるし安定した末脚もある。ここも有力。


2番フロンティア
新馬・新潟2歳Sと連勝したが、前走のデイリー杯2歳Sは4着。溜めてキレなかったので、今回は好枠を活かして前に行って欲しい。


3番タワーオブロンドン
4戦3勝、前走は京王杯2歳Sを勝利。実績十分だが、距離経験が1500までで、今回のマイルで好走できるかは若干不安。前走のレース後にルメールが、「1600mも大丈夫でしょうが、体はスプリンターで、力はとてもあります。1600mはギリギリかもしれませんが、期待します
と言ってたので、、、、。


4番ライトオンキュー
前走の未勝利を勝ってここへ。まだ2戦しかしていないが、良馬場・道悪馬場どちらでも早い上がりを繰り出しており、面白いかも。


5番ケイアイノーテック
前走のデイリー杯2歳Sは、+22Kが影響してか3着。一叩きされてどこまで変わるか。


6番アサクサゲンキ
2走前に小倉2歳Sを勝利。前走の京王杯2歳Sレース後、武豊が「ベストは1200mかなという感じはします」と言ったのが気掛かり。


7番ヒシコスマー
前走の千両賞では前崩れの展開になったとはいえ、豪快に差し切る。とはいえ、2走前のデイリー杯2歳Sでは8着に完敗している。ここも厳しそう。


8番ファストアプローチ
2走前の札幌2歳Sで2着に来た一方、前走の葉牡丹賞も勝ち切れず。どんな条件でも崩れないだろうけど、勝ち切るまでは難しそう。


9番ムスコローソ
前走の500万下を勝利したが、2走前の新潟2歳Sでは12着に惨敗。厳しい。


10番ステルヴィオ
前走のサウジアラビアロイヤルCでは上がり最速で2着。大外からロスの多い競馬だったので、もう少しうまく立ち回る事が出来れば、ダノンプレミアムとの差は詰まるだろう。


11番カシアス
函館2歳Sの覇者で、前走の京王杯2歳Sで2着。この馬も距離不安があるし、前走休み明けにも関わらず馬体重-14Kで状態がどこまで戻るか。


12番ダノンスマッシュ
未勝利・もみじ賞を連勝中。ただどちらも1400であり、距離延長に不安。上がり最速を連続しており、キレ味はあるが、、、、。


13番アイアンクロー
2走前の小倉2歳Sで2着。前走、距離を伸ばしたききょうSで5着に完敗。ここは更に距離が伸びるので厳しそう。


14番ダブルシャープ
JRA移籍初戦。前走のサウジアラビアロイヤルCは6着。ただ3走前のクローバー賞ではタワーオブロンドンに競り勝ち、2走前の札幌2歳Sでは3コーナーから捲って3着となっている。前走ではレース中に不利があった。外枠からスムーズに進められれば、、、、。


15番ケイティクレバー
前走の京都2歳Sでは逃げて3着。ここもハナを切れれば面白そうだが、痛恨の外枠。しかも一貫して芝2000を使われており、短距離路線から来た馬よりもスタートダッシュの早さで劣りそう。


16番イシマツ
JRA移籍初戦。芝のレースは5走前にクローバー賞で4着に来ているが、勝ったダブルシャープから0.7差。ここも厳しい。



【最終結論】
◎はダノンスマッシュ。このメンバーならば中団くらいにつけるか。外枠はロスがありそうで嫌だが、早い上がりの脚を持っているし、2戦目の未勝利戦の勝ちタイムは、タワーオブロンドンの3戦目(ききょうS)と僅差だった。


▲はフロンティア。ダノンプレミアムのおかげで楽な逃げが打てそうで、そのまま粘り込みに期待。先行して鋭い脚を使っている。


〇はタワーオブロンドン。4戦中3戦で上がり最速。残り1戦も上がり2位と鋭い脚を持っている。後は距離だけ。


以下、最内からロスなく立ち回れそうなダノンプレミアム、鋭い上がりの脚を持っているステルヴィオス、JRA移籍して長距離輸送が無くなり前走以上に期待できるダブルシャープ、状態面がカギだが前につけられれば粘り込みもあるカシアスを抑える。


◎ダノンスマッシュ
▲フロンティア
〇タワーオブロンドン
△ダノンプレミアム
△ステルヴィオ
△ダブルシャープ
△カシアス


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】
今日は香港カップを予想する。
香港マイルと違い、このコースは内枠が有利。スタートしてから1コーナーまでの距離が少なく、外枠の馬が良いポジションを取るのが難しい為だ。インをうまく立ち回れることが重要。
また、直線も長い為、立ち回り力に加えて、確りした末脚も必要だ。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ドーヴィル(レーティング:119)
今年、G1で3着が3回。善戦マンだ。好枠を活かして、どこまで頑張れるか。


2番ネオリアリズム(レーティング:119)
今年のクイーンエリザベス2世カップの勝ち馬。あのレースはモレイアの奇襲が嵌った感が。今回最内枠は良いが、同じように自在に動けるかは微妙。


3番ポエッツワード(レーティング:119)
今年、G1で2着が2回。この馬も善戦マンだ。今回は大外枠を引いてしまい、厳しそう。


4番ワーザー(レーティング:119)
現在の香港芝中距離ナンバーワンホース。前走は58Kで勝利し、ここも有力。


5番ステファノス(レーティング:118)
日本の善戦マン。香港でも2・3着が1回ずつあり、ここも好走が期待される。


6番シークレットウェポン(レーティング:116)
昨年の当レースで2着。ただ、その後は勝利無し。勢いも無く、外枠で厳しい。


7番ロビンオブナヴァン(レーティング:114)
今年の夏に重賞3勝目を上げた。その時のタイムは2分を切っており、ヨーロッパではかなり早い決着。ここも一発有るかも。


