ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



有馬記念サラキア買えました?!
11人気買えた方は見なくてOKです!

─────────────────────

─────────────────────
無料公開/有馬記念2020
3連単50150円的中
クロノジェネシス指数1位→1着
サラキア    指数5位→2着
フィエールマン 指数2位→3着
11人気5位推奨の2着!
こういう1頭きますよね?!
─────────────────────
◎ちなみに他見てみると・・・
ギャラクシーステークス
指数5→3→2位 3連単59950円
スマートダンディー7人気指数3位推奨2着!!
阪神カップ   指数5→6→1位3連単59980円
ホープフルS  指数1→3→5位3連単5560円
3連単が3回に1回当たると書いてありますが
◎よくよく見てると・・・
27日3連単率 50% +26日3連単率 45.8%
3連単5万以上もちょいちょいきてるので・・
やはりいい感じのデータですね!
はじめての方、気になる方は金杯から!
指数無料公開←コチラ
メール登録し、年末年始的中実績チェックへ。
長年愛用してるのでおすすめです(無料)



今週はダブル金杯予想する。
こちらは中山金杯の予想記事だ。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ショウナンバルディ
▲マイネルサーパス



【レース展望】
新年一発目に毎年行われている金杯。
中山では、芝2000のハンデ戦として行われる
。 


幾つかポイントがあり、まず昨年末の開催からCコースとなり、インが復活すること。
そして、中山内回りで行われる為、ロスなく立ち回ることができる内枠が有利だ。
過去5年で馬券内に来た15頭中、1~4枠の馬が10頭
また、4コーナーで4番手以内だった馬が9頭となり先行馬に分がある。


血統的には、タフさ・スタミナが問われる。
冬のタフ馬場で行われる為、スタミナが重要。
ステイゴールド系の成績が良く、他には芝2ターンの競馬という事で、キングカメハメハ=キングマンボ系の活躍も目立つ。
他には、ロベルト系・欧州血統のサドラーズウェルズの血を持つ馬にも注目したい。



まとめると、「
内枠の先行馬でスタミナ血統を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_2000




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ロードクエスト
父マツリダゴッホ
母マツリダワルツ
(チーフベアハート)
美浦・小島  
中3週
牡8 鹿
西村淳 56.0K
39戦4勝 [4-3-2-30]

ここ3戦、芝2000を使っているが、結果が出ていない。
今回も厳しいだろう。



2番テリトーリアル
父Teofilo
母コンサヴァトワー
(Street Cry)
栗東・西浦  
中2週
牡7 栗
石川 56.5K
30戦7勝 [7-5-6-12]

昨年の当レースで3着(0.1差)。
前走の中日新聞杯は、苦手の瞬発力勝負になり9着(0.7差)
末脚の切れない馬なので、タフな中山替わりはプラス。
昨年からの斤量も0.5K増にとどまり、再度好走する可能性が十分。
、、、という買い材料が揃ったせいか、過剰人気気味。



3番ココロノトウダイ
父エイシンフラッシュ
母フェアリーダンス
(アグネスタキオン)
美浦・手塚  
中8週
牡4 鹿
丸山 53.0K
8戦4勝 [4-1-0-3]

前走で3勝クラスを快勝したが、2走前のセントライト記念や4走前のスプリングステークスでは完敗。
この世代の力が全体的に疑わしい今、当馬も厳しそうだ。



4番マイネルサーパス
父アイルハヴアナザー
母マイネアクティース
(タマモクロス)
美浦・高木  
中2週
牡5 黒鹿
丹内 56.5K
19戦4勝 [4-3-1-11]

昨年の当レースで6着(0.3差)。
悪くない着差だったが、いつ走るのかわからず狙いづらい。



5番ショウナンバルディ
父キングズベスト
母バノヴィナ
(Redoute's Choice)
栗東・松下  
中2週
牡5 黒鹿
津村 54.0K
15戦4勝 [4-3-2-6]

前走の中日新聞杯で4着(0.3差)に健闘。
3走前の小倉記念でも7着(0.7差)とそこそこ走っており、ここでもそれなりにやれそうだ。



6番カデナ
父ディープインパクト
母フレンチリヴィエラ
(フレンチデピュティ)
栗東・中竹  
中8週
牡7 鹿
三浦 58.0K
27戦4勝 [4-3-3-17]

昨年の当レースで11着(0.6差)だが、出遅れながらも上がり最速の末脚で追い込んだ。
直線の短いコースで末脚を活かすのが得意な馬。
5走前の大阪杯でも4着(0.2差)まで差してきた。
今回、トップハンデは厳しいが、ここでも馬群を捌いて末脚を活かせば好走できるだろう。



7番マウントゴールド
父ステイゴールド
母マウントコブラ
(Mt. Livermore)
栗東・池江  
中1週
牡8 鹿
内田博* 56.0K
23戦7勝 [7-3-3-10]

一昨年の当レースで1番人気ながら12着(0.5差)。
その後順調に使うことができておらず、厳しい。



8番リュヌルージュ
父モンテロッソ
母ムーンハウリング
(メジロマックイーン)
栗東・斉藤崇  
中6週
牝6 鹿
中井* 52.0K
21戦3勝 [3-4-6-8]

3・5走前にタフ馬場での重賞で好走しているが、牝馬限定のもの。
この斤量では牡馬相手に2走前の七夕賞で完敗しており、厳しいだろう。



9番ヒシイグアス
父ハーツクライ
母ラリズ
(Bernstein)
美浦・堀  
中4週
牡5 青鹿
松山 54.0K
9戦4勝 [4-3-0-2]

古馬になって馬体が成長し、現在連勝中。
久々の重賞挑戦だが54Kは恵まれたし、今の勢いと今回の相手ならば通用しそうだ。



10番アールスター
父ロードカナロア
母ウェーブクイーン
(サッカーボーイ)
栗東・杉山晴  
中7週
牡6 鹿
長岡 56.0K
20戦4勝 [4-7-2-7]

