ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
オークス・攻略情報
──────────────────
ここの無料情報・・・
昨年は16人気ハギノピリナ読みOK

今年もオークス穴馬対策は
ここにお任せしましょう!
直近も穴馬読んでますよ~
──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
ヴィクトリアM
6人気レシステンシア
京都新聞杯
7,8人気ヴェローナシチー、 アスクワイルドモア
青葉賞
6人気エターナルビクトリ
フローラS
9人気シンシアウィッシュ
福島牝馬S
5,6人気クリノプレミアム、サトノダムゼル
桜花賞
6,7人気スターズオンアース、ナムラクレア
大阪杯
8,7人気ポタジェ、アリーヴォ
──────────────────
一昨年はウインマイティー
その前はカレンブーケドールと穴馬が来てます!
今年の穴馬対策はココにお任せ推奨です(^ ^)
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!



今週は優駿牝馬(オークス)予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ライラック
▲ベルクレスタ



【レース展望】
春の東京で行われる、5週連続G1の第三弾、優駿牝馬(オークス)。
3歳牝馬クラシックの2冠目であり、桜花賞から一気に800メートルも距離延長となる。

舞台がガラッと変わるせいか、近年は「前走が桜花賞以外だった馬」が台頭している
過去5年で馬券内に来た15頭中、前走が桜花賞だった馬が8頭。
うち、馬券外だった馬が2頭のみで、「前走が桜花賞だった馬≒馬券内に来た馬」を狙うべき。
桜花賞以外だった7頭を見ると、前走で勝った馬が6頭。
となると、「前走が桜花賞以外だった馬≒勝利した馬」を狙うべきだ。


脚質的には差し馬が有利で、過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで5番手以下だった馬が10頭
内をロスなく立ち回ったとしても、最後は地力が問われている。


血統的にはディープインパクト系・キングマンボ=キングカメハメハ産駒といった王道血統に加えて、ロベルト・ステイゴールド系・欧州血統といったスタミナに秀でた血を持つ馬が台頭している


まとめると、「桜花賞で好走or桜花賞以外で勝利しており、差し馬の王道血統orスタミナ血統」を狙いたい。

fuchu_turf_2400


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ウォーターナビレラ
父シルバーステート
母シャイニングサヤカ
(キングヘイロー)
栗東・武幸  
中5週
牝3 青鹿
武豊 55.0K
6戦3勝 [3-1-1-1]

前走の桜花賞でタイム差無しの2着。
先行して立ち回りの旨さを見せた。
一方、前走で馬体重-14Kと仕上げた後であり、お釣りがあるかどうか微妙。



2番スタニングローズ
父キングカメハメハ
母ローザブランカ
(クロフネ)
栗東・高野  
中8週
牝3 鹿
レーン 55.0K
7戦3勝 [3-1-1-2]

前走のフラワーカップを含めて連勝中。
当レースで好走した祖母のローズバド譲りの鋭い末脚が武器だ。
その一方、相手が一気に強くなる今回でもその末脚が使えるか、未知数。



3番アートハウス
父スクリーンヒーロー
母パールコード
(ヴィクトワールピサ)
栗東・中内田  
中5週
牝3 栗
川田 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走の忘れな草賞を完勝。
母は秋華賞で2着(0.1差)した名牝で、中距離に適性があった。
その娘の当馬も3戦すべて芝2000を走っており、今回も期待できそう。
課題は、初の長距離輸送の克服か。



4番ルージュエヴァイユ
父ジャスタウェイ
母ナッシングバットドリームズ
(Frankel)
美浦・黒岩  
中3週
牝3 鹿
池添 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走のフローラステークスで5着(0.4差)。
イン先行勢が掲示板を占める中、唯一外から上がり最速の末脚で差してきた。
一番強い競馬をしたのは間違いないので、あとは馬体がキープされていれば。



5番サウンドビバーチェ
父ドゥラメンテ
母スクービドゥー
(Johan Cruyff)
栗東・高柳大  
中10週
牝3 黒鹿
石橋脩 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走のチューリップ賞で4着(0.3差)。
先行してよく掲示板に踏ん張った。
同時にキレる脚が無い事も露呈しており、馬場の早い東京では厳しそうだ。



6番サークルオブライフ
父エピファネイア
母シーブリーズライフ
(アドマイヤジャパン)
美浦・国枝  
中5週
牝3 鹿
Mデムーロ 55.0K
6戦3勝 [3-0-2-1]

前走の桜花賞で上がり最速の末脚を使うも4着(0.1差)。
外枠で位置取りが後ろ過ぎた。
一番強い競馬をしたのは間違いないのだが、想定以上に人気しているのが気がかり。



7番ホウオウバニラ
父ドゥラメンテ
母バランセラ
(Acatenango)
栗東・安田翔  
中3週
牝3 栗
横山典 55.0K
3戦1勝 [1-0-1-1]

ビッシュらの妹という良血馬だが、前走のフローラステークスでは7着(0.8差)止まり。
馬体が減り続けており、厳しい。



8番ナミュール
父ハービンジャー
母サンブルエミューズ
(ダイワメジャー)
栗東・高野  
中5週
牝3 鹿
横山武 55.0K
5戦3勝 [3-0-0-2]

前走の桜花賞で1番人気を背負うも10着(0.3差)。
大外枠から出遅れて、競馬にならず。
舞台替わりで見直したい。



9番エリカヴィータ
父キングカメハメハ
母マルシアーノ
(フジキセキ)
美浦・国枝  
中3週
牝3 青
福永 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走のフローラステークスを快勝。
ただイン先行有利な展開に恵まれた感も。
底力が求められそうな今回、厳しいのでは。



