bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


PR
重賞・無料予想はココ!
[的中率]75%
[払戻計]167万4600円
とにかく実績を見てください。
もうココしかないでしょう!
━━━━━━━━━━━━━━
【重賞・無料予想】
■エプソムC →662,580円 払戻
■安田記念  →52,200円 払戻
■鳴尾記念  →93,240円 払戻
■京王杯SC →112,110円 払戻
■京都新聞杯 →×
■青葉賞   →116,580円 払戻
■中山GJ  →30,600円 払戻
■NZT   →138,000円 払戻
■大阪杯   →×
■スプリングS→×
■マーチS  →357,600円 払戻
■金鯱賞   →111,690円 払戻
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
エプソムCは4人気軸に8人気入れて高配当!
馬連80.1倍×3,000円が大きかったですね(*^^*)
ユニコーンS又はマーメイドSもココをチェックです!
→重賞に強い無料予想
重賞は週に1鞍無料公開。
平場のレースも無料公開あるので合わせてご確認ください!




今週はマーメイドステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ウインマイティー
▲ハギノリュクス



【レース展望】
「牝馬限定×芝のタフな中距離レース×ハンデ戦」という要素が組み合わさり、毎年荒れるレースになっている、マーメイドステークス。
時期的に一線級の馬もおらず、天気も読みづらいため、難しいレースになっている。


脚質的には差し馬が有利で、過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで5番手以下だった馬が11頭
軽ハンデの馬が先行してペースが流れることが多いため、直線の短い内回りでも差しや追い込みが届いている。


血統的にはディープインパクト産駒・キングマンボ=キングカメハメハ系ステイゴールド系といった王道血統を持つ馬の他、タフ馬場を得意とする欧州血統を持つ馬も好走している


まとめると、「差し馬の、ディープインパクト産駒・キングマンボ系・ステイゴールド系+欧州血統を持つ馬」を狙いたい。

hanshin_turf_2000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番スルーセブンシーズ
父ドリームジャーニー
母マイティースルー
(クロフネ)
美浦・尾関  
中14週
牝4 鹿
秋山真 52.0K
7戦2勝 [2-1-2-2]

3勝クラスからの格上挑戦。
とはいえ昨年の紫苑ステークスで2着(0.3差)しており、力は有る。
前走も牡馬相手に3着(0.1差)しており、展開が向けば侮れない。
ただこの過剰人気は。。。。



2番ゴルトベルク
父キングカメハメハ
母グルヴェイグ
(ディープインパクト)
美浦・手塚  
中13週
牝5 黒鹿
荻野極 53.0K
10戦4勝 [4-2-1-3]

超良血馬だが、前走の中山牝馬ステークスはシンガリ負け。
人気に力が伴っていない印象だ。
今回は一気に人気が解放されており、それがプラスになれば。



3番ソフトフルート
父ディープインパクト
母ストロベリーフェア
(Kingmambo)
栗東・斉藤崇  
中4週
牝5 黒鹿
川田 54.0K
20戦4勝 [4-1-3-12]

昨年の当レースで1番人気を背負うも大敗。
その後は後方から進めて届かないレースが続く。
前走で先行したら不利があって伸びきれず、今回は鞍上を強化して挑む。
その分、人気とハンデを背負っているのが気になる。



4番ステイブルアスク
父オルフェーヴル
母トレノエンジェル
(タイキシャトル)
栗東・矢作  
中3週
牝4 栗
藤岡康 51.0K
11戦3勝 [3-4-1-3]

3勝クラスからの格上挑戦。
前走、久々の芝で5着(0.8差)とまずまずのレースをしている。
芝ダート問わず鋭い末脚を使っており、ペースが流れれば面白い存在だ。



5番トウシンモンブラン
父ルーラーシップ
母トウシンハンター
(エンパイアメーカー)
栗東・杉山晴  
中4週
牝4 鹿
高倉 51.0K
14戦3勝 [3-4-3-4]

前走で2勝クラスを勝ったばかり。
ただ、2走前の紫苑ステークスで5着(0.5差)に来ており、軽ハンデを加えるとここでも通用しそうだ。
こちらも過剰人気気味。。。。



6番ヴェルトハイム
父ロードカナロア
母ワイルドココ
(Shirocco)
栗東・友道  
中3週
牝4 黒鹿
西村淳 51.0K
12戦3勝 [3-4-0-5]

3勝クラスからの格上挑戦。
前走、1番人気を背負うも4着(0.8差)に完敗だった。
その分、今回は軽ハンデを貰うことが出来たともいえる。
末脚はしっかりしているので、巻き返したい。



7番ウインマイティー
父ゴールドシップ
母アオバコリン
(カコイーシーズ)
栗東・五十嵐  
中5週
牝5 芦
和田竜* 54.0K
14戦3勝 [3-1-1-9]