3走前の小倉記念で勝利したように、インで脚を溜めることができれば直線伸びてくる。
ただ、その小倉記念から斤量が一気に増えており、楽ではない競馬になりそうだ。



11番ディープボンド
父キズナ
母ゼフィランサス
(キングヘイロー)
栗東・大久保  
中9週
牡4 青鹿
和田竜 56.0K
9戦2勝 [2-1-1-5]

同世代の中で健闘してきたが、勝ったコントレイルとは決定的な差をつけられていた。
着順ほど内容が良くなく、ここも過信禁物では。



12番ロザムール
父ローズキングダム
母グレートテン
(Caerleon)
美浦・上原  
中2週
牝5 栗
北村宏 52.0K
17戦4勝 [4-1-4-8]

重賞初挑戦。
1勝クラスに上がってから崩れなく走っているが、牡馬相手にタフな馬場で戦うのは厳しそう。



13番シークレットラン
父ダンカーク
母カールファターレ
(キングカメハメハ)
美浦・田村  
中8週
牡5 鹿
横山武 54.0K
14戦4勝 [4-5-0-5]

こちらも前走で3勝クラスを勝ち、3歳以来の重賞挑戦。
ただ、末脚が鋭くなく、なかなか勝ち切れなかった。
加えて芝2000より長いレースに実績が多く、今回は距離不足では。



14番ヴァンケドミンゴ
父ルーラーシップ
母アンフィルージュ
(アグネスタキオン)
栗東・藤岡  
中6週
牡5 鹿
藤岡康 56.0K
19戦4勝 [4-2-3-10]

福島で4勝2着1回3着1回を記録している、福島巧者。
似たコースの中山は悪くないが、その分斤量を背負う事となったのが心配。



15番ダーリントンホール
父New Approach
母Miss Kenton
(Pivotal)
美浦・木村  
中30週
牡4 鹿
Mデムーロ 55.0K
6戦2勝 [2-0-2-2]

皐月賞・東京優駿で完敗し、それ以来の休み明け。
まずは一度使ってからでは。



16番ウインイクシード
父マンハッタンカフェ
母イクスキューズ
(ボストンハーバー)
美浦・鈴木伸  
中1週
牡7 黒鹿
戸崎圭 56.0K
28戦4勝 [4-6-6-12]

昨年の当レースでタイム差なしの2着。
そこから斤量が増えるうえ、昨年よりも近走に勢いがない。
今年は厳しそうだ。



17番バイオスパーク
父オルフェーヴル
母ナナヨーティアラ
(マイネルラヴ)
栗東・浜田  
中6週
牡6 黒鹿
池添 57.0K
25戦5勝 [5-8-3-9]

前走で福島記念を勝利したが、その分、そこから斤量が+2K増。
更にゴール前が平坦なコースに実績が多く、中山の坂を克服できるかどうか。




うまとみらいと

【最終結論】

◎はショウナンバルディ。(単勝22.3倍・10番人気)
2勝クラス以上で上位に来た時は、自身の上がりが全て4位以下という馬。
末脚が切れない分、バテない強みがある。
そして先行できる為、今回の好枠を活かしてタフ馬場を乗り切る事ができる可能性十分。
前に行って位置を取り、直線インから抜け出したい!
血統的にも狙い目。



▲はマイネルサーパス(単勝81.4倍・15番人気)
当てにならない馬だが、戦績から2ターンの芝1800~2000が合っているのは間違いない。
そして今回、久々に内枠を引くことができた。
古い話となるが、2・3歳時に1枠を引いた際はどちらも勝利。
それ以外で内枠を引いて敗れた2戦は、相手が強かった東京優駿と、重馬場で出遅れた七夕賞。
生涯5度目の内枠を引き、上りのかかるタフな馬場で、再度躍動が期待できる!



〇はテリトーリアル
前走でショウナンバルディの後塵を拝したのに斤量差が同じの上、過剰人気。
ただ、このレースが明らかに前走より条件が良くなるのは、間違いない。



以下、
内枠を引けたカデナ連勝中で勢いのあるヒシイグアス外枠はマイナスだが単騎逃げが叶いそうなロザムール、得意の福島に似た中山で走るのは悪くないヴァンケドミンゴを抑える。



◎ショウナンバルディ
▲マイネルサーパス
〇テリトーリアル
△カデナ
△ヒシイグアス
△ロザムール
△ヴァンケドミンゴ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!





中山の的中街道は年を跨ぐか?
新年最初は招福ステークス無料公開!
敢えての中山金杯ではなく
ここで的中を狙います!
────────────────
◎中山好調『無料情報』
12/26 中山11RホープフルS
ワイドBOX1,2,3,10,12
1-10,2-10,1-2的中
払戻金1,760円/回収率176%
↓買い目画像

────────────────
2020無料予想その他回収率
香取特別→125%/カペラS→149%
西宮S →211%/毎日王冠→148%
菊花賞→177%/河北新報杯→147%
基本ワイドBOX3~5頭3~10点
新年一発目はここで勢い付けてください!
無料予想はコチラ
↑からメール登録 前夜買い目を0円チェックです!



今週は
ダブル金杯予想する。
こちらは京都金杯の予想記事だ。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎レッドアネモス
▲ボンセルヴィーソ



【レース展望】
新年一発目に毎年行われている金杯。
今年は京都ではなく中京で行わるため、例年の傾向があてにならない。 


中京芝1600は道中の起伏がある上、ゴール前に坂もあるハードなコース。
加えて、冬のタフ馬場で、よりスタミナが重要となってくるはず。
昨年末まで中京芝コースが使用されており、少し間隔を空けただけでは芝の状態が回復すると思えない。
その一方で、昨年末の開催からAコースとなり、インが復活しそうだ。
中山金杯もだが、こちらも
スなく立ち回ることができる内枠が有利とみた。


血統的にも、
スピードよりも、底力やスタミナに秀でた血統の活躍が有利だろう。
底力のあるロベルト系の血統や欧州血統を持つ馬が走りそうだ。



まとめると、「
差し馬でスタミナ血統を持つ馬」を狙いたい。

chukyo_turf_1600




【出走全馬ワンポイント評価】
今年のプチリニューアルとして、特別登録時に騎手未定だった場合、騎手名の横に「*」をつけている。
特別登録時に騎手が決まっておらず、勝負気配が薄い」・・・かもしれない。