10番ラブパイロー
父パイロ
母グッドファッション
(アドマイヤマックス)
美浦・大和田  
中7週
牝3 青鹿
野中 55.0K
8戦2勝 [2-0-1-5]

ようやく1勝クラスを勝ったばかり。
このメンバーでは厳しい。



11番ベルクレスタ
父ドゥラメンテ
母ベルアリュールII
(Numerous)
栗東・須貝  
中5週
牝3 鹿
吉田隼 55.0K
6戦1勝 [1-2-1-2]

前走の桜花賞で7着(0.2差)。
外を回して上がり3位の末脚を使ったのは、一定の評価ができる。
左回りに実績が有り、舞台替わりは歓迎だろう。



12番ライラック
父オルフェーヴル
母ヴィーヴァブーケ
(キングカメハメハ)
美浦・相沢  
中5週
牝3 鹿
横山和 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

前走の桜花賞で16着(1.1差)。
この馬も出遅れて何もできず終了した。
2走前のフェアリーステークスでスターズオンアースらを下したように力は有る。
地元に戻るのはプラスで、あとは馬体の成長が欲しい。



13番パーソナルハイ
父ディープインパクト
母パーソナルダイアリー
(City Zip)
栗東・矢作  
中3週
牝3 鹿
吉田豊 55.0K
8戦1勝 [1-3-0-4]

前走のフローラステークスで2着(0.1差)。
最後まで逃げ粘っていた。
この強行スケジュールで、今回お釣りが有るかどうか心配。



14番シーグラス
父ゴールドシップ
母マイネプレセア
(マイネルラヴ)
美浦・武藤  
中5週
牝3 鹿
松岡 55.0K
7戦2勝 [2-1-0-4]

前走の忘れな草賞で完敗。
スタート難に加えてキレる末脚を使えていない。
スタミナが相当求められる展開ならば面白いのだが、厳しそう。



15番ピンハイ
父ミッキーアイル
母レイテッド
(ジャングルポケット)
栗東・田中克  
中5週
牝3 栗
高倉 55.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

前走の桜花賞で5着(0.1差)。
2走前のチューリップ賞に続いて根性の走りを見せた。
ただ馬体が減り続けており、今回初の長距離輸送。
厳しい。



16番プレサージュリフト
父ハービンジャー
母シュプリームギフト
(ディープインパクト)
美浦・木村  
中5週
牝3 黒鹿
戸崎圭 55.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走の桜花賞で11着(0.5差)。
出遅れて最後方を進み、大外を回して何もせず終わった。
今回は地元に戻って巻き返したいが、まずはスタートを決めたい。



17番ニシノラブウインク
父エピファネイア
母ニシノシルエット
(アグネスタキオン)
美浦・小手川  
中8週
牝3 鹿
三浦 55.0K
7戦1勝 [1-3-2-1]

前走のフラワーカップで2着(0.1差)。
5走前の未勝利戦でもサークルオブライフの2着(0.4差)に健闘している。
ただこの鞍上では厳しいだろう。



18番スターズオンアース
父ドゥラメンテ
母サザンスターズ
(Smart Strike)
美浦・高柳瑞  
中5週
牝3 黒鹿
ルメール 55.0K
6戦2勝 [2-3-1-0]

前走の桜花賞を勝利。
直線の不利を跳ね返す強い競馬だった。
ただ下位馬との着差は少なかったし、乗り替わりもどうか。



01_320x100

【最終結論】

◎はライラック(単勝35.8倍・12番人気)
崩れたのは関西でのレースのみ。
関東のレースでは東京でも中山でも末脚をしっかり伸ばしている。
前走の桜花賞も着順は酷いが、出遅れた上、着差も1.1差。
調教後の馬体重が前走のを維持しており、巻き返しがある!



▲はベルクレスタ(単勝19.9倍・10番人気)
桜花賞組からは、条件が一番好転しそうなこの馬をピックアップ。
左回りに変わるのが良く、姉のアドマイヤリードもこの場で躍動した。
何より、先週のG1を勝利した鞍上と調教師のコンビ。
2週連続の勝利が十分ある!



〇はサークルオブライフ
桜花賞で一番強い競馬をした当馬が、世代最上位の力を持っているはず。
今回も外から差してくるだろう。



以下、
桜花賞組のプレサージュリフトスターズオンアースチューリップ賞で先行して粘っていたサウンドビバーチェ、想像以上に展開に恵まれれば残り目があるラブパイローを抑える。



◎ライラック
▲ベルクレスタ
〇サークルオブライフ
△プレサージュリフト
△スターズオンアース
△サウンドビバーチェ
△ラブパイロー



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
昨年は8万円超を獲得!
ヴィクトリアM無料予想
━━━━━━━━━━━━━━
昨年は10人気ランブリングアレー
を相手馬に選んで高回収率でした!
今年も春の牝馬マイルの的中なるか?
━━━━━━━━━━━━━━
《無料予想》Vマイル2021
3連単287.5倍×300円
【払戻】86,250円
───────────────────

───────────────────
直近の無料予想もOK
《無料予想》鞍ヶ池特別
3連単84.8倍×400円
【払戻】33,920円
《無料予想》天皇賞春
3連単69.7倍×300円
【払戻】20,910円
───────────────────

