bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR
ここの無料情報の傾向は…
収支額>的中率
やはり収支をプラスにしてナンボです!
的中率悪くともマイルCSみたいな高配当あります\(^o^)/
━━━━━━━━━━━━━━
G1無料情報
マイルCS
三連複10点500円
BOX:1,5,9,11,16
三連複309.3倍的中
[払戻額]154,650円[回収率]3093%
天皇賞秋
三連複10点500円
BOX:3,4,6,7,9
三連複21.8倍的中
[払戻額]10,900円[回収率]218%
スプリンターズS
三連複10点500円
BOX:1,5,6,8,10
三連複23.1倍的中
[払戻額]11,550円[回収率]231%
マイルCS買い目
天皇賞・秋買い目
----------------------------------------
無料情報:月別収支
11月+118,200円 10月+8,250円
09月+20,100円 08月+313,000円
07月+247,750円 06月+152,000円
━━━━━━━━━━━━━━
馬選びが巧みなのか?5頭選出が炸裂する事実!
勝率は低くも6月から毎月プラス収支です\(^o^)/
→阪神JF無料情報
ここのBOX10点の無料情報が今週も火を噴くかもしれません(^^)




今日は、勝島王冠
(大井競馬1800m)の予想を。
12/7大井11R、発走時間20:10です。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書いている。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。

◎カジノフォンテン
ロードレガリス




ローテーション・レース傾向分析】
勝島王冠1

2018年よりSⅡに格上げされ、東京大賞典の前哨戦の色合いが一層強くなった。
そのため、南関東の重賞王道路線や、交流重賞を経由した馬の活躍が目立つ。


今年も豪華なメンバーが集合した。
年末の大一番に向けて、注目すべきレースだ!

ooi


【展開分析】
ハナへ行きたいランリョウオーが大外枠になった。
他に先行馬が多くない中、ライトウォーリア・カジノフォンテンが前へ行きそうだ。
ランリョウオーはその後ろになりそうだ。

隊列が決まれば、この距離なので無理に競り合うことはなく、前有利の展開になるだろう。


【ステップレース参考】
マイルグランプリとフリオーソレジェンドカップと埼玉新聞栄冠賞の回顧はこちら。

マイルグランプリの回顧
フリオーソレジェンドカップの回顧
埼玉新聞栄冠賞の回顧


レースラップ分析】
ダート戦では珍しく、逃げ差しが互角。
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が7頭。
力があれば、差しも届いている。


加えて、砂の入れ替えにより、大井は力を要する馬場になっている。
脚質問わず、地力重視で予想したい。

勝島王冠2


追切タイム  



前日オッズ
前日時点のオッズはこちら。

1 ライトウォーリア:3.3
2 ギガキング:5.4
3 ランリョウオー:6.5
4 ロードレガリス:8.1
5 スワーヴアラミス:10.5



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
地方競馬を買うならば、IPATやオッズパークなどもあるが、私は楽天競馬一択だ。
理由は大きく5つ。


1 入会費、年会費、全く無し。完全無料で楽しめる!
2 楽天銀行の口座があれば、最短5分で入会完了!(楽天銀行が無い場合も、最短3分で口座開設完了)
3 365日、スマホやPCで、全国のライブ映像を見ながら全ての馬券を購入できる。ライブ映像は無料、終了したレースの映像も無料で楽しめる!
4 馬券を購入すると、楽天ポイントが数%還元される! 
5 貯まったポイントは、楽天市場楽天ブックスなどで現金の代わりに利用可能!


特に#4が大きい。
その中でも、交流重賞は
ポイント還元が10%なので、非常にオトクだ。
ポイント還元が10%ということは、年間で馬券を10,000円買った場合、1,000円分のポイントが還元されるということ。
これは他には無いオトクなサービスだし、他にも毎月様々なキャンペーンを行っている。


楽天銀行に口座を持っていたり、日頃から楽天市場など楽天のサービスを利用している方は、是非楽天競馬を使うべき。
楽天競馬地方競馬をオトクに買い、馬券を当てましょう!


新規登録時に最大1000円貰えるなど、「お試しキャンペーン」を常時行っているので、まずはチェックして欲しい。 



【出走全馬ワンポイント評価】
1番カイル
父トーセンブライト
母トーセンヴェール
(クロフネ)
浦和・小久保智  
中3週
牡4 青鹿
室陽一 58.0K
23戦4勝 [4-4-4-11]

近走冴えず、厳しい。



2番サヨノネイチヤ
父ダノンレジェンド
母オムスビ
(オレハマッテルゼ)
大井・坂井英光  
中2週
牡4 黒鹿
西啓太 54.0K
11戦9勝 [9-2-0-0]

4連勝中。
確かにクラスは格下だが、上りの脚もしっかりしており今の勢いは侮れない。
斤量差を活かしたい。



3番デュードヴァン
父デクラレーションオブウォー
母ジェラスキャット
(Tapit)
大井・坂井英光  
中2週
牡6 鹿
御神本 57.0K
26戦5勝 [5-3-4-14]

前走のマイルグランプリで3着(0.6差)。
差し勢の中では最先着した。
距離延長で追走が楽になれば、前進が有るだろう。



4番ライトウォーリア
父マジェスティックウォリアー
母スペクトロライト
(ディープインパクト)
川崎・内田勝義  
中9週
牡6 鹿
矢野貴 58.0K
27戦7勝 [7-1-2-17]

