先週の繰り返しだが、再度ご連絡。
先日、独自ドメインを取得して、URLが変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。

これを含めて、現在改装工事中。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。
なお、競馬ブログランキングでは、新潟2歳Sの予想も実施済です。





今日は、キーンランドカップを予想する。

本レースは昨今、先週の札幌記念と同様に、秋のGⅠの前哨戦となりつつある。
昨年本レースの1~4着はスプリンターズSへ直行して、そのうちのソルヴェイグが3着となった。
その一方、現在短距離路線には一線級の馬がおらず、CBC賞・函館スプリントS・北九州記念といったサマースプリント戦の勝ち馬を見ても、調子や勢いがカギになっている。


もう一つ、今年のポイントは、札幌芝の状態だ。同じ洋芝のレースでも、函館の馬場は超高速馬場だった。函館スプリントSも前傾ラップによるスーパーレコード決着となったが、今の札幌芝はだいぶ時計がかかっている。今日のレースを見ても、短距離戦は外差しの馬が好走しており、かつ上がりがかかっていた。時計のかかるスプリント戦を得意としそうな馬を選びたい。





◎はノボバカラ
前走は初芝だったが、出遅れつつも最速の上がりで追い込んできた。
今回も先行する馬が多くて相対的に中団~後方になりそうだが、追って良い味のあるこの馬には好都合。ダート戦で鍛えたパワーが本レースで活きそうだ。
先週のナリタハリケーンのように、「ダート戦を続けてきた馬が洋芝で好走」すると見た。



▲はフミノムーン
重馬場と時計のかかる洋芝実績に目を付けて、▲にした。
また、過去実績を見ると、頭数の多いレースは馬群を捌き切れていないが、好走した時は頭数が落ち着いたレースが多い。叩き2戦目で、更なる前進がある。
馬体重の管理はポイントだが、末脚の破壊力は他馬に劣っていない。出走レース中、上がり3位以内が18戦中13戦もある。


〇はソルヴェイグ
冒頭のとおり、昨年に当レースへ出走し、その後スプリンターズSで好走した。前走はヴィクトリアマイルで小差の5着に好走しており、このメンバーでは実績上位だ。
昨年は出遅れながらも小差の4着に好走。鞍上を川田に強化して、今年は更に上の着順が期待できる。



以下、鞍上をデムーロに強化して外から楽に先行できそうなメイソンジュニア・距離短縮が良い方向にでそうで重賞・洋芝実績もあるモンドキャンノ・相性の良い横山典に戻って好走が期待できるナックビーナス・格下だがこれも外から自分のペースでいけそうなライトフェアリーを抑える。


◎ノボバカラ
▲フミノムーン
〇ソルヴェイグ
△メイソンジュニア
△モンドキャンノ
△ナックビーナス
△ライトフェアリー