ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



現在改装工事中。
そろそろ終わりそうだが、もうしばらくかかる予定。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。


【レース展望】
今日はセントライト記念を予想する。
中山芝の外回りを使う中距離レースは、この2200メートル戦のみ。瞬発力より持久力が求められる。
土曜からの雨も加わり、例年以上にスタミナ勝負となりそうだ。道悪適性や、道悪得意な血統に注目したい。昨日の芝レースはかなり上がりがかかっていた。

レース展開も、逃げるであろうサンデームーティエに、ダービーで前に行けなかったクリンチャーが加わり激しくなりそう。更には、前走で捲ったインペリアルフィズ・ローリングタワーもいるし、ロングスパート合戦になりそうだ。一方で、この馬場なので直線一気は厳しそう。4コーナーである程度の位置に居そうな馬を選びたい。



と、昨晩まで書いていたのだが、今朝は晴れて朝から強風が。
今は重馬場だが、このレースの時には馬場がかなり乾いてそう。
馬場読みも含めて、非常に難解なレースだ。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番サンシロウ
母父ラムタラは道悪競馬で魅力だが、前走の勝利はハマった感も。今回は厳しいのでは。


2番サトノクロニクル
前走を除くとパーフェクト連対。負けた3戦も僅差で有り、3歳世代の中では実力上位だ。道悪競馬の巧いMデムーロへの乗り代わりもプラス。


3番ブラックロード
船橋所属だが、芝の経験は豊富。前走も古馬相手に逃げて掲示板に踏ん張ったし、血統面からもスタミナが有りそう。復活した御神本を背に、激走もあり得るか。


4番クリンチャー
前走の反省をふまえて先行したいだろうが、行き脚が付かないのがネック。更に内枠がキツイ。馬自体は道悪大歓迎だろうが、序盤でバタバタしてリズムを崩してしまいそう。


5番ミッキースワロー
今回と同舞台の未勝利戦で鮮やかな差し切り勝ち。前走はスローペースで脚を余した感じ。鞍上も強化されて、何もかもが好転する。が、それが過剰人気を産んでいるような。。。。


6番サーレンブラント
2走前はダービーより早い時計で勝利しているとおり、力は間違いなく有る。ただ、これまで馬券内に来た3レースは、いずれも東京・新潟(外回り)でジックリ構えて末脚を活かしたもの。中山では4走前に今回と同舞台での5着を含めて好走できておらず、ここも届かない恐れがある。岩田がロングスパートをかけてくれるかどうか。


7番アルアイン
皐月賞馬であり、唯一の中央重賞ウィナー。実績は他馬より一枚も二枚も上。ただ、この馬は皐月賞のように、超高速の馬場で持続力を活かしたいタイプ。重馬場実績は有るが、道悪2200メートルでのスタミナ勝負が合うようには思えない。


8番ブラックギムレット
まだ1勝馬。未勝利勝ちまで7戦を要し、前走も出遅れて完敗。厳しいだろう。


9番プラチナヴォイス
2歳時にオープン勝ちして、重賞戦線で戦ってきた。前走のG1を除くと僅差の勝負を続けているし、4走前に重馬場でまずまずの競馬をしている。気性の成長がカギだが、夏の放牧とブリンカー効果が出れば。


10番サンデームーティエ
逃げて連勝し、今回も逃げるだろう。ただ、連勝した2戦はいずれもかなりのスローで単騎逃げが叶ったもの。今回はロングスパート合戦が予想される為、楽な逃げにはならないだろう。


11番インペリアルフィズ
まだ1勝馬。未勝利勝ちまで7戦を要した。血統と鞍上は魅力だが、厳しいだろう。


12番ローリングタワー
前走、500万下の一戦とはいえ、重馬場の札幌芝を豪快に捲り切った。かなり時計のかかる馬場だったが、そんな中でも長く良い脚を使うことができた。今回それを再現できれば上位争い必至。


13番ストロングレヴィル
前走はティータンのヘタクソな騎乗で敗戦。サンデームーティエ・サーレンブラントとは僅差の勝負をしており、彼らが穴人気するならば、この馬はオイシイ存在になる。


