bannere_468x60
競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR:無料予想・逆境セレクト
今週は菊花賞で稼ぐ
オークス53万・ローズS11万から信じて
秋華賞もココの買い目に間違いなし!
────────────────────
『逆境セレクト(無料観覧)』
・秋華賞  4-2-3人気
3連単26,410円
穴馬の10人気エイシンヒテンも4着と激走!
・優駿牝馬 3-2-16人気
3連単532,180円
16人気ハギノピリナ穴馬に入れ高額馬券!
────────────────────

────────────────────
毎日王冠     3連単2,820円
スプリンターズS 3連単38,610円
清秋JS     3連単306,710円
ローズS     3連単117,100円
小倉2歳S    3連単49,390円
キーンランドC  3連単267,390円
小倉記念     3連単93,130円
関屋記念     3連単46,820円
エルムS     3連単194,430円
※これぜ~んぶ無料で見れた予想です。
────────────────────
菊花賞は過去の傾向だと5~10人気が絡みやすい。
穴馬含めてココが選んだ買い目をチェック推奨します!
→菊花賞週の無料予想
無料メール登録後『逆境セレクト』をチェックしてください。
走る・稼ぐ・0円情報・・最高なんです!



今週は菊花賞予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ヴァイスメテオール
▲ワールドリバイバル



【レース展望】
3歳牡馬3冠の最終戦となる菊花賞。
例年京都で行われていたが、今年は阪神芝3000で行われる。

阪神芝3000で例年行われている重賞といえば阪神大賞典。
そのレース傾向を探っていく。

同レースは、毎年2周目の3コーナー手前の下り坂からロングスパート合戦になっている。
そのため、長く良い脚を使えるかが勝負だ。
直線一気は厳しく、過去5年で馬券内に来た15頭中、4コーナーで4番手以内だった馬が10頭
まだまだ阪神の馬場は良いし、基本はインで先行しそうな馬が有利だろう。

そして血統的には、持久力のあるトニービン=ハーツクライの血を持つ馬が強い。


まとめると、「イン先行しそうなトニービン=ハーツクライの血を持つ馬」を狙いたい。

hanshin_turf_3000


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ワールドリバイバル
父エピファネイア
母セシリア
(アグネスタキオン)
栗東・牧田  
中4週
牡3 鹿
津村 57.0K
9戦2勝 [2-1-1-5]

前走のセントライト記念は、途中からハナを切るも厳しいマークにあって大敗。
好枠を活かしてスンナリ先行できれば、2走前のラジオNIKKEI賞のような激走が有りそうだが、、、、



2番アサマノイタズラ
父ヴィクトワールピサ
母ハイタッチクイーン
(キングヘイロー)
美浦・手塚  
中4週
牡3 黒鹿
田辺 57.0K
7戦2勝 [2-1-1-3]

前走のセントライト記念は、後方待機がハマった感が。
初の長距離輸送の克服と前回ほど流れそうになりレースの流れが、当馬にとって厳しそう。



3番タイトルホルダー
父ドゥラメンテ
母メーヴェ
(Motivator)
美浦・栗田  
中4週
牡3 鹿
横山武 57.0K
7戦2勝 [2-2-0-3]

前走のセントライト記念は、終始マークされ包まれて何もできず、大敗。
2・3走前のようにスンナリ先行すれば巻き返すことが出来そうだ。



4番ロードトゥフェイム
父マツリダゴッホ
母ラドランファーマ
(ホワイトマズル)
美浦・尾形  
中3週
牡3 鹿
丹内 57.0K
8戦3勝 [3-0-1-4]

前走の2勝クラスでタイム差なしの勝利。
ただ3・4走前の重賞では完敗しており、春の実績馬とどこまで力差が詰まっているかは微妙。



5番レッドジェネシス
父ディープインパクト
母リュズキナ
(Storm Cat)
栗東・友道  
中3週
牡3 鹿
川田 57.0K
9戦3勝 [3-1-2-3]

前走の神戸新聞杯でタイム差なしの2着。
2走前の東京優駿は大敗したが、夏を越して成長を見せた。
ただ道悪がプラスした面もありそうで、過信禁物だ。



6番セファーラジエル
父キズナ
母ダークサファイア
(Out of Place)
栗東・高柳大  
中3週
牡3 鹿
鮫島駿 57.0K
9戦2勝 [2-3-0-4]

前走の神戸新聞杯で大敗。
2走前のオープンでの勝利は少頭数かつ弱メンバーによるもので、厳しい。
枠は良いのだが、、、、



7番ディープモンスター
父ディープインパクト
母シスタリーラヴ
(Bellamy Road)
栗東・池江  
中20週
牡3 青鹿
武豊 57.0K
6戦3勝 [3-1-0-2]

3走前にオープンを勝利したが、その後の2戦が完敗。
一線級とは力差がありそうで、厳しい。



8番エアサージュ
父Point of Entry
母Nokaze
(エンパイアメーカー)
栗東・池添学  
中8週
牡3 鹿
藤岡佑 57.0K
4戦3勝 [3-0-0-1]

逃げて連勝中。
とはいえ相手がさほど強くなかったこともあるし、時計のかかる馬場だからこそハナを切れたのも有りそう。
鞍上も不安だ。



9番ヴェローチェオロ
父ゴールドシップ
母プレシャスライフ
(タイキシャトル)
栗東・須貝  
中1週
牡3 栗
幸* 57.0K
10戦2勝 [2-1-2-5]

