ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です! 2度目の転職が決まったので、経過や役立つ情報もまとめています。





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


ガミ→ガミ→ドン!!雷ではないです笑
先週各会場11Rで いい感じでしたね!!
─────────────────AD
無料公開予想
東京11R共同通信杯
ワイド9-1.4.5.6.8 430円
京都11R京都記念
ワイド5-2.3.9.10.11 250円
馬連 5-3.9.10.11 460円
小倉11R北九州短距離S
ワイド15-4.7.10.13.17 810円
馬連 15-4.10.13.17 1,880円
─────────────────
重賞だけでなく結構情報もってるんです!
京都9R橿原S
ワイド12-2.4.8.11.14 560円290円
馬連 12-2.4.8.14 1,580円

毎週後半戦無料公開の自信
情報少ない重賞以外も ワイド、馬連でよくきてました!
まずは過去戦績見る
見るだけでまずはOKです。
メール登録後HitMakeをクリック
何気に信頼できる予想師さんです!




今週は、中山記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ドーブネ
▲ジオグリフ



【レース展望】
古馬芝中距離重賞としては、1800という希少性の高い条件で行われる、中山記念。
近年はドバイや大阪杯への前哨戦という位置づけになっており、当レースのメンバーレベルが急増している。


開幕週の中山芝で行われるレースであり、スタートしてすぐ1コーナーが来るせいか、先行馬が有利となることが多い。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が10頭
迷ったら前へ行きそうな馬を狙うべきだ。


血統としては、トリッキーな中山内回りで器用に立ち回る事が出来ている
キングマンボ=キングカメハメハ系産駒や急坂コースに強いステイゴールド系産駒の好走が目立つ。


まとめると、「先行馬で、キングマンボ=キングカメハメハ系産駒・ステイゴールド系産駒」を狙いたい。
nakayama_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番レッドモンレーヴ
父ロードカナロア
母ラストグルーヴ
(ディープインパクト)
美浦・蛯名正  
中13週
牡5 鹿
横山和 58.0K
12戦5勝 [5-3-0-4]

前走のマイルチャンピオンシップで9着(0.5差)。
出遅れるも大負けせず、差を詰めていた。
久々の芝1800は課題だが、ロスなく立ち回れる内枠を活かせば浮上しそうだ。



2番ソーヴァリアント
父オルフェーヴル
母ソーマジック
(シンボリクリスエス)
美浦・大竹  
中13週
牡6 鹿
武豊 57.0K
16戦5勝 [5-2-3-6]

前走のマイルチャンピオンシップで大敗。
メンバーやレースの格が上がると通用しておらず、今回もよくて善戦止まりでは。



3番ソールオリエンス
父キタサンブラック
母スキア
(Motivator)
美浦・手塚  
中8週
牡4 鹿
田辺 58.0K
7戦3勝 [3-2-1-1]

昨年の皐月賞馬が、今年はここから始動。
追い込み馬なので、どうしても展開に左右されるのがマイナスだ。



4番ジオグリフ
父ドレフォン
母アロマティコ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中11週
牡5 栗
戸崎圭 58.0K
13戦3勝 [3-1-0-9]

古馬になり、ダートばかり使われて冴えない状況。
唯一の芝のレースとなった昨年の宝塚記念では9着(0.7差)と大きく負けておらず、久々の芝に戻って一変があるのでは。



5番ヒシイグアス
父ハーツクライ
母ラリズ
(Bernstein)
美浦・堀  
中10週
牡8 青鹿
キング 58.0K
20戦7勝 [7-5-1-7]

当レースを連覇中。
昨年の当レース以降は勝てていないが、前走の香港カップでは健闘していたし、まだ力は有りそう。
今年も有力だろう。



6番イルーシヴパンサー
父ハーツクライ
母イルーシヴキャット
(キングカメハメハ)
美浦・久保田  
中13週
牡6 黒鹿
岩田望 57.0K
16戦6勝 [6-2-0-8]

昨年の当レースで8着(0.5差)。
直線で詰まったのが響いた。
前走のマイルチャンピオンシップでも6着(0.3差)に走っており、力を出し切る事が出来ればここでもやれそうだ。



7番ドーブネ
父ディープインパクト
母プレミアステップス
(Footstepsinthesand)
栗東・武幸  
中6週
牡5 青
吉田隼 57.0K
15戦6勝 [6-2-1-6]

昨年の当レースで3着(0.2差)。
今年は同型馬との兼ね合いがポイントだ。



8番マテンロウスカイ
父モーリス
母レッドラヴィータ
(スペシャルウィーク)
栗東・松永幹  
中2週
セ5 栗
横山典 57.0K
16戦4勝 [4-4-4-4]

