ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR:今波がキテル無料予想
ユニコーンS無料公開
会場OK!平場OK!重賞OK!
勢い止まらぬ無料予想です◎
━━━━━━━━━━━━━━
【無料予想】八王子特別
着順:16-10-2/ワイド17.9倍×1,200円
払戻:21,480円/回収率:448%
【無料予想】桑名S
着順:11-10-2/3連複25.9倍×500円
払戻:12,950円/回収率:259%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
直近の無料予想:回収率
6/05 東京5R:290%・5/30 中京4R:153%
5/29 中京7R:215%→(買い目画像
重賞も強いんです
京王杯SC →83,700円/回収率1674%
オーシャンS→93,250円/回収率1865%
谷川岳S:148%・サンシャインS:413%
中山GJ:193%・日経賞:163%
スプリングS:255%・壇ノ浦S:238%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
的中率オッケー!時に高配当あり!
5千円投資が8~9万円に変わるのでやめられません!
→ユニコーンSの無料予想
昨年から追いかけてますがココは本当にオススメ!
人気薄馬選びも秀逸です◎




今週はユニコーンステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ブラックアーメット
▲ティアップリオン



【レース展望】
JRAでの3歳ダート重賞となる、ユニコーンステークス。
昨年デビューした馬にとって、待望の舞台だ。
そのため、毎年ハイレベルのメンバーが揃い、上位馬のその後の活躍がめざましい
過去5年で馬券内に来た馬を見ると、カフェファラオ・ケンシンコウ・ワイドファラオ・ルヴァンスレーヴ・サンライズノヴァ・ゴールドドリームが、その後重賞を勝利している。


ダート短距離向きの馬が混じって出走することが多く、毎年ペースが流れる。
そのため、差し馬が上位に来ることが多い。
4コーナーで5番手以下だった馬が9頭
基本は差し馬を狙いたい


血統的には、フェブラリーステークスと同様に、
ゴールドアリュールの血を持つ馬の成績が優秀。
また、直線の長いコースで行われる為、ヴァイスリージェント系の血を持つ馬も有効だ。


まとめると、「差し馬の、ゴールドアリュールの血・ヴァイスリージェント系の血を持つ馬」を狙いたい。
fuchu_dart_1600



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ゲンパチフォルツァ
父ヘニーヒューズ
母アイラブリリ
(ストラヴィンスキー)
美浦・堀井  
中4週
牡3 鹿
木幡巧 56.0K
6戦3勝 [3-0-1-2]

前走で、今回と同舞台のオープンを勝利。
その実績は心強い一方、今回は先行馬が多い。
前走のように番手からスムーズに抜け出せることができるかどうか。



2番スマッシャー
父マジェスティックウォリアー
母スマッシュ
(キングカメハメハ)
栗東・吉岡  
中6週
牡3 鹿
坂井 56.0K
7戦2勝 [2-2-1-2]

2戦目からダートに転戦したが、ダ1400までしか経験がない。
距離延長に対応できるかどうか。



3番ティアップリオン
父リオンディーズ
母ティアップレーヴ
(クロフネ)
美浦・奥平  
中4週
牡3 芦
内田博* 56.0
5戦2勝 [2-0-0-3]

前走、今回と同舞台のオープンで4着(0.5差)。
出遅れたが、上がり最速の末脚を使っていた。
今回、ペースが流れそうなのはプラスだ。



4番ラペルーズ
父ペルーサ
母ハットシテグー
(エンパイアメーカー)
美浦・藤沢和  
中4週
牡3 鹿
ルメール 56.0K
7戦4勝 [4-1-0-2]

前走のオープンで大敗。
ホッカイドウ競馬時代から3連勝していたが、案外な結果となった。
近走連続して出遅れており、今回も半信半疑。



5番イグナイター
父エスポワールシチー
母ビアンコ
(ウォーニング)
地方・福永敏  
中6週
牡3 鹿
武藤* 56.0K
4戦1勝 [1-1-0-2]

南関東所属だが、新馬戦で圧勝したのはこの舞台。
スピードについて行く事が出来れば上位に来てもおかしくない。



6番クリーンスレイト
父ディスクリートキャット
母ニューチャプターII
(A.P. Indy)
美浦・久保田  
中5週
牡3 栗
田辺 56.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

休み明けの前走、今回と同舞台で豪快に差し切り勝ち。
今回もペースが流れそうなので、叩き2戦目の上積みと合わせて再度上位争いできそうだ。



7番ケイアイロベージ
父ヘニーヒューズ
母ケイアイベローナ
(クロフネ)
栗東・野中  
中7週
セ3 芦
三浦 56.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

クインズサターンの弟で、連勝中。
今回は初の1ターン競馬への対応がカギだ。



8番サンライズウルス
父ヘニーヒューズ
母アルーシュ
(チチカステナンゴ)
栗東・安田翔  
中3週
牡3 鹿
藤井勘 56.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のダ1400を追い込んで、勝利。
この馬も初の1600に対応できるかどうか。



9番ブラックアーメット
父ブラックタイド
母カチューシャ
(ケイムホーム)
栗東・角田  
中4週
牡3 黒鹿
津村 56.0K
8戦2勝 [2-0-3-3]

前走、今回と同舞台のオープンで3着(0.3差)。
人気薄だったが、距離延長がプラスに出たよう。
母も古馬になって東京ダの1ターンを2勝しており、この舞台が合っている可能性が有る。



10番プロバーティオ
父トランセンド
母オナーリーブ
(ダンスインザダーク)
美浦・田中剛  
中4週
牡3 鹿
Mデムーロ 56.0K
7戦2勝 [2-1-0-4]

2走前のオープンで逃げて2着(0.2差)したが、前走は逃げて失速。
今回も同型馬が何頭かいるので、厳しそう。



11番ヴィゴーレ
父キズナ
母ヴァイセフラウ
(キングカメハメハ)
栗東・松永幹  
中5週
牡3 芦
丸山 56.0K
9戦2勝 [2-0-1-6]

初ダート。
血統からこなしてもおかしくないが、ここ2戦の芝でのレースが見どころなく、厳しそう。



12番ローウェル
父キズナ
母アンティフォナ
(Songandaprayer)
栗東・斉藤崇  
中7週
牡3 黒鹿
団野 56.0K
4戦2勝 [2-0-1-1]

