bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



桜花賞無料予想3連単的中!
最終見解5頭に注目なんです!
─────────────────────
ココ最近重賞好調
高松宮記念  指数2→4→1位
毎日杯    指数2→1→6位
フラワーC  指数5→4→1位
ファルコンS 指数5→1→2位
フェブラリーS指数5→5→3位
─────────────────────
推奨指数上位6頭から
管理人最終見解で5頭まで絞り込み
毎度それが頼りになる無料情報!!
コラボ指数データ上は・・・
ソダシ      指数1位
サトノレイナス  指数2位
メイケイエール  指数3位
アカイトリノムスメ指数4位
エリザベスタワー 指数5位
アールドヴィーヴル指数6位 だったんですが!
─────────────────────


最終見解では・・・桜花賞はこの5頭!
02番ファインルージュ (指数7位)
04番ソダシ      (指数1位)
05番アカイトリノムスメ(指数4位)
07番ククナ      (指数8位)
18番サトノレイナス  (指数2位)
─────────────────────

─────────────────────
でしっかり補正推奨し3連単的中!!
ファインルージュをしっかり推奨!
指数1位2位はやはり鉄板
好走予感穴馬を最後にうまく補正
さすが管理人さん!お見事ですね。
そして今週末は・・【皐月賞】
皐月賞みたい方は無料メルマガ登録↓
当日公式ブログ(完全競馬攻略という箇所)チェック↓
指数上位6頭&最終見解5頭チェック
これで皐月賞攻略できるはずです!
皐月賞最終見解はコチラ
無料公開週末36レース+皐月賞
ここは馬券前に要~~~チェックなんです!



今週は皐月賞予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎レッドベルオーブ
▲ステラヴェローチェ



【レース展望】
牡馬クラシックの第一弾となる皐月賞。
牝馬路線とは異なり、内回りコースでの頂上決戦という事で、適性が能力を上回る事がある。
また、ペースが流れる場合が多く、スローペースばかりのトライアル戦からどれだけパフォーマンスを上げることができるかがポイントだ。


周知の通り、最近はトライアルを使わずに本番に臨む馬が増えている。
過去5年で馬券内に来た15頭中、前走がトライアル(弥生賞・スプリングステークス・若葉ステークス)だった馬は6頭のみ。
また、前走で馬券内だった馬が14頭で大敗からの巻き返しは困難だ。


血統的には、
クラシック王道血統が無難に走っている。
ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒は、普通に重視したい。
なお、当レースは中山開催の最終週に行われる為、タフな馬場となる事も多く、特に雨が降るとよりその傾向が強まる。
その場合、欧州血統を持つ馬が浮上している。

まとめると、「前走で馬券内に来てトライアル以外を使用したクラシック王道血統馬」を狙いたい。

nakayama_turf_2000




【出走全馬ワンポイント評価】
1番アドマイヤハダル
父ロードカナロア
母スウェアトウショウ
(ディープインパクト)
栗東・大久保  
中3週
牡3 鹿
ルメール* 57.0K
4戦3勝 [3-0-0-1]

前走の若葉ステークスを快勝。
2走前にはディープモンスターを下しているし、休養して馬がパワーアップした可能性大。
鞍上も心強い。



2番ルーパステソーロ
父ゴールドシップ
母ハピネスフォーユー
(A.P. Indy)
美浦・加藤士  
中2週
牡3 芦
木幡巧* 57.0
7戦1勝 [1-1-1-4]

1勝クラスを勝てておらず、厳しい。



3番ステラヴェローチェ
父バゴ
母オーマイベイビー
(ディープインパクト)
栗東・須貝  
中8週
牡3 黒鹿
吉田隼 57.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走の共同通信杯は、他馬より1K重い斤量が響いたようで5着(0.5差)。
今回は同斤となるし、3走前に不良馬場で快勝してパワーもある。
巻き返しに期待。



4番イルーシヴパンサー
父ハーツクライ
母イルーシヴキャット
(キングカメハメハ)
美浦・久保田  
中3週
牡3 黒鹿
大野* 57.0K
4戦1勝 [1-2-0-1]

前走のスプリングステークスで4着(0.5差)。
その前の1勝クラスで勝てておらず、厳しい。



5番ヴィクティファルス
父ハーツクライ
母ヴィルジニア
(Galileo)
栗東・池添学  
中3週
牡3 鹿
池添 57.0K
3戦2勝 [2-1-0-0]

前走のスプリングステークスを、上がり最速の末脚で勝利。
重馬場でパワーを見せた。
2走前の共同通信杯での2着(0.4差)では早い上りを使っており、どんな競馬でも対応できそう。
後は、前走を使った反動や疲れが無ければ。



6番ヨーホーレイク
父ディープインパクト
母クロウキャニオン
(フレンチデピュティ)
栗東・友道  
中9週
牡3 鹿
岩田望 57.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

カミノタサハラらの弟という良血だが、早い上りを使えない弱点がある。
結果、ここ2戦の重賞では善戦すれど勝ち切れておらず、今回も厳しそうだ。
馬場の悪化がプラスになれば。



