bannere_468x60
競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた戸塚記念の回顧を。





PR:波乱も堅めも展開OK
ローズSも無料予想期待
波乱の夏競馬・攻略を含めて・・
堅いセントウルSもプラスです!
━━━━━━━━━━━━━━
-直近の無料予想-
■9/12 中京11R セントウルS
着順:8-15-4/3連複17.9倍
払戻:8,950円/回収率:179%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
荒れた夏競馬も攻略
■新潟記念   →141,900円/2338%
12人気マイネルファンロン激走~
■キーンランドC→326,750円/6535%
10人気セイウンコウセイ読みOK
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
ローズS過去の実績
2020年:3-14-11人気/2019年:1-6-2人気
2018年:5-2-13人気/2017年:8-6-3人気
かなりの荒れ傾向ですね!
ということは穴馬入れ込み妙味な
ココの無料予想は絶対に見るべきです!
→ローズSも期待の無料予想
無料メルマガ登録後に買い目をチェックしてください♪
実はここ2ヶ月で230万円のプラス収支だしているんです!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
戸塚記念3

セイカメテオポリスが重賞初制覇!
春のクラシックでは結果が出なかったが、ここで戴冠となった。

上位人気馬が崩れて、波乱の結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
戸塚記念4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・6.5ハロンの通過が例年並み~早め。
キャッスルトップの逃げにギャルダルが絡んで、息の入らない流れとなった。

そして川崎2100らしく、残り4ハロンからスパートが始まって、先行した2頭が失速。
結果、差し馬が台頭することとなった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ほぼ横一線のスタート。


好スタートを切ったのはギャルダル。
しかし内から押してキャッスルトップがハナを狙い、先頭へ。
ギャルダルは番手に控えて、その後ろはインからトランセンデンス・ジョエル・ランドファースト。
更にインからセイカメテオポリスとギガキング。
馬群が縦長となった。


1周目の3~4コーナー過ぎで、キャッスルトップが1馬身差の逃げ。
番手にギャルダル、3番手は先ほどの3頭。
その後ろもセイカメテオポリスとギガキングで変わらず。
隊列が固まり、淡々と進んでいるように見える。


1~2コーナーで、キャッスルトップが依然として1馬身差の逃げ。
番手のギャルダルがキャッスルトップに並ぼうとプレッシャーをかける。
その後ろの3番手集団は、ランドファーストが脱落気味。
代わって、セイカメテオポリスとギガキングが前へ。
その後ろにサヨノグローリーとブライトフラッグがいるが、手応えは良くない。
徐々にペースが上がっている。


3~4コーナー手前でギャルダルがキャッスルトップをかわして先頭へ。
キャッスルトップは失速し、代わってジョエルが番手になる。
その後ろには、外に切り替えたトランセンデンス。
更に後方から、セイカメテオポリスとギガキング。
サヨノグローリーとブライトフラッグは更に外を回った。


直線、ギャルダルが後続を突き放そうとする
ジョエルが必死に追うが、なかなか差が詰まらない。
このままギャルダルが押し切りそうだったが、外からトランセンデンス・インからセイカメテオポリスが強襲。


中でも、インを突いたセイカメテオポリスの伸び足が良く、ゴール前でギャルダルを一気に交わしてそのまま1着でゴール。
その後ろは3頭が横並びでゴールしたが、僅かにトランセンデンスが2着、ジョエルが3着となった。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:
セイカメテオポリス
父マジェスティックウォリアー
母ボウピープ
(ディープスカイ)
大井・渡辺和雄  
中8週
牡3 鹿
矢野貴 56.0K

休み明けだが、馬体重-14Kは仕上げていたよう。
スタートを決めて、終始インをロスなく進め、直線もインにこだわった好騎乗。
先行勢が競り合って展開が味方したこともあるが、春の雪辱を果たした。
何度か本命視した後、今回軽視してしまったが、ここで勝利か。。。。



2着:△
トランセンデンス
父トランセンド
母タントタント
(シニスターミニスター)
浦和・小久保智  
中13週
牡3 鹿
森泰斗 56.0K

こちらもスタートを決めた後、道中はずっとインを進んで無駄のない走り。
結局、1・2着馬がインを進んでスタミナを温存したことが着順に繋がったよう。
そういう意味では、騎手の力差が出たといえる。
馬自身は、羽田盃を勝利しているように力が有るし、馬体重+11Kは成長分だろう。



3着:◎
ジョエル
父トーセンブライト
母トーセンレインボー
(ダイワメジャー)
船橋・張田京  
中3週
牡3 鹿
張田昂 56.0K

前・外でレースを進めてここまで踏ん張ったのだから、この馬も力を付けている。
使われながら馬体重が増えているのも良いし、この調子で順調に成長して欲しい。



8着:▲ブライトフラッグ
父ヴィクトワールピサ
母ブライトアバンダンス
(Quiet American)
大井・藤田輝信  
中8週
牡3 鹿
本橋孝 56.0K

後方から外を進み続けて、最後は失速。
枠に恵まれなかったのも有るし、小回りコースも合わなかったようだ。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60