こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】

今日はオーバルスプリントを予想する。
浦和競馬場の1400戦は2ターンのコースで、スピードだけでは通用せず、小回りコースに対応可能な器用さが要求される。
更に、浦和競馬場はコースに川が横切っている形態となっているため、小回りに加えて川の橋を渡る際の振動を気にして集中力が途切れて凡走する馬が多々有るだけに、コース経験の有無は非常に重要となる。
過去5年、馬券内に来た15頭のうち、地方勢が5頭いるのは、こうした背景があるのだろう。


今回は浦和競馬場で馬券内に来た馬が4頭のみ。そのうち、デュアルスウォードとサトノタイガーは近走頭打ちな感があるので厳しそう。波乱の要素が十分に有る。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番カリスマサンスカイ
南関相手に通用していない昨今、交流重賞では更に厳しい。


2番ヴァーゲンザイル
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


3番レーザーバレット
昨年の覇者だが、9歳になって流石に衰えが見られる。得意の2ターンの競馬でも上位に来ることができていない。
ただ、今回は相手が楽になることと、2勝している浦和競馬場で競馬ができるのがメリット。
特に後者は、今回のメンバー中、好走歴の有る馬が少ないため、大きなアドバンテージだ。


4番ミッキーヘネシー
地方勢同士なら好勝負可能だが、交流重賞では結果が出ていない。ここも厳しい。


5番ブルドッグボス
前走でクラスターCを勝利し、力を見せつけた。2ターンの競馬も、昨年かきつばた記念で2着しているため問題ないだろう。今回が本番のJBCへの叩き台であるため、どこまで仕上げてきているかどうか。それと、初の浦和競馬場でのレースに戸惑わなければ。


6番リエノテソーロ
初の古馬との一戦になる。50キロは魅力だし、2ターンの競馬も、昨年の全日本2歳優駿で勝利しているため問題ないだろう。あまりに条件が良いので逆に疑いたくなるくらい。また、古馬との力関係と、初の浦和競馬場もカギ。


7番サイタスリーレッド
南関東競馬を知り尽くした鞍上に変わるのは魅力だが、2ターンの競馬と浦和競馬場は初めて。前走で底が割れた感じも有るし、買いづらい。


8番リアライズリンクス
昨年は6着だったが、今年は昨年よりメンバー弱化しているし、この馬自身、今年になって重賞を2つ勝った勢いがある。浦和競馬場に好走歴が多数有るのも強みだし、モンドクラッセがハナを切ったら被されることもないし、ペースが極端に上がる事も無いだろう。主戦の的場に戻り、昨年以上に好走できそう。


9番デュアルスウォード
ただ出走しているだけ。ここも厳しい。


10番モンドクラッセ
この馬がハナに行きそう。重賞は未勝利だが、僅差の競馬は何度も有る。他にハナを主張しそうなメンバーがいないため、自分のペースで行ってどこまで粘れるか。


11番サトノタイガー
この馬も9歳になって流石に衰えが見られる。浦和競馬場に好走歴は有るが、能力低下で厳しそう。


12番ワイドエクセレント
前走は輸送を克服できず、大幅馬体減。JRAオープンで3着の実績は有るが、まず馬体重を戻して輸送をクリアしなければ。



【最終結論】
◎はモンドクラッセ。暴走せずにマイペースでいけば、そのまま粘り込めそう。


▲はリアライズリンクス。この馬はJBCよりもここが狙いと見た。枠や展開を考えると、被されることなく前々で粘り込む事が出来そう。


〇はブルドッグボス。JBCを見据えたデキだろうけど、このメンバーでは力上位。


以下、浦和巧者を見せたいレーザーバレット、今回は抑えて活路を見出しそうなサイタスリーレッド、50キロは魅力なリエノテソーロ抑える。


◎モンドクラッセ
▲リアライズリンクス
〇ブルドッグボス
△レーザーバレット
△サイタスリーレッド
△リエノテソーロ