前走の東京新聞杯で5着(0.3差)。
内が有利なレースで、外を回して届かず。
今回、立ち回りの巧さが活きれば、巻き返しが有りそうだ。



9番エルトンバローズ
父ディープブリランテ
母ショウナンカラット
(ブライアンズタイム)
栗東・杉山晴  
中13週
牡4 鹿
西村淳 57.0K
9戦4勝 [4-3-0-2]

前走のマイルチャンピオンシップで4着(0.2差)。
それまでは重賞2つを含めて4連勝しており、今回も中心視すべきだろう。



10番ラーグルフ
父モーリス
母アバンドーネ
(ファルブラヴ)
美浦・宗像  
中4週
牡5 黒鹿
三浦 57.0K
14戦5勝 [5-1-1-7]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
この馬も追い込み馬なので、末脚が届く流れになるかどうか。



11番タイムトゥヘヴン
父ロードカナロア
母キストゥヘヴン
(アドマイヤベガ)
美浦・戸田  
中6週
牡6 鹿
大野 57.0K
26戦2勝 [2-2-2-20]

近走冴えず、厳しい。



12番ボーンディスウェイ
父ハーツクライ
母ウィンドハック
(プラティニ)
美浦・牧  
中6週
牡5 黒鹿
木幡巧 57.0K
19戦4勝 [4-3-3-9]

前走の中山金杯で4着(0.3差)。
先行して、バテず伸びずだった。
穴人気し過ぎていたのもあったので、気楽に乗れそうな今回、前進に期待。



13番マイネルクリソーラ
父スクリーンヒーロー
母マイネトゥインクル
(ムタファーウエク)
美浦・中野  
中6週
牡5 栗
津村* 57.0K
21戦4勝 [4-5-4-8]

前走の中山金杯で3着(0.4差)。
外から先行して、バテずに伸びた。
別定戦となり、相手が強化される今回、先行してどこまで粘れるかだろう。



14番エエヤン
父シルバーステート
母シルクヴィーナス
(ティンバーカントリー)
美浦・伊藤大  
中8週
牡4 黒鹿
Mデムーロ 57.0K
9戦3勝 [3-0-1-5]

全3勝はすべて中山芝でのもの。
古馬との戦いで通用していないが得意の舞台でどこまでやれるか。



15番テーオーシリウス
父ジャスタウェイ
母ハロースカーレット
(シンボリクリスエス)
栗東・奥村豊  
中11週
牡6 黒鹿
永野 57.0K
25戦4勝 [4-1-2-18]

定量戦の重賞では通用しておらず、厳しい。



16番ホウオウリアリティ
父モーリス
母キョウエイトルース
(フジキセキ)
美浦・高木  
中4週
牡6 栗
菅原明* 57.0K
30戦4勝 [4-3-4-19]

サウンドトゥルーらの弟だが、オープン入りして2戦し、いずれも見せ場無し。
厳しい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はドーブネ(単勝27.8倍・9番人気)
同型馬がいるのが気掛かりだったが、この馬は内目の枠を引き、かつ当馬より内の馬でハナに拘る馬は不在。
逆に同型馬は外寄りの枠へいったため、当馬が楽にハナを切れるのではないか。
マイペースでいければ昨年の再現がありそうだ!



▲はジオグリフ(単勝10.7倍・5番人気)
穴人気しているのはマイナスだが、近走は不適な条件でばかり走っており、今回久々に良い条件で走れそう。
内目の枠でロスなく進められそうなのもプラスだろう。



〇はヒシイグアス
この枠・鞍上ならば好位から進むのでは。
当レースの3連覇も十分あり得る。



以下、
近走重賞で好走しているエルトンバローズイルーシヴパンサーレッドモンレーヴソールオリエンスを抑える。



◎ドーブネ
▲ジオグリフ
〇ヒシイグアス
△エルトンバローズ
△イルーシヴパンサー
△レッドモンレーヴ
△ソールオリエンス



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



ガミ→ガミ→ドン!!
雷ではないです笑

先週各会場11Rで いい感じでしたね!!
─────────────────
無料公開予想
東京11R共同通信杯
ワイド9-1.4.5.6.8 430円
京都11R京都記念
ワイド5-2.3.9.10.11 250円
馬連 5-3.9.10.11 460円
小倉11R北九州短距離S
ワイド15-4.7.10.13.17 810円
馬連 15-4.10.13.17 1,880円
─────────────────
重賞だけでなく結構情報もってるんです!
京都9R橿原S
ワイド12-2.4.8.11.14 560円290円
馬連 12-2.4.8.14 1,580円

毎週後半戦無料公開の自信
情報少ない重賞以外も ワイド、馬連でよくきてました!
まずは過去戦績見る
見るだけでまずはOKです。
メール登録後HitMakeをクリック
何気に信頼できる予想師さんです!





