bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
無料情報・約220万円!
クイーンS・無料情報
波乱の夏競馬も乗りこなしています!
昨年12月から集計してよく当たる無料予想です。
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報・集計
期間:2022.12~2023.07
投資額:329,900円
獲得額:2,195,300円
収支額:1,865,400円
回収率:665%
━━━━━━━━━━━━━━
無料情報:実績
函館記念   →21,050円
マレーシアC →40,750円
江の島S   →10,800円
鳴尾記念   →35,050円
日本ダービー →23,500円
オークス   →84,200円
ヴィクトリアM→8,600円
京王杯SC  →40,450円
京都新聞杯  →12,450円
━━━━━━━━━━━━━━
マレーシアCは7人気を入れて的中!
人気薄馬が絡んだオークス的中など
波乱展開にも強い無料情報なんです\(^o^)/
荒れやすい夏競馬も見ておきましょう!
→クイーンS・無料情報←
三連複が基本の買い目です。
いち早くチェックしてみてください。



今週は、クイーンステークスを予想するつもりを予想するつもり!
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎サトノセシル
▲ルビーカサブランカ



【レース展望】
洋芝の1800という条件で行われる、クイーンステークス。
定量戦という事で、実績馬が酷量を背負わされることが少なく、人気上位馬が力を出しやすいレースだ。


とはいえ、「小回りの洋芝」という特殊な条件であることは確か。
上がりのかかりやすい馬場で行われるため、差し馬が有利だ。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が5頭
10番手以下からの馬も4頭もおり、追い込みも十分届いていた。


血統としては、瞬発力に優れた
ディープインパクト系と、洋芝適性のある欧州血統の産駒が良く走っている。

まとめると、「差し追い込み馬の、ディープインパクト系・欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

sapporo_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番コスタボニータ
父イスラボニータ
母レディイン
(Kendor)
栗東・杉山佳  
中9週
牝4 芦
松山 55.0K
11戦4勝 [4-2-1-4]

2走前の阪神牝馬ステークスで3着(0.3差)に来たが、前走のオープンは出遅れて案外。
立て直されていれば巻き返しが期待できそう。



2番ウインピクシス
父ゴールドシップ
母コスモアクセス
(ロージズインメイ)
美浦・上原博  
中13週
牝4 芦
横山武 55.0K
10戦4勝 [4-1-1-4]

重賞で勝負になっておらず、厳しい。



3番ライトクオンタム
父ディープインパクト
母イルミナント
(Quality Road)
栗東・武幸  
中9週
牝3 青鹿
武豊 52.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

G1では気性面が影響して、全く見せ場無し。
今回、小回りコースで初の古馬との戦いとなり、厳しいものになりそうだ。



4番ルビーカサブランカ
父キングカメハメハ
母ムードインディゴ
(ダンスインザダーク)
栗東・須貝  
中1週
牝6 栗
ルメール 55.0K
30戦5勝 [5-6-5-14]

前走の函館記念で2着(0.4差)。
中距離で末脚が活きる展開ならば、牡馬相手でもやれることを証明した。
当レースは昨年4着(0.1差)に来ており、今年も流れ一つで上位に来そうだ。



5番サトノセシル
父Frankel
母Dupe
(Observatory)
美浦・堀  
中19週
牝7 鹿
佐々木 55.0K
18戦3勝 [3-6-2-7]

2年連続、当レースで馬券内。
洋芝のレースで多く結果を出しており、力自体も前走の中山牝馬ステークスで3着(0.5差)に来ているように、まだ残っている。
今年も有力だろう。



6番ローゼライト
父キズナ
母エンブレイス
(アフリート)
栗東・清水久  
中1週
牝5 鹿
鮫島駿 55.0K
26戦4勝 [4-0-4-18]

前走の函館記念で大敗。
今回、スンナリ先行できれば面白いが、同型馬が多くて厳しそうだ。



7番ドゥーラ
父ドゥラメンテ
母イシス
(キングヘイロー)
栗東・高橋康  
中9週
牝3 黒鹿
斎藤新 51.0K
7戦2勝 [2-0-1-4]

前走の優駿牝馬で3着(1.0差)。
また、昨年の札幌2歳ステークスの覇者でもある。
更に初の51Kという恵量、、、条件が揃いすぎて過剰人気気味。



8番キタウイング
父ダノンバラード
母キタノリツメイ
(アイルハヴアナザー)
美浦・小島  
中9週
牝3 黒鹿
江田照 52.0K
8戦3勝 [3-0-0-5]

G1では通用しなかったが、同世代の重賞を2勝。
インから末脚を伸ばすことが出来るし初の52Kも良く、展開次第で面白い存在。



9番グランスラムアスク
父ディープインパクト
母ジェニサ
(Storm Cat)
栗東・矢作  
中10週
牝4 鹿
古川奈 55.0K
20戦4勝 [4-1-3-12]

人馬とも重賞初挑戦。
同型馬が多いので、厳しい。



10番イズジョーノキセキ
父エピファネイア
母キングダンサー
(キングカメハメハ)
栗東・中村  
中10週
牝6 鹿
岩田康 57.0K
25戦5勝 [5-4-2-14]

今年2戦が見せ場のない競馬。
昨年までの走りが出来ればここでも面白いのだが、、、
後、重斤量も気になる。



11番ジネストラ
父ロードカナロア
母ハッピーパス
(サンデーサイレンス)
美浦・鹿戸  
中13週
牝5 鹿
三浦 55.0K
17戦4勝 [4-5-2-6]

久々の重賞挑戦となった前走の福島牝馬ステークスで4着(0.2差)。
末脚はしっかり伸ばしており、オープンで通用する目途が立った。
鞍上は頼りないが、馬は有力だ。



12番ミスニューヨーク
父キングズベスト
母マンハッタンミート
(マンハッタンカフェ)
栗東・杉山晴  
中13週
牝6 青鹿
Mデムーロ 56.0K
25戦6勝 [6-1-4-14]

斤量が示す通り、このメンバー内では実績上位。
後はレース当日、外差しが利く馬場になるかどうか。



13番ビジン
父キズナ
母ザフラッツ
(Giant's Causeway)
栗東・武英  
中5週
牝4 黒鹿
藤岡佑 55.0K
16戦4勝 [4-1-0-11]

芝のスピード勝負では通用しておらず、厳しい。



14番トーセンローリエ
父サトノクラウン
母トーセンナチュラル
(メイショウサムソン)
美浦・小笠  
中15週
牝3 黒鹿
吉田隼 51.0K
6戦3勝 [3-2-0-1]

前走の桜花賞で最下位。
51Kは魅力だが、厳しいだろう。



01_320x100

【最終結論】

◎はサトノセシル(単勝12.0倍・7番人気)
2年連続、当レースで好走実績が有る。
牡馬混合重賞でも上位に来ており、力はまだまだあるだろう。
鉄砲実績も有るので、今年こそ戴冠が狙える!



▲はルビーカサブランカ(単勝6.9倍・3番人気)
日中からだいぶ人気が上がってきたが、このくらいならばまだ買える。
こちらも牡馬相手に健闘している実績が有るし、内枠を引けたのが大きい。
インを捌いての差し込みに期待。



〇はミスニューヨーク
外枠は痛いが、詰まりづらいのはプラス。
後は差しがハマるかだ。



以下、
重賞で好走しているジネストラコスタボニータイズジョーノキセキ、先行力はあるビジンを抑える。



◎サトノセシル
▲ルビーカサブランカ
〇ミスニューヨーク
△ジネストラ
△コスタボニータ
△イズジョーノキセキ
△ビジン



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60