14番クレッシェンドラヴ
ステイゴールド×サドラーズウェルズと、スタミナの塊のような血統。あまりにスタミナに偏っていて、成績通り勝ち切れない。雨の影響ができるだけ残って欲しい一頭。


15番スティッフェリオ
この馬も、ステイゴールド×ムトトと、スタミナ血統。3走前から脚を溜める競馬を始めて、安定した成績を残している。長く良い脚を使うタイプで、2走前はロングスパートをかけて勝利しているし、重馬場でも好走歴がある。3走前は上がりの早いレースにも対応済だ。夏の上がり馬として、春の実績馬に対抗できそう。


【最終結論】

◎はスティッフェリオ。前走の1000万下ではインでスムーズさを欠いたが、それでも3着までやってきた。今回は外からロングスパートをかけて突き抜けてくれそうだ。
昨日のローズSで、上がり馬が上位を多数占めたとおり、春の実績馬は印を差し引いて考えた。


▲はストロングレヴィル。ワンポイント評価の記載の通り、今回穴人気している馬と接戦しているこの馬が、このオッズで買えるのはオイシイ。


〇はサトノクロニクル。今回は、同厩舎のアルアインよりこちらのほうが信頼できる。Mデムーロ騎乗で巧く捌いて来れそう。


以下、ロングスパートをかければ十分届くサーレンブランド、気性面から鉄砲駆けしそうなプラチナヴォイス、過剰人気気味だが実力は有るミッキースワロー、スタミナは恐らくこのメンバーでナンバー1のローリングタワーを抑える。


◎スティッフェリオ
▲ストロングレヴィル
〇サトノクロニクル
△サーレンブランド
△プラチナヴォイス
△ミッキースワロー
△ローリングタワー







先月の繰り返しだが、再度ご連絡。
先日、独自ドメインを取得して、URLが変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。

これを含めて、現在改装工事中。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。
なお、競馬ブログランキングでは、京成杯オータムハンデの予想も実施済です。


【レース展望】
今日はセントウルSを予想する。
このレースは展開が重要。今回のメンバーを見ると、逃げ・先行馬が手薄。近5走、オープンクラスの1200で逃げ・先行して好走した馬は、アルティマブラッド・ファインニードル・フィドゥーシアのみ。近9走まで遡っても、これらにスノードラゴン・ラヴァーズポイント・ダンスディレクターが含まれるだけ。明らかにペースが上がりそうになく、前に行く馬が有利になりそう。
実際、過去5年の結果を見ると、前半3ハロン33秒を切った2014年以外は、『3勝している逃げた馬』を含めた、『4コーナー5番手以内の馬』が馬券内に10頭(全12頭中)も来ている。


阪神の開幕週に行われる本レースは、毎年早い時計での決着となっている。
土曜日も早い時計・早い上がりが出ており、前に行ける馬或いは内で立ち回れる馬を中心に選びたい。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番アドマイヤゴッド
持ち時計が無いのは辛いが、ここ数戦、凡走と好走を繰り返している。今回は好走の番?
絶好の最内枠を引いたのと、ヘタクソなティータンから乗り代わるのもプラス。