先行して好走中だが、今回は距離延長に加えて同型馬が何頭もいる。
厳しいだろう。



13番ピンクカメハメハ
父リオンディーズ
母タバサトウショウ
(ダンシングブレーヴ)
栗東・森  
中11週
牡3 鹿
北村宏* 56.0
8戦2勝 [2-0-0-6]

今回がドバイからの帰国初戦。
前走のUAEダービーで完敗しており、厳しそうだ。



14番カレンロマチェンコ
父マクフィ
母カレンステイシー
(アドマイヤジャパン)
栗東・高柳大  
中13週
牡3 鹿
松若 56.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

逃げて連勝中。
今回は同型馬との兼ね合いと、距離延長への対応がカギ。



15番サヴァ
父アイルハヴアナザー
母ダイワバーガンディ
(ブライアンズタイム)
栗東・上村  
中11週
牡3 黒鹿
石川 56.0K
6戦2勝 [2-0-0-4]

オープンに昇格して2戦し、いずれも完敗。
厳しい。



16番ルーチェドーロ
父マクフィ
母アラフネ
(クロフネ)
美浦・高橋裕  
中6週
牡3 栗
戸崎圭 56.0K
7戦2勝 [2-1-1-3]

3走前の全日本2歳優駿での3着(1.8差)を含め、ダートでは掲示板外が1度のみ。
どんな舞台でも安定して走っており、今回も中心視すべき。



01_320x100

【最終結論】

◎はブラックアーメット(単勝23.1倍・11番人気)
ここ5年、当レースと同舞台の青竜ステークス組が馬券内に来ている。
今年も青竜ステークス組を狙いたいが、上がり2位の末脚を使って3着(0.3差)に好走。
今回、先行争いが激しくなりそうで、前走よりも展開が向きそう。
乗り替わりは微妙だが、その分人気が抑えられているならば買い時だ!



▲はティアップリオン(単勝25.6倍・12番人気)
同じく青竜ステークス組から、4着(0.5差)だった馬を穴に。
一時、ブラックアーメットより人気していたが、前走で上がり最速の末脚を使っていたからだろう。
出遅れ癖と内枠が不安なので印を落としたが、継続騎乗は強み。



〇はルーチェドーロ
条件を問わず安定して走っている。
揉まれづらい大外枠もプラスだろう。



以下、最内枠は大幅マイナスだが青竜ステークスを勝利した
ゲンパチフォルツァ展開が向きそうな差し馬のクリーンスレイトケイアイロベージサンライズウルスを抑える。



◎ブラックアーメット
▲ティアップリオン
〇ルーチェドーロ
△ゲンパチフォルツァ
△クリーンスレイト
△ケイアイロベージ
△サンライズウルス



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR:桑園特別・無料公開
ホンコンJCT・270%的中
5月好調!6月も好発進です◎
━━━━━━━━━━━━━━
[無料予想]ホンコンJCT
着順:2-5-10/2-1-5人気
ワイド1.5/4.5倍 5,000円投資
獲得額:13,500円/回収率:270%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
[無料予想]5月も好調でした
□調布時別 5,000円→9,400円
□早苗賞  5,000円→8,100円
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
重賞メイン前の8~10レースを無料公開◎
エプソムC前の軍資金稼ぎや前半の負けの取り戻し…
ちょうどお金が欲しいレース順なので是非ご利用ください!
→桑園特別の無料予想
↑ここからレース前夜買い目チェック◎
無料予想に慣れてきたら
20~30万稼げる『ツクヨミ』もオススメです!




今週はエプソムカップ予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎レッ
▲ブラ



【レース展望】
G1シーズンが終わって夏競馬の開幕を感じさせるレースのエプソムカップ。
開幕終盤の東京芝で行われる為、スピードよりもパワーが必要となるケースが多い。
通常とは異なる適性が求められることが多いため、よく荒れる。
過去5年で馬券内に来た15頭中、5番人気以下の馬が9頭
毎年人気薄の馬が馬券内に来ている。


ペースに寄って脚質の有利不利は変わるが、馬場が荒れているケースが多いためか、差し馬が差し切れずに先行有利な場合が多い。
4コーナーで4番手以内だった馬が9頭
基本は先行馬を狙いたい
また、今年はパンパンの良馬場でのレースとなりそうなので、速い上りの脚も必要そう。


血統的には、タフ馬場で強いステイゴールド系産駒の他、ロベルトの血を持つ馬が目立つ。
Cコースでの開催の最終週、今年もスピードに加えてタフさが求められるだろう。


まとめると、「人気薄で先行脚質の、ステイゴールド系産駒・ロベルトの血を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番プレシャスブルー
父ディープインパクト
母オンワードミシェル
(アンバーシャダイ)
美浦・相沢  
中7週
牡7 鹿
柴田善 56.0K
34戦5勝 [5-5-3-21]

前走のオープン戦は、久々で減っていた馬体が回復していたせいもあって2着(1.8差)に健闘。
馬体が維持~増加していれば再度の好走が期待できる。
直前まで見極めたい。



2番マイラプソディ
父ハーツクライ
母テディーズプロミス
(Salt Lake)
栗東・友道  
中3週
牡4 青鹿
武豊 56.0K
9戦3勝 [3-1-0-5]

3歳になって馬券外が続いていたが、前走のオープンで久々に2着(0.1差)。
ただ勝ち馬は、3年前の重賞で3着が最高。
低レベルなレースで勝ち切れなかったので、今回も厳しそう。



3番ヴェロックス
父ジャスタウェイ
母セルキス
(Monsun)
栗東・中内田  
中20週
牡5 鹿
浜中 57.0K
13戦3勝 [3-3-3-4]

古馬になって順調さを欠き、成績もイマイチ。
にもかかわらず人気を背負い続けており、非常に買いづらくなっている。
厳しい。



4番セダブリランテス
父ディープブリランテ
母シルクユニバーサル
(ブライアンズタイム)
美浦・手塚  
中10週
牡7 鹿
石川 56.0K
8戦5勝 [5-0-1-2]

屈腱炎明けで1年3ヶ月ぶりとなった前走のオープンを6着(0.4差)。
休み前は、4走前の中山金杯を勝利したり、2走前のオープンでウインイクシードらを下している。
叩き2戦目の上積みに加え、力が残ってればここでは力上位だ。



5番エアアルマス
父マジェスティックウォリアー
母Nokaze
(エンパイアメーカー)
栗東・池添学  
中3週
牡6 鹿
三浦 58.0K
20戦7勝 [7-3-1-9]