━━━━━━━━━━━━━━
5月に強いイメージがあります!
強烈なインパクトとしては・・
3年前の日本ダービーを無料予想で50万円獲得しました!
→ヴィクトリアM無料予想
↑から買い目チェックできます。
レース前夜21時過ぎに公開予定です。



今週はヴィクトリアマイル予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎アカイイト
▲シャドウディーヴァ



【レース展望】
春の東京で行われる、5週連続G1の第二弾、ヴィクトリアマイル。
毎年、高速馬場で早い決着となっており、近年は勝ち時計が1分31秒ジャスト~1分30秒台となっている。
若い馬・調子が良くて勢いのある馬が活躍している他、短距離路線からスピードを活かして好走する例もある。
ただ今年は天候不順で、この傾向が変わりそう、、、、


脚質的には差し馬が有利で、過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで5番手以下だった馬が12頭。毎年直線の追い比べが続いている。


血統的にはディープインパクト産駒が圧倒的に有利で、毎年好走馬を輩出している


まとめると、「差し馬のディープインパクト産駒」を狙いたい。

fuchu_turf_1600



【出走全馬ワンポイント評価】
1番デアリングタクト
父エピファネイア
母デアリングバード
(キングカメハメハ)
栗東・杉山晴  
中54週
牝5 青鹿
松山 55.0K
8戦5勝 [5-1-2-0]

2年前の3冠牝馬がついに復帰。
ただ、1年以上の休み明けでいきなり高速マイルのレースは厳しそうだ。



2番ソングライン
父キズナ
母ルミナスパレード
(シンボリクリスエス)
美浦・林  
中10週
牝4 青鹿
池添 55.0K
9戦4勝 [4-2-1-2]

前走、ドバイで重賞を勝利。
この舞台では既に重賞好走歴があり、カギは状態のみだろう。



3番メイショウミモザ
父ハーツクライ
母メイショウベルーガ
(フレンチデピュティ)
栗東・池添兼  
中4週
牝5 芦
鮫島駿 55.0K
26戦5勝 [5-3-2-16]

前走の阪神牝馬ステークスをインから鮮やかに勝ち切る。
もともとは芝の短距離で良績を残しており、スピード決着に対応できたよう。
今回、初のG1となるが、高速馬場は歓迎だ。
後は初の長距離輸送をクリアできるかどうか。



4番マジックキャッスル
父ディープインパクト
母ソーマジック
(シンボリクリスエス)
美浦・国枝  
中4週
牝5 鹿
戸崎圭 55.0K
15戦2勝 [2-6-1-6]

昨年の当レースで3着(0.7差)。
ただ近走は掲示板がやっとの状態。
芝マイルでは堅実に走っており、巻き返しに期待。



5番ソダシ
父クロフネ
母ブチコ
(キングカメハメハ)
栗東・須貝  
中11週
牝4 白
吉田隼 55.0K
10戦6勝 [6-0-1-3]

前走のフェブラリーステークスで3着(0.5差)。
そこから再度芝に戻ることとなる。
高速マイルは桜花賞等で成績を残しているので、久々の芝に戸惑わなければ上位争いできるだろう。



6番ディヴィーナ
父モーリス
母ヴィルシーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
中7週
牝4 鹿
武豊 55.0K
8戦4勝 [4-1-2-1]

ブラヴァスらの妹という良血馬。
ただ前走で3勝クラスを勝ったばかり。
母も当レースを勝利したが、さすがに厳しい。



7番レシステンシア
父ダイワメジャー
母マラコスタムブラダ
(Lizard Island)
栗東・松下  
中6週
牝5 鹿
横山武 55.0K
14戦5勝 [5-5-1-3]

前走の高松宮記念で、逃げて6着(0.3差)どまり。
大幅馬体重増に加えて厳しくマークされていた。
昨年の当レースも番手から伸びず6着(0.9差)だった。
スピードを活かして後続の脚を封じる、2歳時のようなレースに期待したいが、、、、



8番クリノプレミアム
父オルフェーヴル
母ダンシングクイーン
(Giant's Causeway)
美浦・伊藤伸  
中2週
牝5 栗
松岡 55.0K
21戦5勝 [5-5-1-10]

ここ2戦、重賞で好走している。
ただ今回の高速マイルは、全く異なるレース質。
現在の充実ぶりに加えて、雨の影響といったプラスアルファが欲しい。



9番アブレイズ
父キズナ
母エディン
(ジャングルポケット)
栗東・池江  
中2週
牝5 青鹿
菅原明 55.0K
13戦3勝 [3-1-0-9]

高速マイルでのレースは経験がなく、厳しそうだ。



10番ローザノワール
父マンハッタンカフェ
母ダノンスズラン
(Awesome Again)
栗東・西園正  
中8週
牝6 青鹿
国分恭 55.0K
29戦5勝 [5-1-1-22]

前走の中山牝馬ステークスは、逃げられず9着(0.4差)。
大きく負けなかったのは評価できるし、今回ハナを叩くことが出来れば一変が有りそうだ。



11番ファインルージュ
父キズナ
母パシオンルージュ
(ボストンハーバー)
美浦・木村  
中13週
牝4 鹿
ルメール 55.0K
8戦3勝 [3-3-1-1]

前走の東京新聞杯で2着(0.3差)。
大幅馬体増の中、初の古馬牡馬との一戦で善戦したのは評価できる。
その時以来となるが、状態が問題なければ勝ち負けだろう。



12番ミスニューヨーク
父キングズベスト
母マンハッタンミート
(マンハッタンカフェ)
栗東・杉山晴  
中8週
牝5 青鹿
Mデムーロ 55.0K
18戦5勝 [5-1-4-8]

