ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



今日の更新、第一弾!!
私の一口馬情報を掲載する。
この後に、大庭の騎乗予定を載せるつもりだ。



【レーツェル】
3:父マンハッタンカフェ、母ミスティークⅡ、母父Monsun
戦2勝(2-0-0-0)
獲得賞金:1,718万円


引き続き、NF空港で放牧中。
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本登坂しているよう。


軽めとはいえ、坂路調教ができるまで回復してきたようだ。
馬体重は499K(+25)。


秋前には復帰できるのかも?!
とりあえず、体調を完治させて戻って来て欲しい!!


ちなみに、前回紹介した、妹となるジョディー(父ダイワメジャー)は、6/2の新馬戦(東京芝1400)を快勝した。




【サンフレイム】
牝6:父キンシャサノキセキ、母ササファイヤー、母父Saint Ballado
59戦4勝(4-5-5-45)
獲得賞金:中央500万円、地方158万円

ここ最近、出走せず。
立て直されていれば良いが、、、、



【クロスパール】
牝2:父トーセンジョーダン、母ホールロッタラヴ、母父ネオユニヴァース
戦0勝(0-0-0-0)

6/22に勢司厩舎へ入厩した!!
今はゲート練習中のよう。

以下、調教師のコメントだ。


「入厩後の馬の様子を見ながら少しずつ乗り出し、ゲート練習も取り入れ始めました。
正直に言うと精神的な難しさを見せていて、人の指示に対して反抗するような仕草を見せます。
乗り手の扶助が利かず、ゲートへ入れようとするとバックしてしまうところがあるんです。
北海道では馬房にスンナリと入らないような神経質な一面を見せることがあって、牧場スタッフも丁寧に対応してくれてはいたものの、未だに人にコントロールされることに対して良くないリアクションをしてしまうところが残っているようです。
まずは馬と向き合い、信頼関係を築いていく必要があり、今日は私が曳いて落ち着かせ、教えるように対応しました。
今はまだ苦しくなっていない精神状態なので、追い込まれる前に約束事を理解してもらい、人とのコンタクトを少しでも取れるように持っていかなければいけないと考えています」


ちょっと不安が、、、、
ツイッターでも、懸念の呟きが出ている。

焦らず無事にデビューを迎えて欲しい!





こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!