bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
函館重賞・穴馬ドンピシャ
──────────────────
7→1→4人気の函館記念も
4→3→8人気の函館2歳Sも
見事に的中しましたよ(無料公開)
──────────────────


──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
マレーシアC  6人気
九州スポーツ杯 7人気
東京JS    8人気
ユニコーンS  8人気
スレイプニルS 9,10人気
エプソムC   8人気
東京優駿    7人気
優駿牝馬    10人気
平安S     7人気
ヴィクトリアM 6人気
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
波乱傾向・夏競馬の穴馬対策…
こちら↓↓から無料情報をチェックしましょう!
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!





今週は中京記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ダブルシャープ
▲カイザーミノル



【レース展望】
サマーマイルシリーズの一つとなっている中京記念。
とはいえ、昨年に続いて小倉で行われるし、距離も芝1800ということでマイルじゃない。
2ターンの競馬で行われるため、全く異なるレース条件となる。

昨年の当レースでは超高速馬場を意識してかペースが緩まず、2・3着馬が差し馬に。
今年もイン先行馬を中心に考えつつ、差し馬の台頭も考えておきたい。


血統的には、高速馬場が得意なディープインパクト系の血を持つ馬に加え、近年はステイゴールド系の血を持つ馬好走している


まとめると、「イン先行馬(+ペースが上がりそうな際は差し馬も)で、ディープインパクト系の血を持つ馬・ステイゴールド系の血を持つ馬」を狙いたい。

kokura_turf_1800


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ベステンダンク
父タイキシャトル
母ユキノマーメイド
(スペシャルウィーク)
栗東・安達  
中12週
牡10 栗
和田竜 56.0K
56戦7勝 [7-9-3-37]

この年齢でも先行力は健在で、ハマれば僅差の競馬をしている。
ただ今回は同型馬の存在が厄介だ。
スンナリ先行できれば。



2番ミスニューヨーク
父キングズベスト
母マンハッタンミート
(マンハッタンカフェ)
栗東・杉山晴  
中9週
牝5 青鹿
Mデムーロ 54.0K
19戦5勝 [5-1-4-9]

昨年の当レースで4着(0.3差)。
小回りコースで一瞬の末脚を活かすタイプで、舞台は合う。
出遅れがちな鞍上がスタートを決めれば、昨年以上の成績が期待できるだろう。



3番コルテジア
父シンボリクリスエス
母シェルエメール
(ジャングルポケット)
栗東・鈴木孝  
中5週
牡5 青鹿
松山 56.0K
9戦2勝 [2-1-1-5]

約2年ぶりとなった前走のエプソムカップは9着(0.7差)。
先行力がまだ残っていたのと、完走できたことが収穫だった。
乗り替わりもプラスで、叩き2戦目の前進に期待したいが、この人気では。。。。



4番ダブルシャープ
父ベーカバド
母メジロルーシュバー
(アグネスタキオン)
栗東・渡辺  
中9週
牡7 鹿
幸 56.0K
38戦5勝 [5-10-7-16]

勝ち切れない馬だが、JRAでの勝利はいずれも小倉でのもの。
コース相性は文句ない一方、最近は出遅れが目立っているのが気になる。



5番カイザーミノル
父ロードカナロア
母ストライクルート
(Smart Strike)
栗東・北出  
中4週
牡6 鹿
横山典 56.0K
23戦5勝 [5-2-4-12]

1ターンの競馬を続けてきたが、2019年以来の2ターンの競馬。
その時は勝利しているが、久々となる今回、対応できるかどうか。



6番アーデントリー
父エイシンフラッシュ
母パリュール
(リンカーン)
栗東・川村  
中4週
牡6 鹿
坂井 54.0K
29戦4勝 [4-2-2-21]

小倉で3勝を挙げているコース巧者。
前走は一年以上の屈腱炎明けの為、参考外。
叩き2戦目、得意のコースで前進できるか。



7番スーパーフェザー
父ディープインパクト
母オーサムフェザー
(Awesome of Course)
栗東・渡辺  
中4週
セ7 鹿
川須 54.0K
28戦4勝 [4-4-5-15]

小倉でも実績が有るが、どちらかというと広いコース・長い直線で末脚を活かすタイプ。
また出遅れ癖もあり、まずはスタートを決めたい。



8番モズナガレボシ
父グランプリボス
母モズフリムカナイデ
(クロフネ)
栗東・荒川  
中1週
牡5 芦
荻野極 55.0K
29戦4勝 [4-6-3-16]