今週はサウジカップ予想する。
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


【レース展望】
サウジアラビアジョッキークラブが2020年に創設した国際競走の、サウジカップ。
総賞金は2000万米ドルで、施行日はサウジカップデーと称して、本競走を含め8つの競走が行われる
距離はダート1800m。賞金総額2000万米ドルを誇る世界最高賞金競走である。


アメリカやドバイ、日本と異なって、ウッドチップを含んでいるというキング・アブドゥルアズィーズ競走馬術広場のダートコースや高額な賞金の影響か、毎年世界中から強豪が参戦している。


コースデザインはアメリカ型の左回り、平坦のオーバルコースで、開設当初から2019年まではダートコースのみだったが、2019年に内回りコースに芝が敷かれて芝コースが設定された。

ダートコースは1周2000メートルで2コーナーから引き込む形で450メートルのシュートコースが設定されており、幅員は25メートル、最後の直線は500メートルとなっている。
4コーナーからのシュートコースもあるが、こちらは現在レースでは使用されていない。
1200メートルから200メートル間隔の距離でレースが開催。素材は土由来の砂に松を粉砕したチップが混ぜられており、日本のものとはもちろん、北米やUAEのものとも異なる


日本調教馬は、昨年パンサラッサが初優勝。
他、3着にカフェファラオ、4着にジオグリフ、5着にクラウンプライドが続いて、日本調教馬が上位を占めた。
今年も有力馬が多数出走予定だ。

キングアブドゥルアジール


【ブックメーカー(ウィリアムヒル)と日本(netkeiba)のオッズ比較】
海外競馬は、日本でのオッズと海外でのオッズとの歪みが大きい時が多い。
ブックメーカーのオッズと日本(netkeiba)のオッズ比較を載せる。
(いずれも本日20:30時点


このオッズ比較の詳細は、過去に書いた記事内の「競馬の教科書」に書いてあるので、知りたい方はこちらを読んでいただきたい。


ブックメーカーのオッズは、購入した時点で確定する。
日本のオッズのようにレース直前まで変動することが無い為、ブックメーカーのほうがシビアにオッズを算出していると言えるし、信ぴょう性も高いと言える。

もしブックメーカーで高く評価され、日本で低く評価されている馬がいたら、面白い存在だと言えるだろう。



【ブックメーカー】
1 ホワイトアバリオ:3.0
2 レモンポップ:4.5
3 
デルマソトガケ:5.0
4 ウシュバテソーロ:6.0
5 ナショナルトレジャー:7.5


【日本】

1 ホワイトアバリオ:2.8
2 レモンポップ:4.1
3 
ウシュバテソーロ:4.3
4 デルマソトガケ:7.5
5 ナショナルトレジャー:13.0


01_320x100

【最終結論】

オッズとの歪みが大きい馬を中心に、以下のような印とした。


◎ディファンデッド
▲カーメルロード
〇ナショナルトレジャー
△ホワイトアバリオ
△セニョールバスカドール
△アイソレート
△サウジクラウン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


ガミ→ガミ→ドン!!
雷ではないです笑

先週各会場11Rで いい感じでしたね!!
─────────────────AD
無料公開予想
東京11R共同通信杯
ワイド9-1.4.5.6.8 430円
京都11R京都記念
ワイド5-2.3.9.10.11 250円
馬連 5-3.9.10.11 460円
小倉11R北九州短距離S
ワイド15-4.7.10.13.17 810円
馬連 15-4.10.13.17 1,880円
─────────────────
重賞だけでなく結構情報もってるんです!
京都9R橿原S
ワイド12-2.4.8.11.14 560円290円
馬連 12-2.4.8.14 1,580円

毎週後半戦無料公開の自信
情報少ない重賞以外も ワイド、馬連でよくきてました!
まずは過去戦績見る
見るだけでまずはOKです。
メール登録後HitMakeをクリック
何気に信頼できる予想師さんです!




今週は、フェブラリーステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎キングズソード
▲アルファマム



【レース展望】
年に2つしかないJRAのダートG1の一つである、フェブラリーステークス。
以前はダートの強豪が当レースやチャンピオンズカップを目標に出走していたが、近年はサウジやドバイ等への遠征が増え、当レースの空洞化が進んでいる。
結果、一時期よりメンバーレベルが落ち、レースのレベルも落ち気味だ。


この時期にダートの短距離レースが少ないため、短距離志向の馬が当レースに出てくることが多く、毎年ペースが流れて、差し馬が有利となることが多い。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が7頭
これだけだと逃げ差し互角のように見えるが、良馬場で行われた過去4回を見ると、12頭中4頭となっている。
馬場が早くなると前残りもあるが、パサパサの冬場のダートでのレースになると、差しが届いている。


血統としては、ダートのスピード決着に強い
アメリカダート血統を持つ馬やタフさと瞬発力をバランス良く持ち合わせているキングマンボ=キングカメハメハ系産駒の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬で、アメリカダート血統を持つ馬・キングマンボ=キングカメハメハ系産駒」を狙いたい。

fuchu_dart_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番イグナイター
父エスポワールシチー
母ビアンコ
(ウォーニング)
地方・新子雅  
中14週
牡6 鹿
西村淳 58.0K
25戦12勝 [12-4-2-7]