久々の芝となった前走の京王杯スプリングカップで10着(0.6差)。
2年前の準オープンでの芝レースでも5着(0.4差)止まりで、芝のスピードに対応できていないよう。
厳しい。



6番ヒュミドール
父オルフェーヴル
母アヴェクトワ
(チチカステナンゴ)
美浦・小手川  
中4週
セ5 鹿
吉田豊 56.0K
18戦4勝 [4-0-0-14]

2走前の日経賞で3コーナーの不利が有りながら4着(0.6差)に健闘。
追い込みがハマれば突き抜ける末脚は持っている。
展開と馬場が合うかどうかだ。



7番ファルコニア
父ディープインパクト
母カンビーナ
(Hawk Wing)
栗東・高野  
中8週
牡4 鹿
川田 56.0K
10戦4勝 [4-3-1-2]

条件戦を連勝して、3歳以来の重賞挑戦。
昨年の京都新聞杯では3着(0.3差)に健闘していた。
相手が更に強くなるが、それなりにやれそうだ。



8番アルジャンナ
父ディープインパクト
母コンドコマンド
(Tiz Wonderful)
栗東・池江  
中6週
牡4 鹿
ルメール 56.0K
7戦1勝 [1-3-1-2]

前走のマイラーズカップで2着(0.2差)。
叩き2戦目で前進を見せた。
この舞台では東スポ杯2歳ステークスで2着(0.8差)があり、今回も末脚を活かすことができそうだ。



9番ヤシャマル
父キズナ
母シャインプレジャー
(アグネスデジタル)
美浦・尾形  
中5週
牡4 黒鹿
木幡巧 56.0K
14戦4勝 [4-4-3-3]

3連勝でオープン入り。
掲示板外が1度のみという堅実派だ。
ただ、前走下した相手はそれほど強くなく、一気に相手が上がる粉期は厳しそうだ。



10番ワンダープチュック
父ハーツクライ
母ウイングドキャット
(Storm Cat)
栗東・河内  
中2週
牡7 黒鹿
田辺 56.0K
34戦5勝 [5-7-2-20]

昨年9月にオープン入りしたが、その後3戦して掲示板がやっと。
出遅れる事も多く、厳しい。



11番ニシノデイジー
父ハービンジャー
母ニシノヒナギク
(アグネスタキオン)
美浦・高木  
中4週
牡5 鹿
江田照 56.0K
16戦3勝 [3-1-1-11]

3歳以降、馬券内が無い。
厳しい。



12番ミラアイトーン
父Lonhro
母タイタンクイーン
(Tiznow)
美浦・菊沢  
中4週
牡7 青鹿
菊沢 56.0K
21戦6勝 [6-1-5-9]

血統などが地味で人気にならないタイプだが、大崩れなく走っている。
馬場が悪いと良績が無いので、パンパンの良馬場が理想。
そういう訳で、本日の馬場状態は合いそう。



13番サトノフラッグ
父ディープインパクト
母バラダセール
(Not For Sale)
美浦・国枝  
中12週
牡4 鹿
戸崎圭 56.0K
10戦3勝 [3-1-1-5]

古馬になって2戦し、いずれも掲示板外。
3歳以降、自身が上がり最速の末脚をマークした時が35~36秒で、末脚がキレない。
速い上りの必要な東京芝では、厳しい。



14番ガロアクリーク
父キンシャサノキセキ
母ゴールドレリック
(Kingmambo)
美浦・上原  
中3週
牡4 鹿
野中 56.0K
9戦2勝 [2-0-3-4]

前走を競走除外となり、一頓挫明けの一戦となる。
順調さを欠いた事に加えて、スプリングステークス以降3着が最高という状況。
厳しそうだ。



15番ザダル
父トーセンラー
母シーザシー
(Lemon Drop Kid)
美浦・大竹  
中34週
牡5 栗
石橋脩 56.0K
9戦4勝 [4-0-2-3]

1ターンの芝1800で3戦続けて崩れずに走っている。
道悪に良績が無いので、パンパンの良馬場が希望だ。
この馬にも、本日の馬場は良い。



16番シュリ
父ハーツクライ
母エーゲリア
(Giant's Causeway)
栗東・池江  
中4週
牡5 黒鹿
Mデムーロ 57.0K
10戦6勝 [6-1-0-3]

前走のオープンを逃げ切ったが、2走前の京都金杯では5着(0.3差)止まり。
また、古馬になって上がり最速のレースが一度のみで、その時でも35秒台。
先行力を活かしたい。



17番アドマイヤビルゴ
父ディープインパクト
母イルーシヴウェーヴ
(Elusive City)
栗東・友道  
中9週
牡4 鹿
岩田望 56.0K
7戦4勝 [4-0-0-3]

毎レース、セリ価格や血統で人気を背負っているが、馬体の成長が無い上、未だ重賞未勝利。
ただようやく人気から解放されている今回は、面白い存在。



18番アトミックフォース
父ワークフォース
母タックスシェルター
(フジキセキ)
美浦・武藤  
中2週
牡5 鹿
武藤 56.0K
20戦4勝 [4-4-1-11]

前走のオープンで3着(0.2差)。
近3走を見ると大きく崩れは無いが勝ち切れず、相手が更に強化される今回は厳しそう。
前に行けるのは強みだが。。。。




01_320x100

【最終結論】

◎はシュリ(単勝8.4倍・4番人気)
人気が割れ過ぎているオッズの中、先行して速い上りを使えそうな馬をピックアップ。
中でもこの馬は、外枠を引いて馬場の良い所をスムーズに進められそう。
重賞も二度目ならば慣れが見込めるし、同厩舎の二頭だしの人気薄。
チャンスはこちらに有りそう!



▲はアドマイヤビルゴ(単勝16.3倍・9番人気)
色々話題の多い馬だが、人気から解放されてようやく力を出せそう。
鞍上もそろそろ重賞を勝ってもおかしくないし、シュリ同様に外枠からスムーズに行けそうなのが良い。
こちらは同厩舎の二頭出しで人気している方だが、好条件が揃っているのはこっち!