1
番ケイアイノーテック
父ディープインパクト
母ケイアイガーベラ
(Smarty Jones)
栗東・平田  
中5週
牡6 鹿
藤岡佑 57.0K
23戦3勝 [3-2-2-16]

この馬も古馬になってG1以外では堅実だが、馬券内へはなかなか来ない。
原因を一つ挙げるとしたら、好走パターンが、外差しが利いた時だから。
今回のように多頭数だと外から差し込むのが困難になるし、最内枠だと外に出すのが困難。
また差し届かない結果になりそうだ。



2番ケイデンスコール
父ロードカナロア
母インダクティ
(ハーツクライ)
栗東・安田隆  
中6週
牡5 鹿
岩田康 56.0K
14戦2勝 [2-2-0-10]

3歳夏以降、低迷中。
今回も厳しそう。



3番ロードマイウェイ
父ジャスタウェイ
母フェリス
(ジャングルポケット)
栗東・杉山晴  
中4週
牡5 鹿
松若 57.0K
14戦6勝 [6-2-0-6]

5走前に54Kとはいえチャレンジカップを勝っており、G3ならば力上位。
前走のオープンでも2着(0.2差)に来ており、叩き3戦目の今回、更に前進が有って良いだろう。



4番ピースワンパラディ
父ジャングルポケット
母クリアソウル
(アグネスデジタル)
美浦・大竹  
中4週
牡5 鹿
福永 56.0K
12戦5勝 [5-3-2-2]

左回りの芝マイルはベスト条件。
ここも位置取りが極端に後ろとならない限り、上位争いできるだろう。



5番メイケイダイハード
父ハードスパン
母メイケイソフィア
(キングカメハメハ)
栗東・中竹  
中5週
牡6 鹿
酒井 55.0K
31戦5勝 [5-1-2-23]

4走前に最低人気で中京記念を制したが、その後はパッとせず。
とはいえその中京記念(阪神で開催)ではタフな馬場で差し切っており、今の中京芝は合いそう。
前走のG1でも11着(1.0差)で、それなりに走っている。



6番レッドアネモス
父ヴィクトワールピサ
母マチカネハヤテ
(サクラバクシンオー)
栗東・友道  
中6週
牝5 鹿
吉田隼 55.0K
14戦4勝 [4-0-0-10]

2走前のクイーンステークスを勝利した一方、前走の福島記念は大敗。
内枠を引いたので、2走前のように内で脚を溜める事ができれば面白い。



7番スマートオーディン
父ダノンシャンティ
母レディアップステージ
(Alzao)
栗東・池江  
中8週
牡8 黒鹿
荻野極 57.0K
22戦5勝 [5-1-0-16]

昨年、際どいところまで差してきたレースもあったが、加齢による衰えも隠せず馬券内に来ることも無かった。
今回も厳しい。



8番レッドガラン
父ロードカナロア
母ダンスオンザルーフ
(シンボリクリスエス)
栗東・安田隆  
中2週
牡6 鹿
北村友 56.0K
14戦5勝 [5-1-2-6]

オープンで好走している一方、重賞ではまだ馬券内がない。
とはいえ大きく離されておらず、歯車がかみ合えば馬券内が有るだろう。
前走はシュリの3着(0.2差)だったが、今回こちらの斤量が-1Kとなる。
叩き3戦目の今回、初の馬券内が有りそうだ。



9番ブラックムーン
父アドマイヤムーン
母ロイヤルアタック
(ジェネラス)
栗東・西浦  
連闘
牡9 鹿
幸英明 56.0K
38戦8勝 [8-3-4-23]

一昨年の当レースの覇者(京都開催時)だが、近走は冴えない。
前走も最後方から差は詰めているが、厳しいだろう。



10番シュリ
父ハーツクライ
母エーゲリア
(Giant's Causeway)
栗東・池江  
中2週
牡5 黒鹿
武豊 56.0K
8戦5勝 [5-1-0-2]

ここ5戦で4勝の上がり馬。
勢い十分で初重賞でも面白い存在。
不安を上げるならば、馬券外となった時の共通点が8枠だったこと。
外枠を引くと、折り合いがつかない可能性がある。



11番ボンセルヴィーソ
父ダイワメジャー
母バイモユリ
(サクラローレル)
栗東・池添学  
中6週
牡7 栗
鮫島駿 55.0K
33戦3勝 [3-4-8-18]

好走しても人気になりにくい馬。
前走も3番手からゴール前まで粘っていた。
先行勢が少ない今回、再度展開利を得られそうで、軽視禁物。
一番心配なのは、鞍上だ。



12番ラセット
父モンテロッソ
母ナンヨーサフラウア
(アグネスタキオン)
栗東・庄野  
中2週
牡6 鹿
加藤 55.0K
20戦4勝 [4-4-4-8]

外差しがハマるかどうかの馬。
差し脚は堅実なので、展開さえ向けば上位に来そうだ。



13番エントシャイデン
父ディープインパクト
母ルシュクル
(サクラバクシンオー)
栗東・矢作  
中2週
牡6 芦
川須 56.0K
33戦5勝 [5-2-5-21]

どんな条件でも大崩れなく走る一方、勝ち切れない。
今回、叩き2戦目となるのはプラスだが、再度善戦止まりでは。



14番タイセイビジョン
父タートルボウル
母ソムニア
(スペシャルウィーク)
栗東・西村  
中5週
牡4 栗
石橋脩 56.0K
8戦3勝 [3-2-0-3]

昨年秋に古馬と2戦して完敗。
同世代では好成績を収めていたが、、、
今回も厳しそうだ。



15番サトノアーサー
父ディープインパクト
母キングスローズ
(Redoute's Choice)
栗東・池江  
中9週
牡7 青鹿
坂井 57.5K
21戦5勝 [5-5-4-7]

