こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




予想の前に、当面のブログ更新予定を。


(10/30:更新無し)
10/31:北海道2歳優駿の予想
11/1:ハイセイコー記念の予想
11/2:大庭和弥騎乗予定
11/2夜~11/3:JBC3レースの予想
11/3夜:10月の成績振り返り
11/4:レース回顧(ハイセイコー記念・JBC(レディスクラシック))
11/5:日曜中央競馬重賞予想
11/6:一口馬情報
11/7:ローレル賞の予想
11/8:ロジータ記念の予想
11/9:レース回顧(JBC(スプリント・クラシック))
11/10:大庭和弥騎乗予定
11/11:レース回顧(ローレル賞・ロジータ記念)
11/12:エリザベス女王杯予想


非常に慌ただしいが、ガンガン更新して、有益な情報を提供していく予定だ!!


【レース展望】
今日は天皇賞・秋を予想する。
東京競馬場は、昨今の雨に加えて今週も雨がかなり降っており、外枠有利な状況になっている。
また、水分を相当含んだタフな馬場になっているので、先週の菊花賞と同様に重馬場適性がカギ。重厚な競馬になりそうだ。

参考だが、過去5年を見ると、馬券内に来た馬は全て上がり1位の脚を使っていた。決め手上位の馬は軽視できない。この重い馬場でその傾向が続くかどうか、、、、


展開だが、ロードヴァンドールが逃げて、キタサンブラック・ネオリアリズムが番手に付けそう。ペースは上がらないだろうが、例年の傾向だと差し馬が有利。
内をなるべく通らずに進み、直線でスムーズに外に出して差してこれるか。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番サクラアンプルール
良馬場ならばこの枠は絶好だが、今の東京競馬場の馬場状態では最悪な枠。悪いところをずっと走らされそうで不発に終わりそう。また、この馬は立ち回り力を活かして一瞬の鋭い脚を使うタイプで、東京の長い直線は合わない。


2番サトノクラウン
上がりがかかる持久力勝負は望むところ。あとはこの枠からどうやって外に出すか。Mデムーロマジックに期待。


3番ネオリアリズム
乗り難しい馬で、最近好走した際の騎手は、ムーア・ルメール・モレイア。シュタルケは一枚落ちるのが厳しい。また、この馬は立ち回り力と持続力有るスピードを活かすタイプで、東京の長い直線は合わない。


4番リアルスティール
毎日王冠を勝ち、このレースを連勝した馬は少ない。昨年2着だったが、前走は安田記念だったので余力が有った。他にも、内枠・乗り代わり・道悪と、マイナス要素が多い。


5番ヤマカツエース
この馬も、立ち回り力を活かして一瞬の鋭い脚を使うタイプで、東京の長い直線は合わない。荒れた馬場をどこまで活かせるか。


6番ディサイファ
近走を見ると、さすがにピークを過ぎた感じ。ここも厳しい。


7番キタサンブラック
前走は案外だったが、前々走の激走疲れが出たか。今回はリフレッシュしたし、先行して馬場の良いところを通れるメリットがある。一方で、今年限りの引退が発表されたし、秋はまだ3戦有る。ここが目標とは言い難いので、隙は有る。


8番レインボーライン
スタミナを活かせるタフな馬場は、この馬にとって最高の舞台。札幌記念・菊花賞での好走を見ると、今回の条件はかなり良い。今年の凡走はいずれも言い訳できるものだし、一発あっておかしくない。


9番ソウルスターリング
前走の凡走は案外だったが、本レースは3歳牝馬が激走してきた。一変しておかしくないと思う一方、大敗後の牝馬は立ち直るのが難しい面も有る。半信半疑。


10番ミッキーロケット
この馬にとっても、上がりのかかるタフな馬場は良い。先行してしぶとさを活かしたい。


11番ロードヴァンドール
単騎逃げが叶うのは有利だが、流石にこの相手では厳しい。


12番ステファノス
2年連続馬券内に来ているように、条件はベスト。後は過去2年の力を維持できているか。叩き2戦目の上積みがどこまであるか。


13番グレーターロンドン
毎日王冠で差し損ねた馬は、当レースで好走することが多い。この馬はそれに該当するのだが、このタフな馬場で差せるかどうか。


14番サトノアラジン
この馬も毎日王冠で差し損ねた馬。こちらは、グレーターロンドンよりもスタミナの心配がないのが強み。全姉のラキシスは、エリザベス女王杯等、中距離レースを多数勝っている。
好走パターンは、外枠からスムーズに進めるかどうか。枠は良いので、あとは道中、繊細なエスコートをして欲しい。


15番マカヒキ
前走は内枠で窮屈になる中、6着に食い込んできた。今回は外枠を引けたので、後はどれだけ差してこれるか。


16番カデナ
スローで馬場の軽いレースならば勝負になるかもしれないが、G1で且つタフな馬場では厳しい。


17番ワンアンドオンリー
前走も着順ほど負けてはいないが、、、、厳しいだろう。


18番シャケトラ
大外枠・タフな馬場と、この馬に良い条件が揃った。鉄砲実績も有るし、Cデムーロがうまく御せれば侮れない。



【最終結論】
◎はミッキーロケット。叩き2戦目。距離短縮・タフな馬場と、条件好転の材料が多数有る。先週、ポポカテペトルを持ってきた和田が、悪馬場の中、2週続けて穴馬を持ってくる!!


▲はレインボーライン。昨年のJCで、雨が降る中、上がり最速で来た脚は見逃せなかった。馬場が悪化する今回、その脚が更に活きるはず。


〇はサトノクラウン。人気馬の中では鞍上・重馬場実績等から、一番信頼できる。上記の通り、スムーズに外に出したい。


以下、枠と馬場が味方になるシャケトラ、現役最強馬に敬意を表してキタサンブラック、道悪がプラスに働きそうなマカヒキ、道中次第だが末脚は驚異なサトノアラジンを抑える。


◎ミッキーロケット
▲レインボーライン
〇サトノクラウン
△シャケトラ
△キタサンブラック
△マカヒキ
△サトノアラジン