乗り替わったここ3戦、重賞で好走している。
ただ位置取りが後ろになっており、今回の高速マイルに対応できるかどうか。



13番レイパパレ
父ディープインパクト
母シェルズレイ
(クロフネ)
栗東・高野  
中5週
牝5 鹿
川田 55.0K
12戦6勝 [6-2-1-3]

前走の大阪杯で2着(0.1差)。
牡馬相手に重賞で連続好走した。
今回は久々の1ターン競馬、スピード決着に対応できるかどうか。



14番アカイイト
父キズナ
母ウアジェト
(シンボリクリスエス)
栗東・中竹  
中5週
牝5 青鹿
幸 55.0K
23戦5勝 [5-4-2-12]

昨年のエリザベス女王杯を勝利している一方、今回の高速マイルは適正外に見える。
追走で手一杯となりそうなので、雨の影響が残って欲しい。



15番アンドヴァラナウト
父キングカメハメハ
母グルヴェイグ
(ディープインパクト)
栗東・池添学  
中4週
牝4 黒鹿
福永 55.0K
9戦3勝 [3-4-1-1]

前走の阪神牝馬ステークスで2着(0.1差)。
良馬場での芝マイルはベストの舞台で、今回も先行できれば上位争いできるだろう。
一方で、初の長距離輸送の克服は課題となりそうだ。



16番デゼル
父ディープインパクト
母アヴニールセルタン
(Le Havre)
栗東・友道  
中4週
牝5 青鹿
藤岡康 55.0K
12戦4勝 [4-0-3-5]

前走の阪神牝馬ステークスで3着(0.2差)。
外から差を詰めていて、休み明けでも及第点の走りだった。
反動が無ければ、前進が見込めそうだ。



17番シャドウディーヴァ
父ハーツクライ
母ダイヤモンドディーバ
(Dansili)
美浦・斎藤誠  
中8週
牝6 黒鹿
坂井 55.0K
26戦3勝 [3-5-3-15]

左回りの芝マイルは悪くないが、高速マイルでは後方から進めると届かない。
現に一昨年の当レースで大敗しており、位置を取って伸びることが出来るかどうか。
雨が降って時計がかかりそうなのはプラス。



18番テルツェット
父ディープインパクト
母ラッドルチェンド
(Danehill Dancer)
美浦・和田郎  
中8週
牝5 鹿
レーン 55.0K
10戦6勝 [6-0-1-3]

昨年の当レースで大敗。
G1では2戦して結果が出ておらず、乗り替わりで壁を乗り越えられるかどうか。



01_320x100

【最終結論】

◎はアカイイト(単勝31.7倍・10番人気)
昨年のエリザベス女王杯を勝利している通り、単純に力がある。
そして、例年の高速馬場にならないようなのが最大のプラス。
府中でも、昨年の府中牝馬ステークスで末脚を使うことが出来ており、置かれなければG1馬の力を発揮できる!



▲はシャドウディーヴァ(単勝63.8倍・16番人気)
こちらも昨年の府中牝馬ステークスの好走馬(勝利馬)。
近3走は、強敵相手で仕方なし。
条件好転かつ人気薄の今回、絶好の狙い目だし、乗り替わりもプラスだ!



〇はファインルージュ
芝マイルでは、このメンバーでは実力が上。
後はスムーズに馬群をさばけるかどうかだ。



以下、
近走重賞で連続好走しているクリノプレミアムデゼルレイパパレ、昨年の当レースで好走したマジックキャッスルを抑える。



◎アカイイト
▲シャドウディーヴァ
〇ファインルージュ
△クリノプレミアム
△デゼル
△レイパパレ
△マジックキャッスル



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
やはり信じて良かった!
天皇賞春3部作完成
唯一のトライアルダブル的中で…
信じて乗ってみたらやはり的中です!
━━━━━━━━━━━━━━
[天皇賞春・3部作]
・無料予想:天皇賞春
三連複15.8倍×500円→7,900円
・無料予想:日経賞
三連複14.7倍×500円→7,350円
・無料予想:阪神大賞典
三連複16.8倍×500円→8,400円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
ダービートライアルも的中!
・無料予想:青葉賞
三連複54.9倍×500円→27,450円
収支+22,450円
4→2→6人気的中でした~!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
これはダービーも目が離せない?
少し気が早いのでまずは今週の
NHKマイルCからベタ乗りしてください!
→無料登録へジャンプ←
中穴・人気薄馬の入れ込みが上手いんです!
昨年7番人気ソングラインみたいな中穴もお手の物です(^_-)




今週は新潟大賞典予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ラインベック
▲マウントゴールド



【レース展望】
春の新潟開催中、唯一行われる重賞の、新潟大賞典。
大阪杯→天皇賞春→宝塚記念と続く、春の芝中長距離王道路線の真っ只中に行われるハンデ重賞で、例年かなりメンバーレベルが低くなっている。
過去5年で馬券内に来た15頭中、二桁人気馬が4頭
7番人気以下という尺度で見ると8頭となり、基本的には荒れるレースだ。


春の新潟芝はタフな馬場となるケースが多く、差し馬が有利
4コーナーで5番手以下だった馬が9頭で、毎年直線の追い比べが続いている。


血統的にはディープインパクト系、キングマンボ=キングカメハメハ系といった王道血統を持つ馬が有利だ


まとめると、「人気薄の差し馬の王道血統を持つ馬」を狙いたい。
niigata_turf_2000



【出走全馬ワンポイント評価】
1番マウントゴールド
父ステイゴールド
母マウントコブラ
(Mt. Livermore)
栗東・池江  
中31週
牡9 鹿
荻野極 57.0K
27戦8勝 [8-3-3-13]