長期休養もあってまだ21戦のみだが、昨年は順調に使うことができて重賞勝ちもあった。
トップハンデは厳しいが、実力は上位だ。



16番トリプルエース
父Shamardal
母トリプルピルエット
(サンデーサイレンス)
栗東・斉藤崇  
中1週
牡4 青鹿
団野 55.0K
9戦3勝 [3-1-0-5]

連勝中。
どちらも1番人気に応えての快勝だったし、前走は馬体重+20Kにも関わらず勝利。
当舞台でも2走前に芝1400で勝利しており、コース経験も問題なし。
と、ここまで条件が揃い過ぎているのが、逆に穴人気しそうで心配。
大外枠は人気を落としそうだが、、、、




うまとみらいと

【最終結論】

今年のプチリニューアルとして、◎・▲の記載内に、記事を書いた時点のオッズ・人気をつけている。
配当妙味の参考等にしていただければ嬉しい。


◎は
レッドアネモス。(33.5倍・13人気)
先行馬が少ない中、好枠を引くことができた。
前走と同様にボンセルヴィーソの番手につけてインで脚を溜め、直線抜け出すことができそう。
スロー濃厚なので、瞬発力に長けた牝馬の利点も活きそうだし、もともとの成績がピンかパー。
それでいてこのオッズならば、頭から狙いたい!



▲はボンセルヴィーソ(30.4倍・12番人気)
スローの単騎逃げが見込めるメンバー構成。
コース替わりを活かして先行すれば、粘り込みが見えてくる。
鞍上がビビらずに前へ行けば、昨年3着(0.4差)以上が見えてくる!



〇はピースワンパラディ
前走はスタートを決めて、外からスムーズに押し切った。
今回も前に付ければ、大崩れないだろう。



以下、
内枠を引けたロードマイウェイレッドガラン、連勝中で勢いのあるシュリトリプルエースを抑える。



◎レッドアネモス
▲ボンセルヴィーソ
〇ピースワンパラディ
△ロードマイウェイ
△レッドガラン
△シュリ
△トリプルエース



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

iroha_bn





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




有馬記念2020データ
やはり頼るは今年もココ!

─────────────────────
重賞以外メインも12月好調
・ディセンバーS指数5→3→2位 3連単19680円
・タンザナイトS指数3→1→4位 3連単76820円
・有松特別    指数6→3→1位 3連単52600円
・師走S     指数4→1→3位 3連単39210円
─────────────────────
有馬記念2019は指数2→4→5位

─────────────────────
今年も上から5頭BOX買いしておこうかな?! 去年はアーモンドアイがあれで3連単57860円つきましたが毎年答え合わせするのはココなんです! ジャパンC2020も指数1位2位3位で1着2着3着!配当うんぬんよりもこのドンピシャ!よくできたデータなんです! 有馬記念2018ではシュヴァルグラン9人気を指数3位推奨→結果3着!好走予感穴馬も見事推奨!! 
─────────────────────
そして朗報は・・【今年も無料公開】
有馬記念2020指数
↑からメール登録、当日午前中公式ブログをチェックへ。
ココ見てから馬券がベストです! 無料公開G1指数要チェックです!




今週は
有馬記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎クロノジェネシス
▲ペルシアンナイト



【レース展望】
日本の年末の風物詩ともいえる、有馬記念。
日本ダービーと並び、日本で一番重要かつ有名なG1と言えるだろう。

一応、秋古馬芝中長距離レースの3冠最終戦だが、最初の2戦が直線の長くて広い東京競馬場で行われていたのに対し、有馬記念は全てにおいて特徴が異なる舞台。
ざっと挙げただけでも、これだけ特殊な要素がある。

・トリッキーな中山内回り
・2500という非根幹距離
・開催後半のタフ馬場
・コーナーの途中にあるような、特殊なスタート位置

ということで、まず傾向としてあるのが、内枠有利ということ。
過去5年で馬券内に来た15頭中、1~4枠の馬が8頭
5枠まで広げると11頭となり、6枠より外で馬券内に来たのは、キタサンブラック・サトノダイヤモンド・レイデオロ・シュヴァルグランと、G1馬のみだ。


その一方、先行勢が有利かというとそうでもなく、4コーナーで5番手以下だった馬が7頭
半数以下だが、特に近年は中山のタフ化が進んでおり、近2年で見ると5頭
残る1頭も4コーナー4番手で、スタミナが必要だ。


血統的には、タフ馬場をこなせる欧州血統を持つ馬
スタミナ系のサンデーサイレンス血統を持つ馬が優秀。
また、底力のあるロベルト系の血統を持つ馬にも注目だ。



まとめると、「
内枠・差し馬のスタミナ血統を持つ産駒」を狙いたい。

nakayama_turf_2500




【出走全馬ワンポイント評価】
1番バビット
父ナカヤマフェスタ
母アートリョウコ
(タイキシャトル)
栗東・浜田  
中8週
牡3 栗
内田博 55.0K
7戦4勝 [4-2-0-1]

前走の菊花賞を見ると、現状は逃げないとダメなよう。
今回はキセキの存在が厄介だし、相手も一気に強くなって厳しい。
絶好枠を引いたが、キセキもすぐ近くにいるので。。。。



2番ブラストワンピース
父ハービンジャー
母ツルマルワンピース
(キングカメハメハ)
美浦・大竹  
中7週
牡5 鹿
横山武 57.0K
15戦7勝 [7-0-0-8]

一昨年の当レースの覇者。
ただ、古馬になって馬体重を含めた調整に苦慮している。
今回も体調が整っていれば面白いが、、、、



3番クレッシェンドラヴ
父ステイゴールド
母ハイアーラヴ
(Sadler's Wells)
美浦・林  
中3週
牡6 鹿
坂井 57.0K
24戦7勝 [7-4-2-11]

中央場での重賞では馬券内がない。
中山コースは合っているが、厳しいだろう。



4番ラヴズオンリーユー
父ディープインパクト
母ラヴズオンリーミー
(Storm Cat)
栗東・矢作  
中5週
牝4 鹿
Mデムーロ 55.0K
9戦4勝 [4-1-2-2]

