ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


まずは、昨日に引き続いて、中野騎手情報。
私は年度末の業務引継ぎなどで行けそうにないが、、、、 行ける方は、是非!!

先日、perfumeの新曲が発売となった!
無限未来 (初回限定盤 CD+DVD) [ Perfume ] だ。
映画「ちはやふる-結び-」の主題歌として使われている曲。

当然、初回限定盤を購入 

実は先日、とある用事で講談社本社へ行ったのだが、そこでも「ちはやふる-結び-」が大々的に宣伝されていた。
DSC_0057
DSC_0058

今回の曲は、荘厳でスケールが大きい。
そして、少ない歌詞にフューチャーベース、歌も少ない。

普通のJ-POPや流行歌とは違った、他の先を行っているこの曲が、どこまで世間に受け入れられるか、、、。
天才の言動は凡人たちの先を行ってる事が多いので、評価や判断が難しいが、私は彼女たちを信じて付いて行くつもりだ。




【過去5年の前走成績】

今回より、南関東重賞について、分析考察を深めるため、メニューを変えてみる。

まずは、過去5年で馬券内に来た15頭の前走を見る。
ステップレースのユングフラウ賞を経由した馬が10頭と、圧倒的に多い。
10頭の、ユングフラウ賞での成績は、(2-2-3-2-1)。
4着以上だった馬は、今回も有力。5着以下の巻き返しはかなり難しい。

なお、残りの5頭のうち、JRAの芝レースに挑戦したアステールネオを除くと、全馬勝利していた。
前走がユングフラウ賞以外の馬は、原則、勝利していることが絶対条件。



【展開・馬場考察】
内から好枠を活かしてアンジュキッスがハナ、その後にストロングハートやシングンレガシイらが続くだろう。エターナルモールは、外枠なのでハナは厳しいし、先行するのも大変そう。
絶好の最内枠に入ったプロミストリープは、2戦とも出足が悪かったので、好位を取れない恐れがある。


雨が続いているため、不良馬場。
昨日の最終レースで、同じダ1600があり、1.45.2(上がり40.0)だった。
4コーナーで1・2番手だった馬が、直線で入れ替わって1・2着。
3着は、4コーナー5番手だった。後述するが、桜花賞とほぼ同じ傾向だ。


【ステップレース参考】
当レースの前哨戦の回顧は、以下のとおり。
ユングフラウ賞2018回顧



過去5年のレースラップ】
逃げた馬が5年で4度馬券内に来ている。
それ以外でも、4コーナーで5番手以内に上がっていた馬が10頭。
先行するか、捲る脚が無ければ、厳しい。


参考:2017年:晴・稍重
1.42.8(41.0)
11.9-11.6-12.1-12.6-13.6-13.0-13.3-14.7
3ハロン通過:35.6・5ハロン通過:61.8

1着:スターインパルス(1-1-1-1)
2着:グラスサファイヤ(4-4-6-3)4
3着:シェアハッピー(8-8-7-8)1


参考:2016年:曇・良
1.41.9(38.3)
11.8-12.5-12.8-13.2-13.3-12.0-12.9-13.4
3ハロン通過:37.1・5ハロン通過:63.6

1着:モダンウーマン(3-3-3-2
2着:リンダリンダ(4-4-2-3)1
3着:タケショウメーカー(6-6-6-5)3


参考:2015年:晴・良
1.42.3(38.2)
12.8-11.7-13.1-13.3-13.2-12.4-13.2-12.6
3ハロン通過:37.6・5ハロン通過:64.1

1着:ララベル(2-2-2-2)
2着:トーコーヴィーナス(1-1-1-1)1/2
3着:アイスキャンドル(5-5-3-3)4


参考:2014年:曇・重
1.42.8(38.4)
12.8-12.2-13.1-13.2-13.1-12.0-12.9-13.5
3ハロン通過:38.1・5ハロン通過:64.4

1着:シャークファング(1-1-1-1)
2着:ブルーセレブ(9-9-8-5)2
3着:テイクユアチョイス(3-3-3-3)1/2


参考:2013年:晴・良
1.41.5(38.3)
12.4-11.9-12.5-13.1-13.2-12.1-12.6-13.7
3ハロン通過:36.8・5ハロン通過:63.1

1着:イチリュウ(1-1-1-1
2着:アステールネオ(2-2-2-2)2 1/2
3着:カイカヨソウ(6-5-4-4)5



前日オッズ
最後に、前日発売での上位人気馬は、こちら。

1 プロミストリープ:1.4
2 ストロングハート:8.6
3 グラヴィオーラ:11.0
4 シェーンリート:12.2
5 エターナルモール:12.4
6 ゴールドパテック:14.3
7 シングンレガシイ:15.4