昨年9月以来の休み明け。
3走前に、鉄砲でオープンを番手から快勝しており力は有る。
状態次第だろう。



2番アイコンテーラー
父ドゥラメンテ
母ボイルトウショウ
(ケイムホーム)
栗東・河内  
中8週
牝4 栗
亀田 52.0K
12戦4勝 [4-0-2-6]

3走前からオープンで走り、ここ2戦は牡馬相手に善戦している。
前走で、今回と似た舞台を好走しており、ハンデ次第で面白い存在だ。



3番スマイル
父ダイワメジャー
母アシュレイリバー
(Mr. Greeley)
美浦・堀  
中5週
牡6 鹿
石橋脩 54.0K
18戦4勝 [4-4-2-8]

輸送競馬が良くなく、重賞でも結果が出ていない。
厳しい。



4番アルサトワ
父ルーラーシップ
母ポップアイコン
(ダイワメジャー)
栗東・斉藤崇  
中8週
牡5 鹿
丹内 56.0K
15戦5勝 [5-0-0-10]

3勝クラス・オープンと連勝中。
この馬も、前走で今回と似た舞台を勝利しており、期待が持てる。
ただ乗り替わりは痛い。



5番ダノンマジェスティ
父ディープインパクト
母ドバイマジェスティ
(Essence of Dubai)
栗東・音無  
中2週
牡7 鹿
武藤 55.0K
13戦4勝 [4-2-0-7]

アルアインらの弟という良血馬。
ただ重賞で結果が出ておらず、厳しい。



6番ラストドラフト
父ノヴェリスト
母マルセリーナ
(ディープインパクト)
美浦・戸田  
中5週
牡6 黒鹿
三浦 56.0K
17戦2勝 [2-2-2-11]

兄のヒートオンビート同様、当馬も決め手がなく未だ2勝馬。
今回も善戦はできそうだが、勝つのはどうか。



7番プレシャスブルー
父ディープインパクト
母オンワードミシェル
(アンバーシャダイ)
美浦・相沢  
中2週
牡8 鹿
勝浦 55.0K
42戦5勝 [5-6-5-26]

2年前の当レースで3着(0.3差)。
出足が鈍いので、前が止まらないと出番なし。
今回も展開が向くかどうか。



8番カイザーバローズ
父ディープインパクト
母ジェニサ
(Storm Cat)
栗東・中内田  
中11週
牡4 青鹿
津村 55.0K
7戦4勝 [4-0-1-2]

まだキャリア7戦だが、前走で3勝クラスを勝利し確実にステップアップしている。
相手が一気に強くなるが、前走ではアルサトワらを下しており、チャンスがあるだろう。



9番ステラリア
父キズナ
母ポリネイター
(Motivator)
栗東・斉藤崇  
中4週
牝4 黒鹿
川須 54.0K
11戦2勝 [2-2-2-5]

この馬も、3歳以降の良績は2ターンの競馬でのもの。
G1で連対している力は有るが、舞台は微妙だ。



10番ラインベック
父ディープインパクト
母アパパネ
(キングカメハメハ)
栗東・友道  
中2週
牡5 黒鹿
西村淳 54.0K
16戦4勝 [4-0-2-10]

超良血馬だが、オープンクラスでは3歳春以来好走無し。
この舞台では昨年の新潟記念で5着(0.3差)がある。
前に行ってどこまでやれるかだろう。



11番トーセングラン
父ディープインパクト
母スタイルアンドクラス
(Galileo)
美浦・田村  
中47週
牡6 鹿
丸山 54.0K
14戦4勝 [4-4-3-3]

昨年6月以来の休み明け。
2・3勝クラスを連勝中だが、まずは一度使ってからでは。



12番シュヴァリエローズ
父ディープインパクト
母ヴィアンローズ
(Sevres Rose)
栗東・清水久  
中2週
牡4 鹿
富田* 55.0K
13戦3勝 [3-3-0-7]

3歳以降は2ターンの競馬で良績を重ねている。
良い末脚を持ってはいるが、この舞台が合うかどうか。



13番ヤシャマル
父キズナ
母シャインプレジャー
(アグネスデジタル)
美浦・尾形  
中15週
牡5 黒鹿
松田 54.0K
19戦4勝 [4-4-4-7]

前走の日経新春杯で3着(0.6差)。
上位馬に離されたが、良く差してきた。
この舞台では、昨年の新潟記念で4着(0.1差)もあるので、状態が良ければ好勝負出来るだろう。



14番レッドガラン
父ロードカナロア
母ダンスオンザルーフ
(シンボリクリスエス)
栗東・安田隆  
中8週
牡7 鹿
岩田康 57.5K
23戦6勝 [6-1-5-11]

前走のオープンは、重ハンデに泣いた格好となり、4着(0.3差)。
今回、ハンデ差が詰まるので、着順変更が有り得るだろう。



15番モズナガレボシ
父グランプリボス
母モズフリムカナイデ
(クロフネ)
栗東・荒川  
中15週
牡5 芦
菱田 55.0K
26戦4勝 [4-6-3-13]

重賞を4戦して、初戦の小倉記念を勝利した後はサッパリ。
重賞勝ちで斤量を背負うこととなり、厳しい戦いを強いられている。
ここも同様となりそうだ。



01_320x100

【最終結論】

◎はラインベック(単勝27.3倍・12番人気)
4走前の新潟記念での5着(0.3差)を評価。
1~7着のうち、6頭が4コーナー10番手以下から追い込んだ中、唯一番手で粘っていた。
しかも前日の新潟メイン(芝1600)でも、兄のジナンボーが好走。
今日は弟が重賞勝ちを決める!