優駿牝馬の勝利後、勝ち星が無い。
近走を見ると3歳以降の成長が感じられず、厳しい。



5番ワールドプレミア
父ディープインパクト
母マンデラ
(Acatenango)
栗東・友道  
中3週
牡4 黒鹿
武豊 57.0K
8戦3勝 [3-1-3-1]

長期休養明けとなった前走のジャパンカップで6着(0.8差)とまずまず。
昨年3着(0.9差)した当レースで前進を期待したい一方、昨年のようにシンガリ一気がハマるかどうか微妙。



6番キセキ
父ルーラーシップ
母ブリッツフィナーレ
(ディープインパクト)
栗東・角居  
中3週
牡6 黒鹿
浜中 57.0K
26戦4勝 [4-6-5-11]

これが秋4戦目。
前走のジャパンカップでの大逃げも含め、疲れがあるはず。
当レースでは2年連続5着止まり、厳しいだろう。



7番ラッキーライラック
父オルフェーヴル
母ライラックスアンドレース
(Flower Alley)
栗東・松永幹  
中5週
牝5 栗
福永 55.0K
18戦7勝 [7-4-3-4]

前走のエリザベス女王杯を快勝したが、大外枠を鞍上の腕でカバーしたのと、時計の早い馬場が味方した。
今回はタフな中山、厳しいだろう。



8番ペルシアンナイト
父ハービンジャー
母オリエントチャーム
(サンデーサイレンス)
栗東・池江  
中4週
牡6 黒鹿
大野 57.0K
28戦4勝 [4-5-2-17]

3走前の札幌記念で上位に来た馬がその後G1を勝っており、この馬にも期待したい。
近走の走りを見るとマイル前後は短い印象があり、距離延長もプラスだ。。



9番クロノジェネシス
父バゴ
母クロノロジスト
(クロフネ)
栗東・斉藤崇  
中7週
牝4 芦
北村友 55.0K
12戦6勝 [6-2-3-1]

前走の天皇賞秋で3着(0.1差)。
高速馬場でも対応してきたが、力の要る馬場の方がより強さを発揮する。
舞台は好転するので、後は極端に早い馬場とならなければ勝ち負けだろう。



10番カレンブーケドール
父ディープインパクト
母ソラリア
(Scat Daddy)
美浦・国枝  
中3週
牝4 鹿
池添 55.0K
12戦2勝 [2-6-2-2]

前走のジャパンカップは、強豪相手に4着(0.2差)。
馬券外となったが差は僅か。
疲れ等がなければ、今回も有力だ。



11番モズベッロ
父ディープブリランテ
母ハーランズルビー
(Harlan's Holiday)
栗東・森田  
中25週
牡4 鹿
田辺 57.0K
14戦4勝 [4-3-1-6]

前走の宝塚記念で3着(1.8差)。
まだ4歳で伸びしろ十分だと思った矢先にケガ。
そこからぶっつけ本番となる今回、厳しいだろう。



12番オーソリティ
父オルフェーヴル
母ロザリンド
(シンボリクリスエス)
美浦・木村  
中6週
牡3 鹿
川田 55.0K
6戦4勝 [4-0-1-1]

前走でアルゼンチン共和国杯を勝利。
骨折明け・馬体重増・初の古馬との一戦・大外枠等、ハードルを乗り越えての勝利は価値が有る。
ただ、そのレース後にまた足元の不安を訴えており、万全になるのは来年以降では。



13番フィエールマン
父ディープインパクト
母リュヌドール
(Green Tune)
美浦・手塚  
中7週
牡5 鹿
ルメール 57.0K
11戦5勝 [5-3-1-2]

強い反面、体質が弱い馬。
前走から中7週となり、普通ならば疲れが取れていておかしくないが、この馬の場合はまだ疲れがある可能性有り。
半信半疑だ。



14番サラキア
父ディープインパクト
母サロミナ
(Lomitas)
栗東・池添学  
中5週
牝5 鹿
松山 55.0K
19戦4勝 [4-4-1-10]

逃げたり外差ししてスンナリ競馬ができれば強い一方、今回の小回り・多頭数条件は合わない。
相手も強く、厳しい。



15番オセアグレイト
父オルフェーヴル
母ブルーダヌーブ
(Bahri)
美浦・菊川  
中2週
牡4 鹿
横山典 57.0K
16戦5勝 [5-2-2-7]

前走でステイヤーズステークスを勝利したが、低調なメンバー相手に超スローで先行しただけ。
相手が一気に強くなる今回、厳しい。



16番ユーキャンスマイル
父キングカメハメハ
母ムードインディゴ
(ダンスインザダーク)
栗東・友道  
中3週
牡5 鹿
岩田康 57.0K
18戦6勝 [6-3-1-8]

戦績を見ると、左回りコースで長い直線を使い末脚を活かした際に好走の多い馬。
それと真逆の舞台となる今回、厳しい。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はクロノジェネシス
春秋のグランプリレース連覇に期待したい。
中山は初だが、似た形態の阪神内回りで好走しているし、力の要る馬場も得意。
今年の古馬芝G1は牝馬が席巻したが、年末最後も牝馬が決めそうだ!



▲はペルシアンナイト
近走を見るとマイルはもう短いようだから、距離延長は歓迎。
そして血統からこの距離は十分こなせるし、インで脚を溜められる枠に入った。
3歳時だが中山内回りで好走歴があるし、暮れに穴を開けるのはこの馬だ!