〇はザダル
関東圏での競馬で、良馬場が叶いそうなのは何より。
馬場が荒れている中、外枠を引いたのもプラスだ。



以下、
近走で速い上りを使っているアルジャンナ状態が戻っていれば力は上のセダブリランテス外から先行できそうなアトミックフォースミラアイトーンを抑える。



◎シュリ
▲アドマイヤビルゴ
〇ザダル
△アルジャンナ
△セダブリランテス
△アトミックフォース
△ミラアイトーン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



掲示板=全推奨馬、東京優駿3連単!
やはりやってくれましたね!
1,2着大接戦&3,4,5着も僅差
そんな日本ダービーを5頭的中 3連単58980円
――――――――――

無料公開/東京優駿
1着シャフリヤール  指数5位
2着エフフォーリア  指数3位
3着ステラヴェローチェ指数6位
9番人気をしっかり推奨
4着グレートマジシャン指数2位
5着サトノレイナス  指数1位
全て推奨6位内で決着!
――――――――――
こういう9番人気を6位推奨
配当あがる1頭、こういうのが買い!なんです!
やはりG1はココですね
フェブラリーS2021
2着エアスピネル   9人気→5位推奨
3着ワンダーリーデル 8人気→3位推奨
高松宮記念、天皇春、NHKマイルCなど2月から好調
――――――――――
そして今週末は【安田記念】
安田記念は連続3連単的中!
2020指数6→1→2位
2019指数5→2→2位
今年も当日無料公開あり!
安田記念2021予想
↑からメール登録しておき、PC、スマホでチェックしてみてください。
30日3連単率60%超えてるので他無料公開レースもくまなく覗いてみてください。




今週は安田記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎シュネルマイスター
▲カテドラル



【レース展望】
日本ダービーが終了して今週から夏競馬が始まる中、東京競馬場5週連続G1のトリを飾る安田記念。
このレースはペースが速くなりやすく、それでいて直線が長い中での底力勝負になるため、他競馬場でのマイル戦とは異なる適性が求められる。


「ペースが速く底力勝負」となると、先行して好走するのは難しい場合が多い。
実際、過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬は5頭(うちアエロリットとロゴタイプが2回)のみ
基本は差し・追い込み馬を狙いたい


血統的には、ディープインパクト産駒の他、ステイゴールドのようなスタミナ型サンデーサイレンス系やフランケル・ローエングリンといった欧州血統が目立つ。

単にスピードや瞬発力があるだけではなく、タフな馬場を乗り切るスタミナも必要だ。
春の東京競馬場の開催も終盤であることに加えて、今年は例年より梅雨入りが速くて馬場の痛みも例年以上。
加えて雨予報もあるし、いつも以上にタフさが求められるだろう。


まとめると、「差し馬の、ディープインパクト産駒・スタミナ型サンデーサイレンス産駒・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_1600



【出走全馬ワンポイント評価】
1番サリオス
父ハーツクライ
母サロミナ
(Lomitas)
美浦・堀  
中8週
牡4 栗
松山 58.0K
8戦4勝 [4-2-0-2]

前走の大阪杯で5着(1.1差)。
2度の着外はいずれも関西でのものだったため、地元に戻るのは好材料。
後は初の58Kと強敵相手がどうか。
馬場の悪い最内枠もマイナス。



2番ギベオン
父ディープインパクト
母コンテスティッド
(Ghostzapper)
栗東・藤原英  
中5週
牡6 鹿
西村淳 58.0K
19戦4勝 [4-2-0-13]

2走前の金鯱賞で大金星を挙げたが、前走のマイラーズカップで7着(0.4差)。
スピード勝負では分が悪そうで、雨等で時計がかからないと厳しそう。



3番ダイワキャグニー
父キングカメハメハ
母トリプレックス
(サンデーサイレンス)
美浦・菊沢  
中5週
セ7 黒鹿
石橋脩* 58.0
29戦8勝 [8-1-3-17]

前走のマイラーズカップで4着(0.2差)。
高速馬場で、かつ差して好走したのは収穫だった。
ただG1では実績が無く、厳しい。



4番カラテ
父トゥザグローリー
母レディーノパンチ
(フレンチデピュティ)
美浦・高橋祥  
中16週
牡5 黒鹿
菅原明 58.0K
23戦5勝 [5-0-0-18]

前走の東京新聞杯を含めて3連勝中。
ただその後、休養に入ってしまった。
鉄砲実績が無い分、割引が必要だろう。



5番グランアレグリア
父ディープインパクト
母タピッツフライ
(Tapit)
美浦・藤沢和  
中2週
牝5 鹿
ルメール 56.0K
12戦8勝 [8-1-1-2]

昨年の当レースの覇者。
前走のヴィクトリアマイルを楽勝し、強さに陰り無し。
後は春2戦した疲れが残っていないかどうか。
状態が普通ならば、勝ち負けできるだろう。



6番ダノンプレミアム
父ディープインパクト
母インディアナギャル
(Intikhab)
栗東・中内田  
中24週
牡6 青鹿
池添* 58.0K
14戦6勝 [6-2-1-5]

当レースでは2年連続で大敗している。
その一方、間隔を空けると走る馬。
今年初戦のフレッシュな状態が、過去2年とは異なる結果を生み出すかも。



7番ラウダシオン
父リアルインパクト
母アンティフォナ
(Songandaprayer)
栗東・斉藤崇  
中2週
牡4 鹿
Mデムーロ 58.0K
12戦5勝 [5-2-2-3]

前走の京王杯スプリングカップを勝利。
東京コースが合っているようだ。
今回は強敵相手となるが、コース相性はプラス。
後は外差し馬場の中で、先行してどこまでやれるか。



8番インディチャンプ
父ステイゴールド
母ウィルパワー
(キングカメハメハ)
栗東・音無  
中9週
牡6 鹿
福永 58.0K
20戦8勝 [8-2-5-5]

一昨年の当レースの覇者で、昨年の当レースで3着(0.5差)。
力が有る一方、久々の場合にデキ次第で凡走することが有るのと、一気の距離延長に対応できるかどうか。



9番トーラスジェミニ
父キングズベスト
母エリモエトワール
(マンハッタンカフェ)
美浦・小桧山  
中8週
戸崎圭* 58.0K
27戦7勝 [7-0-1-19]

G1では足りておらず、厳しい。



10番カデナ
父ディープインパクト
母フレンチリヴィエラ
(フレンチデピュティ)
栗東・中竹  
中8週
牡7 鹿
武豊 58.0K
30戦4勝 [4-3-3-20]

良績は直線の短いコースか、スローからの瞬発力勝負となった時に集中している。
真逆の適性を求められる今回は、厳しい。



11番ダノンキングリー
父ディープインパクト
母マイグッドネス
(Storm Cat)
美浦・萩原  
中30週
牡5 黒鹿
川田 58.0K
11戦5勝 [5-1-2-3]