▲はマウントゴールド(単勝50.9倍・15番人気)
年齢と久々が嫌われてか、まさかの最低人気。
だが、馬自身は昨年も58Kを背負ってオープン勝ちしているとおり、力がある。
今回、先行馬が少ないため、ラインベックと一緒に先行しそう。
芝の根付きが夏ほど良くない新潟だが、今日はまだ開幕して2日目。
前に行っての粘り込みが期待できる!



〇はステラリア
G1での2着がフロック視されているのか、思ったほど人気がない。
ただ、実績はここでは上位だし、ここ3戦よりも明らかに相手が楽になる。



以下、
前走勝利しているのに人気の無いアルサトワトーセングランカイザーバローズ、久々でも実績のあるヤシャマルを抑える。



◎ラインベック
▲マウントゴールド
〇ステラリア
△アルサトワ
△トーセングラン
△カイザーバローズ
△ヤシャマル



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
【無料予想】集計更新!
3ヶ月プラス収支継続中
ずっとプラスは嬉しいですね(*^^*)
━━━━━━━━━━━━━━
-無料予想・検証結果-
■対象:27レース
■期間:2/5~5/1
■投資:135,000円
■払戻:255,400円
■収支+120,400円
━━━━━━━━━━━━━━
先週はこの重賞ダブル的中!
・阪神11R 天皇賞・春
三連複15.8倍×500円→7,900円
・東京11R 青葉賞
三連複54.9倍×500円→27,450円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
ちなみに昨年の秋G1戦線は
+133万円の収支出した
ので春G1戦線も期待できます!
→無料予想チェック
5月からでもまだ間に合う!
重賞プラス収支の波に乗ってください(^o^)




今週はケンタッキーダービーを予想する。
5/8の12R、発走時刻7:57です 。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。



【レース展望】
2019年の記事をほぼそのまま再掲しています)
創設1875年、アメリカ国民競馬の最高峰でスポーツイベントとしても米国内で広く知れ渡っている、ケンタッキーダービー。

観戦の際には、出走馬の本馬場入場の際にミント・ジュレップというカクテルを飲み、ルイビル大学のマーチングバンドの演奏のもと「ケンタッキーの我が家(My Old Kentucky Home)」を観客全員で歌うのが伝統となっている。
優勝馬にはバラのレイが掛けられることから、「ラン・フォー・ザ・ローゼス(Run for the roses)」の通称も持つが、その為の道は険しい。

アメリカ競馬のクラシック3冠は非常に過酷で、当レースの2週間後にプリークネスステークス(ダ1900)、更に3週間後にベルモントステークス(ダ2400)を走り、勝たなければならない。
1930年に3冠レースができた後、今日までに僅か12頭しか3冠馬がいないのも頷ける。


明確な傾向として、過去5年(コロナのために開催時期が変更となった2020年を除く。また、2019年・2021年で1着入線後に失格となった2頭は、そのまま1着になったとみなす)に馬券内に来た15頭中、前走で馬券外だった馬は1頭のみ。
更に言うと、前走で勝利した馬が9頭で、勢いをつけて当レースに臨むのがベストだ。

また、前走がサンタアニタダービーだった馬が過去5年で4頭、フロリダダービーを勝った馬が5頭おり、この2つのレースは重要ステップレースと言える。



チャーチルダウンズ競馬場のダート馬場は1周1609メートル(1マイル)で、ダービーは第4コーナー出口からの発走となる。
日本やヨーロッパに比べ小回りなコース形態となっているアメリカの競馬場では、内ラチ寄りでスムーズにコーナーを回る必要があり、そのため他国に比べて前で競馬を行い有利なポジションを取る。
またアメリカでは陸上競技の中距離走のように、スタートからスピードを上げてそれを持続させるレースを行い、これも南米を除く他の地域と異なり、そして激しいレースとなる理由である。


ケンタッキーダービーでは発走後に約400メートルの直線があるため、位置取り争いにかけられる時間はやや長いと言える。
しかしながら、ダービー出走馬の多くは1800メートルの前哨戦を使われ、つまりより短い直線距離での位置取り争いをしたパターンに慣れた馬達が競うために、400メートルあるとはいえ序盤から激しい展開になる。



Churchill Downs


【ブックメーカー(ウィリアムヒル)と日本(netkeiba)のオッズ比較】
海外競馬は、日本でのオッズと海外でのオッズとの歪みが大きい時が多い。
ブックメーカーのオッズと日本(netkeiba)のオッズ比較を載せる。
(いずれも本日17:30
時点)


このオッズ比較の詳細は、以前書いた記事内の「競馬の教科書」に書いてあるので、知りたい方はこちらを読んでいただきたい。


ブックメーカーのオッズは、購入した時点で確定する。
日本のオッズのようにレース直前まで変動することが無い為、ブックメーカーのほうがシビアにオッズを算出していると言えるし、信ぴょう性も高いと言える。

