昨日に引き続いて、交流重賞連勝を狙う!!

今日はブリーダーズゴールドカップを予想する。
本レースは牝馬限定の中距離交流重賞となって、今年で4年目。
2015年はハイレベルな戦いとなったが、昨年は一転してレベルダウン。今年も交流重賞勝ちが2頭しかおらず、低レベルな戦いになりそうだ。昨年の2~4着馬が出走するが、この3頭は0.6秒内にひしめき合っていた。昨今の交流重賞は、地方所属馬の食い込みが目立つので、小波乱は有りそう。


一方で、中距離レースという事で、本レースはスタミナが求められ、順当な決着が続いている。また、門別コースは地方競馬の中で広くて直線も長いが、過去3年、エルムSと同様に、4コーナーで4番手以内に居た馬が、そのまま馬券内に入っている。前に行かないと勝負にならないのだ。




予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




◎はタイニーダンサー。昨年の2着馬が今年の勝利に一番近いとみた。門別出身でコース実績は申し分ないし、今年の5走の中で一番着差が少なかったのは、3月のエンプレス杯。スタミナには自信がある。57キロも背負い慣れてきたようで、ホッカイドウ競馬リーディングの桑村を背に勝利だ!!


▲はジュエルクイーン。昨年の4着馬が一発有りそう。昨年、タイニーダンサーとは0.6差。今年は斤量が2キロ貰いとなる。2走前が圧勝、前走も快勝と、力落ちは無い。3走前の時計で走れれば昨年2着のタイムより早い為、十分チャンスは有る。


〇はクイーンマンボ。過去3年、関東オークスを勝ってここに出走した馬は、2番人気で3着になったホワイトフーガと、3番人気で2着になったタイニーダンサー。要するに馬券内に入っているということ。今年は、連覇したアムールブリエのような強敵が不在なので、やはり馬券内だろう。


以下、単騎逃げが叶いそうなマイティティー、前走1000万下を快勝した勢いを買ってスルターナを抑える。


◎タイニーダンサー
▲ジュエルクイーン
〇クイーンマンボ
△マイティティー
△スルターナ