7番エフフォーリア
父エピファネイア
母ケイティーズハート
(ハーツクライ)
美浦・鹿戸  
中8週
牡3 鹿
横山武 57.0K
3戦3勝 [3-0-0-0]

3連勝中。
前走の共同通信杯も、先行して早い上りを使い、快勝した。
実績十分な一方、初の多頭数レースとなる今回、揉まれたり外を大きく回した際に一抹の不安が。



8番ダノンザキッド
父ジャスタウェイ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・安田隆  
中5週
牡3 鹿
川田 57.0K
4戦3勝 [3-0-1-0]

3連勝でホープフルステークスを制したが、前走のディープインパクト記念弥生賞で3着(0.3差)。
馬体の成長も無く、物足りない結果だった。
一叩きされての変わり身に期待したいが、、、



9番ラーゴム
父オルフェーヴル
母シュガーショック
(Candy Ride)
栗東・斉藤崇  
中9週
牡3 栗
北村友 57.0K
4戦2勝 [2-2-0-0]

右回りではモタレて走っており、左回りよりパフォーマンスが良くない。
気性の難しい馬でもあり、厳しい。



10番シュヴァリエローズ
父ディープインパクト
母ヴィアンローズ
(Sevres Rose)
栗東・清水久  
中3週
牡3 鹿
三浦 57.0K
5戦2勝 [2-1-0-2]

前走の若葉ステークスで2着(0.5差)。
2走前のホープフルステークスで5着(0.6差)に完敗しており、一線級との力差がありそうだ。
厳しい。



11番ディープモンスター
父ディープインパクト
母シスタリーラヴ
(Bellamy Road)
栗東・池江  
中6週
牡3 青鹿
戸崎圭 57.0K
4戦3勝 [3-1-0-0]

名前から人気になっているが、出遅れ癖があるのと早い上りを使うことができていない。
負かした相手も重賞で通用しておらず、過剰人気に感じる。



12番ワールドリバイバル
父エピファネイア
母セシリア
(アグネスタキオン)
栗東・牧田  
中3週
牡3 鹿
菱田 57.0K
6戦2勝 [2-0-1-3]

前走のスプリングステークスで6着(0.7差)。
今回はタイトルホルダーら同型馬がおり、厳しい。



13番タイトルホルダー
父ドゥラメンテ
母メーヴェ
(Motivator)
美浦・栗田  
中5週
牡3 鹿
田辺 57.0K
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走のディープインパクト記念弥生賞での勝利は、楽に逃げられたのが勝因。
今回は他馬のマークが厳しくなりそうだ。



14番アサマノイタズラ
父ヴィクトワールピサ
母ハイタッチクイーン
(キングヘイロー)
美浦・手塚  
中3週
牡3 黒鹿
嶋田 57.0K
4戦1勝 [1-1-1-1]

前走のスプリングステークスでタイム差なしの2着。
重馬場の中、早めに動いて最後まで踏ん張った。
ただその競馬ではどうしても目標にされがちで、他馬に差されてしまう。
鞍上も不安だ。



15番グラティアス
父ハーツクライ
母マラコスタムブラダ
(Lizard Island)
美浦・加藤征  
中12週
牡3 鹿
Mデムーロ 57.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

前走で京成杯を勝利したが、相手が弱くて強調材料とならず。
レシステンシアの弟という良血だが、現時点で姉ほどの力は無さそうだ。



16番レッドベルオーブ
父ディープインパクト
母レッドファンタジア
(Unbridled's Song)
栗東・藤原英  
中16週
牡3 青鹿
福永 57.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

前走の朝日杯フューチュリティステークスは、1番人気ながら3着(0.4差)。
物足りない結果だったが、4戦続けての1番人気から解放される今回は、気楽に乗れそうだ。



01_320x100
【最終結論】
◎はレッドベルオーブ(単勝17.6倍・9番人気)
桜花賞に続く、今週も別路線組+ノーザンファーム出身馬に託したい。
当馬は上記の通り、ずっと人気の中心に推され続けていた実力馬。
兄のレッドベルジュールも重賞勝ちで、当馬も既に重賞勝ちしていて力が有る。
また、マイルでの好走が有り、皐月賞特有の早いペースになってもついていけるスピードが武器。
更に最終週+雨の影響がある馬場で、状態の良い外を通れるのもプラス。
前哨戦を使わなかったのも余力をふまえると良さそうで、前走からの一変が有る!



▲はステラヴェローチェ(単勝13.3倍・5番人気)
こちらも別路線組+ノーザンファーム出身馬。
前走の共同通信杯から状況が好転する要素が多い。
前走で馬券外となったことは不安だが、2週続けて、この鞍上+厩舎がG1を勝利してもおかしくない!



〇はヴィクティファルス
上位陣からは、トライアルを勝利したノーザンファーム出身の当馬をピックアップ。
中山で好走しているのと、悪馬場での実績が心強い。



以下、
実績上位のダノンザキッド前走でオープン好走したアドマイヤハダルエフフォーリアタイトルホルダーを抑える。



◎レッドベルジュール
▲ステラヴェローチェ
〇ヴィクティファルス
△ダノンザキッド
△アドマイヤハダル
△エフフォーリア
△タイトルホルダー



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60