前走のJBCスプリントを快勝。
距離延長は問題ないだろうし、新馬戦と3歳時に東京ダ1600を経験しているのは大きい。
芝スタートは地方所属馬にとって鬼門なので。。。



2番シャンパンカラー
父ドゥラメンテ
母メモリアルライフ
(Reckless Abandon)
美浦・田中剛  
中36週
牡4 栗
内田博 58.0K
6戦3勝 [3-0-1-2]

昨年の安田記念以来のレースであり、初ダート。
通用する可能性はあるが、常識的に考えて厳しいだろう。



3番ミックファイア
父シニスターミニスター
母マリアージュ
(ブライアンズタイム)
地方・渡辺和  
中6週
牡4 鹿
矢野 58.0K
8戦7勝 [7-0-0-1]

昨年の南関東3冠馬が、初のJRA挑戦。
ただ、芝スタートの東京ダに対応できるかは非常に難しそうだ。



4番ドゥラエレーデ
父ドゥラメンテ
母マルケッサ
(オルフェーヴル)
栗東・池添  
中6週
牡4 黒鹿
ムルザバエフ 58.0K
11戦2勝 [2-2-2-5]

どんな条件でも上位に来るオールラウンダー。
ただ1ターンの競馬は2歳以来だし、先行力のある馬が多い今回は厳しいレースになりそうだ。



5番オメガギネス
父ロゴタイプ
母スタートアップ
(ハービンジャー)
美浦・大和田  
中3週
牡4 栗
ルメール 58.0K
5戦3勝 [3-2-0-0]

当初は除外対象だったが、他馬の回避に伴い出走可能に。
2走前、今回と同舞台のオープンを好時計で圧勝している。
タフな馬場の今回も同様の競馬が出来れば、勝ち負けだろう。



6番カラテ
父トゥザグローリー
母レディーノパンチ
(フレンチデピュティ)
栗東・辻野  
中3週
牡8 黒鹿
菅原明 58.0K
38戦8勝 [8-2-1-27]

未勝利戦以来のダート挑戦。
ダート適正も厳しそうだし、今の当馬にとってマイルの流れは忙しすぎるのでは。



7番ガイアフォース
父キタサンブラック
母ナターレ
(クロフネ)
栗東・杉山晴  
中10週
牡5 芦
長岡 58.0K
12戦3勝 [3-3-0-6]

初ダート。
血統的にはこなしてもおかしくないが、さすがに厳しいだろう。



8番セキフウ
父ヘニーヒューズ
母シヤボナ
(Kingmambo)
栗東・武幸  
中8週
牡5 栗
武豊 58.0K
22戦4勝 [4-3-4-11]

近走、末脚は使っているが、位置取りが悪くて届かず。
展開が向いてどこまでやれるかだろう。



9番ペプチドナイル
父キングカメハメハ
母クイーンオリーブ
(マンハッタンカフェ)
栗東・武英  
中3週
牡6 鹿
藤岡佑 58.0K
19戦7勝 [7-1-1-10]

前走の東海ステークスで6着(0.5差)。
中途半端な競馬になってしまった。
今回も早い馬が揃い、同様の結果になりそうだ。



10番タガノビューティー
父ヘニーヒューズ
母スペシャルディナー
(スペシャルウィーク)
栗東・西園正  
中2週
牡7 鹿
石橋脩 58.0K
33戦7勝 [7-7-5-14]

当舞台を得意とする当馬が、初のフェブラリーステークス挑戦。
前走の根岸ステークスは、スタートで出遅れて全く競馬をしていない。
スタートを決めることができれば、巻き返す可能性は十分ある。



11番キングズソード
父シニスターミニスター
母キングスベリー
(キングヘイロー)
栗東・寺島  
中6週
牡5 鹿
岩田望 58.0K
14戦7勝 [7-1-1-5]

前走の東京大賞典で5着(0.4差)。
ペースが遅く、差し届かなかった。
距離短縮で追走が大変そうだが、2走前のJBCクラシックで魅せた差し脚は活かせそうだ。



12番スピーディキック
父タイセイレジェンド
母デザートフラワー
(サイレントディール)
地方・藤原智  
中6週
牝5 栗
御神本 56.0K
20戦10勝 [10-4-1-5]

昨年の当レースで6着(1.0差)。
初の東京ダで良く差を詰めてきた。
2度目のコースで、スタート後に流れに乗れれば、昨年以上が期待できる。



13番レッドルゼル
父ロードカナロア
母フレンチノワール
(フレンチデピュティ)
栗東・安田隆  
中13週
牡8 鹿
北村友 58.0K
26戦9勝 [9-8-3-6]

