bannere_468x60
競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR

マイル無料予想ここをチェック
マイルCS東スポ杯2歳S
━━━━━━━━━━━━━━
マイル戦で高回収率出してる
無料予想を見つけました~!
2歳戦でも高配当出してます♪
━━━━━━━━━━━━━━
無料予想【関屋記念】
着順:6-13-11/4,6,1人気
3連複46倍×500円
払戻額:23,000円/回収率:460%
6番人気カラテ入れ込みオッケー♪
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料予想【函館2歳S】
着順:11-6-1/3,2,10人気
3連複229.4倍×500円
払戻額:114,700円/回収率:2294%
10番人気グランデ粘りの走り!
━━━━━━━━━━━━━━
エリザベス女王杯はさすがに難解も
9番人気クラヴェルしっかり入れてました!
人気薄の入れ込み鋭いのでマイルCSも参考にしてください。
→マイルCS期待の無料予想
『重賞専用』というプラン情報ではみやこSで100万出してます!
興味あればいきなりプラン情報もOKです♪





今週はマイルチャンピオンシップ予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。



◎リプレーザ
▲ダーリントンホール



【レース展望】
秋のマイル王決定戦となる、マイルチャンピオンシップ。
毎年京都競馬場で行われていたが、昨年に続いて阪神で行われる。
(以下、途中まで昨年と同様の内容となっています)


かつては、安田記念とのレースの質が異なり、以下のように比較されていた。

安田記念=ハイペースになることが多く、直線では持続力・底力勝負
・マイルチャンピオンシップ=ハイペースにならず、直線では軽い馬場での瞬発力勝負

ただ、近年は、東京競馬場の高速化+秋の京都競馬場のタフ馬場化が進んだことで、

安田記念=高速馬場のおかげで、ハイペースからのスピード+瞬発力勝負(底力は問われず)
・マイルチャンピオンシップ=タフ馬場のおかげで、スローペースからの瞬発力勝負(タフ馬場に適性があるかどうか)

ということで、レースの質が変わっている。

今年は開催が進んだタフ馬場の阪神競馬場で行われる為、かつて京都競馬場で行われていたようなレース質になりそう。


過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで5番手以内だった馬が10頭
末脚勝負となる場合が多く、差し馬が有利だ。


血統的には、ディープインパクト産駒が優勢。
また、阪神マイルで活躍馬を輩出している、キングマンボ=キングカメハメハ産駒も良さそうだ。
加えて、先週のエリザベス女王杯でも浮上した、欧州血統を持つ産駒にも注意を払いたい。


まとめると、「差し馬の、現代競馬王道血統(+欧州血統)を持つ」を狙いたい。

hanshin_turf_1600




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ホウオウアマゾン
父キングカメハメハ
母ヒカルアマランサス
(アグネスタキオン)
栗東・矢作  
中2週
牡3 栗
坂井 56.0K
8戦3勝 [3-2-1-2]

前走のスワンステークスで逃げて3着(0.2差)。
大幅馬体重増の中、健闘した。
今回も絶好枠を引いて自分の競馬を行いたいが、同型馬がいるのとインの馬場が荒れているのが気掛かり。



2番クリノガウディー
父スクリーンヒーロー
母クリノビリオネア
(ディアブロ)
栗東・藤沢則  
中2週
牡5 栗
岩田望* 57.0K
26戦3勝 [3-2-2-19]

左回り+短距離で良く走っている馬。
右回り+距離延長の今回は、厳しい。



3番シュネルマイスター
父Kingman
母セリエンホルデ
(Soldier Hollow)
美浦・手塚  
中5週
牡3 鹿
横山武 56.0K
6戦4勝 [4-1-1-0]

前走の毎日王冠を勝ち切る。
芝1800以下では安定して走っており、今回も長距離輸送をこなせば上位争いできるだろう。



4番サリオス
父ハーツクライ
母サロミナ
(Lomitas)
美浦・堀  
中23週
牡4 栗
松山 57.0K
9戦4勝 [4-2-0-3]

昨年の当レースで6着(0.4差)。
大外枠から終始後方の外を回り、勝ち負けすることが出来なかった。
その後も完敗続きで成長力やそもそもの実力に疑問がある状態。
厳しいだろう。



5番サウンドキアラ
父ディープインパクト
母サウンドバリアー
(アグネスデジタル)
栗東・安達  
中2週
牝6 鹿
武豊 55.0K
24戦7勝 [7-5-4-8]

前走のスワンステークスで2着(0.1差)。
昨年秋からの低迷を脱した感がある。
ただ叩き2戦目の実績が無く、今回走れるかどうか微妙。



6番ケイデンスコール
父ロードカナロア
母インダクティ
(ハーツクライ)
栗東・安田隆  
中5週
牡5 鹿
岩田康 57.0K
19戦4勝 [4-3-0-12]

前走の毎日王冠は、実績の無い休み明けで完敗。
叩き2戦目の上積みは有りそうだが、G1で通用するかどうかは微妙。



7番インディチャンプ
父ステイゴールド
母ウィルパワー
(キングカメハメハ)
栗東・音無  
中23週
牡6 鹿
福永 57.0K
21戦8勝 [8-2-5-6]