〇はカレンブーケドール
前走の疲れが心配で印を落としたが、この馬も強い牝馬。
乗り替わりも良さそうで、上位に来るだろう。



以下、
実力馬のフィエールマン、調教後の馬体重を見ると厳しそうだがダイエットすれば一昨年の再現が有るブラストワンピース昨年3着のワールドプレミア、良い枠を引くことはできたクレッシェンドラヴを抑える。



◎クロノジェネシス
▲ペルシアンナイト
〇カレンブーケドール
△フィエールマン
△ブラストワンピース
△ワールドプレミア
△クレッシェンドラヴ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




中山で絶好調~♪
今週はホープフルS無料公開!
このまま的中しそうな流れです!
────────────────
◎中山好調『無料情報』
12/20 中山09R香取特別
ワイドBOX1,6,8,9,10
6‐9,6-8,8-9的中
払戻金1,250円/回収率125%
12/13 中山11RカペラS
ワイドBOX9,10,11,12,13
12-13,9-13,9-12的中
払戻金1,490円/回収率149%
↓買い目画像

────────────────
無料予想その他回収率
西宮S→211%/毎日王冠→148%
菊花賞→177%/河北新報杯→147%
基本ワイドBOX3~5頭3~10点
今年の有終の美はここで飾ってください↓
無料予想はコチラ
↑からメール登録 前夜買い目を0円チェック



今週は
ホープフルステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎マカオンドール
▲アドマイヤザーゲ



【レース展望】
2歳芝中距離の頂上決戦となる、ホープフルステークス。
近年、有力馬が多数参加して、勝ち馬が翌年のクラシックでも活躍している。
今年も上位馬に注目したい。 


中山芝2000は急坂を2回登るタフなコース。
そして年末のタフ馬場で、よりスタミナが重要となってくる。
後半に体力を温存できる差し馬が有利で、過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナー5番手以下の馬が10頭
4番手以下にすると13頭となり、残る2頭はコントレイルとアドマイヤジャスタ。
先行して上位に来た馬は、先々まで注目したい。


血統的には、
スピードなどよりも、とにかく底力やスタミナに秀でた血統の活躍が目立ってる。
底力のあるロベルト系の血統や欧州血統を持つ馬がよく走っている。



まとめると、「
差し馬でスタミナ血統を持つ馬」を狙いたい。

nakayama_turf_2000




【出走全馬ワンポイント評価】
1番オーソクレース
父エピファネイア
母マリアライト
(ディープインパクト)
美浦・久保田  
中8週
牡2 黒鹿
ルメール 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

鞍上と血統で人気しているが、2戦とも出遅れているのと少頭数でのもの。
初の多頭数で相手が強くなる今回、不安が残る。



2番ヨーホーレイク
父ディープインパクト
母クロウキャニオン
(フレンチデピュティ)
栗東・友道  
中9週
牡2 鹿
武豊 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

カミノタサハラ・ボレアス・マウントシャスタらの弟という良血。
ただ、前走で下したグラティトゥーは、次走の京都2歳ステークスで大敗。
良馬場でのレースも初めてで半信半疑だ。



3番ランドオブリバティ
父ディープインパクト
母ドバウィハイツ
(Dubawi)
美浦・鹿戸  
中11週
牡2 鹿
三浦 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

2戦続けて芝2000を使われ、連勝中。
姉は短距離で活躍しているリバティハイツから、父が代わって距離延長にも対応できるよう。
ただ、この人気は明らかに過剰だろう(前日23:50時点で単勝1倍台)。



4番ヴィゴーレ
父キズナ
母ヴァイセフラウ
(キングカメハメハ)
栗東・松永幹  
中2週
牡2 芦
横山武 55.0K
5戦1勝 [1-0-1-3]

未勝利戦を勝利した後は、オープンで通用せず。
厳しい。



5番テンカハル
父キングカメハメハ
母ジンジャーパンチ
(Awesome Again)
栗東・矢作  
中2週
牡2 栗
坂井 55.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

ルージュバックの弟という良血だが、前走の1勝クラスで大敗。
厳しそうだ。



6番ホールシバン
父パイロ
母サマリーズ
(ハードスパン)
栗東・高橋忠  
中4週
牡2 鹿
丸山元 55.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

初芝がG1というのは厳しい。



7番マカオンドール
父ゴールドシップ
母ミリオンウィッシーズ
(Darshaan)
栗東・今野  
中3週
牡2 芦
岩田康 55.0K
5戦1勝 [1-0-2-2]

2走前にヨーホーレイクに完敗し、新馬戦ではシュヴァリエローズに完敗。
その一方、3走前は外を回りながらレコードタイムで快勝しているし、前走も直線で詰まっていた。
ノーザンファーム出身のゴールドシップ産駒という異色さも魅力だ。



8番バニシングポイント
父Tapit
母Unrivaled Belle
(Unbridled's Song)
美浦・藤沢和  
中4週
牡2 芦
Mデムーロ 55.0K
3戦1勝 [1-0-0-2]

新馬戦を圧勝したが、その後の2戦は見所なし。
厳しい。



9番アオイショー
父ロードカナロア
母スイチョウカ
(シンボリクリスエス)
美浦・中舘  
中2週
牡2 鹿
石橋脩 55.0K
1戦1勝 [1-0-0-0]

新馬戦を勝ったばかりだし、その際に特筆すべき点も無し。
厳しいだろう。



10番ダノンザキッド
父ジャスタウェイ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・安田隆  
中4週
牡2 鹿
川田 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

前走の東スポ杯2歳ステークスを、馬体重+24Kながら快勝。
新馬戦の阪神でタフ馬場をこなしており、パワーもある。
初の中山をこなせば、勝ち負けだろう。



11番タイトルホルダー
父ドゥラメンテ
母メーヴェ
(Motivator)
美浦・栗田  
中4週
牡2 鹿
戸崎圭 55.0K
2戦1勝 [1-1-0-0]

メロディーレーンの弟で、前走の東スポ杯2歳ステークスで2着(0.2差)。
勝ち馬が馬体重+24Kだったにもかかわらず完敗したのは残念だが、前に行ける脚質で活路を見出したい。



12番アドマイヤザーゲ
父ドゥラメンテ
母アコースティクス
(Cape Cross)
栗東・友道  
中5週
牡2 鹿
吉田隼 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

