bannere_468x60
競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


【PR】
オリオンS無料公開

重賞メイン前にきっちり稼ぎます!
時に600%超の回収率もあるんです↓
━━━━━━━━━━━━━━
【無料予想の実績】
12/05 阪神10R 逆瀬川S
ワイド3-7:3,000円◎
ワイド3-4:3,000円×
ワイド4.3倍×3,000円
払戻:12,900円/回収率:258%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
【メイン前に稼げる】
・再度山特別 →5,100円/102%
・赤松賞   →32,100円/642%
・出石特別  →6,900円/138%
・ユートピアS→20,200円/404%
━━━━━━━━━━━━━━
赤松賞では4-6人気に2,000円張って高配当!
少頭数で的中率高い競走選んで高配当だします♪
→オリオンSの無料予想
レース前夜買い目チェック♪
土曜日も無料予想あるのでそちらから様子見OKです!



今日は、勝島王冠
(大井競馬1800m)の予想を。
12/8大井競馬11R、発走時間20:10です。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書いている。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。

◎ワークアンドラブ
マンガン




ローテーション・レース傾向分析】
勝島王冠1

交流重賞や南関重賞、あるいはオープン戦からもあり、前走は様々。


3年前からSⅡに格上げされて、メンバーが以前より豪華になった。
今年も当レースから今後活躍する馬が出てきて欲しい!

ooi


【展開分析】
ワークアンドラブが逃げるだろう。
この馬が、一番ハナに拘りそうだ。
それに、トランセンデンス・リッカルド・コズミックフォースらが続きそうだ。

勝手知ったる者同士なので、隊列が決まれば無理に競り合うことはなく、前有利の展開になるだろう。



【ステップレース参考】
出走馬の前走がバラバラの為、省略



レースラップ分析】
ダート戦では珍しく、逃げ差し互角。
過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内の馬が9頭だが、ここ3年で5頭。
メンバーが豪華になっているのもあるが、実力馬が力を発揮している。


もともと大井1800は直線が長くてフェアなコース。
加えて今年も実力馬が揃い、熱いレースになりそうだ。


勝島王冠2


追切タイム  



前日オッズ
前日時点のオッズはこちら。

1 コズミックフォース:4.8
2 リッカルド:6.3
3 ゴールドホイヤー:6.5
4 トランセンデンス:7.6
5 セイカメテオポリス:8.1



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
地方競馬を買うならば、IPATやオッズパークなどもあるが、私は楽天競馬一択だ。
理由は大きく5つ。


1 入会費、年会費、全く無し。完全無料で楽しめる!
2 楽天銀行の口座があれば、最短5分で入会完了!(楽天銀行が無い場合も、最短3分で口座開設完了)
3 365日、スマホやPCで、全国のライブ映像を見ながら全ての馬券を購入できる。ライブ映像は無料、終了したレースの映像も無料で楽しめる!
4 馬券を購入すると、楽天ポイントが数%還元される! 
5 貯まったポイントは、楽天市場楽天ブックスなどで現金の代わりに利用可能!


特に#4が大きい。
その中でも、交流重賞は
ポイント還元が10%なので、非常にオトクだ。
ポイント還元が10%ということは、年間で馬券を10,000円買った場合、1,000円分のポイントが還元されるということ。
これは他には無いオトクなサービスだし、他にも毎月様々なキャンペーンを行っている。


楽天銀行に口座を持っていたり、日頃から楽天市場など楽天のサービスを利用している方は、是非楽天競馬を使うべき。
楽天競馬地方競馬をオトクに買い、馬券を当てましょう!


新規登録時に最大1000円貰えるなど、「お試しキャンペーン」を常時行っているので、まずはチェックして欲しい。 



【出走全馬ワンポイント評価】
1番トランセンデンス
父トランセンド
母タントタント
(シニスターミニスター)
浦和・小久保智  
中6週
牡3 鹿
森泰斗 55.0K
14戦3勝 [3-4-1-6]

前走の埼玉新聞栄冠賞で大敗。
叩き3戦目での巻き返しと斤量減に期待したいが、、、、



2番セイカメテオポリス
父マジェスティックウォリアー
母ボウピープ
(ディープスカイ)
大井・渡辺和雄  
中8週
牡3 鹿
矢野貴 55.0K
10戦3勝 [3-1-1-5]

前走のダービーグランプリで3着(0.9差)。
前が止まる展開となれば、ここでも差し込んできそうだ。



3番エルデュクラージュ
父クロフネ
母エルダンジュ
(サンデーサイレンス)
船橋・川島正一  
中9週
セ7 芦
本田正 57.0K
29戦7勝 [7-2-5-15]

今回が南関東移籍初戦。
4走前のダイオライト記念で3着(0.3差)したように、力はまだ有りそう。
ただ右回りで結果が出ておらず、厳しいのでは。



4番サブノクロヒョウ
父ロージズインメイ
母サブノイナズマ
(カコイーシーズ)
大井・阪本一栄  
中4週
牡8 黒鹿
藤本現 57.0K
70戦6勝 [6-11-4-49]

近走冴えず、厳しい。



5番コズミックフォース
父キングカメハメハ
母ミクロコスモス
(ネオユニヴァース)
大井・藤田輝信  
中10週
牡6 鹿
御神本 57.0K
18戦5勝 [5-2-2-9]

