bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた帝王賞の回顧を。





PR:夏競馬で勝ちたい人必見
・まずは勝ちグセつけたい!
・ライト感覚に楽しみたい!
・初心者さんが始めやすい!
そんな人無料予想こちらです↓
━━━━━━━━━━━━━━
[無料予想]HTB杯
ワイド2-4的中/2倍×3,000円
払戻:6,000円/回収率:120%
[無料予想]開成山特別
ワイド6-7的中/2.3倍×2,000円
払戻:6,900円/回収率:138%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
回収率狙い目は150~250&
・6/20東京8R:156%・6/19札幌9R:108%
・ホンコンJCT:270%・調布時別:188%・早苗賞162%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料予想で勝ちグセ付けたら
プラン情報に進むのもオススメ!
20~30万稼げる情報が沢山あります◎
〖かんたん無料登録へ移動〗
↑無料予想はこちらからチェック◎
今週は津軽海峡特別を公開です!




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
帝王賞3

テーオーケインズが3連勝で交流重賞初制覇!
豪華メンバーの一戦を制し、4歳馬でダートの頂点に立った。

1~3番人気馬が総崩れで、3連単は280万円超の大荒れ。
非常に難しい決着となった。


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】

帝王賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過が早め。
最近馬場の早い大井だが、それでも先行馬に苦しい流れとなった。

その結果、インで溜めた馬・スタミナ自慢の馬が上位に。
先行したり道中で外を回した馬が、総崩れとなった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
ほぼ横一線のスタート。


好スタートを切ったのはテーオーケインズ。
逃げるとされたカジノフォンテンは、二の脚が付かず、押している。
隣で押しているダノンファラオのほうが前に出ており、カジノフォンテンがなかなか先頭へ行けない、、、
押して押して、直線途中でようやくハナへ。
番手にテーオーケインズとダノンファラオが並び、そこへ外からオーヴェルニュ。
チュウワウィザードとクリンチャーも前に行った。
以下、マルシュロレーヌ・ミューチャリー。
オメガパフュームは後方から。


1~2コーナーで、カジノフォンテンが半馬身差の逃げ。
番手にダノンファラオ、3番手にオーヴェルニュ。
インからテーオーケインズ、外にクリンチャー。
間にいるチュウワウィザードは、向こう正面で手が動き始める。
少し空いて、マルシュロレーヌ・ミューチャリー・オメガパフューム。
更に空いて、インからノンコノユメ。
1000通過が61秒くらいだが、先頭からノンコノユメまで馬群が固まっている。


3~4コーナーで、カジノフォンテンが後続を振り切ろうとする。
その結果、7ハロン通過が、ほぼ過去最速。
番手のダノンファラオ・3番手のオーヴェルニュ・4番手のクリンチャーは激しく手が動いている。
そんな中、インを進むテーオーケインズの手応えは絶好。
その後ろのインから、ノンコノユメが一気に差を詰める。



直線、カジノフォンテンに他馬が襲い掛かる。
最内からテーオーケインズ、外からクリンチャーが伸びて、先行勢は失速。
残り200を切って、テーオーケインズが一気に抜け出し、後続を突き放す。
また、2番手集団を見ると、いつの間にか外に出したノンコノユメが、前を追っている。


残り100を切ってもテーオーケインズの脚色は全く衰えず、そのまま1着でゴール。
2着争いは、ゴール前でノンコノユメがクリンチャーを交わした。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎テ
ーオーケインズ
父シニスターミニスター
母マキシムカフェ
(マンハッタンカフェ)
栗東・高柳大輔  
中9週
牡4 栗
松山弘 57.0K

スタートを決めてすぐインを取り、道中もロスなく進める。
馬群の中でも全く問題なく進めて、直線はインから抜け出して完勝。
近走の勢いは凄かったし、4歳でこのメンバー相手にこの強さ。
そして、この好時計勝ち。
新たなヒーローの誕生だ!



2着:
ノンコノユメ
父トワイニング
母ノンコ
(アグネスタキオン)
大井・荒山勝徳  
中18週
セ9 栃栗
真島大 57.0K

9歳に加えて近走成績から軽視したが、本当にすみませんでした。。。
前崩れの展開に加えて、陣営の立て直し・鞍上の好騎乗が加わり、一昨年に続く激走だった。
さすがG1ホース、ただただ素晴らしい馬。



3着:クリンチャー
父ディープスカイ
母ザフェイツ
(ブライアンズタイム)
栗東・宮本博  
中15週
牡7 鹿
C.ルメール 57.0K

外を回す展開は厳しかったが、スタミナを活かしてロングスパートを敢行。
最後は3着に落ちてしまったが、上位人気馬に先着したのは立派。
ペースが流れたのも、この馬には良かった。



4着:▲ミューチャリー
父パイロ
母ゴッドビラブドミー
(ブライアンズタイム)
船橋・矢野義幸  
中5週
牡5 芦
御神本 57.0K

前走で捲ったように3コーナーから仕掛けたが、前に行けず。
結果的に直線では、2走前等のように後方の位置取りとなってしまった。
最後は差を詰めているのだが、また掲示板止まり。
実に歯痒い。。。。



6着:〇チュウワウィザード
父キングカメハメハ
母チュウワブロッサム
(デュランダル)
栗東・大久保龍  
中13週
牡6 青鹿
戸崎圭 57.0K

3コーナー前から手応えが良くなく、4コーナーでは実質後方2番手。
そこからインを進むも、この馬らしい伸びが無し。
海外帰りの調整は難しかったよう。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60