bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたエンプレス杯の回顧を。





無料公開重賞/中山記念
連勝&また人気薄上位推奨で・・・
中山記念3連単的中!!!

──────────────────────
ウインイクシード 7番人気指数4位推奨3着
ケイデンスコール 5番人気指数2位推奨2着
──────────────────────

先々週無料公開~フェブラリーS
エアスピネル  9番人気指数5位推奨2着
ワンダーリーデル8番人気指数3位推奨3着
結論上位推奨馬決着の連勝!!
実は土曜重賞も京都牝馬Sで
ブランノワール9番人気指数4位推奨3着
──────────────────────
7~10人気を上位6位までに推奨する場合
買い!!かもしれません!

無料公開重賞いい感じです!無料公開前半でも2月21日阪神4R 13→11→1人気→指数6→4→1位3連単862970円!完全出来過ぎですが・・・ これで無料公開予想!!
弥生賞+他無料レースあり
↑からメール登録し前夜コラボ指数上位馬をチェック
答え合わせに最適、1月2月の戦績見てみてください(無料)





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
エンプレス杯3

マルシュロレーヌが重賞3勝目!
今回もレース上がりを1秒近く上回る、上がり最速の末脚で突き抜けた。

マルシュロレーヌにとって、超えるべき壁が幾つもあったが、それらをアッサリとクリア。
今年のダート牝馬路線の中心馬となりそうだ。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
エンプレス杯4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・6.5ハロンの通過時のタイムは標準かやや早め。
サルサディオーネの単騎逃げが叶い、マイペースで進めることができた。

そして、川崎2100らしく残り4ハロンからのスパート合戦となり、位置取り・力の差が出た。
4コーナーでの位置取りで馬券の内外が決まり、そこからの末脚合戦で着順が決まった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
レーヌブランシュとヒキュウが大きく出遅れる。
マルシュロレーヌも、今日もスタートが良くない。


ハナを狙ったのは予想通りサルサディオーネ
ダッシュ良く、あっという間に単騎逃げの形を取れた。
それにマドラスチェックとローザノワールが迫る。
更に外からグランデストラーダと、インからレーヌブランシュが巻き返す。
間には、これも前に行けなかったプリンシアコメータ。
その後ろにダノンレジーナとシャイニングアカリが続いた。


最初の3~4コーナーで、サルサディオーネが1馬身差の逃げ。
番手にローザノワール、3番手はマドラスチェックとグランデストラーダ。
その後ろもレーヌブランシュとプリンシアコメータが並ぶ。
後方から2番手だったマルシュロレーヌは、外に出して徐々に前へ上がって行く。


1~2コーナーで、サルサディオーネが1馬身半差の逃げ。
番手にローザノワール、3番手からマドラスチェックが押している。
グランデストラーダは遅れ始め、インからプリンシアコメータがムチを入れて上がる。
その後ろにマルシュロレーヌが楽に上がり、更に前へ。
連れてダノンレジーナも上がり、レーヌブランシュは手応えが悪い。


3~4コーナーでサルサディオーネにマドラスチェックが並んでくる。
その後ろは大きく空いているが、3番手にマルシュロレーヌ。
更に外からダノンレジーナ。
ここまでが馬券内となりそう。


直線、インのサルサディオーネが再度盛り返し、マドラスチェックを振り切ろうとする。
そこへ馬場の中央を通ってマルシュロレーヌが迫る。
あっという間にマドラスチェックを交わし、サルサディオーネへ並び、前に出て先頭へ。
サルサディオーネも抵抗するが、マルシュロレーヌの末脚が上回り、そのまま1着でゴール。

2着がサルサディオーネ、そこから6馬身離れた3着争いはマドラスチェックがダノンレジーナの追撃を抑えた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
マルシュロレーヌ
父オルフェーヴル
母ヴィートマルシェ
(フレンチデピュティ)
栗東・矢作芳人  
中5週
牝5 鹿
川田将 56.0K

レース前に書いた数々の懸念点をアッサリとクリア。
この舞台でこの強さを見せられるとは、、、、
今年いっぱい牝馬路線に敵無しでは。
昨年逃したJBCレディスクラシックの戴冠は、順調ならば当確だろう。



2着:△
サルサディオーネ
父ゴールドアリュール
母サルサクイーン
(リンドシェーバー)
大井・堀千亜樹  
中2週
牝7 栗
矢野貴 55.0K

7歳となっても、得意の左回りで単騎逃げが叶えばまだまだやれた。
今年も舞台と展開に注目して、マークしていきたい。



3着:△
マドラスチェック
父Malibu Moon
母Gloat
(Mr. Greeley)
美浦・斉藤誠  
中5週
牝5 栗
森泰斗 55.0K

2走前に増えた馬体をしっかり絞って挑むも、、、、
サルサディオーネはともかく、マルシュロレーヌには力差を見せられてしまった。



5着:〇レーヌブランシュ
父クロフネ
母アンジュエ
(アグネスタキオン)
栗東・橋口慎介  
中5週
牝4 芦
松山弘 56.0K

出遅れで好位を取れなかったのが全て。
長距離戦だからこそスタートが重要で、それを改めて感じてしまった、、、、



6着:▲シャイニングアカリ
父ヴィットリオドーロ
母スズカララバイ
(ラムタラ)
川崎・佐々木仁  
中3週
牝5 栗
御神本 55.0K

スタート後、前に行かず(行けず?)、着狙いの競馬となる。
相手が強いだけに仕方ないのだが、もっと位置を取りにいってほしかった。



8着:◎プリンシアコメータ
父スパイキュール
母ベルモントフェリス
(アジュディケーティング)
美浦・矢野英一  
中5週
牝8 黒鹿
岩田康 56.0K

スタートから押すも、他馬の方が早くて前に行けず。
道中もインで窮屈な競馬となってしまった。
年齢のせいでスピードが衰えたのだろう。
恐らくこれが引退レース、ここまで無事走ったことに「お疲れさま」と言いたい。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60