南関東移籍後、オープンでは実績を積んできた。
ただ3走前の報知グランプリカップでは大敗しており、重賞の壁を越えられるかどうか。



6番アングライフェン
父ステイゴールド
母レッドスレッド
(パントレセレブル)
大井・高野毅  
中28週
牡9 鹿
松崎正 57.0K
57戦9勝 [9-11-4-33]

今回は、大井記念以来の休み明け。
鉄砲実績が無く、様子見が妥当。



7番リッカルド
父フサイチリシャール
母キョウエイハツラツ
(オペラハウス)
船橋・佐藤裕太  
中6週
セ10 芦
石崎駿 57.0K
61戦15勝 [15-11-6-29]

昨年の当レースで4着(0.6差)。
3年前の当レースでも5着(1.5差)止まりで、右回りでは割引だ。



8番ブレスジャーニー
父バトルプラン
母エルフィンパーク
(タニノギムレット)
大井・橋本和馬  
中9週
牡7 鹿
山崎良 57.0K
33戦3勝 [3-1-4-25]

こちらも近走冴えず、厳しい。



9番ドーヴァー
父アドマイヤムーン
母オルダニー
(Elusive Quality)
大井・久保田信  
中2週
牡8 栗
東原悠 57.0K
46戦7勝 [7-2-2-35]

大敗続きで厳しい。



10番リコーワルサー
父ブラックタイド
母エトワールステージ
(デヒア)
大井・荒山勝徳  
中4週
牡6 黒鹿
真島大 57.0K
25戦5勝 [5-5-3-12]
 
ホッカイドウ競馬に移籍していたが、再度南関東へ復帰。
実績十分だが、2年前の当レースでも4着(0.8差)止まりで、距離が少し長そうだ。



11番ワークアンドラブ
父シニスターミニスター
母ハナライ
(Medaglia d'Oro)
大井・荒山勝徳  
中7週
牡6 栗
笹川翼 57.0K
39戦9勝 [9-5-4-21]

近走勝てていないが、気分よく逃げることが出来れば好走できる。
ここも単騎で行ければ一変が有りそうだ。



12番ノーブルサターン
父カジノドライヴ
母クロスマイハート
(スペシャルウィーク)
大井・佐野謙二  
中3週
牡7 黒鹿
和田譲 57.0K
41戦5勝 [5-3-6-27]

昨年の当レースでは大敗したが、今年春に今回と同舞台のブリリアントカップで2着(0.2差)に来ている。
休み明け3戦目で変わり身があれば、ソコソコやれてよい。



13番マンガン
父アイルハヴアナザー
母スマートストーム
(アグネスタキオン)
川崎・田島寿一  
中3週
牡4 栗
町田直 58.0K
19戦6勝 [6-5-1-7]

休み明けを3戦して見所無し。
今年冬の活躍を考えると物足りなく、状態が一変すれば侮れないのだが、、、、



14番ゴールドホイヤー
父トランセンド
母ベルグポルカ
(ピルサドスキー)
川崎・岩本洋  
中4週
牡4 鹿
山崎誠 57.0K
14戦6勝 [6-1-0-7]

前走のサンタアニタトロフィーで2着(0.3差)。
休み明け2戦目で一変した。
今回も期待したい一方、昨年の当レースで大敗している上、古馬になって連続好走が無く、過信禁物。



15番フィアットルクス
父ゴールドアリュール
母イントゥザライト
(ブライアンズタイム)
大井・藤田輝信  
中6週
牡6 栗
本橋孝 57.0K
28戦14勝 [14-3-1-10]

前走の埼玉新聞栄冠賞は、南関東移籍後初の大敗+掲示板外。
初の浦和で相手も強かったことを考えると、地元に戻っての巻き返しが有っても良いだろう。



16番デアフルーグ
父ベーカバド
母パイクーニャン
(フレンチデピュティ)
船橋・林正人  
中14週
牡5 鹿
左海誠 57.0K
17戦3勝 [3-1-3-10]

今回が南関東移籍初戦。
3歳春以降、勝利が無いが、2・3走前はオープンで馬券内に来ており、まだやれそう。
3ヶ月半ぶりなので、状態がポイントだ。



01_320x100
【最終結論】
◎はワークアンドラブ
4走前のかしわ記念以降、「マイペースでの逃げ」ができていないが、今回は久々にそれが叶いそうなメンバー構成。
そして近走の成績が冴えない分、マークも緩みそうなので展開も味方に。
大井内回りでの好走が目立つが、外回りでも昨年のブリリアントカップのように逃げて3着(0.5差)しており、この舞台でも好走できる!



▲はマンガン
休み明けの3戦が冴えないが、もともと右回りで走る馬なので近2走は度外視できる。
そして叩き良化型の馬なので、今回は走れるタイミングに有りそう。
更に、4~6走前の好走が寒かった時で、この季節も味方しそうだ!



〇はフィアットルクス
前走こそ崩れたが、それまでの戦績を考えるとここは中心視すべき。
地元に戻って巻き返す番だ。



以下、移籍初戦で状態が心配もまともならばここでも通用するデアフルーグ、
エルデュクラージュ、末脚は古馬相手でも通用しそうなセイカメテオポリス、馬体が絞れていれば一変が有るノーブルサターンを抑える。



◎ワークアンドラブ
▲マンガン
〇フィアットルクス
△デアフルーグ
△エルデュクラージュ
△セイカメテオポリス

△ノーブルサターン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60