昨年の当レースの覇者。
今年は内枠となったので、前へ行って包まれないようにしたい。



5番ジョエル
父トーセンブライト
母トーセンレインボー
(ダイワメジャー)
船橋・張田京  
中1週
牡5 鹿
所蛍 57.0K
35戦8勝 [8-6-5-16]

出走取消



6番ギガキング
父キングヘイロー
母ウルフコール
(バブルガムフェロー)
船橋・稲益貴弘  
中16週
牡5 鹿
和田譲 57.0K
29戦12勝 [12-3-1-13]

昨年の当レースで4着(0.8差)。
右回りでは今年も結果が出ておらず、今回も割引きだ。



7番マンガン
父アイルハヴアナザー
母スマートストーム
(アグネスタキオン)
船橋・石井勝男  
中3週
牡6 栗
山崎誠 57.0K
35戦8勝 [8-7-2-18]

近走、重賞では結果が出ていない。
加えて久々の1800、今の当馬にとって距離が短いのでは。



8番コスモポポラリタ
父ロージズインメイ
母コスモリープリング
(ヤマニンセラフィム)
大井・宗形竹見  
中4週
牝4 黒鹿
桑村真 53.0K
25戦4勝 [4-4-3-14]

3歳以降勝ち切れていないが、長距離が良いタイプ。
今回は距離不足で厳しそうだ。



9番エブリワンブラック
父ブラックタイド
母シュガーハート
(サクラバクシンオー)
川崎・山崎裕也  
中3週
牡6 鹿
藤本現 57.0K
37戦4勝 [4-4-4-25]

移籍後も冴えず、厳しい。



10番スワーヴアラミス
父ハーツクライ
母ベイトゥベイ
(Sligo Bay)
大井・荒山勝徳  
中9週
牡8 鹿
森泰斗 57.0K
44戦10勝 [10-9-6-19]

昨年の当レースで5着(0.9差)。
堅実に追い込む末脚がある一方、前走の日本テレビ盃では先行して3着(0.8差)にも健闘。
勝ち切るかどうかはさておき、中心視すべきだろう。



11番カジノフォンテン
父カジノドライヴ
母ジーナフォンテン
(ベストタイアップ)
船橋・山下貴之  
中16週
牡7 栗
澤田龍 57.0K
32戦12勝 [12-3-2-15]

2020年の当レースの勝ち馬で、昨年の当レースでも3着(0.7差)。
今年もスンナリ先行できれば、好走できそうだ。



12番ロードレガリス
父ハーツクライ
母レディマーメイド
(Fusaichi Pegasus)
船橋・岡林光浩  
中16週
牡8 黒鹿
落合玄 57.0K
27戦8勝 [8-4-1-14]

移籍初戦となった前走のフリオーソレジェンドカップで2着(0.1差)。
それ以来の休み明けで、状態がカギとなりそうだ。



13番デュープロセス
父ダイワメジャー
母ローズロー
(New Approach)
大井・福永敏  
中2週
牡7 栗
藤田凌 57.0K
31戦5勝 [5-3-1-22]

移籍して3戦し、遠征も交えながら馬体が絞れてきている。
末脚が届く展開になれば、上位に来そうだ。



14番リベイクフルシティ
父マジェスティックウォリアー
母ラッキーバトル
(バトルプラン)
大井・宗形竹見  
中22週
セ3 鹿
笹川翼 52.0K
9戦4勝 [4-0-0-5]

今年のクラシック路線で活躍した馬が、古馬初対戦。
3走前の羽田盃では、2着のヒーローコールから0.6差の4着に粘っており、ここも斤量差込みで期待したい。



15番ミヤギザオウ
父パイロ
母シルクドレス
(ディープスカイ)
大井・森下淳平  
中4週
牡4 黒鹿
今野忠 57.0K
15戦3勝 [3-1-2-9]

前走のJBCクラシックは、相手が強くて度外視。
昨年の当レースは大敗したが、地方馬同士で展開が向けば上位に来そうだ。



16番ランリョウオー
父パイロ
母ファビラスタイム
(シンボリクリスエス)
浦和・小久保智  
中2週
牡5 鹿
本橋孝 57.0K
26戦11勝 [11-6-1-8]

ここ3戦、重賞で連続好走中。
安定した先行力が強みだが、今回は大外枠で進め方が難しそうだ。



01_320x100
【最終結論】
◎はカジノフォンテン
競りそうだったランリョウオーが大外に行き、競ったり被されたりするリスクが減少。
逆に、内のライトウォーリア・ジョエルを見ながら進められそうで、追い風となった。
適度なお湿りがあるのもプラスで、久々の勝利が期待できそう!



▲はロードレガリス
2走前にディクテオンに対して10着(1.6差)。
この着差は、浦和記念でいうと5着相当となる。
その力を出す事が出来れば、ここでは力上位だろう。



〇はスワーヴアラミス
ここ数戦の安定感は、中心視するのにふさわしい。
勝ち切れるかどうかは微妙だが、上位には来るだろう。



以下、先行力のあるライトウォーリア、
ランリョウオー、距離延長で巻き返しがありそうなリベイクフルシティ右回りになって見直しが必要なカイルを抑える。



◎カジノフォンテン
▲ロードレガリス
〇スワーヴアラミス
△ライトウォーリア
△ランリョウオー

△リベイクフルシティ
△カイル



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60