前走の安田記念で4着(0.2差)。
着順を見ると徐々に力が衰えており、勝ち切るまではどうか。



8番ダーリントンホール
父New Approach
母Miss Kenton
(Pivotal)
美浦・木村  
中3週
牡4 鹿
和田竜* 57.0K
8戦2勝 [2-0-2-4]

前走の富士ステークスで5着(0.5差)。
手術明けで初のマイル+出遅れたが、よく追い込んできた。
叩き2戦目の上積みをふまえると、前進が有りそうだ。



9番グレナディアガーズ
父Frankel
母ウェイヴェルアベニュー
(Harlington)
栗東・中内田  
中9週
牡3 鹿
池添 56.0K
7戦2勝 [2-2-2-1]

前走の京成杯オータムハンデで3着(0.1差)。
実質トップハンデを背負って、初の古馬との一戦で健闘した。
ただ休み明けで走る馬であり、叩き2戦目となる今回はお釣りがあるかどうか。



10番ロータスランド
父Point of Entry
母Little Miss Muffet
(Scat Daddy)
栗東・辻野  
中3週
牝4 鹿
田辺 55.0K
11戦5勝 [5-3-0-3]

前走の富士ステークスは、馬体重増が響いたか完敗。
内が伸びない状況で、インを逃げたのもあったか。
叩き2戦目で変わり身があれば、面白い一頭だ。



11番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添学  
中9週
牡5 鹿
戸崎圭 57.0K
19戦4勝 [4-4-1-10]

極端な競馬で結果を出している馬で、前走の京成杯オータムハンデを勝利。
ただG1では通用していないし、追い込み一手で勝ち切るのは難しそう。



12番グランアレグリア
父ディープインパクト
母タピッツフライ
(Tapit)
美浦・藤沢和  
中2週
牝5 鹿
ルメール 55.0K
14戦8勝 [8-2-2-2]

実力はメンバー随一だが、5歳牝馬という事で徐々に力に陰りが見える。
また、前走の天皇賞秋から中2週で長距離輸送を挟んでの参戦は、リスクが有りそうだ。



13番ダノンザキッド
父ジャスタウェイ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・安田隆  
中3週
牡3 鹿
川田 56.0K
6戦3勝 [3-0-1-2]

今年に入って未勝利。
前走の富士ステークスも、大幅馬体重プラスがあったとはいえ4着(0.5差)。
この馬も成長力に疑問があり、厳しそうだ。



14番リプレーザ
父リオンディーズ
母サウスエンピリカル
(マンハッタンカフェ)
栗東・大根田  
中2週
牡3 鹿
幸 56.0K
8戦3勝 [3-1-2-2]

芝とダートを使われて適性がまだ未確定だが、芝ではいつも良い末脚を使っている。
外差ししやすい外枠もプラスだし、叩き2戦目の上積みを考えると注意すべき。



15番サウンドカナロア
父ロードカナロア
母ミッドナイトダンス
(ダンスインザダーク)
栗東・村山  
中17週
牡5 鹿
藤岡康* 57.0K
20戦3勝 [3-3-2-12]

まだ3勝馬。
厳しい。



16番レインボーフラッグ
父ジャングルポケット
母レインボーシーカー
(ダンスインザダーク)
栗東・小崎  
中6週
牡8 鹿
小崎* 57.0K
52戦5勝 [5-8-1-38]

オープンで掲示板がやっとの状況。
厳しい。



01_320x100

【最終結論】

◎はリプレーザ(単勝88.6倍・13番人気)
昨年は勝ち時計も上がり時計も早かったが、今年は明らかに昨年よりも時計のかかる馬場になっている。
そうなると、ダートで鍛えたパワーを持ち、かつ芝でも鋭い上りの末脚を使っている、当馬に食指が動く。
父もこの舞台で激走し、G1をゲットした。
その仔である当馬は、初の芝マイルとなる当レースで同じように激走してもおかしくない。
鞍上も、先週のG1で外を廻して差し込む競馬を行ったばかり。
その再現に期待!



▲はダーリントンホール(単勝57.5倍・12番人気)
今年の馬場は力を要しているため、欧州血統の当馬を穴にピックアップ。
まだ8戦で順調に使う事が出来ていないが、今回は久々に連続して使える。
そうすることで、叩き2戦目の上積みが期待できる。
あとは出遅れ癖があるので、スタートを決めたい。



〇はシュネルマイスター
2走前から古馬に通用している力は侮れない。
人気を背負っている他馬に不安が有る中、この馬が一番信頼できる。



以下、
昨年当舞台のG1で好走したグレナディアガーズ昨年の当レースの覇者のグランアレグリア昨年の当レースの2着馬のインディチャンプ、追い込みに徹すれば入着は有り得るカテドラルを抑える。



◎リプレーザ
▲ダーリントンホール
〇シュネルマイスター
△グレナディアガーズ
△グランアレグリア
△インディチャンプ
△カテドラル



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60