昨年の当レースで2着(0.2差)。
最後はレモンポップと同じ脚色になっていた。
前走の武蔵野ステークスの3着(0.6差)も、出遅れたことで末脚が溜まったのが功を奏した感があり、マイルだとどうしても距離の壁がありそうだ。



14番ウィルソンテソーロ
父キタサンブラック
母チェストケローズ
(Uncle Mo)
美浦・小手川  
中6週
牡5 鹿
松山* 58.0K
14戦7勝 [7-2-0-5]

前走の東京大賞典で2着(0.1差)。
G1を連続好走して、力が本物であることを示した。
東京ダ1600にも実績があるし、逃げ差し自在の脚質も心強い。



15番ドンフランキー
父ダイワメジャー
母ウィーミスフランキー
(Sunriver)
栗東・斉藤崇  
中19週
牡5 栗
池添 58.0K
14戦7勝 [7-3-0-4]

前走の東京盃をレコードで快勝。
今回はその時以来の休み明けであり、初のダ1600。
先行力は認めるが、厳しいのでは。



16番アルファマム
父マジェスティックウォリアー
母ダイオプサイド
(フジキセキ)
栗東・佐々木  
中2週
牝5 鹿
キング 56.0K
16戦6勝 [6-1-1-8]

前走の根岸ステークスで8着(0.9差)。
上がり最速の末脚を使ったが、ペースが遅くて届かず。
距離延長は微妙だが、ペースが上がりそうなのはプラスだ。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はキングズソード(単勝11.2倍・5番人気)
現代競馬では、芝・ダートとも中距離を使われている馬が一番レベルが高く、強い。
その中で今回のメンバーを見渡した際、古馬のダ2000のG1級レースを勝利している当馬が、一番強いのではないか。
前走の東京大賞典での敗戦は、スローペースを後ろから行ったためで度外視可能。
それにより今回オッズがつくのならば、寧ろプラスだ!


▲はアルファマム(単勝28.6倍・10番人気)
とにかく末脚がキレる馬で、前走の根岸ステークスでもこの馬の末脚は使っていた。
ただペースが流れず、消化不良の一戦に、、、
今回はドンフランキーらが先行して引っ張ってくれるはずで、この馬に向く展開となりそう。
揉まれづらい大外枠もプラスで、鬱憤を晴らす事が出来そうだ!


〇はレッドルゼル
当レースで2度の掲示板入りがある。
この馬も溜めれば末脚を使えるし、ペースが向きそうなのも良いだろう。



以下、当舞台での
好走歴が多いタガノビューティー、近走重賞での好走歴が多いウィルソンテソーロイグナイター、この馬も末脚強烈なオメガギネスを抑える。



◎キングズソード
▲アルファマム
〇レッドルゼル
△タガノビューティー
△ウィルソンテソーロ
△イグナイター
△オメガギネス



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
『京都記念』無料情報
先週は小倉日経OPをワイドで的中!ワイド・三連複で当ててくる無料情報です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報の実績
・小倉日経OP
ワイド1点3,000円 ×
ワイド1点2,000円 5.7倍
[払戻]11,400円[回収率]228%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
・五条坂特別   [回収率]296%
・琵琶湖特別   [回収率]140%
・カウントダウンS[回収率]276%
・ジングルベル賞 [回収率]410%
・万両賞     [回収率]216%
・北総ステークス [回収率]180%
━━━━━━━━━━━━━━
京都記念も無料情報で飲み込むか?昨年秋もG1戦線勝ってきた無料情報に今週も期待です!
→京都記念:無料情報
↑からメルマガ登録(無料)して、レース前夜買い目を見てください。



今週は、京都記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ブレイヴロッカー
▲プラチナトレジャー



【レース展望】
春の芝中長距離のビッグレースに向けて、近年は有力馬が始動戦としている京都記念。
2020年以来、久々に京都で行われる。


近年、京都芝はタフな馬場となっている。
一方で、強力な古馬が多く出走し、前へ行ってもなかなか止まることがないため、先行馬が圧倒的に有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が12頭
良馬場だと上がりが34秒台後半だが、もし道悪になると35秒後半~36秒台となり、タフ馬場での瞬発力勝負となっている。


血統としては、タフ馬場に強い
欧州血統を持つ馬や立ち回り力・タフさ・瞬発力をバランス良く持ち合わせているキングカメハメハ系産駒の好走が目立つ。


まとめると、「先行馬で、欧州血統を持つ馬・キングカメハメハ系産駒」を狙いたい。

kyoto_turf_2200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番バビット
父ナカヤマフェスタ
母アートリョウコ
(タイキシャトル)
栗東・浜田  
中2週
牡7 栗
団野 57.0K
15戦4勝 [4-2-0-9]

前走の東海ステークスはダートで参考外としても、それ以外の近走が冴えず、厳しい。



2番ブレイヴロッカー
父ドゥラメンテ
母シティイメージ
(Elusive City)
栗東・本田  
中8週
牡4 芦
酒井 56.0K
15戦4勝 [4-2-2-7]