2番メラグラーナ
外目をスンナリ進めたレースが多かった為、良積を重ねてきたが、前走は内枠で見せ場無しだった。今回も内枠を引いてしまい、前走の二の舞になりそう。


3番アルティマブラッド
準オープン以上での好走歴は中山でのものが示す通り、坂のあるコースがあっている。早い上がりが使えないので、思い切って逃げたい。


4番ツィンクルソード
この馬の好走パターンは、ズバリ外差し。内枠でかつ開幕週の外差しが利き辛い馬場ではチャンス薄。


5番プレイズエターナル
ハマれば後方からズバっと差し切ることのできる末脚を持っている。ただ、好走歴が平坦コースに集まっているのと、開幕週で後方から差すのは困難。


6番ラインミーティア
前走は鮮やかに差し切ったが、距離が1200に延び、開幕週で走るにあたって前走の再現をするのは困難。


7番ファインニードル
2走前に好時計で準オープンを勝利。前走は直線で窮屈なポジションとなったが、最後まで良く伸びていた。デキが維持されていれば、引き続き有望。


8番ワキノブレイブ
叩き良化型であり、鉄砲実績が無い。ここは厳しいだろう。


9番ミッキーラブソング
この馬も叩き良化型。しかも1400に良績があり、開幕週で1200のスピード勝負は厳しいのでは。


10番ワキノヒビキ
昨今のスプリント路線はレベルが低くてレース毎に勝ち馬が変わっているが、それでも準オープンからの挑戦となるこの馬が通用するかというと別問題。


11番スノードラゴン
9歳でダートを中心に使ってきた馬が、開幕週のスピード勝負に対応できるのは困難だろう。


12番ラヴァーズポイント
最近凡走続きだが、実は昨年の3着馬。また、凡走の原因も、極端な枠を引き続けているのが一因だろう。ここは先行馬が少なく、外からスンナリと自分のペースでいけそうで、昨年の再現があり得る。


13番ダンスディレクター
力はあるのだが、なかなか順調に使えない。目標はスプリンターズSだろうし、春のように高松宮記念を断念するのは避けたいだろう。だからここは叩き台で、無理しない可能性が大。


14番フィドゥーシア
近走、短距離で先行し、良積を残している。ここも外からスムーズに走れそうで、崩れることは考えづらい。不安が有るとすれば鞍上か。



【最終結論】

◎はラヴァーズポイント。上記で書いた通り、久々にこの馬らしい先行策が見られそう。


▲はアドマイヤゴッド。過去5年、逃げたハクサンムーンを除くと、勝った馬は内枠の馬ばかり。中でも最内枠は2勝している。内を利して、なるべく前に付けられれば。


〇はファインニードル。Mデムーロ騎乗で前に付けてくれそうだし、2走前に同距離同コースで好時計勝ちしたのが光る。


以下、近走安定しているフィドゥーシア、重賞2勝の実績は上位のダンスディレクター、先行してそのまま残りそうなアルティマブラッド、末脚の破壊力だけはあるプレイズエターナルを抑える。


◎ラヴァーズポイント
▲アドマイヤゴッド
〇ファインニードル
△フィドゥーシア
△ダンスディレクター
△アルティマブラッド
△プレイズエターナル





先々週の繰り返しだが、再度ご連絡。
先日、独自ドメインを取得して、URLが変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。

これを含めて、現在改装工事中。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。
なお、競馬ブログランキングでは、小倉2歳Sの予想も実施済です。


【レース展望】
今日は新潟記念を予想する。
今年行われた新潟芝外回りの重賞(新潟大賞典・関屋記念・新潟2歳S)の結果を見ると、以下のとおりかなりの確率で前残りとなっている。直線が長いので差しや追い込みが決まると思いきや、真逆の結果だ。

新潟大賞典:6番手の馬が1着、2番手の馬が2着。
関屋記念:逃げた馬が1着、2番手の馬が2着。
新潟2歳S:逃げた馬が2着、2番手の馬が1着。
(いずれも4コーナーでの位置取り)

今回のメンバーを見ると、逃げ・先行馬が手薄で、同様の結果になりそうだ。
以上をふまえ、前に行く馬を中心に選びたい。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番タツゴウゲキ
前走はうまく立ち回って重賞制覇!外回りはプラスと言えないが、最内枠を活かしてうまく立ち回ることができれば。サマー2000優勝への本気度が有るだろうけど、斤量が3キロ増となるのはマイナス。


2番ルミナスウォリアー
こちらも前走は外から捲って重賞制覇!昨年5着も0.3差、直線の長いコースにも良績があるので後ろ過ぎなければ。
サマー2000優勝への本気度が有るだろうけど、斤量が2キロ増となるのはマイナス。乗り代わりもプラスとは言えない。


3番シャドウウィザード
準オープンからの挑戦で軽ハンデは魅力だが、後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


4番ロッカフラベイビー
準オープンを勝利して勢いは有るが、こちらも後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


5番ロイカバード
準オープンからの挑戦だがハンデを課せられているとおり、力は有る。ただ、こちらも後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