ロジユニヴァースを兄に持つ良血馬。
前走の1勝クラスを、出遅れながら差し切って連勝中。
初の長距離輸送をこなせば上位へ来そうだ。



13番シュヴァリエローズ
父ディープインパクト
母ヴィアンローズ
(Sevres Rose)
栗東・清水久  
中7週
牡2 鹿
北村友 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走で下したジュンブルースカイは、東スポ杯2歳ステークスで3着だったので、一定の力はある。
ただ2走前の新潟2歳ステークスで出遅れて大敗したのと、初の関東圏への輸送をクリアできるかどうか。




14番モリデンアロー
父エスポワールシチー
母アローフィールド
(シャーディー)
美浦・小桧山  
中6週
牡2 黒鹿
山田 55.0K
6戦4勝 [4-1-0-1]

初のJRA戦がG1。
厳しい。



15番セイハロートゥユー
父キングカメハメハ
母マンハッタンセレブ
(サンデーサイレンス)
美浦・牧  
中1週
牡2 黒鹿
木幡巧 55.0K
4戦1勝 [1-0-0-3]

芝では未勝利。
厳しい。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はマカオンドール
スタミナ型のゴールドシップを父に持ち、母がバゴの半妹というタフな血統。
何より、2歳G1に強いノーザンファーム出身というのがプラスだ。
とにかく2歳戦は、ノーザンファーム出身を抑えておくべき(先々週のソダシも、先週のグレナディアガーズもノーザンファーム出身)。
この枠ならば、再度インを進んで直線内から差そうとするだろう。
馬群を捌くことができれば、一発が十分ある!



▲はアドマイヤザーゲ
こちらも母父がケープクロス(シーザスターズら欧州で活躍馬を多数輩出)というスタミナ型の馬で、ノーザンファーム出身。
好位からも後方からも競馬ができるのが魅力で、どんな位置からも伸びてきそうだ!



〇はオーソクレース
2戦続けて上がり最速の末脚で勝利中。
良血馬に加えて鞍上込みで人気しているが、力が有るからこそなのだろう。
こちらもノーザンファーム出身。



以下、
ノーザンファーム出身のダノンザキッドヨーホーレイクシュヴァリエローズ、ノーザンファーム出身ではないが先行して展開利を得られそうなタイトルホルダーを抑える。



◎マカオンドール
▲アドマイヤザーゲ
〇オーソクレース
△ダノンザキッド
△ヨーホーレイク
△シュヴァリエローズ
△タイトルホルダー



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!





回収率狙い目140~210%
重賞や特別競走に強い!
そんな無料情報です↓↓
────────────────
12/13 中山11RカペラS
ワイドBOX9,10,11,12,13
12-13,9-13,9-12的中
払戻金1,490円/回収率149%
↓買い目画像

────────────────
無料予想その他回収率
西宮S  →211%
毎日王冠 →148%
菊花賞  →177%
河北新報杯→147%
基本ワイドBOX3~5頭3~10点

今週末は・・・・
あえての朝日杯FS外し!
19日:ターコイズS

20日:香取特別
────────────────
無料予想はコチラ
↑からメール登録 前夜買い目を0円チェック





今週は朝日杯フューチュリティステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ホウオウアマゾン
▲テーオーダヴィンチ



【レース展望】
2歳牡馬の頂上決戦となる、朝日杯フューチュリティステークス。
とはいえ、牡馬クラシックはマイルより長い距離で行われる為、ここで上位に来た後、翌年のクラシックで活躍した馬は、昨年のサリオスやエアスピネルのみ。 
伏兵の台頭が十分有り得る。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、二けた人気の馬が3頭もいる。


また、先週の阪神ジュベナイルフィリーズと同様の舞台で行われるため、この後の記述は、先週の阪神ジュベナイルフィリーズとほぼ一緒。

阪神マイルコースは直線が長くて坂があり、コースは馬も広いので力を十分に発揮できる。
特にこの時期は、立ち回りだけで勝ち負けできることが少なく、力のある馬の差しが決まる事が多い。
加えて、短距離適性がある馬でも無理してここに挑むことがあり、ペースが流れる事が多いため、ますます差し馬有利だ。
過去5年で4コーナー5番手以下だった馬が9頭
それ以外の6頭のうち5頭が、サリオス・アドマイヤマーズ・クリノガウディー・グランアレグリア・ダノンプレミアムと、いずれも後に重賞を勝つ実力馬。
まずは差し馬に注目したい。


血統的には、毎年のようにディープインパクト産駒
の成績が優秀。
直線の長いコースで末脚勝負になると、同産駒が力を発揮するのだろう。
この世代のディープインパクト産駒は例年より少ないが、それでもレッドベルオーブを始め、まだまだ有力馬が多い。
今年も注目すべきだ。



まとめると、「
差し馬のディープインパクト産駒」を狙いたい。

hanshin_turf_1600





【出走全馬ワンポイント評価】
1番カイザーノヴァ
父モーリス
母ステラリード
(スペシャルウィーク)
栗東・矢作  
中4週
牡2 鹿
池添 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

前走のデイリー杯2歳ステークスで5着(0.9差)に完敗。
坂を上がって止まった感があり、距離が長そう。
厳しい。



2番グレナディアガーズ
父Frankel
母ウェイヴェルアベニュー
(Harlington)
栗東・中内田  
中5週
牡2 鹿
川田 55.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

2走前、レッドベルオーブに完敗。
ただ前走はファンタジーステークスに0.3差の好タイムで圧勝だった。
使い続けて強くなっており、重賞の今回も侮れない。



3番ビゾンテノブファロ
父プリサイスエンド
母テラノクリスティー
(アドマイヤボス)
美浦・小桧山  
中2週
牡2 鹿
山田 55.0K
10戦1勝 [1-0-1-8]

地方時代から使い詰めで、既に10戦。
上積み無さそうで、厳しい。



4番ショックアクション
父Gleneagles
母Reset In Blue
(Fastnet Rock)
栗東・大久保  
中15週
牡2 鹿
戸崎圭 55.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

連勝で新潟2歳ステークスを勝利したが、今回はそれ以来のレース。
そのレースで2着だったブルーシンフォニーが、京王杯2歳ステークスで完敗しており、この馬の力に疑問がある。