連勝で、重賞初挑戦。
キャリア中、13戦で上り3位以内の末脚を使っているし、3歳時はサヴォーナやサトノグランツらと接戦したこともある。
いきなり通用してもおかしくない。



3番プラダリア
父ディープインパクト
母シャッセロール
(クロフネ)
栗東・池添  
中6週
牡5 鹿
池添 58.0K
14戦3勝 [3-2-2-7]

前走の有馬記念は、相手が強くて参考外。
このメンバーならば、十分格上だし、昨年の当レースでも3着(0.6差)。
連覇の可能性が十分ある。



4番ジェットモーション
父ハーツクライ
母トップモーション
(シンボリクリスエス)
栗東・藤岡  
中9週
セ8 黒鹿
田口 57.0K
22戦4勝 [4-0-0-18]

オープン入り後は馬券内が無く、厳しい。



5番ベラジオオペラ
父ロードカナロア
母エアルーティーン
(ハービンジャー)
栗東・上村  
中9週
牡4 鹿
横山和 57.0K
6戦4勝 [4-0-0-2]

前走のチャレンジカップを勝利。
G2G3で強いボッケリーニに勝利したのは評価できる。
今回も強い馬がおらず、連勝できる可能性は十分ありそう。



6番ラヴェル
父キタサンブラック
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・矢作  
中16週
牝4 鹿
Mデムーロ* 54.0K
7戦2勝 [2-0-0-5]

昨年の秋華賞以来のレース。
昨年は結局馬券内が無く、秋になっての成長力にも疑問が付いた。
リバティアイランドを破った現役唯一の馬として、調子が戻っていれば面白いが。。。



7番プラチナトレジャー
父キングカメハメハ
母ホワイトエレガンス
(クロフネ)
美浦・国枝  
中15週
牡6 芦
岩田康 57.0K
20戦4勝 [4-1-0-15]

前走の3勝クラスを勝利して、3歳春以来の重賞挑戦。
ただ2ターンの実績は近走ないし、前走から斤量が+2Kというのも気掛かりだ。



8番ナイママ
父ダノンバラード
母ニシノマドカ
(ジャングルポケット)
美浦・武藤  
中3週
牡8 鹿
和田竜* 57.0K
38戦3勝 [3-2-2-31]

近走冴えず、厳しい。



9番ルージュエヴァイユ
父ジャスタウェイ
母ナッシングバットドリームズ
(Frankel)
美浦・黒岩  
中12週
牝5 鹿
松山 55.0K
11戦4勝 [4-3-0-4]

前走のエリザベス女王杯で2着(0.1差)。
その時のような上がりのかかる馬場になっているのはプラス。
今回、牡馬相手とはいえ一流馬はおらず、前走より与しやすいメンバーなのも良いだろう。



10番シュヴァリエローズ
父ディープインパクト
母ヴィアンローズ
(Sevres Rose)
栗東・清水久  
中1週
牡6 鹿
西村淳* 57.0K
26戦3勝 [3-4-1-18]

重賞で馬券内の無い馬だが、2走前の中日新聞杯では5着(0.3差)と健闘。
早い上りがあまり使えないので、時計のかかる今の京都芝はプラスだろう。



11番マテンロウレオ
父ハーツクライ
母サラトガヴィーナス
(ブライアンズタイム)
栗東・昆  
中4週
牡5 黒鹿
横山典 57.0K
16戦3勝 [3-2-0-11]

昨年の当レースで2着(0.6差)。
この低調なメンバーならば、昨年と同様かそれ以上の着順が狙えるのでは。



12番アフリカンゴールド
父ステイゴールド
母ブリクセン
(Gone West)
栗東・西園正  
中9週
セ9 栗
国分恭 57.0K
39戦5勝 [5-3-1-30]

最近は楽に逃げることができても粘れず、厳しい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はブレイヴロッカー(単勝11.8倍・5番人気)
上昇度のある馬がそう多くないので、格上がり初戦の当馬でも通用しそう。
上記の通り3歳春には強豪と接戦していたし、ここ数戦は芝2200~2400で早い上りを使う事が出来ていた。
今回も馬群を捌きやすい少頭数が良いし、ロスなく進める内枠も強みだ。



▲はプラチナトレジャー(単勝53.6倍・10番人気)
こちらは遅咲きの馬。
芝に再度戻した3走前から軌道に乗ってきた感がある。
古い実績だが、2歳~3歳春には、ダノンザキッドやエフフォーリアらと重賞で戦っていた馬。
そこから地道に力をつけてきた今、このメンバー相手なら一発が有るのでは。