昨年の当レースで7着(0.8差)。
その後の天皇賞・秋で大敗し、今回が今年初戦。
久々でも走る馬だが、厳しそうだ。



12番ケイデンスコール
父ロードカナロア
母インダクティ
(ハーツクライ)
栗東・安田隆  
中5週
牡5 鹿
岩田康 58.0K
17戦4勝 [4-3-0-10]

今年に入って重賞2勝2着1回と、完全に復調している。
今回は相手が更に強くなる上、久々の58K。
楽ではないが、勢いは侮れない。



13番シュネルマイスター
父Kingman
母セリエンホルデ
(Soldier Hollow)
美浦・手塚  
中3週
牡3 鹿
横山武* 54.0K
4戦3勝 [3-1-0-0]

前走のNHKマイルカップを勝利。
マイルに戻って良さが出たようだ。
今回は初の古馬との戦いとなるが、54Kを活かしてどこまでやれるか。
スムーズに競馬が出来そうな外枠はプラスだ。



14番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添学  
中8週
牡5 鹿
田辺 58.0K
16戦3勝 [3-3-1-9]

2走続けて重賞2着中。
かつてNHKマイルカップで3着(0.1差)に来ており、この舞台ではよく走っている。
重賞で勝ち切れていないが、好枠を引いたし、無欲の追い込みに徹すれば面白い存在。



01_320x100

【最終結論】

◎はシュネルマイスター(単勝8.5倍・4番人気)
今回のメンバーは、グランアレグリアと勝負付けが済んでいる馬が多い。
その上で逆転を狙うならば、未対戦の馬やプラスアルファが見込める馬を選ぶべきだろう。
この馬は、新馬戦以来の恵量(前走から-3K)と、好枠、そしてマイル実績が武器。
鞍上も先週の悔しさを晴らすために力を入れてくるだろうし、馬自身もフレッシュ。
前走の好時計勝ちの反動が無ければ、一発有りそうだ!



▲はカテドラル(単勝43.0倍・10番人気)
今年に入り、マイルで脚を溜めて鋭い末脚が使えるようになっている。
グランアレグリアを目掛けて皆がレースをする中、この馬はじっくり脚を溜めて進みそう。
そして直線、外に出して末脚を活かしそうだ。
漁夫の利を狙う競馬がハマる可能性があり、そうした競馬を実行しそうな鞍上も心強い。



〇はグランアレグリア
実績・実力は断然。
普通に走れば、普通に上位へ来るだろう。



以下、
前走で重賞勝ちしたケイデンスコールラウダシオン一昨年の覇者のインディチャンプ、時計のかかる馬場になれば浮上するギベオンを抑える。



◎シュネルマイスター
▲カテドラル
〇グランアレグリア
△ケイデンスコール
△ラウダシオン
△インディチャンプ
△ギベオン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



[PR]ダービー+葵S無料予想
ダービー3年連続的中を期待
今年の日本ダービーはどうなる?
12人気ロジャーバローズ1着の2019年
10人気ヴェルトライゼンデ3着の2020年
無料で的中なのはココだけです!
━━━━━━━━━━━━━━
日本ダービー2連勝中!
■日本ダービー2020
着順:5-12-6/1-2-10人気
3連複→1万2400円獲得!回収率:248%
■日本ダービー2019
着順:1-7-13/12-3-2人気
3連複→6万250円獲得!回収率:1205%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
先週オークスはソダシが伸び悩み
16人気ハギノピリナ3着でしたからね!
日本ダービーも人気薄が絡む確率は高い!?
実績充分なココの無料予想は頼りになります!
日本ダービー+葵Sの無料予想
↑こちらからレース前夜買い目チェック!
どんな人気薄馬入れるか?
今から目が離せません!




今週は日本ダービー(東京優駿)予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ステラヴェローチェ
▲ヴィクティファルス



【レース展望】
牡馬クラシック2冠目で日本競馬の最重要レースといえる、日本ダービー。
先週のオークスと同じく東京芝2400で行われるが、今週からコース替わりが発生するせいで枠順や立ち回りが非常に重要なレースだ。
3歳牡馬にとっては距離不安のある馬が少ないので、なおさら内枠が有利だ。
ただ昨日の芝のレースでは外差しが続出しており、例年とは異なる馬場になってそうな感じがする。


出走馬の前走は、皐月賞と別路線(トライアル+京都新聞杯)とで二分されるが、皐月賞組が強い
先週のオークス同様、クラシック王道路線を歩んでいる馬達は他の路線よりも能力上位なことが多い。
実際、過去5年で馬券内に来た15頭中、前走が皐月賞だった馬が12頭
うち皐月賞で3着以内だった馬が8頭だ。
ちなみに別路線組の3頭の成績を見ても、前走で勝利した馬が2頭、2着馬が1頭


血統的には、これもオークス同様に
ディープインパクト産駒とキングマンボ=キングカメハメハの血を持つ馬の成績が圧倒的。
東京芝2400は日本競馬における最重要舞台の1つで、生産者の多くはこの舞台で行われるレースを勝つための馬を作り出している。
よって、素直に王道血統を狙うべきだろう。


まとめると、「前走が皐月賞で好走した、ディープインパクト産駒・キングマンボ=キングカメハメハの血を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_2400



【出走全馬ワンポイント評価】
1番エフフォーリア
父エピファネイア
母ケイティーズハート
(ハーツクライ)
美浦・鹿戸  
中5週
牡3 鹿
横山武 57.0K
4戦4勝 [4-0-0-0]

皐月賞を含めて4連勝中。
前走も馬体を減らしながら2着に0.5差をつける完勝だった。
東京でも好走歴があり、速い上りを使う事も出来る。
絶好枠も得て、死角が見当たらない。



2番ヴィクティファルス
父ハーツクライ
母ヴィルジニア
(Galileo)
栗東・池添学  
中5週
牡3 鹿
池添 57.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

3走前の共同通信杯で2着(0.4差)。
今回のメンバーでは、エフフォーリアに一番肉薄している。
2走前にスプリングステークスを勝利したが、前走の皐月賞は9着(1.5差)に大敗。
2・3走前の反動が出たのかもしれない。
好枠を得ることができたし、立て直されていれば巻き返しが有るだろう。



3番タイムトゥヘヴン
父ロードカナロア
母キストゥヘヴン
(アドマイヤベガ)
美浦・戸田  
中2週
牡3 鹿
石橋脩* 57.0K
7戦1勝 [1-2-0-4]