6番ハッピーモーメント
鉄砲実績が有り、かつ先行できるのが売り。「スパッと切れないディープインパクト産駒」が、2年前の当レースの勝ち馬のパッションダンスに被る。


7番カフジプリンス
非常にズブいスタミナ型の馬。新潟での上がり勝負に勝てるイメージが無い。


8番フルーキー
近走冴えない成績のようだが、昨年・一昨年の新潟大賞典で好走しており、新潟外回りは合ってそう。2・3着ならば十分可能性大。


9番スピリッツミノル
先行できるのは魅力だが、出足が鈍い為、近走はそこに至るまで一苦労。他馬が前に行くのを許してくれれば良いのだが、、、、


10番ソールインパクト
準オープンからの挑戦で軽ハンデは魅力。また、どんな条件でも善戦できる。なかなか勝ち切れないが、、、、。この馬も「スパッと切れないディープインパクト産駒」だが、ハッピーモーメントのように先行できないのが辛い所。


11番アストラエンブレム
今回のメンバーだと、前走のようにMデムーロが位置を取るだろうから、好走の期待大。但し、初の2000メートルがどうでるか。最後の最後に響くかもしれない。


12番マイネルフロスト
先行できてコース実績も有り、近走の調子も良い。しかも、逃げ馬が実質的に同馬主なので、隊列やペースが組み立て易い。2番手から抜け出せそうで、一番信頼できる。


13番トーセンバジル
末脚命の馬なので、届かない可能性大。重賞好走歴が有るけど、いずれも1着馬からは離されている。


14番ラストインパクト
近走イマイチな上にトップハンデは痛い。


15番マイネルスフェーン
5走前に今年のダービー馬のレイデオロの2着があるし、軽ハンデは魅力だが、後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


16番トルークマクト
スムーズに外から末脚を活かせば好走できる馬。ただ、今の馬場はそうなっていないし、後方からでは、届かない可能性大。


17番ウインガナドル
見え見えの単騎逃げとなりそうだが、他に先行馬が少ないのと、直後に付けるであろう馬が実質的に同馬主のマイネルフロストだろうから、好走の可能性大。勝ち鞍が、東京・新潟外回りと直線の長いコースで、前走より条件が好転しそうだ。



【最終結論】

◎はハッピーモーメント。上記で書いた通り、前に2頭を行かせて先行できそう。前走に引き続き、この馬の良さであるしぶとさが発揮できそうだ。


▲はウインガナドル。ノビノビと逃げられそうで、怖い一頭。


〇はマイネルフロスト。今年の新潟大賞典に引き続いて、好走が見込める。展開の利が一番ありそうなのが最大の売り。


以下、コース実績の有るフルーキー、Mデムーロが怖いアストラエンブレム、善戦マンのソールインパクト、前に行ければ残り目もあるスピリッツミノルを抑える。


◎ハッピーモーメント
▲ウインガナドル
〇マイネルフロスト
△フルーキー
△アストラエンブレム
△ソールインパクト
△スピリッツミノル


先週の繰り返しだが、再度ご連絡。
先日、独自ドメインを取得して、URLが変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。

これを含めて、現在改装工事中。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。
なお、競馬ブログランキングでは、新潟2歳Sの予想も実施済です。





今日は、キーンランドカップを予想する。

本レースは昨今、先週の札幌記念と同様に、秋のGⅠの前哨戦となりつつある。
昨年本レースの1~4着はスプリンターズSへ直行して、そのうちのソルヴェイグが3着となった。
その一方、現在短距離路線には一線級の馬がおらず、CBC賞・函館スプリントS・北九州記念といったサマースプリント戦の勝ち馬を見ても、調子や勢いがカギになっている。


もう一つ、今年のポイントは、札幌芝の状態だ。同じ洋芝のレースでも、函館の馬場は超高速馬場だった。函館スプリントSも前傾ラップによるスーパーレコード決着となったが、今の札幌芝はだいぶ時計がかかっている。今日のレースを見ても、短距離戦は外差しの馬が好走しており、かつ上がりがかかっていた。時計のかかるスプリント戦を得意としそうな馬を選びたい。





◎はノボバカラ
前走は初芝だったが、出遅れつつも最速の上がりで追い込んできた。
今回も先行する馬が多くて相対的に中団~後方になりそうだが、追って良い味のあるこの馬には好都合。ダート戦で鍛えたパワーが本レースで活きそうだ。
先週のナリタハリケーンのように、「ダート戦を続けてきた馬が洋芝で好走」すると見た。