昨年の小倉記念を勝利した後は、馬券内が無い。
3走前の新潟大賞典での4着(0.3差)は見せ場十分だったが、それ以外の競馬がサッパリ。
実績あるコースで巻き返したいが、、、



9番ワールドウインズ
父ルーラーシップ
母エイジアンウインズ
(フジキセキ)
栗東・武幸  
中8週
セ5 鹿
田中勝 56.0K
22戦4勝 [4-3-1-14]

この馬も小倉で2勝を挙げているコース巧者。
オープンに入ってからは冴えないが、前走で初の馬券内。
古馬になって2ターンの競馬で結果が出ていないのは気になるが、調子は悪くなさそうだ。



10番シャーレイポピー
父ミッキーアイル
母オリエンタルポピー
(キングカメハメハ)
栗東・石坂  
中4週
牝4 鹿
福永 52.0K
12戦4勝 [4-2-0-6]

オープンに昇格して2戦し、ソコソコの結果を残している。
先行力があり、2ターンの競馬もこなしている。
初の小倉も問題なさそうだし、3歳以来の軽ハンデもプラスだ。



11番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添学  
中6週
牡6 鹿
藤岡康 57.0K
23戦4勝 [4-4-1-14]

昨年の当レースで2着(0.1差)。
出遅れながらも、最後は上がり2位の末脚を使っていた。
今回も昨年同様、出遅れて末脚に賭ける競馬となりそうで、展開がハマるかどうかだ。



12番ヴァリアメンテ
父ドゥラメンテ
母ヴァリディオル
(Dynaformer)
栗東・中内田  
中4週
牡4 青鹿
岩田望 54.0K
10戦4勝 [4-1-1-4]

重賞初挑戦。
オープン入り初戦の前走は、末脚を使えず完敗だった。
軽ハンデを活かしてどこまでやれるか。



13番カデナ
父ディープインパクト
母フレンチリヴィエラ
(フレンチデピュティ)
栗東・中竹  
中8週
牡8 鹿
今村 57.5K
39戦4勝 [4-3-4-28]

4走前の小倉大賞典で3着(0.3差)しているように、この舞台は合う。
ただ近走は出遅れてばかりで、展開がハマらないと厳しいだろう。



14番ベレヌス
父タートルボウル
母カフヴァール
(デュランダル)
栗東・杉山晴  
中10週
牡5 鹿
西村淳 55.0K
20戦4勝 [4-2-3-11]

逃げてこそ持ち味を発揮できる馬。
今回、同型馬はいるが、自分の競馬に徹するだろう。



15番ファルコニア
父ディープインパクト
母カンビーナ
(Hawk Wing)
栗東・高野  
中12週
牡5 鹿
川田 56.0K
17戦5勝 [5-4-4-4]

勝ち負け問わず僅差の勝負を続けている堅実な馬。
ただ、古馬になって唯一大きく崩れたのが昨年の小倉記念であり、今回も似た条件のレースであるのは気掛かり。



16番レインボーフラッグ
父ジャングルポケット
母レインボーシーカー
(ダンスインザダーク)
栗東・小崎  
中2週
牡9 鹿
小牧太 52.0K
60戦5勝 [5-8-1-46]

今年は掲示板すらなく、厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はダブルシャープ(単勝13.9倍・9番人気)
小倉巧者であり、どんな相手でもそれなりの競馬が出来るのが強み。
出遅れ癖が最近あるのは気掛かりだが、後入れのインの偶数枠ならば大丈夫では。
鞍上も前走に続いて継続騎乗となるし、馬の事を把握して乗るはず!



▲はカイザーミノル(単勝8.7倍・3番人気)
昨年からの成長が著しく、距離延長となっても対応できるようになっている。
鋭い末脚が無い分、先行力があって簡単に止まらない。
ローカルの2ターンの舞台で、その個性が活きるだろう!



〇はファルコニア
大外枠はマイナスだが、鞍上がそれをカバーするため積極的に乗りそう。
ならば上位に来ることを考えるべき。



以下、展開次第で上位に来れそうな
スーパーフェザーアーデントリーヴァリアメンテ穴人気しているが先行力は強みになるコルテジアを抑える。



◎ダブルシャープ
▲カイザーミノル
〇ファルコニア
△スーパーフェザー
△アーデントリー
△ヴァリアメンテ
△コルテジア



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60