bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
チャンピオンズC無料情報

秋G1/8戦5勝の大活躍
年末までここの無料情報に乗りましょう!
国内はもちろん凱旋門賞も的中と・・・
海外G1も的中した無料情報!香港も期待!
━━━━━━━━━━━━━━
秋G1無料買い目情報
◎エリザベス女王杯
三連複計29.1倍×500円
【払戻額】14,550円【回収率】243%
◎菊花賞
三連複15.7倍×400円
【払戻額】6,280円【回収率】121%
◎秋華賞
三連複12.1倍×500円
【払戻額】6,280円【回収率】110%
◎凱旋門賞
ワイド3.7倍×2,000円
【払戻額】7,400円【回収率】148%
◎スプリンターズS
三連複23.1倍×300円
【払戻額】6,930円【回収率】122%
エリ女買い目)(菊花賞買い目
━━━━━━━━━━━━━━
チャンピオンズCも厳選無料情報を見逃さないでください!
→チャンピオンズC無料情報
6~9人気あたりの入れ込みが上手く巧みに当ててきます!



今週は、チャンピオンズカップを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎グロリアムンディ
▲ジオグリフ



【レース展望】
JRAのダートG1は2つのみだが、その一つとなるチャンピオンズカップ。
癖のある中京ダ1800で行われるため、コース適性が重要となる。


このクラスになるとダートは簡単に前が止まらない。
加えて、向こう正面過ぎからずっと下りになっているコース形態から、当レースは先行馬が有利になっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が9頭
昨年の勝ち馬のジュンライトボルトのように直線で瞬発力を活かす馬もいるが、基本は内・先行馬を狙うべき。


血統としては、ダート競馬に適性がある血統に加えて、当レースで必要な要素の一つである瞬発力に長けた
父or母父がサンデー系の芝血統の馬の好走が目立つ。


まとめると、「先行馬で、父or母父がサンデー系の芝血統の馬」を狙いたい。

chukyo_dart_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番メイクアリープ
父シニスターミニスター
母スペシャルクイン
(スペシャルウィーク)
栗東・大根田  
中3週
牡4 栗
幸 58.0K
11戦4勝 [4-5-1-1]

前走のみやこステークスで2着(0.5差)。
セラフィックコールに完敗だったが、逃げずに正攻法で上位に来たのはプラス。
今回も安定した先行力で上位に来そうだ。



2番メイショウハリオ
父パイロ
母メイショウオウヒ
(マンハッタンカフェ)
栗東・岡田  
中3週
牡6 栗
浜中 58.0K
23戦9勝 [9-2-4-8]

前走のJBCクラシックで4着(1.4差)。
少頭数かつスローペースで、差し届かず。
今回もペース次第では、差し届かない可能性を考慮した方が良いかも。



3番ジオグリフ
父ドレフォン
母アロマティコ
(キングカメハメハ)
美浦・木村  
中7週
牡4 栗
ビュイック 58.0K
12戦3勝 [3-1-0-8]

ダートは合っていないようで、厳しい。



4番テーオーケインズ
父シニスターミニスター
母マキシムカフェ
(マンハッタンカフェ)
栗東・高柳大  
中3週
牡6 栗
松山 58.0K
24戦10勝 [10-3-4-7]

一昨年の当レースの覇者だが、今年になって勝ち切れていない。
一時期の強さが影を潜めている現状、厳しそうだ。



5番ドゥラエレーデ
父ドゥラメンテ
母マルケッサ
(オルフェーヴル)
栗東・池添  
中10週
牡3 黒鹿
ムルザバエフ 57.0K
9戦2勝 [2-2-0-5]

近走、順調さを欠いており、厳しい。




6番グロリアムンディ
父キングカメハメハ
母ベットーレ
(Blu Air Force)
栗東・大久保  
中11週
牡5 鹿
ルメール 58.0K
18戦7勝 [7-4-1-6]

前走のコリアカップは完敗の2着。
ただ昨年の当レースでは2番人気に推される力があり、2・3走前は重賞連勝。
立て直されていれば、有力だ。



7番ウィルソンテソーロ
父キタサンブラック
母チェストケローズ
(Uncle Mo)
美浦・小手川  
中3週
牡4 鹿
原 58.0K
12戦7勝 [7-0-0-5]