前走のNHKマイルカップで6着(0.7差)。
2走前のニュージーランドトロフィーでも2着(0.9差)に離されており、厳しい。



4番レッドジェネシス
父ディープインパクト
母リュズキナ
(Storm Cat)
栗東・友道  
中2週
牡3 鹿
横山典 57.0K
7戦3勝 [3-0-2-2]

前走の京都新聞杯を勝利。
ただ下した馬達がルペルカーリアらで強くなく、相手が一気に強化される今回は厳しい。



5番ディープモンスター
父ディープインパクト
母シスタリーラヴ
(Bellamy Road)
栗東・池江  
中5週
牡3 青鹿
武豊 57.0K
5戦3勝 [3-1-0-1]

前走の皐月賞で7着(0.8差)。
前に付けられる脚が無く、常に後方から。
厳しい。



6番バジオウ
父ルーラーシップ
母フローレスダンサー
(ハービンジャー)
美浦・田中博  
中2週
牡3 鹿
大野* 57.0K
6戦2勝 [2-2-1-1]

前走のプリンシパルステークスを番手から快勝。
3走前はグレートマジシャンに完敗だったが、先行力が有るのは強み。
血統から距離延長も問題なさそうだし、好枠を活かしてうまく立ち回ることができれば面白い存在。



7番グラティアス
父ハーツクライ
母マラコスタムブラダ
(Lizard Island)
美浦・加藤征  
中5週
牡3 鹿
松山 57.0K
3戦2勝 [2-0-0-1]

前走の皐月賞で6着(0.7差)。
久々に加えて、スタートと4コーナーで不利がありながら、この着順でまとめたのは立派。
乗り替わりも問題ないし、巻き返しが有って良い。



8番ヨーホーレイク
父ディープインパクト
母クロウキャニオン
(フレンチデピュティ)
栗東・友道  
中5週
牡3 鹿
川田* 57.0K
5戦2勝 [2-1-1-1]

前走の皐月賞で5着(0.6差)。
5戦全てで上がり最速の末脚を使っている。
今回も着順はともかく、後方から差を詰めてきそうだ。



9番ラーゴム
父オルフェーヴル
母シュガーショック
(Candy Ride)
栗東・斉藤崇  
中5週
牡3 栗
浜中 57.0K
5戦2勝 [2-2-0-1]

前走の皐月賞で大敗。
ただ2走前のきさらぎ賞を勝利しており、4走前も東京にてオーソクレースとタイム差なしの2着に健闘している。
左回りに変わって、前進が有りそうだ。



10番シャフリヤール
父ディープインパクト
母ドバイマジェスティ
(Essence of Dubai)
栗東・藤原英  
中8週
牡3 黒鹿
福永 57.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

アルアインの弟。
2走前の共同通信杯では3着(0.4差)だったが、前走の毎日杯は勝ち切った。
再度の東上で、前進に期待。



11番ステラヴェローチェ
父バゴ
母オーマイベイビー
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中5週
牡3 黒鹿
吉田隼 57.0K
5戦2勝 [2-1-1-1]

前走の皐月賞で3着(0.5差)。
2走前の共同通信杯では5着(0.5差)だったが、しっかり巻き返してきた。
前走で好走した割には人気になっておらず、このままならば面白い存在になりそう。



12番ワンダフルタウン
父ルーラーシップ
母シーオブラブ
(ディープインパクト)
栗東・高橋忠  
中3週
牡3 鹿
和田竜 57.0K
5戦3勝 [3-1-1-0]

前走の青葉賞を勝利して重賞連勝中。
2走前にはラーゴムらを下しており、力は有る。
あとは再度の長距離輸送と、高速馬場の東京で早い決着に対応できるかどうか。



13番グレートマジシャン
父ディープインパクト
母ナイトマジック
(Sholokhov)
美浦・宮田  
中8週
牡3 青鹿
戸崎圭 57.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走の毎日杯でタイム差なしの2着。
2走前にバジオウらを下し、前走もシャフリヤールと接戦しており、力が有る。
地元戦になるのも良いし、まだエフフォーリアと対戦していない未知の魅力がポイントだ。



14番タイトルホルダー
父ドゥラメンテ
母メーヴェ
(Motivator)
美浦・栗田  
中5週
牡3 鹿
田辺 57.0K
5戦2勝 [2-2-0-1]

前走の皐月賞で2着(0.5差)。
2走前に弥生賞を勝利した力を見せた。
先行できるのは強みで、今回も展開利を活かして好走できそうだ。



15番アドマイヤハダル
父ロードカナロア
母スウェアトウショウ
(ディープインパクト)
栗東・大久保  
中5週
牡3 鹿
Mデムーロ 57.0K
5戦3勝 [3-0-0-2]

前走の皐月賞で4着(0.6差)。
直線で外に出したロスがあった。
2着とは0.1差、スムーズならば前進が有りそう。
先週G1を勝った鞍上ならば、乗り替わりも問題ないだろう。



16番サトノレイナス
父ディープインパクト
母バラダセール
(Not For Sale)
美浦・国枝  
中6週
牝3 鹿
ルメール 55.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

前走の桜花賞でタイム差なしの2着。
勝ったソダシに対し、こちらは4コーナー16番手から末脚を伸ばしていた。
地元戦となり、かつ直線の長い東京コースは合いそうだし、継続騎乗の鞍上も心強い。
あとは初の牡馬相手に通用するかどうか。



17番バスラットレオン
父キズナ
母バスラットアマル
(New Approach)
栗東・矢作  
中2週
牡3 鹿
藤岡佑 57.0K
8戦3勝 [3-0-2-3]

前走のNHKマイルカップは、スタート直後に落馬。
更に今回は大外枠、何が何でもハナを奪おうとするだろうけど、中距離実績が無く厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はステラヴェローチェ(単勝27.0倍・9番人気)
前走の皐月賞で3着に入り、過去好走していた馬の条件に合致。
にもかかわらず、別路線組の馬などよりも人気薄で、完全に人気の盲点となっている。
歴史は、皐月賞組の強さを証明しているのに。。。。
母父にディープインパクトを持って血統面も良いし、今年の外差し馬場ならば外枠もプラス。
2走前の共同通信杯でも、エフフォーリアより1K重い斤量で0.5差ならば、同斤の今回は差を詰めることができるはず。
オークスで敗退した鞍上+厩舎が、この馬で先週のリベンジを果たす!



