bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた京浜盃の回顧を。



高松宮記念は波乱覚悟
────────────────PR
昨年の高松宮記念は3連単66万8280円、2022年も3連単278万4560円、2019年も3連単449万7470円と高額配当決着になりやすいです。
近年1番人気が勝ったのは2016年のビッグアーサーくらいで、荒れる傾向の強いレースになります。
伏兵はここの推奨馬情報をチェック!
波乱のメイン競走も下位人気ドンピシャです!
──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
ファルコンS :7人気ダノンマッキンリー
弥生賞    :9人気 シリウスコルト
チューリップ賞:9人気セキトバイースト
中山記念   :10人気ドーブネ
中山記念   :7人気マテンロウスカイ
阪急杯    :9人気サンライズロナウド
仁川ステークス:6人気ダイシンピスケス
共同通信杯  :9人気パワーホール
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
高松宮記念の推奨馬情報は
こちら↓↓から無料でチェックしましょう。
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!



banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
京浜盃3

サントノーレが交流重賞初制覇!
連続して3着となっていたが、その鬱憤を晴らすかのような圧勝だった。

上位人気馬が先行して力を出し、平穏な決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
京浜盃4


予想記事書いた【過去5年のラップ】と比較すると、3.5・5.5ハロンの通過が例年並み。
例年並みと言っても、馬場が重くなった大井では、実質的にペースが速かった。
しかも今年から交流重賞となり、出走メンバーもレベルが高まっていた。


その結果、ここ2戦の3歳交流重賞同様、JRA勢とサントノーレとの4頭の勝負になった。
結果、移籍2戦目のサントノーレが7馬身差の圧勝だった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
サントノーレが好スタートを切る。


その後、ハナを奪いに行ったのは、マッシャーブルム。
それにティントレットが外から番手。
その後ろは一団で進んだ。


1~2コーナーでハビレがコーナーを曲がれず、ブラックバトラーと一緒に大きく外へ膨れる中、マッシャーブルムが1馬身差の逃げ。
番手にティントレット、3番手にサントノーレとアンモシエラ。
少し開いてハビレが巻き返していく。
更に開いてシークレットキーら。
馬群が3コーナー前でほぼ固まる。


3~4コーナーで、マッシャーブルムにティントレットが楽に並んでくる。
3番手はサントノーレ。
その外からアンモシエラ、そしてハビレ。
更にパッションクライとシークレットキーも上がってきた。
4コーナーの出口ではティントレットが先頭に立ち、それにサントノーレが迫る。


直線、ティントレットへサントノーレが楽に並び、追われて突き放す
後ろからはアンモシエラとハビレが並んで差してくるが、サントノーレとの差は大きい。

サントノーレはグングンと後続との差を広げて、そのまま1着でゴール。
2着がアンモシエラ、3着にハビレ。
これまでの3歳交流重賞同様、「JRA勢+サントノーレ」という結果になった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
サントノーレ
父エピカリス
母リンガスウーノ
(サウスヴィグラス)
大井・荒山勝徳  
中4週
牡3 青鹿
服部茂 56.0K

スタートを決め、インの好位をキープ。
道中、先団につけて脚を溜め、3~4コーナーで少し外に出して進路を確保。
後は直線で追われて伸びるだけだった。
移籍2戦目で大きく前進できたし、これまでの交流重賞で唯一JRA勢に対抗できていた力を存分に発揮した。

と思ったら、まさかの骨折。。。



2着:
アンモシエラ
父ブリックスアンドモルタル
母サンドクイーン
(ゴールドアリュール)
栗東・松永幹夫  
中8週
牝3 栗
坂井瑠 54.0K

大外からだったが、スタートから好位の外を進む。
3~4コーナーで外から進出し、直線追われるが、サントノーレとの差は開く一方。
それでもハビレらを抜かせなかったのは強かったし、本番への優先出走権は確保できた。
この後、牝馬路線へ進むのか、引き続き牡馬相手への戦いを挑むのか、注目だ。



3着:
ハビレ
父ヘニーヒューズ
母トモトモリバー
(ブラックタイド)
美浦・武井亮  
中2週
牡3 栗
B.ムルザバエフ 56.0K

1コーナーで大きく外に膨れたのが全てだろう。
あのロスが無ければ、アンモシエラの逆転はあったかも。
とはいえ、それも含めての競馬だが。。。
最後は2~4着、全て同じ脚色になってしまった。



4着:◎シークレットキー
父ドレフォン
母キープシークレット
(ダイワメジャー)
栗東・杉山晴紀  
中6週
牡3 鹿
笹川翼 56.0K

スタート後、ハナを奪おうとする気配はなく、内で脚を溜めようとしていた様子。
ペースがそこまで早かったわけではないが、位置がドンドン後ろになり、追走に苦労していた。
直線追われても弾けず、、、


6着:▲マッシャーブルム
父モーニン
母アサカラヴァーズ
(キングヘイロー)
大井・坂井英光  
中2週
牡3 鹿
矢野貴 56.0K

スタート後、思い切ってハナを奪うも、終始ティントレットにマークされる厳しい展開。
前走は、ダ2000で1000の通過が68.0という超スローペースの競馬であり、今回とはあまりに異なる競馬だった。
結果、直線を待たずして失速。。。
この経験が糧になって、次走以降に前進して欲しい。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60