前走のJBCクラシックで5着(1.8差)。
JpnⅠの壁に跳ね返された格好となった。
今回も厳しそうだ。



8番アーテルアストレア
父リーチザクラウン
母スターズインヘヴン
(ワークフォース)
栗東・橋口  
中3週
牝4 青鹿
横山武 56.0K
16戦6勝 [6-1-2-7]

前走のJBCレディスクラシックで3着(0.9差)。
この馬なりに追い込んだが、届かず。
4勝している舞台に替わって、どこまで末脚が届くかだろう。



9番クラウンプライド
父リーチザクラウン
母エミーズプライド
(キングカメハメハ)
栗東・新谷  
中11週
牡4 黒鹿
川田 58.0K
12戦4勝 [4-4-0-4]

前走のコリアカップを圧勝。
先行力があるのが強みで、昨年のタイム差無しの2着のリベンジが狙える。



10番ノットゥルノ
父ハーツクライ
母シェイクズセレナーデ
(Unbridled's Song)
栗東・音無  
中3週
牡4 鹿
松若 58.0K
15戦3勝 [3-4-0-8]

前走のJBCクラシックで2着(0.9差)。
得意のコースで久々に好走した。
ただ今回はJRAの舞台に戻り、厳しそうだ。



11番ハギノアレグリアス
父キズナ
母タニノカリス
(ジェネラス)
栗東・四位  
中8週
牡6 鹿
岩田望 58.0K
15戦7勝 [7-4-0-4]

前走のシリウスステークスを快勝。
2走前の帝王賞でも4着(0.8差)に健闘しており、今のダート界での上位の一頭だろう。



12番セラフィックコール
父ヘニーヒューズ
母シャンドランジュ
(マンハッタンカフェ)
栗東・寺島  
中3週
牡3 栗
Mデムーロ 57.0K
5戦5勝 [5-0-0-0]

5連勝で、前走のみやこステークスも出遅れながら圧勝。
このコースで出遅れた場合、末脚が届くか未知数だが、今の勢いは侮れない。



13番ケイアイシェルビー
父ディープインパクト
母ケイアイガーベラ
(Smarty Jones)
栗東・平田  
中2週
牡5 鹿
藤懸 58.0K
17戦4勝 [4-1-3-9]

前走の武蔵野ステークスで4着(0.7差)。
それ以上の相手が揃う今回、厳しい。



14番アイコンテーラー
父ドゥラメンテ
母ボイルトウショウ
(ケイムホーム)
栗東・河内  
中3週
牝5 栗
モレイラ 56.0K
22戦6勝 [6-2-3-11]

前走のJBCレディスクラシックを圧勝。
2・3走前にも牡馬相手に先行して上位に来ており、このメンバーでも通用しそうだ。
ただこの枠はマイナス。



15番レモンポップ
父Lemon Drop Kid
母Unreachable
(Giant's Causeway)
美浦・田中博  
中7週
牡5 栗
坂井 58.0K
13戦9勝 [9-3-0-1]

前走のマイルチャンピオンシップ南部杯を圧勝。
そこから更に距離が延びる今回、同型馬も居て楽な競馬にはならないだろう。
しかも鬼門の大外枠。。。



01_320x100

【最終結論】

◎はグロリアムンディ(単勝17.2倍・7番人気)
昨年の当レースで2番人気に支持され、その後も活躍している馬。
それが、前走の韓国での大敗でここまで人気を落とすとは。。。
今回、先行馬が揃ってタフな流れになりそうで、消耗戦が得意なこの馬向きの流れになりそう。
天下のノーザンファーム生産馬であり、鞍上込みで巻き返す可能性は十分ある!



▲はジオグリフ(単勝37.2倍・10番人気)
こちらも天下のノーザンファーム生産馬。
しかも芝とは言え、イクイノックスを破った2頭のうちの1頭だ。
4走前のサウジでクラウンプライドらに先着しているし、スムーズに先行できれば一発があるだろう。



〇はセラフィックコール
こちらもノーザンファーム生産馬。
後方から大外をぶん回し競馬がこの舞台で通用するかどうかだ。



以下、
近走重賞で好走しているレモンポップクラウンプライドメイショウハリオテーオーケインズを抑える。



◎グロリアムンディ
▲ジオグリフ
〇セラフィックコール
△レモンポップ
△クラウンプライド
△メイショウハリオ
△テーオーケインズ


その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60