▲はフミノムーン
重馬場と時計のかかる洋芝実績に目を付けて、▲にした。
また、過去実績を見ると、頭数の多いレースは馬群を捌き切れていないが、好走した時は頭数が落ち着いたレースが多い。叩き2戦目で、更なる前進がある。
馬体重の管理はポイントだが、末脚の破壊力は他馬に劣っていない。出走レース中、上がり3位以内が18戦中13戦もある。


〇はソルヴェイグ
冒頭のとおり、昨年に当レースへ出走し、その後スプリンターズSで好走した。前走はヴィクトリアマイルで小差の5着に好走しており、このメンバーでは実績上位だ。
昨年は出遅れながらも小差の4着に好走。鞍上を川田に強化して、今年は更に上の着順が期待できる。



以下、鞍上をデムーロに強化して外から楽に先行できそうなメイソンジュニア・距離短縮が良い方向にでそうで重賞・洋芝実績もあるモンドキャンノ・相性の良い横山典に戻って好走が期待できるナックビーナス・格下だがこれも外から自分のペースでいけそうなライトフェアリーを抑える。


◎ノボバカラ
▲フミノムーン
〇ソルヴェイグ
△メイソンジュニア
△モンドキャンノ
△ナックビーナス
△ライトフェアリー

まずご連絡。
一昨日、独自ドメインを取得して、URLが変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。

これを含めて、現在改装工事中。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。
なお、競馬ブログランキングでは、北九州記念の予想も実施済です。





今日は、札幌記念を予想する。

夏競馬唯一のGII戦であり、毎年有力馬がたくさん出走して、スーパーGII戦というような印象のレースだ。ネオリアリズムの回避は残念だが、ヤマカツエース・エアスピネル・サウンズオブアースなどがここを叩いて秋のGⅠへ行くだろう。これらの馬と順調に使われている馬たちとの力差を見るのが重要。

もう一つ、今年のポイントは、前走函館記念組が6頭もいる事。函館記念は、ハンデ戦・道悪で行われたが、今回の札幌記念は、定量・良馬場で行われる。枠やペース・脚質も含めて条件がガラっと変わるため、着順も大きく変わる可能性大だ。





◎はロードヴァンドール。
ネオリアリズムの回避と、今週からCコースを使用する事になって、一番得をしたのは先行馬だろう。
そして、枠順が決まって、一番有利なのはズバリこの馬。
今回はブリンカー着用し、加えて他の先行勢が外枠に行った為、逃げられる準備が整った。
昇級戦でもコケておらず、より強い相手に対して走れる力が有る。
前走はGⅠでキタサンブラックからプレッシャーを受けていたので参考外。前々走や3走前の好走が、この馬本来の姿だ。最後に、洋芝実績も昨年の夏に有る。上がりがかかり始めている今の馬場も、キレ味勝負にならない分、有利になる。
太宰渾身の逃げに期待!!!


▲はサクラアンプルール。
この馬も前々走にGⅠでキタサンブラックからプレッシャーを受けていた馬。
前走は道悪をひたすら外廻して周って来ただけのレース。
3走前や5走前のように、短い直線で一瞬の足を使うのがこの馬の持ち味。
それを活かせる最高の枠を今回引いた。蛯名も前走の反省を踏まえ、イン突きを狙うだろう。
Cコースを使用する事になって、インで立ち回れれば有利になる。
インに拘った走りに期待したい!!


〇はヤマカツエース。
最近、安定した成績を収めているが、理想は、4走前のように短い直線でイン突きをする走り。
好枠を引き、内で立ち回れそうなので、人気馬の中では一番信頼できそうだ。
洋芝実績も有るし、軸に最適。


以下、2戦連続で上がり2位の末脚を繰り出しているナリタハリケーン・洋芝巧者のツクバアズマオー・鞍上が怖いマウントロブソン・外から楽に先行できそうで◎との行った行ったが有りそうなマイネルミラノを抑える。


◎ロードヴァンドール
▲サクラアンプルール
〇ヤマカツエース
△ナリタハリケーン
△ツクバアズマオー
△マウントロブソン
△マイネルミラノ

↑このページのトップヘ