ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




私は南関東中心に競馬を買っているのであまり影響無いが、先週~今週のJRA開催は、降雪の影響で4日開催となった。
土曜~火曜までJRAを行い、中3日の後、次の土曜・日曜がまたJRA開催。
馬も関係者も我々も、本当に大変だ。

昨今、様々な地域で雪が目立つ。特に日本海側は、豪雪となるケースが多い。
また、夏は台風等で豪雨が有る。

これを教訓に、今後、JRAは3日間開催を止めた方が良いと思うが、、、、。


【レース展望】
桜花賞の前哨戦として、今年も楽しみな馬が揃ったユングフラウ賞
過去5年、馬券内に来た15頭を見ると、4コーナーで5番手以内にいた馬が、12頭。
但し、逃げ切ったのは、2014年に断然の一番人気だったノットオーソリティのみ。
差しやマクリが決まっている為、機動力の有る馬を狙いたい。


また、前走着順だが、馬券内に来た15頭中、4着以下だった馬は6頭。
うち2頭はJRAでの出走だったので度外視。
残りの4頭も、2014年に2着だったシャークファングを除くと0.6差以内で走っていた。
大敗後の巻き返しは困難だ。


展開だが、逃げて重賞勝ちしたリンノストーンがハナか。或いは外からヨシノファルコンが行くかもしれない。その後に、ストロングハートらが続きそうだ。
ただ、冒頭に書いた通り、前
に行くだけでは辛いレース。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。






【出走全馬ワンポイント評価】
1番ピースフルジョイ
3走前のローレル賞で大敗。そして前走はレース取消と、順調に使えていない。厳しいだろう。


2番ポッドジゼル
2勝した後は見所無し。今回、瀧川がどういう騎乗をするか。内から差してくるならば面白そうだが、、、。


3番シェーンリート
レース取消→出走取消を重ねており、順調に使えていない。ここも厳しそう。


4番エターナルモール
前走は快勝だったが、2走前の東京2歳優駿牝馬では大敗。浦和を経験した事がどこまでプラスに働くか。


5番グラヴィオーラ
前走の東京2歳優駿牝馬は根性ある走りで勝ち切ったが、その時も馬体重減。今回、小柄な体に56Kを背負い、どこまで馬体が回復しているかがカギ。2走前に左回りで大敗しているのも気になる。


6番リンノストーン
2走前に平和賞を勝ったが、展開に恵まれた逃げ切りのよう。
前走の東京2歳優駿牝馬で大敗しており、ここも厳しい。



7番ストロングハート
安定した走りを続けている。大崩れは考えにくい。


8番クロスウィンド
ホッカイドウ競馬時代には重賞勝ちもある。展開が向きそうで、堅実な差し脚が活きそう。


9番ヨシノファルコン
ホッカイドウ競馬→佐賀と移籍し、今回が南関東初戦。特筆すべき成績は無く、厳しそう。


10番ベニアカリ
近走サッパリ。ここも厳しい。


11番ゴールドパテック
東京2歳優駿牝馬の回顧でも書いた通り、南関東出身の牝馬クラシック路線の安定株となりそうな馬。距離はもう少し欲しいが、1400での勝利もあるので対応可能だろう


12番ハタノサンドリヨン
ローレル賞の回顧でも書いた通り、内を捲れる馬。大外はマイナスのように見えるが、スタートの悪い当馬にとってはプラスになりそう。また、道中揉まれにくいのも良い。浦和経験も有る。



【最終結論】
◎はハタノサンドリヨン。差し馬勢の中で、一番プラス要素が多い馬。
追えば追うだけ良く伸びそうだし、中野ならば乗り代わりも問題なさそう。



▲はエターナルモール。内枠で差してこれそうな馬として、選択。浦和実績が有り、吉原が継続騎乗するのもプラス。


〇はストロングハート。上位人気馬の中では一番信頼度が有る。鞍上も森、問題ない。


以下、距離不足を克服出来れば上位争い可能なゴールドパテック差しに回れば一発が有りそうなポッドジゼル馬体が回復すれば地力はあるグラヴィオーラクロスウィンド抑える。


◎ハタノサンドリヨン
▲エターナルモール
〇ストロングハート
△ゴールドパテック
△ポッドジゼル
△グラヴィオーラ
△クロスウィンド


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!