もしブックメーカーで高く評価され、日本で低く評価されている馬がいたら、面白い存在だと言えるだろう。


【ブックメーカー】
1 エピセンター:4.5
1 ゼンダン:4.5
3 テイバ:7.0
4 メッシエー:10.0
4 ホワイトアバリオ:10.0
4 モードニゴール:11.0
7 スマイルハッピー:14.0
7 チャージイット:14.0

【日本】

1 エピセンター:3.8
2 クラウンプライド:4.1
3 テイバ:6.4
4 ホワイトアバリオ:10.6
5 ゼンダン:11.0
6 メッシエー:11.9
7 サイバーナイフ:15.5


01_320x100

【最終結論】

オッズとの歪みが大きい馬を中心に、以下のような印とした。


◎シンプリフィケーション
▲パイオニアオブメディーナ
〇ゼンダン
△トーニーポート

△チャージイット
△モードニゴール
△ゾゾス
△クラシックコーズウェイ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
天皇賞春データ紹介
───────────────────
天皇賞春に関するデータをご紹介
過去10年の3着以内馬延べ
2200~3200メートルのG1・G2
30頭中23頭は前年以降のにおいて
1着となった経験がある馬でした。
一方、この経験がなかった馬は
3着内率6.7%と苦戦しています。
となると・・・
ディープボンド・タイトルホルダー
この2頭はやはり外せません!
人気馬以外はココの無料情報を
見てから決めても良いでしょう。
───────────────────
「逆境セレクト(無料)」
◎フローラS
9番人気:シンシアウィッシュ
◎福島牝馬S
6番人気:クリノプレミアム
5番人気:サトノダムゼル
◎桜花賞
7番人気:スターズオンアース
6番人気:ナムラクレア
───────────────────
一昨年11人気スティッフェリオ
その前8人気パフォーマプロミス
みたいな人気薄絡むかもしれません!
人気薄馬対策はココの無料情報です。
→天皇賞春・無料情報
↑から無料情報チェックできます。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!



今週は天皇賞春予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎タガノディアマンテ
▲クレッシェンドラヴ



【レース展望】
春の名物長距離G1、天皇賞春。
例年は京都芝3200で行われるレースだが、昨年・今年と阪神芝3200でのイレギュラーな開催。
これまで3度レースが行われたが、事例が少なく、傾向を掴むのが難しい。


昨年の結果を見ると、馬券内に来た3頭はいずれも4コーナーで4番手以内
長距離であることに加えて、2周目の向こう正面過ぎの下りからスパートが始まるコース形態。
さらに1周目のゴール前では急坂を登るため、2周目の直線では既に各馬の余力が無くなっている。
つまり、2周目4コーナー時点でほぼ勝敗が決していたといえよう。


昨年の結果を血統的に見ると、ディープインパクト系の馬が3頭を占めた


まとめると、「先行しそうなディープインパクト系の血を持つ馬」を狙いたい。
hanshin_turf_3200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番アイアンバローズ
父オルフェーヴル
母パレスルーマー
(Royal Anthem)
栗東・上村  
中5週
牡5 鹿
石橋脩 58.0K
18戦4勝 [4-5-3-6]

前走の阪神大賞典で2着(0.1差)。
先行して勝ち馬に食い下がったのは評価できる。
重賞で連続2着しているように調子は良いので、今回も前に行きたい。
絶好枠を引けた反面、被されるリスクがある。



2番ハーツイストワール
父ハーツクライ
母レツィーナ
(キャプテンスティーヴ)
美浦・国枝  
中11週
牡6 黒鹿
ルメール 58.0K
14戦4勝 [4-7-0-3]

前走で3勝クラスを勝ったばかり。
重賞初挑戦だし、厳しい。



3番ディバインフォース
父ワークフォース
母ツクバビューティ
(ゼンノロブロイ)
栗東・寺島  
中4週
牡6 鹿
田辺 58.0K
24戦4勝 [4-5-2-13]

2層前のステイヤーズステークスを勝利したが、休み明けとなった前走の日経賞は大敗。
もともと出遅れ癖の酷い馬で、今回も後方からが濃厚。
厳しい。



4番ユーキャンスマイル
父キングカメハメハ
母ムードインディゴ
(ダンスインザダーク)
栗東・友道  
中5週
牡7 鹿
藤岡佑 58.0K
26戦6勝 [6-4-1-15]

近走、スピードの衰えが顕著。
厳しい。



5番マカオンドール
父ゴールドシップ
母ミリオンウィッシーズ
(Darshaan)
栗東・今野  
中5週
牡4 芦
松山 58.0K
16戦4勝 [4-3-4-5]

前走の阪神大賞典で4着(0.4差)。
出遅れて流れに乗れず、差し届かなかった。
スタミナは問題ないので、まずはスタートを決めたい。



6番メロディーレーン
父オルフェーヴル
母メーヴェ
(Motivator)
栗東・森田  
中9週
牝6 鹿
岩田望 56.0K
27戦4勝 [4-0-3-20]

重賞で馬券内に来ておらず、厳しい。



7番テーオーロイヤル
父リオンディーズ
母メイショウオウヒ
(マンハッタンカフェ)
栗東・岡田  
中9週
牡4 鹿
菱田 58.0K
9戦5勝 [5-0-1-3]

4連勝中。
前走のダイヤモンドステークスも完勝だった。
そこから斤量が4K増えて、相手が一気に強くなるのに対応できるかどうか。



8番クレッシェンドラヴ
父ステイゴールド
母ハイアーラヴ
(Sadler's Wells)
美浦・林  
中4週
牡8 鹿
内田博 58.0K
29戦7勝 [7-4-2-16]