2走前の重賞では完敗だったが、休み明けの前走で2勝クラスを快勝。
再度地元のレースで走れるのはプラスだ。
最大の不安は、鞍上だろう。



10番モンテディオ
父ジャスタウェイ
母ディオニージア
(Tejano Run)
栗東・四位  
中3週
牡3 鹿
横山和 57.0K
11戦2勝 [2-4-3-2]

前走の神戸新聞杯で3着(0.5差)。
先行して粘り、長距離適性を示した。
スタミナが求められる展開ならば再浮上しそうだが、スピードが必要になったら厳しそう。



11番ディヴァインラヴ
父エピファネイア
母ディープラヴ
(ディープインパクト)
栗東・斉藤崇  
中4週
牝3 鹿
福永 55.0K
7戦3勝 [3-0-0-4]

牝馬ながら、ここ2戦で中長距離の条件戦を連勝中。
ただ負かした相手が強くなく、3走前にはハギノピリナらに完敗。
厳しいだろう。



12番ノースザワールド
父ディープインパクト
母パスオブドリームズ
(Giant's Causeway)
栗東・大久保龍志  
中2週
牡3 青鹿
和田竜 57.0K
11戦2勝 [2-3-1-5]

クラヴァシュドールの弟という良血馬。
ここ2戦、上がり最速の末脚をマークしているが、2勝クラスでのもの。
重賞では厳しい。



13番アリーヴォ
父ドゥラメンテ
母エスメラルディーナ
(Harlan's Holiday)
栗東・杉山晴  
中9週
牡3 鹿
Mデムーロ 57.0K
7戦3勝 [3-1-2-1]

2連勝中。
とはいえ3・4走前は条件戦で敗れており、相手が相当強くなる今回は厳しそう。



14番ステラヴェローチェ
父バゴ
母オーマイベイビー
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中3週
牡3 黒鹿
吉田隼 57.0K
7戦3勝 [3-1-2-1]

前走の神戸新聞杯を快勝。
馬体を大きく成長させての勝利で、クラシック路線で魅せた実力を示した。
今回はこれまでと異なりマークされる立場になるため、勝ちに行く競馬をした時にどうなるかが不安。



15番ヴァイスメテオール
父キングカメハメハ
母シャトーブランシュ
(キングヘイロー)
美浦・岩戸  
中15週
牡3 鹿
丸山 57.0K
5戦3勝 [3-0-0-2]

前走のラジオNIKKEI賞を快勝。
小回りコースへの適性を示した。
何気に上がり最速の末脚を3戦続けて使えており、しまいの脚が確かなのもポイント。



16番グラティアス
父ハーツクライ
母マラコスタムブラダ
(Lizard Island)
美浦・加藤征  
中4週
牡3 鹿
松山 57.0K
5戦2勝 [2-0-0-3]

春のクラシック2戦で敗退し、前走のセントライト記念も大敗。
叩かれた上積みはありそうだが、レシステンシアらの弟という事で距離不安がある。



17番ヴィクティファルス
父ハーツクライ
母ヴィルジニア
(Galileo)
栗東・池添学  
中4週
牡3 鹿
池添 57.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

4走前のスプリングステークスで勝利したが、その後の3走が見せ場無し。
休み明けの前走で馬体の成長も無く、今回も厳しい。



18番オーソクレース
父エピファネイア
母マリアライト
(ディープインパクト)
美浦・久保田  
中4週
牡3 黒鹿
ルメール 57.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

休み明けとなった前走のセントライト記念で3着(0.4差)。
叩いた上積みがあれば前走以上が期待できるので、後は初の長距離輸送への対応と大外枠の克服がカギ。




01_320x100

【最終結論】

◎はヴァイスメテオール(単勝22.1倍・9番人気)
枠が外過ぎるのは確かだが、その分オッズが上がっていると考えれば良し。
この鞍上では出遅れが起きていないし、3~4コーナーで進出できる器用さがあるのもプラス。
血統的にも母父キングヘイローならばスタミナ十分だろうし、上記の通り末脚も確か。
天下のノーザンファーム出身+NF天栄仕上げというのもプラスだ。



▲はワールドリバイバル(単勝69.5倍・17番人気)
絶好枠を活かして行くだけ。
やる事が明確だし、人気が無い分、マイペースで運べそう。
タイトルホルダーは人気を背負う分、深追いして来ないだろうし、エアサージュも控えて結果を出した事があるから無理をしないはず。
ならば、当馬の逃げがハマる可能性が有る。
奇しくも、ラジオNIKKEI賞のワンツー組に期待することとなった!



〇はタイトルホルダー
前走のセントライト記念は、包まれて競馬をしていない。
この枠ならば、枠なりに先行できるし、インをロスなく進めてスタミナ温存も可能だ。



以下、
血統的に注目のグラディアスモンテディオ、内枠を引けたレッドジェネシスセファーラジエルを抑える。



◎ヴァイスメテオール
▲ワールドリバイバル
〇タイトルホルダー
△グラディアス
△モンテディオ
△レッドジェネシス
△セファーラジエル



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60