ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



北九州記念・無料情報
6月は安田記念・エプソムCを連勝!
最終週は北九州記念で的中を狙います(^_-)
━━━━━━━━━━━━━━

--------------------
重賞:無料情報
・エプソムC
三連複14点400円 138.8倍
[払戻]55,520円[回収率]991%
1-7-9人気を的中しました!
・安田記念
三連複14点400円 32.8倍
[払戻]13,120円[回収率]273%
━━━━━━━━━━━━━━
エプソムCは波乱展開も的中!
安田記念は固い着順でしたが高回収率!
北九州記念も相手馬選びが上手い
ここの無料情報を参考にしましょう(^_-)
→北九州記念・無料情報
選ぶレースも選ぶ馬も良い!
見る目がある無料情報に北九州記念もお任せです(^_-)




今週は、北九州記念を予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎アカ
▲シャドウ



【レース展望】
宝塚記念が終わり、いよいよ夏競馬本番という中で行われる、北九州記念。
例年は8月に行われているが、今年は7月の実施。
開催時期は変わったが、今年も小倉の開幕週で行われるレース。
馬場状態は絶好で、例年通り早い勝ち時計が出そうだと思っていたが、昨日の芝レースは意外と時計が出なかった。
極端なイン先行有利ではなく、フラットな馬場のようだ。


勝ち時計が早いので、行ったもの勝ちになるかというとそうでもなく、差し馬が有利
直近5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が6頭
ハナを取り切った馬は5年で3度馬券内に来ているが、騎手が前がかりになりがちなせいか、差しが届いている。


血統としては、ハイペースの追走力に優れた
ロードカナロア産駒の好走が目立つ。


まとめると、「差し馬のロードカナロア産駒」を狙いたい。

kokura_turf_1200


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ディヴィナシオン
父ヴィクトワールピサ
母フギン
(ストリートセンス)
栗東・森秀  
中5週
牡7 黒鹿
松本* 56.0K
51戦4勝 [4-8-4-35]

近走冴えず、厳しい。



2番テイエムスパーダ
父レッドスパーダ
母トシザコジーン
(アドマイヤコジーン)
栗東・木原  
中13週
牝5 芦
酒井 56.0K
18戦5勝 [5-1-0-12]

4走前にセントウルステークスを逃げ切っているが、今回は同型馬が多数。
厳しい。



3番サーマルウインド
父ドレフォン
母ラフィエスタ
(スペシャルウィーク)
美浦・奥村武  
中10週
牝5 鹿
川田 55.5K
13戦5勝 [5-3-0-5]

カイカノキセキの同級生で、前走のオープンをタイム差なしの2着。
3・4走前のオープンでも好走しており、この舞台があってそうだ。



4番グランテスト
父ロードカナロア
母オーヴィレール
(シンボリクリスエス)
栗東・今野  
中8週
牝4 芦
坂井 53.0K
9戦4勝 [4-3-0-2]

前走の3勝クラスを快勝して、重賞初挑戦。
以前は出遅れていた時もあったが、最近はスタートが安定して好位を取れるようになっている。
相手は強くなるが、ここでも楽しみな存在。



5番メイショウソラフネ
父モーリス
母メイショウデイム
(マンハッタンカフェ)
栗東・石橋  
中10週
牡5 黒鹿
横山典 56.0K
17戦4勝 [4-4-1-8]

3走前から、重賞・オープンでソコソコの競馬。
今回、内枠でどれだけ脚を溜められるかだろう。



6番ヤクシマ
父Havana Grey
母Satsuma
(Compton Place)
栗東・寺島  
中4週
牡4 芦
幸 55.0K
17戦3勝 [3-0-2-12]

オープン入り後冴えず、厳しい。



7番モズメイメイ
父リアルインパクト
母インラグジュアリー
(Frankel)
栗東・音無  
中13週
牝4 鹿
国分恭 55.0K
12戦4勝 [4-0-1-7]

近走冴えず、厳しい。



8番トゥラヴェスーラ
父ドリームジャーニー
母ジャジャマーチャン
(アドマイヤコジーン)
栗東・高橋康  
中21週
牡9 鹿
永島 58.0K
32戦4勝 [4-5-1-22]

高速馬場でのレースは差し届かない可能性が高い。
かろうじて複勝圏入りがあるかどうかではないか。



9番ペアポルックス
父キンシャサノキセキ
母ミラクルアスク
(ディープインパクト)
栗東・梅田  
中4週
牡3 黒鹿
松若 54.0K
5戦2勝 [2-3-0-0]