5番ドゥラモンド
父ドゥラメンテ
母シーズインクルーデッド
(Include)
美浦・手塚  
中13週
牡2 黒鹿
武豊 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

連勝で挑むが、新馬戦で下した相手がまだ未勝利戦を勝てていない。
また前走で3着に下したモメントグスタールが東スポ杯2歳ステークスで大敗しており、この馬自身の力に疑問がある。



6番ブルースピリット
父Invincible Spirit
母Jasmine Blue
(Galileo)
栗東・中内田  
中3週
牡2 鹿
藤岡佑 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

連勝中だが、前走2着に下したグランデフィオーレは次戦でも1勝クラスを勝てず。
また、新馬戦で2着に下したボルゲリも未勝利のままで、当馬の力に疑問がある。



7番ステラヴェローチェ
父バゴ
母オーマイベイビー
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中9週
牡2 黒鹿
横山典 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

前走で不良馬場のサウジアラビアロイヤルカップを快勝。
その一方、2戦とも渋った馬場でのもので、良馬場でのスピード勝負に対応できるか不安がある。



8番レッドベルオーブ
父ディープインパクト
母レッドファンタジア
(Unbridled's Song)
栗東・藤原英  
中4週
牡2 青鹿
福永 55.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のデイリー杯2歳ステークスをレコードタイムで勝利し、兄のレッドベルジュールと同じ道をたどってきた。
兄は当レースで出遅れて惨敗したので、まずはスタートを決めたい。



9番テーオーダヴィンチ
父ダイワメジャー
母シークレットジプシー
(Sea of Secrets)
栗東・岡田  
中3週
牡2 栗
浜中 55.0K
2戦1勝 [1-1-0-0]

未勝利戦かつスローペースながら、前走の上がりは圧巻。
上がり2ハロンが22.8という抜群の切れ脚だった。
セレクトセール出身で5,616万円、兄に先日ジェネティクスと一緒に走ったサトノラファールがいる当馬に激走の予感が。



10番アスコルターレ
父ドゥラメンテ
母アスコルティ
(Danehill Dancer)
栗東・西村  
中8週
牡2 黒鹿
北村友 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走で2勝目を挙げたが、2着のヒトヨギリは次戦で大敗。
2走前にはブルーバードに完敗しているし、厳しそう。



11番バスラットレオン
父キズナ
母バスラットアマル
(New Approach)
栗東・矢作  
中2週
牡2 鹿
坂井 55.0K
3戦1勝 [1-0-1-1]

重賞を連続して使うも連対圏まで行けず。
とはいえ、2走前の札幌2歳ステークスは、勝ち馬と2着馬が先週のG1でも好走しており相手が悪かったよう。
前走は馬体重+20Kが影響したようで、今回叩いた上積みも有りそうだ。



12番ジュンブルースカイ
父ドゥラメンテ
母ジュントップヒトミ
(ゼンノロブロイ)
栗東・友道  
中3週
牡2 鹿
岩田康 55.0K
3戦1勝 [1-1-1-0]

前走の東スポ杯2歳ステークスで3着(0.3差)。
馬体重が減り続けているのは良くないし、2走前に負けたシュヴァリエローズは新潟2歳ステークスで5着(1.1差)。
何とか馬体を増やして欲しい。



13番ホウオウアマゾン
父キングカメハメハ
母ヒカルアマランサス
(アグネスタキオン)
栗東・矢作  
中4週
牡2 栗
松山 55.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

未勝利戦後、オープン・重賞を使われて連続好走中。
特に前走は、馬体重+12Kの中、レコードタイムと差のない2着に好走した。
勝ち馬のレッドベルオーブは力差が無いので、オッズに開きがあるならば面白い存在。



14番モントライゼ
父ダイワメジャー
母ムーングロウ
(Nayef)
栗東・松永幹  
中5週
牡2 鹿
ルメール 55.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

前走の京王杯2歳ステークスを先行して押し切り勝ち。
馬体重+14Kで勝ったのは大きいし、鞍上の継続騎乗もプラスだ。
後は距離延長に対応できるかどうか。



15番ロードマックス
父ディープインパクト
母パーフェクトトリビュート
(Dubawi)
栗東・藤原英  
中5週
牡2 鹿
岩田望 55.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

前走の京王杯2歳ステークスでタイム差なしの2着に好走。
その一方、2走前の新潟2歳ステークスでは惨敗しており、今回の距離延長に不安がある。



16番スーパーホープ
父キズナ
母ケンホープ
(Kendargent)
栗東・藤岡  
中4週
牡2 黒鹿
Mデムーロ 55.0K
5戦1勝 [1-1-2-1]

前走のデイリー杯2歳ステークスで3着(0.2差)。
姉のプールヴィル同様、ベストは芝1400のようで、今回は距離が長そうだ。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はホウオウアマゾン
上記の通り、1番人気になっているレッドベルオーブとの力差は無い。
その上、叩かれた上積みがあるので、今回は逆転が狙える。
相変わらず阪神芝は早い時計が出ており、持ち時計がある上、先行して押し切りを狙いたい当馬にはピッタリだ!



▲はテーオーダヴィンチ
未勝利戦を勝ったばかりで人気薄だが、2戦とも上がり最速をマーク。
しかも2戦目で時計を2秒詰めており、3戦目となる今回は更なる上積みが見込める。
多頭数を経験しているのも良いし、その中でインを先行して抜け出すという勝負根性もある!



〇はレッドベルオーブ
前走で今回と同舞台をレコードタイムで快勝。
位置取りが後ろ過ぎなければ、3連勝が見えてくる。



以下、上がり最速で好走している
グレナディアガーズロードマックスジュンブルースカイ、前走の上位馬が強い中で健闘したバスラットレオンを抑える。



◎ホウオウアマゾン
▲テーオーダヴィンチ
〇レッドベルオーブ
△グレナディアガーズ
△ロードマックス
△ジュンブルースカイ
△バスラットレオン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

↑このページのトップヘ