ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




今日は、先日行われた京成盃グランドマイラーズの回顧を。


大記録の更新が間近に迫っていた、大井の的場騎手。
しかし、6/15の川崎で、落馬負傷、、、、

先日、最新の容体等が発表された。
大怪我だが、ご本人は大丈夫そう。
JDDと言わず、しっかり治して、また活躍を見たい!!






昨日の通り、今週は宝塚記念を予想するつもり。
その他の重賞は、競馬ブログランキングにて、ご覧いただきたい。


【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:△キングガンズラング(2-1-1-1)
2着:リアライズリンクス(4-4-4-4)4
3着:〇オメガヴェンデッタ(3-3-3-3)1 1/2


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
1.39.2(39.3):雨・不良
12.1-11.6-11.7-12.0-12.5-12.7-13.2-13.4
3ハロン通過:35.4・5ハロン通過:59.9


予想記事で書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン通過が2015年と同タイムだったが、5ハロン通過は最速だった。

2015年は、ソルテが圧勝した年。ちょうど彼の全盛期だった頃だ。
それを考えると、ソルテと同様に先行して完勝したキングガンズラングは、相当力をつけているようだ。
まだ4歳、今後が本当に楽しみ。無事にいってほしい!!





【レース分析】
スタート後、ウエイトアンドシーがハナへ行こうとするが、内からキングガンズラングも出ムチを入れて先行する。
その後からリアライズリンクス・オメガヴェンデッタが続く。
その後ろにムサシキングオーら。


1~2コーナーで、ウエイトアンドシーがハナを取りそうだったが、キングガンズラングもハナを譲らない。最終的に、2コーナー過ぎでキングガンズラングが先頭となった。
その後ろは、オメガヴェンデッタ・リアライズリンクス。
少し空いてムサシキングオー。その後ろも離れた。


3コーナー付近からウエイトアンドシーがキングガンズラングに並ぶが、
手応えはキングガンズラングが上。
その後ろ
の馬達も手が激しく動くが、上位との差が詰まらない。


直線、キングガンズラングが堂々と先頭へ。後続との差が開く。
そのまま、1着でフィニッシュ!!
その後ろからは、外からリアライズリンクスが2番手に上がってくる。
3番手争いは、外のオメガヴェンデッタと内のムサシキングオーだったが、僅かにオメガヴェンデッタが勝った。
ウエイトアンドシーは遅れて5着。



【上位馬・印上位馬 短評】
1着:キングガンズラング
[船橋]  牡4 鹿毛
父ストリートセンス 母ダイワデリカシー(バブルガムフェロー)
石崎駿 56K


前走より持ち時計を3秒近く詰めて、完勝
馬場も問わないし、脚質も幅ができた。
距離もマイル~1800まで融通が利くし、2000までも問題なさそう。
繰り返しだが、今後の活躍が本当に楽しみだ。
まずは無事いってほしい!!



2着:リアライズリンクス
[浦和]  牡8 栗毛
父ダイタクリーヴァ 母ブライティアイブン(マイネルラヴ)
左海誠 56K

長期休養明けだが、いきなり激走!
確かに昨年の当レースの覇者だし、不良馬場は5戦4勝という買い要素はあった。
ただ、馬体重-14Kもネガティブに見えたし、狙えなかった。
申し訳ございません、、、、




3着:〇オメガヴェンデッタ
[大井]  セ7 鹿毛
父ゼンノロブロイ 母ビハインドザマスク(ホワイトマズル)
真島大 56K


先行してそのまま粘り込む
今日の馬場は、内・先行有利だったので、外枠を引いた時点で不利だった。



4着:ムサシキングオー
[大井]  牡9 鹿毛
父キングヘイロー 母ラストアウィン(ラストタイクーン)
本田重 56K


マイルでは本当に安定して走る。
勝った馬は強かったが、この馬もよく走っている。
オメガヴェンデッタとはハナ差、今後もマイル戦では注目すべき。
ただ、左回りでは2着が最高なので、アタマで狙うのは大井が良さそう。



5着:◎ウェイトアンドシー
[浦和]  セ7 黒鹿毛
父オレハマッテルゼ 母レディージーニアス(エブロス)
今野忠 56K


ハナを切れなかった時点で勝負あり

相手が強かったし、この馬自身、前走の勝ち時計を詰めている。
次走以降も、ハナを切れそうならば引き続き狙えそう。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!