前走の葵ステークスで2着(0.2差)。
全5戦、全て番手から進めて好走しているが、今回は先行馬が多くて厳しいレースになりそうだ。



10番エイシンスポッター
父エイシンヒカリ
母マーゼリン
(Barathea)
栗東・吉村  
中4週
牡5 栗
角田河 58.0K
20戦6勝 [6-1-3-10]

前走のオープンを追い込み勝ち。
ただ今回は開幕週の小倉芝。
末脚が届くかどうか、微妙。



11番ジャスパークローネ
父Frosted
母Fancy Kitten
(Kitten's Joy)
栗東・森秀  
中12週
牡5 栗
団野 58.5K
19戦6勝 [6-1-2-10]

昨年の当レースの覇者。
今年も同型馬は多いが、自分の競馬に徹するだけだろう。



12番ピューロマジック
父アジアエクスプレス
母メジェルダ
(ディープインパクト)
栗東・安田  
中4週
牝3 鹿
松山 53.0K
8戦3勝 [3-2-1-2]

前走の葵ステークスを逃げ切り勝ち。
ただ今回は同型馬が多数で、厳しそうだ。



13番カンチェンジュンガ
父ビッグアーサー
母クェスタボルタ
(ノヴェリスト)
栗東・庄野  
中10週
牡4 鹿
斎藤新 55.0K
11戦4勝 [4-0-0-7]

前走のオープンで5着(0.2差)。
後方から進めた馬の中で掲示板に載れたのは評価できる。
今回はその時以上のペースになりそうなので、まずはしっかり追走できるかどうか。



14番ナナオ
父ロードカナロア
母バイザディンプル
(オルフェーヴル)
栗東・小栗  
中4週
牝3 鹿
和田竜 52.0K
7戦3勝 [3-2-1-1]

前走の葵ステークスで3着(0.2差)。
当レースは、1~3着馬が4コーナー1~3番手からそのまま流れ込んだレース。
今回は前に行きたい馬が多く、厳しいだろう。



15番ショウナンハクラク
父Frankel
母ショウナンアデラ
(ディープインパクト)
栗東・松下  
中5週
牡5 黒鹿
小沢 56.0K
23戦4勝 [4-0-2-17]

オープン入り後、差し届かないレースが続いており、厳しい。



16番ヨシノイースター
父ルーラーシップ
母アースプレイ
(ゼンノロブロイ)
栗東・中尾  
中10週
牡6 黒鹿
丸山 57.0K
24戦5勝 [5-5-3-11]

前走のオープンで3着(0.1差)。
勝ち馬が先日の重賞を勝利したので、この馬も一定の評価が出来る。
後は今回、先行馬が揃って流れが厳しくなりそうなのが、どうかだろう。



17番メディーヴァル
父アジアエクスプレス
母メジェルダ
(ディープインパクト)
栗東・寺島  
中5週
牡6 鹿
小崎 53.0K
34戦4勝 [4-4-5-21]

ピューロマジックの兄だが、芝1200での実績が無く、厳しい。



18番バースクライ
父ハーツクライ
母ティップトップ
(Dubawi)
栗東・千田  
中16週
牝4 鹿
西村淳 55.0K
10戦4勝 [4-1-2-3]

前走のオーシャンステークスで3着(0.2差)。
今年は例年より外差しが利く馬場なので、この馬の末脚があるかも。



うまとみらいと
【最終結論】
◎はヨシノイースター(単勝13.3倍・8番人気)
例年ならば大外枠の馬は即アウトなのだが、今年の馬場ならば寧ろプラスになりそう。
なので、ピンク枠の中から、先行力のある当馬を選択した。
3走前に当舞台でオープンを快勝しており、コース適性もある。
その時同様、揉まれづらい外枠から進めて、重賞奪取に期待!



▲はバースクライ(単勝14.2倍・9番人気)
こちらも大外枠の馬。
前走は最内枠で不利を受けながら、上がり最速の末脚を使っていた。
今回は不利を受けづらい枠で、突き抜けるシーンがあっておかしくない!



〇はグランテスト
前走を快勝して安定感のあるこの馬が、好枠を引いた。
血統的にも当レースで狙い目だし、軸とするにふさわしい。



以下、
抜群の先行力を持つピューロマジック、前が止まればまとめて差し切る末脚を持つエイシンスポッタートゥラヴェスーラ、当舞台で3勝してコース適性があるカンチェンジュンガを抑える。



◎ヨシノイースター
▲バースクライ
〇グランテスト
△ピューロマジック
△エイシンスポッター
△トゥラヴェスーラ
△カンチェンジュンガ



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