〇はベラジオオペラ
前走、G2G3番長のボッケリーニに勝利したならば、ここでも通用しそう。
前走の反動などがなければ、中心視すべきだ。



以下、
近走重賞で好走歴のあるプラダリアマテンロウレオ休養が良い方向に向けば戦う事が出来るラヴェル2走前の分だけ走れば通用するシュヴァリエローズを抑える。



◎ブレイヴロッカー
▲プラチナトレジャー
〇ベラジオオペラ
△プラダリア
△マテンロウレオ
△ラヴェル
△シュヴァリエローズ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
東京新聞杯・買い目無料公開
三連複無料情報が好調!
先日はAJCCで回収率332%でした(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
無料買い目情報
・01/21 アメリカJCC
三連複10点500円 33.2倍
[獲得額]16,600円[回収率]332%
・01/27 小倉5R
三連複15点300円 8.4倍 18.7倍
[獲得額]8,130円[回収率]181%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は無料情報できさらぎ賞を的中!今年は東京新聞杯!
昨年の春もG1をよく当てた無料情報を今から押さえておきましょう。
→東京新聞杯・無料情報
大型収支か堅く勝つか?東京新聞杯の答えはここの買い目かもしれません!



今週は、東京新聞杯を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ホウオウビスケッツ
▲サクラトゥジュール



【レース展望】
春のヴィクトリアマイルや安田記念に向けて、近年は多数の有力馬が出走している東京新聞杯。
間隔を開けたローテが主流になりつつある現代競馬において、大レースから約4か月前というのがちょうど良いようだ。


中でも安田記念に繋がりつつあるレースのためか、安田記念同様、差し馬が有利
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が3頭のみ
強力な先行馬の出走が少ない事もあるが、基本的にはスロー~ミドルペースからの瞬発力勝負となっている。


血統としては、瞬発力勝負に優れた
現代王道血統(ディープインパクト系、キングカメハメハ系、ハーツクライ系、ステイゴールド系)を持つ馬の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬で、現代王道血統を持つ産駒」を狙いたい。

fuchu_turf_1600


【出走全馬ワンポイント評価】
1番サクラトゥジュール
父ネオユニヴァース
母サクラレーヌ
(シンボリクリスエス)
美浦・堀  
中3週
牡7 青鹿
キング 57.0K
23戦5勝 [5-7-1-10]

前走の中山金杯で12着(0.7差)。
馬体重+22K等が響いたよう。
それでも着順ほど負けておらず、叩かれて馬体が絞れ、先行できれば巻き返しが有りそうだ。



2番アスクコンナモンダ
父ダイワメジャー
母アンナモンダ
(Monsun)
栗東・中内田  
中9週
牡5 栗
横山武 57.0K
12戦4勝 [4-3-1-4]

前走、今回と同じ舞台のオープンで3着(0.5差)。
後方から進めたが、差し切れなかった。
オープンに昇格して2戦し、壁に当たっている感があり、厳しそうだ。



3番ドルチェモア
父ルーラーシップ
母アユサン
(ディープインパクト)
美浦・上原佑  
中3週
牡4 鹿
石橋脩 57.0K
10戦3勝 [3-0-0-7]

近走冴えず、厳しい。



4番ルージュリナージュ
父スピルバーグ
母パンツァネッラ
(ルーラーシップ)
美浦・宗像  
中6週
牝5 鹿
横山和 55.0K
12戦4勝 [4-2-1-5]

前走のターコイズステークスで上がり最速の末脚を使うも11着(0.7差)。
そこから斤量が増えて相手が強化される今回、厳しそうだ。
コース替わりはプラスだが。。。



5番ウインカーネリアン
父スクリーンヒーロー
母コスモクリスタル
(マイネルラヴ)
美浦・鹿戸  
中12週
牡7 栗
三浦 58.0K
24戦8勝 [8-3-0-13]

昨年の当レースの覇者。
その後は世界を渡り歩き、日本でも走ったが、未勝利だった。
馬場が良い今の東京芝を味方に、先行しての連覇に期待。



6番マスクトディーヴァ
父ルーラーシップ
母マスクオフ
(ディープインパクト)
栗東・辻野  
中15週
牝4 黒鹿
岩田望 56.0K
5戦3勝 [3-1-0-1]

前走の秋華賞で2着(0.1差)。
相手が最後流していたとはいえ、よく差を詰めていた。
常に鋭い末脚を使っており、初の東京に対応できれば今回も好走できるだろう。



7番ジャスティンカフェ
父エピファネイア
母カジノブギ
(ワークフォース)
栗東・安田翔  
中10週
牡6 鹿
坂井 58.0K
17戦5勝 [5-5-2-5]

前走のマイルチャンピオンシップで3着(0.1差)。
出遅れるも、G1で通用する力を見せた。
昨年の当レースは4着(0.1差)だったが、パワーアップした今年はそれ以上が狙えそうだ。



8番ホウオウビスケッツ
父マインドユアビスケッツ
母ホウオウサブリナ
(ルーラーシップ)
美浦・奥村武  
中7週
牡4 鹿
岩田康 57.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走の中日新聞杯で、かかって大敗。
2走前の東京優駿では番手から6着(0.2差)に健闘しており、折り合い次第で巻き返しがあってもおかしくない。