優駿牝馬の後、パッとしない。
末脚が切れないので、前走のように前へ行くのが良さそうな中、先行馬が少ないメンバー構成がプラスになるかも。



8番キムケンドリーム
父オルフェーヴル
母スターペスミツコ
(カーネギー)
栗東・西村  
中6週
牝5 鹿
小沢* 52.0K
16戦4勝 [4-2-1-9]

芝での実績は新馬戦のみ。
その後はダートで実績を積んでおり、久々の芝では厳しい。



9番ルビーカサブランカ
父キングカメハメハ
母ムードインディゴ
(ダンスインザダーク)
栗東・須貝  
中7週
牝5 栗
岩田望 55.0K
22戦5勝 [5-4-5-8]

今年の愛知杯を勝利後、重賞で2戦続けて馬券外。
末脚はしっかり使っているが、出遅れが響いている。
まずはスタートを決めたい。



10番アイコンテーラー
父ドゥラメンテ
母ボイルトウショウ
(ケイムホーム)
栗東・河内  
中5週
牝4 栗
亀田 53.0K
13戦4勝 [4-0-2-7]

前走の新潟大賞典で1番人気ながら9着(0.7差)。
大きく負けていないし、3走前の小倉で好走しており小回りコースも問題ない。
左回りでしか勝っていないのは気になる一方、人気から解放されるならば見直しが必要だ。



11番クラヴェル
父エピファネイア
母ディアデラマドレ
(キングカメハメハ)
栗東・安田翔  
中21週
牝5 青鹿
北村友 55.0K
14戦3勝 [3-2-4-5]

前走の日経新春杯で8着(1.1差)。
鼻出血と牡馬相手というダブルパンチがあったよう。
昨年の当レースでタイム差無しの2着に来ており実績断然だが、その分ハンデを背負う。
まだ本調子と言い難い鞍上も心配だ。



12番マリアエレーナ
父クロフネ
母テンダリーヴォイス
(ディープインパクト)
栗東・吉田  
中17週
牝4 芦
坂井 55.0K
13戦4勝 [4-3-2-4]

前走の京都記念で8着(0.5差)。
先行したが、最後は牡馬相手に遅れを取った。
今回、それ以来のレースとなる。
ここでは力上位だが、小柄な馬体でハンデを背負い、他馬と渡り合えるかどうか。



13番ハギノリュクス
父ルーラーシップ
母ハギノウィッシュ
(アグネスタキオン)
栗東・高野  
中7週
牝5 黒鹿
酒井 52.0K
16戦4勝 [4-1-1-10]

前走の福島牝馬ステークスで大敗。
他馬から被された上、ハイペースの中を先行してしまった。
勝ち星は全てダートだが、前が手薄な今回のメンバー構成がプラスになる可能性もある。



14番ラヴユーライヴ
父ディープインパクト
母ラヴズオンリーミー
(Storm Cat)
栗東・矢作  
中21週
牝5 鹿
川須 53.0K
13戦4勝 [4-3-1-5]

リアルスティールやラヴズオンリーユーらの妹という超良血馬だが、重賞では結果が出ておらず厳しい。



15番ホウオウエミーズ
父ロードカナロア
母エミーズスマイル
(アグネスタキオン)
美浦・池上  
中7週
牝5 鹿
松山 53.0K
19戦4勝 [4-4-0-11]

昨年の当レースで5着(0.4差)。
出遅れるも最後は差を詰めていた。
そこから鞍上強化で挑む今回、前進が有りそうだ。



16番リアアメリア
父ディープインパクト
母リアアントニア
(Rockport Harbor)
栗東・中内田  
中34週
牝5 黒鹿
幸 55.5K
13戦3勝 [3-0-0-10]

古馬になって一度も掲示板以上が無く、トップハンデで厳しい。
大外からスムーズに先行して、どこまでやれるか。



01_320x100

【最終結論】

◎はウインマイティー(単勝12.1倍・9番人気)
3歳時、今回と同条件の忘れな草賞で快勝しているように、この舞台は合う。
そして芝2400のレースで善戦しているように、スタミナも豊富。
牝馬にとって長距離となる今回のレースはもってこいだし、血統面も問題ない。
更に先行勢が手薄なメンバー構成も追い風となる!



▲はハギノリュクス(単勝37.7倍・14番人気)
こちらも前走より楽に前へ行けそうなので、一変が期待できる。
前走はインで前に行き、常に他馬に被された状態。
今回は外枠となったので、スムーズに先行できそう。
ダートとはいえ阪神コースでも実績が有るので、積極的なレースに期待!



〇はマリアエレーナ
ハンデはキツイが、牡馬相手の実績をふまえるとここでは実力上位。
前に行きそうなのもプラスだ。


以下、初の
軽ハンデを背負うトウシンモンブランヴェルトハイム、一気に人気から解放されるゴルトベルクアイコンテーラーを抑える。



◎ウインマイティー
▲ハギノリュクス
〇マリアエレーナ
△トウシンモンブラン
△ヴェルトハイム
△ゴルトベルク
△アイコンテーラー



その他の予想はこちらから
 


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60