関西への長距離輸送は、昨年の大阪杯で大敗している。
更に、2020年の七夕賞以来、馬券内に来ていない。
前走の日経賞で先行して見せ場を作り、復活の兆しを見せたように思えるが。。。。



9番ヒートオンビート
父キングカメハメハ
母マルセリーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
中4週
牡5 鹿
池添 58.0K
18戦4勝 [4-7-3-4]

ここ5戦の重賞で、4度馬券内に来ている。
勝ち切れない反面、どんな条件でも上位に来ており、今回も善戦しそうだ。



10番トーセンカンビーナ
父ディープインパクト
母カンビーナ
(Hawk Wing)
美浦・加藤征  
中5週
牡6 鹿
藤岡康 58.0K
22戦4勝 [4-4-2-12]

この馬もよく出遅れている旨。
ただ長距離適正はあり、一昨年の当レースでも5着(0.7差)に来ている。
乗り替わりもプラスで、ある程度の位置を取れればチャンスがありそうだ。



11番マイネルファンロン
父ステイゴールド
母マイネテレジア
(ロージズインメイ)
美浦・手塚  
中13週
牡7 青鹿
松岡 58.0K
34戦5勝 [5-5-3-21]

前走のAJCC杯で2着(0.2差)。
昨年から今年にかけての好走は全て8枠からのもので、外をスムーズに進められるかどうかがカギ。
この枠では厳しそうだ。



12番ハヤヤッコ
父キングカメハメハ
母マシュマロ
(クロフネ)
美浦・国枝  
中4週
牡6 白
武豊 58.0K
27戦5勝 [5-4-3-15]

芝の勝利は新馬戦でのもののみ。
厳しい。



13番ロバートソンキー
父ルーラーシップ
母トウカイメガミ
(サンデーサイレンス)
美浦・林  
中4週
牡5 鹿
伊藤 58.0K
8戦3勝 [3-1-2-2]

まだ3勝クラスの馬。
4走前の菊花賞で、出遅れながら6着(1.1差)に来ているが、厳しいだろう。



14番ヴァルコス
父ノヴェリスト
母ランズエッジ
(ダンスインザダーク)
栗東・友道  
中9週
牡5 鹿
三浦 58.0K
12戦2勝 [2-2-0-8]

古馬になって馬券内に来たことが一度もない。
厳しい。



15番タガノディアマンテ
父オルフェーヴル
母タガノレヴェントン
(キングカメハメハ)
栗東・鮫島  
中10週
牡6 栗
幸 58.0K
16戦2勝 [2-3-1-10]

叩き2戦目となった前走の京都記念で2着(0.2差)。
もともと3歳ではクラシック路線を歩んでいた馬で、調子が戻って来たよう。
まだディープボンドら上位人気馬と戦っていない未知の魅力が有り、今回も先行できれば面白い存在。



16番タイトルホルダー
父ドゥラメンテ
母メーヴェ
(Motivator)
美浦・栗田  
中4週
牡4 鹿
横山和 58.0K
10戦4勝 [4-2-0-4]

前走の日経賞を逃げ切り勝ち。
この舞台は昨年の菊花賞で勝利しており、今回も自分の競馬ができれば再度の好走が有るだろう。
その時のように離して逃げたい。



17番シルヴァーソニック
父オルフェーヴル
母エアトゥーレ
(トニービン)
栗東・池江  
中5週
牡6 芦
川田 58.0K
18戦4勝 [4-3-6-5]

前走の阪神大賞典で3着(0.4差)。
上位2頭には離されたものの、オープンクラスで3連続3着になり、堅実さを発揮した。
今回も前に行って粘り込みたい。



18番ディープボンド
父キズナ
母ゼフィランサス
(キングヘイロー)
栗東・大久保  
中5週
牡5 青鹿
和田竜 58.0K
16戦5勝 [5-3-1-7]

前走の阪神大賞典で連覇を達成。
このメンバーでは実績上位だし、昨年の当レースでも2着(0.1差)。
勝ち負けだろう。



01_320x100
【最終結論】
◎はタガノディアマンテ(単勝34.6倍・10番人気)
先行しそうな馬が少ない今回、当馬がタイトルホルダーの番手を取れそう。
競り合う確率も低そうなので、そのままの粘り込みが見込めそうだ。
かつて3歳クラシックの最終戦では、2周目の3コーナー前から一気に捲って善戦していたようにスタミナ豊富な馬。
昨年よりも前が楽になりそうな今回、注目すべき存在だ!



▲はクレッシェンドラヴ(単勝79.7倍・16番人気)
長く不振が続いていたが、今年の2戦は先行して見せ場を作っており、立ち直りかけているとみてよいだろう。
そして今回、鬼門の関西遠征を克服するため、2頭出しという策を取ってきた陣営。
これが実れば、今回も前に行って見せ場、あるいはそれ以上があるだろう。
雨も大いにプラスなので、ドンドン降って欲しい!



〇はタイトルホルダー
枠が外となったが、それでも自分の競馬をするだろう。
後は自分との戦いだ。



以下、
実績最上位のディープボンド、58Kの経験があるトーセンカンビーナ善戦マンのシルヴァーソニック、うまく外に出せれば差しが決まるかもしれないマイネルファンロンを抑える。



◎タガノディアマンテ
▲クレッシェンドラヴ
〇タイトルホルダー
△ディープボンド
△トーセンカンビーナ
△シルヴァーソニック
△マイネルファンロン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