9番ウンブライル
父ロードカナロア
母ラルケット
(ファルブラヴ)
美浦・木村  
中38週
牝4 鹿
ルメール* 55.0K
6戦2勝 [2-2-0-2]

昨年のNHKマイルCでタイム差なしの2着以来のレースとなる。
NHKマイルC好走組のその後が冴えないのは気掛かりだが、ノーザンファーム出身で強力な鞍上を背に、好走歴のある舞台での復帰。
抑えておく必要が有りそうだ。



10番ダノンタッチダウン
父ロードカナロア
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・安田隆  
中3週
牡4 鹿
北村友 57.0K
7戦1勝 [1-2-0-4]

一昨年の朝日杯フューチュリティステークス以降、馬券内が無い。
前走の京都金杯も8着(0.8差)に敗れており、厳しそうだ。



11番マテンロウスカイ
父モーリス
母レッドラヴィータ
(スペシャルウィーク)
栗東・松永幹  
中7週
セ5 栗
横山典 57.0K
15戦4勝 [4-4-4-3]

前走のオープンを番手から勝利。
1ターンの競馬では安定して走っており、今回も大崩れはなさそうだ。



12番コナコースト
父キタサンブラック
母コナブリュワーズ
(キングカメハメハ)
栗東・清水久  
中6週
牝4 青鹿
戸崎圭 55.0K
7戦1勝 [1-3-0-3]

昨年の桜花賞で2着(0.2差)に好走するも、その後は冴えない。
桜花賞同様、先行できれば変わり身があっておかしくないが。。。



13番トゥードジボン
父イスラボニータ
母コッパ
(Yesbyjimminy)
栗東・四位  
中3週
牡5 鹿
藤岡佑 57.0K
13戦4勝 [4-2-2-5]

前走の京都金杯で1番人気を背負うも3着(0.1差)。
先行したが、直線伸びきれず。
そこから斤量が増えて相手が大幅に強化される今回、厳しいだろう。



14番サウンドビバーチェ
父ドゥラメンテ
母スクービドゥー
(Johan Cruyff)
栗東・高柳大  
中6週
牝5 黒鹿
浜中* 56.0K
12戦3勝 [3-2-0-7]

2走前のヴィクトリアマイルで5着(0.5差)に健闘している通り、時計の早いマイルでスンナリ先行できれば上位のレースでも好走できる。
枠やメンバー次第だろう。



15番フリームファクシ
父ルーラーシップ
母ライツェント
(スペシャルウィーク)
栗東・須貝  
中3週
牡4 青鹿
菅原明* 58.0K
8戦3勝 [3-1-0-4]

昨年、3連勝できさらぎ賞を制するも、その後は馬券内が無い。
前走より斤量が増えて相手も強化される今回、厳しい。



16番アヴェラーレ
父ドゥラメンテ
母アルビアーノ
(Harlan's Holiday)
美浦・木村  
中3週
牝6 鹿
キングスコート* 56.0K
16戦5勝 [5-2-2-7]

前走の京都金杯で4着(0.3差)。
開幕週の馬場で差し切れなかった。
引退間近の6歳牝馬、地元に戻って巻き返したい。



うまとみらいと
【最終結論】

◎はホウオウビスケッツ(単勝36.1倍・9番人気)
今の東京芝は時計が早く、インである程度の位置に居ないと厳しい。
また、今回のレースはドルチェモアが飛ばしてウインカーネリアンがそれを追いかける展開になりそうで、京都金杯のように「前に行った馬」「インに居る馬」が有利になると見た。
この馬は、その2つを満たしそうな馬だ。
前走は折り合わずに大敗したので乗り代わりはプラスだし、2走前の東京優駿で先行して6着(0.2差)に健闘していた。
王道路線の世代頂点の一戦で好走した馬が、人気急落で距離短縮の一戦、巻き返す可能性は十分ある!



▲はサクラトゥジュール(単勝33.8倍・8番人気)
こちらは最内枠をゲットして、インをロスなく進められそうな馬。
鞍上込みで穴人気していたため評価を一枚落としたが、今回はある程度の位置を取ってきそう。
3走前の再現が十分あるだろう。



〇はマスクトディーヴァ
昨年の3歳牝馬の世代ナンバー2の実力者。
イクイノックスが引退して現役最強馬の一頭がリバティアイランドだとしたら、その次点に位置する当馬の力を素直に認めるべきだろう。



以下、
近走重賞で好走しているウンブライルジャスティンカフェ、昨年の覇者のウインカーネリアン、外枠は痛いが前へ行きそうなトゥードジボンを抑える。



◎ホウオウビスケッツ
▲サクラトゥジュール
〇マスクトディーヴァ
△ウンブライル
△ジャスティンカフェ
△ウインカーネリアン
△トゥードジボン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