▲はヴィクティファルス(単勝63.7倍・14番人気)
前走の皐月賞では大敗したが、4番人気に推されており力は有る。
今回、エフフォーリアの隣でマークしやすいし、好枠を引いてロスを減らす事が出来る。
後は最後の直線で外に出したいが、そこは勝負強い鞍上に任せれば大丈夫。
状態が戻っていれば、今回好勝負ができるはずだ!



〇はサトノレイナス
馬の力を考えるとエフフォーリアにするべきだが、鞍上が昨日不調だったのと、外差し馬場での最内枠が不利な条件になり得るため、この馬を〇とした。
牡馬相手の戦いは楽でないが、馬場を味方に外から差してこれそうだ。



以下、
実績ナンバーワンのエフフォーリア皐月賞上位のアドマイヤハダル、久々の毎日杯でも好走できたグレートマジシャン、好枠を活かして先行できそうなバジオウを抑える。



◎ステラヴェローチェ
▲ヴィクティファルス
〇サトノレイナス
△エフフォーリア
△アドマイヤハダル
△グレートマジシャン
△バジオウ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



ソダシは堅い?
オークスの攻略法を公開


2021年G1は8戦5勝!!
フェブラリーSでは指数上位で3連単101.710円も的中!!
◆オークス過去10年平均配当
単勝996円
馬連8983円
3連単101393円

今週東京競馬場は5週連続G1開催
第三弾は3歳牝馬二冠目のオークスです。
過去10年1番人気は7連対、桜花賞は3頭優勝していますがそれ以上に好成績なのは複勝率92%で7勝している上がり1位馬
桜花賞馬ソダシは新馬戦以外は1度も上がり1位の脚を使えていない馬なので絶対の信頼は置けません
そこでぜひチェックして欲しいのがうまとみらいとの馬コラボ指数

2021年G1はフェブラリーS、高松宮記念、桜花賞、天皇賞春、NHKマイルCが的中
先週ヴィクトリアマイルははずれてしまいましたが2週前は3重賞すべて的中
NHKマイルC 3連単21180円
新潟大賞典 3連単31340円
京都新聞杯 3連単4100円




さらに2月のフェブラリーSでは
1着カフェファラオ(指数5位)1番人気
2着エアスピネル(指数5位)9番人気
3着ワンダーリーデル(指数3位)8番人気
3連複24.940円的中
3連単101.710円的中
超高配当も的中でした!!

赤文字で指数よりも人気のない馬を狙い撃ち
速い上がりを使った事のある馬なら尚よし
これがオークスの攻略法といえるでしょう

今週のオークスもまずは赤文字指数の穴馬をチェックする事からおすすめ
ソダシを負かす穴馬をしっかりと狙い撃ちしましょう!

今週はオークス他36Rの指数を無料開放!!
今週赤文字指数で指名される穴はアノ馬!!

カンタン1分!メルアド登録はこちらから

登録に必要なのはメールアドレスのみ
名前も住所も必要ありません

※「ezweb」及び「icloud」は登録できない場合があるのでyahoo,gmailなどがおススメです



今週はオークス(優駿牝馬)予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ファインルージュ
▲アールドヴィーヴル



【レース展望】
牝馬クラシック2冠目のオークス(優駿牝馬)。
5月の東京開催で行われるGIの中で、枠順や立ち回りがほとんど問われないポテンシャル勝負となりやすいレースだ。
芝2400という舞台は3歳牝馬にとって過酷な舞台で、立ち回りが上手くても上位に好走するのは困難。力の無い馬は脱落し、力が有ったり長距離に対応できる馬が外を差して届くレースとなる。


出走馬の前走は、桜花賞と別路線(トライアル+忘れな草賞)とで二分されるが、桜花賞組が強い
クラシック王道路線を歩んでいる馬達は他の路線よりも能力上位なことが多い。
実際、過去5年で馬券内に来た15頭中、前走が桜花賞だった馬が8頭
うち桜花賞で3着以内だった馬が7頭だ。
ちなみに別路線組の7頭の成績を見ても、前走で勝利した馬が6頭


血統的には、
ディープインパクト産駒とキングマンボ=キングカメハメハの血を持つ馬の成績が圧倒的。
東京芝2400は日本競馬における最重要舞台の1つで、生産者の多くはこの舞台で行われるレースを勝つための馬を作り出している。
よって、素直に王道血統を狙うべきだろう。


まとめると、「前走が桜花賞で好走した、ディープインパクト産駒・キングマンボ=キングカメハメハの血を持つ馬」を狙いたい。

fuchu_turf_2400



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ククナ
父キングカメハメハ
母クルミナル
(ディープインパクト)
美浦・栗田  
中5週
牝3 黒鹿
横山武 55.0K
6戦1勝 [1-1-2-2]

前走の桜花賞で6着(0.7差)。
最後方ポツンしてレースに参加していない駄騎乗だったが、上がり2位の末脚を使うことができた。
乗り替わりは大歓迎だし、母は当レースで3着(0.2差)。
位置取りが改善されれば、巻き返しは十分可能だ。



2番スルーセブンシーズ
父ドリームジャーニー
母マイティースルー
(クロフネ)
美浦・尾関  
中7週
牝3 鹿
戸崎圭 55.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

前走の1勝クラスを快勝したが、馬体が大きく減った。
加えて、2着に下したスウィートブルームは、スイートピーステークスで4着(0.5差)止まり。
この馬も厳しいだろう。



3番パープルレディー
父ディープインパクト
母メリッサ
(ホワイトマズル)
美浦・奥村武  
中3週
牝3 鹿
田辺 55.0K
5戦2勝 [2-1-1-1]

2走前に今回と同舞台を勝利しているが、前走のフローラステークスは6着(0.7差)に完敗。
馬体の成長も無く、厳しい。



4番タガノパッション
父キングカメハメハ
母アドマイヤシルク
(シンボリクリスエス)
栗東・鮫島  
中2週
牝3 鹿
岩田康 55.0K
3戦2勝 [2-0-1-0]

前走でスイートピーステークスを快勝したが、2着に下したアラビアンナイトは1勝クラスを勝ち切れていない馬だった。
この馬も厳しそう。



5番クールキャット
父スクリーンヒーロー
母メジロトンキニーズ
(ダンスインザダーク)
美浦・奥村武  
中3週
牝3 青鹿
武豊 55.0K
5戦2勝 [2-0-0-3]