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。





【出走全馬ワンポイント評価】
1番プロミストリープ
牝3・54K:父ヘニーヒューズ、母プロミストスパーク、母父フジキセキ
2戦2勝(2-0-0-0)
JRAでデビューし、連勝して今回転厩初戦。
絶好の最内枠を引いたので、後はスタートと浦和コースの対応が課題。


2番アンジュキッス
牝3・54K:父サウスヴィグラス、母ディープキッス、母父アグネスタキオン
8戦4勝(4-1-1-2)
南関東に転厩して3連勝中。テンの早さがあり、浦和の実績も有る。スタートを決めて逃げたい。


3番プリムラジュリアン
牝3・54K:父セイントアレックス、母バンローズ、母父ローエングリン
4戦1勝(1-0-0-3)
フレッシュチャレンジを勝った後はサッパリ。厳しい。


4番ストロングハート
牝3・54K:父サウスヴィグラス、母ファーストレディ、母父スマートボーイ
8戦3勝(3-2-2-1)
前走のユングフラウ賞は3着(0.8差)斤量が2K軽くなるが、2歳からの成長があまり感じられない。上位には来そうだが、、、、。


5番シングンレガシイ
牝3・54K:父タイムパラドックス、母リードスキー、母父マルゼンスキー
7戦3勝(3-2-0-2)
3走前の東京2歳優駿牝馬で4着(0.5差)。有力馬と力差は無いだろう。初の左回り・浦和コースの対応がカギか。


6番ゴールドパテック
牝3・54K:父ゴールドアリュール、母ウィルシャー、母父ブライアンズタイム
8戦4勝(4-0-2-2)
前走のユングフラウ賞は4着(0.3差)斤量が2K軽くなるし、浦和も2度目。もう少し良い位置が取れれば


7番グラヴィオーラ
牝3・54K:父サウスヴィグラス、母カクテルラウンジ、母父タニノギムレット
9戦3勝(3-3-1-2)
前走のユングフラウ賞は2着(0.3差)。この馬も今回、斤量が2K軽くなるし、機動力があるので有力。馬体重が維持~プラスだと、なお良い。


8番エターナルモール
牝3・54K:父エスポワールシチー、母キミモール、母父アフリート
6戦4勝(4-0-0-2)
前走のユングフラウ賞を鮮やかに逃げ切ったが、今回は外枠で逃げるのが困難。
また、前走で負かした馬と同斤になり、マイナス面が目立つ。


9番ハタノサンドリヨン
牝3・54K:父ヨハネスブルグ、母ハタノメドゥーサ、母父ダンスインザダーク
8戦3勝(3-2-1-2)
前走のユングフラウ賞は7着(1.8差)。今回も外枠の上、大敗から巻き返せるかどうか


10番ベニアカリ
牝3・54K:父タイムパラドックス、母リトルチュチュ、母父Exceed And Excel
17戦1勝(1-2-1-13)
完全に頭打ちの近況で、2走前のユングフラウ賞も6着(1.5差)。厳しい。


11番シェーンリート
牝3・54K:父ヘニーヒューズ、母ジュリエットソング、母父ディープインパクト
10戦3勝(3-1-2-4)
この馬も早熟な感がある。重賞では通用しておらず、2走前のユングフラウ賞も9着(1.9差)。厳しいだろう。



【最終結論】
◎はグラヴィオーラ
ここ2戦の結果を見ると、馬体こそ増えていないが、ホッカイドウ競馬時代から成長しているのがわかる。前走から好転する材料も多いし、不良馬場の実績も有る。
ちなみに昨日の黒船賞も、不良馬場をサウスヴィグラス産駒の
エイシンヴァラーが勝利した。


▲はアンジュキッス
前述の通り、当レースは逃げ馬が好成績を収めている。今年はこの馬がハナ候補、それだけで注目に値する。この馬もサウスヴィグラス産駒。



〇はプロミストリープ
JRAで500万下を勝利していれば、南関東クラシックでは力上位だろう。
ただ、スタートの悪さによって、絶好の最内枠が仇になる可能性も有る。



以下、ワンパンチ足りないが安定感はあるストロングハート、距離延長がプラスになりそうなゴールドパテック、先行するとしぶとそうなシングンレガシイ、大敗からの巻き返しを狙うハタノサンドリヨン抑える。


◎グラヴィオーラ
▲アンジュキッス
〇プロミストリープ
ストロングハート
ゴールドパテック
△シングンレガシイ
△ハタノサンドリヨン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!