8番ガルリンガリ(レーティング:113)
重賞4勝の実績馬。昨年は香港ヴァーズに参戦して7着。
現在、重賞連勝中だが、重馬場でのもの。ヨーロッパより時計の早い香港では厳しそう。



9番タイムワープ(レーティング:112)
重賞未勝利だが、前走は逃げてあわやの2着。ここもまずまずの枠を活かして逃げれば面白い。


10番ウォーディクリー(レーティング:112)
重賞2勝馬だが、うち1勝はオールウェザーでのもの。前走のBCクラシックを度外視するとしても、このローテは厳しいのでは。


11番ブロンドミー(レーティング:114)
前走でG1初制覇だが、時計が遅く、ヨーロッパより時計の早い香港では厳しそうだ。


12番スマートレイアー(レーティング:110)
前々走の京都大賞典は鮮やかだったが、前走のエリザベス女王杯は惨敗。そこから余力が残っているかどうか。



【最終結論】
◎はステファノス。香港の馬場の相性をふまえて本命に。年齢的にここがG1奪取のラストチャンスである可能性も有るし、勝利への意気込みは強そうだ。


▲はタイムワープ。先行タイプが少ない為、展開を味方につけての逃げ粘りに期待。


〇はワーザー。実力馬がここに向けて復活してきた。


以下、早い持ち時計のあるロビンオブナヴァン、モレイラマジックは怖いネオリアリズム、好枠を引いたドーヴィルを抑える。


◎ステファノス
▲タイムワープ
〇ワーザー
△ロビンオブナヴァン
△ネオリアリズム
△ドーヴィル


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】
今日は香港マイルを予想する。
過去を振り返ると、逃げ・先行馬の成績が良くない。また、外枠の馬が好成績を収めている。
当コースは、スタートから3コーナーまでが長くて枠の有利不利が少なく、最後の決め手比べになりあすいからだろう。

なお、このレースも香港勢が圧倒的な強さを見せている。2015年にモーリスが勝つまで香港勢が9連勝。昨年も1~3着を香港勢が独占した。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ビューティーオンリー(レーティング:119)
昨年の当レースの覇者。その後勝利が無いが、着差は少ない。巻き返してもおかしくない。


2番ヘレンパラゴン(レーティング:119)
昨年の当レースで2着。この馬も秋2戦、いずれも負けているが差は僅か。


3番コンテントメント(レーティング:118)
昨年の当レースで4着。5月のG1を勝利しているように、7歳でもまだ力は有る。前走は休み明けで距離が短く、理由ある敗戦だ。


4番サトノアラジン(レーティング:118)
今年の安田記念の覇者。周知の通り、外枠でなければ厳しい馬。今回は内枠で辛い。


5番ジョイフルトリニティ(レーティング:117)
昨年の当レースで3着。善戦するが勝ち切れない状態が続いており、この秋も勝っていない。厳しい。


6番ライトニングスピア(レーティング:116)
G2を2勝しているが、鬼門の最内枠に入ってしまい、苦しいか。


7番シーズンズブルーム(レーティング:115)
前走でG2を勝ち、ここへ。繰り返しになるが、モレイラが継続騎乗しているので非常に怖い。


8番ホースオブフォーチュン(レーティング:114)
G3を2勝しているが、その後の成績は芳しくない。ここも厳しそう。


9番カラール(レーティング:114)
5歳の今年、重賞初制覇。前に行って粘りたい馬だが、他の馬の方が早そうで厳しい。


10番ビューティージェネレーション(レーティング:112)
今年、軽ハンデを活かして重賞を2勝。テンのスピードを考慮すると、この馬がハナを切るか。格下だが、前での粘りに注意。


11番シシュアンダール(レーティング:110)
重賞未勝利。持ち時計も遅いし、厳しそう。


12番ウエスタンエクスプレス(レーティング:110)
この馬も重賞未勝利。
前走でも着差こそ少ないが敗戦、厳しい。


13番ランカスターボンバー(レーティング:118)
典型的な善戦マンで、まだ1勝馬。ただ、今年のG1で2着が3回。
前走のBCマイルも先行して差を詰めており、ここも大崩れは無さそうだ。


14番ローリーポーリー(レーティング:115)
今年、G1を3勝。逃げ・先行タイプで、大外からスムーズに進められれば面白いかも。



【最終結論】
◎はビューティーオンリー。秋3戦は酷量に泣いた。ここは前走から-1Kとなるし、枠も良い。巻き返しに期待。


▲はビューティージェネレーション。◎のビューティーとは異なり、こちらは先行タイプ。ペースが落ち着きそうなので、うまく立ち回れば一発有っても。


〇はシーズンズブルーム。前走を鮮やかに差し切ってここへ。斤量は+1.5Kだが、有力だ。


以下、この馬も斤量が楽になって怖いヘレンパラゴンコンテントメント、ここも善戦が期待されランカスターボンバー、格下だが好枠を引いたホースオブフォーチュンを抑える。


◎ビューティーオンリー
▲ビューティージェネレーション
〇シーズンズブルーム
△ヘレンパラゴン
△コンテントメント
△ランカスターボンバー
△ホースオブフォーチュン


↑このページのトップヘ