前走のフローラステークスを快勝するも、2走前のフラワーカップでは5着(0.3差)。
3走前のフェアリーステークスで大敗し、4走前のアルテミスステークスでも5着(0.6差)。
厳しそうだ。



6番ウインアグライア
父マツリダゴッホ
母ウインアルテミス
(Arch)
美浦・和田雄  
中3週
牝3 鹿
和田竜 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

良馬場でのスピード勝負では結果が出ていない。
前走のフローラステークスでも、最内をうまく立ち回って5着(0.6差)がやっと。
道悪にならないと、厳しい。



7番アカイトリノムスメ
父ディープインパクト
母アパパネ
(キングカメハメハ)
美浦・国枝  
中5週
牝3 黒鹿
ルメール 55.0K
5戦3勝 [3-0-0-2]

前走の桜花賞で4着(0.2差)。
4コーナーで位置を落としたが、直線で巻き返した。
鞍上も強化され、地元での一戦。
前進が有りそうだ。



8番ハギノピリナ
父キズナ
母ハギノアーク
(アドマイヤムーン)
栗東・高野  
中2週
牝3 青鹿
藤懸 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

前走の1勝クラスを勝利。
ただ、2着に下したハッピーオーサムは、前走の1勝クラスでニーナドレスに完敗。
この馬も厳しい。



9番ユーバーレーベン
父ゴールドシップ
母マイネテレジア
(ロージズインメイ)
美浦・手塚  
中3週
牝3 青鹿
Mデムーロ 55.0K
6戦1勝 [1-1-3-1]

前走のフローラステークスで3着(0.2差)。
2走前のフラワーカップと3走前の阪神ジュベナイルフィリーズでも3着に来ており、相手なりに走れる。
馬体が減り続けているのは心配だが、今回も有力だろう。



10番エンスージアズム
父ディープインパクト
母ゼラスキャット
(Storm Cat)
栗東・安田翔  
中5週
牝3 鹿
岩田望 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走の桜花賞で8着(0.9差)。
2走前のフラワーカップでも2着(0.2差)止まり。
再度の長距離輸送となり、小柄な当馬にはまず馬体重の維持が求められる。



11番ソダシ
父クロフネ
母ブチコ
(キングカメハメハ)
栗東・須貝  
中5週
牝3 白
吉田隼 55.0K
5戦5勝 [5-0-0-0]

前走で桜花賞を勝利し、5戦全勝とした。
世代内でトップの力を持っており、ここでも上位に来るだろう。
血統面や気性面から距離不安が言われているが、世代間のレースならば実力が適性を上回ることが多いので心配しなくて良さそう。



12番ミヤビハイディ
父エピファネイア
母ミヤビキラメキ
(ハーツクライ)
美浦・高橋文  
中5週
牝3 黒鹿
吉田豊 55.0K
5戦2勝 [2-0-1-2]

前走の1勝クラスを勝利。
ただ、2走前のクイーンカップでは大敗しており、気bしい。



13番ファインルージュ
父キズナ
母パシオンルージュ
(ボストンハーバー)
美浦・木村  
中5週
牝3 鹿
福永 55.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

前走の桜花賞で3着(0.1差)。
久々でも好走した。
激走と長距離輸送の反動が無ければ、今回も有力だ。



14番ストライプ
父ルーラーシップ
母グレイスフラワー
(ダイワメジャー)
美浦・尾形  
中5週
牝3 黒鹿
柴田善 55.0K
5戦2勝 [2-0-0-3]

前走の桜花賞で大敗。
厳しい。



15番アールドヴィーヴル
父キングカメハメハ
母イサベル
(ディープインパクト)
栗東・今野  
中5週
牝3 鹿
松山 55.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

前走の桜花賞で5着(0.7差)。
力はあるので、減り続けている馬体重だけが心配。
今回も長距離輸送があるので、、、、



16番ニーナドレス
父ハーツクライ
母サラトガ
(クロフネ)
栗東・友道  
中7週
牝3 鹿
藤岡康 55.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

サラトガスピリットの妹で、前走の1勝クラスを勝利。
ただ、2着に下したテーオーラフィットは、次走の忘れな草賞で大敗。
この馬も厳しいだろう。



17番スライリー
父オルフェーヴル
母ビジョナリー
(ディープインパクト)
美浦・相沢  
中3週
牝3 鹿
石川 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走のフローラステークスで2着(0.2差)。
2走前のクイーンカップでは10着(1.0差)で、この馬も桜花賞の上位陣と差がありそうだ。



18番ステラリア
父キズナ
母ポリネイター
(Motivator)
栗東・斉藤崇  
中5週
牝3 黒鹿
川田 55.0K
6戦2勝 [2-1-2-1]

前走の忘れな草賞を快勝。
ただ2走前のクイーンカップでは6着(0.3差)、桜花賞の上位陣とは差がありそうだ。



01_320x100

【最終結論】

◎はファインルージュ(単勝12.3倍・4番人気)
距離が延長されても相手が強化されても、変わらず上位に来る力を評価。
前走で魅せた上がり3位の末脚に加えて、馬群を割れる勝負根性も強み。
今回は地元の一戦で馬体重の心配も不要だし、鞍上も二度目ならば馬の特徴を掴んだ騎乗が出来そう。
そして天下のノーザンファーム+NF仕上げ。
前走の0.1差を逆転できるはず!



▲はアールドヴィーヴル(単勝38.4倍・9番人気)
当日の馬体重が最大のカギ。
プラマイゼロ~プラスであることが必須だ。
それがクリアされたと仮定すると、十分狙いが立つ。
今回出走する桜花賞1・3・4着馬が、インを廻ったり先行していたのに対し、この馬は大外から他馬と接触しながら最後まで伸びていた。
スムーズならば上位陣との差は縮まっていたはずで巻き返しが期待できるし、乗り替わりも歓迎だ!
もちろん、この馬もノーザンファーム生産馬。



〇はソダシ
同世代ならば、適性の差を能力の差で埋めることができる。
まだ負けていない当馬ならば、ここでも上位に来るだろう。



以下、
桜花賞上位組のククナアカイトリノムスメエンスージアズム、どんな相手でも上位に来るユーバーレーベンを抑える。



◎ファインルージュ
▲アールドヴィーヴル
〇ソダシ
△ククナ
△アカイトリノムスメ
△エンスージアズム
△ユーバーレーベン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60

↑このページのトップヘ